地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

島根県出雲市の冷凍物流会社

2020年01月14日 | 教育

出雲大社から徒歩3分。和洋折衷な新感覚スイーツ〈いずもちーずけーき〉のお店が誕生/島根

2019/8/1(木) 15:34 Webマガジン コロカル 配信より

マガジンハウス【Webマガジン コロカル ー ローカルを学ぶ・暮らす・旅する】

コロカルニュース

■和洋折衷なチーズケーキが誕生

5月1日、出雲大社門前神門通りにチーズケーキとモナカのお店〈いずもちーずけーき本舗〉がオープンしました!

【写真で見る】モナカにサンドした状態の〈ちーもな〉も販売。見た目もかわいい!

お店の看板商品〈いずもちーずけーき〉は、「ビンに入ったチーズケーキをモナカにディップして食べる」という新感覚のスイーツ。

その味の決め手となるのが、2層に分かれた絶品のチーズケーキです。生クリームをふんだんに使った「生クリームチーズケーキ」は、ふわふわとろとろで夢見心地な味わい。

厳選したクリームチーズをたっぷりといれた「ベイクドチーズケーキ」はしっとりしていて濃厚な風味が口の中に広がります。まるでチーズをそのまま食べているかのような濃さに、チーズケーキ党のあなたはきっと虜になってしまうはず。

それぞれの異なる食感、風味を一緒に楽しめるだけでも最高ですが、ぜひ試してほしいのはサクサクのモナカへのディップ(モナカは別売。1組・税込50円)。島根を代表するブランド米〈仁多もち米〉でできたモナカは素朴な味わいで、チーズケーキの良さをぐいっと引き出します。単品では叶わない、和洋折衷のおいしさを実現しました。

■〈いずもちーずけーき〉のおいしさをつくるもの

この〈いずもちーずけーき〉を手がけたのは、〈山陰銘菓どじょう掬いまんじゅう〉でおなじみの〈中浦食品株式会社〉。〈いずもちーずけーき〉では、地域の良質な素材を使うことにこだわっているんだそう。

たとえば、チーズケーキに使われている木次(きすき)乳業の「パスチャライズ牛乳」は自然豊かな奥出雲で搾られたもの。天然飼料と海藻を食べて育ったニワトリのたまごや、フレーバーに使われるいちご「紅ほっぺ」なども島根県産なのです。

遠くの工場でつくったものを販売するのではなく、お店と一体となった工房で地元の素材をベースに新感覚のチーズケーキをつくる。そうしたコンセプトで〈いずもちーずけーき本舗〉はお店を営んでいます。

縁結びの神として名高い出雲大社の近くで、和と洋の素敵なご縁をぜひぜひご賞味ください。

information
いずもちーずけーき本舗
住所:島根県出雲市大社町杵築南833番地3
営業時間:10:00~17:00
定休日:水曜日(大型連休中は無休)
TEL:0853-31-4811

writer profile

Saki Ikuta
生田早紀
いくた・さき●インディペンデントな広告会社『ココホレジャパン』の新米アシスタント。生まれも育ちもド田舎の27歳。やばい芋ねえちゃんとして青春時代を過ごす。その野暮さは現在も健在! さりげなく韻を踏むことが生業です。

【コロカルニュース】とは?
全国各地の時事ネタから面白情報まで。コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。


最終更新:2019/8/1(木) 15:34
Webマガジン コロカル

私のコメント : 令和2年1月14日、いずもちーずけーき本舗 お店の看板商品〈いずもちーずけーき〉は、「ビンに入ったチーズケーキをモナカにディップして食べる」という新感覚のスイーツ。味の決め手となるのが、2層に分かれた絶品のチーズケーキです。生クリームをふんだんに使った「生クリームチーズケーキ」は、ふわふわとろとろで夢見心地な味わい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
刃物を持った男が立てこもり 島根県出雲市の冷凍物流会社

1/14(火) 15:49 配信

社内には40代の女性従業員1人か

きょう午後2時半ごろ、出雲市の冷凍物流会社・上田コールドの従業員から「刃物を持った男が事務所の中に入ってきた」と110番通報があった。対応にあたっている警察によると、男は20代くらいで、持っている刃物は一本とみられる。

刃物を持った男が立てこもり 島根県出雲市の冷凍物流会社

島根県出雲市

消防によると、社内には40代の女性従業員1人が残っているが、けが人がいるという情報はないという。(AbemaTV/『AbemaNews』より)

最終更新:1/14(火) 16:31
AbemaTIMES
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
令和2年1月14日、山口県 総合企画部 広報広聴課 山口県民相談担当 田村日登美主査  と私は面談した後、山口県 土木建築部 監理課 用地補償班 向野孝之主幹と私は、山口県 萩土木建築事務所 用地課 國廣和夫課長より、一連の対応も受け、更に、山口市 収納課 から 私に対する、その一連の対応に関し、説明を入れ、支援を求める。

令和2年1月14日、山口県 国総合庁舎 法務省 人権相談室 に行き、
法務省 人権相談室 人権擁護課 職員と私は、今までの経緯に関する、書面をもとに、面談をおこなった。

令和2年1月14日、令和元年9月30日に、
山口県 山口市  弁護士法人 末永法律事務所 宮嵜秀典弁護士と面談した後、相手方に対し、当該 「今回の事故後における 現状確認をされていくよう」 宮嵜秀典弁護士から、助言もいただくことができているため、報告を入れるため、宮嵜秀典弁護士のもとへ、連絡を入れた。

令和2年1月14日、外務省 中東欧課 堀様 と私との対応があるため、今までの経緯について、島根県 衆議院議員 代議士 秘書のもとへ、私は、報告を入れた。

 

平成15年度(行情)答申第251号、山口市 収納課 櫨元香恵 副主幹、津和野藩主 亀井家入城四百年 記念事業 等、・・

令和元年10月21日、山口県 山口市  収納課 矢次哲也主幹と、以下の経緯に関する内容にかかり 対談を行った。

令和元年10月21日、山口県 萩市 農業委員会 國光貴子事務局長と対談した。

令和元年9月30日、山口県 山口市  弁護士法人 末永法律事務所 宮嵜秀典弁護士と面談し、相手方に対し、当該 「今回の事故後における 現状確認をされていくよう」 宮嵜秀典弁護士から、助言もいただくことができた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

美智子さま、8日に乳がん手術 東大病院に入院へ

朝日新聞社 2019/09/03 16:06、配信より

 

宮内庁は3日、上皇后美智子さまが8日に乳がん手術を受けると発表した。7日に東京大学医学部付属病院に入院する。以下、省略。 

 

令和元年9月3日、山口県山口市黄金町7-43  東京海上日動火災保険会社 中国損害サービス部 山口損害サービス課 刀禰氏 担当からの対応には、重なり ・・・ があるため、公的な相談機関に相談に行く。

 

平成28年4月5日 表千家 同門会 全国大会 萩市重要文化財 民家 熊谷家住宅 茶室 茶会ヘ 岸信夫代議士 来席、花燃ゆ、・・・

 

平成29年10月17日、山口県 山口市役所にて、山口市 総務部 情報管理課 統計調査 担当 主査も歴任 山口市 収納課 櫨元香恵 職員と 以下の内容に関し、対談おこない、島根県「津和野藩主亀井家入城四百年 記念事業のご案内」パンフレット もとに、山口市 櫨元香恵 職員へ、その内容に関し、説明もした。

 

令和元年8月11日、令和2年(2020年)に 鎮座100年を迎える明治神宮(東京都渋谷区)で本殿の改修工事が終わり、昨年5月に仮殿に移されていたご神体を本殿に戻す祭典「本殿遷座祭」が11日、前日に続いて執り行われた。 乃木の里、・・・

 

平成29年12月22日、地方自治体による、統計処理内容に関し、私は、山口県 山口市役所にて、山口市 総務部 情報管理課 統計調査 担当 主査も歴任された 山口市 収納課 櫨元香恵 職員と対談した後、下記に配信に至っている経緯があり、確認の連絡を山口市 収納課 櫨元香恵 職員のもとへ、入れ、山口市 収納課 櫨元香恵 職員と一日、二回に亘り、対談した。

 

平成29年12月24日、島根県 津和野町 本性寺に参拝にあがる。 本性寺には、関ヶ原の戦いにて、上杉景勝と内通し、最上義光を挟撃しようとしたことを理由に改易され津和野に配流された出羽横手城主小野寺義道と弟康道一族の墓もあります。

 

平成29年、このたび、京都市 粟田口 青蓮院 坊守 東伏見保子様、青蓮院 執事 村田弦三郎様が、青蓮院 執事をされていた当時、私との親交 その宗務 対応があり、今年、亀井家 津和野 入城400年記念 亀井家第16代当主 亀井茲基 様より、法要式 神式でとりおこなわれましたため、よって、私からは、仏式にて、私のお供え物、関係者の立場にて、日蓮宗 本性寺 本堂へと、あげさせていただきました。 

 

津和野 本性寺 ご住職へ、私が、生前 石橋湛山先生からいただいているお言葉を、その節に、初めて、披露させていただいた。青蓮院 執事 村田弦三郎様、並び、立正大学 副学長 石井富美子 常任理事との連絡対応も、今まで、私には、あり、感極まるものも、私にありました。また、山口県 萩市 端坊 榮明忍前住職と私との対談 内容、端坊 配下における島根県 末寺との対応も、説明させていただきました。

平成29年12月22日、山口市 収納課 櫨元香恵 副主幹と私が、対談し、山口市 収納課 櫨元香恵 副主幹との間にて、今まで、学術上における見解の違いが、発生しているため、書面にて、経過に至る説明文、山口市 収納課 櫨元香恵 職員のもとへ 手渡している内容に関する説明文も、私から 津和野 本性寺 ご住職のもとへ、手渡すことができた。

令和元年10月16日、山口県 防府市 山口県立防府商工高等学校 竹林伸浩事務長と対談した内容に関し、その後、山口県立防府商工高等学校 山口県立防府商工高等学校 小土井 実 校長と私は、対談する。

令和元年10月16日、山口県 山口市 山口県立山口高等学校 松田幸治 事務長と私は、対談した。

令和元年10月16日、山口県 山口市  国総合庁舎 法務省 人権相談室 に行き、法務省 人権相談室 人権擁護課 職員と私は、今までの経緯に関する、面談した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

統計不適切調査 経緯と調査のポイント

賃金や労働時間に関する厚生労働省の調査が不適切に行われていた問題。これまでの経緯や今後の調査のポイントをまとめました。

 
続きを読む

発覚の経緯

「毎月勤労統計調査」をめぐる問題が発覚したのは去年12月。国の統計について審議する総務省の統計委員会の西村清彦委員長が、データに不自然な点があることに気付き、指摘したことがきっかけでした。

大規模な事業所はすべてを調査対象とするべきなのに東京都内では一部しか調査していないことが明らかになりました。

西村委員長は「調査のしかたが本来と違う手法で行われていたと聞き、あぜんとした。法令違反だと申し上げたが担当者の反応は鈍かった」と話しています。

不適切調査の内容は

厚生労働省によりますと、不適切な手法による調査は平成16年から始まりました。従業員が500人以上の大規模な事業所については本来、すべての事業所を調査するルールになっていたのに、調査を委託していた東京都に対し一部の事業所を抽出して名簿を送っていたということです。

マニュアル

平成16年以降の担当部署のマニュアルには「規模500人以上の事業所は東京都に集中しており、全数調査にしなくても精度が確保できる」と不適切な手法への変更を認める記述がありました。ところが、平成27年のマニュアルからはこうした記述が削除されていました。不適切な調査はマニュアルから削除されたあとも続けられてきました。

総務省への虚偽報告

そして、1年後の平成28年には、調査方法を審査する総務省に対して、実態とは異なる申請が行われていました。申請書には「従業員が500人以上の事業所はすべて調査する」と記されていました。

不適切認識で統計処理

さらに、おととしの平成29年には不適切な手法に対応するためのコンピューターシステムの改修が行われていました。
改修は不適切な手法で得たデータを本来の手法による調査結果に近づける統計上の処理をするために行われました。統計上の処理は去年の1月分から行われるようになりましたが、それ以前の結果は修正されず、放置されたままでした。

東京以外にも

そして、去年6月には神奈川県、愛知県、大阪府の3府県に対しても東京都と同じく不適切な手法で作成した調査対象の事業所リストを送っていました。各府県によりますと、このときに厚生労働省から調査手法を変更するという詳しい説明はありませんでした。

調査のポイントは

厚生労働省は今月、外部の弁護士や統計の専門家などで作る特別監察委員会を立ち上げました。

不適切な調査がなぜ行われるようになったのか、その後の担当者も不適切であることを認識していた可能性があるのになぜ是正されなかったのか、そして、この間、組織的な関与や隠蔽があったのかが焦点となっています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

令和2年1月14日、山口県 観光スポーツ文化部 交通政策課 伊藤香織利 副課長と私には、今まで その経緯もあり、よって、その面談をした。










プラザ合意の研究近藤 健彦/東洋経済新報社

政治とは何か―竹下登回顧録竹下 登,政策研究大学院大学政策情報プロジェクト,COEオーラル政策研究プロジェクト/講談社

日本郵政 解き放たれた「巨人」
町田 徹 /日本経済新聞社
null

石橋湛山日記―昭和20-31年 (上)
石橋 湛山 /みすず書房
null

石橋湛山日記―昭和20-31年 (下)
石橋 湛山 /みすず書房
null

第二次世界大戦中の米英ソ秘密外交書簡〈〔上巻〕〉英ソ篇 (1958年)
ロシア(1923~ ソヴィエト連邦)外務省付属外交文書出版委員会 /大月書店
null

第二次世界大戦中の米英ソ秘密外交書簡〈下巻〉米ソ篇 (1957年)
ロシア(1923~ ソヴィエト連邦)外務省付属外交文書出版委員会 /大月書店
null

フランス帝国主義と中国―第一次世界大戦前の中国におけるフランスの外交・金融・商工業
篠永 宣孝/春風社
undefined

フランス資本主義と中央銀行―フランス銀行近代化の歴史
権上 康男/東京大学出版会

労働市場 (1980年) (日経文庫 経済学入門シリーズ)
西川 俊作/日本経済新聞社

企業と労働組合―日産自動車労使論 (1984年)
嵯峨 一郎/田畑書店
undefined

秩序ある労使関係のために―郵政労使関係法令をめぐる諸問題 (1973年)
郵政省人事局/官業労働研究所
undefined

日産vs.ゴーン 支配と暗闘の20年 (文春新書)
井上 久男/文藝春秋
undefined

郵政改革の原点
「財界」編集部(編集)/財界研究所
undefined

フランス資本主義―戦間期の研究
玉田 美治/桜井書店
undefined

植民地共和国フランス
N.バンセル,P.ブランシャール,F.ヴェルジェス/岩波書店
undefined

新しく学ぶフランス史
平野千果子(編集)/ミネルヴァ書房
undefined

郵政民営化の政治経済学―小泉改革の歴史的前提―
伊藤 真利子/名古屋大学出版会
undefined

横浜にあったフランスの郵便局―幕末・明治の知られざる一断面
松本 純一/原書房
undefined

フランス郵便電気通信法典 (1977年)
郵政省大臣官房経営企画課/郵政大臣官房経営企画課
undefined

小泉信三―天皇の師として、自由主義者として (中公新書)
小川原 正道/中央公論新社
undefined

平生の心がけ (講談社学術文庫)
小泉 信三/講談社
undefined

近代フランスの誘惑―物語・表象・オリエント
小倉 孝誠/慶應義塾大学出版会
undefined

中東から世界が崩れる イランの復活、サウジアラビアの変貌 (NHK出版新書)
高橋 和夫/NHK出版
undefined

イラン・イラク戦争 (パレスチナ選書)
鳥井 順/電子本ピコ第三書館販売
undefined

創造的外交をめざして
安倍 晋太郎,永野 信利/行政問題研究所
undefined

安倍外交の軌跡―21世紀に向けての創造的外交
外交研究会/廣済堂出版
undefined

佐藤栄作日記 全6巻セット
佐藤 榮作,伊藤 隆 監修/朝日新聞社
undefined

日産の創業者 鮎川義介
宇田川 勝/吉川弘文館
undefined

鮎川義介《日産コンツェルンを作った男》
堀 雅昭/弦書房
undefined

私の考え方 (1954年)
鮎川 義介/ダイヤモンド社
undefined

「100年に一度の変革期」を迎えた自動車産業の現状と課題 (早稲田大学自動車部品産業研究所叢書)
中嶋 聖雄(編集),小林 英夫(編集),小枝 至(編集),西村 英俊(編集),高橋 武秀(編集)/柘植書房新社
undefined

改訂 機械工学実験 早稲田大学理工学部機械工学実験指導室編
早稲田大学理工学部機械工学実験指導室/技術書院
undefined


コメント

日産、ルノーとの連合解消準備か 複数幹部、現状に不満

2020年01月14日 | 山口県庁

日産、ルノーとの連合解消準備か 複数幹部、現状に不満

1/13(月) 19:54配信 共同通信

【ロンドン共同】英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は13日、複数の日産自動車幹部がフランス自動車大手ルノーとの企業連合解消の事態に備えていると報じた。ルノー主導で連合が運営されている現状への不満が背景にあるとみられ、関係修復に努めてきた両社の間に依然として溝があることを示した形だ。

日産幹部は技術・生産部門の完全分離や日産取締役会の変革といった点を議論しているという。自動車業界で合従連衡が進む中、FTは日産とルノーが関係を解消した場合、双方とも新たなパートナーを探すことになると指摘した。

【関連記事】
ゴーン被告、退職金3千万円請求 ルノー相手に
日産、通期純利益45%減へ ゴーン被告報酬92億円計上
ゴーン被告、脱獄ドラマの主役のつもりか
藍綬褒章までもらったゴーン被告 日本はただの金もうけの場だったのか
もはや逃げ口上にしか聞こえない、ゴーン被告声明

最終更新:1/14(火) 8:11
共同通信

私のコメント : 令和2年1月14日、山口県 観光スポーツ文化部 交通政策課 伊藤香織利 副課長と私は、以下の経緯もあり、その対談をおこなった。


プラザ合意の研究近藤 健彦/東洋経済新報社

政治とは何か―竹下登回顧録
竹下 登,政策研究大学院大学政策情報プロジェクト,COEオーラル政策研究プロジェクト/講談社

日本郵政 解き放たれた「巨人」

町田 徹 /日本経済新聞社


石橋湛山日記―昭和20-31年 (上)

石橋 湛山 /みすず書房


石橋湛山日記―昭和20-31年 (下)

石橋 湛山 /みすず書房


第二次世界大戦中の米英ソ秘密外交書簡〈〔上巻〕〉英ソ篇 (1958年)

ロシア(1923~ ソヴィエト連邦)外務省付属外交文書出版委員会 /大月書店


第二次世界大戦中の米英ソ秘密外交書簡〈下巻〉米ソ篇 (1957年)

ロシア(1923~ ソヴィエト連邦)外務省付属外交文書出版委員会 /大月書店


フランス帝国主義と中国―第一次世界大戦前の中国におけるフランスの外交・金融・商工業

篠永 宣孝/春風社


フランス資本主義と中央銀行―フランス銀行近代化の歴史

権上 康男/東京大学出版会

 

 

 

 

 

 



労働市場 (1980年) (日経文庫 経済学入門シリーズ)

西川 俊作/日本経済新聞社

 

 

企業と労働組合―日産自動車労使論 (1984年)

嵯峨 一郎/田畑書店

undefined

 

秩序ある労使関係のために―郵政労使関係法令をめぐる諸問題 (1973年)

郵政省人事局/官業労働研究所

undefined

 

日産vs.ゴーン 支配と暗闘の20年 (文春新書)

井上 久男/文藝春秋

undefined

 

郵政改革の原点

「財界」編集部(編集)/財界研究所

undefined

 

フランス資本主義と中央銀行―フランス銀行近代化の歴史

権上 康男/東京大学出版会

undefined

 

フランス帝国主義と中国―第一次世界大戦前の中国におけるフランスの外交・金融・商工業

篠永 宣孝/春風社

undefined

 

植民地共和国フランス

N.バンセル,P.ブランシャール,F.ヴェルジェス/岩波書店

undefined

 

新しく学ぶフランス史

平野千果子(編集)/ミネルヴァ書房

undefined

 

郵政民営化の政治経済学―小泉改革の歴史的前提―

伊藤 真利子/名古屋大学出版会

undefined

 

横浜にあったフランスの郵便局―幕末・明治の知られざる一断面

松本 純一/原書房

undefined

 

フランス郵便電気通信法典 (1977年)

郵政省大臣官房経営企画課/郵政大臣官房経営企画課

undefined

 

小泉信三―天皇の師として、自由主義者として (中公新書)

小川原 正道/中央公論新社

undefined

 

平生の心がけ (講談社学術文庫)

小泉 信三/講談社

undefined

 

近代フランスの誘惑―物語・表象・オリエント

小倉 孝誠/慶應義塾大学出版会

undefined

 

中東から世界が崩れる イランの復活、サウジアラビアの変貌 (NHK出版新書)

高橋 和夫/NHK出版

undefined

 

イラン・イラク戦争 (パレスチナ選書)

鳥井 順/電子本ピコ第三書館販売

undefined

 

創造的外交をめざして

安倍 晋太郎,永野 信利/行政問題研究所

undefined

 

安倍外交の軌跡―21世紀に向けての創造的外交

外交研究会/廣済堂出版

undefined

 

佐藤栄作日記 全6巻セット

佐藤 榮作,伊藤 隆 監修/朝日新聞社

undefined

日産の創業者 鮎川義介

宇田川 勝/吉川弘文館

undefined

 

鮎川義介《日産コンツェルンを作った男》

堀 雅昭/弦書房

undefined

 

私の考え方 (1954年)

鮎川 義介/ダイヤモンド社

undefined

 

 



「100年に一度の変革期」を迎えた自動車産業の現状と課題 (早稲田大学自動車部品産業研究所叢書)

中嶋 聖雄(編集),小林 英夫(編集),小枝 至(編集),西村 英俊(編集),高橋 武秀(編集)/柘植書房新社

undefined

 

改訂 機械工学実験 早稲田大学理工学部機械工学実験指導室編

早稲田大学理工学部機械工学実験指導室/技術書院

undefined

コメント

複数の日産幹部がルノーとの企業連合解消の可能性に備える FT報道

2020年01月14日 | 労働経済学

複数の日産幹部がルノーとの企業連合解消の可能性に備える FT報道

2020.1.13 20:27|経済|産業・ビジネス、産経新聞 配信より

英紙フィナンシャル・タイムズ(電子版)は13日、複数の日産自動車幹部がフランス自動車大手ルノーとの企業連合解消の可能性に備えていると報じた。ルノー主導で連合が運営されている現状の体制に不満を募らせているのが原因とみられる。保釈中にレバノンへ逃亡した日産前会長、カルロス・ゴーン被告の逮捕以降、両社は関係修復に尽力してきたが、依然として亀裂が残っているようだ。

同紙によると、技術・生産部門の完全分離や日産取締役会の変革が検討されている。ゴーン被告が経営トップを務めていた時代から、一部の日産の技術者は技術・生産分野の統合に向けた取り組みに満足していなかったという。同紙は日産とルノーが関係を完全に解消した場合、双方とも新たなパートナーを探すことが予想されると指摘した。

日産の広報担当者は報道に対し「臆測にはコメントしない」と話した。

一方、ルノーのジャンドミニク・スナール会長は近く、日産との共同プロジェクトをいくつか発表する予定で、日産の内田誠社長兼最高経営責任者(CEO)とも緊密に連携しているもようだ。

(今村義丈、ロンドン 板東和正)

私のコメント : 令和2年1月14日、英紙フィナンシャル・タイムズは、日産自動車がフランス自動車大手ルノーとの将来の提携解消に備え、秘密の対応計画を検討していると報じている。英紙フィナンシャル・タイムズによると、計画には技術・生産面での完全な分離や日産取締役会の刷新などが含まれている。日産、ルノー両社は同紙の取材にコメントを拒否したとのこと。

日産の創業者 鮎川義介

宇田川 勝/吉川弘文館

undefined

 

鮎川義介《日産コンツェルンを作った男》

堀 雅昭/弦書房

undefined

 

私の考え方 (1954年)

鮎川 義介/ダイヤモンド社

undefined



「100年に一度の変革期」を迎えた自動車産業の現状と課題 (早稲田大学自動車部品産業研究所叢書)

中嶋 聖雄(編集),小林 英夫(編集),小枝 至(編集),西村 英俊(編集),高橋 武秀(編集)/柘植書房新社

undefined

 

改訂 機械工学実験 早稲田大学理工学部機械工学実験指導室編

早稲田大学理工学部機械工学実験指導室/技術書院

undefined

 

労働市場 (1980年) (日経文庫 経済学入門シリーズ)

西川 俊作/日本経済新聞社

 

 

企業と労働組合―日産自動車労使論 (1984年)

嵯峨 一郎/田畑書店

undefined

 

秩序ある労使関係のために―郵政労使関係法令をめぐる諸問題 (1973年)

郵政省人事局/官業労働研究所

undefined

 

日産vs.ゴーン 支配と暗闘の20年 (文春新書)

井上 久男/文藝春秋

undefined

 

郵政改革の原点

「財界」編集部(編集)/財界研究所

undefined

 

フランス資本主義と中央銀行―フランス銀行近代化の歴史

権上 康男/東京大学出版会

undefined

 

フランス帝国主義と中国―第一次世界大戦前の中国におけるフランスの外交・金融・商工業

篠永 宣孝/春風社

undefined

 

植民地共和国フランス

N.バンセル,P.ブランシャール,F.ヴェルジェス/岩波書店

undefined

 

新しく学ぶフランス史

平野千果子(編集)/ミネルヴァ書房

undefined

 

郵政民営化の政治経済学―小泉改革の歴史的前提―

伊藤 真利子/名古屋大学出版会

undefined

 

横浜にあったフランスの郵便局―幕末・明治の知られざる一断面

松本 純一/原書房

undefined

 

フランス郵便電気通信法典 (1977年)

郵政省大臣官房経営企画課/郵政大臣官房経営企画課

undefined

 

小泉信三―天皇の師として、自由主義者として (中公新書)

小川原 正道/中央公論新社

undefined

 

平生の心がけ (講談社学術文庫)

小泉 信三/講談社

undefined

 

近代フランスの誘惑―物語・表象・オリエント

小倉 孝誠/慶應義塾大学出版会

undefined

 

中東から世界が崩れる イランの復活、サウジアラビアの変貌 (NHK出版新書)

高橋 和夫/NHK出版

undefined

 

イラン・イラク戦争 (パレスチナ選書)

鳥井 順/電子本ピコ第三書館販売

undefined

 

創造的外交をめざして

安倍 晋太郎,永野 信利/行政問題研究所

undefined

 

安倍外交の軌跡―21世紀に向けての創造的外交

外交研究会/廣済堂出版

undefined

 

佐藤栄作日記 全6巻セット

佐藤 榮作,伊藤 隆 監修/朝日新聞社

undefined

 

 

 

コメント