地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

東京都知事選 都知事に小池氏 分裂選挙「知名度」で制す 初の女性都知事

2016年07月31日 | 社会 経済
東京都知事選 都知事に小池氏 分裂選挙「知名度」で制す 初の女性都知事

舛添要一前都知事の辞職に伴う東京都知事選は31日、投開票され、元防衛相の小池百合子氏(64)が、元総務相の増田寛也氏(64)=自民、公明、日こ推薦、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)=民進、共産、社民、生活推薦=らを破って初当選を確実にした。女性都知事の誕生は初めて。自民党は候補者擁立が難航し、小池氏と増田氏の間で17年ぶりの分裂選挙となっていた。同党都連が擁立した増田氏陣営は徹底した組織選挙を挑んだが、「知名度」を背景に無党派層への浸透を続けた小池氏には及ばなかった。午後6時現在の投票率は36・48%。前回(平成26年)同時刻を4・67ポイント上回っている。政党の支援を受けない小池氏は同党都連との対決姿勢を鮮明にし、都議会の冒頭解散をはじめとした「都民のための東京大改革」を訴えて、支持を集めた。2020年東京五輪・パラリンピックについては、「利権追及チーム」をつくり、膨らむ経費の内訳を開示するなど「透明化」を進めるとし、知事給与の半減などを公約に掲げた。都議会の半数近くを占める自民都議との対決姿勢を貫けば、難しい都政運営を迫られることになりそうだ。増田氏は自民、公明両党の組織的な支援を受け、岩手県知事の経験など「行政手腕」をアピール。「待機児童ゼロ」などを強く訴えたが、知名度不足などから無党派層への浸透が図れなかった。野党統一候補の鳥越氏は、安倍政権を批判し「原発ゼロ」「改憲阻止」などを訴えたが、明確な公約が見えず、徐々に失速。週刊誌の女性問題報道などもあり、票を減らした。小池氏は昭和27年7月15日、兵庫県芦屋市生まれ。関西学院大を中退し、エジプトのカイロ大を卒業する。テレビ東京のキャスターを経て平成4年の参院選で初当選、翌年から衆院議員。15年9月に就任した環境相時代には、クールビズを導入。19年7月には女性初の防衛相に就任した。20年9月には女性として初めて自民党総裁選に出馬した。・・・ 平成28年7月31日(日)、産経新聞 20時5分配信より

私のコメント: 小池氏は、兵庫県芦屋市生まれ。関西学院大を中退し、エジプトのカイロ大を卒業。20年9月には 自民党総裁選に出馬した。



コメント

湖上彩る花火1万発 松江水郷祭

2016年07月31日 | 観光
湖上彩る花火1万発 松江水郷祭

水都・松江を彩る恒例行事「松江水郷祭」で、呼び物の湖上花火大会が30日、松江市の宍道湖畔で開かれた。中国地方の打ち上げ花火で最大の2尺玉をはじめ計1万発が、真夏の松江の夜を鮮やかに焦がした。従来は2日間の日程で、両日とも花火大会を開催していた松江水郷祭。今回は3日間とする一方で花火を中日のみに集約。29日には前夜祭が開かれた。中日のこの日は、午前中から大勢の人たちが宍道湖東岸に繰り出し、露店やさまざまなイベントコーナーを楽しんだ。花火の鑑賞については今回、事前の場所取りルールが設けられ、“解禁”となった午前8時頃から家族連れやグループなどが、気に入った席に陣取ったり、シートを敷いたりしていた。午後8時から、花火の打ち上げ。風神と雷神が競うような演出や、スターマインによる斜角の打ち合い、直径480メートルに広がる2尺玉(10号玉)など、さまざまな光の芸術が観客を魅了した。・・・ 平成28年7月31日(日)、産経新聞 7時55分配信より

私のコメント: 平成28年7月30日、湖上花火大会が、松江市の宍道湖畔で開かれた。真夏の松江の夜を鮮やかに焦がした。 島根県 竹島問題。 プラザ合意。 消費税導入。 ふるさと創生。 郵政民営化。 ・・・・・
コメント

鳩山二郎氏が出馬表明=故邦夫氏次男—衆院福岡6区補選

2016年07月31日 | 日米安保条約
鳩山二郎氏が出馬表明=故邦夫氏次男—衆院福岡6区補選

鳩山邦夫元総務相の死去に伴う衆院福岡6区補選(10月23日投開票)をめぐり、邦夫氏の次男で福岡県大川市長の鳩山二郎氏(37)が31日、同県久留米市内で記者会見し、「父の遺志を引き継ぎ、命懸けで仕事をしたい」と述べ、出馬表明した。同補選では、自民党福岡県連が既に林芳正前農林水産相の秘書、蔵内謙氏(35)を党本部に公認申請済み。鳩山氏は会見で「党本部の公認をいただけるよう努力は最大限したいが、取れないときは無所属でも出馬する」と明言。保守分裂選挙となる可能性が高まった。 ・・・ 平成28年7月31日(日)、時事通信 11時29分配信より

私のコメント:自民党 「きさらぎ会」を主宰していた鳩山邦夫元総務相の死去に伴い、同会が塩崎恭久厚生労働相ら 9人による新体制に移行することが、分かった。8月1日に都内で開く鳩山氏を「偲ぶ会」で発表するとのこと、衆院福岡6区補選(10月23日投開票)をめぐり、邦夫氏の次男で福岡県大川市長の鳩山二郎氏が31日、久留米市内で記者会見し、「父の遺志を引き継ぎ、命懸けで仕事をしたい」と述べ、出馬表明された。

....................................
故鳩山邦夫氏の「きさらぎ会」が活動継続へ 塩崎恭久厚労相らの集団指導態勢に

自民党の派閥横断型の政策グループ「きさらぎ会」を主宰していた鳩山邦夫元総務相の死去に伴い、同会が塩崎恭久厚生労働相ら9人による新体制に移行することが24日、分かった。8月1日に都内で開く鳩山氏を「偲ぶ会」で発表する。

鳩山氏が務めた会長ポストをなくし、塩崎氏と佐田玄一郎元行革担当相、田村憲久元厚労相のほか、今村雅弘、田中和徳、木村太郎、山口泰明、桜田義孝、武見敬三の各氏が共同世話人となる。幹事長には河井克行首相補佐官が留任する。

きさらぎ会は安倍晋三首相を支えることを基本方針に掲げている。平成23年6月に5人程度で結成して以来、鳩山氏の人脈と豊かな資金力でメンバーを増やし現在は100人を超す。自民党最大派閥の細田派(95人)を上回る。

新役員には閣僚経験のない「入閣待望組」も多く、内閣改造・党役員人事を控え、きさらぎ会を存続させることで存在感を高めようとする狙いもありそうだ。 ・・・ 平成28年7月25日(月)、産経新聞 05:00更新より

....................................
鳩山邦夫氏死去で混迷の自民・衆院福岡6区補選候補選び 邦夫氏グループは次男推しも地元に反発、林芳正氏の名前まで浮上

鳩山邦夫氏の死去に伴う衆院福岡6区補欠選挙(10月23日投開票予定)をめぐり、自民党の候補選びが混迷している。邦夫氏の次男で、地元・福岡県大川市長の鳩山二郎氏が本命とみられるが、ほかに林芳正参院議員(山口選挙区)ら国会議員、県議ら7人の名前が浮上。さまざまな思惑が絡む選考作業は難航必至だ。

二郎氏は邦夫氏の後援会から出馬を要請され、自らも意欲を示す。だが、党福岡県連には過去に離党した邦夫氏への不満が根強く、地元選出の松山政司、大家敏志両参院議員や県議らを推す声もある。東京が地盤だった邦夫氏が平成17年に福岡6区から出馬する際、県連側に「世襲はしない」と約束したとされていることも影響しているようだ。

そんな中、25日の県連会合で松山氏が突如、林氏を推した。衆院転身に意欲的とされる林氏だが、県連内では「山口を離れて戦うのは現実的ではない」との声がある。

一方、邦夫氏が主宰していた議員100人超の派閥横断型グループ「きさらぎ会」は二郎氏を推す。8月1日に都内で開く邦夫氏の「偲ぶ会」に二郎氏を招き、「後継者」をアピールしたい考え。同会は安倍晋三政権を支えることを改めて打ち出し、菅義偉官房長官を顧問に迎える予定で、補選でも「官邸の意向」を旗印にしたいとの思いがにじむ。

民進党は在チェンナイ総領事館の元職員、新井富美子氏の擁立を決めている。 ・・・ 平成28年7月27日(水)、産経新聞 05:00 更新 より
コメント

福岡6区補選は保守分裂の様相 鳩山二郎氏、無所属出馬を示唆

2016年07月31日 | 日米安保条約
福岡6区補選は保守分裂の様相 鳩山二郎氏、無所属出馬を示唆

鳩山邦夫元総務相の死去に伴う衆院福岡6区補選が、保守分裂含みの様相を呈してきた。自民党県連は29日、蔵内勇夫県連会長(県議)の長男で、林芳正前農林水産相の秘書、蔵内謙氏(35)を公認候補とするよう党本部に申請する方針を決めたが、鳩山氏の次男で大川市長の二郎氏(37)も無所属で出馬する構えを崩さない。

「挙党態勢を組め、地元に根差した若手の候補者を求めたいとの意見が上がり、満場一致で決まった」選考委員長の松山政司参院議員は同日の会合後、福岡市内で記者団に、こう述べた。同席した大家敏志参院議員は、今後、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)をめぐる国会論戦が本格化することを挙げ、蔵内謙氏が林氏の秘書として、農協改革の調整などに立ち会った経験を評価した。謙氏の父、勇夫氏は「福岡県政界のドン」と呼ばれる。また、謙氏は麻生太郎副総理兼財務相に東京で面会するなど、出馬への準備を慎重に進めた。

一方、鳩山二郎氏は、いち早く出馬への意欲を見せていた。福岡6区の大票田、久留米市は、ブリヂストンの企業城下町として栄えた。創業者の石橋正二郎氏は、二郎氏にとって曾祖父にあたる。鳩山邦夫氏はこの「石橋ブランド」もあって、福岡6区で4選した。二郎氏の陣営は「親の思いを継ぐのは子供として当然の心情だ。候補者に選ばれなかったのは、酷な話だ。口にした以上は公認が出なくとも戦う」と、無所属での出馬を強く示唆した。蔵内勇夫氏は同日、記者団に「(二郎氏の)無所属での出馬を縛るものではありません。ただ、自民党員としての矜持(きょうじ)はありますよね」と牽制(けんせい)した。 ・・・ 平成28年7月30日(土)、産経新聞 07:02更新より

................................
福岡6区補選に蔵内氏擁立=自民県連

鳩山邦夫元総務相の死去に伴う衆院福岡6区補選(10月23日投開票予定)で自民党福岡県連は29日、候補者選考委員会を開き、林芳正前農林水産相の秘書で新人の蔵内謙氏(35)を擁立する方針を決めた。執行部会などを経て、党本部に近く公認申請する。邦夫氏の次男で同県大川市長の鳩山二郎氏(37)も選考委に出馬の意欲を伝えていたが、挙党体制を構築できる候補として党福岡県連会長の長男でもある蔵内氏が最適と判断した。同補選をめぐっては、民進党福岡県連が新人で在チェンナイ日本総領事館元職員の新井富美子氏(49)を擁立する方針。 ・・・ 平成28年7月29日(金)、時事通信 20時8分配信より

私のコメント:  鳩山邦夫元総務相の死去に伴う衆院福岡6区補選で自民党福岡県連は29日、候補者選考委員会を開き、林芳正前農林水産相の秘書で新人の蔵内謙氏を擁立する方針を決めた。鳩山二郎氏の陣営は「親の思いを継ぐのは子供として当然の心情だ。候補者に選ばれなかったのは、酷な話だ。口にした以上は公認が出なくとも戦う」と、無所属での出馬を強く示唆した。民進党 福岡県連は、在チェンナイ日本総領事館元職員の新井富美子氏を擁立する方針とのこと。



コメント

岸田外相と石破地方創生相、「ポスト安倍」候補2人、閣内に残るのか、閣外に去るのか-その処遇は?

2016年07月31日 | 日米安保条約
岸田外相と石破地方創生相、「ポスト安倍」候補2人、閣内に残るのか、閣外に去るのか-その処遇は?

来月3日の内閣改造・自民党役員人事をめぐり、岸田文雄外相と石破茂地方創生担当相の処遇が注目されている。

2人はともに派閥の領袖で、「ポスト安倍」の有力候補として周囲の期待も大きい。果たして閣内に残るのか、閣外に去るのか-。

■岸田氏

岸田氏は平成24年12月の第2次安倍晋三政権から3年7カ月にわたり首相の「地球儀を俯(ふ)瞰(かん)する外交」を支えてきた。今年5月にはオバマ米大統領の被爆地・広島への訪問を実現させ、昨年末には慰安婦問題をめぐる日韓合意を取り付けるなど実績を残してきた。外務省幹部も「この10年、20年で岸田氏以上に実績を残した外相はいない」と断言する。一方、首相の積極的な首脳外交を前に、埋没気味との指摘もある。そもそも岸田氏が会長を務める岸田派(宏池会)はハト派路線で、首相の路線とは必ずしも一致しているとはいえず、自民党内には「首相の『対外スピーカー』のようで、独自色が薄れている」(中堅)と揶(や)揄(ゆ)する声もある。それだけに、派内からは「ポスト安倍」をにらみ、閣僚を離れて党内基盤を固めるよう促す声が強まっている。将来、ポスト安倍に名乗りを上げるのであれば、岸田派を含めた党内の求心力の拡大が欠かせないからだ。岸田氏に近い中堅議員も「次の人事では外相を離れ、少なくとも党三役に就いてもらわなければ困る」と指摘する。実際、岸田氏は幹事長や政調会長など党三役の経験がなく、派内には谷垣禎一幹事長の後任として幹事長ポストへの期待が膨らんでいる。ただ、調整力が問われる幹事長として党内をまとめられるか、政治手腕は未知数だ。一方で、「決して踏み外さない」(官邸筋)と評価される岸田氏に対し、首相が外相留任を要請する可能性もある。岸田氏が外相を続ければ、8月下旬には首相の父で歴代3位の安倍晋太郎元外相の1334日に並ぶ。内閣改造・党役員人事に関する話題が連日飛び交う中、岸田氏は21日の岸田派会合で、苦笑まじりに周囲にこう漏らした。「(改造の)8月3日まではいろいろと言われて気分がいいけどさ、3日に現実を突きつけられるんだ」(石鍋圭)

■石破氏

「任ある限り全力を尽くすということ以外に、申し上げることは全くない」。石破氏は26日の記者会見で、自身の去就について問われたが、「お約束」の答えを繰り返すばかりだった。幹事長などを歴任した石破氏は昨年9月、自身が会長の石破派(水月会)を旗揚げし、派閥を足がかりに「ポスト安倍」をうかがう姿勢を鮮明にした。だが、翌10月の内閣改造では安倍晋三首相の留任要請を受け入れ、派内には失望感が漂った。それでも「安倍政権を全面的に支える」などの「優等生然とした発言」(石破派若手)が際立つ。「現職閣僚が若手の地元を訪れると、やはり受けがいい」(石破派議員秘書)との声が漏れ、閣内にとどまることで求心力を維持できるとの見方もある。とはいえ、安倍政権の金看板の「地方創生」は、政策分野が重複する「1億総活躍社会」の陰に隠れがちだ。石破氏は「国に頼むのではない『地方発の地方創生』の意識がだいぶ醸成されてきた」と成果を強調するが、目立った実績は見えていないのが実情だ。加藤勝信1億総活躍担当相が首相に近い存在ということも石破氏の埋没感に拍車をかけており、石破派内には次期総裁選をにらみ、「閣外に出るべきだ」との声が根強い。あるベテランは「昨年の改造の際に入閣を固辞していれば、派閥の人数はもっと膨れあがっていたはずだ」と嘆く。今回の改造で留任要請があれば、どうするのか。煮え切らない態度を続ければ、派内外から冷ややかな視線を浴びるのは避けられない。その石破氏は26日の記者会見で「(石破派は)100年先の日本をどうするかということで作った同志とのグループだ。同志の意見を真摯(しんし)に承るのは一般論として当然のことだ」と踏み込み、派内への配慮をにじませた。そして「正念場の夏」を迎える自身に言い聞かせるように、こう続けた。「こういう季節になるといろんな記事を拝見するが、そういうことにわずらわされることなく、私心を滅して考えていかねばならん」(松本学) ・・・ 平成28年7月27日、 産経新聞  22時13分 配信より

私のコメント:幹事長などを歴任した石破氏は昨年9月、自身が会長の石破派(水月会)を旗揚げし、派閥を足がかりに「ポスト安倍」をうかがう姿勢を鮮明にしている。翌10月の内閣改造では安倍晋三首相の留任要請を受け入れた。石破派の若手が、際立つ。






コメント

東京都知事選、投票始まる…夜には大勢判明

2016年07月31日 | 社会 経済
東京都知事選、投票始まる…夜には大勢判明

東京都の舛添要一前知事の辞職に伴う都知事選は31日午前7時から、都内各地で投票が始まった。

午後8時までに締め切られ、即日開票される。同日夜には大勢が判明する見通し。
都知事選には、過去最多の新人21人が立候補した。選挙戦は、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)(民進、共産、社民、生活推薦)、元総務相の増田寛也氏(64)(自民、公明、こころ推薦)、元防衛相の小池百合子氏(64)の3人を軸に展開された。 ・・・ 平成28年7月31日(日)、読売新聞 配信より


.............................
稲田氏、重要閣僚に 首相意向 石破氏は内閣残留へ

安倍晋三首相は8月3日に行う内閣改造・自民党役員人事で、稲田朋美政調会長を重要閣僚に起用し、石破茂地方創生担当相を閣内に残留させる意向を固めた。石破氏に地方創生担当相を続投させるか、他のポストに横滑りさせるかは今後検討する。

首相が「将来の首相候補」と見据える稲田氏は、第2次安倍内閣で衆院当選3回(当時)ながら行政改革担当相に抜擢(ばってき)。その後、政調会長に起用された。

一方、「ポスト安倍」の有力候補である石破氏の周辺では「閣外に出て次期首相を目指すべきだ」との声が根強く、石破氏が首相の留任要請を受け入れるかどうかが注目される。

石破氏は安倍首相らと争った平成24年9月の党総裁選で敗れ、首相の要請で幹事長に就任。26年9月に地方創生担当相として入閣した。昨年9月には自身が会長を務める石破派(水月会)を旗揚げし、「ポスト安倍」をうかがう姿勢を鮮明にしたが、翌10月の内閣改造では首相の留任要請を受け入れた。

菅義偉(すが・よしひで)官房長官は30日、都内での講演で内閣改造に関し「経済対策を実現するため、首相が適材適所の人員配置を行い、秋の臨時国会に臨む態勢をつくる」と述べた。

一方、党役員人事では高村正彦副総裁の留任で調整している。サイクリング中に転倒して頸髄(けいずい)損傷で入院中の谷垣禎一幹事長の処遇については8月1日にも判断する意向を固めた。

首相は当初、復帰のめどが立っていない谷垣氏に直接会って回復状況などを把握する考えだった。ただ、体調を考慮し、面会を見送っている。政府関係者は「谷垣氏は辞意を漏らしているようだ」と話しており、首相は電話も含め谷垣氏側から詳しい状況を確認する意向だ。 ・・・ 平成28年7月31日(日)、産経新聞 7時55分配信より

私のコメント: 首相が「将来の首相候補」と見据える稲田氏は、第2次安倍内閣で衆院当選3回(当時)ながら行政改革担当相に抜擢(ばってき)。その後、政調会長に起用された。

石破氏は安倍首相らと争った平成24年9月の党総裁選で敗れ、首相の要請で幹事長に就任。26年9月に地方創生担当相として入閣した。昨年9月には自身が会長を務める石破派(水月会)を旗揚げし、「ポスト安倍」をうかがう姿勢を鮮明にしたが、翌10月の内閣改造では首相の留任要請を受け入れた。一方、「ポスト安倍」の有力候補 石破氏の周辺は「閣外に出て次期首相を目指すべきだ」との声が根強く、石破氏が留任要請を受け入れるかどうかが注目される。



コメント

四季風 津和野フェア 下森博之町長

2016年07月30日 | 観光
四季風

先日、県内のスーパーで津和野町の特産品を販売する「津和野フェア」が開かれた。他県の物産展が商業施設で開かれることは珍しくはなく、業者や自治体の職員らが名産品の試食を勧め商品をPRする姿は、言い方はよくないがありふれた風景だ


▼「津和野フェア」がひと味違っていたのは、下森博之町長が先頭に立って声を掛けていたところ。「津和野町は山口県と思ってほしい」のあいさつは島根県民が聞けば眉をひそめそうだが、隣県に足を運んでの宣伝だ。潔しというしかない


▼雑誌を見て萩・津和野を若い女性らが訪れたのは1970年代。まもなく運行が始まるSL「やまぐち」号終点の地の同町が、来訪者を増やすため山口県に向くのは自明の理だ


▼歴史と文化の城下町でワサビや山菜、銘菓、名酒もあり、観光資源には事欠かないが、往時に比べると人口は半減している。それはこちらも同じこと。知恵を出し、応援し合いたい


▼小さな盆地から文豪、森鴎外や日本近代哲学の祖、西周を輩出し、生家も残っている。今どきの若者には「誰、その人」といわれそうだが、下森町長の「世界遺産級の町を是非一度訪れて」の声は偽りではないと思う。(志) ・・・ 2016年3月9日(水)、山口新聞 掲載より

私のコメント: 雑誌を見て 萩・津和野を若い女性らが 訪れたのは1970年代 萩・津和野・吉賀もあり、国内旅行が、1970年代 の観光地 原点へ向けても 回帰していけるよう、地方自治体 関係者からも、努力していきたいものである。



コメント

来月3日「内閣改造する」 首相、閣僚懇談会で表明

2016年07月30日 | 外務省
来月3日「内閣改造する」 首相、閣僚懇談会で表明

安倍晋三首相は29日午前、閣議後の閣僚懇談会で8月3日に内閣改造を行うと表明した。首相は、菅義偉官房長官と麻生太郎副総理兼財務相を留任させて、内閣の骨格は維持する方針だ。改造に併せて実施する自民党役員人事で、谷垣禎一幹事長を続投させるかが焦点となる。首相は閣僚懇談会で「3日に内閣を改造する。新たな布陣のもと、アベノミクスをいっそう加速するとともに、参院選における国民の負託に応え、諸政策を強力に実行していきたい」と語った。新たな経済対策について「8月2日に閣議決定を行う。未来への投資を大胆に行う力強い経済対策にしたい」とも述べた。首相は、今夏以降に憲法改正や皇室典範の改正、大型の経済対策などをめぐる議論が本格化することを踏まえ、政権の安定を優先して側近の菅、麻生両氏は留任させる考えだ。 朝日新聞社 ・・・ 平成28年7月29日(金)、朝日新聞デジタル 12時27分配信 より

私のコメント: 安倍晋三首相は29日午前、閣議後の閣僚懇談会で8月3日に内閣改造を行うと表明、政権の安定を優先して側近の菅、麻生両氏は留任させる考え。




コメント

イオン、ミャンマーに初進出 8月にも現地企業と合弁会社設立

2016年07月30日 | 外務省
イオン、ミャンマーに初進出 8月にも現地企業と合弁会社設立

流通大手のイオンが日本の小売業として初めてミャンマーに進出することが30日、わかった。現地の有力企業「クリエーション・ミャンマー・グループ・オブ・カンパニーズ」と8月中に合弁会社を設立し、食品スーパーを運営する。2011年に民主化し、約5千万人の人口がおり、経済成長が期待できるミャンマーの需要を取り込む。 「イオンオレンジ」の店名でチェーン展開する。タイなどで生産するイオンのプライベートブランド(PB、自主企画)の商品も扱う。イオンはアジア地域をグローバル展開の重要拠点と位置づけており、各国への大型ショッピングセンターなどの出店を加速させている。 ・・・ 平成28年7月30日(土)、産経新聞 9時50分配信 より

私のコメント: 平成28年7月30日、流通大手のイオンが日本の小売業として初めてミャンマーに進出することが30日、わかった。aggressive な 流通大手のイオンによる、そのグローバル化の動きについて、何も、何一つ、私のもとへは、その相談・打診についても、今まで、きていないことについて、ここに、私による、その説明と表明をしておきます。

平成28年7月11日、出光経営側と創業家の会談、平行線のままに終わる。

表千家 同門会 全国大会 茶会、金融の問題もある。

「日本経済の構造改革―産業構造審議会総合部会基本問題小委員会中間とりまとめ」

大田 弘子、福田康夫、コスモ石油、福田 宗貴、裏千家・・・。

....................................................
イオンがミャンマーで食品スーパー運営へ

流通大手の「イオン」は、高い経済成長が見込まれる東南アジアのミャンマーで、日本の大手小売業として初めて食品スーパーの運営に乗り出すことになりました。

イオンによりますと、来月上旬にもミャンマーで小売業などを手がける企業と合弁会社を設立して、現地で食品スーパーの運営に乗り出すとしています。当面は合弁相手の企業がミャンマー最大の都市ヤンゴンを中心に展開している食品スーパー14店舗を運営し、年内にも新規の出店を始める計画です。

高い経済成長が見込まれるミャンマーは、アジアの「最後のフロンティア」と呼ばれて、日本企業の進出が相次いでいますが、日本の大手小売業の進出は初めてだということです。

イオンはこれまでに東南アジアの5か国で食品スーパーやショッピングモールなどの運営を行っていますが、ミャンマーにいち早く進出することで、新たな市場を開拓したい考えです。・・・ 平成28年7月30日(土)、NHK NESWEB 9時47分 配信より


コメント

メルケル「和解」発言 民主・岡田氏は「紛れもない事実」と反論

2016年07月30日 | 外務省
メルケル「和解」発言 民主・岡田氏は「紛れもない事実」と反論

メルケル独首相が民主党の岡田克也代表との会談で「(日韓関係は)和解が重要」と発言したことを独政府が「事実はない」と否定したことを受け、岡田氏は13日、「(メルケル氏から)問題を解決した方がよいという話があった。「私もかなり丸めて言っているが、(メルケル氏が)慰安婦問題を取り上げたことは紛れもない事実だ」と述べた。国会内で記者団に語った。会談内容を独政府と岡田氏がそれぞれ否定する異常事態となった。

 岡田氏によると、独政府は民主党に「何も言ってきていない」という。

 岡田氏は「和解が重要」発言について「(メルケル氏が)一般論としてドイツの話を説明していく中で日本についても言及した。そういう説明をしたということは、日本のことについて当然念頭に置いて発言しているということだ」と説明した。

 メルケル氏の発言をめぐっては、菅義偉官房長官は13日の記者会見で、独政府から「メルケル首相は岡田氏との間で過去の問題について日本政府がどうすべきかとかいうような発言を行った事実はない」という指摘を受けたことを明らかにした。

 会談は10日に行われ、会談後に岡田氏や同席した民主党議員が記者団に会談内容を説明した。 ・・・ 平成27年3月13日(土)、産経新聞 20:02配信より

...........................
岡田克也氏、民進党代表選に不出馬の意向

民進党の岡田克也代表が9月に予定される党代表選に立候補せず、代表を退任する意向を固めたことが30日、わかった。複数の党幹部が明らかにした。30日夕にも記者団に発表する。民進党は、岡田氏の任期満了に伴う代表選を9月2日に告示し、15日に臨時党大会を開き、投開票を行う日程で調整している。代表選をめぐっては、各グループが候補者擁立に向け活動を活発化させており、岡田氏の不出馬で党内の動きはさらに加速するとみられる。 ・・・ 平成28年7月30日(土)、産経新聞 14時49分配信より

私のコメント: 平成28年7月30日(土)、東京都知事選挙の前、 民進党の岡田克也代表が9月に予定される党代表選に立候補せず、代表を退任する意向を固めたことが30日、わかった。複数の党幹部が明らかにしたとのこと、その東京都知事選挙へ 与える影響は、東京都 大都市圏でも、大きいものがある。



コメント

都知事選の街頭演説、高3と聞いてみた あす投開票

2016年07月30日 | 社会 経済
都知事選の街頭演説、高3と聞いてみた あす投開票

過去最多の21人が立候補している知事選は、31日に投開票される。東京が抱える様々な課題について、各候補者は街頭などで政策を訴える。「18歳選挙権」で選挙や一票と真剣に向き合い始めた3人の高校3年生と一緒に、主な候補者の街頭演説を聴いた。29日昼、新橋駅前でサラリーマンらに訴えていた鳥越俊太郎氏。「四つのゼロをめざす」として、「原発ゼロ」「情報隠しゼロ」などを示した。「そうだ!」と聴衆から声が飛ぶ。都立高島高3年の豊島風音(かざね)さん(17)は「テレビの映像と全然違う」。候補者が何を強調しているか、聴衆がどこで共感しているかが、よくわかったという。この日、街頭演説を記者と一緒に聞いたのは、豊島さんと同高3年の染谷くるみさん(18)、慶応志木高3年の吉田匡佑(きょうすけ)さん(18)の3人。いずれも都内在住だ。授業で政治に関心を持ったり、一票を投じる先を真剣に考えたりしたいと、NPO法人アイカス(文京区)がこの夏実施している「高校生のための政治家体験」に応募した。染谷さんは、鳥越氏が老人ホームを回ったエピソードが記憶に残ったという。「現状を把握している。目線が私たちに近い」 同日午後3時、墨田区の東京スカイツリー前。増田寛也氏は地元区長らの応援演説中、聴衆と記念写真を撮り続けた。「必死さが伝わる」と高校生の3人。増田氏が「リーダーシップとチームワーク」と強調すると、バレー部員だったという染谷さんがうなずいた。「知事が偉いから上に立つ、ではなく、みんなと一緒にやるという姿勢が共感できます」 吉田さんは、増田氏の演説で防災対策の具体策が多いことを評価した。「具体策まで挙げてくれれば信頼できる。一票を入れた後に後悔したくない」。政策で投票先を決めたいという。 午後5時、文京区のウインズ後楽園前で聞いたのは小池百合子氏の演説。高校生3人は、小池氏や応援弁士の盛り上げ方のうまさに驚いたという。「笑いがあり、候補者と聴衆の掛け合いもたくさんあった。『改革派の小池さんと、それ以外』など、二元論的な主張がわかりやすかった」と吉田さん。 「都内の待機児童約8千人の裏には、それだけ働きたい母親がいるということだ」との小池氏の言葉に、豊島さんは「自分もいつか子どもを産むかもしれない。都政に女性目線が生かせる人だと思った」と話した。(別宮潤一) 朝日新聞社  ・・・ 平成28年7月30日(土)、朝日新聞デジタル 13時46分配信 より
..........................
「生前退位」国民的議論の深化望まれ天皇陛下、早期公表をご決断

「生前退位」の意向を示している天皇陛下が、8月にもお気持ちを公表される背景には何があるのか。宮内庁関係者は「退位が可能となるための法改正など、環境が整うにも相当な時間がかかるはず。陛下は、ご自身でお気持ちを示されることで、国民的な議論が深まることを望まれているのだろう」と指摘。議論を進めるために、早期の公表を決断されたとみられる。宮内庁関係者によると、陛下には「象徴天皇は活動が伴ってこそ。活動が全うできなくなればその地位にふさわしくない」との一貫したご姿勢がある。陛下はこれまでも、体力が低下して公務を十分に果たせなくなれば退位も辞さないとの考えを周囲に漏らされてきた。それは、宮内庁が陛下にご公務の負担軽減を提示し始めた時期と重なる。即位20年を迎えた平成21年に式典でのお言葉を原則なくしたのを皮切りに、80歳の26年には新嘗祭(にいなめさい)の「暁の儀」へのお出ましを中止。今年5月にも面会の一部を取りやめられるなどした。陛下はその度に難色を示したといい、24年と25年の誕生日会見でも「しばらくはこのままでいきたい」と述べられている。陛下はがんや心臓の手術を経験されたが、喫緊の健康問題はない。近年は式典での段取りの誤りも増え、昨年の誕生日会見で「年齢というものを感じる」と述べたが、公務への意欲は一向に衰えておられない。ご親交の深いオランダのベアトリクス前女王が25年に75歳で譲位したこともご意向に影響を与えたとみられる。宮内庁の風岡典之長官は憲法上の立場に配慮してご意向の存在を否定しながらも、「いろんな考えを持たれることはあり得る」と含みを持たせてきた。皇室典範には、成年皇族が国事行為を代行する「摂政」の規定があるが、天皇が重篤な状態にあることを前提としており、宮内庁では、高齢のために果たせない公務が増えたことを理由に摂政を置くことはできないとの立場だ。こうしたことから、宮内庁では「生前退位」の可否を協議。お気持ちご公表に向けた準備を本格化させていた。 ・・・ 平成28年7月30日(土)、産経新聞 7時55分配信より

私のコメント:  オランダ ベアトリクス前女王が、平成25年 75歳で譲位したことや その後、ベルギー ・・・・・ その予想もされる内容 ・・・・、 祭政一致







コメント

谷垣幹事長が辞意…首相、処遇を近く最終判断

2016年07月30日 | 社会 経済
谷垣幹事長が辞意…首相、処遇を近く最終判断

自転車事故によるけがで入院中の自民党の谷垣幹事長が安倍首相に辞意を伝えたことが29日、わかった。政府・与党関係者が明らかにした。首相は谷垣氏を続投させたい意向だが、けがの回復具合などを見極め、近く処遇を最終判断する方針だ。関係者によると、谷垣氏は自らのけがの治療のため、「党務の継続は難しい」との考えを周辺を通じて首相に伝えた。谷垣氏は今月16日に自転車(ロードバイク)で走行中に転倒し、頸髄(けいずい)損傷で手術を受けた。首相は29日の閣僚懇談会で、内閣改造を8月3日に行うことを表明した。合わせて自民党役員人事も行う。また、首相官邸で公明党の山口代表と会談し、こうした方針を伝えた。首相は、麻生副総理兼財務相と菅官房長官を留任させる方針を固めているほか、公明党の石井国土交通相も留任させる方向で検討している。・・・ 平成28年7月30日(土)、読売新聞 配信より

私のコメント: 自転車事故によるけがで入院中の自民党の谷垣幹事長が安倍首相に辞意を伝えたことが29日、わかった。東京都知事選挙の結果が、注目される。





コメント

焦点:黒田緩和「検証」で枠組み転換の思惑、マイナス金利修正も

2016年07月30日 | プラザ合意
焦点:黒田緩和「検証」で枠組み転換の思惑、マイナス金利修正も

[東京 29日 ロイター] - 今回の金融政策決定会合で、黒田東彦日銀総裁はマイナス金利付き量的・質的金融緩和(QQE)の「総括的な検証」を執行部に指示した。これが急速に市場の注目点として浮上中だ。

専門家からは、現在のマネタリーベース目標から金利ターゲットへの変更、信用緩和への踏み込みなどが検証後にあるのではないかと指摘されている。金融機関収益への影響など副作用が着目されやすいマイナス金利政策の取り扱いも焦点になる。

<前提は2%目標の早期達成、金融政策の限界示す>

総裁が指示した「総括的な検証」は、あくまで現行の2%の物価安定目標を「できるだけ早期に達成する」ことが前提。総裁も会見で「できるだけ早期に2%を達成するという点は、変更するつもりはない」と繰り返した。

このため、検証作業では物価2%目標のあり方には踏み込まず、マイナス金利付きQQEが狙いとする実質金利の低下やインフレ期待の押し上げ、物価の基調に与えた影響などを中心に、それぞれが実体経済や金融市場に与えた効果と副作用について分析が進む見通しだ。

もっとも、市場が注目するのは検証の結果よりも、それを受けて政策の枠組みがどのように変化するかだ。

総裁は会見で3つの次元のこれまでの政策効果を強調するとともに、政策の限界を否定したが、市場では「検証するということは、イコール新たな枠組みに移行することだろう」(クレディ・スイス証券・チーフエコノミストの白川浩道氏)との見方が支配的だ。

総裁も会見で「2%の物価目標をできるだけ早期に実現する観点から検証し、それに応じて必要ならば必要な措置をとる」と明言。枠組み変更の可能性を否定しなかった。

<新たな枠組みとは>

「検証」後に新たな枠組みが導入されるとすれば、どのような選択肢がありえるのかー─。

白川氏が想定するのは、全く異なる金融市場調節方針の設定への移行。年間80兆円の保有国債の増加目標から、日銀保有国債の残高シェアにターゲットを変更する。

現状では日銀保有国債は市場残高の3割を占めるが、これを少しずつ引き上げていく仕組みだ。また、金利目標だけに的を絞ることもあるとみている。

同時に現行の2%の物価目標の柔軟化を図り、2%の物価水準あるいは達成期間の設定を取りやめる可能性もありえるとしている。

ただ、物価上昇への効果があるのかといった点や、マイナス金利をどこまで深掘りできるのかなど、詳細を詰めて実際のアクションを検討するには、時間がかかりそうだと白川氏はみている。

また、国債買入れが限界に近づいているとみられる中で、新たに国債に限らず政府保証債や地方債も買い入れる選択肢もささやかれる。

しかし、そこに踏み込むことの問題点も指摘されている。東京大学大学院の福田慎一教授は「これらの資産は、国債と比べて流通市場での売買高が少なく、流動性が低い資産。このため日銀の買い入れで市場価格が国債以上にゆがむ可能性が高い。価格が上方に大きくゆがめば、仮に日銀がその時点の市場価格で購入しても、いわゆるヘリコプターマネーに近くなると言えるかもれいない」と指摘する。

さらに「信用緩和政策」に踏み込む選択肢も指摘されている。SMBC日興証券・チーフエコノミストの丸山義正氏は、例えば社債の買い入れは、リーマンショック後の09年に企業の金融支援策として行われたが、今回は緩和強化の一環として実施される可能性があると見ている。

ただ、こちらも買入額が巨額になれば、ヘリコプターマネーに近いと福田教授はみている。

<マイナス金利撤回の見方も>

今年1月に導入したばかりのマイナス金利政策の取り扱いも、焦点になりそうだ。

総裁はマイナス金利について「導入を決めて国債のイールドカーブ全体が非常に下がっている。それが設備投資や住宅投資に影響を与えつつある」と述べる一方、「イールドカーブが非常にフラットになって、金融機関の収益状況にどのような影響が出るのかを含めて総括的な検証をする」と金利低下の副作用にも言及した。

専門家からは、こうしたイールドカーブの低下はQQEとマイナス金利の組み合わせで生じた弊害との声もある。日銀内からも、現在の長期・超長期金利の低下は行き過ぎとの声が少なくない。

マイナス金利の導入以降、急速に進んだ金利低下が、金融機関の収益や年金生活者などの生活を圧迫しているとの声も絶えず、マイナス金利政策への批判的な声は依然として消えない。

市場からは「検証結果を受け、マイナス金利の撤回も選択肢として念頭に置いておく必要があるのではないか」(外資系証券)との声も出ている。

(中川泉 伊藤純夫 編集:田巻一彦) ・・・ 平成28年7月29日(金)、ロイター 20時37分配信より

私のコメント: 平成28年7月29日(金)、野村證券株式会社 徳山支店 ファィナンシャル・アドバイザー課長 青木昌平氏と面談する。「経済学とファイナンス」第2版、大村敬一/浅子和美/池尾和人/須田美矢子 著と「経済学とファイナンス」第1版、西川俊作 等 著の内容について、慶應義塾大学 西川俊作ゼミ 在学 時代の私の名刺を呈示し、野村證券株式会社 徳山支店 ファィナンシャル・アドバイザー課長 青木昌平氏のもとに、「経済学とファイナンス」第1版、「経済学とファイナンス」第2版 論述における内容と違いに関し、説明を入れた。また、出光興産株式会社と昭和シェル石油会社の 今後の成り行き 等、その内容について、私は、出光興産株式会社 創業者側の立場に立ち、その対応については、説明をした。

その後、平成28年7月30日(土) になり、平成27年4月24日、島根県 石見美術館 澄川 喜一館長と私は、対談し、その対応と話題に関し 大隈重信像、朝倉文夫、河内山賢祐、東京スカイツリー、等 その石見美術館 澄川 喜一館長による その著作に関する話しについて、私は、澄川 喜一先生の秘書 内海様との間にて、その連絡対応を持つ事ができるようになった。 プラザ合意。 東京都知事選挙。 自民党幹事長・・・・。


コメント

もう失敗したくない! 歴代8人の顔ぶれに学ぶ、間違いだらけの都知事選び〈週刊朝日〉

2016年07月29日 | 東京オリンピック
もう失敗したくない! 歴代8人の顔ぶれに学ぶ、間違いだらけの都知事選び〈週刊朝日〉

「政治とカネ」の問題で2代連続、任期半ばで辞職する事態となった東京都知事。歴代8人の顔ぶれと顛末から学び、今度こそ正しく見極めたい──。

1943年、東京府と東京市が統合され、東京都が誕生。公選制となり、トップの名称が「東京都長官」から「東京都知事」に変わったのが47年。以来、東京都は8人の知事を経験してきた。


■初の公選都知事
初代・安井誠一郎(官僚)
当選3回
在任期間:1947年(56歳)~59年(68歳)
官選による東京都長官を経験後、初の公選で東京都長官に就任。そのまま、初代都知事に移行

■東京五輪の成功を託され当選
2代・東龍太郎(医師・IOC委員)
当選2回
在任期間:1959年(66歳)~67年(74歳)
東京帝国大学医学部教授を務めたスポーツ医学研究者。日本選出のIOC委員であり、5年後の東京五輪を成功させるために選ばれた

■「ストップ・ザ・サトウ(佐藤栄作)」を掲げた
3代・美濃部亮吉(経済学者)
当選3回
在任期間:1967年(63歳)~79年(75歳)
テレビ番組での解説で人気の経済学者が、社会・共産党推薦を受けて当選。高福祉政策で人気を集めるが、73年のオイルショック以降、都の財政は破綻に向かい、「バラマキ行政」との批判を受ける

■財政再建を掲げて当選
4代・鈴木俊一(官僚)
当選4回
在任期間:1979年(68歳)~95年(84歳)
東龍太郎都知事の副知事を務め、知事として12年ぶりに都庁に戻り、3年で都財政を黒字化する。都庁舎の移転や臨海副都心開発を手がけるなど、ハコモノ行政で再び赤字に。歴代最長の在職日数。「3期で辞めてたら名知事」の声も

■官僚支配に嫌気がさした無党派層の支持を受け当選
5代・青島幸男(タレント・作家)
当選1回
在任期間:1995年(62歳)~99年(66歳)
公約で掲げた「世界都市博覧会の中止」は実行したが、その後は官僚との協調路線に転じて次々と公約を翻す。バブル経済崩壊で財政危機を招き、1期で都庁を去る

■「NOと言える東京」を掲げ大差で当選
6代・石原慎太郎(作家)
当選4回
在任期間:1999年(66歳)~2012年(80歳)
強いリーダーシップでディーゼル車への排ガス規制や新銀行東京設立などの政策を推し進めるが、「衆院選へ立候補する」と、突然辞任

■史上最多得票433.8万を獲得し当選
7代・猪瀬直樹(作家)
当選1回
在任期間:2012年(66歳)~13年(67歳)
石原都知事の後継指名を受け、選挙戦では圧倒的な強さで勝利したものの、医療法人・徳洲会から5千万円を受け取ったことが発覚して辞職

■「東京を世界一の都市にする」と当選
8代・舛添要一(国際政治学者)
当選1回
在任期間:2014年(65歳)~16年(67歳)
自民都連などの推薦を受け当選。新国立競技場の見直しやエンブレム問題などをめぐり、東京五輪の問題が表面化。6月21日、政治資金の「公私混同」問題を受け辞職

現在、47都道府県の知事は中央省庁出身者が約6割を占める。だが、官僚出身の都知事は2人だけ。経済学者、タレント、作家など、その経歴は実に多彩で、選挙結果は都民の「気分」や「ムード」に大きく左右されてきた。その結果がこの通り。今回はもう「気分」で選んでいる場合じゃありませんぞ。※週刊朝日  2016年8月5日号  ・・・平成28年7月29日(金)、dot.7時0分配信より

私のコメント: 「政治とカネ」の問題で2代連続、任期半ばで辞職する事態となった東京都知事。歴代8人の顔ぶれと顛末から学び、東京オリンピック開催に向け、東京都知事 2代・東龍太郎(医師・IOC委員)のオリンピック開催における当時の業績についても、東京都知事 2代・東龍太郎(医師・IOC委員)の検証と、その関係者からの聞き取りについても、今回 東京都知事選挙の結果へた後に、新しく、就任された東京都知事からの対応も、今後、必要となってくると思われる。



コメント

谷垣幹事長復帰まで細田氏が“代行”か

2016年07月29日 | 社会 経済
谷垣幹事長復帰まで細田氏が“代行”か

安倍首相は29日朝の閣議で、内閣改造と自民党役員人事を来月3日に行うことを正式に表明した。焦点の幹事長について谷垣氏がケガで入院している間は細田幹事長代行が務める案が浮上している。

現在安定している政権の骨格を維持したい安倍首相は依然として谷垣幹事長の続投を軸に検討している。首相周辺によると安倍首相は入院中の谷垣氏と直接面会はせず、病院側から容体を聞き取るなどして最終判断する考え。

谷垣氏が9月に召集される臨時国会までに回復するのであれば復帰まで細田幹事長代行が職務にあたることも検討されている。一方、回復が遅れそうな場合は細田氏の昇格や岸田外相、二階総務会長の起用などが取りざたされており、改造人事全体に大きな影響を与えることになる。

また今回、ポスト安倍を目指す石破地方創生担当相の去就も焦点となる。

石破地方創生相「(Q:今回の改造人事で閣外に出たいか)そのことについては発言いたしません」

石破氏は周辺に対しては、ポスト安倍を目指す立場から閣外に出る意向を示していて、今回、安倍首相が石破氏に閣内にとどまるよう求めるかなど対応が焦点となる。 ・・・ 平成28年7月29日(金)、日本テレビ系(NNN) 12時55分配信より

..............................
負傷の自民・谷垣幹事長、早期復帰は難しい状況

自転車で走行中に転倒し、頸髄を損傷して入院中の自民党の谷垣幹事長が、早期の復帰は難しい状況にあることがわかりました。

安倍総理は、来月3日にも自民党役員人事と内閣改造を実施する方針で、その前に谷垣氏と面会して、続投が可能かどうか判断する方向で調整していました。

しかし、政府関係者は、「総理が8月3日の前に谷垣氏と会うことはない。押しかけられないから遠慮している状態だ」と述べ、谷垣氏が早期に復帰するのは難しい状況にあることを明らかにしました。

安倍総理は、谷垣氏を交代させるのかどうか、近く最終判断するものとみられます。(29日01:27) 最終更新:7月29日(金)12時23分 ・・・ 平成28年7月29日(金)、TBS系(JNN) 6時5分配信より

私のコメント: 安倍首相は29日朝の閣議で、内閣改造と自民党役員人事を来月3日に行うことを正式に表明した。焦点の幹事長は、細田幹事長代行が務める案が浮上している。祭政一致。



コメント