近江の国 鹿深の山猿が描く写真日記

田舎町で暮らす、写真撮影が好きで機会があれば撮りまくっています。各地の撮影情報教えて下さい。

写真台紙のリサイクル

2018年12月22日 16時30分41秒 | 写真教室
写真コンテストや展覧会に応募されている方、額装の際のマット台紙はどうされていますか。

画材店などで、マット制作(Vカット窓抜き)などを依頼されている方が多いと思いますが、抜き終わった窓の部分の台紙はどうされていますか。

画材店に聞きますと、持ち帰らない方が多いとか。 私は、自分で加工していますので、窓の部分の台紙は、次の小さなサイズの写真台紙として加工していま。

仮に、A3ノビサイズの窓台紙は、A4サイズの台紙に、その次は、キャビネサイズの台紙にと、二度加工して生かしています。

掲載の写真台紙は、廃品の薄いボール紙を裏張りして、写真が抜き差し出来るように加工し、何度でも写真作品が入替可能なようにしています。

ホームセンターで買ってきた角切りの木材に溝を切り込み、上下に貼り付ける事により、体裁を良くしています。リサイクルオリジナル写真台紙の完成です。

ご参考にして下さい。






コメント   この記事についてブログを書く
« 田舎の珍しい風景 | トップ | まもなく令和2年が始まります。 »

コメントを投稿

写真教室」カテゴリの最新記事