地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

〔東京株式〕続落=海外株安で心理悪化(24日)

2020年09月24日 | 株式相場
〔東京株式〕続落=海外株安で心理悪化(24日)

https://www.jiji.com/jc/market?g=stock、2020/09/24-15:21 配信より

 【第1部】米国株の大幅安やアジア株の下落により、投資家心理が悪化した。輸出株の一角に売りが膨らんだ。日経平均株価は前日比258円67銭安の2万3087円82銭、東証株価指数(TOPIX)は17.81ポイント安の1626.44と、いずれも続落。出来高12億4782万株。
 77%の銘柄が値下がりし、値上がりは19%だった。出来高は12億4782万株、売買代金は2兆2909億円。
 業種別株価指数(全33業種)では、鉄鋼、非鉄金属、鉱業の下落が目立った。上昇は精密機器の1業種だった。
 個別銘柄では、JFE、日本製鉄、住友鉱が大幅安。トヨタ、ホンダ、日立も値を下げた。任天堂、ソニー、富士フイルムは軟調。国際帝石もさえない。ソフトバンクGが続落。ソフトバンクも安い。チェンジが値を消した。半面、東エレク、NEC、HOYAが堅調。武田は強含み。NTT、NTTドコモ、CYBOZU、JR東日本がしっかり。

 【第2部】軟調。ファーマフーズ、ウインテストが下押し、東芝も甘い。一方、アートスパークが上伸した。出来高1億5180万株。
 ▽一時300円超安
 24日の東京株式市場は軟調な展開だった。前日に米国株が急落した流れを引き継ぎ、取引開始から売りが先行。押し目買いが入り日経平均株価が下げ渋る場面もあったが、後場は再び軟化し、下落幅は一時300円を超えた。
 欧州で新型コロナウイルス感染の再拡大が懸念されているほか、米国では追加経済対策をめぐる与野党協議が難航しており、景気の先行きに警戒感が高まった。鉄鋼、自動車など景気に左右される業種の下落が目立った。「グローバル企業にピンポイントで海外勢の売りが出た」(大手証券)という。
 配当・優待の権利確定が間近に迫った銘柄では底堅さもみられたが、市場関係者からは「季節的な需給要因に支えられており、権利落ち後の相場に注意が必要」(銀行系証券)と警戒する見方も出ていた。
 225先物12月きりは後場にかけて一段安。朝方は大阪夜間取引終値を下回る水準で寄り付きマイナス圏で推移したが、後場に入ると売り圧力が強まった。225オプション10月きりは、プットが上昇し、コールは軟調だった。(2020/09/24-15:21)

私のコメント : 令和2年9月24日、山口県 山口市 教育総務課 金子愛子主査より、私のもとへ、連絡が入り、その対応を行う。

令和2年9月24日、山口県 山口市 山口県庁に行き、山口県 観光スポーツ文化部 国際課 尾上真弓 副課長と、私が対応している外交 内容を書面 説明文にして、手渡し、その内容に沿い、面談した。

令和2年9月24日、自民党内から早期の衆院解散・総選挙を期待する声が出ている。菅義偉首相には、自民党選対副委員長だった2008年、就任直後の解散に傾いた当時の麻生太郎首相を押しとどめ、任期切れ間際の衆院選で政権を失った苦い経験がある。このため、新型コロナの感染状況などをにらみつつ、解散時期を慎重に判断する構えだ。年内解散を見送った場合、来年1月召集の通常国会冒頭か、来年度予算成立後の同4月が、次のタイミングとなる。それ以降は、来夏の東京都議選と東京五輪が終わるまで解散は打ちづらく、事実上の任期満了選挙を強いられることになる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
https://www.jmd.co.jp/article.php?no=100505、日本海事新聞  電子版 配信より
2007年07月05日 デイリー版1面 
国交省幹部/海事局長に春成氏。事務次官に峰久氏
 
国土交通省は4日、10日付で発令する幹部人事を発表した。辞職する安富正文事務次官の後任に峰久幸義国土交通審議官が就任する。峰久氏の後任となる国土交通審議官には竹歳誠大臣官房長を充てる。山本繁太郎国土交通審議官は内閣官房に出向し、後任に柴田耕介大臣官房総合観光政策審議官が就く。竹歳氏の後任となる大臣官房長には宿利正史総合政策局長、後任の総合政策局長には榊正剛住宅局長、自動車交通局長には本田勝…
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
平成28年6月6日、日本外務省 いわゆる密約書 不在の問題 山口県立高等学校 在職中に、私は、それに関与、関係もさせられ、私は、私と 当時 元内閣官房 地域活性化統合事務局長 山本繁太郎氏との間における 対話、また、その後、山口県庁 前山口県知事 山本繁太郎様 のもとへも、その内容、相談に行ったという経緯もあり、今までに至る、その事実経緯の確認をする必要性、増してきているため、私は、山口県柳井市役所 総務部 総務課 松永様のもとへ、柳井市長 及び、その秘書、防災、人事・給与、条例・規則、情報公開制度、個人情報保護制度 等 に関係する内容もあるため、連絡を入れた。

平成28年5月24日、当時 竹下登代議士による講演を私は、拝聴し、また、私と元内閣官房 地域活性化統合事務局長 山本繁太郎氏との間における 対話、及び、今までの島根県との各対応も踏まえて、私は、島根県 吉賀町教育委員会 教育長 青木一富様からの私への電話に関しては、応対もして、吉賀町教育委員会 教育長 青木一富様が、私に主張されている法的根拠 その条例 等とその由来についても、尋ねた後、その内容に関しては、大変重要な案件も含まれているために、山口県庁 各担当課 職員へ、平成28年2月12日付 島根県総務部総務課 竹島資料室 太田様からの私への連絡文、及び、平成28年2月1日付 島根県 日本赤十字社 島根県支部 事業推進課長 天野仁美様からの私への連絡文 及び、その「 いとすぎ しまね 第22号 」も添え、手渡しそれを複写もしてもらい、私からの説明を入れておく。

令和2年9月24日、欧州航空機メーカー大手のエアバスは9月21日、水素燃料を主要な動力源として飛行する旅客機を2035年までに実用化するとの計画を発表した。

二酸化炭素(CO2)の排出をめぐっては航空業界や航空機メーカーに対する圧力が強まっている。一部政府は新型コロナウイルスに関連した救済策と気候変動に対処する目標とを結びつけている。

新型コロナウイルスの感染拡大によって航空業界はこれまでにない落ち込みを見せている。また、このことが再生可能エネルギーへの移行を加速させるとの見方も出ている。

令和2年9月23日、山口県 山口市 山口県庁 9月定例山口県議会は、代表質問が行われ季節性インフルエンザの流行期に備えた新型コロナウイルスへの山口県の対応などについて質問が相次いだ。

令和2年9月23日、山口県 萩市にある 山口県萩環境保健所 生活環境課 環境薬事班 林宏美主査と対談した後、山口県 長門市にある山口県長門健康福祉センター 保健福祉・総務室 山根真裕美主幹と私は、対談する。そのあとに、山口県 山口市 山口県庁に行き、私が、作成した書面をもとに、山口県 健康福祉部 厚政課 総務管理班 大野薫主査、並び、山口県 健康福祉部 薬務課 麻薬毒劇物班 久保田泰章主任と面談を行った。

令和2年9月23日、山口県 観光スポーツ文化部 国際課 尾上真弓 副課長と私は、以下の対応より、その対談を行った。

令和2年9月23日、東京都 千代田区 永田町 衆議院会館 茂木敏充代議士 事務所 職員と「外務省 いわゆる密約書 不在の問題」へ かかる、その書面の内容に沿い、対談した内容も受け、令和2年9月22日、衆議院の解散時期をめぐり、自民党内で、当面、解散せず、新型コロナウイルス対策に専念すべきだという意見が広がる一方、各種の世論調査で内閣支持率が上がったことなどを踏まえ、早期解散を求める声も根強くあり 東京都 千代田区 永田町 衆議院会館 茂木敏充代議士 事務所 職員と私は、以下の経緯もあり、よって、その対談を行った。

令和2年9月22日、菅総理大臣は、ドイツのメルケル首相と電話で会談し、新型コロナウイルス対策をはじめとした国際社会の課題に対応するため、引き続き、緊密に連携していくことを確認しました。電話会談は、菅総理大臣の就任を受けて、日本側の申し出で、午後5時前からおよそ20分間行われました。この中で、メルケル首相のこれまでの日本への協力に感謝を伝えたうえで、「日本とドイツの関係を一層強固なものにしていきたい」と述べました。メルケル首相は、「菅総理大臣とともに、両国の関係の発展のために協力することを楽しみにしている」と応じました。両首脳は、新型コロナウイルス対策をはじめとした国際社会の課題への対応や、自由で開かれたインド太平洋の実現に向けて、連携していくことを確認しました。

このあと菅総理大臣は、EU ミシェル大統領とも電話で会談し、日本とEUのEPA=経済連携協定により、双方の関係がこれまでになく強化されたと指摘し、自由貿易や気候変動、デジタルの変革など、幅広い分野での協力に向け、議論を深めていくことで一致しました。

令和2年9月22日、米ニューヨーク株式市場で、今月初めまで過去最高値圏で動いていた株価が一転、下落傾向にある。主要企業でつくるダウ工業株平均は、この3週間で約2千ドルも下落。米経済の先行きをめぐり不安要素が積み重なっている。外国為替市場でも、投資家がリスク回避姿勢を強め、ドルを売って安全資産とされる円を買う動きが広がった。円相場は一時、1ドル=104円近くまで円高ドル安が進んだ。

令和2年9月22日、週明け21日午前のニューヨーク株式相場は、英国での新型コロナウイルス感染急拡大などを受けて投資家心理が悪化し、大幅続落している。ジョンソン英首相は18日、欧州各地のコロナウイルス感染が再拡大していることについて「第2波がやって来つつあることに何の疑問もない」と警告し、世界的な新型コロナウイルス感染再拡大による経済的影響に懸念が広がった。米国では、追加の新型コロナ経済対策をめぐる与野党の攻防が激化し、妥結が大統領選挙後にずれ込むとの見方も強まっている。

〇1985年の無条件降伏 プラザ合意とバブル (光文社新書) 岡本勉/光文社

〇日本郵政 解き放たれた「巨人」 町田 徹 /日本経済新聞社

〇永田町知謀戦2 竹下・金丸と二階俊博 大下 英治 /さくら舎

〇経済学とファイナンス 敬一, 大村,和人, 池尾,美矢子, 須田,和美, 浅子/東洋経済新報社

〇労働経済学 (プログレッシブ経済学シリーズ) 樋口 美雄/東洋経済新報社

〇雇用と失業の経済学 樋口 美雄/日本経済新聞出版

〇計量経済学のすすめ (1970年) (エコノミスト・シリーズ) 西川 俊作/毎日新聞社

〇労働市場 (1980年) (日経文庫 経済学入門シリーズ) 西川 俊作/日本経済新聞社

〇数量経済史の原点―近代移行期の長州経済 (慶應義塾大学産業研究所選書) 西川 俊作/慶應義塾大学出版会

〇テレコム産業の競争と混沌 米国通信政策、迷走の10年 Robet W. Crandall,情報通信総合研究所,神野 新,佐々木 勉/NTT出版

〇転換期の雇用・能力開発支援の経済政策―非正規雇用からプロフェッショナルまで 美雄, 樋口,財務省財務総合政策研究所,財務総合政策研究所=/日本評論社

〇次に来る経済危機―ネオ・エコノミック・ボーダー 茂木 敏充/日本実業出版社

〇石橋湛山評論集 (岩波文庫 青 168-1)  石橋 湛山/岩波書店

〇湛山回想 (岩波文庫 青 168-2)  石橋 湛山/岩波書店

〇リベラリストの警鐘 (石橋湛山著作集―経済論)  石橋 湛山,幸男, 長/東洋経済新報社

〇大日本主義との闘争 (石橋湛山著作集―政治・外交論)  武彦, 鴨/東洋経済新報社

〇街道をゆく 1 湖西のみち、甲州街道、長州路 ほか  司馬遼太郎/朝日新聞出版

〇オランダ紀行 (街道をゆく)  司馬 遼太郎/朝日新聞社

〇司馬遼太郎全集 第68巻 評論随筆集(全巻完結)  司馬 遼太郎/文藝春秋

〇佐藤栄作日記 全6巻セット  佐藤 榮作,伊藤 隆 監修/朝日新聞社

〇高松宮日記(全8巻)  高松宮宣仁親王/中央公論新社

〇海軍乙事件を追う――日本の運命を決めた十二日間  後藤 基治/毎日ワンズ

令和2年9月21日、日本時間の21日夕方、週明けの取り引きが始まったヨーロッパの株式市場では、新型ウイルスの感染再拡大への警戒感から株価が大幅に値下がりしています。また、外国為替市場では、株安などを背景にリスクを避けようという動きから、ドルを売って比較的安全とされる円を買う動きが強まり、円相場は1ドル=104円ちょうどまで値上がりしました。

令和2年9月21日、衛藤征士郎元衆院副議長(79)ら自民党の70歳代議員有志は、自民党が内規で定める衆院比例代表候補の「73歳定年制」を見直すよう二階俊博幹事長(81)らに申し入れている。衆院比例代表候補 奈良県 奥野信亮元副総務相についても、私は、永年、その支持を申し上げている。

令和2年9月23日、東京都 千代田区 衆議院会館 奥野信亮代議士 事務所 水野元晴政策秘書と私は、対談を行った。

令和2年9月23日、山口県 萩市 山口県萩健康福祉センター 柳井誠次長と対談を行った後、山口県萩環境保健所 生活環境課 環境薬事班 林宏美主査から、私のもとへ、連絡が入り、山口県萩環境保健所 生活環境課 環境薬事班 林宏美主査と私は、その対談を行った。

令和2年9月23日、東京都 千代田区 永田町 衆議院会館 茂木敏充代議士 事務所 職員と私は、対談を行った。



コメント   この記事についてブログを書く
« 【速報】浜田市で50代男性... | トップ | ニューヨーク外国為替市場概... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

株式相場」カテゴリの最新記事