地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

知事への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

震度6弱 石川 珠洲「立っていられない揺れ」「つぼが割れた」

2022年06月19日 | 地震情報

地震 震度6弱の珠洲市 春日神社 鳥居が根元から崩れる被害

震度6弱を観測した石川県珠洲市にある春日神社の関係者によりますと地震の揺れで、神社にある石の鳥居が根元から折れ、崩れたということです。

また、境内の石灯籠が倒れたほか、階段の一部が崩れるなどの被害が出ているということです。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

震度6弱 石川 珠洲「立っていられない揺れ」「つぼが割れた」

震度6弱を観測した石川県珠洲市にある道の駅の従業員の女性は、NHKの取材に対し、「当時は営業中だったが、立っていられないような強い揺れが、数十秒間続いたように感じた。店内ではガラス瓶に入った商品などが落ちて床に散乱している。まずは店内のお客さんを外に出し、安全確認を行ったが、けが人はおらずいまは散乱したものを片づけながら営業を続けている」と話していました。

珠洲市職員「書類やファイルがほとんど落ちている」

震度6弱を観測した石川県珠洲市の職員は、「発生当時、市役所の3階にいましたが突然、突き上げられるような縦揺れが10秒から20秒ほど続いた。棚から書類やファイルがほとんど落ちていて、下に散乱している状況です。現時点被害情報は入ってきていませんが、引き続き情報収集に努めたいと思います」と話していました。

珠洲焼資料館「つぼが棚から落ちて割れた」

震度6弱を観測した珠洲市の珠洲焼資料館の担当者は、「ドーンという大きな揺れが最初にあり、そのあと、横揺れが10秒くらい続いた。資料館の建物には今のところ被害は見られないものの、展示していた珠洲焼のつぼが1つ棚から落ちて割れているようだ」と話していました。

来館客や職員にけがはないということです。

珠洲市の酒造会社「小さな瓶が倒れた」

石川県珠洲市で日本酒の製造と販売を行っている「宗玄酒造」の従業員の男性によりますと「揺れは1分も続かなかったように感じた。当時、店番をしていたが小さな瓶が倒れた。大きな被害は今のところない」と話していました。

珠洲市の飲食店「ドンっという大きな音がした」

珠洲市の飲食店によりますと、「ドンっという大きな音がしてしばらく揺れ続き、非常に怖い思いをしました。あまりこのような地震の経験がなく、びっくりしています。店員やお客さんにけがはなく、今は状況を見守っている状況です」と話していました。

珠洲市の春日神社で鳥居崩れる

 
珠洲市にある春日神社の関係者によりますと地震の揺れで、神社にある石の鳥居が根元から折れ、崩れたということです。

また、境内の石灯籠が倒れたほか、階段の一部が崩れるなどの被害が出ているということです。

珠洲市の喫茶店「グラスが30個ぐらい割れた」

珠洲市で喫茶店を営む73歳の女性は「珠洲市ではこれまで何度も群発地震があって揺れには慣れていましたが、きょうの地震はいつもより3倍ぐらい横揺れの時間が長かったです。私は怖くてその場で立ち尽くしていました。揺れで高い所にある招き猫が落ちて粉々になったほか、グラスが30個ぐらい割れてしまいました。片付けに追われ大変です」と話していました。
 
私のコメント :  令和4年6月19日、震度6弱を観測した石川県珠洲市にある春日神社の関係者によりますと地震の揺れで、神社にある石の鳥居が根元から折れ、崩れたということです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 


コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 【立候補予定者一覧】参院選... | トップ | 【立候補予定者一覧】参院選... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

地震情報」カテゴリの最新記事