地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

<石油元売り>コスモがキグナスと資本業務提携

2017年02月22日 | 日米安保条約
<石油元売り>コスモがキグナスと資本業務提携

石油元売り大手のコスモエネルギーホールディングス(HD)は21日、全国で給油所を展開するキグナス石油(東京都中央区)と資本業務提携契約を結んだと発表した。石油元売り大手4社が再編を進める中でコスモは取り残されており、キグナスとの提携で業界での勢力拡大を目指す。

コスモは今年4~6月にキグナスの株式の2割を取得し、キグナスの給油所約500カ所にガソリンなどを供給する。キグナスは現在は東燃ゼネラル石油からガソリンなどの供給を受けているが、2020年ごろからコスモに切り替える。コスモはキグナス株の取得額を公表していない。

石油元売り業界では、車の燃費向上などに伴う石油製品の国内需要の減少を背景に再編が進む。4月にはJXHDと東燃ゼネラルが経営統合し、JXTGHDとなる。出光興産も昭和シェル石油との統合を目指している。だが、コスモはこれまでのところ、大手同士の再編に加われていない。

21日記者会見したコスモの桐山浩副社長は「キグナスとの提携で(ガソリンなどの石油製品で)年間300万キロリットル以上の供給先が生まれる」と効果を説明。さらに、「提携を通じて業界の第三極を目指す」とも語り、給油所に必要な資材などの共同調達も検討すると話した。

キグナス石油はかつて東燃ゼネラルの系列会社だったが、04年に石油商社の三愛石油が買収した。16年3月期決算の売上高は4315億円。【岡大介】・・・2017/2//21(火) 、毎日新聞  19:14配信 より

私のコメント : 石油元売り大手のコスモエネルギーホールディングス(HD)は21日、キグナス石油(東京都中央区)と資本業務提携契約を結んだと発表。石油元売り大手4社が再編を進める中でコスモは、キグナスとの提携で業界での勢力拡大を目指す。

コスモは今年4~6月にキグナスの株式の2割を取得し、キグナスの給油所約500カ所にガソリンなどを供給する。キグナスは現在は東燃ゼネラル石油からガソリンなどの供給を受けているが、2020年ごろからコスモに切り替える。コスモはキグナス株の取得額を公表していない。キグナス石油はかつて東燃ゼネラルの系列会社だったが、04年に石油商社の三愛石油が買収した。16年3月期決算の売上高は4315億円。石油商社 三愛石油やキグナス石油に対して、その利害ある会社や個人からの動向が、今後、更に、国内では、注目されていくであろう。



『島根県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 文科省 天下り手順書引き継... | トップ | 島根県 津和野町役場 商工... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日米安保条約」カテゴリの最新記事