ランシモ

ランニングからツチノコカメラや時事まで興味あるすべて

陣馬山から藤野におり山並み温泉で一服

2019-08-17 21:41:41 | トレイル・ランニング(高尾山系)

いつもの月例の高尾山から陣馬山でした。

残念ながらトレイルラン二ングじゃなく、もはやトレイルウォーカーですが。

朝から暑くてたまらなかった。

36℃ぐらいはあっただろ。

いくら森林が涼しいからと言って、標高が低かったら東京よりは市街地よりはまし、、、というくらいだった。

京王線高尾山口から高尾山、城山、景信山、陣馬山を超えてJR藤野駅まで22kmでした。

時間は5時間ぐらいだったかな。

ハイカーもランナーも、さすがにこの暑さなので少ない。

ピークの1/10ぐらいの人です。

城山の登りの途中から高尾山を振り返る。

でも高尾山は特徴のない山なので、どれがどれだかわかりませーーーん。

300回登ってもわかりません!

20年前からゆうにトレランで300回は高尾~陣馬山往復しているけど、よくわからない。

何年か前、10年以上経ったかもしれないが、高尾山山系で山火事があった。

その後、木を切り森を切り開いて防火帯を作っています。

たぶん、ここも防火帯だと思う。

景信山を過ぎて明王峠で一休み。

口がカラカラになります。

水は2Ⅼ持ってきたが丸々1L余りました。

足りないと大変なので、多めに持っていくこと!

陣馬山の茶屋で500mlのペットボトルが350円だった。

陣馬山山頂は佐藤茶屋はお休みだったが、清水茶屋と信玄茶屋はやっていた。

頂上も人が少ない。

こんな炎天の、影がない頂上で休めません。

みなさん、茶屋の日影に逃げ込んでいた。

なぜか知らないが、陣馬山の頂上は樹木がないはげ山です。

私の幼少のころからそうでした。

小学校の遠足で陣馬山に登りましたから。

信玄茶屋と右手がトイレです。

いちばん右手の建造物は何かしら、気にしたことがなかったが、そういえば何だったのかな?

私が一番走りこんでいたのは15年前から20年前で、大雪の日、吹雪の日にも陣馬山往復していた。

だーれもいない、雪に埋もれた陣馬山頂上もいいものです。

ただ、雪だと時間が1.5倍くらいかかります。

トレイルシューズは意外と滑らないが、わざと滑んでいたらせて楽しんでいた。バランスが良かったんだ若い時はね。

今日は清水茶屋のうどんです。

うどんも、3軒ある茶屋で競っているのか、具が増えて豪華になった。

いいことです。

ハイカーもトレイルランナーも増えたからでしょうね。

下山は藤野の方へ。

落合バス停までは陣馬山頂上から6kmないくらい。

いちばん近い和田峠までは1kmぐらいじゃないか。

和田峠までJR高尾駅からバスで来て、陣馬山に登り高尾山に下りる逆コースは、最初に高いところから降りていくので楽です。

落合までおりて車道に出たら、ちょうど目の前をバスが通過していた。

遠くのバス停から6~8人乗って行ってしまった。

あじゃーーー藤野まで+2km歩くことになった。

それで高尾山口から藤野駅まで22kmぐらい。

暑い・暑い、車道歩きはきついな~~~。

干からびちゃうよーーー。

山並み温泉は町営の日帰り温泉で、藤野駅からバスが1時間に2本ぐらい出ています。大人が700円とリーズナブル。食堂で食べて、座布団枕に寝ていたら夜になってしまった。


コメント   この記事についてブログを書く
« 消費税が10%に上がる | トップ | 新宿のシズラーへ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トレイル・ランニング(高尾山系)」カテゴリの最新記事