地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

竹島地図、新たに地名11か所…10年ぶり改訂

2017年04月04日 | 旅行
竹島地図、新たに地名11か所…10年ぶり改訂

島根県隠岐の島町の竹島の地図について、国土地理院は、明治期や昭和初期に漁師らが使っていた地名11か所の表記を新たに盛り込んだ。

隠岐の島町からの申請を受け、今月1日に更新した。竹島の地図が改訂されるのは10年ぶり。

国土地理院は2004年の町村合併で隠岐の島町が誕生したのに伴い、07年に2万5000分の1の竹島の地形図を初めて作製した。当時、記載された地名は「西島」と「東島」だけで、ホームページ上の電子地図でも二つの名称しか表示されていなかった。

隠岐の島町などが12年以降、漁師の子孫らに聞き取り調査を行ったところ、「沖の島(沖の平島(ひらじま))」や「五徳島(ごとくじま)(洞岩(どういわ))」など9か所の岩や湾の名称が判明。国土地理院は自治体の申請に基づいて地図を見直しており、町は3月21日、西島の別名「男島(おじま)」、東島の別名「女島(めじま)」と合わせて地名表記の更新を求めていた。 ・・・ 平成29年4月4日、読売新聞 10:15配信 より

私のコメント :  隠岐の島町などが12年以降、漁師の子孫らに聞き取り調査を行ったところ、「沖の島(沖の平島(ひらじま))」や「五徳島(ごとくじま)(洞岩(どういわ))」など9か所の岩や湾の名称が判明。 隠岐の島町 竹島の地図について、国土地理院は、明治期や昭和初期に漁師らが使っていた地名11か所の表記を新たに盛り込んだ。






『島根県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 駐韓大使帰任 政府、強硬姿... | トップ | 長嶺安政駐韓大使が午後にソ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

旅行」カテゴリの最新記事