ランシモ

ランニングからツチノコカメラや時事まで興味あるすべて

新宿から三鷹までジョグ16km

2018-03-10 17:07:28 | ランニング・マラニック

新宿から三鷹、吉祥寺の井之頭公園往復(30km)は、以前はよくやったが、今は体力が落ちてヘナチョコになったのでむりー。

そこで、玉川上水にそって多摩モノレールまで走って行けるかなと思いスタートしたが、三鷹駅で断念してお食事処に入ってしまった。

スタートは新宿駅から甲州街道を西に行った文化服装学園前です。

フルマラソンの練習には簡単にいえば35km走を取り入れなければ完走が難しい。

ですが、まだまだその練習ができる以前の足なので、20km走をひと月に2度ほどできればと考えています。

フルマラソンのチャレンジは来年の予定。

それで、私のフルマラソンは最後にします。

もともと長い距離は大っ嫌いなので、練習して体を壊しちゃ元も子もない。

45歳のときに、ぶらーり走り始めて、5km走ったら汗だくで、その日1日が終わっていた。それを思うと、5kmでも10kmでも軽くならば走れるようになったのは、上出来もいいところです。

下高井堂あたりの甲州街道までは玉川上水の暗渠をたどっていきました。

それから甲州街道に沿って環八まで。

環八から首都高速道路の下を西へたどっていくと玉川上水が地上に出てきます。

そのあたりが下連雀とか牟礼という地名だった。

そこからは、玉川上水を左右に見ながら西へ向かいます。

環八あたりで新宿から10km弱。

しばらく行くと左手にナザレ修女会の跡地だと思うのだが看板が出てきます。

その先から井之頭公園の中に入ります。

井之頭公園の中には弁天池があって、そこが神田川の始まりでもあります。

だから、井之頭公園内には玉川上水と神田川が微妙な位置で存在しています。

神田川は井之頭公園の東にあって低地から発します。

玉川上水は多摩から江戸への上水を引いたものなので、えらく勾配がゆったりしていて、、このあたりでも神田川よりもずいぶん高い位置を流れています。

玉川上水を計画、設計、施工した当時の人の知恵の塊がここにあります。

さすがに公園内はうっそうと樹木が茂っていて夏でも涼しい。

一周400のダートトラックのわきを通っていきます。

公園内の水場とトイレがあります。

コース上でトイレがあるのは、幡ヶ谷の駅前、環八を過ぎて500mのあたり、それとここ井之頭公園内にあります。

ちょうど5kmづつぐらいにあるって感じかな。

三鷹駅の南口に出ます。

その先に行くときは、構内を北に突っ切って左に行くとまた玉川上水に沿っていけます。

そのまま行くと五日市街道に出て、そこからはしばらく玉川上水と五日市街道が平行しています。

そこまで行ければ行きたかったが、今日は駅ビルのアトレのとんかつ屋さんにつかまった。

飯を食らい腹いっぱいになって、帰りはスイカを持ってきたので、ご気楽ご気楽と戻りました。

次回は先の多摩モノレールが交差している28km地点ぐらいまで行きたいなーーー。 

コメント