地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

知事への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

岩国・周南の男女5人感染確認

2020年11月28日 | 船舶燃料

岩国・周南の男女5人感染確認
11月27日 17時19分、NHK NEWS WEB 配信より

山口県は岩国市と周南市に住む20代から60代までの男女、合わせて5人が新型コロナウイルスに感染したことが確認されたと発表しました。

新型コロナウイルスの感染が新たに確認されたのは、岩国市に住む20代の会社員の男性、50代の会社員の女性、それに60代の会社員の男性と、周南市に住む40代の会社員の男女2人の合わせて5人です。

県によりますと、このうち岩国市の20代の男性と50代の女性は、感染者が相次いでいる岩国市麻里布地域の飲食店を利用した客やその周辺の人たちと接点があったということです。

また、周南市の40代の女性は、26日感染が発表された防府市の専門学校に通う学生の同居家族で、この専門学校のほかの学生や職員などの検査結果は、全員陰性だったということです。

5人はいずれも軽症もしくは無症状で、県内の医療機関に入院しているということです。

これで山口県内で感染が確認された人は、のべ372人になりました。

私のコメント : 令和2年11月27日、山口県 長門市に行き、コロナウィルス感染症対策のいっかんとして、立皇嗣宣明の儀に関する 祭りごとがあり、山口県 長門市内 神社に参拝し、長門市役所に行き、長門市長 江原達也様から 長経農農第484号 令和2年11月19日 決定延期通知書の対応があり 長門市 企画総務部 総務課行政係 安谷屋様と面談する。その後、山口県 長門健康福祉センターに行き、長門健康福祉センター 課長、主幹 当該の職員と面談を行った。


〇 るるぶ山口 萩 下関 門司港 津和野’21 (るるぶ情報版地域) ジェイティビィパブリッシング

〇 金子みすゞ童謡全集 金子みすゞ/JULA出版局

〇 浜圭介 金子みすゞ 歌曲集 佐渡 裕、佐藤しのぶ、佐野成宏、福井敬、波多野睦美、福島明也/avex CLASSICS

〇 童謡詩人金子みすゞの生涯 節夫, 矢崎/JULA出版局


令和2年11月15日、14日はこれまでに全国で1739人の感染が発表され、3日連続で過去最多を更新しました。11月12日には速報値で1日に2万5192件のPCR検査が行われました。大阪府は14日、新型コロナウイルスの感染者が新たに285人確認されたと発表した。1日当たりの感染者数としては13日の263人を超え、過去最多を更新した。200人を超えるのは5日連続。

令和2年11月13日、山口県 長門市 長門市役所に行く。新型コロナウイルスは脳にも感染し、「深刻な脳障害を起こす恐れがある」という報告が、相次いでいる。長企総行第277号 令和2年11月10日、公文書開示決定書の内容に沿って、長門市 総務課 行政係 安谷屋様と私は、山口県 長門市長 江原達也様から 長企総行第277号 令和2年11月10日、並び、公文書開示決定書、長教教総第410号 令和2年11月10日、公文書開示決定書における内容、山口県 総務部長からの各市町長様宛 令2人事第242号 令和2年10月13日、「立皇嗣宣明の儀当日における祝意奉表について」をもとにし、その面談をおこなった。

令和2年11月13日、記事における対応 等が、私のもとへ、あるため、よって、山口県 萩市 山口家庭裁判所 萩支部に行き、山口家庭裁判所 萩支部 裁判官の許可を得て、山口家庭裁判所 萩支部 書記官からは、令和2年(家イ)第30号親族間紛争調停事件 経過表の写し、並び、令和2年(家イ)第30号親族間紛争調停事件 相手方に対する「照会書」の写しについて、その写しの代金を私は、支払い、いただくことができた。

令和2年11月13日、記事における対応 等が、私のもとには、あるため、よって、山口県 萩市役所に行き、萩市長 藤道健二氏より、萩人第152号令和2年11月12日、私宛の「情報開示決定通知書」、及び、その内容における公文書を山口県 萩市役所 人事課 河村様から私は、いただいた。

令和2年11月13日、記事における対応 等が、現在、私のもとには、あるため、よって、山口県 萩市役所 萩情審第5号(令和2年10月23日)、萩市情報公開審査会における意見陳述については、その関係する書面を山口県 萩市 総務課 行政係に提出し、萩市情報公開審査会の場において、私からの、その意見陳述を申し述べさせていただき、萩市情報公開審査会 委員 皆様方 のもとゑ、私の立場に関する、理解、並び、その支援を求めた。

令和2年11月13日、記事における対応 等、現在、私のもとに、あるため、よって 島根県 津和野町教育委員会 世良清美教育長より、令和2年11月11日付、私宛の公文書開示決定通知書「令和2年文化財補助事業計画(予算書・計画書等)における対応があるため、島根県 津和野町役場まで行き、島根県津和野町 総務財政課 安村課長補佐と私は、面談した後、新たな、開示請求書を島根県 津和野町 宛へ 提出をした。

令和2年11月10日、山口県 萩市 総務課 行政係 藤崎 課長補佐と私は、山口県 長門市 総務課 行政係 藤嶋秀治 係長、並び、山口県 萩市 市民活動推進部 市民活動推進課 松浦直子主任のもとへ、山口県 周南市 総務部 法務コンプライアンス課 多嶋田彩子担当係長と私との面談後における 山口県 周南市 総務部 法務コンプライアンス課 多嶋田彩子担当係長 担当宛への書面をもとに面談を行い、その書面(写し)は、萩市 市民活動推進部 市民活動推進課 松浦直子主任から、萩市 総務課 行政係 山中係長のもとへ持っていかれ、私は、萩市 市民活動推進部 市民活動推進課 松浦直子主任との間にて、その面談する前には、山口県 萩市 総務課 行政係 山中係長と面談している内容も踏まえて、11月9日、その対談を行った。 令和2年11月9日、山口県 防府市 防府市議会事務局 廣中敬子次長と私は、対談を行った。

令和2年11月9日、山口県 山口市 文化財保護課 丸本主幹のもとへ 連絡を私は、入れたが、山口市 文化財保護課 丸本主幹が、不在のため、山口市 文化財保護課 他の職員と対談し、山口市 文化財保護課 丸本主幹のもとへの、その重要な伝言を託す。

令和2年11月8日、立皇嗣の礼 「立皇嗣宣明の儀」行われて、山口県知事 村岡嗣政氏、山口県 総務部 学事文書課 情報公開・文書班、山口県 観光スポーツ文化部 県史編さん室、山口県 観光スポーツ文化部 交通政策課 等からの一連における、現在へといたる、その対応を受けている内容にかかり、その説明文。

令和2年11月8日、秋篠宮さまの「立皇嗣の礼」が8日、皇居・宮殿で催された。

令和2年11月6日、山口県下 新型コロナウイルスの感染状況については、山口市 総務部 総務課 末田一志課長、兼 赤田神社宮司、山口県神社庁 神主と 私との面談内容、その後における 山口県 山口市教育総務課 金子愛子 主査 からの対応、並び、山口市教育委員会、山口市教育長 藤本孝治氏による、公文書開示後における、一連の対応、私のもとへ、あり、関係している重要 書面をもとに、11月6日、山口県 長門市 総務課 行政係 安谷屋様から、連絡を受けている行政内容も踏まえ、山口市役所にて、山口市議会事務局 庶務係 津島正和主幹、山口市広報広聴課 市民相談担当 田中巧副主幹と私は、面談をおこない、今迄の経過説明を行った。

令和2年11月6日、山口県 山口市「令和2年11月6日、山口市教育総務課、山口市学校教育課おける 立皇嗣宣明の儀式、当日における祝意報表 通知における対応の内容について」にかかり、山口市 職員と私は、下記の経緯を踏まえて、その対談を行った。

立皇嗣の礼、山口市議会事務局、山口市教育総務課、学校、国旗掲揚、祝賀奉祝、立皇嗣宣明の儀、「行平御剣伝進の儀」、後鳥羽上皇、即位礼正殿の儀、豊後国行平御太刀。壺切御剣伝進の儀

〇 後鳥羽院 (コレクション日本歌人選) 吉野 朋美/笠間書院

〇 新古今集 後鳥羽院と定家の時代 (角川選書) 田渕 句美子/KADOKAWA

〇 史伝 後鳥羽院〈新装版〉 徳衛, 目崎/吉川弘文館

〇 日蓮 大野 達之助/吉川弘文館

〇 素晴らしい国・日本―私の「ふるさと創生論」 竹下 登/講談社

〇 石橋湛山評論集 (岩波文庫 青 168-1) 石橋 湛山/岩波書店

〇 偉大な言論人―石橋湛山 (山日ライブラリ-) (山日ライブラリー) 浅川 保/山梨日日新聞社

〇 日独交流150年の軌跡 日独交流史編集委員会/雄松堂書店

〇 日蘭交渉史の研究 (思文閣史学叢書) 円, 金井/思文閣出版

令和2年11月5日、山口県 萩市において、「立皇嗣の礼」の対応があり、萩市役所 萩市 市民活動推進部市民活動推進課 松浦直子主任と私は、書面をもとに、面談する。萩市役所 萩市 総務課 行政係 山中係長と書面をもとに、面談する。萩市 観光政策部 文化財保護課 文化財保護係 阿字緒竣太氏と面談する。(七卿落ち 古来から祭祀との関係あり) 萩市 萩家庭裁判所 民事・家事調停委員と面談した。

その際、山口県 萩市 萩家庭裁判所 調停委員からの博識ある、助言も受けて、山口県 長門市に行く。山口県 長門市役所内において、山口県 長門市 企画総務部 総務課 行政係 藤嶋秀治係長と私は、長門市長、長門市教育委員会 教育長、長門市 市議会議長 宛への「立皇嗣の礼」にかかる、その公文書開示請求書をもとにして、その面談を行う。

山口県 長門市 企画総務部 総務課 行政係 藤嶋秀治係長のもとには、岸信介総理大臣、佐藤栄作総理大臣、竹下登総理大臣における 当時の宮中祭祀については、当家との関係にて、それがかかり、その祭祀内容については、竹島領土問題も含まれているため、簡略に その説明を入れ、前安倍晋三総理大臣が、当家に対応されている内容に関しては、今迄における 私のブログ配信している表記のとおりでもあり、その事柄に関しては、安倍晋太郎外務大臣が、大臣 就任 当時からの話題も提供し、長門市長、長門市教育委員会 教育長、長門市議会議長から 私のもとへ、その支援を受けたい旨の連絡を入れる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
知事 東京札幌への移動自粛要請
11月26日 17時52分、NHK NEWS WEB 配信より

島根県の丸山知事は、26日、新型コロナウイルスの対策本部会議を開き、それぞれの知事が不要不急の外出自粛を呼びかけている東京都と札幌市への移動については、必要性を十分に検討し、自粛するよう県民に求めました。

島根県は、26日午後、新型コロナウイルスの対策本部会議を開き、感染拡大が止まらないなか、東京都の小池知事が、25日、都民に対し不要不急の外出を控えるよう要請したほか、札幌市でも、感染リスクが回避できない場合に不要不急の外出を控えるよう呼びかけられていることなどが報告されました。

これを受けて、丸山知事は、東京都と札幌市のように、都道府県が不要不急の外出自粛を要請している地域への移動は、必要性を十分に検討し、自粛するよう県民に求めました。

ただ、仕事や就職活動などでの移動のほか、すでに予約済みでキャンセル料が発生する旅行については、自粛までは求めず、感染予防対策を徹底したうえで移動してほしいとしています。

会議のあと、丸山知事は、記者団に対し、「短く表現すると、不要不急の往来自粛を県民の皆様にお願いをしたい。北海道、東京の両知事がそういう要請をされていることが大きな判断要素なので、その要請がいつまで続くかで県民の皆さんにお願いする期間も決まってくる」と話していました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
来年1月の衆院解散・総選挙は見送り 通常国会召集は1月18日軸

11/27(金) 21:15配信 毎日新聞 配信より

国会議事堂=川田雅浩撮影

政府・与党は来年の通常国会について、1月18日に召集する検討に入った。感染が再拡大した新型コロナウイルス対策を盛り込んだ今年度第3次補正予算案を1月中に成立させる。新型コロナ対策を優先させるため、自民党内で取り沙汰される1月中の衆院解散・総選挙は見送り、解散時期は来年4月以降になる公算が大きい。

政府・与党幹部が明らかにした。3次補正は、感染再拡大や経済の冷え込みを受けて大規模な経済対策が必要として、20兆円超まで拡大する可能性がある。西村康稔経済再生担当相は27日の記者会見で、7~9月期の国内総生産(GDP)は日本経済の潜在力より年換算で34兆円程度少なかったとの分析結果を明らかにし、「このことを頭に置いて対応しなければいけない。政策を総動員して経済を着実に回復させる」と述べた。盛り込む施策が増えたことで、3次補正の閣議決定は12月中旬にずれ込む見通し。その後の準備などもあり1月上旬の召集は困難となり、18日かその前後に召集する。

また政府がコロナ対策に注力する中、全国で選挙活動を展開した場合の感染拡大リスクも懸念され、菅義偉首相の周辺は「首相は早期解散を念頭に置いていない」と語った。2021年は7月に東京オリンピックが開幕し、夏には東京都議選を控える。衆院議員の任期満了が21年10月に迫る中、首相は来年度当初予算案成立後の4月以降や、五輪・パラリンピック後など、限られた選択肢の中から解散時期を探ることになる。【野間口陽、竹地広憲、水脇友輔】


【関連記事】
<失敗を認めない?GoTo縮小に触れぬ首相>
<国会質疑で「虚偽答弁」139回 森友問題>
<赤旗はなぜ「桜」をスクープできたのか>
<日本は若者ほどトランプ支持…なぜ?>
<任命拒否の鍵 ある官邸官僚の正体>

最終更新:11/27(金) 21:15
毎日新聞
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
茂木外相、尖閣めぐる王毅氏発言に反論
11/27(金) 19:08配信 朝日新聞デジタル 配信より

共同記者発表に臨む茂木敏充外相(右)と中国の王毅国務委員兼外相=2020年11月24日午後、東京都港区の飯倉公館、代表撮影

 茂木敏充外相は27日の記者会見で、中国の王毅(ワンイー)国務委員兼外相が24日にあった日中外相会談後の共同記者発表の場で、尖閣諸島をめぐり一方的に展開した中国側の主張について「まったく受け入れることはできない」と反論した。

 王氏は共同記者発表で「一部の正体不明の日本漁船が頻繁に釣魚島(尖閣諸島の中国名)周辺の敏感な海域に入っている」などと主張した。王氏の発言をめぐっては、26日の自民党会合で批判が噴出。茂木氏に対しても「なぜすぐに反論しなかったのか」との声が上がっていた。こうした批判について茂木氏は会見で「共同記者発表は主催国、相手国という順番でそれぞれ一度ずつ発言を行うルールで行っているところだ」と語った。

 茂木氏は共同記者発表後に王氏に対し、「我が国の立場、考え方を改めて強調した」ことを明らかにした。尖閣周辺海域における中国公船の領海侵入や接続水域内の航行が過去最長となったこと、日本漁船への接近事例などを指摘。「こうした行動を取らないよう、(王氏に)強く申し入れを行った」と強調した。


コメント   この記事についてブログを書く
« 北海道と愛知も新方針 「休業... | トップ | 岩国クラスター1週間 コロ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

船舶燃料」カテゴリの最新記事