ランシモ

ランニングからツチノコカメラや時事まで興味あるすべて

ドローンのシンポジウムに参加してきた

2018-12-07 16:53:12 | 日記・エッセイ・コラム

各種ドローン

ドローンサミットにお邪魔してきました。

ドーロ―ンというと、ヘリコプターのような回転翼を思い起こしますが、飛行機型のプロペラで推進するタイプもあります。

スピードとペーロード、飛行距離をクリアーするのは、、、このタイプかもしれない。

この機体は、オスプレイのようにプロペラの向きが離陸するときは上に向きに、速く飛ぶときは横向きに変化します。

ドローンはホビー用から、産業用が考えられますが、もしかすると一番使われるのが軍用、警備用かもしれません。

無人機が空の上から見張っていて、逐一国家警察や軍隊に情報を送っている、、、そんな世界がすぐ近くに来ています。

中国のような監視社会が我々の国々でも確立されるかもしれない。

ホビー用ドローンはバッテリータイプがほとんどですが、下の写真のようにコンパクトなガソリンエンジンを発電に使い、推力と制御をモーターで行う機体が出てきました。

ドローンとしては大型です。

コンパクト・エンジン技術は日本のお家芸ともいえるものなので、面白そうです。

ペイロードなど、まだまだ開発途上だと言っていました。

だけど軍用としては格安な軍備になるだろう。

こんなのが1万機も飛んで来たら撃ち落とせません!

国の発想だと1万機どころじゃなく、100万機かもしれませんぞーーー。

エンジンと発電機です。

なぜエンジン動力で飛ばさないで発電しているのかは、、、、機体のコントロールが各モーターに頼ったほうが、瞬時に微妙に変化させやすいからです。

だから機体制御は電子的にできます。

GPSと地表の画像で、常に自分の位置と傾きを感知しています。

GPSをオフにすると、、、それこそどこに飛んでいくかわからないように、機体がふらふらになります。

だから、GPSが拾えないような室内だと、操縦が難しくなることがあります。

じゃーん

つい先日ドローン操縦技能と運行管理を学んできたばかりなのです。

国の免許ではないけど、それに準じた団体の資格です。

こういう顔写真を見ると、、、親に似てきているなーて思います。

初めての操縦だったので、合宿でみっちり教えてもらいました。

この歳で、、、教官にしかられしかられ体験したり覚えるのは大変だった。

おっとっとの連続だった。

若い世代の、ゲーム世代だったら、コントローラーのような操縦桿はお手のものだろう。

私ら世代のアナログ人間は、でこぼこ道を走ったり、岩場や木の根っこがあるトレイルランニングのほうが生き生きしてくる。

現実の雪道を、バイクでスリップしながら走るほうが慣れているなーーー。

地に足がついている雨や雪のスリップのほうが、空気中をスリップしていくより簡単だぞー。


いま、ドローンで何が出来るかを探索中です

こんなこともできるそうです、見てください!

https://www.facebook.com/jinlin.zhao.1/videos/302194510636418/UzpfSTEwMDAwMzEwMzU1Njk3NzoyMTI5NzMwNzUwNDczNjg5/


コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 代々木VILLAGEにクリスマスが... | トップ | 陣馬山往復28km »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いつかはドローン? (松橋の松)
2018-12-08 20:45:58
shimoさん、今晩は。ドローンの団体資格があるとは知りませんでした。ドローンといえば、首相官邸の屋上に着陸させたファントムが有名ですが、性能が良い分、お値段も性能に見合うお値段ですね。ところで、ドローンの資格はどの様な点で役立ちますか。
定年後に役立つなら取得してみたいと思います。
Unknown (shimo)
2018-12-09 10:23:49
ドローンの操縦には、日本ではまだ国家資格(免許)はありませんが、それに準じた団体が1つだけあります。JUIDAで一定の操縦技術と知識の判定をしています。規制ができたのは首相官邸にドローンが落ちてからで、急速に免許・届け出制が整備されてきました。ドローンは免許がなくても飛ばせますが、勝手に飛ばしたら、警察に通報されて御用になります。規制範囲を知らないとそんなことになるのです。ドローンを飛ばすには、国土交通省に申請を出すので、どれくらいの技術・知識を持っているかも判定材料になります。団体の資格はその判断材料というわけです。今ではドローンは空撮が多いけど、農業にも使われ始めました。構造物のチェック、災害時の状況判断、救助にも使われ始めました。
私らができることは、、、まだ調査中です。

ドローンの講習は25万円ぐらいかかりますが、元を取れるかどうかは不明です。
25万円ですか。 (松橋の松)
2018-12-09 14:08:00
25万円ですか。ミドルクラスのロードバイクやミラーレスカメラ、または、ハイスペックのコンピューターが買えますし、家族4人が1ヶ月ほど生活できますね。山の神の許可を取るのは難しそうです。
それと、一つ上のコメントを間違えて2回送信したみたいです。すみませんでした。
Unknown (shimo)
2018-12-10 10:39:03
業界団体で発行している資格証明は、いろんなところで講習があって、講習をクリアーすると、業界団体が免許証みたいなものを発行してくれます。いろんなところが各々やっているので、費用は様々ですが、それなりにすると思います。

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事