goo

情 熱


常にカメラマンができることを考えている。



その考えた事をはなるべく口に出すようにしている。



まず そうすることによって自分を追い詰める・・・覚悟を決める。



そして 他人の意見を聞き自分の戦略があっているのかリサーチもできる・・・もちろんそこで修正や見直しもある。



さらに それに共感してくれた人が何かのきっかけで他の人に話してくれる・・・いわゆる口コミ。



口に出すことで戦略の完成度が増すと考える。



情熱を持って話をすると・・・情熱を持って聞いてくれる 情熱を持って意見してくれる



社員数千人もかかえる大会社でもあるまいし 多少戦略があまくても数千人の社員を路頭に迷わせ社会的責任を問われるわけでもない。



路頭に迷うのは家族4人だけ・・・なんとかなる。



自分がどう考えているのかを語ることが欠落しているこの業界 もっと熱く語れ!失敗を恐れるな!動け!



こんな私は40を過ぎますます熱くなる。



明日は暑くなるようだ・・・予想最高気温29℃



 



でも・・・何も考えずに口に出す癖 なんとかしなきゃ 石原秀樹HPはこちらH.I..gif



コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )

臨機応変


この言葉は誰もが耳にし、使ったことがあるだろう。



一見、曖昧に感じるがこれほど適切な立ち振る舞いはない。



先日 聞いた話・・・これは規約だからと言い放ったある人がいた。



その時 決めた規約が絶対だと言わんばかりに。



その人に言いたい・・・



その規約は何のためにあるのか・・・



集団行動をするにあったて円滑に物事を進めるために決めた事。



考えに考えぬいた その規約でさえうたえない事がたくさんある。



ちなみに・・・私の仕事は臨機応変なくしては成り立たないくらい状況は変化する。



その場その場 柔軟に対処できなければいる意味がないといっても過言ではない。



そして・・・あらためてその人に言いたい・・・



今の状況をよく見ろ!・・・何がベストか・・・。 



 



人生は臨機応変 石原秀樹HPはこちらH.I..gif



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

五体満足であっても


先日、バンクーバーパラリンピックの選手を撮影する機会をいただいた。



日立システムアンドサービス スキー部への取材である。



アスリートの取材 この話をいただいた時から取材日までとても待ち遠しかった。



なぜなら・・・がむしゃらに突き進む志高き人は素敵に決まっているからだ。



 



褐色の肌に真白い歯、気持ちのいい笑顔で取材場所の会議室にやってきた。



ものすごい目力を持つ新井監督へのインタビューで取材はスタートした。



IMG_0268.jpg 



新井秀樹監督



どうしたら選手が自分の持つ力を最大限に発揮できるか・・・常にそれを考えている。



IMG_0350.jpg



長田弘幸選手・・・シェットスキー(脊髄損傷による下半身麻痺)



IMG_0296.jpg



新田佳浩選手・・・クロスカントリー・ミドル・クラシカル 同スプリント・クラシカル 金メダリスト(左腕肘下の切断)



IMG_0345.jpg



久保恒造選手・・・バイアスロン(脊椎損傷による下半身麻痺)



IMG_0311.jpg



太田渉子選手・・・クロスカントリー・クラシカル 銀メダリスト(先天性左手全指欠損)



 



真剣なまなざしで思いを語る・・・時折 素敵な笑顔を見せながら。



志高き5人の精鋭をファインダーで捕えながら・・・終始感動していた。



IMG_0362.jpg



ご存知の通り、彼らはハンディキャップを持っている



考えさせられた・・・自分は・・・と・・・



五体満足の私はこのざまである。



 



人を感動させられるこの生きざまは素敵のなにものでもない 石原秀樹HPはこちらH.I..gif



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )