ランシモ

ランニングからツチノコカメラや時事まで興味あるすべて

大久保のどんどこ、韓国料理

2018-03-09 10:35:56 | グルメ

「どんどこ」はおおよそ、きれいなお店とは言い難い、いい加減な大久保にある、いい加減な韓国料理店です。

大久保は高級住宅街じゃないし、お洒落な街でもないし、まさに「どんどこ」は大久保の象徴みたい。

だから、下賤な食べ物が嫌いな方は、、、見ないで!

目の毒です。

「どんどこ」っていう名前からして、想像がつきます。

大久保でも、お食事処はお店替わりが早い。

この「どんどこ」もいつまで持つのやら。

太めのロープが入り口の取っ手です。

そうとう、キテいるでしょ!

おぃおぃ入り口ぐらいはちゃんとしろよと思うが、1年たってもそのままです。

ボロ・ロープの取っ手が、お店の人は気に入っているようです。

私も嫌いじゃないが、、、。

私は海鮮ビビンバを注文。

相棒が普通の野菜石焼ビビンバを注文。

火を通せば、食中毒に当たることはないだろう。

この「どんどこ」ではないが、新大久保の有名な韓国料理屋でお食事していた時に、天井から大きな黒ゴキブリが落ちてきた。4人で食べていて、足元に落ちたが、私は騒がないようにしていたが、相棒たちが立ち上がったりして騒然となった。

すると、お店の従業員さんが、これまた軍隊上がりなのかマッチョな兄さんで、顔色一つ変えずに人差し指で「天誅でござる」といっきに潰して事なきを得た。従業員さんまで右往左往して騒いだら、他のお客さんにバレて大変なことになる。

だから、私は声をあげなかったのだが、その従業員さんの「人差し指」の一突きでゴキちゃんは成仏。韓国人の若者は捨てたものじゃない。

あの従業員の青年は、、、姿を変えたCIAのような韓国情報部員だったのかもしれない。えらく腹が座っていた。

ゴキブリ一匹の退治に、そんなに感心しちゃいけないのかもしれませんが。

このように、あまりきれいとは言えない大久保界隈のお店です。

韓国料理屋さんは、必ず突き出しのキムチがついてきます。

今日は小皿が4つ。

小皿を食べてなくなったら、追加してくれるという話は聞いたことがあるが、私はまだされたことはない。

ごく普通の石焼焼ビビンバです。

ランチ時は750円です。

昔、15年ほど前は、どこのお店でも石焼ビビンバが1500円もしていた。

当時ランチの時は少し安くなって1200円だったが、韓国料理屋さんは暴利をとるものだなーと感じていた。

ここ10年ぐらいで大久保の韓国人街は競争が激しくなって、安くなってきた。

最安値は650円ぐらい。

それにしても、新橋のようなサラリーマン用定食に比べると、、、ちょい高い。

基本的に韓国料理は、お金がかかっていないと思うが、、、。

これも定番のテールスープ。

味が薄くて、私は苦手なスープです。

出てきた熱々のビビンバを金属の長ーいスプーンで混ぜ混ぜすると、、、。

美味しそうな、おこげ付きの海鮮ビビンバの出来上がりです。

アツアツで辛くて、体中、頭からも湯気が出てきました。

うま~~~!

コメント