近江の国 鹿深の山猿が描く写真日記

田舎町で暮らす、写真撮影が好きで機会があれば撮りまくっています。各地の撮影情報教えて下さい。

あなたはどうしていますか。お寺との関わり。

2019年12月12日 16時39分08秒 | 信仰と宗教
都会で暮らす新住民は兎も角・田舎暮らしの多くの家庭ではお寺の檀家に関わっているお家が可成りの割合であります。

私の家でも、先祖から近くのお寺の檀家になっていて、私も自然に先祖のお墓詣りや年忌法要などをお寺にお願いし、お寺の諸行事はもとより、年、数回の清掃作業や檀家の懇親会などに参加してきました。

しかし、最近では、老人が亡くなっても、お葬式が済むと、お寺との関わりを裁ち檀家を離れる方が多くなりました。どんなご事情があったのかは解りませんが寂しいことです。
少なくなって行く檀家や信徒、お寺様では、どんな対策をされているのでしょうか。

幸い、私の願い寺では、檀家の皆様の結束が強く、お寺の諸行事への参加は勿論、年1回は、小旅行を兼ねての研修参拝などや、グランドゴルフ大会、夏祭りビールパーテイなど楽しい行事が行われています。

今回も、京都嵯峨 「清凉寺」への参拝に参りました。 秋の観光シーズンが終わり、少し落ち着いた雰囲気の中で、「生身の釈迦如来像」の特別御開帳もしていただき、意義深い一日でした。











コメント   この記事についてブログを書く
« まもなく令和2年が始まります。 | トップ |   

コメントを投稿

信仰と宗教」カテゴリの最新記事