ランシモ

ランニングからツチノコカメラや時事まで興味あるすべて

いつのまにか400mトラックが神宮外苑にできていた

2019-10-17 17:09:33 | 日記・エッセイ・コラム

10月25日の週刊朝日に国立競技場周辺の空撮写真があった。

見てビックリ、、、左下に400mトラックがある!

真ん中が国立競技場。

白いのは屋根があるから。

右手丸い建物が東京都体育館でプールとジムがあります。

左上が神宮球場と小さいほうがゴルフ練習場。

左下に400mトラックがあるじゃないですか、、、ここは原っぱで野球場が4面ぐらいあった。絵画館前の広場に、いつの間にか400mトラックができていたのだ。オリンピックのメインスタジアムには、隣接して選手が練習できる400mのサブトラックが絶対に必要とされていたから、どーするのかと思っていた。

右にある東京体育館には200mのサブトラックがあったが、それはつぶされて駐車場になっていた。200mのトラックと野球場をつぶして、その代わり400mトラックを作った。オリンピック開催のためだろうから、終わってもこのレイアウトなのかしら?

400mサブトラックは、オリンピックが終わったら使い道がないだろう。なぜならば国立競技場のトラックは、ちょっと敷居が高いけどイベントがない日は安い料金で私らが使えたから、2つも近接して400mトラックは必要ない。

近くの織田フィールドの400mトラックは、確かにキャッパシティを超えていると思うが、千駄ヶ谷に近接して2つの400mトラックは過剰だ。

国立競技場を建設するのに1兆円、、、はらっぱに400mトラックを作るのに1億円ぐらいかな、たいした設備がいらないから。スタジアムじゃなく、原始のオリンピックに立ち戻って原っぱオリンピックにすれば面白いだろう。雨が降ったら降ったで選手は同じ条件だし、エコで地球にやさしいですよ~~~。きっと土木や建築業界がオリンピックの後ろ陰で蠢いているのだろう。

週刊朝日を見てビックリしました。

PS:400mトラックは仮設で終了後撤去だそうです。元の野球広場に戻るそうです。


コメント   この記事についてブログを書く
« 今日のインターバルは | トップ | 銀杏拾い、明治神宮の北参道... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事