ランシモ

ランニングからツチノコカメラや時事まで興味あるすべて

高尾の天皇陵(武蔵野陵)に参拝

2017-04-28 21:04:01 | 日記・エッセイ・コラム

東京の西、高尾にある昭和天皇の天皇陵(武蔵野陵)はあまり人に知られていません。

多摩御陵(武蔵陵墓地)ここには大正天皇陵(多摩陵)(多摩東陵)と昭和天皇の(武蔵野陵)(武蔵野東陵)の4つがあります。

形式は上円下方墳です。

明治天皇の御陵がどこにあるか知らなかったが、京都の伏見にあるそうです。伏見桃山陵と言われ墳形は上円下方墳で天智天皇陵をモデルにしたそうです。

いわゆる古墳じゃないので、歴史マニアの世界じゃありませんから、興味を持つ方が少ないでしょう。

私だって高尾のラーメン屋さん香味屋さんに行かなかったら、多摩御陵には訪れることはなかっただろう。

でも、いつか御陵にお参りに行きたいと考えていたので、高尾駅から1kmを歩いていきました。

じゃーん

これが、昭和天皇の武蔵野陵です。

丸しかわかりません。

空から見ないと上円下方墳の形状はわからない。

すぐ東には皇后さまの御陵(武蔵野東陵)があります。

右手が皇后さまの御陵です。

広大な、、、明治神宮ぐらいかそれ以上の広さがありますが、誰も参拝していなかった。

考えてみれば、天皇家のお墓なので、人様の墓地に参拝する方は少ないのでしょう。

この、ちょっと威圧感のある御陵は大正天皇の多摩御陵です。

昭和天皇の御陵は威圧感をなくすために、ベースの高さを下げています。

もちろん、御陵の入り口にも御陵の前にも皇宮警察の方が詰めています。

良からぬ国の方がいたずらしないようにしてくれなきゃ~~~。

伊勢神宮と同じような清められた神聖な雰囲気があります。

御陵に行く途中です。

多摩御陵の敷地の配置です。

神社仏閣じゃないので賽銭箱はありませんよ~~~。

神様に願い事をするところじゃありません。

天皇への、あるいは日本(象徴です)へのお参りです。


コメント   この記事についてブログを書く
« 香味屋、ラーメン | トップ | いさりび(漁火)鉄道に乗っ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事