地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

立民 枝野代表ら 参院選「1人区」野党一本化 調整を確認

2019年02月28日 | 社会 経済
立民 枝野代表ら 参院選「1人区」野党一本化 調整を確認

2019年2月28日 22時52分、NHK NEWS WEB 配信より

立憲民主党の枝野代表や、岡田元外務大臣らが28日夜、都内で会合を開き、夏の参議院選挙に向けて、全国に32ある「1人区」で、野党側の候補者を一本化するため、調整を急ぐ方針を確認しました。

続きを読む

会合には、立憲民主党の枝野代表や福山幹事長のほか、立憲民主党の会派に所属する岡田元外務大臣や安住元財務大臣、中村喜四郎元建設大臣らが出席しました。会合では夏の参議院選挙に向けて、全国に32ある定員が1人の「1人区」で、野党側の候補者を一本化するため、調整を急ぐとともに、衆参同日選挙が行われる可能性も念頭に、対応していく方針を確認しました。このあと、福山氏はNHKの取材に対し「参議院選挙に向けて、どう安倍政権に向き合っていくか、率直に意見交換した。衆参同日選挙も視野にしっかり準備し、受けて立ちたい」と述べました。

私のコメント :平成31年2月28日、立憲民主党の枝野代表や、岡田元外務大臣らが28日夜、会合を開き、夏の参議院選挙に向けて、全国にある「1人区」で、野党側 候補者を一本化するため、調整する方針を確認した。



コメント

国会 統計不正で集中審議 予算案採決で与野党の攻防激しく

2019年02月28日 | 慶應義塾大学
国会 統計不正で集中審議 予算案採決で与野党の攻防激しく

2019年2月28日 4時12分統計不正問題 、NHK NEWS WEB 配信より

厚生労働省の統計不正問題で、特別監察委員会が再検証の結果をまとめたのを受けて、衆議院予算委員会では、28日、集中審議が行われます。一方、新年度予算案について、与党側は、1日、委員会で採決したいと提案したのに対し、野党側は反対していて、与野党の攻防が激しくなっています。

続きを読む

厚生労働省の毎月勤労統計調査の不正問題で、再検証を進めてきた特別監察委員会は、27日、「担当部署が組織として公的な場で虚偽の説明をしていた」と指摘する一方、「隠蔽の意図は認められなかった」とする報告書をまとめました。

野党側は、立憲民主党の逢坂政務調査会長が「身内に甘い、ひどい内容で、隠蔽があったとは言えないという時点でアウトだ」と述べるなど、批判しています。与党側は、自民党の二階幹事長が「意図的な隠蔽はないことが内外に公表できた」と述べるなど、報告書を尊重すべきだとしています。

衆議院予算委員会では、28日、特別監察委員会の樋口美雄委員長も出席して集中審議が行われることになっていて、活発な論戦が展開される見通しです。

一方、新年度予算案をめぐって、与党側は、27日夜開かれた予算委員会の理事会で、今週中に衆議院通過を図るため、1日、委員会を開いて締めくくりの質疑と採決を行いたいと提案しました。

これに対し、野党側は「統計問題は解明されておらず、採決は到底認められない」と反対しているほか「根本厚生労働大臣に対する不信任決議案の提出も検討すべきだ」といった意見も出るなど、与野党の攻防が激しくなっています。

私のコメント : 平成31年2月28日、衆議院予算委員会では、28日、厚生労働省の毎月勤労統計調査の不正問題 特別監察委員会の樋口美雄委員長も出席して集中審議が行われた、今後、その論戦 等、国内では、展開される見通しです。慶應義塾大学 塾長のもと、特別監察委員会 樋口美雄委員長は、慶應義塾大学 教授を勤められていた。




コメント

F2戦闘機墜落「人的な操縦ミスの可能性高い」

2019年02月28日 | 山口県庁
F2戦闘機墜落「人的な操縦ミスの可能性高い」

2/28(木) 12:57配信、最終更新:2/28(木) 12:57 yab山口朝日放送 配信より

今月、山口県萩市沖で墜落したF2戦闘機の事故原因について、航空自衛隊は「操縦ミスの可能性が高い」と発表しました。

今月20日午前、福岡県築城基地所属のF2戦闘機が、萩市沖の日本海に墜落しました。乗員2人は緊急脱出し無事でした。航空自衛隊は、脱出した2人からの聞き取り調査などをもとに、墜落原因を「エンジンの出力を絞ったまま急上昇したため、機体の速度が低下し操縦不能に陥った」としました。また、機体の異常を示す警報などはなかったとして、人的な操縦ミスによる事故の可能性が高いとしています。現在、停止しているF2戦闘機の飛行訓練について、機体の点検などが済み次第順次再開するとしています。

私のコメント : 平成31年2月28日、今月20日午前、福岡県築城基地所属のF2戦闘機が、萩市沖の日本海に墜落しましたが、山口県萩市沖で墜落したF2戦闘機の事故原因について、航空自衛隊は「操縦ミスの可能性が高い」と発表しました。

平成31年2月28日、2月18日に、日本女子大学 学園企画室 事務局 竹島様、並び、管間様と私は、連絡を持った後、日本女子大学 学園企画室 事務局 竹島様と対談し、各 内容における調整があるため、よって、山口県 教育政策課 森脇敏雄指導主事と対談し、その後、日本女子大学 総務課 大門様のもとへ、報告、並び、その連絡を入れた。

平成31年2月28日、山口県 柳井市に住んでいる知人のもとに、柳井市の状況、趨勢について、お尋ねを入れた後の対応があり、よって、山口県 山口市 山口県議会議員 事務所へ行く。山口市内にて (高校教師) を私が、奉職していた時代における 私の教え子が、山口県議会議員 秘書として、勤務されており、山口市の状況について、お尋ねを入れ、新聞報道における内容の写しと、その近況へと至っている説明もいただく。私からは、山口市内 日本女子大学 創立者 成瀬仁蔵 没後 記念祭 に際し、山口市 文化財保護課、日本女子大学 総務課、山口県 教育政策課による、私への対応内容、その出来事に関しては、山口県議会議員から 私のもとへ 力添えも いただきたいため その後の経過 説明を入れた。

平成31年2月26日、山口県 教育政策課 から、私のもとへ、連絡が入り、日本女子大学 創立者 成瀬仁蔵 没後 100年祭、50年祭に際しての お尋ねが入り、日本女子大学 創立者 成瀬仁蔵 没後祭 に際して その日本女子大学 総務課 担当者における 直通 連絡先 等 に関し、私から、山口県 教育政策課 担当者へ、その教示をおこなった。

平成31年2月27日、「島根県の国際化の現状」 平成30年(2018)  島根県 環境生活部 文化国際課 においては、「2020年東京五輪で、日本選手団が着用する公式服の選考が進んでいる。公式服のデザインも注目される。64年東京五輪以降、開会式に国旗を連想させる赤と白を基調にした服装で臨んだのは、直近2大会を含め計8大会。このほかファッションデザイナーの森英恵(はなえ)さんが担当した92年バルセロナ五輪は、白色を基調としつつ、上着の背中に太陽をモチーフにした赤い丸のデザインもあった。」 等 の現在、その新聞における報道がありながら、現在、全く、「島根県の国際化の現状」 平成30年(2018)  島根県においては、当該 森英恵様が、島根県に寄付された基金 利用 使途 説明 ( 海外から 著名な デザイナー招聘を 島根県 グラントワにおいて、それを受けられている 等における記載 事項 ) について、全く、記載が、島根県 文化国際課により、なされていないため、また、今まで、島根県 吉賀町役場まで行き、私は、島根県 吉賀町 中谷 前町長、島根県 吉賀町 岩本一巳町長とも面会し、外務省 官房総務課、外務省の各課 その担当 外交官 等、並び、各国の大使館、領事館 文化部 職員、また、海外から文化交流における対応、説明責任が、当該 日本 文化勲章受章者 森英恵様に対しても、あるため、よって、島根県 環境生活部 文化国際課 清水宏祐 グループリーダーと対談し、今までの森英恵様に対する対応について 島根県の立場からの説明を求め、今後、「島根県の国際化の現状」 島根県 環境生活部 文化国際課 にて、わかりやすい その説明を記載していかれたい旨 等 の、島根県 環境生活部 文化国際課 清水宏祐 グループリーダーに対する、私の意見を申し上げ、二人の間における、長時間にわたる対談もへて、後日、島根県知事から、その対応に関しては、島根県 環境生活部 文化国際課 清水宏祐 グループリーダーから 私のもとへ、いただけるという手筈となった。

平成31年2月26日、山口県柳井市に住んでいる知人のもとへ、柳井市の状況、趨勢について、お尋ねを入れた。

平成31年2月26日、山口県山口市 山口県議会議員 事務所へ行く。その際、山口市内にて (高校教師) を奉職していた時代における 私の教え子が、山口県議会議員 秘書として、勤務されているので、山口市の状況、趨勢について、お尋ねを入れ、わかりやすい、親切、丁寧な 説明を私は、いただき、私からは、山口市内 日本女子大学 創立者 成瀬仁蔵 没後 記念祭 に際しての、山口市文化財保護課、日本女子大学 総務課、山口県 教育政策課による、今までにおける、その対応に関して、山口県議会議員 秘書のもとへ、山口県議会議員から 私のもとへ、その力添えをいただきたいため、その経過 説明 等を 山口県議会議員 事務所へ 入れた。

平成31年2月26日、山口県 教育政策課 から、私のもとへ、連絡が入り、日本女子大学 創立者 成瀬仁蔵 没後 100年祭、50年祭に際しての お尋ねが入り、日本女子大学 創立者 成瀬仁蔵 没後祭 に際して その日本女子大学 総務課 担当者における 直通 連絡先 等 に関し、私から、山口県 教育政策課 担当者へ、その教示をおこなった。

平成31年2月21日、文部科学省 中村裕之 文部科学大臣 政務官室 菊池秘書と私は、対談した。

平成31年2月21日、島根県 吉賀町 企画課 若狭様と対談した後、島根県 吉賀町における、不明な点があり、以下の対応も、私に、あるため、島根県 総務部 総務課 情報公開・文書・公益法人スタッフ 石橋様 と、その連絡調整を行った。

平成31年2月20日、島根県 益田市役所に行き、益田市教育委員会 教育総務課 藤本課長補佐、益田市教育委員会 社会教育 松本課長補佐と私は、益田市教育委員会 にて、「外務省 いわゆる 密約書 不在の問題」にかかわる、竹島問題にも関係していく その学事内容の面談をおこなった。その後、その報告に関しては、益田市 危機管理課 廣瀬課長と私は、益田市役所にて、面会し、今回の内容に関する報告 島根県 益田市 危機管理課のもとへ、入れた。



コメント

メイ英首相、EU離脱3カ月の延期容認 議会に姿勢示す

2019年02月27日 | 労働経済学
メイ英首相、EU離脱3カ月の延期容認 議会に姿勢示す

2/26(火) 21:12配信 、最終更新:2/27(水) 0:33 朝日新聞デジタル 配信より

3月29日に予定される英国の欧州連合(EU)からの離脱をめぐり、メイ英首相は26日の英議会で、3カ月ほどの延期を容認する姿勢を初めて示した。議会では、離脱条件などの議論がまとまっておらず、EUとの間で合意がないままの離脱になりかねない。社会の混乱を避けるため、英・EU双方から、延期すべきだとの圧力が強まっていた。

【写真】26日、英ロンドンのダウニング街に姿を現したメイ首相=ロイター

メイ氏は、3月12日までに予定している英議会採決で離脱協定案が再び否決された場合、EUとの合意がないまま29日に離脱することを認めるかどうか、13日までに採決すると表明。これが否決された場合、「短期間に限定」した離脱延期を認めるかどうか、14日までに採決すると述べた。延期する場合、5月下旬の欧州議会選挙に英国が参加しない前提で、「6月末まで」とした。ただ、延期の選択肢を示したのは、あくまで離脱期限が迫っているからだとし、「延期はしたくない。EUと合意した上で3月29日の離脱に集中すべきだ」「延期しても『合意なき離脱』は除外されない」との持論も強調した。離脱延期を決めるには、英とEUの双方で承認が必要だ。英議会では、EUと早く決別したい与党・保守党の強硬離脱派が延期に反対する見通しだが、合意なき離脱は避けるべきだとの意見が議会全体では多い。閣僚からも、離脱を延期し、合意なき離脱を排除しなければ辞職するとの表明が相次いでいる。

朝日新聞社

【関連記事】

• 英議会、EU離脱協定案を否決 反対432・賛成202

私のコメント : 平成31年2月27日、メイ氏は、3月12日までに予定している英議会採決で離脱協定案が再び否決された場合、EUとの合意がないまま29日に離脱することを認めるかどうか、13日までに採決すると表明。これが否決された場合、離脱延期を認めるかどうか、14日までに採決すると述べた。離脱延期を決めるには、英とEUの双方で承認が必要だ。 プラザ合意、消費税導入、消費税 増税、郵政民営化、統一地方選挙、島根県知事、・・・





コメント

“スーパーボランティア”尾畠さん涙の断念…東京から大分まで歩く旅「人の命にはかえられない」

2019年02月27日 | 日本女子大学
“スーパーボランティア”尾畠さん涙の断念…東京から大分まで歩く旅「人の命にはかえられない」

2/26(火) 19:03 配信、最終更新 :2/26(火) 19:03 東海テレビ 配信より

“スーパーボランティア”として知られる尾畠春夫さんが東京から大分まで歩く旅に挑戦していたことはご存知の方も多いと思います。

 静岡から愛知にまもなく入るということで取材をしたところ、意外な場所にその姿がありました。

 一人でリヤカーを引き、歩き続けるスーパーボランティア尾畠春夫さん、79歳。

 1月19日、東京を出発した後、大分の自宅までのおよそ1100キロをテントで寝泊まりしながら旅を続けてきました。

 尾畠さんは、歩いているとのウワサを聞きつけ集まった住民たちが求めるサインや写真にも…。

尾畠さん:
「はい、お待たせしました」

住民:
「ありがとうございます」

尾畠さん:
「お次の方どうぞ」

 時間をかけながら、“尾畠スマイル”で丁寧に対応します。中には、尾畠さんと会えて涙を流す男性も…。

感涙した男性:
「やっぱ感動しました。抱きしめてもらった時の力強さはちょっと(経験したこと)ないですね。それに感動しました」

 リヤカーは、住民達から貰った差し入れが山積みに…。

尾畠さん:
「楽しみはみなさんとの出会い。一期一会ですかね。みなさんとたくさんお話をさせていただきたい」

 そんな中、まもなく尾畠さんが愛知県にやってくるとの情報が。そこで…。

(記者リポート)
「愛知県豊橋市です。スーパーボランティア尾畠さんがまもなく静岡を横断してこちらの方にやってくるということです」

 東海テレビの取材班が向かったのは、静岡と愛知の県境。

(記者リポート)
「静岡との県境に着きました。小さな川をはさんで東側が静岡、西側が愛知ということでこのあたりで尾畠さんを迎え入れたいと思います」

 御年79歳…。尾畠さんの足取りを止めないよう、あくまでじっと待つことに。

(記者リポート)
「けっこう車通りはあるんですが、歩く人の姿はまったく見られませんね…」

 リアルタイムな情報をつかむため、ツイッターでも検索してみますが、有力な手掛かりは得られません…。実は尾畠さんの姿が、24日から確認できなくなっていたんです。

 そんな中、大分・日出町で25日、FNNの取材班が尾畠さんに接触することができました。尾畠さんは、すでに大分の自宅に帰っていたんです。

尾畠さん:
「帰ってきたばっかりでな。ちょっと寝てから休憩すりゃいいのにと思うかもしれんけど、次のボランティアで使うものを準備したり目についたことをすぐせんと気が済まん」

 次のボランティアに向け、準備を整えていました。

尾畠さん:
「体力的な疲れはないけどね。精神的な疲れはなかなか抜けないね」

“精神的な疲れ”…一体何があったのでしょうか。

Q.いつ大分に戻ったんですか?

尾畠さん:「24日の午後。日曜日に歩いたら地元の方やらが通行人が集まってるのを見て、車を左側にずっと止めて、ハザードをつけて交通渋滞になって。いつ事故が起きてもおかしくないなと思って、今回はここで一応旅を打ち切って身を引いた方がいいなと思って。だから誰にも知らせずにスッと身を引いたんです」

 静岡県内を歩き続けた尾畠さんを一目見ようと住民たちが次第に殺到し、警察も出動する騒ぎに…。見物に来た人たちが事故に巻き込まれてはいけないという思いから、志半ばで旅を断念したのでした。

 娘夫婦の車に乗せてもらい大分まで戻ったという尾畠さん、家の中にはリヤカーに積んでいたたくさんの差し入れが…。

尾畠さん:
「皆さんからたくさん支援物資やお声をいっぱいいただいて、身に余ることをいっぱいしてもらって、感謝の気持ちでいっぱいですけど。人の命にはかえられんから、人の道、仁義として(人命を)守るべきやなって。皆さんからもらった…励ましの言葉をもらったのに…途中でもうやめて逃げ帰ったみたいな状態だったけど。途中でやめてしまって本当に申し訳ないなって気持ちでいっぱいだけどね。私は受けた恩は絶対忘れないから必ずなんかの形で、恩返しはさせてもらいたいなと思ってます」

東海テレビ

私のコメント : 平成31年2月27日、“スーパーボランティア”として知られる尾畠春夫さんが東京から大分まで歩く旅に挑戦していたことはご存知の方も多いと思います。尾畠さん:「24日の午後。日曜日に歩いたら地元の方やらが通行人が集まってるのを見て、車を左側にずっと止めて、ハザードをつけて交通渋滞になって。いつ事故が起きてもおかしくないなと思って、今回はここで一応旅を打ち切って身を引いた方がいいなと思って。だから誰にも知らせずにスッと身を引いたんです」 静岡県内を歩き続けた尾畠さんを一目見ようと住民たちが次第に殺到し、警察も出動する騒ぎに…。、“スーパーボランティア”として知られる尾畠春夫さんは、見物に来た人たちが事故に巻き込まれてはいけないという思いから、志半ばで旅を断念したとのこと。

平成31年2月26日、山口県柳井市に住んでいる知人のもとへ、柳井市の状況、趨勢について、お尋ねを入れた。

平成31年2月26日、山口県山口市 山口県議会議員 事務所へ行く。その際、山口市内にて(高校教師) を奉職していた時代における 私の教え子が、山口県議会議員 秘書として、勤務されているので、山口市の状況、趨勢について、お尋ねを入れて、わかりやすい、親切、丁寧な 説明を私は、いただき、私からは、山口市内 日本女子大学 創立者 成瀬仁蔵 没後 記念祭 に際しての、山口市文化財保護課、日本女子大学 総務課、山口県 教育政策課による、今までにおける、その対応に関して、山口県議会議員 秘書のもとへ、山口県議会議員から 私のもとへ、その力添えをいただきたいため、その経過 説明 等を 山口県議会議員 事務所へ 入れた。

平成31年2月26日、山口県 教育政策課 から、私のもとへ、連絡が入り、日本女子大学 創立者 成瀬仁蔵 没後 100年祭、50年祭に際しての お尋ねが入り、日本女子大学 創立者 成瀬仁蔵 没後祭 に際して その日本女子大学 総務課 担当者における 直通 連絡先 等 に関し、私から、山口県 教育政策課 担当者へ、その教示をおこなった。



コメント

学校法人日本女子大学より2019年新年のご挨拶

2019年02月26日 | 日本女子大学
学校法人日本女子大学より2019年新年のご挨拶

平成31年2月26日 現在の、©Japan Women's University. All Rights Reserved. 配信 記事より

新しい息吹を感じる創立の地 目白キャンパス

学校法人日本女子大学 理事長代行 蟻川 芳子

明けましておめでとうございます。

本年も学園にとりまして、新しい一歩を踏み出す躍進の年にしたいと思っております。

創立120周年も2年後に迫った現在、新図書館もこの春の竣工を目前に、蔵書の移動を含めた内容の充実に向けて、万全の完成を目指して取り組んでおります。1964年設立当時としては珍しい全開架方式を取り入れた現図書館は、研究・教育に果たした55年間の大役を終えることになります。その跡には、講義棟の新設、間もなく落成する体育館や学生滞在スペース等、2021年に西生田キャンパスから人間社会学部を迎えるために、目白キャンパスは大きく様変わりいたします。都会にありながら緑が多い特徴を活かしたキャンパス構想を期待しながら見守っております。

また本年は創立者成瀬仁蔵先生の没後100周年に当たります。3月4日のご命日には、没後100年記念式を予定しております。1906年に建てられた成瀬記念講堂は昨秋耐震改修工事が完了し、関東大震災にも耐えたステンドグラスは綺麗に磨かれ、明り取りの天窓からは陽の光が穏やかに差し込んでいます。式場となるこの講堂で実践倫理を熱く語られた先生をお忍びし、先生の創立のご意思を、現代に向けて新たに発信する機会にしたいと思っております。本学創立に当たり多大なご支援をいただいた広岡浅子氏も、先生と同じ1919年1月14日に亡くなられ、没後100周年になります。併せて氏をお忍びし、心からの感謝を捧げたいと存じます。

私のコメント : 平成31年2月26日、上記 配信へと至る、山口県 山口市 成瀬仁蔵 没後50周年祭 当時の経緯が、今までに、慶應義塾大学 私が、在学中 塾生として、当時の当該 日本女子大学 学生に対しては、そのお祭りに関する利害対応が、あるために、日本女子大学 総務課 松野様、並び、日本女子大学 事務局のもとへと、日本女子大学 創立者 成瀬仁蔵先生の没後100周年へとかかり、山口県山口市 成瀬仁蔵没後50周年祭 当時 山口市における、その主催、山口県教育委員会 教育長 熊野一様が、式典 祭に参列へ、至っていた 当時の文教における内容 関係に関しては、文部科学省 文部大臣 政務官室 秘書室 菊池様へ、私から、その連絡と調整をおこなっている。よって、平成30年2月26日、山口県下における、当該 今までの経緯、その確認の連絡は、山口県 教育政策課 森脇敏雄指導主事のもとへ 入れた。

平成31年2月26日、山口県 山口市文化財保護課 肱岡圭介主事と私は、対談をおこなった。
.............................................................................
「竹島の日」で記念式典

02月22日 20時02分、島根 NEWS WEB  配信より

2月22日は島根県が条例で定めた「竹島の日」です。松江市で22日に開かれた記念式典で、内閣府で領土問題を担当する安藤裕政務官は「我が国の立場について正確な理解が浸透していくよう、内外発信の一層の強化に努めていきたい」と述べました。島根県は、明治時代に竹島を県の所管とした2月22日を条例で「竹島の日」と定め、毎年、県主催の式典を開いています。式典が始まる前の正午ごろ、式典の会場の周辺には開催に抗議しようという韓国人のグループが訪れ、現場は一時騒然としました。会場の島根県民会館から西に500メートルほど離れた路上で、韓国人の男性3人が抗議の声を上げるとともに「日本は歴史をねつ造している」などと書かれた紙を掲げました。これに対し、やめさせようとするグループが近づいて、現場は一時騒然としました。警察官が間に入ったため両者は接触せず、警察によりますと、けがをした人はいないということです。島根県警察本部は式典の会場周辺を中心に、例年より多いおよそ800人の態勢で警備にあたりました。そして、午後1時半から始まった14回目となる今年の式典には、島根県の溝口知事のほか地元・隠岐の島町の住民など、460人が出席しました。今年の式典は、太平洋戦争中の「徴用」をめぐる問題や「慰安婦問題は天皇陛下が謝罪すれば解決する」などという韓国国会議長の発言で日韓関係が悪化する中での開催となりました。溝口知事は「最近の韓国側の動きを見ると、竹島の占拠を既成事実化しようとする動きを強めている。竹島問題の解決のためには日韓両国の政府レベルでの話し合いが不可欠で、政府には外交交渉の場で竹島問題が話し合われるよう引き続き強く求める」と述べました。これに対し、安藤政務官は「竹島問題が国家の根幹に関わる課題であることは明白だ。我が国の立場について正確な理解が浸透していくよう、これまで以上に地元と連携し、内外発信の一層の強化に努めていきたい」と述べ、引き続き問題の解決に取り組む考えを強調しました。
...................................................
竹島の日 式典出席者の声は

02月22日 20時04分、島根 NEWS WEB  配信より

式典のあと、内閣府で領土問題を担当する安藤裕政務官は記者団に対し「今の韓国の動きというのは日本国民の感情を決して穏やかにするものではない状況である。竹島の問題について国民的な世論を盛り上げるきっかけを作っていただいたことに対して、島根県の皆様方に心から感謝を申し上げたい」と述べました。そのうえで「これまでも取り組んできたように、我が国の立場をきちんと主張をして、これからも粘り強く平和的な解決を目指していく」と述べ、引き続き外交交渉によって領土問題の解決を図っていくという政府の立場を改めて示しました。竹島がある隠岐の島町の池田高世偉町長は「政府には一刻も早く竹島の問題を解決してほしいが、昨今の日韓関係は一歩進んだかと思うと二歩、三歩下がるような印象を持っている」と述べました。そのうえで「島民にとっては、昔のように排他的経済水域の中で漁をできるようになることが先決だ。両国が理解し合って、漁業という産業の中では共有していけたらと思う」と話していました。式典に出席した松江市の70代の男性は「年々式典の規模が大きくなっていて、政府による竹島への関心は高まっていると感じます。両国の若い世代間での交流など、未来につながる友好事業を行うことが問題解決の一歩となるのではと思います」と話していました。また、出雲市の70代の男性は「自分も漁師なので、他の漁師の困った姿を見て大変だと感じています。早く返還してもらいたいと思いますが、今の政治情勢では難しいだろうと感じています」と話していました。

私のコメント : 平成31年2月22日、島根県 県民相談室へ、連絡を入れて、下記の経緯 等もあり、私から、その説明を島根県へ入れた。

平成31年2月22日、「竹島の日」、皇位継承を前に、安倍首相が2月22日午後、皇太子さまのもとを訪れることが日本テレビの取材で明らかになった。国内外の情勢について報告することを検討しているという。

平成31年2月22日、島根県 総務部 総務課 情報公開・文書・公益法人スタッフ 石橋様 と私は、対談した。

平成31年2月22日、文部科学省 中村裕之 文部科学大臣 政務官室 菊池秘書と 私は、連絡を持った後の対応があり、日本女子大学 学園企画室 事務局 竹島様と対談し、今回の 内容 説明のため、日本女子大学 学園企画室 事務局 管間様への私からの伝言について、日本女子大学 学園企画室 事務局 竹島様へ依頼した。

平成31年2月21日、文部科学省 中村裕之 文部科学大臣 政務官室 菊池秘書と私は、対談した。

平成31年2月21日、島根県 吉賀町 企画課 若狭様と対談した後、島根県 吉賀町における、不明な点があり、以下の対応も、私に、あるため、島根県 総務部 総務課 情報公開・文書・公益法人スタッフ 石橋様 と、その連絡調整を行った。

平成31年2月18日、日本女子大学 学園企画室 事務局 竹島様、並び、管間様と 私は、連絡を持った後の対応があり、日本女子大学 学園企画室 事務局 竹島様と対談する。( 島根県 益田市出身 日本女子大学 学長・理事長 後藤祥子教授 にかかわわっていく 学事 内容 等に関して・・・ )

平成31年2月20日、島根県 益田市役所に行き、益田市教育委員会 教育総務課 藤本課長補佐、益田市教育委員会 社会教育 松本課長補佐と私は、益田市教育委員会 にて、「外務省 いわゆる 密約書 不在の問題」にかかわる、竹島問題にも関係していく その学事内容の面談をおこなった。その後、その報告に関しては、益田市 危機管理課 廣瀬課長と益田市役所にて、面会し、今回の内容に関する報告 島根県 益田市 危機管理課のもとへ、入れた。

王朝和歌を学ぶ人のために
後藤 祥子(編集)/世界思想社
.
労働市場 (1980年) (日経文庫 経済学入門シリーズ)
西川 俊作/日本経済新聞社
.
........................................................................................
「人々と共に…」皇太子さま59歳の誕生日

2/23(土) 1:17配信、最終更新:2/23(土) 1:46 日本テレビ系(NNN) 配信より

皇太子さまは23日、59歳の誕生日を迎えられた。即位前、最後となる記者会見で「人々と共に喜び、悲しみながら、象徴としての務めを果たしてまいりたい」と、即位への決意を語られた。

23日、59歳の誕生日を迎えた皇太子さまは、今年5月の即位前、最後となる記者会見で、「国民の中に入り、国民に少しでも寄り添うこと」を目指してきたこれまでの活動を振り返り、今の心境と即位に向けた決意を語られた。

皇太子さま「これからのことを思うと、とても厳粛な気持ちになりますが、引き続き自己研鑽(けんさん)に努めながら、国民に常に寄り添い、人々と共に喜び、あるいは共に悲しみながら、象徴としての務めを果たしてまいりたいと思います」「その時代時代で新しい風が吹くように、皇室の在り方も、その時代時代によって変わってくるものと思います。それぞれの時代に応じて求められる皇室の在り方を追い求めていきたいと思います」

また、皇太子さまは、天皇皇后両陛下に対しては、「両陛下のお手許(てもと)で温かい家庭において慈しみを受けながらお育ていただいた」と、深い感謝と尊敬の気持ちを語り、皇后となる雅子さまについては、「一朝一夕に全てをこなせるようになるわけではないと思う」と、体調への理解を求められた。

また、誕生日にあたって皇太子さまが、リオ・パラリンピックの視覚障害マラソン銀メダリスト・道下美里選手の「伴走」をつとめ、一緒に赤坂御用地を走られた際の映像が公開された。

【関連記事】
•皇室の皆さまの公務や活動にスポットを当てた記録集
•皇太子さま59歳の誕生日 会見全文1/4
•皇太子さま59歳の誕生日 会見全文2/4
•皇太子さま59歳の誕生日 会見全文3/4
•皇太子さま59歳の誕生日 会見全文4/4

私のコメント : 平成31年2月23日、皇太子さまは2月23日、59歳の誕生日を迎えられた。皇太子さまは、天皇皇后両陛下に対し、「両陛下のお手許で温かい家庭において慈しみを受けながらお育ていただいた」と気持ちを語り、皇后となる雅子さまについては、「一朝一夕に全てをこなせるようになるわけではないと思う」と、体調への理解を求められた。

労働市場 (1980年) (日経文庫 経済学入門シリーズ)
西川 俊作/日本経済新聞社

計量経済学のすすめ (1970年) (エコノミスト・シリーズ)
西川 俊作/毎日新聞社

数量経済史の原点―近代移行期の長州経済 (慶應義塾大学産業研究所選書)
西川 俊作/慶應義塾大学出版会

福沢諭吉と三人の後進たち (エコノブックス (9))
西川 俊作/日本評論社

福沢諭吉の横顔 (Keio UP選書)
西川 俊作/慶應義塾大学出版会

天皇交代 平成皇室8つの秘話
明石 元紹,岩井 克己,佐藤 正宏,檀 ふみ,江森 敬治,近重 幸哉,橋本 隆,白石 都志雄/講談社

昭和天皇伝説―たった一人のたたかい (朝日文庫)
松本 健一 /朝日新聞社

自然災害と防災の事典
丸善出版

水利の日本史―流域と指導者たち (農林統計叢書 (11))
旗手 勲 /農林統計協会

小泉信三全集〈第1巻〉 (1968年)
小泉 信三/文藝春秋

政治わが道―藤山愛一郎回想録 (1976年)
藤山 愛一郎/朝日新聞社

福沢諭吉選集〈第1巻〉 (1980年)
福沢 諭吉/岩波書店

福沢諭吉全集〈第1巻〉 (1958年)
福沢 諭吉/岩波書店

福沢諭吉著作集〈第1巻〉西洋事情
福沢 諭吉/慶應義塾大学出版会

福澤諭吉傳〈第1巻〉
石河 幹明/岩波書店

福澤諭吉傳〈第2巻〉
石河 幹明/岩波書店

福澤諭吉傳〈第3巻〉
石河 幹明/岩波書店

福澤諭吉傳〈第4巻〉
石河 幹明/岩波書店

福澤諭吉傳
石河幹明/岩波書店

古文書学 (1955年)
伊木 寿一/慶応通信

湛山回想 (岩波文庫 青 168-2)
石橋 湛山/岩波書店

石橋湛山評論集 (岩波文庫 青 168-1)
石橋 湛山/岩波書店

帝室論: 福沢諭吉 著 : 現代語訳 (三島堂)
福沢諭吉/null

ジョオジ五世伝と帝室論
小泉 信三/文藝春秋

竹島密約 (草思社文庫)
ロー ダニエル/草思社

佐藤栄作日記 全6巻セット
佐藤 榮作,伊藤 隆 監修/朝日新聞社

[新装新版]日韓交渉 請求権問題の研究
太田 修/クレイン







コメント

ルノー クリオ 新型、新開発ハイブリッド搭載…ジュネーブモーターショー2019で発表へ

2019年02月26日 | ファション
ルノー クリオ 新型、新開発ハイブリッド搭載…ジュネーブモーターショー2019で発表へ

2019年2月25日(月)12時30分、Copyright © 2019 IID, Inc. 配信より

内外装はスポーティさを強調したデザイン
9.3インチの縦型マルチメディアモニターは欧州Bセグ最大級
ルノーグループが新開発したハイブリッド技術、「E-Tech」を搭載する最初のルノー車

ルノー(Renault)は、3月にスイスで開催されるジュネーブモーターショー2019において、新型『クリオ』(Clio。日本名:『ルーテシア』に相当)を初公開すると発表した。クリオは1990年の初代発売以来、全世界で累計約1500万台を販売しており、ルノーグループの最量販モデルだ。また2013年以来、欧州Bセグメントの販売トップに立っており、ルノーは新型でも欧州Bセグの首位を維持することを目指す。先代モデルは4世代目で、2012年秋にフランスで開催されたパリモーターショー2012でワールドプレミアされた。新型はおよそ6年半ぶりのモデルチェンジを受けて、5世代目モデルとしてデビューする。

内外装はスポーティさを強調したデザイン

新型のエクステリアは、先代モデルの官能的なフォルムを継承しながら、よりダイナミックなデザインを狙う。フロントグリルは大型化され、フロントバンパーはエンジン冷却性能により配慮し、大型のインテークを備える。ボディサイズは、先代比で全長が14mmコンパクトになり、全高はエアロダイナミクスと運動性能を向上させるために、30mm低くした。Cシェイプが特徴のヘッドライトやテールランプには、最新のLEDテクノロジーが組み込まれる。

ヘッドライトは、全車LEDが標準だ。

新型には、新色のバレンシアオレンジとセラドンブルーを含めて、全10色のボディカラーをラインナップする。エクステリアカスタマイズパックとして、赤、オレンジ、黒の3タイプを用意した。新型のインテリアは、質感の向上を目指して素材を見直し、ダッシュボードやドアトリム、センターコンソールなどにはソフトコーティング素材を使用する。パーキングブレーキは電動化され、運転席周辺のスペースが拡大した。ステアリングホイールは、従来モデルよりも小型化したエアバッグにより、よりコンパクトなデザインになっている。やや高い位置にあるセンターコンソールには、ショートストロークのシフトレバーがレイアウトされた。トランク容量は391リットルで、内部に26リットルのサブスペースを持つ。ルノーによると、391リットルの容量は、セグメント最大になるという。カスタマイズパックでは、センターコンソール、ダッシュボード、ドアトリム、ステアリングホイール、アームレストなどに、ユーザーの個性を反映できる。顧客は、8つ以上のインテリアデザインスキームから選択することが可能だ。

9.3インチの縦型マルチメディアモニターは欧州Bセグ最大級

新型クリオのインテリアの特徴が、最新のコネクティビティ技術を反映させた「スマートコクピット」の採用だ。ダッシュボード中央には、欧州Bセグメント車でクラス最大級の9.3インチ縦型マルチメディアモニターを装備する。このマルチメディアモニターは、ドライバーの方向に画面を向けてレイアウトされる。新開発の「EASY LINK」コネクテッドシステムを備えたモニターには、マルチセンシング、ナビゲーション、インフォテインメントのすべての機能を集約する。中央のモニターの下には、ピアノ型のボタンを配置し、操作性に配慮している。また新型では、ドライバー正面のメーターパネルがデジタル化されたデジタルコクピットを採用する。メーターのTFTスクリーンには、ドライバーにナビゲーションを含めた各種情報を見やすく表示する。ワイヤレスでスマートフォンを充電することも可能だ。ルノーグループが新開発したハイブリッド技術、「E-Tech」を搭載する最初のルノー車新型は、ルノー日産三菱アライアンスが開発した「CMF-B」プラットフォームを最初に採用するルノー車になる。ルノーによると、新型がアライアンスのシナジーを強化することを目指す戦略の中心になるという。また新型は、ルノーグループが新開発したハイブリッド技術、「E-Tech」を搭載する最初のルノー車になる。その詳細については、ジュネーブモーターショー2019で明らかにされる予定だ。さらに新型には、最新の先進運転支援システムも採用される。ルノーは、小型車の自動運転に通じる。新型が先進運転支援システムを民主化する先駆けになる、としている。

◆エクステリアはよりダイナミックなデザインに◆インテリアは質感の向上を追求◆クラ…

《森脇稔》

私のコメント : 平成30年2月25日、山口市 山口日産自動車 輸入車事業部 河村博昭 部長と私は、「ルノーの世紀」 ガリマール出版 パリ、(フランス語版)について、対談し、プジョー・シトロエン・ジャポン株式会社 東京都目黒区碑文谷5-1-3、プジョー コールセンター 相原様と私と対談している内容に関する、その説明を入れ、フランスからの 輸入車 輸入代理店 間における、その社史における 調整については、それが必要である旨を伝え、山口日産自動車 輸入車事業部による、「ルノーの世紀」 ガリマール出版 パリ における 対応に関しては、フランスからの 輸入車 輸入代理店 他社に比べて、正規なものであると評価をする 旨も、山口日産自動車 輸入車事業部 河村博昭 部長と面談し、日産自動車 発祥の地 山口県山口市にて、私は、具体的に、申し伝えることができた。
..................................................
茶道表千家の十五代家元襲名、京都・大徳寺で祝賀茶会

2018年11月06日 11時11分、京都新聞 配信より

今春、十五代を継承した茶道表千家の猶有斎(ゆうゆうさい)千宗左家元の襲名祝賀茶会が6日、京都市北区の大徳寺などで始まった。全国の門人らが集い、新家元の節目の茶会を楽しんだ。門人らで作る同門会が主催し、各地の支部や職家などが、同寺の塔頭と表千家北山会館に懸釜(かけがま)席9席と呈茶席3席を設けた。8日まで催し、合わせて4千人が列席する予定となっている。初日のこの日、千家元を正客に迎えた本坊の濃茶席では、「本日はお出ましいただき、ありがとうございます」と内弟子があいさつ。千家元は祝意の趣向などを尋ねながら、内弟子が丁寧に練った一碗を味わった。6日夜には、京都市内のホテルで、家元襲名と十四代の而妙斎(じみょうさい)千宗旦さんの改名披露の晩さん会が開かれる。

関連記事
表千家十五代家元襲名  宗左氏、祖堂で継承報告

......................................................
裏千家の会員組織『淡交会』の会員数については、約10万人、25年前の半分となっている。

高齢化も目立ち、終身師範会員約5万5000人、終身正会員約2万8000人、正会員約1万8000人という。高齢会員の“引退”が増えれば、その運営は厳しくなる。日本の淡交会の先細りは避けられず、海外へと、その目を向けていかなければならない。毎年正月、裏千家の初釜が行なわれる。その第一席となると、政財界や文化人など各界の著名人が顔を揃える。10年ほど前に、その“場違い”に見える若い男性がいた。その方は、アパレルメーカーの社長であった。 裏千家 周囲、何も言えず、その不信も、募っている。



コメント

【平成末の風景】法治国家として恥ずかしい「ゴーン事件」 中韓と同レベルという印象を欧米諸国に…

2019年02月25日 | 日米安保条約
【平成末の風景】法治国家として恥ずかしい「ゴーン事件」 中韓と同レベルという印象を欧米諸国に…

ゴーン氏逮捕で“日仏戦争”勃発!?

2019.2.24 、©2019 The Sankei Shimbun & SANKEI DIGITAL 配信より

★(4)
 日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告の事件は、私には法治国家として恥ずかしい展開に見える。中国や韓国と同レベルという印象を欧米諸国などに与えて、世界で中国を利するだけだ。「過半数に近い株式を取得しても追い出されかねない」とか、「『再建の恩人』とちやほやされても、手のひら返しで検察と組んでクーデターにあって逮捕される」というのでは、外国からの投資や有能な人材が日本の企業で働くことの妨げにもなる。ゴーン被告が問われている罪のうち金融商品取引法違反罪(有価証券報告書の虚偽記載)は報酬額に適用されたことはない。特別背任は日本人なら時効(=7年だが、東京地検特捜部はゴーン被告は海外生活が長いため成立しないと判断)になる可能性が高い。保釈しないのは外国人だから逃亡の恐れがあると裁判所自身が言っている。また、金融商品取引法違反罪は、報酬を約束されたこと自体は違法でない。虚偽記載については日産の西川広人社長もゴーン被告と同等の責任があるのに、逮捕はされていない。外国人であるが故にひどい目にあっている、と言われても仕方ないのではないか。米紙ウォールストリート・ジャーナルは1月9日の社説で、ゴーン被告の意見陳述を受け、《ゴーン氏の意見陳述は、検察が明らかにしている証拠より説得力がある》と報じた。ゴーン被告は欲深いが、浮利を追わない技術屋だし、合法的かどうかに極端なくらい慎重な人物といえる。法外な報酬という批判も強いが、西川社長の年俸が新車の無資格検査問題が発覚した2017年でも約5億円で、トヨタのフランス人副社長が10億円であるのと比べたら不当な厚遇ではない。豪華な社宅や、ベルサイユ宮殿でのパーティー費用の負担なども「交際費の使用」に厳しいフランスで批判されている。ただし、日本でも起訴内容には含まれず、刑事罰の対象ではなさそうだ。フランスのエマニュエル・マクロン大統領が、「ゴーン被告あっての3社連合」では困るので、後継者を育て、連合を制度としてしっかりしたものにするように要求したのは当然のことだ。ルノーは、日産を子会社にしたいわけで、持ち株会社にするというのは、日産側に有利なようにゴーン被告が考えた知恵だ。日産としては持ち株会社の役員の選定や、出資割合とかで有利な条件を引き出すべく努力すべきだし、ゴーン被告はそのつもりだったようにみえる。西川社長はそれも嫌で、明智光秀の役割を演じたのだろうか。日産が力勝負で正面対決しても、自社株の43・7%を保有しているルノーに勝てる可能性は低い。ルノーとしては、力勝負は企業価値を毀損(きそん)する可能性があるので避けたい。そこで、ルノーの大株主であるフランス政府が、日本政府に「ウィンウィンの取引をしよう」と言っている。日本政府が当事者任せなのは、賢明な対処方針にはみえない。日本の司法制度への不信感が高まることは、「日米地位協定の改定」にも悪影響が出ることは間違いない。

■八幡和郎(やわた・かずお) 1951年、滋賀県生まれ。東大法学部卒業後、通産省入省。フランス国立行政学院(ENA)留学。大臣官房情報管理課長、国土庁長官官房参事官などを歴任し、退官。作家、評論家として新聞やテレビで活躍。徳島文理大学教授。著書に『日本の高校ベスト100』(啓文社書房)、『捏造だらけの韓国史』(ワニブックス)など多数。

私のコメント : 平成31年2月24日、八幡和郎氏は、1951年、滋賀県生まれ。東大法学部卒業後、通産省入省。フランス国立行政学院(ENA)留学。大臣官房情報管理課長、国土庁長官官房参事官などを歴任し、退官。作家、評論家として新聞やテレビで活躍されている。東大法学部を卒業され、フランス国立行政学院(ENA)留学、大臣官房情報管理課長、国土庁長官官房参事官など その歴任をされた方のみが、一方的に、フランスと日本との、利害関係や国益を独占され、その立場も公言され、日本国民に対する、その利益を損なうことのないように、日本の司法機関からは、尽力をいただきたいと願う。また、日本へ、その利害関係を持っているフランス企業から、刑事事件、民事事件になる前に、歴史的な、その文化的教養がある日本国民に対しては、フランスの旧植民地における各国の状況とは、それは、異なり、よって、日本国からの収益や利得を得ている その割合に応じて、わかりやすく、日本の福祉や国民の文化向上に伴っていくような その説明 責任を、フランス企業、フランスの経営者から、今後、もっと努力をされ、果たされ、示されて、いかなければいけないと感じる。




コメント

プジョー、「コンセプト 508 プジョー・スポール・エンジニアード」を発表

2019年02月24日 | ファション
プジョー、「コンセプト 508 プジョー・スポール・エンジニアード」を発表


プジョー、電動化されたクルマが退屈ではないと示すため「コンセプト 508 プジョー・スポール・エンジニアード」を発表

電気のみで50kmを走行可能。エンジンも使えば0-100km/h加速4.3秒。

Hirokazu Kusakabe
2019年2月22日, 午後05:00 in transportation  配信より

3月5日に開幕するジュネーブ・モーターショーに向け、フランスのプジョーが「コンセプト 508 プジョー・スポール・エンジニアード」というプラグイン・ハイブリッド車を発表しました。その紹介文には「#UNBORING THE FUTURE」というハッシュタグが付けられています。退屈なんかじゃない未来。自動車はこれから排出ガスを減らすために電動化されていくけれど、それはクルマがつまらなくなるという意味では決してない。電動化は高パフォーマンス化と運転の楽しさも実現するということを、プジョーなりに示そうとしたのが、このコンセプトカーです。

プジョーはその開発を、同社のスポーツ部門であるプジョー・スポールに任せました。プジョー・スポールといえば、ル・マン24時間レースやダカール・ラリーをはじめ、数多くのモータースポーツでライオン・マークのクルマを優勝させてきた実績があります。その技術を市販車にフィードバックしたスポーツ・モデルの開発も手掛けています。

「電動化はこれまで以上にスポーティなモデルの開発を可能にします。私たちはずっとそんなことをやってみたいと夢見てきました。そして今、その夢を現実化できるようになったのです」とプジョー・スポールのブルーノ・ファミンCEOは語っています。

ベースとなったのは、ちょうど1年前に発表された新型「508」。単なる4ドア・セダンではなく、流麗なルーフラインと後部にハッチゲートを備えたスタイルを、プジョーは「ファストバック・クーペ・サルーン」と呼んでいます。この508には今年プラグイン・ハイブリッドが追加される予定です。プジョー・スポールは、そのガソリン・エンジンと電気モーターを組み合わせたパワートレインを強化しました。

市販モデルの508ハイブリッドは、フロントに最高出力200psの1.6リッター直列4気筒エンジンと、ハイブリッド専用の8速オートマチック・トランスミッション、そして110psを発生する電気モーター1基を搭載。さらに4輪駆動モデルでは、後部に同じモーターをもう1基、追加しています。プジョー・スポールのエンジニア達は、この後輪を駆動するモーターの出力を200psに引き上げました。これによってシステム全体で最高出力400psと最大トルク500Nmを発揮、0-100km/hを4.3秒で加速します。同時にWLTP基準で50kmの距離を電気のみで走行することも可能です。11.8kWhのバッテリー容量は、市販モデルの508ハイブリッドと共通です。

モーターショー向けのコンセプトカーであるにもかかわらず、パワートレインも性能も決してスーパーカーではなく、現実的に想像できる範囲で留めたところに、プジョーの意図がうかがえます。どんなに素晴らしい高性能でも、現実感が乏しかったり途方もない高価格になってしまっては、我々にとって「つまらない」とさほど変わりませんから。

内外装の変更も控えめながら、なかなか魅力的に仕上がっています。フロント・バンパーは冷却性能を高めるために開口部を拡げ、空気の流れを整えるフラップやブレードを追加。複雑な形状のグリルは3Dプリント技術で製作したそうです。リアはベース車のクリーンなデザインを損なうウイングやスポイラーの類は取り付けず、ディフューザーを装着して空力性能を高めました。サイド・ウィンドウ後方にも小さなウイングレットが装着されています。ボディはセレニウム・グレイという特別なパール塗装が施され、プジョーがクリプトナイト(スーパーマンのアレ?)と呼ぶ蛍光イエローのアクセントが効いています。

車高は通常の508より低められ、トレッドは前後とも拡げられています。20インチ・ホイールに装着されたミシュラン製の「パイロット・スポーツ4S」タイヤは245/35R20。向上した動力性能に合わせて、フロント・ブレーキは4ピストン・キャリパー+380mmディスクに強化されました。

インテリアは黒いレザーとアルカンターラで覆われ、センターコンソールとステアリングの一部はカーボンファイバー。ステッチやロゴ、さらにメーターやタッチスクリーンの表示にもクリプトナイトが使われています。

このコンセプトカーは、前述のようにこれから発売される508ハイブリッドに注目を集める目的で製作されたものと思われますが、ほぼこのままプジョー・スポール仕様の高性能モデルとして市販化することも、それほど難しくないように思えます。まずはジュネーブ・モーターショーで人々の反応を見てからということになるでしょう。大人4人が快適に乗れて、普段の通勤は電気のみで往復でき、その気になればスポーツカー顔負けの加速も味わえ、悪天候にも強い4輪駆動。派手すぎない内外装は冠婚葬祭にも嫁の実家にも抵抗なく乗って行ける。こんなクルマが欲しいという人は、結構多いのではないでしょうか。

Source: Peugeot
関連キーワード: gear, geneva motor show, Peugeot, phev, phv, PlugInHybrid, transportation

私のコメント : 平成31年2月23日、山口市 プジョー 山口に行き、プジョー 山口 濱上美幸 店長 配下 スタッフ と 私は、プジョー 山口にて、面談した。



コメント

泊原発「活断層否定できず」規制委が見解 審査長期化へ

2019年02月24日 | 地震・噴火
泊原発「活断層否定できず」規制委が見解 審査長期化へ

2/23(土) 9:13配信 最終更新:2/23(土) 9:13 朝日新聞デジタル 配信より

原子力規制委員会は22日、再稼働をめざす北海道電力泊原発1~3号機(泊村)の敷地内にある断層について、「活断層の可能性が否定できない」との見解を示した。北電が結論を覆せなければ、大幅な耐震強化を迫られる可能性がある。反証するとしても審査の長期化は避けられず、再稼働は見通せなくなった。

【写真】柏原発の敷地内の断層

規制委が活断層の可能性を指摘したのは、1号機の原子炉建屋の近くにある「F―1」断層。新規制基準では、約12万~13万年前より後に活動した可能性が否定できない断層を活断層とみなし、その活断層が起こすずれや地震に備える必要がある。該当する時期の地層がない場合、約40万年前にさかのぼって判断する。

泊原発では、断層の上に約12万~13万年前と確認できる地層が残っていない。北電は、過去に地盤の隆起や海面の変動などでできた「段丘」と呼ばれる階段状の地形の年代をもとに、断層によるずれは約21万年前や約33万年前の古い地層に限られると主張。これに対し、規制委は、北電が指摘しているよりも上部にずれが伸び、より新しい時代に動いた可能性があるとして、活断層であることを否定できないと判断した。

北電は当初、過去に積もった火山灰の層にずれがないことを根拠に活断層でないと主張し、規制委も2015年にいったん了承した。だが、その後の審査で火山灰の粒子が少ないなどの疑義が生じ、規制委は判断を覆した。今回、北電は段丘による立証に切り替えたが、それでも否定されたことになる。今後、別の方法で反証を試みるとしても難航が予想され、審査は長期化する見込みだ。

朝日新聞社

【関連記事】
• 闘う町長、記者に遺言 原発事故「死者いない」は間違い
•亀井静香、脱原発へ起業 元総理の激励に「彼は口だけ」
• 「6年間の交渉何なんだ」 東海第二の了承権否定に村長
•ぼくは何者…?たどった戸籍、古い新聞記事、触れた思い
•月葉と彩葉の7カ月 500グラムの双子 ここに記す名

私のコメント : 平成31年2月24日、原子力規制委員会は2月22日、再稼働をめざす北海道電力泊原発1~3号機(泊村)の敷地内にある断層について、「活断層の可能性が否定できない」との見解を示した。北電が結論を覆せなければ、大幅な耐震強化を迫られる可能性がある。規制委が活断層の可能性を指摘したのは、1号機の原子炉建屋の近くにある「F―1」断層。新規制基準では、約12万~13万年前より後に活動した可能性が否定できない断層を活断層とみなし、その活断層が起こすずれや地震に備える必要がある。該当する時期の地層がない場合、約40万年前にさかのぼって判断する。






コメント

震度6弱の厚真町、断水が解消…負傷者6人に

2019年02月23日 | 地震・噴火
震度6弱の厚真町、断水が解消…負傷者6人に

2/23(土) 20:02配信 、最終更新:2/23(土) 20:51 読売新聞 配信より

北海道胆振(いぶり)地方中東部を震源とする最大震度6弱の地震で、厚真町の一部地域で続いていた断水が23日夕までに全て解消した。また、同町の女性(86)が避難時に軽傷を負っていたことが新たにわかり、今回の地震による負傷者は道内3市1町で計6人となった。

21日夜に発生した地震で、厚真町では水道管が2か所で破損し、22日午後7時現在で67戸が断水していた。町によると、23日午後5時頃までに破損箇所の修復が完了した。

この日午前10時頃に断水が解消された同町豊沢地区の無職男性(68)は、「ポリタンクを持って給水所に行く必要がなくなり、ひとまず安心した」とホッとした様子で語った。町には23日、ボランティア約25人が駆けつけ、町内の巡回などを行った。

同町では23日未明にも震度3を観測する地震が発生した。気象庁によると、震源の深さは約30キロ、地震の規模を示すマグニチュードは3・9と推定される。

【関連記事】
• 北海道で震度7~多くの死者、被害拡大
• 北海道・厚真町で震度6弱…地下鉄全線ストップ
•北海道地震で大停電「酸素もたない」…自宅の患者、医療機器停止で窮地
• 「まさかこんなに早く、また地震」不安な一夜
• 鳩山氏、地震は「人災」投稿…道警「誤解招く」

私のコメント : 平成31年2月23日、北海道胆振地方中東部を震源とする最大震度6弱の地震で、厚真町の一部地域で続いていた断水が23日夕までに全て解消した。同町では23日未明にも震度3を観測する地震が発生した。気象庁によると、震源の深さは約30キロ、マグニチュードは3・9と推定。



コメント

皇太子さま 59歳 記者会見全文

2019年02月23日 | 宮内庁
皇太子さま 59歳 記者会見全文

2019年2月23日 0時23分皇室 、NHK NEWS WEB 配信より

(問1)
殿下が新天皇として即位されるまで残り2か月余りとなりました。皇太子としての歩みを振り返るとともに、即位を控えた現在の心境や、新たな時代に臨む決意をお聞かせください。皇室全体では皇族の減少や高齢化が進んでいますが、殿下はどのような皇室の将来像を描かれていますか。

(皇太子さま)
今から30年前、昭和から平成の新しい御代への移り変わりを、私は皇居の吹上御所で迎えました。深い悲しみの中に、一つの時代が終わったという感慨が、頭の中を駆け巡ったことを記憶しています。

立場が変わったことを認識しつつも、最初しばらくは、「皇太子様」と呼ばれても、何か実感が湧かなかったことを覚えています。ただ、昭和の時代から、回数は限られますが、現在の両陛下の御公務に御一緒したり、昭和62年には私自身も昭和天皇の国事行為臨時代行を務めさせていただくなどしたことは、皇太子としての準備を進めさせていただく機会になったものと有り難く思っております。

実際に皇太子となってからは、自分の中でもその役割に対する自覚というものがより根付いてきたように思います。特に、平成3年2月に立太子の礼を陛下に執り行っていただいたことで、その気持ちがより強くなったことを思い出します。

皇太子としての活動を行うに当たっては、国民の幸せを願い、国民と共にありたいと思っておられる陛下をお助けすべく、皇太子として自分に何ができるかを常に考えながら、一つ一つの公務に取り組んでまいりました。

私は、様々な行事の機会に、あるいは被災地の視察として、各地を訪問してまいりましたが、国民の中に入り、国民に少しでも寄り添うことを目指し、行く先々では多くの方々のお話を聴き、皆さんの置かれている状況や関心、皇室が国民のために何をすべきかなどについて、的確に感じ取れるように、国民と接する機会を広く持つよう心掛けてまいりました。

こうしたことは、今後とも自分の活動の大きな柱として大切にしていきたいと思います。国際親善とそれに伴う交流活動も皇室の重要な公務の一つであると思います。これについては、これまで30か国以上を親善訪問し、また、日本に来られた賓客や外国青年代表、国際賞受賞者等多くの外国の方とお会いする機会がありました。

こうしたことが、日本と各国との友好親善の一助となったのであれば幸いです。また、これらの経験によって、自分自身も世界に対する視野を広げ、関心を深めることができたように思い、有り難く思っております。

平成28年8月8日の天皇陛下のおことば以来、これから私が担うこととなる重責について、改めて思いを巡らせる機会も増えてきましたが、その度に、両陛下のこれまでの御苦労と御努力に感謝と尊敬の念を覚えます。

また、両陛下から、様々な機会に、多くのお話を伺わせていただいていることも、今後公務に取り組んでいく際の大きな道標となるものであり、大変有り難いことと思っております。

これからのことを思うと、とても厳粛な気持ちになりますが、引き続き自己研鑽(けんさん)に努めながら、過去の天皇のなさりようを心にとどめ、国民を思い、国民のために祈るとともに、両陛下がなさっておられるように、国民に常に寄り添い、人々と共に喜び、あるいは共に悲しみながら、象徴としての務めを果たしてまいりたいと思います。

また、以前も述べたとおり、私が長年携わってきました「水」問題についても、そのことを切り口に、豊かさや防災など、国民生活の安定と発展について考えを巡らせることもできると思います。

日本の変化に富む豊かな国土は、同時に、自然災害、例えば台風や豪雨、津波などの影響を受けやすいことから、「水」問題への取組で得られた知見も、これからの務めの中で、国民生活の安定と発展を願い、また、防災・減災の重要性を考えていく上で、大切にいかしていきたいと思います。

皇室の将来像についての御質問については、男性皇族の割合が減り、高齢化が進んでいること、また、女性皇族は結婚により皇籍を離脱しなければならないということは、将来の皇室の在り方とも関係する問題です。

ただ、制度に関わる事項については、私からこの場で言及することは控えたいと思います。皇室の在り方に関しては、国民と心を共にし、苦楽を共にする皇室、ということが基本であり、これは時代を超えて受け継がれてきているものだと思います。

過去の天皇が歩んでこられた道と、天皇は日本国及び日本国民統合の象徴であるとの日本国憲法の規定に思いを致し、国民と苦楽を共にしながら、国民の幸せを願い、象徴とはどうあるべきか、その望ましい在り方を求め続けることが大切であるとの考えは、今も変わっておりません。

同時に、その時代時代で新しい風が吹くように、皇室の在り方もその時代時代によって変わってくるものと思います。私も、過去から様々なことを学び、古くからの伝統をしっかりと引き継いでいくとともに、それぞれの時代に応じて求められる皇室の在り方を追い求めていきたいと思います。

続きを読む

天皇陛下と皇后さまへの思いは
(問2)
天皇陛下は4月30日に退位されます。象徴としての務めを果たしてこられた天皇陛下と、支えてこられた皇后さまに、どのような思いを抱かれていますか。また、退位という形でのお代替わりについては、殿下はどのように捉えていらっしゃいますか。

(皇太子さま)
天皇陛下には、御即位されて以来、長年にわたり、日本国憲法の天皇の規定と、歴代の天皇の歴史に思いを致され、常に国民の幸せを願い、国民に寄り添い、苦楽を共にしながら、象徴天皇としてのお務めを果たされる中で、そのあるべき姿について全身全霊をもって模索をしてこられました。

また、皇后陛下には、そうした陛下のお気持ちを心から共有され、常に陛下をお支えになってこられました。そして、陛下には、そのような皇后陛下を敬愛され、両陛下で御一緒に歩みを進めてこられました。

こうした両陛下のこれまでの歩みに思いを致す度に、両陛下に対して深い感謝と敬意の念を覚えております。両陛下には、今後とも末永くお健やかにお過ごしいただけますよう、心よりお祈り申し上げます。

また、両陛下がこの30年余り、一つ一つの行事を大切に思われ、真摯(しんし)にお務めに取り組んでこられるお姿を、私も、そして雅子も、間近に拝見する機会を頂いてまいりました。そのようにお側で学ばせていただいたことの幸せを改めて噛み締めるとともに、両陛下のお心遣いに感謝申し上げます。

そして、そのお姿をしっかりと心に刻み、自己の研鑽(けんさん)に励みつつ、今後とも務めに取り組んでまいりたいと思います。

私自身について言えば、両陛下のお手許で温かい家庭において慈しみを受けながらお育ていただき、また、音楽やスポーツの楽しみを教えていただいたり、留学といった得難い経験をさせていただいたりしたことが、自分にとっても大きな糧となっていることに深く感謝をしております。

退位という形でのお代替わりについての質問ですが、陛下の御退位については、以前もこの場でお話したとおり、陛下が「全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが、難しくなるのではないか」と御案じになられていることに、とても心を揺さぶられましたが、そのようなお考えに至られた背景については、十分にお察し申し上げます。

私としましては、こうした陛下のお考えを真摯(しんし)に受け止めるとともに、常に心にとどめ、これからの務めを果たしていく考えです。
雅子さま 愛子さまへ
(問3)
ご家族についてお伺いします。雅子さまは着実に活動の幅を広げられていますが、皇后になられたあとの活動の見通しや、殿下が感じられた変化についてお聞かせください。また、春に高校3年生になられる愛子さまの今後の進路や将来の活動について、ご家族でどのような話をされていますか。

(皇太子さま)
雅子は、この1年も、体調に気を付けながら、公私にわたりできる限りの務めを果たそうと、種々の工夫を凝らしつつ一生懸命に努力を積み重ねてきております。

そうした努力の結果、昨年12月の誕生日に際しての感想の中でも述べておりますとおり、活動の幅が、少しずつではありますが、着実に広がってきていることを、本人もうれしく思っておりますし、私も共にうれしく思います。

その過程では、訪問先などで多くの方々から笑顔で温かく迎えていただいたことは、雅子にとって本当に大きな支えとなっておりました。私も雅子と共に、改めて国民の皆様に感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。

一方で、着実に快復してきているとはいえ、依然としてその途上にあり、体調には波もありますので、雅子には、引き続き焦ることなく、少しずつ活動の幅を広げていってほしいと願っております。

今後は、自身の置かれる立場が変わることで、公務も多くなる中、一朝一夕に全てをこなせるようになるわけではないと思いますが、雅子は、これからも体調に気を付けながら快復を目指して更に努力を重ねていくと思いますので、国民の皆様には、引き続き快復を温かく見守っていただければと思います。

雅子には、これまで、私や愛子のことにもいろいろと良く心を配り、私の活動を支えてきてくれています。私も、できる限り力になり、雅子を支えていきたいと思っております。

愛子は、この1年、英国イートン・カレッジでのサマースクールや秋の関西地方への修学旅行などを経て、一段と成長を遂げたように感じております。青春期には誰しもが経験するように、こうした得難い経験を通じて、自分の世界が大きく広がったものと思います。

これからの数年間は、自分自身が、将来について、いろいろと思いを巡らせる時期になりますので、お友達や先生方など周りの方々と語り合い、自身での思索を深めていってほしいと思います。

イートンでのサマースクールや修学旅行、学校の課題など、普段から、愛子から私たち二人にいろいろと話をしてくれていますし、大事な事柄については、その都度相談に来ることもあります。今後とも、大学への進路といった将来のことやその時々の悩みなどについて、相談を受けることもあると思いますが、親として、本人の気持ちをしっかりと聞きながら、良い助言ができればと思っております。
即位にかかわる一連の皇室行事について

(問4)
秋篠宮さまは昨年のお誕生日の記者会見で、新天皇が一代一度限り臨む大嘗祭のあり方について持論を述べられました。即位にかかわる一連の皇室行事について、殿下はどうあるべきだとお考えでしょうか。

(皇太子さま)
即位に関わる一連の皇室行事の在り方については、平成のお代替わりの折の前例を踏まえ、政府において十分な検討を行った上で決定したものと理解をしております。また、様々な事項の決定については、私も折々に説明を受けてきております。

したがいまして、今回政府が決定をした内容について、私がこの場で何か述べることは控えたいと思います。

「平成」 どのような時代だったとお考えでしょうか

(問5)
残り2か月余りで「平成」が幕を閉じます。「平成」とはどのような時代だったとお考えでしょうか。

(皇太子さま)
平成の始まりというときに、私は、同じ年に起こったベルリンの壁の崩壊を思い起こします。私は、その2年前の昭和62年に、ベルリン日独センターの開所式に出席するため、当時の西ドイツのベルリンに行きました。

その時見た、冷たく聳(そび)えるベルリンの壁は、人々を物理的にも心理的にも隔てる東西の冷戦の象徴として、記憶に深く刻み込まれるものでした。

その後、平成元年11月にベルリンの壁が崩壊し、東西のベルリン市民が壁を登っている姿に、新たな時代の到来を感じました。

平成という時代は正に、この新しい世界の動きとともに始まったと言えると思います。冷戦の終結を受けて、二極の対立構造はなくなったものの、各地で内戦や地域紛争が増加しました。

これに対して、日本は、開発援助のほか、復興支援や人道支援も積極的に行うことにより、世界の人々から高く評価されるようになりました。

また、ノーベル賞の受賞や、スポーツ、文化といった分野でも、日本人が国際的に評価され、あるいは活躍する場面が増えましたが、これは平成時代の特徴ではないかと思います。

オリンピックを例に挙げるまでもなく、平成を通じて特に、十代の中高生を始めとした若い人たちの活躍が目立ったように感じ、とてもうれしく思います。

陛下がおっしゃっているように、平成が戦争のない時代として終わろうとしているわけですが、戦後長く続いてきた平和な日本の社会において、この国の未来を担う若い人たちが、夢を大切にしながら自分の能力を発揮できる環境が整ってきたことの証であると思います。

私も、これまでいろいろな場で若い方々と御一緒する機会を大切にし、その熱意や息吹を感じて心強く思ってまいりましたが、これからも若い世代の活躍を願いつつ、見守っていきたいと思っております。

また、平成は、人々の生活様式や価値観が多様化した時代とも言えると思います。それは、ITその他の科学技術の飛躍的発展によって、更に推し進められた部分もあると思います。

今後は、この多様性を、各々が寛容の精神をもって受け入れ、お互いを高め合い、更に発展させていくことが大切になっていくものと思います。

他方で、少子化や高齢化の進行は、日本のみならず、多くの国で大きな社会問題となっています。今後の日本にとり、諸外国の経験や知識を参考にしながら、この問題について考えていくことが必要な時代になっていると思います。

平成は、また、地震や津波、台風や集中豪雨といった数多くの自然災害に見舞われた時代でもありました。多くの人が命を落とされ、また、生活の基盤を失われたことは、大変心の痛むことでした。

そうした中で、災害救助や復旧・復興の折に示された「絆」とも称される助け合いの精神には、日本の人々の優しさや秘めた強さを見る思いがいたしました。

そうした不幸な出来事が発生する度に、両陛下には、被災地に向かわれ、困難な状況にある人々に寄り添ってこられるなど、お力を尽くしてこられました。両陛下が、国民と共にありたいと常に願われ、そのお気持ちを体現してこられたことが、私の心に深く残るものと思います。

象徴天皇として 抱負や思い

(関連質問)(問1)
殿下は、30年以上にわたって、国民文化祭に出席されてこられましたが、来年度以降は象徴天皇として国民文化祭に臨まれることとなると思うのですが、臨むに当たっての抱負や思いなどをお聞かせいただけますでしょうか。

(皇太子さま)
立場が変わることによって、今まで両陛下がなさってこられたいろいろなお仕事を私が受け継がせていただくことになります。そして、両陛下が今までなさってこられたことをよく学び、それぞれの行事に心して出席したいと思っております。

それから、今お話のありました国民文化祭については、私が第1回から出ている行事ですし、特にその地方地方でいろいろな文化がある中で、自分たちの文化を再発見し、そしてまた新しい文化を創り上げていくという理念の下に創られた行事であると理解しております。

近年は、障害者芸術・文化祭も一緒に行われることになりましたので、より内容の深いもの、濃いものになってきていると思います。いずれにしましても、一つ一つの行事に新しい天皇としての立場で、心して出席していこうと思っております。

パラ マラソン選手の伴走は
(問2)
来年はオリンピック・パラリンピックが開催されます。殿下は去年、パラリンピックのマラソン選手、道下さんの伴走をなさいました。その時の率直な御感想と何か新たな発見がございましたら、お聞かせください。

(皇太子さま)
オリンピック・パラリンピックについては、特に両陛下が皇太子時代から大変心を寄せてこられたものだと思います。そして、両陛下が日本の障害者スポーツ大会へ大きな貢献をされたものと私も思っておりますし、障害者スポーツ大会について、両陛下から今までもいろいろなことを伺ってきております。

来年にはオリンピック・パラリンピックを控えております。そのような中で、園遊会で道下さんとお会いしまして、私がジョギングを趣味としていること、よくこの御用地の中を走っており、園遊会の会場となっている場所もよく走っているというお話をしましたところ、御一緒する機会があればと先方がおっしゃってくださいました。

私としましても、そういうパラリンピックの選手の人たちがどのように競技に臨んでいるのか、パラリンピックとはどういうものなのか、ということを私自身も理解するいい機会だと思いましたので、その申し出を喜んでお受けすることといたしました。

私が心配したのは、どのように目の見えない方を走りながらリードしたらいいのか、しかもひも一本で結ばれている状態ですので、どのように声を掛けてリードしていったらいいかということで、事前に書物を読んだり、あるいは動画を見たりして少し研究をいたしました。

実際に御一緒してみて、私自身も最初は少し緊張しましたけれども、楽しくとてもいい経験をさせていただいたように思います。

例を挙げますと、例えば2メートルくらい先にマンホールがありますということを道下さんにお話しようと思いましたら、気が付いた時にはもうマンホールの上にいるような感じで、走っていると随分スピードもあるんだなと思いましたし、実際に伴走の方がどのように選手をリードされているのかということも私も分かって、自分としても大変いい経験になったと思います。

もう一言付け加えさせていただきますと、三重県で障害者の施設に行きました時に、ボッチャをやっている場面を見せていただきました。その時に、そこにおられた選手の方が私にボールを渡して、やってみませんかと言ってくださったので、実際に投げてみると、やはり意外に難しいものだと思いました。

このように自然な形でパラリンピックの競技を自分自身が体験できたということは本当に自分にとっても良かったと思っております。そして、来年のオリンピック・パラリンピックを大変楽しみにしております。
雅子さま 今後の御活動は

(問3)
先ほど雅子さまについては御体調のところは伺ったんですけれども、今後の御活動の、御活躍を期待される分野といいますか、内容といいますか、どうお考えなのか、例えば国際的なものなのか、それとも若い人たちの活躍の環境を整えられることですとか、また、困難な状況に置かれている人たちに寄り添うことですとか、どういった内容で御公務、御活動をされていってほしいとお考えでしょうか。

(皇太子さま)
今は体調の快復に一生懸命取り組んでおりますし、将来的には自分としてできることが見つかることを、私も心から願っておりますが、現在は、そういうものを少しずつ模索しているような段階なのではないかと思います。

雅子自身もいろいろ海外での経験もありますし、このグローバル化の時代にあって、国際的な取組など本人だからできるような取組というのが、今後出てくると思います。

今具体的にどういうものかということは、お答えできないのですけれども、先ほども申し上げましたとおり、本人も一生懸命努力をしながら快復に努めておりますので、何かいい取組に将来出会うことができれば、私も大変うれしく思います。
........................................................
皇太子さま「象徴」継承へ=平成、残り4カ月-天皇ご一家が新年

2019年01月01日00時16分、時事通信 配信より

天皇ご一家は1日、新年を迎えられた。天皇陛下は4月30日に皇居で「退位礼正殿の儀」に臨み、上皇に。皇太子さまは翌5月1日に即位し、新たな「象徴」として陛下から全ての公務を引き継ぐ。平成は残り4カ月となった。天皇陛下は今月7日に在位30年を迎え、昭和天皇陵(東京都八王子市)を皇后さまと参拝。2月24日には陛下の在位30年記念式典が政府主催で開かれ、陛下がお言葉を述べる。退位を控え、3月に神武天皇陵(奈良県)を、4月に伊勢神宮(三重県)と昭和天皇陵を訪れる。4月10日、天皇、皇后両陛下は結婚60年を迎える。新天皇となった皇太子さまは10月22日、新皇后の同妃雅子さまと共に「即位礼正殿の儀」に臨み、続いて行われる「祝賀御列の儀」で都内をパレード。宮殿では同日以降、4日に分けて「饗宴の儀」が行われる。11月14~15日には、天皇が一世に一度行う重要な儀式とされる「大嘗祭」が、皇居・東御苑に設営された大嘗宮で行われる。上皇、上皇后となった両陛下は5月以降、皇居・御所から仮住まいとなる高輪皇族邸(東京都港区)に転居。最終的に現在皇太子ご一家が住んでいる赤坂御用地内の東宮御所に移る。皇太子さまは両陛下が続けてきた「三大行幸啓」と呼ばれる地方公務を引き継ぎ、今年は愛知県での全国植樹祭、茨城県の国民体育大会、秋田県の全国豊かな海づくり大会に出席する。皇太子時代に続けてきた国民文化祭などへの出席については、即位後も継続するか、皇族方と分担するかについて宮内庁が調整を急いでいる。(2019/01/01-00:16)

私のコメント:平成31年2月23日、皇太子さまは両陛下が続けてきた地方公務を引き継ぎ、今年は愛知県での全国植樹祭、茨城県の国民体育大会、秋田県の全国豊かな海づくり大会に出席の予定、皇太子時代に続けてきた国民文化祭などへの出席は、継続するか、皇族方と分担するかについて宮内庁が調整を急いでいる。




コメント

「人々と共に…」皇太子さま59歳の誕生日

2019年02月23日 | 宮内庁
「人々と共に…」皇太子さま59歳の誕生日

2/23(土) 1:17配信、最終更新:2/23(土) 1:46 日本テレビ系(NNN) 配信より

皇太子さまは23日、59歳の誕生日を迎えられた。即位前、最後となる記者会見で「人々と共に喜び、悲しみながら、象徴としての務めを果たしてまいりたい」と、即位への決意を語られた。

23日、59歳の誕生日を迎えた皇太子さまは、今年5月の即位前、最後となる記者会見で、「国民の中に入り、国民に少しでも寄り添うこと」を目指してきたこれまでの活動を振り返り、今の心境と即位に向けた決意を語られた。

皇太子さま「これからのことを思うと、とても厳粛な気持ちになりますが、引き続き自己研鑽(けんさん)に努めながら、国民に常に寄り添い、人々と共に喜び、あるいは共に悲しみながら、象徴としての務めを果たしてまいりたいと思います」「その時代時代で新しい風が吹くように、皇室の在り方も、その時代時代によって変わってくるものと思います。それぞれの時代に応じて求められる皇室の在り方を追い求めていきたいと思います」

また、皇太子さまは、天皇皇后両陛下に対しては、「両陛下のお手許(てもと)で温かい家庭において慈しみを受けながらお育ていただいた」と、深い感謝と尊敬の気持ちを語り、皇后となる雅子さまについては、「一朝一夕に全てをこなせるようになるわけではないと思う」と、体調への理解を求められた。

また、誕生日にあたって皇太子さまが、リオ・パラリンピックの視覚障害マラソン銀メダリスト・道下美里選手の「伴走」をつとめ、一緒に赤坂御用地を走られた際の映像が公開された。

【関連記事】
•皇室の皆さまの公務や活動にスポットを当てた記録集
•皇太子さま59歳の誕生日 会見全文1/4
•皇太子さま59歳の誕生日 会見全文2/4
•皇太子さま59歳の誕生日 会見全文3/4
•皇太子さま59歳の誕生日 会見全文4/4

私のコメント : 平成31年2月23日、皇太子さまは2月23日、59歳の誕生日を迎えられた。皇太子さまは、天皇皇后両陛下に対し、「両陛下のお手許で温かい家庭において慈しみを受けながらお育ていただいた」と気持ちを語り、皇后となる雅子さまについては、「一朝一夕に全てをこなせるようになるわけではないと思う」と、体調への理解を求められた。

労働市場 (1980年) (日経文庫 経済学入門シリーズ)
西川 俊作/日本経済新聞社

計量経済学のすすめ (1970年) (エコノミスト・シリーズ)
西川 俊作/毎日新聞社

数量経済史の原点―近代移行期の長州経済 (慶應義塾大学産業研究所選書)
西川 俊作/慶應義塾大学出版会

福沢諭吉と三人の後進たち (エコノブックス (9))
西川 俊作/日本評論社

福沢諭吉の横顔 (Keio UP選書)
西川 俊作/慶應義塾大学出版会

天皇交代 平成皇室8つの秘話
明石 元紹,岩井 克己,佐藤 正宏,檀 ふみ,江森 敬治,近重 幸哉,橋本 隆,白石 都志雄/講談社

昭和天皇伝説―たった一人のたたかい (朝日文庫)
松本 健一 /朝日新聞社

自然災害と防災の事典
丸善出版

http://md.exblog.jp/img/eg/thumb-no-image.gif
水利の日本史―流域と指導者たち (農林統計叢書 (11))
旗手 勲 /農林統計協会

小泉信三全集〈第1巻〉 (1968年)
小泉 信三/文藝春秋

政治わが道―藤山愛一郎回想録 (1976年)
藤山 愛一郎/朝日新聞社

福沢諭吉選集〈第1巻〉 (1980年)
福沢 諭吉/岩波書店

福沢諭吉全集〈第1巻〉 (1958年)
福沢 諭吉/岩波書店

福沢諭吉著作集〈第1巻〉西洋事情
福沢 諭吉/慶應義塾大学出版会

福澤諭吉傳〈第1巻〉
石河 幹明/岩波書店

福澤諭吉傳〈第2巻〉
石河 幹明/岩波書店

福澤諭吉傳〈第3巻〉
石河 幹明/岩波書店

福澤諭吉傳〈第4巻〉
石河 幹明/岩波書店

福澤諭吉傳
石河幹明/岩波書店

古文書学 (1955年)
伊木 寿一/慶応通信

湛山回想 (岩波文庫 青 168-2)
石橋 湛山/岩波書店

石橋湛山評論集 (岩波文庫 青 168-1)
石橋 湛山/岩波書店

帝室論: 福沢諭吉 著 : 現代語訳 (三島堂)
福沢諭吉/null

ジョオジ五世伝と帝室論
小泉 信三/文藝春秋

竹島密約 (草思社文庫)
ロー ダニエル/草思社

佐藤栄作日記 全6巻セット
佐藤 榮作,伊藤 隆 監修/朝日新聞社

[新装新版]日韓交渉 請求権問題の研究
太田 修/クレイン






コメント

「竹島の日」で記念式典

2019年02月22日 | イベント
「竹島の日」で記念式典

02月22日 20時02分、島根 NEWS WEB  配信より

2月22日は島根県が条例で定めた「竹島の日」です。松江市で22日に開かれた記念式典で、内閣府で領土問題を担当する安藤裕政務官は「我が国の立場について正確な理解が浸透していくよう、内外発信の一層の強化に努めていきたい」と述べました。島根県は、明治時代に竹島を県の所管とした2月22日を条例で「竹島の日」と定め、毎年、県主催の式典を開いています。式典が始まる前の正午ごろ、式典の会場の周辺には開催に抗議しようという韓国人のグループが訪れ、現場は一時騒然としました。会場の島根県民会館から西に500メートルほど離れた路上で、韓国人の男性3人が抗議の声を上げるとともに「日本は歴史をねつ造している」などと書かれた紙を掲げました。これに対し、やめさせようとするグループが近づいて、現場は一時騒然としました。警察官が間に入ったため両者は接触せず、警察によりますと、けがをした人はいないということです。島根県警察本部は式典の会場周辺を中心に、例年より多いおよそ800人の態勢で警備にあたりました。そして、午後1時半から始まった14回目となる今年の式典には、島根県の溝口知事のほか地元・隠岐の島町の住民など、460人が出席しました。今年の式典は、太平洋戦争中の「徴用」をめぐる問題や「慰安婦問題は天皇陛下が謝罪すれば解決する」などという韓国国会議長の発言で日韓関係が悪化する中での開催となりました。溝口知事は「最近の韓国側の動きを見ると、竹島の占拠を既成事実化しようとする動きを強めている。竹島問題の解決のためには日韓両国の政府レベルでの話し合いが不可欠で、政府には外交交渉の場で竹島問題が話し合われるよう引き続き強く求める」と述べました。これに対し、安藤政務官は「竹島問題が国家の根幹に関わる課題であることは明白だ。我が国の立場について正確な理解が浸透していくよう、これまで以上に地元と連携し、内外発信の一層の強化に努めていきたい」と述べ、引き続き問題の解決に取り組む考えを強調しました。
...................................................
竹島の日 式典出席者の声は

02月22日 20時04分、島根 NEWS WEB  配信より

式典のあと、内閣府で領土問題を担当する安藤裕政務官は記者団に対し「今の韓国の動きというのは日本国民の感情を決して穏やかにするものではない状況である。竹島の問題について国民的な世論を盛り上げるきっかけを作っていただいたことに対して、島根県の皆様方に心から感謝を申し上げたい」と述べました。そのうえで「これまでも取り組んできたように、我が国の立場をきちんと主張をして、これからも粘り強く平和的な解決を目指していく」と述べ、引き続き外交交渉によって領土問題の解決を図っていくという政府の立場を改めて示しました。竹島がある隠岐の島町の池田高世偉町長は「政府には一刻も早く竹島の問題を解決してほしいが、昨今の日韓関係は一歩進んだかと思うと二歩、三歩下がるような印象を持っている」と述べました。そのうえで「島民にとっては、昔のように排他的経済水域の中で漁をできるようになることが先決だ。両国が理解し合って、漁業という産業の中では共有していけたらと思う」と話していました。式典に出席した松江市の70代の男性は「年々式典の規模が大きくなっていて、政府による竹島への関心は高まっていると感じます。両国の若い世代間での交流など、未来につながる友好事業を行うことが問題解決の一歩となるのではと思います」と話していました。また、出雲市の70代の男性は「自分も漁師なので、他の漁師の困った姿を見て大変だと感じています。早く返還してもらいたいと思いますが、今の政治情勢では難しいだろうと感じています」と話していました。

私のコメント : 平成31年2月22日、島根県 県民相談室へ、連絡を入れて、下記の経緯 等もあり、私から、その説明を島根県へ入れた。

平成31年2月22日、「竹島の日」、皇位継承を前に、安倍首相が2月22日午後、皇太子さまのもとを訪れることが日本テレビの取材で明らかになった。国内外の情勢について報告することを検討しているという。

平成31年2月22日、島根県 総務部 総務課 情報公開・文書・公益法人スタッフ 石橋様 と私は、対談した。

平成31年2月22日、文部科学省 中村裕之 文部科学大臣 政務官室 菊池秘書と 私は、連絡を持った後の対応があり、日本女子大学 学園企画室 事務局 竹島様と対談し、今回の 内容 説明のため、日本女子大学 学園企画室 事務局 管間様への私からの伝言について、日本女子大学 学園企画室 事務局 竹島様へ依頼した。

平成31年2月21日、文部科学省 中村裕之 文部科学大臣 政務官室 菊池秘書と私は、対談した。

平成31年2月21日、島根県 吉賀町 企画課 若狭様と対談した後、島根県 吉賀町における、不明な点があり、以下の対応も、私に、あるため、島根県 総務部 総務課 情報公開・文書・公益法人スタッフ 石橋様 と、その連絡調整を行った。

平成31年2月18日、日本女子大学 学園企画室 事務局 竹島様、並び、管間様と 私は、連絡を持った後の対応があり、日本女子大学 学園企画室 事務局 竹島様と対談する。( 島根県 益田市出身 日本女子大学 学長・理事長 後藤祥子教授 にかかわわっていく 学事 内容 等に関して・・・ )

平成31年2月20日、島根県 益田市役所に行き、益田市教育委員会 教育総務課 藤本課長補佐、益田市教育委員会 社会教育 松本課長補佐と私は、益田市教育委員会 にて、「外務省 いわゆる 密約書 不在の問題」にかかわる、竹島問題にも関係していく その学事内容の面談をおこなった。その後、その報告に関しては、益田市 危機管理課 廣瀬課長と益田市役所にて、面会し、今回の内容に関する報告 島根県 益田市 危機管理課のもとへ、入れた。

王朝和歌を学ぶ人のために
後藤 祥子(編集)/世界思想社
.
労働市場 (1980年) (日経文庫 経済学入門シリーズ)
西川 俊作/日本経済新聞社
.


コメント

島根県「竹島の日」式典まもなく 国会議員も参加

2019年02月22日 | 竹島の日
島根県「竹島の日」式典まもなく 国会議員も参加

2/22(金) 12:17配信、最終更新:2/22(金) 13:23
フジテレビ系(FNN)配信より

2月22日は、島根県が条例で定めた「竹島の日」。

徴用工問題などで日韓関係が冷え込む中、午後には松江市で記念式典が行われる。

2019年で14回目となる「竹島の日」を迎えた松江市の会場前。

式典には、国会議員や竹島に関わりのある地元島根・隠岐の島の住民など、およそ500人が参加する。

会場周辺では毎年、韓国の活動家などの抗議活動が繰り返されているため、朝から厳重な警備が敷かれている。

2019年は、特に日韓関係が冷え込んでいる中で「竹島の日」を迎えたが、地元関係者は、この竹島問題を世論にアピールする式典を、北方領土と同様に国が主導的に行ってほしいと訴えている。

一方、韓国の日本大使館前では「竹島の日」に反対する市民団体が抗議集会を開いている。

ソウルの日本大使館前では22日朝、市民団体が「日本は竹島の日を廃止しろ」などと訴え、抗議文を読み上げた。

また別の市民団体は、日本大使館の入り口に糾弾声明書を持ち込んだが、警察が侵入を阻止した。

竹島周辺では先週以降、韓国の海洋調査船が日本の領海内に侵入を繰り返すなど、挑発的な行動が続いている。

韓国政府は2019年も「竹島の日」の式典に内閣府の政務官が出席することに対して抗議するとみられ、日韓関係のさらなる悪化は避けられない見通し。(山陰中央テレビ)

【関連記事】
「堪忍袋の緒はとっくに切れている」 竹島問題で自民党が政府に韓国への対抗措置を迫る
竹島問題で自民党の怒り爆発「非は100%韓国にある」 政府は「具体的な対抗措置」も検討
日本の竹島領有権とニホンアシカ 「リャンコ大王」が証明する知られざる関係
竹島問題「韓国議員は子どもたちを見習え!」  質問状への“誠意なき”対応にあきれ声も
竹島問題は「一歩前進、二歩後退…もう辞めたい」 研究者の悲痛なる警鐘

私のコメント : 平成31年2月22日、2月22日は、島根県が条例で定めた「竹島の日」。日韓関係が冷え込む中、午後には松江市で記念式典が行われる。2019年で14回目となる「竹島の日」を迎える。


コメント