地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

知事への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

アストラゼネカワクチン、EUで迅速承認の見通し=独保健当局

2021年01月21日 | 医療活動

アストラゼネカワクチン、EUで迅速承認の見通し=独保健当局

By Reuters Staff 2020年12月31日1:46 午前UPDATED 22日前 ロイター 配信より

ドイツ保健当局者は30日、英アストラゼネカとオックスフォード大学が共同開発した新型コロナワクチンについて、欧州連合(EU)が迅速に承認するとの見通しを示した。

写真はイメージ。11月撮影(2020年 ロイター/DADO RUVIC)

[ベルリン 30日 ロイター] - ドイツ保健当局者は30日、英アストラゼネカとオックスフォード大学が共同開発した新型コロナワクチンについて、欧州連合(EU)が迅速に承認するとの見通しを示した。

英政府はこの日、世界で初めてアストラゼネカ製のコロナワクチンを承認した。

独医薬品規制当局パウル・エールリヒ研究所のシチュテク所長は、欧州医薬品庁(EMA)が同日午前時点で、アストラゼネカから承認申請を受理していないとしつつも、申請が行われれば「迅速に決定が下される可能性がある」と述べた。

シュパーン保健相も「新型コロナのパンデミック(世界的大流行)から脱するにはワクチンが鍵を握る」と強調し、EMAにアストラゼネカ製ワクチンの「綿密かつ迅速な精査」を促した。

EUでは米ファイザーと独ビオンテックが共同開発したコロナワクチンの接種が始まり、ドイツではすでに7万8000回分の接種が行われた。しかしワクチン不足の問題が出ているほか、コロナ感染症による1日当たりの死者も過去最多の1129人に達しており、1月初旬に承認が見込まれる米モデルナのワクチンと合わせ、アストラゼネカのワクチン承認への期待が高まっている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・

コロナワクチン、女性が重いアレルギー反応…接種10分後に発疹や息切れ

 
【ワシントン=船越翔】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)など複数の米メディアは16日、米製薬大手ファイザーと独製薬企業ビオンテックが開発した新型コロナウイルスワクチンについて、接種を受けたアラスカ州の医療従事者の女性が重いアレルギー反応を示し、入院していたと報じた。女性の容体は現在、安定しているという。
 
報道によると、女性は15日に接種を受けた。投与から約10分後に「アナフィラキシー反応」と呼ばれる重いアレルギー反応が始まり、発疹や息切れなどの症状が出た。女性は入院し、集中治療室(ICU)で治療を受けて回復した。過去に薬物でアレルギー反応を起こしたことはなかったという。

ファイザーは約4万4000人が参加したワクチンの最終段階の臨床試験で、被験者にだるさや頭痛などが報告されたが、深刻な副作用はみられなかったとしている。米国に先駆けて今月8日にワクチン接種が始まった英国では、深刻なアレルギー反応の経験がある2人が接種後にアレルギー反応を示したと報じられた。

武田薬品対大正製薬 (1981年)
松江 満之/評言社

治験薬学(改訂第2版): 治験のプロセスとスタッフの役割と責任
亀井 淳三,鈴木 彰人/南江堂

医師主導治験 STARTBOOK
友紀, 須崎,芳江, 川村,英二, 内田/南山堂

医薬品開発入門 第3版
大室 弘美,児玉 庸夫,成川 衛,古澤 康秀/じほう

計量経済学のすすめ (1970年) (エコノミスト・シリーズ)
西川 俊作/毎日新聞社

労働市場 (1980年) (日経文庫 経済学入門シリーズ)
西川 俊作/日本経済新聞社

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 武田薬、国内でモデルナのコ... | トップ | 〔米株式〕NYダウ、ナスダッ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

医療活動」カテゴリの最新記事