地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

<JR西>東海道・山陽新幹線の台車に亀裂

2017年12月12日 | 山口県庁
<JR西>東海道・山陽新幹線の台車に亀裂

12/12(火) 20:25配信

◇異臭、名古屋駅で運転取りやめ 「重大インシデント」と認定

JR西日本は12日、博多-名古屋間を走行していた東海道・山陽新幹線の車両の台車に亀裂や油漏れなどの異常を発見したと発表した。11日に運転中、異臭がしたため、名古屋駅で運転を取りやめて検査していた。国の運輸安全委員会は12日、事故につながりかねない重大インシデントとして鉄道事故調査官を現地に派遣した。航空・鉄道事故調査委員会が発足した2001年以降、新幹線の重大インシデントは初めて。

【写真特集】「新幹線図鑑」

同社によると、異常が見つかったのは博多発東京行きのぞみ34号(N700系、16両編成)の13号車。博多駅を11日午後1時半ごろ出発し、しばらくして乗務員がうなるような音や焦げたような臭いに気付いた。同5時ごろ、名古屋駅で点検し、走行できないと判断。乗客約1000人は後続列車に乗り換えた。検査で、鋼鉄製の台車枠に亀裂が1カ所あったほか、歯車箱付近に油漏れがあり、モーターの回転を車輪に伝える継ぎ手が黒っぽく変色していた。同社は焦げて変色したとみている。・・・ 2017/12/12(火)、 毎日新聞  22:59 配信より

私のコメント:平成29年12月12日、JR西日本は、博多-名古屋間を走行していた東海道・山陽新幹線の車両の台車に亀裂や油漏れなどの異常を発見したと発表した。国の運輸安全委員会は12月12日、鉄道事故調査官を現地に派遣した。航空・鉄道事故調査委員会が発足 以降、新幹線の重大インシデントは初めて。



『山口県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« JR東日本と三井物産 イギリ... | トップ | 〔NY外為〕円、113円台半ば(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

山口県庁」カテゴリの最新記事