地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

<新型肺炎>膨らむ経済被害…輸出・内需ともに影響=韓国

2020年02月09日 | マーケティング

<新型肺炎>膨らむ経済被害…輸出・内需ともに影響=韓国

ⓒ韓国経済新聞/中央日報 日本語版 2020.02.08 13:07 配信より

新型コロナウイルス感染症が広がり、経済的な被害が拡大している。中国の景気沈滞で韓国の消費と輸出への影響が避けられない。韓国政府は被害を防ぐための対策を出した。新型コロナ事態が長期化する場合、中国を中心とする世界のサプライチェーンが崩壊し、被害が雪だるま式に増えるという懸念も出ている。

洪楠基(ホン・ナムギ)副首相兼企画財政部長官は7日、政府ソウル庁舎で経済長官会議を開き、「今回の事態で被害が懸念される中小・中堅企業と自営業者に2兆ウォン(約1840億円)規模の政策金融を追加で供給し、直接・間接的な被害が予想される観光業種などに対する支援案も迅速に用意する」と明らかにした。また支障が生じている自動車部品の需給に関し「中国地方政府と現地工場の早期再稼働のための協議を強化する一方、輸入時には24時間緊急通関を支援する」と述べた。雇用労働部は国内の生産拡大のために企業が週52時間以上の特別延長勤務を申請する場合、迅速に許可する方針だ。

しかし財界はこの程度では十分でないという立場だ。新型コロナ事態は2003年の重症急性呼吸器症候群(SARS)や2015年の中東呼吸器症候群(MERS)当時より大きな問題を起こす可能性があるということだ。朴容晩(パク・ヨンマン)大韓商工会議所会長はこの日、ソウル中区の大韓商工会議所で洪副首相と金尚祖(キム・サンジョ)青瓦台(チョンワデ、大統領府)政策室長が開いた懇談会で、「SARSは主に輸出に、MERSは内需に被害が集中した半面、今回は輸出と内需に複合打撃を与えるだろう」とし、政府の先制的かつ強力な対応策を建議した。

SARSは中国を中心に約8400人が感染し、うち9.5%の約800人の死者を出した。中国の消費と生産が減少し、中国の旅行客が60%、アジア航空乗客が40%減り、中国の国内総生産(GDP)が1%ポイント、アジア地域は0.6-0.8%ポイント減少したと推定される。しかし新型コロナは7日現在、世界で感染者が3万1000人、死者は630人を超えた。致死率は2%程度と低い方だが、感染拡大ペースは速い。さらに中国の経済規模も比較できないほど拡大している。中国GDPが世界経済に占める比率は2003年の4.5%から昨年は16.5%に、中国人旅行者数は2000万人から1億5000万人に増えた。

豪州国立大のマキビン教授は「今回の新型コロナによる世界経済の損失は1600億ドルと、SARS当時(400億ドル)の4倍にのぼる」と推定した。ブルームバーグは今年1-3月期の中国のGDP成長率は4.5%にとどまり、四半期別の集計が始まった1992年以降で最低値になると予想した。これを受け、香港、韓国、日本の順に成長率が低下し、ドイツ、米国、英国も打撃を受けるということだ。英オックスフォード・エコノミクスは「今年は新型コロナのため世界経済成長率の下落幅がSARS当時(0.15%ポイント)を超えて0.25%ポイントに達するかもしれない」という見方を示した。

SARS当時は3カ月で事態が落ちつき、下半期には中国の成長率が10%を超えた。短期の衝撃で終わったのだ。しかし現在は中国の成長率が低下し、負債が増えている状況だ。新型コロナ事態が落ち着いても反騰は容易でないという予想も出ている。事態が長期化して中国を中心とするサプライチェーンが崩れる場合、世界経済にも負担となる。新型コロナの震源地の湖北省は水陸で重慶・上海・広州・北京を東西南北に結ぶ交通の要地だ。中心都市の武漢にはルノー・ホンダ・GMなど世界的な自動車企業の工場がある。

湖北省の南側と東側の広東・浙江・江蘇省は電子・通信など先端産業の中心地だ。武漢から東に700キロ離れた蘇州工業園区は1994年に中国政府がシンガポールと共同で開発した経済特区で、サムスン電子、サムスンディスプレイ、アップルのiPhoneなどを生産する台湾フォックスコンなどの工場がある。近隣の無錫にはSKハイニックス、塩城には起亜車工場がある。1、2時間の距離に携帯電話やコンピューターを生産できる部品工場が集まっているところだ。広東省にはLGディスプレイ(広州)、ファーウェイ(華為技術)などがある。

現在、中国で感染者は一日に3000-4000人ずつ増えている一方、完治者は200-300人にすぎない。完治者が感染者を超えてこそ勢いが弱まったと見ることができる。中国精華大研究チームは16日が、米エール大研究チームは21日が転換点になると予想した。一方、香港大研究チームは「武漢だけでも7万人以上の感染者がいるため、3月末から4月初めが転換点になる」と予想した。

感染者は主に湖北省に集中している。中国政府は先月30日までだった春節(旧正月)連休を9日まで延長した。このため故郷から戻った職員が広東・浙江・江蘇省の工場に復帰する10日から3、4日間ほどが経済への打撃が予想される時期とみている。工場稼働の再開後、追加の感染者が少なければ生産への支障は最小限にとどまる可能性がある。先月23日に武漢を封鎖した後、湖北省の外で確認された感染者は多くない。経済に対する打撃は大きくないという期待のためか、KOSPI(韓国総合株価指数)と為替レートは先月末の水準を回復した。

問題は事態が長期化する場合だ。韓国は昨年基準で素材・部品輸入の30%に相当する520億ドル分を中国から輸入している。南京・青島・天津などに工場があるLGエレクトロニクスの関係者は「来週、中国南東地域に追加の感染者が急増する場合、中国企業からの部品調達や製品の国内外販売に支障が生じるしかない」と懸念を表した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2019/06/19 05:00

日経 xTECH配信より

ニュース解説  [独自記事] HondaJetの夢よ再び、ホンダが航空機の電動化に本腰

根津 禎=シリコンバレー支局

温室効果ガスの削減や燃費向上、騒音の低減などの利点から、推進系を従来の内燃機関からモーターに置き換える電動化の波が航空機業界に押し寄せている。そんな中、HondaJet(ホンダジェット)を生んだホンダが、航空機の電動化に本腰を入れ始めた注1)。HondaJetの初期の研究開発から携わった、航空分野に明るいエンジニアなどを招集し、「空飛ぶクルマ」と呼ばれるような電動の垂直離着陸(eVTOL)機や、航空機の電動推進系の開発に乗り出したのである。日経 xTECHの取材で明らかになった。

注1)HondaJetの開発・製造・販売は米Honda Aircraftである。

ホンダが強みとするのが、航空機に加えて、自動車、特にハイブリッド車(HEV)などの電動車両の開発・製造の実績を有することである。航空機であれば、HondaJetで培った航空機の設計・開発・量産・認証(型式証明)の取得に関するノウハウや、米General Electricとの合弁企業である米GE Honda Aero Enginesが開発したターボファンエンジンの技術などを持つ(関連記事)。

写真は、2018年7月の「EAA AirVenture Oshkosh」で展示された「HondaJet Elite」(撮影:日経 xTECH)

[画像のクリックで拡大表示]

電動車両であれば、その駆動部であるモーターやモーターを制御するインバーターといった、航空機の電動推進系にも不可欠なパワーエレクトロニクス技術を有する。ホンダはこれらを組み合わせて、eVTOL機の実現を狙う。

この先は有料会員の登録が必要です。
有料会員(月額プラン)は


私のコメント : 令和2年2月9日、新型コロナウイルス感染症が広がり、経済的な被害が拡大している。韓国政府は、その対策を出している。今後、更に、長期化した場合は、世界経済にも負担となっていく。新型コロナの震源地の湖北省は水陸で重慶・上海・広州・北京を東西南北に結ぶ交通の要地。武漢にはルノー・シトロエン・プジョー・ホンダ・GM など 世界的な 自動車関係の工場もある。

令和2年2月8日、秋田県の2020年度一般会計当初予算案が発表された。総額は前年度比で53億円増の5794億円。15年度以来、5年ぶりに前年度を上回ったが、平成以降の32年間では5番目に低い。注目されるのは、秋田大と秋田県立大による航空機の燃料供給システム電動化の研究だ。秋田県は国と共に4億円超を支援する。秋田県 横手市の自動車部品メーカーが開発した新型コイルを生かし、高効率のモーターの製品化を図る。秋田県の製造業が航空機産業に本格的に参入する道を開く事業であり、しっかり後押ししたい。秋田県知事選挙も、今後の見通しとしてあり、秋田県 佐竹敬久知事から、各分野における、ご活躍についても、期待している。

令和2年2月8日、秋田県と大学、大手機械メーカーなどが共同で、航空機の電動化につながるモーターの開発や地域産業の強化を目指す計画が動き出すめどが立ち、7日、関係者が会見で意気込みを話しました。秋田県庁で会見したのは、佐竹秋田県知事と、秋田大学と秋田県立大学の学長、それに大手機械メーカー、IHIの関係者などです。

 

 

 

 

 

 

 

 

テレホンカード テレカ 日産 Cima シーマ 自動車 50度数

NTT出版

undefined

 

「コマ」から「フィルム」へ マンガとマンガ映画

秋田 孝宏/NTT出版

undefined

 

まっぷる 秋田 角館・乳頭温泉郷'21 (マップルマガジン 東北 6)

昭文社 旅行ガイドブック 編集部(編集)/昭文社

undefined

 

秋田県の観光スポット Guide ひとくち観光ガイド

本間孝志/null

undefined

労働市場 (1980年) (日経文庫 経済学入門シリーズ)

西川 俊作/日本経済新聞社

 

保育所保育指針解説書―2008年3月発表

ひかりのくに

 

戦後日本の宰相たち (中公文庫)

渡辺 昭夫/中央公論新社

undefined

 

石橋湛山評論集 (岩波文庫 青 168-1)

石橋 湛山/岩波書店

undefined

 

歴史劇画 大宰相 第三巻 岸信介の強腕 (講談社文庫)

さいとう・たかを,戸川 猪佐武/講談社

undefined

 





ニッポンの航空機産業―週刊東洋経済eビジネス新書No.151

週刊東洋経済編集部,渡辺 清治,宇都宮 徹,山本 直樹,池田 梢,鈴木 智,中野 法子,筒井 幹雄,小林 由依/東洋経済新報社

undefined

IHIの就活ハンドブック〈2020年度〉 (会社別就活ハンドブックシリーズ)

就職活動研究会(編集)/協同出版

undefined

IHIに今も息づくシントーイズム ―日本の「モノづくり」を元気にするために

原田 武重/文芸社

undefined

日産vs.ゴーン 支配と暗闘の20年 (文春新書)

井上 久男/文藝春秋

undefined

鮎川義介《日産コンツェルンを作った男》

堀 雅昭/弦書房

undefined

日産コンツェルン経営史研究

宇田川 勝/文眞堂

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「岩波文庫 34-102-1 ケネー 経済表 戸田正雄・増井健一 訳」( における、私からの、その解説について・・・)

TABLEAUX ECONOMIQUES  Franqois Quesnay

はしがき

本書は、フランソア・ケネー(F.Quesnay)の「経済表」(Tableau Economique)の初期と後期の作を訳載したものである。

すなわち、初期の作として
(一)経済表 第一版の図式の部分、
(二)第二版の全部(図式と「経済表の説明」Explication du Tableau Economiqueと「シュリ―氏王国経済の抜粋」)、最終の作として 
(三)「経済表の分析」と「重要考察」、および「農業国の経済的統治の一般原則」を包含している。

以上のケネー述作をもって、その経済学説の心髄をつくすものということができよう。

これらを訳出するに当たって土台とした本は、次のとおりである。

(一)については、オンケン著「経済学史」(A.Oncken,Geschichte der Nationa lokonomie, 1902.) の中に挿入されてある写真版。

(二)については、「イギリス経済学協会」刊の写真版。

(三)については、オンケン著「ケネー経済・哲学著作集」。

本訳書はもと昭和八年十一月、岩波文庫の一つとして「増井幸雄・戸田正雄訳、ケネー経済表」と題し刊行された。爾来版を重ねついに紙型が摩滅し、今回新たに組直す必要を生じたのを機会に、文章に改修を施すこととなった。

(中略)

今ここに感慨切なるものがある。故増井幸雄博士を偲ぶと共に、同人と戸田を結ぶ動機となった竹内謙二博士、当初の出版を仲介せられた小泉信三博士に改めて感謝を致し、改版に当たり岩波書店の山鹿、中野、永見の三氏の労を得たことを感謝する次第である。

昭和三十六年五月    訳者 」からの引用です。

フランソア・ケネー(F.Quesnay)の「経済表」(Tableau Economique) 解説に関して、慶応義塾大学 小泉信三博士、増井健一博士から教授、講義も私は、いただき、村田昭治博士からの面授直説を頂戴しているという立場がある。下記の関係書籍も、併せて、内外における学術関係者からは、それを熟読されたいと願う。

令和2年2月7日、山口県庁にて、山口県 観光スポーツ文化部 交通政策課 地域交通班 久保幸代主幹 班長と私は、面談した際に、山口県 観光スポーツ文化部 交通政策課 伊藤香織利 副課長とも、その面談をおこない。過去の、山口県 観光スポーツ文化部 交通政策課宛てに、その審査請求を私が、提出している件にては、その後 その展開があり、その内容に関係している山陰道整備に関する、島根県から山口県を結ぶ山陰道については、国土交通省からは、ことし4月、萩市に新たに事務所を設置し、山口県内での整備を進めていくことともなったために、その内容を踏まえて、山口県 観光スポーツ文化部 交通政策課に対する、そのさらなる確認の案件に関して、私は、山口県 観光スポーツ文化部 交通政策課 伊藤香織利 副課長のもとへ、そのお尋ねも入れた。
 
令和2年2月6日、山口県 観光スポーツ文化部 交通政策課 地域交通班 久保幸代主幹 班長と私は、対談し、山口県 観光スポーツ文化部 交通政策課 伊藤香織利 副課長とも、個別に、その対談をおこなった。

令和2年2月4日、山口県 観光スポーツ文化部 交通政策課 伊藤香織利 副課長と私は、対談した。

令和2年2月4日、山口県 山口市 山口県庁において、山口県土木建築部 監理課 用地補償班 向野孝之 班長様と対談した。

令和2年2月3日、山口県庁において、山口県 観光スポーツ文化部 交通政策課 地域交通班 久保幸代主幹 班長のもとへ、私から、その公文書開示請求書を提出した際に、私は、山口県 観光スポーツ文化部 交通政策課 地域交通班 久保幸代主幹 班長と懇談し、慶応義塾大学 商学部にて、私の恩師 西川俊作教授が、交通経済学においても、精通されていたが、しかし、慶応義塾大学 商学部 中条潮 助手 (当時) と 当該 交通経済論については、その論が、異なり、慶応義塾大学 商学部 中条潮 助手(当時) より、私が、その英書購読の講義を受ける際に、私が、大変、苦労をしていた学事内容について、恩師 西川俊作教授からの、その交通経済学の論については、奈良県 奈良交通における観光バス 運行状況、及び、島根県 石見交通における観光バス 運行状況、その山口県下、各 運行状況も、それを例にし、今回、私から、山口県 観光スポーツ文化部 交通政策課へ、その公文書開示請求書を提出した理由に関しての説明も入れた。


ケネー全集 (第1巻)

ケネー/有斐閣

undefined


経済思想の歴史―ケネーからシュンペーターまで―

小沼 宗一/創成社

undefined


はじめよう 地域産業連関分析 改訂版 事例分析編

土居 英二,浅利 一郎,中野 親徳/日本評論社

undefined


はじめよう 地域産業連関分析(改訂版) [基礎編] Excelで初歩から実践まで

土居 英二,浅利 一郎,中野 親德/日本評論社

undefined


日中国際産業連関表〈平成19年〉

経済産業省大臣官房調査統計グループ(編集)/経済産業調査会

undefined


福沢諭吉著作集〈第8巻〉時事小言・通俗外交論

福沢 諭吉/慶應義塾大学出版会

undefined


・慶應義塾大学(商学部) (2020年版大学入試シリーズ)  教学社編集部(編集)/教学社

・過去単シリーズ 慶応義塾大学 医学部 編 2020年版: 過去問英単語 徹底分析 大学入試過去問英単語 (大学入試過去問情報書籍)  イノベーションリサーチ株式会社

・新臨床研修歯科医ハンドブック 平成30年度診療報酬改定対応版  廣藤 卓雄(監修),粟野 秀慈(監修),米田 雅裕(編集),松浦 尚志(編集),馬場 篤子(編集),西野 宇信(編集),國領 真也(編集),村岡 宏祐(編集)/医歯薬出版

・歯科ノミクスが日本を救う (One Person~一人の歯科医師~)  上田裕康/中部経済新聞社

・自民党 迂回献金の闇 日歯連事件の真相  東京新聞取材班/角川学芸出版

・政治わが道―藤山愛一郎回想録 (1976年)  藤山 愛一郎/朝日新聞社

・小泉信三選集〈第5巻〉ヨーロッパ・アメリカ (1957年) 小泉 信三/文藝春秋新社

・小泉信三―天皇の師として、自由主義者として (中公新書) 小川原 正道/中央公論新社

・航空輸送 (現代交通経済学叢書) 増井 健一,山内 弘隆/晃洋書房

・政治わが道―藤山愛一郎回想録 (1976年) 藤山 愛一郎/朝日新聞社

・村田昭治マーケティング研究への旅―輝くマーケティングのサクセス・ロードを求めて 村田 昭治/国元書房

・福沢諭吉の横顔 (Keio UP選書) 西川 俊作/慶應義塾大学出版

・労働市場 (1980年) (日経文庫 経済学入門シリーズ) 西川 俊作/日本経済新聞社

・保育所保育指針解説書―2008年3月発表 ひかりのくに

・計量経済学のすすめ (1970年) (エコノミスト・シリーズ) 西川 俊作/毎日新聞社

・諸国民の経済成長―総生産高および生産構造 (1977年) サイモン・クズネッツ/ダイヤモンド社

・戦後の経済成長 (1966年) サイモン・クズネッツ/岩波書店

・Analyse de la formule arithmétique (French Edition) Quesnay/null

・ケネー経済表 原表第3版所収版 ケネー/岩波書店

・経済表 (1961年) (岩波文庫) ケネー/岩波書店

・マルクスを巡る知と行為―ケネーから毛沢東まで 寺出 道雄/日本経済評論社

・田中角栄と毛沢東―日中外交暗闘の30年 青木 直人/講談社

・「経済表」以前の諸論稿―「自由論」「明証論」「借地農論」「穀物論」「人間論」「租税論」 (1950年) (古典経済学叢書) フランソア・ケネー/春秋社

・フランス経済理論の発展―ボワキュベール,ケネー,セーの国民所得論 (1962年) J.モリニエ/未来社

・経済科学の創造―『経済表』とフランス革命 (1965年)  平田 清明/岩波書店

・リベラリストの警鐘 (石橋湛山著作集―経済論) 石橋 湛山/東洋経済新報社

・石橋湛山評論集 (岩波文庫 青 168-1) 石橋 湛山/岩波書店

コメント   この記事についてブログを書く
« 航空機の電動化、ハイブリッ... | トップ | クルマが開く未来 ホンダ系部... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

マーケティング」カテゴリの最新記事