地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

岩国市長、米艦載機移駐容認へ

2017年06月22日 | 日米安保条約
岩国市長、米艦載機移駐容認へ

米軍厚木基地(神奈川県)から岩国基地(山口県岩国市)への空母艦載機移駐計画を巡り、岩国市の福田良彦市長が23日の市議会定例会で、移駐を受け入れるかどうか表明する。福田市長はこれまでに、受け入れの条件としてきた米軍再編交付金の拡充などで「一定の成果が得られた」としており、移駐容認の姿勢を示す見通し。移駐は早ければ7月から始まり、米軍はFA18戦闘攻撃機などの計61機を来年5月にかけて段階的に移す計画。岩国基地の機体は約120機に倍増する。福田市長は、国に対し、交付金の増額・延長や安心安全対策、地域振興策などを要望している。 【共同通信】 ・・・ Domestic | 2017年 06月 22日、ロイター 18:43 JST 配信より

私のコメント :  平成29年6月22日(木)、 山口県岩国市の福田良彦市長は、23日、岩国市議会で、米海軍の空母艦載機61機について、米軍岩国基地受け入れの容認を表明される。山口県岩国市 今後の進展についても、見守りたい。この件に関しては、現状と今後の進展に関し、今までに至る経緯についても、その説明をすることは容易なことではない。平成29年6月22日(木)、 私は、従来から対応がある、日本外務省の職員へ連絡を入れた後、島根県 益田市 亀井事務所 職員とともに、益田市役所 危機管理課 課長との連絡対応 等が、今まで、それがあるため、私と島根県 益田市役所 危機管理課との連絡調整も、必要なため、その当該 職員が、益田市 亀井事務所へ、出勤される日の確認を入れた。




『島根県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米空母の艦載機移転、岩国市... | トップ | 沖縄戦72年「慰霊の日」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日米安保条約」カテゴリの最新記事