ランシモ

ランニングからツチノコカメラや時事まで興味あるすべて

サンライズ瀬戸、寝台特急で高松往復

2016-01-30 16:50:58 | 鉄道

寝台列車は、北海道での鈍行列車の寝台からブルートレインの寝台、海外ではスペインのタルゴトレインの超お洒落な寝台、コンパートメントの寝台(マダームと一緒になると緊張する。オリエント急行の世界です)などいろいろ乗ったが、サンライズ瀬戸の寝台はなかなか快適だった。

今回は往復ともに使って、のびのび寝台とシングルツインと違うグレードに乗ってみた。

 

仕事をバリバリやっていた頃は、車か飛行機がメインだったので、仕事で列車旅行は少なかった。

大阪ぐらいまでだったら新幹線だし、機材が多い時は遠くても自動車です。

サンライズ瀬戸はサンライズ出雲と連結して運行しています。東京始発だと岡山までは14両編成の列車で、岡山でサンライズ瀬戸とサンライズ出雲を切り離し、瀬戸は四国の高松へ向かい、出雲は山陰の出雲へと分かれます。

緑の窓口の話では、出雲行きの方が若干人気があるそうです。出雲大社は縁結びの神様なので、女性たちに人気だそう。

女子はサンライズ出雲のノビノビ座席で車座になっておしゃべりするのが好きなのだそうだ。

いくら若い女性でも酒盛りしてイカ珍味でも食い出したら、それじゃ、まるでオヤジじゃないかー。

じゃーん

東京駅の東海道線のプラットホームにカッコ良いヌメッとしたサンライズ瀬戸&出雲が入線してきました。

22:00発で10分前に入ってきた。

2階建ての寝台特急です。

行きは単身だったのでノビノビ座席にしてみました。

連絡船の3等船室みたいな感じかなっと楽しみにしていた。

船だと広いのでゴロゴロ雑魚寝状態ですが、列車なのでどんな感じかなーーーと思っていたら、一番近いのがカプセルホテルの仕切りを外した感じだった。

じゃーん

ノビノビ座席は寝台車ではなく、だだっ広い座席車両という位置づけだそう。

それで実質は座席指定寝台列車ですが特急料金だけでOKです。

ノビノビは格安特急寝台列車なのです。考えてみれば宿泊込みの交通費ですからね。

東京

サンライズ瀬戸のノビノビ座席は、東京ー高松の運賃が11000円あたり、特急料金が3560円で合計14560円でした。バスと所要時間は同じぐらいだけど、足を伸ばせてくつろげるし、安心さははるかに上でしょう。

まわりに人がいても、どこでもいつでも寝れる人にはいいのでは。

今回は、私の隣に白人女性が来ました。女性はパジャマになっているし、、、なんというか、咳もできないし、寝返りも不自然になるし、チラチラ見ることはもっとまずいし、私は一晩中まんじりもできなかった。

幅は1mでカプセルホテルと同じかな。

高さが1階でも2階でも同じように低いので、立ち上がると天井に頭がぶつかります。

仕切りは頭部分だけで、自分用の設備は全体のライトとスポットライト、小さな棚、広くはない毛布、紙コップだけ。

個々にはコンセントはなく、通路に幾つかあるだけでスマホなどの充電は早いもの勝ち。

値段の高い個室寝台にはコンセントは1つづつありました。

個室なのにドアーを開けっぱなしで、PCとスマホと機器をタコ足配線して仕事をしている若者の集団がいた。ドアーを開けているので、何人かでやりとりできます。威勢良く列車内を社内のように使っていた。

列車でも仕事をいつものようにやっているわけだ。プレゼンを作っているのか、なんだかわからないが、急ぎの仕事なんでしょう。朝いち8:00頃に資料を作り上げて、相手先に提出するぐらいの勢いでやっていた。

飛行機でさっと行って、行き先でPCを出して仕事をするのとどっちが効率が良いかわからないが、朝一番に着かなきゃならないとこれしかないわけだ。

もっとも、飛行機が飛ばない時間に出張が決まったら、この選択「サンライズ瀬戸&出雲」以外は考えられないかも。

下の階の居住性は2階と同じなのかわかりません。

列車の揺れなどはどうなのかな。

ノビノビ座席は寝台列車としては格安だけど、旅情はあまりない。

仲間での旅行には面白そうだ。

車内は乾燥しているので飲み物は十分に用意しておくこと。

毛布はちいさめでした。

まくらはなかった。

床はカーペットで硬いけど床暖房なので寒くはない。

着替えは、男だったらその場でやっていたが、女性はうまくやるかトイレで着替えているようだ。

ノビノビのお客さんは、男女半々ぐらいで年齢層も決まっていないが、どちらかというと若い人が多い。

 

朝を迎えて薄明るくなって、世界が動き出します。

その一連を見ているのも旅情の中のひとつかなーーー。

日の出の頃に瀬戸大橋を渡っています。

電車だとあっという間です。

サンライズ瀬戸は、大阪、岡山で降りる人が多かった。

カプセルホテルが列車になった格安寝台特急と思えばぴったりかな。

************************************

四国は高松観光をして帰りはJALで帰る予定が、搭乗手続きして機内に入りシートベルトを締めて目を閉じていたら、アレヨアレヨというまに天候が悪化して、欠航になってしまった。

その後は、何百人が払い戻しと便の変更、宿の相談でカウンターが大混雑になった。

それが19:00頃だった。

そんなこんなで、、、パッと頭に浮かんだのが、、、いきに使ったサンライズ瀬戸、、、。

東京発のサンライズ瀬戸は、ノビノビ座席は満員だったけど、個室はかなり空いていたはず、、、。

JALカウンターから伸びる行列長かった。

ぱぱっと考えて、高松市内行きのリムジンバスに飛び乗ってJRのみどりの窓口へ走った、、。

私の便は滑走路に出てから飛ぶ寸前に欠航が決まったけど、搭乗手続きに至らない便もあるから、私たちの前に大勢の人が次善の策を考えているはず。

高松市内にもう一泊する人、でも明日は雪でどうなるかわからない、、、。

新幹線に乗るには四国から本州へ海峡を渡らなきゃならない。JRの海峡横断快速電車は普段は1時間に2本ぐらいはあるが20:00近くなると1本しかない。

それも時間との勝負だし、岡山に行けたとしても、東京行きの新幹線は意外に早い時刻で無くなってしまう。

息を切らせて、みどりの窓口へーーー。

「21:30のサンライズ瀬戸で高松発、東京行き、2人でお願いします」

「サンライズ瀬戸がいっぱいだったら、サンライズ出雲に岡山から乗れますか?、岡山までは在来線でなんとか行きますから。」

駅員:「・・・・・」

駅員:「瀬戸がダメだったら、、、いつも出雲の方が混雑しているので、むりですねー」と冷たく。

しばし機械をガチャガチャ操作して、たぷーーーりもったいぶって「シングルツインがありました!」

ノビノビ座席はいっぱいだったが、個室A寝台、個室B寝台の空きがありました。

B寝台の方が狭くて、2人用はシングルB寝台のツインと呼んでいます。シングルB寝台の数は多いが、少しだけツインがあるのです。

通称シングルツインと言っています。

じゃーん

個室B料金の部屋代が14830円。

特急料金が2人分で6480円。

特急料金と寝台料金で21310円。

運賃は1人あたり11310円。2人なので22620円です。

全部合わせると2人で43930円

飛行機でも早割などだったら激安になるが、急な出張だとJALやANNだったらいい勝負です。

帰りの足がなくなったときに、お助け足としても使える寝台特急です。

個室なので室内は狭い。

だけど他人がまわりにいないということが、こんなに気が楽になるものかとびっくりしました。

着替えだってどんな格好をしたって自由ですよーーーー。

シングルツインはシングルシートの寝台に上に補助ベットがあるという解釈だそうです。

補助とは言っても下段ベットと全く同じですがそれでシングルツインと言うそうな。

鍵は暗証番号でロック。

2階のベットの頭上はラウンドしています。

ラウンドしたシェードは電動で開け閉めできます。

寝れる最小スペースです。

急な階段があって、そこが物入れにもなっている。

階段にコンセントが1個付いていました。

空調や頭上のランプと足元ランプのつまみ、ラジオはNHKのみです。

サンライズ瀬戸&出雲は基本的に2階だて列車です。たぶん2階より1階の方が揺れは少ないでしょう。窓の見晴らしは2階が断然良い。

私たちの旅行はいつも、行き当たりばったりで弥次喜多道中のようです。

高松編につづく

そうそう、天候不良でフライト欠航だと、その時じゃなくても電話でもネットでも払い戻しができます。

 

四国は仏生山温泉が注目
http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/1a11818f7609f51efb950f430cbe3df3
 

直島の地中美術館とアートたち
http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/15d78080b2ad0420692114dd56e4be30

四国は高松から金比羅さんへ
http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/da68fd0c0e9074f690797c55c2f94325

高松から直島へ渡る、直島全体がアート
http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/0fbd0dcb330754c1f15bff562ead499d 

 

 

2019年7月 旭川から富良野までのろっこ号

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/46cb0f82e64f3e3e05f9cb24dd3afe2e

2019年5月 旭川から稚内まで普通列車で6時間

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/9c7a3de4103d4bd8c355cb41f5738500

2019年1月 高雄のライトレールはかっこいい

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/91b29f1b0433decb76c1e843b377279a

2019年1月 台湾の花蓮駅

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/d903edcdd1210e7f872051793175a2e5

2019年1月 台東から高雄へ列車で向かう

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/b503e9bc663bd36597c3f434a0f7c845

2019年 奥会津、只見川第一鉄橋

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/3bebf1709daab9db11cb6f470d8400ad

2019年 大内宿、雪まつり1

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/e39e3a8848672bb377f9b74e1c03f20f

2019年 大内宿、雪まつり2

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/ea7e04922367452e0ce54900a0190ac1

地下鉄博物館

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/23afbeb0b18883b1e00364747f47ee71

鉄道エッセイ特集(立松和平、太宰治、五木博之、西村京太郎ほか)

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/d/20180708

いすみ鉄道(ポッポの丘1)

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/e87b0e7e564fe87bf7b38d78796e6687

いすみ鉄道(ポッポの丘2)

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/3f8403ec6d2e7fa607fb12db9ec442c1

大宮の鉄道博物館へ

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/465dca2032c31a4d74a647caf2ca72ab

東武鉄道(昭和の乗り物館)

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/184b5c59de2d0fea4a63d44d238f8dfc 

2018年7月13日 わたらせ渓谷鉄道2

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/4112901b428c82bf2386615299c2504b

2018年7月13日 わたらせ渓谷鉄道1

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/973b4d30e56e30915464bedf8558bf52

2018年7月 湘南新宿ラインのグリーン車に乗る、初グリーンだ!

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/53bd57869ceb82550f64b0f3d749cd95

2018年5月 広電トラムに乗る

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/e6c7fa1e132fb54de8cbb1acf9341cdd

2018年5月 広島の芸備線に乗る 

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/fc5ac21d9b491091e957a1e39eae7dcd 

2018年5月 芸備線で向原へルーツ探し 

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/22f807baab3f178735ec67a733b5b996 

2018年4月 天竜浜名湖線の二俣尾駅内の転車台ハケーン 

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/af6b3449c6ef14a1dffe0d4b1bc5c7b9

2018年1月 阿里山から阿里山森林鉄道で祝い山に向かうが大雨で途中下車、神木の森見物

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/493259cf567fd8b5d71043958fb6dcfd

2018年1月 嘉義から奮起湖まで阿里山森林鉄道に乗る

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/6207696744ab454f2378baca5430e3c4

2018年1月 台湾の嘉義で台鉄駅弁をゲット

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/a0d97d1ccb06372509efcee5339a78a8

2018年1月 台湾の彰化駅で扇型車庫(転車台)見学

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/e16d0160442d86fb1dfa095f72c8158f

2018年1月 乗り鉄てっちゃん、富士急行で富士山急行

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/010ca3e7eb135a3c2b44e92ec0b35b01

2018年1月2日 三つ峠にハイキング

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/37d8783fabcd96f6f64bb418fd479324

2017年12月05日 天竜浜名湖線はうなぎの味

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/21ab8cc6e5b0c4bf34e198ac5756f48a

2017年12月 南木曽から浜名湖へJRの普通列車で、日本のトイレがたいへんなことに

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/7e642e3fadda69c1c785e2c4af79d701

2017年1月 続・新春いすみ鉄道へ乗りに行く

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/0c752ec18735bc92ec6841992840901d 

2017年1月 新春いすみ鉄道

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/0cac0a8ead7bd8890540731d88df065e

2018年5月 広電トラムに乗り鉄てっちゃん

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/e6c7fa1e132fb54de8cbb1acf9341cdd

2017年12月 天竜浜名湖線ローカル線の旅

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/21ab8cc6e5b0c4bf34e198ac5756f48a 

2017年12月2日 上田電鉄ローカル線の旅  

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/886ac9c503a5a4cf932e37c06289448d

2017年12月3日 ローカル線の旅、下之郷、別所温泉

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/f2ee14def68f70d4603cf46c40875d98

2017年10月12日 いすみ鉄道(ぽっぽの丘2)

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/3f8403ec6d2e7fa607fb12db9ec442c1

2017年10月10日 いすみ鉄道(ぽっぽの丘1)

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/e87b0e7e564fe87bf7b38d78796e6687

2017年10月 9日 いすみ鉄道 ローカル線の旅

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/9e019de4cefdd43d2a6ee75ccf8ca08f

2017年1月2日 新春、いすみ鉄道に乗り鉄に行く、小湊鉄道から国吉神社

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/0cac0a8ead7bd8890540731d88df065e

2017年1月2日 続、いすみ鉄道に乗り鉄に行く、駅で餅つきをしていた

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/0c752ec18735bc92ec6841992840901d

2017年7月2日 秩父鉄道の蒸気機関車1 熊谷駅から

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/4cf67bf05d011a707db4f43ad892a66b

2017年7月4日 秩父鉄道の蒸気機関車2 三峰口まで

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/818ec5ad10147573ed1ca951003a30d6 

2017年4月 函館の漁火鉄道へ 

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/0907c60f052530a0770167a9a82bde26

2017年1月 台湾新幹線に乗りに行く 

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/ce98ba4d368c8919b895656daa0ce693

2016年1月 台湾の平渓線にのり九份へ

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/035614ba761bf9fc5ac8f58b6d22e38f

大井川鉄道のトーマス君を見に行った

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/f0c7d05da8388d08d02e0895d03ed46e

銚子電鉄に乗ってきた

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/632516593059b583072bc11032c6b9d6

真岡鐡道1

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/f7ec4e4b3422a2cb32db66957900e95d

真岡鐡道2

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/b985f3775dd3179753914a58bc1b672c

真岡鐡道3

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/149a250474671ac943ccad96e0b95326

中央線を代々木から見下ろす

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/975ae6ce8330bf71be806d9fb3381751

御茶ノ水駅の工事がたけなわ

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/861c043bb859e1e327dff18f6d8847b1

会津田島から郡山、黒磯、新宿まで各駅停車で

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/92e53041d7962e4c4c32057935f52576

秋田、大鰐温泉まで弘南鉄道

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/e48770e0aeb6cb4fbe0aa6eb35aa1fcf

台湾鉄路千公里、昔の台湾の鉄道あれこれ

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/d0bb58f7781ffe2cbccc6e1472339d9e

サンライズ瀬戸で高松往復、行きはノビノビ寝台、帰りはシングルツイン

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/b37a4112804dfa38ab8a9f39fd201d14

宇奈月から欅平まで黒部渓谷鉄道のトロッコ列車

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/96255da0fd55b5c859ff2b8277c1d5c3

大井川鐵道

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/088e7c1ca1a004fe0ba5180c4021a251


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ドローン使用の三次元データ... | トップ | 新宿シティハーフマラソンの... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
弥次喜多道中 (KIM)
2016-01-31 19:55:53
shimoさん
復路は大変でしたね、続きも楽しみにしてます。
勝田マラソンの帰り道に拝読しました。信じられないですがPBでした。次回は古河はなももですが、まずは体をいたわろうと思います。
恒例ながら、食事会では生中ビール飲み干す前に酔っ払いました。周りに合わせて生中にしましたが、肝臓は正直でした。コーラにすれば良かったです。
大阪国際、福士さん、リオ決めましたね。
Unknown (shimo)
2016-02-01 16:26:41
帰りの便はどうしようかと焦りました。
勝田もマラソン絶好日でしたか。
PBが連続するとさぞかし楽しいでしょう。南蛮からずいぶん参加したみたいですねー。

コメントを投稿

鉄道」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事