ランシモ

ランニングからツチノコカメラや時事まで興味あるすべて

キャノン・ダイアル35

2007-01-25 18:45:20 | つちのこカメラ

つちのこカメラⅣ

キャノン・ダイアル35

080621k1_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハーフサイズのカメラです。ダイアル35は40年ぐらい前、東京オリンピックの前ぐらいのカメラじゃなかったかな。

ハーフサイズとは、35mmカメラのフィルムを、通常とは90度回転して縦方向に半分の大きさでフィルムを使ったものです。おそらくオリンパス・ペンが最初だと思うが、それから国内のメーカーから、数多く発売されました。

作らなかったのはニコンとホースマンぐらい。あとで思い出したが、ニコンはニコンS4だったか、レンジファインダー機でハーフサイズを出していた。

080621k2_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縦にフィルムがゼンマイ仕掛けで走ります。フィルム巻上げスピードはそれ程早くなく、毎秒2駒ぐらい。

080621k3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1回のゼンマイ巻上げで、15駒ぐらい撮れます。

080621k4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャノンにはハーフサイズのカメラが、他にデミ・シリーズがあり、そちらがハーフの本命。

080621k5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グリップの中にゼンマイが組み込まれています。

ゼンマイが巻き上げの動力です。

ところが、今の方にはゼンマイと言ってもわからないかもしれない。

コイルバネを人の力で巻いたものが戻ろうとする力を利用した動力源、とでも言いましょうか。

080621k10   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フィルム室とEE用デンチ。

シャッターは2枚羽。

080621k11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

絞りも見えます。上から下へフィルムは巻き取ります。

巻き戻しも自動だったか忘れた。フィルムを入れないとゼンマイはチャージしません。

080621k6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レンズまわりにはCDSの露出計があるが、黒電話機のダイヤルのような全部が露出計と言うわけじゃない。ほとんどがイミテーション。感度合わせはレンズ近く内側のプラスチック・ギザギザ・リングを回します。

レンズはゾナータイプとのこと、私は良く知らないが、、、。

フィルム感度は当時はASA(アーサー)と言っていた、今はISOですが数値はいっしょ。

左の黒ダイアルは絞りです。絞りはファインダー内に表示。

080621k9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コチラはシャッター目盛り。鏡胴全体を回します。

080621k8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒いダイヤルが絞り用、ファインダー内に絞りと距離が表示されます。

下はシャッターとフィルム・カウンター。

セイコーのシャッターですね。

080621k7_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

距離目盛、目測です。

ファインダーをのぞきながら、黒いダイヤルを右手の人差し指でグルグル回し絞りを合わせ。距離レバーを動かすと、ファインダー内で目測ですが距離を合わせられます。

080621k12

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリックすると大きくなります。

このカメラが発売された頃は、大卒の初任給が1万円あたりだったと思う、、。値段は忘れたが当時の私には買えなく高嶺の花。

フィルムサイズが小さい割りに良く写った記憶があります。ハーフサイズのカメラには、オリンパスを筆頭に良いレンズが付いてた。当時、日本はまだ貧しくて、ハーフサイズのカメラはフィルム1本で倍の写真が写せると大ヒット。今の軽自動車と同じ発想ですね。重さは金属製なんで430gあり、ずしりと重たい。ハーフサイズとはいえ昔のカメラは大きくて重たかったんですね!

このカメラは、フィルムを入れないと、ゼンマイが空回りしてシャッターもチャージしません。同じような機構でリコー・オートハーフがあり、マミヤでもあった。OEM機のベルハウエルを今はなきヘルムート・ニュートンが使っていたと聞きました。

新宿の中古カメラやさん、アルプス堂でキレイだったので衝動買い。2万5千円で、今でしたらデジカメに人気が移ってきたので安くなっているかと思いますよ。

ペンEE3の記事

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/e8c4a4fefbdbde5fe99678f113811adc

ペンDの記事

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/d/20070601

ペンSの記事

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/d/20070310

リコーオートハーフの記事

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/d/20070203

キャノネット

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/1cd2d2d8b2979c8f746e4cadfb45e9df

キャノネットQL17

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/9fc282b574ac946beacfb0e9d2c76451


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ラーメンはやし屋 | トップ | バラバラ殺人の両親の手記に思う »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Canonのハーフカメラ、初めて見ました。 (アヲヒコ)
2007-01-27 21:47:55
Canonのハーフカメラ、初めて見ました。
とてもかわいいですね!にしても、高価なんですね!私はヤフオクで1000円で買った、Penを持っていますが、本当によく写ります。ハーフカメラは、1コマに2つの写真の組み合わせを考えるのが楽しいです。いつもカバンに入れて持ち歩いております^^

アヲヒコさん (shimo)
2007-01-28 00:05:49
アヲヒコさん
かっこいいカメラでしょー。
中古であまりにキレイだったんで衝動買い。
完動品ですよ。
キャノンのハーフについていたレンズは良かったけど、オリンパス・ペンのレンズもすごかった!!!
ペンで撮る時は粒子の細かいフィルムを使えば、ビックリするくらいシャープですよ。一眼レフのレンズに比べ、ほんとに小さくて頼りなさげですが、手抜きはいっさいありません。
ペンのスタンダードな28mmf3.5にしても、そりゃすごいもの!今、ペンは手元に3台ありますが、いずれ「つちのこカメラ」で出します。一台はペンSで私が大学へ入る前に新品で6000円で買ったもので、あちこちに持って行きました。自分で買った最初のカメラです。お気に入りのつちのこです!
フィルムも今となっては懐かしい感じですね。気楽に撮れるし持っていても楽しいしね、、。デジに比べ重く金属カメラはデリケートですから、大事にしてください。

コメントを投稿

つちのこカメラ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事