地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

関西空港に”過去最多の覚醒剤”『10億円分』密輸 カナダ国籍の自称音楽家の男を逮捕

2019年11月07日 | 健康管理
関西空港に”過去最多の覚醒剤”『10億円分』密輸 カナダ国籍の自称音楽家の男を逮捕

 関西テレビ 配信より

 関西空港に10億円に上る覚醒剤を密輸した疑いで、カナダ人の男が逮捕されました。

手荷物として関西空港に密輸された覚醒剤の量としては過去最多です。
袋に小分けにされた大量の覚醒剤。

手荷物として持ち込まれたスーツケースの中に隠されていました。

覚せい剤取締法違反の疑いで緊急逮捕されたのは、カナダ国籍の自称音楽家、ラフランス・トレバージョナサン・スチュワート容疑者(21)です。

ラフランス容疑者は10月11日、カナダのバンクーバー空港から関西空港に到着した際、手荷物での密輸としては過去最多となる覚醒剤約18キロ、末端価格で10億7000万円以上を密輸した疑いがもたれています。

カナダからの密輸が増加していて警戒を強めていた税関職員がラフランス容疑者に声をかけ事件が発覚しました。

 11/6(水) 19:18配信 関西テレビ

【関連記事】

最終更新:11/6(水) 19:18 関西テレビ 配信より

私のコメント :  令和元年11月7日、関西空港に10億円に上る覚醒剤を密輸した疑いで、カナダ人の男が逮捕されました。手荷物として関西空港に密輸された覚醒剤の量としては過去最多です。

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 土砂災害件数、04年以降最多... | トップ | 羽田の水道水から高濃度の塩... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

健康管理」カテゴリの最新記事