ランシモ

ランニングからツチノコカメラや時事まで興味あるすべて

新宿のラーメンといえば桂花でしょ

2017-04-07 15:56:02 | グルメ

高島屋に買い物帰りに新宿東口からすぐの桂花によった。

1年に1回これるかどうかですもの、近くに寄った時に食べなきゃ〜〜〜。

学生時代からのお客さんですよ〜〜〜私は。

昔と変わらない店構えです。

外観は、もっと汚らしかったが、、、いくぶん年寄りの厚化粧ぽいなー。

なんでも、恐ろしい話がいっぱいあって、カウンターに座って食べているお客さんの肩にネズミがぽとっと落ちてきた。ネズミさんは固まって動けないお客さんの肩、首、腕を通って何処かへ行ったとーーー。

お客さんは、あまりのことに体が硬直してしまい動けなかったそうだ、、、。

いろんな武勇伝を聞きました。

これじゃ武勇伝じゃなくーーー恐怖話?お笑い話?

喜びも悲しみもいくとし月、笑いも涙も世につれて、、、なんちゃってね。

じゃーん

この一画だけ時間が止まっています。

昔は周りもこんなお店ばかりだったが、今では大きくて綺麗な店舗ばかりです。

昭和の残党ですね。

たまにしか来れないので、桂花をたっぷり味わうため、桂花特性ラーメン(1000円)にしました。

店舗によって完全食とか言っているところもあるみたいだ。

太肉(ターロウ)と焼豚(チャシュー)が入っています。

チャーシューは薄切りですが太肉はブロック肉です。

この太肉が桂花ラーメンの桂花たるところです。

あとキャベツかな〜〜〜。

この太肉がトロトロなんです。

角煮ですが自分で作っても、これほどトロトロになりません。

圧力鍋でも使って料理しているのでしょう。

生キャベツがラーメン似合うとは驚きでしょ?

シャキシャキしたキャベツと九州の豚骨ラーメン汁とよく合うのです。

博多の豚骨と熊本の豚骨は微妙に違います。

ラー油のようなものが違うだけかもしれないが、、、。

麺は似ていますが、桂花ではお客さんが入店して、すぐにラーメンが出てきます。

おそらく細麺を湯通しするくらいなのだと思います。

九州全体のラーメンの麺も同じようですね。

灌水が効いた弾力のないシコシコ麺です。

この麺と豚骨汁がよく合うのです。

海草の茎でしょう。

桂花ラーメンらしいところです。

熊本に出張で行った時に、桂花の本店で食べましたが美味しかった。

だけど、場所がわからないので、タクシーに乗って運転手さんに連れて行ってもらったが、、、「私ら地元の人間は、あんな不健康なものは食べませんよー」と剣もほろろだった。たしかに脂っこいけど、熊本の人がそげに健康食を食べているとは、、、思えないけどねー。

たまにしか食べれない桂花ラーメンは美味しかった!

2017年12月 皇居まで走って戻って、新宿の桂花ラーメン食べる

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/ee2b6de2f726ab31e0a26c96974269db

2016年9月 ラーメン界のレジェンド

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/00066a0684bc67108fe591ee08156079

コメント