ランシモ

ランニングからツチノコカメラや時事まで興味あるすべて

4月4日の千鳥ヶ淵の桜

2019-04-24 20:04:24 | 日記・エッセイ・コラム

3週間も前の写真です。

千鳥ヶ淵の桜は素晴らしかった。

桜の季節の千鳥ヶ淵は私は初めてで、三脚を持ってうろうろしていました。

実は初日に撮った夜景がぶれていたので、撮り直しに翌日もう1回行ってきました。

夜景カメラマンはノウハウがあるのだろう。

長球のピントが悪いのかブレたのか、自分のカメラの使い方に気をつけました。

レンズの無限遠はそのまま撮るとズレていたーーー。

それでオートフォーカスを外して、ピントは手動です。

じゃんー

最初の写真はワイドズームで手持ち撮影です。

千鳥ヶ淵公園内は花見客で大混雑しているので、入り口で三脚は禁止と注意されたので使えなかった。

その代わり感度を上げています。

この写真は100−300ズームで、ピントはオートではありません。

肉眼でピント合わせしています。

ブログなのでファイルサイズをすごく小さくしていますが、原寸で見ると迫力がありました。

手前に首都高速道路が横切っています。

遠いので200mm以上欲しいところです。

少し大きな画像を1枚アップしておきます。

ニコンD5300

レンズはセットで購入した18ー55 100−300です。

何とかとハサミは使いようと言います。

安いカメラとレンズは、使いこなすのが意外に難しいけど、セオリーがわかっていれば十分に威力を発揮します。


コメント   この記事についてブログを書く
« 新海南鶏飯(シン ハイナンチ... | トップ | 老化は足から、民医連の機関... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事