マーチャンの写真日記(今を感じながら)

ついに退職の日が来ました。
この先どんな生活が展開していくのやら。
趣味の写真を中心に、つづってみたいと思います。

  3月31日(木)  春めいた伊佐沼で

2016年03月31日 | Weblog

”コチドリ”

夕方、川越の友人に会う約束があった。

所沢市で昼頃まで用事があったので、

自宅へ帰らず、川越の伊佐沼で時間つぶしをした。

桜の木陰に車を止めて昼寝しても良し。

写真撮っても良し。

結局眠れず、車の中からパチパチ。

コメント (2)

     ユリカモメ-1

2016年03月31日 | Weblog

”ユリカモメ”

ちょっと風があって、ちょっと曇ってて、桜もまだクライマックスほどではない。

ここも車の窓から。

コメント (2)

     ユリカモメ-2   夏羽がいた

2016年03月31日 | Weblog

頭の黒い、夏羽に変わりかけたユリカモメもいました。

コメント

     ユリカモメ-3

2016年03月31日 | Weblog

沼の反対側(順光側)に回りました。

お花見でにぎわう駐車場の空きを見つけて車を止め。

遊歩道に立ちました。

コメント

     ユリカモメ-4  虫を捕るユリカモメ

2016年03月31日 | Weblog

数日前に来た時も不思議に思うユリカモメの挙動があった。

普通は水面に平行に飛んで、時々水面上の何かを捕まえに降下する。

こんな飛び方ですが、この時は、

着陸しようとした飛行機が、思い直して再離陸するように機種を上げ、

やがて機体が垂直になって失速するような形に立ってしまい、

そのままふわっと降下して通常飛翔に戻るのです。

なんであんな飛び方をするのか訳が分かりませんでした。

でも撮った写真を拡大してみたら空中に点のように虫が写っていたのです。

よし、真剣に撮るぞ。

口に入れると、一瞬体が立ったまま羽を少したたむ形になり、

ハトが豆鉄砲を食らったような表情になるのです。

これは発見、発見。

 

 

 

 

コメント (2)

    川越 新河岸川の桜

2016年03月31日 | Weblog

”満開の新河岸川の桜”

川越の友人宅を出たのは5時半を少し回っていた。

伊佐沼はまだ満開には早いが、

所沢も、川越も、街中の川のほとりの桜は満開だ。

帰りに新河岸川の満開の桜を撮って帰った。

コメント

  3月30日(水)  朝 

2016年03月30日 | Weblog

”近所のスイセン”

桜の開花宣言がされたが、今年は爆発的な開花には進まなかった。

家から都内へ出て、明るいうちに帰宅して。

コメント (2)

   駅まで

2016年03月30日 | Weblog

”空き家の家の庭”

↓ 駅の跨線橋から、電車に手を振る園児。

桜は二分咲き程度。

コメント

    都内

2016年03月30日 | Weblog

”王子駅界隈”

こちらは四分咲きほどか。

コメント

    帰路 駅から

2016年03月30日 | Weblog

帰路、駅から。花を探して回り道。

コメント (2)

  3月29日(火)  霧の伊佐沼-1

2016年03月29日 | Weblog

”日の出前の 川越伊佐沼” 

昨夜、雨音が止んだと思ったら、ものすごい雷鳴。

我が家の真上で、和太鼓の集団が生演奏しているみたいだ。

ドンと鳴ると家が共振して揺れる。

そんな翌朝。ひょっとしてものすごい霧の朝になるのではないか。

川越伊佐沼に来て見ました。 予想通りだ。

↓ 梅干しの様な太陽が出てきた。

コメント

    霧の伊佐沼-2

2016年03月29日 | Weblog

 日が出てから、もう一度霧の競演があった。

コメント (2)

    霧の伊佐沼-3

2016年03月29日 | Weblog

 

コメント

    霧の伊佐沼-4

2016年03月29日 | Weblog

 桜は、三分咲きほどか。

花に狂うのはもう少し先ですね。

コメント

  3月28日(月)  渡良瀬遊水地ヨシ焼き(2)-1

2016年03月28日 | Weblog

 3月26日。渡良瀬遊水地ヨシ焼き。 今日は私のカットから。

コメント