地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

航空機の電動化、ハイブリッドが当面主流に 

2020年02月09日 | 英国

航空機の電動化、ハイブリッドが当面主流に 

特集・ロールスロイス スタインCTOに聞く(後編)

By Tadayuki YOSHIKAWA

2019年5月14日 09:12 JST 、Aviation Wire Corporation 配信より

 次世代航空機の姿を考える上で、電気飛行機などエンジンの電動化は大きなテーマだ。ロールス・ロイスは今年3月に、ガスタービンエンジン「M250」を使ったハイブリッドシステムの地上実証試験に成功。2021年に実施予定の試験飛行に向け、弾みを付けた。

航空機用エンジン電動化の研究を進めるロールス・ロイス。ヘリなどのハイブリッド化から始まり中大型機はしばらく先になりそうだ=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 M250は、固定翼軍用機や民間機、ヘリコプターなどに採用されている。今回の地上試験では、ハイブリッド版M250を機内電池システムを充電するタービン発電機として機能させる「シリーズ・ハイブリッド」、機体の推進力をエンジンと電気システム双方から得る「パラレル・ハイブリッド」、エンジンをタービン発電機として使う「ターボエレクトリック」と、3種類の運転モードでテストした。

 このシステムは、500キロワットから1メガワットの出力を持つ推進プラントとして使用することを想定。リージョナル機向けなどには、より大型のAE 2100 2.5メガワットシステムを開発中で、エアバスのE-Fan X試験機で試験が行われている。

 本特集の前編では、エアバスA380型機やA350 XWBなどが採用するロールス・ロイスのエンジンについて、同社の技術研究分野を統括しているポール・スタインCTO(最高技術責任者)に現状と今後を聞いた。後編では、電気航空機の将来像などを取り上げる。

電気飛行機の主流は当面ハイブリッド

── 民間機向けエンジンの電動化プロジェクトの進捗を教えて欲しい。

電気飛行機の将来像を語るロールス・ロイスのスタインCTO=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

スタイン氏:電気航空機は3つのサイズで考えている。

 一つ目は短距離で、ヘリコプターのエンジンをカバーする規模だ。二つ目はリージョナル機で、乗客数20人から90人程度、航続距離1000キロ程度の機体、三つ目は中大型機だ。

 一つ目については、英国のスタートアップ企業と研究を進めており、いろいろなメーカーと話をしている。2021年ごろから飛ぶこともあり得るが、パートナー企業の意向によるところがある。

 二つ目は、リージョナルジェットやエアバスのE-Fan Xのサイズで、発電機がファンと組み合わせて動くことで2メガワットの電力を発電できる。ロールス・ロイスとエアバスが、こうした動力が使えることを証明していく。実際に使われるのは、2025年から2030年の間のどこかになるのではないか。

 三つ目の中型機から大型機については、ゆっくりとした電動化になるだろう。実際に使われることは2030年まではない。

── 100席前後の旅客機が電動化されるのはいつ頃になると見ているか。

スタイン氏:プロペラ機の変化はゆっくりだろう。電動化システムを搭載すれば燃費が良くなり、短い滑走路でも離着陸できるようになるだろう。

 ロールス・ロイスとしては、リージョナルジェット市場がまだまだ成長するだろうと考えている。

── 航空機は将来、ハイブリッドからフル電動化に進むのか。

スタイン氏:ノーだ。もっとも小さい機体以外は、ハイブリッドを何年も使い続けるだろう。バッテリー技術が求められるペースに合わせて進化していくかはわからないが、ハイブリッドを中心に考えている。

 しかし、もっとも小さいサイズで飛行距離が短い航空機については、ピュアエレクトリック化はあるだろう。練習機は電気飛行機になるかもしれない。長距離を飛行する航空機は、今後少なくとも15年は純粋なガスタービンエンジンだろう。

  ◇ ◇ ◇

 今後の航空機用エンジンの進化について、スタインCTOの話を総合すると、次世代エンジンを採用した機体が飛ぶのが2025年から2030年ごろ。A350のような大型機は、2035年ごろまでは電動化されることはなさそうだ。

 一方で、ヘリコプターのようなサイズは同時期にハイブリッド化が進むとみられ、練習機のように限られた用途の機体については、電気飛行機が採用される可能性もゼロではないだろう。

 ガスタービンなどのエンジンを手掛けてきたロールス・ロイスは、今後どのように航空機を進化させていくのだろうか。

関連リンク
Rolls-Royce
ロールス・ロイス

特集・ロールスロイス スタインCTOに聞く
前編 大口径ファンでより低騒音・低燃費に

キーワード: エンジン ロールス・ロイス


私のコメント : 令和2年2月9日、次世代航空機の姿を考える上で、電気飛行機などエンジンの電動化は大きなテーマだ。

英国 ロールス・ロイス社は昨年の年3月に、ガスタービンエンジン「M250」を使ったハイブリッドシステムの地上実証試験に成功。2021年に実施予定の試験飛行に向け、弾みを付けている。

令和2年2月8日、秋田県の2020年度一般会計当初予算案が発表された。総額は前年度比で53億円増の5794億円。15年度以来、5年ぶりに前年度を上回ったが、平成以降の32年間では5番目に低い。注目されるのは、秋田大と秋田県立大による航空機の燃料供給システム電動化の研究だ。秋田県は国と共に4億円超を支援する。秋田県 横手市の自動車部品メーカーが開発した新型コイルを生かし、高効率のモーターの製品化を図る。秋田県の製造業が航空機産業に本格的に参入する道を開く事業であり、しっかり後押ししたい。秋田県知事選挙も、今後の見通しとしてあり、秋田県 佐竹敬久知事から、さらなる、各分野における、そのご活躍についても、私は、期待している。

令和2年2月8日、秋田県と大学、大手機械メーカーなどが共同で、航空機の電動化につながるモーターの開発や地域産業の強化を目指す計画が動き出すめどが立ち、7日、関係者が会見で意気込みを話しました。秋田県庁で会見したのは、佐竹秋田県知事と、秋田大学と秋田県立大学の学長、それに大手機械メーカー、IHIの関係者などです。

 

 

 



テレホンカード テレカ 日産 Cima シーマ 自動車 50度数

NTT出版

undefined

 

「コマ」から「フィルム」へ マンガとマンガ映画

秋田 孝宏/NTT出版

undefined

 

まっぷる 秋田 角館・乳頭温泉郷'21 (マップルマガジン 東北 6)

昭文社 旅行ガイドブック 編集部(編集)/昭文社

undefined

 

秋田県の観光スポット Guide ひとくち観光ガイド

本間孝志/null

undefined

 

地方自治の構造―ドキュメント秋田知事選 (1979年)

山本 貞夫/無明舎出版

undefined

 

イージス・アショアを追う

秋田魁新報取材班/秋田魁新報社

undefined

 

花の嵐(上・下合冊版)~小説 小佐野賢治~

清水 一行/光文社

undefined

 

まっぷる 秋田 角館・乳頭温泉郷'21 (マップルマガジン 東北 6)

昭文社 旅行ガイドブック 編集部(編集)/昭文社

undefined

 

秋田むかしむかし〈続(秋田藩と秋田県・各郡市の歴史)〉 (1967年)

秋田魁新報社文化部(編集)/秋田魁新報社

undefined

 

佐竹氏物語 (1980年)

渡部 景一/無明舎出版

undefined

 

名族佐竹氏の神祇と信仰

神宮 滋/無明舎出版

undefined

 

佐竹一族の中世

高橋 修(編集)/高志書院

undefined

 

秋田県の歴史散歩

秋田県の歴史散歩編集委員会(編集)/山川出版社

undefined



労働市場 (1980年) (日経文庫 経済学入門シリーズ)

西川 俊作/日本経済新聞社

 

 

保育所保育指針解説書―2008年3月発表

ひかりのくに

 

 

戦後日本の宰相たち (中公文庫)

渡辺 昭夫/中央公論新社

undefined

 

石橋湛山評論集 (岩波文庫 青 168-1)

石橋 湛山/岩波書店

undefined

 

歴史劇画 大宰相 第三巻 岸信介の強腕 (講談社文庫)

さいとう・たかを,戸川 猪佐武/講談社

undefined



ニッポンの航空機産業―週刊東洋経済eビジネス新書No.151

週刊東洋経済編集部,渡辺 清治,宇都宮 徹,山本 直樹,池田 梢,鈴木 智,中野 法子,筒井 幹雄,小林 由依/東洋経済新報社

undefined

 

IHIの就活ハンドブック〈2020年度〉 (会社別就活ハンドブックシリーズ)

就職活動研究会(編集)/協同出版

undefined

 

IHIに今も息づくシントーイズム ―日本の「モノづくり」を元気にするために

原田 武重/文芸社

undefined

 

日産vs.ゴーン 支配と暗闘の20年 (文春新書)

井上 久男/文藝春秋

undefined

 

鮎川義介《日産コンツェルンを作った男》

堀 雅昭/弦書房

undefined

 

日産コンツェルン経営史研究
宇田川 勝/文眞堂

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「岩波文庫 34-102-1 ケネー 経済表 戸田正雄・増井健一 訳」( における、私からの、その解説について・・・)

TABLEAUX ECONOMIQUES  Franqois Quesnay

はしがき

本書は、フランソア・ケネー(F.Quesnay)の「経済表」(Tableau Economique)の初期と後期の作を訳載したものである。

すなわち、初期の作として
(一)経済表 第一版の図式の部分、
(二)第二版の全部(図式と「経済表の説明」Explication du Tableau Economiqueと「シュリ―氏王国経済の抜粋」)、最終の作として 
(三)「経済表の分析」と「重要考察」、および「農業国の経済的統治の一般原則」を包含している。

以上のケネー述作をもって、その経済学説の心髄をつくすものということができよう。

これらを訳出するに当たって土台とした本は、次のとおりである。

(一)については、オンケン著「経済学史」(A.Oncken,Geschichte der Nationa lokonomie, 1902.) の中に挿入されてある写真版。

(二)については、「イギリス経済学協会」刊の写真版。

(三)については、オンケン著「ケネー経済・哲学著作集」。

本訳書はもと昭和八年十一月、岩波文庫の一つとして「増井幸雄・戸田正雄訳、ケネー経済表」と題し刊行された。爾来版を重ねついに紙型が摩滅し、今回新たに組直す必要を生じたのを機会に、文章に改修を施すこととなった。

(中略)

今ここに感慨切なるものがある。故増井幸雄博士を偲ぶと共に、同人と戸田を結ぶ動機となった竹内謙二博士、当初の出版を仲介せられた小泉信三博士に改めて感謝を致し、改版に当たり岩波書店の山鹿、中野、永見の三氏の労を得たことを感謝する次第である。

昭和三十六年五月    訳者 」からの引用です。

フランソア・ケネー(F.Quesnay)の「経済表」(Tableau Economique) 解説に関して、慶応義塾大学 小泉信三博士、増井健一博士から教授、講義も私は、いただき、村田昭治博士からの面授直説を頂戴しているという立場がある。下記の関係書籍も、併せて、内外における学術関係者からは、それを熟読されたいと願う。

令和2年2月7日、山口県庁にて、山口県 観光スポーツ文化部 交通政策課 地域交通班 久保幸代主幹 班長と私は、面談した際に、山口県 観光スポーツ文化部 交通政策課 伊藤香織利 副課長とも、その面談をおこない。過去の、山口県 観光スポーツ文化部 交通政策課宛てに、その審査請求を私が、提出している件にては、その後 その展開があり、その内容に関係している山陰道整備に関する、島根県から山口県を結ぶ山陰道については、国土交通省からは、ことし4月、萩市に新たに事務所を設置し、山口県内での整備を進めていくことともなったために、その内容を踏まえて、山口県 観光スポーツ文化部 交通政策課に対する、そのさらなる確認の案件に関して、私は、山口県 観光スポーツ文化部 交通政策課 伊藤香織利 副課長のもとへ、そのお尋ねも入れた。

令和2年2月6日、山口県 観光スポーツ文化部 交通政策課 地域交通班 久保幸代主幹 班長と私は、対談し、山口県 観光スポーツ文化部 交通政策課 伊藤香織利 副課長とも、個別に、その対談をおこなった。

令和2年2月4日、山口県 観光スポーツ文化部 交通政策課 伊藤香織利 副課長と私は、対談した。

令和2年2月4日、山口県 山口市 山口県庁において、山口県土木建築部 監理課 用地補償班 向野孝之 班長様と対談した。

令和2年2月3日、山口県庁において、山口県 観光スポーツ文化部 交通政策課 地域交通班 久保幸代主幹 班長のもとへ、私から、その公文書開示請求書を提出した際に、私は、山口県 観光スポーツ文化部 交通政策課 地域交通班 久保幸代主幹 班長と懇談し、慶応義塾大学 商学部にて、私の恩師 西川俊作教授が、交通経済学においても、精通されていたが、しかし、慶応義塾大学 商学部 中条潮 助手 (当時) と 当該 交通経済論については、その論が、異なり、慶応義塾大学 商学部 中条潮 助手(当時) より、私が、その英書購読の講義を受ける際に、私が、大変、苦労をしていた学事内容について、恩師 西川俊作教授からの、その交通経済学の論については、奈良県 奈良交通における観光バス 運行状況、及び、島根県 石見交通における観光バス 運行状況、その山口県下、各 運行状況も、それを例にし、今回、私から、山口県 観光スポーツ文化部 交通政策課へ、その公文書開示請求書を提出した理由に関しての説明も入れた。


・慶應義塾大学(商学部) (2020年版大学入試シリーズ)  教学社編集部(編集)/教学社

・過去単シリーズ 慶応義塾大学 医学部 編 2020年版: 過去問英単語 徹底分析 大学入試過去問英単語 (大学入試過去問情報書籍)  イノベーションリサーチ株式会社

・新臨床研修歯科医ハンドブック 平成30年度診療報酬改定対応版  廣藤 卓雄(監修),粟野 秀慈(監修),米田 雅裕(編集),松浦 尚志(編集),馬場 篤子(編集),西野 宇信(編集),國領 真也(編集),村岡 宏祐(編集)/医歯薬出版

・歯科ノミクスが日本を救う (One Person~一人の歯科医師~)  上田裕康/中部経済新聞社

・自民党 迂回献金の闇 日歯連事件の真相  東京新聞取材班/角川学芸出版

・政治わが道―藤山愛一郎回想録 (1976年)  藤山 愛一郎/朝日新聞社

・小泉信三選集〈第5巻〉ヨーロッパ・アメリカ (1957年) 小泉 信三/文藝春秋新社

・小泉信三―天皇の師として、自由主義者として (中公新書) 小川原 正道/中央公論新社

・航空輸送 (現代交通経済学叢書) 増井 健一,山内 弘隆/晃洋書房

・政治わが道―藤山愛一郎回想録 (1976年) 藤山 愛一郎/朝日新聞社

・村田昭治マーケティング研究への旅―輝くマーケティングのサクセス・ロードを求めて 村田 昭治/国元書房

・福沢諭吉の横顔 (Keio UP選書) 西川 俊作/慶應義塾大学出版

・労働市場 (1980年) (日経文庫 経済学入門シリーズ) 西川 俊作/日本経済新聞社

・保育所保育指針解説書―2008年3月発表 ひかりのくに

・計量経済学のすすめ (1970年) (エコノミスト・シリーズ) 西川 俊作/毎日新聞社

・諸国民の経済成長―総生産高および生産構造 (1977年) サイモン・クズネッツ/ダイヤモンド社

・戦後の経済成長 (1966年) サイモン・クズネッツ/岩波書店

・Analyse de la formule arithmétique (French Edition) Quesnay/null

・ケネー経済表 原表第3版所収版 ケネー/岩波書店

・経済表 (1961年) (岩波文庫) ケネー/岩波書店

・マルクスを巡る知と行為―ケネーから毛沢東まで 寺出 道雄/日本経済評論社

・田中角栄と毛沢東―日中外交暗闘の30年 青木 直人/講談社

・「経済表」以前の諸論稿―「自由論」「明証論」「借地農論」「穀物論」「人間論」「租税論」 (1950年) (古典経済学叢書) フランソア・ケネー/春秋社

・フランス経済理論の発展―ボワキュベール,ケネー,セーの国民所得論 (1962年) J.モリニエ/未来社

・経済科学の創造―『経済表』とフランス革命 (1965年)  平田 清明/岩波書店

・リベラリストの警鐘 (石橋湛山著作集―経済論) 石橋 湛山/東洋経済新報社

・石橋湛山評論集 (岩波文庫 青 168-1) 石橋 湛山/岩波書店



ザ・ジェット・エンジン

ロールスロイス社/日本航空技術協会

undefined

 

Alpine Renault Celebrationルマン2015 , 2015 ,モデルカー, Ready - made , Norev 1 : 43

Norev(デザイン)/ノレブ

undefined

 

慶應義塾大学(理工学部) (2020年版大学入試シリーズ)

教学社編集部(編集)/教学社

undefined

 

燃焼工学 (1985年) (機械系大学講義シリーズ〈19〉)

大竹 一友,藤原 俊隆/コロナ社

undefined

 



プジョー・メンテナンス・ファイル―206/106/306/307 (立風ベストムック―オートジャンブル)

立風書房

undefined

 

Vol.69 プジョー 508 のすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報 インポートシ リーズ)

三栄書房

undefined

 

経済表 (1961年) (岩波文庫)

ケネー/岩波書店

undefined


コメント   この記事についてブログを書く
« 航空機電動化研究が始動へ | トップ | <新型肺炎>膨らむ経済被害…... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

英国」カテゴリの最新記事