地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

島根県芸術文化センター「グラントワ」 関連情報

2017年12月18日 | 山口県庁
島根県芸術文化センター「グラントワ」 関連情報

2017-12-18 07:57:58

B’z LIVE DINOSAUR 公演直前 解放席先着販売情報

11/29、ニューアルバム「DINOSAUR」をリリース!
発売早々、アルバム引っさげ、
北海道からライブツアー2017-2018「LIVE DINOSAUR」が開幕しました!

そこで今後開催される各会場公演の直前、開放席が出た場合、
Club-Gym方対象に直前先着販売を実施。

福井・宮城公演は初日公演前日の17:00から、その他の公演は、各会場初日公演の2日前17:00から先着順で販売予定。

ちなみに、支払い方法はクレジット決済になるよう。

デビュー30周年の記念すべき全国ライブツアー。楽しみですね!

気になる方はぜひチェックしてみてください

【B’zライブツアー2017-2018 解放席先着販売】

B’z LIVE-GYM 2017-2018 ”LIVE DINOSAUR”

・Club-Gym登録の方対象
<先着販売サイトオープン>
・福井、宮城公演:各公演初日の前日 17:00~
・その他の公演:各公演初日2日前 17:00~
・受付サイト:http://bz-vermillion.com/

※内容は変更になる場合があります。申し込みの際は詳細を確認のうえお手続きください ・・・島根県芸術文化センター「グラントワ」 関連情報 配信より

私のコメント : 平成29年12月18日、島根県芸術文化センター 「グラントワ」  総務課 高田様 後任へと就任されている 北浦様と以下の対応があり、私は、芸術文化 分野 内容に関し、その対応を持った。

平成29年10月27日、山口県 山口市小郡文化資料館 館長と私は、以下の対応もあるために、その内容に付随する件にて、対談をし、ようやく、山口市小郡文化資料館 館長立会いの許に、山口市小郡文化資料館 森美沙文化財専門員へ、私からの要望内容を伝達することもできた。

過去に、山口県 渡辺純忠山口市長からの、その対応、及び、 出来事により、山口県高校野球連盟 会長 河本太先生が、防府商業高等学校 校長として在任中に、私との対応について、下記に関する件に沿って、その内容もあった。

平成29年10月25日、山本繁太郎前山口県知事が、山口県知事選挙のおり、山口県山口市内で、その選挙中、山本繁太郎氏が乗車をされていた車中にて、急に、体調を崩され、山口市内の病院へと、その入院される際、その介抱と看護、世話もされた方から、その当時の様子について、私は、拝聴することができた。故山本繁太郎前山口県知事と私が、対談していた内容も関係することもあり、山本繁太郎前山口県知事は、内閣官房地域活性化統合事務局長を歴任された経緯も踏まえられて、全国における農協活動の充実にも力を入れられて、その経歴を踏まえられ、山口県下、各農協 支所における職員の雇用の確保、各地域で、その地域活性化、また、山口県下、各市役所における各支所の充実、市役所へ、その市職員を一極集中させるのではなく、各地域における職員の雇用の確保、各市役所 支所活動の充実を目指すことも念頭におかれて、山口県下、遊説し、説明され、その歩かれる途上でもあったこと、山本繁太郎前山口県知事が、県知事選挙のおり、山口市内、山本繁太郎氏が、その乗車をされていた車中にて、体調を崩され、山口市内の病院へと、その入院される際、介抱と看護、世話もされた方と私が対談した際に、過去 山口県知事における活動 その補足、説明を入れた。

平成29年10月17日、山口県 総合企画部 中山間地域づくり推進課 地域づくり班 井川康治主査、田辺賢清 主任主事と対談する。

平成29年10月16日、山口県 総合企画部 中山間地域づくり推進課 地域づくり班 田辺賢清 主任主事と対談する。

同日、島根県 原子力発電所 設置へといたる経緯に関しては、私は、島根県 前参議院議員 亀井亜紀子先生と面談、会食もしたおりに、私が、慶應義塾大学 西川俊作教授のゼミで学んだいた当時、島根県 櫻内 義雄塾員(さくらうち よしお、1912年(明治45年)5月8日 - 2003年(平成15年)7月5日)は、日本の政治家。衆議院議員(18期)、衆議院議長(第67代)、通産大臣、農林大臣、建設大臣、国土庁長官、自民党政調会長、外務大臣、自由民主党幹事長などを歴任。元日蓮宗全国檀信徒協議会会長[1]。従二位勲一等。 父は商工相、農相、蔵相などを歴任した櫻内幸雄。兄は元中国電力会長櫻内乾雄。  ・・・ウィキペディア フリー 百科事典より ) からの 当時 慶應義塾大学 西川俊作教授 許へと、その対応もあり、当時の話題についても、意見交換し、その整理のため、中国電力株式会社 上関原子力発電所準備事務所兼重様の許へ連絡を入れて、その事後の調整をしている。

平成29年9月6日、島根県 津和野町役場 総務財政課からの対応も得て、私は、津和野町役場 農林課 農業振興係 小藤信行主幹と面談した。その後、島根県 益田市役所 産業経済部 農業振興課 梅津明則課長と益田市役所 産業経済部 農業振興課内にて、津和野町役場 農林課 農業振興係 小藤信行主幹と面談した際、頂戴した関係 資料をもとに、対談し、その関係する内容にて、島根県 益田市役所 産業経済部 農業振興課 梅津明則課長による、島根県 益田市役所 産業経済部にて 作成をされた関係 資料の提供を受けれた。その後、島根県 益田市 政策企画局 秘書広報課 波田正博課長へ 私は、面会し、今日、島根県 益田市議会中、島根県 益田市 政策企画局 秘書広報課 波田正博課長の許へ、私から その事前の連絡を入れていたおかげがあり、その多忙中に、益田市 政策企画局 秘書広報課 波田正博課長による ご丁寧な、その御配慮の許、島根県 益田市役所 産業経済部 農業振興課 梅津明則課長による、島根県 益田市役所 産業経済部で、その作成された益田市役所の関係資料の提供を私が受けれた お礼を申し上げた。

同日、島根県から山口県へ戻り、山口県庁 薬務課から 私の許へと、以上と以下における、その関係する内容における、その連絡が入っていた。

..........................................................................
平成27年10月27日、島根県 津和野町 公益財団法人 亀井温故館にて、亀井茲基理事長と私は、対談した。

以下、その際における、その話題の概略 内容。

平成27年10月25日に、津和野町 亀井家 別邸 宅における御祭場へ、私が、私からのお供え物 等を そのお供えに、あがった件の説明。京都市 粟田口 青蓮院 東伏見保子様 七回忌 法要の件、平成 初年頃に、私が、青蓮院へ、よく、参拝していた当時、その対応をしていただいていた青蓮院 執事 村田様から私への手紙 文献における内容の説明の件、それに関係する、青蓮院 東伏見保子様 ご実家における津和野町 亀井家 そのお祭り、祭祀の件、山陰桜友会長 亀井亜紀子先生と私との間における話題、平成27年10月19日、島根県議会議員 中村芳信先生と私が、面談 説明もし、中村芳信県会議員から、私への支援を求めている旧津和野町・旧日原町史 編纂における、今までに至る、津和野町役場 等と私との連絡内容、及び、津和野町への開示請求後 その経緯 説明の件、津和野町 亀井家 墓所整備の件、山口県と島根県における各公益財団法人における運営状況 風土・地域性 比較の話題について。

平成29年9月1日(金)、平成24年1月30日、日本外務省 欧州局 西欧課 英国班 近藤様へ 連絡、「長州ファイブ150周年」開催 等の各行事予定につき、問い合わせをする。外務省 欧州局 西欧課 英国班 近藤様から、その時は、英国大使館 広報部を紹介してもらい、英国大使館 広報部 宛て、私は、挨拶状、及び、私の家と英国との永年における歴史関係、萩市において、私が、駐英国特命全権大使 林景一氏と懇談した日英における外交 対談における内容、その説明の連絡文を送った後の経過があり、日本外務省 欧州局 西欧課 英国班 松村様と私は、対談した後の、更に、英国大使館 スタッフとの間でも、私は、その連絡対応を持った後の対応 等 もあり、日本外務省 中東欧課 安倍様の許へ、過去、日本、ハンガリー王国と英国との間における 外交関係に関し、その連絡を入れた。

平成29年8月31日(木)、平成24年1月30日、日本外務省 欧州局 西欧課 英国班へ連絡、「長州ファイブ150周年」開催 等の各行事予定につき、問い合わせをする。外務省 欧州局 西欧課 英国班から私に、英国大使館 広報部を紹介してもらい、英国大使館 広報部 宛て、私は、挨拶状、及び、私の家と英国との永年における歴史関係、萩市において、私が、駐英国特命全権大使 林景一氏と懇談した日英における外交 対談における内容、その説明の連絡文を送った後の経過もあり、日本外務省 欧州局 西欧課 英国班 松村様と私は、対談し、その後、英国大使館 スタッフとの間にて、その連絡対応を持った。

平成29年8月30日(水)、安倍総理大臣は、日本を訪れているイギリスのメイ首相を京都 「表千家不審菴」にて、日英外交における、その親交を深めた。また、日英 両首脳は、平成29年8月31日、日英首脳会談を行い、日英共同宣言を発表する。

平成24年1月30日(月)、日本外務省 欧州局 西欧課 英国班へ連絡し「長州ファイブ150周年」開催 等の各行事予定につき、問い合わせをする。そうすると、外務省 欧州局 西欧課 英国班から私に、英国大使館 広報部を紹介してもらい、英国大使館 広報部 宛て、私は、挨拶状、及び、私の家と英国との永年における歴史関係、萩市において、私が、駐英国特命全権大使 林景一氏と懇談した日英における外交内容につき、説明の連絡文を送る。

平成29年8月10日(木)、一般社団法人 日本アマチュア無線連盟 「アマチュア局の非常通信マニュアル」を私は、読み始める。

慶應義塾大学 商学部 西川俊作教授から 日本と欧州各国における防衛問題、産業連関表分析 研究における、その連絡を受けていた当時を思い出しながら、欧州からの各国大使館、領事館との連携についても、その対応を考える。

平成29年8月10日(木)、小野寺大臣は、参議院外交防衛委員会、仮に北朝鮮がグアムに向けてミサイルを撃った場合、集団的自衛権の行使が可能になる存立危機事態に認定できるのか質問されたのに対し、「一般的に言えば、武力行使の新3要件に合致すれば対応できる。日本は、防衛に関しては守り防ぐ盾の役割であり、逆に打撃力で抑止力を高めるのが、アメリカ側の役割だ。両方があって日本の抑止力が高まることを考えると、アメリカ側の抑止力、打撃力が欠如するということは、日本の存立の危機にあたる可能性がないとは言えない」、「外交圧力で北朝鮮に弾道ミサイルを発射させないのが基本だが、万が一、発射された場合には、防衛省・自衛隊は万全の態勢で国民を守る役割を担う」。また、日本国内に弾道ミサイルが着弾した場合の対応を問われ、「万が一の想定で答えるが、防衛省・自衛隊は関係機関と連携しながら、航空機などからの被害状況の確認、行方不明者の捜索・救助、輸送車両などを活用した周辺住民の待避支援、危険物質の除染など、事態に応じて必要な措置を取る」と述べた。

北朝鮮がアメリカのグアム島周辺に向けた弾道ミサイルの発射計画で「広島県など日本の上空を通過させ、グアム島周辺の海上に落とす」と具体的な飛行ルートを予告したうえで、計画を今月中旬までに完成させるとした、今後、日本の周辺海域、陸上における領域でも、飛来するかもしれない、弾道ミサイルへ向けて、その通信における防衛戦、始まる見込みが あり、島根県、山口県、等 その該当していくであろう 日本海沿岸 等の地域にては、自衛隊、米軍、並びに、その関係する自治体機関 等により、多方面にわたり、日本の電子 防衛体制の強化も、急がれる状況となると思われる。

平成29年6月6日、島根県 津和野町 総務財政課 から 連絡が入り、今までの島根県 益田市 波田秘書課長と私との対応経緯について、島根県 津和野町 総務財政課 担当者へ私は、説明を入れ、その内容に関する件にて、その善処、お願いを申し上げた。

..................................................................................
艦載機移駐 岩国市容認へ、市議6割超受け入れ

米軍岩国基地(山口県岩国市)への空母艦載機部隊の移駐計画を巡り、読売新聞社が30日までに岩国市議会(定数32)の全議員32人に受け入れの賛否を尋ねたところ、「容認」または「(騒音対策などの)条件付きで容認」と答えた人が20人に上り、全体の6割を超えた。同市の福田良彦市長は、受け入れの可否について、市議会の意見を踏まえて最終判断する意向を示しており、市が移駐を容認する見通しとなった。読売新聞の取材に対する市議の回答は、「容認」が9人、「条件付きで容認」が11人、「反対」が7人、無回答など「その他」が5人となった。市は、住民の生活環境が悪化しないこと▽大騒音を伴う離着陸訓練(FCLP)は認めない――などを受け入れの前提とし、その上で住民や市議会の意見を踏まえて判断する方針を示していた。23日までに開催した住民説明会で、福田市長はこれらの前提を「すべてクリアした」との認識を示した。国の安心・安全対策や地域振興策も「着実に進んでいる」と評価した。福田市長は30日、読売新聞の取材に、「国との協議や住民説明会、市議会の意見を総合的に判断し、6月議会のしかるべきタイミングで表明する」と述べた。 2017年05月31日  ・・・ 平成29年5月31日、読売新聞 配信より

私のコメント : 平成29年5月31日、山口県 広報広聴課 佐藤理子主査と私は、上記の内容の件で、対談し、私から山口県 広報広聴課 佐藤理子主査 宛て 書面も、その説明に際し、手渡した。

慶應義塾大学 在学時代、私は、岩田暁一教授と西川俊作教授 御前において、「経済分析のための統計的方法」 岩田暁一教授から、あるとき、「経済分析のための統計的方法」 面授直説もしていただき、統計的解釈の方法についても教わった。西川俊作教授の論文を読まれる前に、必ず、「経済分析のための統計的方法」岩田暁一著 精読されることを皆様方におすすめします。私が、西川俊作教授から計量経済史関係の問題について、答えを出せない時、岩田暁一教授は、やさしく、私が、わからない理由についてを「経済分析のための統計的方法」内容に沿って、私と西川俊作教授に、わかりやすく、説明もして下さった。国際金融や国際経済、国際外交、政治 等を身近に感じ、各事象に接している方々にとっては、「経済分析のための統計的方法」岩田暁一著 読むこと、その心の一服ともなります。





『山口県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 市長「原発の判断は最高裁で」 | トップ | 益田市民余芸大会 歌やダン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

山口県庁」カテゴリの最新記事