地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

ホンダは11日、中国・広州にある四輪車工場の生産再開が・・・

2020年02月12日 | 山口県庁

ホンダは11日、中国・広州にある四輪車工場の生産再開が・・・

共同通信社
2<time datetime="2020-02-11T11:28:42.000Z" data-always-show="true">020/02/11 20:28</time>

ホンダは11日、新型コロナウイルスによる肺炎拡大の影響を受け、中国・広州にある四輪車工場の生産再開が17日以降にずれ込むと明らかにした。

私のコメント : 令和2年2月12日、山口県 観光スポーツ文化部 交通政策課 伊藤香織利 副課長と私は、以下の対応があり、その対談を行った。


 

トヨタ対VW

中西孝樹/日本経済新聞出版社

undefined

 

2030 中国自動車強国への戦略 世界を席巻するメガEVメーカーの誕生

湯 進/日本経済新聞出版社

undefined

 

HONDA CR-V Ultimate Service Manual Journal: 6x9" size fits most vehicle glove box and console openings

GAUGE MARKS/Independently published

undefined

 

エブロ 1/43 Honda FIT 3 HYBRID Alabaster Silver Metallic 完成品

エムエムピー(MMP)

undefined

 

ニューモデル速報 第544弾 新型ノート e-POWERのすべて

三栄書房/三栄

undefined

 

J-Collection 1/43 NISSAN NOTE (オーロラモーヴ) 完成品

京商

undefined

 

現代の広告 (1978年)

村田 昭治(編集)/同文館出版

undefined

 

村田昭治のマーケティング・ハート―学ぶことのたのしさ

村田 昭治/プレジデント社

undefined

 

はじめよう 地域産業連関分析 改訂版 事例分析編

土居 英二,浅利 一郎,中野 親徳/日本評論社

undefined

 

「経済表」以前の諸論稿 (1949年) (古典経済学叢書)

フランソア・ケネー/春秋社

undefined

 

交通経済学

増井 健一/東洋経済新報社

undefined

 

私鉄業界 (1982年) (教育社新書―産業界シリーズ 335)

増井 健一(編集)/教育社

undefined

 

航空輸送 (現代交通経済学叢書)
増井 健一,山内 弘隆/晃洋書房

経済表 (1961年) (岩波文庫)
ケネー/岩波書店


令和2年2月12日、クルマに関する欧州発のニュースが届いた。英政府が、ガソリン車、ディーゼル車の新車販売を、ハイブリッド(HV)とプラグインハイブリッド(PHEV)も含め、2035年に禁止するという発表だ。

トヨタ・アクアや日産ノート e-POWERは、車両価格200万円以下で、ホンダのフィット・ハイブリッドは210万円程度で購入できる。CO2削減に多大な貢献を果たしている。新型フィットはまもなく発売というタイミングだが、先代同様環境に貢献する。トヨタの新車販売台数の4割がすでにHVであることだ。

CAFEのルールでは、年を追うごとにPHVのEVモードでの義務走行距離を増やし、今すぐCO2問題を緩和できるPHVというソリューションを、庶民の手に届かないものにしている。

欧州の完璧主義だ。一部には、プリウスPHVを閉め出すために「新型が出るたびにプリウスのスペックを少しだけ上回るEV走行距離に、ルール変更している」という声もある。

令和2年2月11日、「全国植樹祭」は、森や緑に対する理解を深めてもらおうと、毎年、各地で開かれていますが、今年は、島根県 大田市「三瓶山北の原」にて、5月31日に開かれます。大田市の会場では令和2年2月8日、「全国植樹祭」に参加する地元の児童、生徒などを対象にした研修会が開かれ、およそ130人が出席しました。

令和2年2月10日、山口県 観光スポーツ文化部 交通政策課 伊藤香織利 副課長と私は、対談した後、その確認に関しては、山口県 観光スポーツ文化部 交通政策課 地域交通班 久保幸代主幹 班長のもとへ、入れた。

令和2年2月9日、山口県 山口市 株式会社 本田四輪販売西中国 維新公園店 廣林 チーフより、次期ホンダ「フィット」について懇談し、ホンダ「フィット」HEV用PCUにおける、説明を受けて後に、山口日産自動車株式会社 山口吉敷店 粟屋 店長と 日産自動車株式会社 創設者 鮎川義介氏と、当家、並び、ダットサン自動車、私との関係 についても 懇談し、日産自動車株式会社による、次期「NOTE」モデルチェンジ 後における 今後のマーケティング戦略についても、他の自動車会社から、その対応もあり、よって、その話し合の場を私は、持った。

 

 

 


日産の創業者 鮎川義介

宇田川 勝/吉川弘文館

undefined


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「岩波文庫 34-102-1 ケネー 経済表 戸田正雄・増井健一 訳」( における、私からの、その解説について・・・)

TABLEAUX ECONOMIQUES  Franqois Quesnay

はしがき

本書は、フランソア・ケネー(F.Quesnay)の「経済表」(Tableau Economique)の初期と後期の作を訳載したものである。

すなわち、初期の作として
(一)経済表 第一版の図式の部分、
(二)第二版の全部(図式と「経済表の説明」Explication du Tableau Economiqueと「シュリ―氏王国経済の抜粋」)、最終の作として 
(三)「経済表の分析」と「重要考察」、および「農業国の経済的統治の一般原則」を包含している。

以上のケネー述作をもって、その経済学説の心髄をつくすものということができよう。

これらを訳出するに当たって土台とした本は、次のとおりである。

(一)については、オンケン著「経済学史」(A.Oncken,Geschichte der Nationa lokonomie, 1902.) の中に挿入されてある写真版。

(二)については、「イギリス経済学協会」刊の写真版。

(三)については、オンケン著「ケネー経済・哲学著作集」。

本訳書はもと昭和八年十一月、岩波文庫の一つとして「増井幸雄・戸田正雄訳、ケネー経済表」と題し刊行された。爾来版を重ねついに紙型が摩滅し、今回新たに組直す必要を生じたのを機会に、文章に改修を施すこととなった。

(中略)

今ここに感慨切なるものがある。故増井幸雄博士を偲ぶと共に、同人と戸田を結ぶ動機となった竹内謙二博士、当初の出版を仲介せられた小泉信三博士に改めて感謝を致し、改版に当たり岩波書店の山鹿、中野、永見の三氏の労を得たことを感謝する次第である。

昭和三十六年五月    訳者 」からの引用です。

フランソア・ケネー(F.Quesnay)の「経済表」(Tableau Economique) 解説に関して、慶応義塾大学 小泉信三博士、増井健一博士から教授、講義も私は、いただき、村田昭治博士からの面授直説を頂戴しているという立場がある。下記の関係書籍も、併せて、内外における学術関係者からは、それを熟読されたいと願う。

令和2年2月7日、山口県庁にて、山口県 観光スポーツ文化部 交通政策課 地域交通班 久保幸代主幹 班長と私は、面談した際に、山口県 観光スポーツ文化部 交通政策課 伊藤香織利 副課長とも、その面談をおこない。過去の、山口県 観光スポーツ文化部 交通政策課宛てに、その審査請求を私が、提出している件にては、その後 その展開があり、その内容に関係している山陰道整備に関する、島根県から山口県を結ぶ山陰道については、国土交通省からは、ことし4月、萩市に新たに事務所を設置し、山口県内での整備を進めていくことともなったために、その内容を踏まえて、山口県 観光スポーツ文化部 交通政策課に対する、そのさらなる確認の案件に関して、私は、山口県 観光スポーツ文化部 交通政策課 伊藤香織利 副課長のもとへ、そのお尋ねも入れた。

令和2年2月6日、山口県 観光スポーツ文化部 交通政策課 地域交通班 久保幸代主幹 班長と私は、対談し、山口県 観光スポーツ文化部 交通政策課 伊藤香織利 副課長とも、個別に、その対談をおこなった。

令和2年2月4日、山口県 観光スポーツ文化部 交通政策課 伊藤香織利 副課長と私は、対談した。

令和2年2月4日、山口県 山口市 山口県庁において、山口県土木建築部 監理課 用地補償班 向野孝之 班長様と対談した。

令和2年2月3日、山口県庁において、山口県 観光スポーツ文化部 交通政策課 地域交通班 久保幸代主幹 班長のもとへ、私から、その公文書開示請求書を提出した際に、私は、山口県 観光スポーツ文化部 交通政策課 地域交通班 久保幸代主幹 班長と懇談し、慶応義塾大学 商学部にて、私の恩師 西川俊作教授が、交通経済学においても、精通されていたが、しかし、慶応義塾大学 商学部 中条潮 助手 (当時) と 当該 交通経済論については、その論が、異なり、慶応義塾大学 商学部 中条潮 助手(当時) より、私が、その英書購読の講義を受ける際に、私が、大変、苦労をしていた学事内容について、恩師 西川俊作教授からの、その交通経済学の論については、奈良県 奈良交通における観光バス 運行状況、及び、島根県 石見交通における観光バス 運行状況、その山口県下、各 運行状況も、それを例にし、今回、私から、山口県 観光スポーツ文化部 交通政策課へ、その公文書開示請求書を提出した理由に関しての説明も入れた。

 

 

 

 

石橋湛山全集 (第14巻)

石橋 湛山/東洋経済新報社

undefined

 

佐藤栄作日記 全6巻セット

佐藤 榮作,伊藤 隆 監修/朝日新聞社

undefined

 

石橋湛山日記―昭和20-31年 (上)

石橋 湛山 /みすず書房

null

 

石橋湛山日記―昭和20-31年 (下)

石橋 湛山 /みすず書房

null

 

日本郵政 解き放たれた「巨人」

町田 徹 /日本経済新聞社

null

 

永田町知謀戦2 竹下・金丸と二階俊博

大下 英治 /さくら舎

null

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 池田直渡「週刊モータージャ... | トップ | 「SLやまぐち号」3月20日運転... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

山口県庁」カテゴリの最新記事