地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

全国の天気概況

2017年12月04日 | 健康管理
全国の天気概況

平成29年12月4日

5日は日本付近に強い寒気が流れ込みます。北海道と東北は雪でしょう。ふぶいて見通しの悪い所もありそうです。北陸は冷たい雨や雪で、雷を伴い強く降ることもあるでしょう。さらに、まだ雪に慣れていない近畿北部や山陰、九州北部の平地でも雪が降る見込みで、積雪や凍結に注意が必要です。気温は平年より低い所が多く、特に西日本では真冬並みの寒さとなるでしょう。 (4日 18:05 更新)

・・・平成29年12月4日、NHK NEWS WEB 配信より

私のコメント : 平成29年12月4日、12月5日は日本付近に強い寒気が流れ込みます。雪が降る見込みで、積雪や凍結に注意が必要です。気温は平年より低い所が多く、特に西日本では真冬並みの寒さとなるでしょう。



コメント

山口県 健康福祉部 薬務課から対応している件

2017年12月04日 | 山口県庁
平成29年12月4日、山口県 健康福祉部 薬務課 麻薬毒劇物班 班長 林 雅裕主幹と私は、以下の内容に関し、連絡対応を持つ。その後、山口県観光スポーツ文化部 県史編さん室 岡本操室次長と私は、山口県庁にて対談もした。

平成29年12月4日、東レ株式会社 広報室 広報課 との間にて、私から、東レ株式会社 広報室 広報課長へ 連絡文を平成29年8月28日に、送信をしている件にて、対応を持った。

..............................................................

請 願 書                    平成29年12月1日


本文6枚、及、別紙 10枚 ( 平成29年11月30日付、私から山口県 株式会社丸久本部 経営企画室 広報担当 浅原様 宛へ 連絡文の写 11枚の部分10枚 ) 及、平成29年8月28日、東レ株式会社 広報室広報課 別所達也課長宛へ、私からの連絡文 4枚 合計20枚 


東レ株式会社 広報室広報課 福田祐子様
〒103-8666 東京都中央区日本橋室町2-1-1
日本橋三井タワー〒753-0074                  発信元: 省略

件名: 平成29年8月28日、東レ株式会社 広報室広報課 別所達也課長宛へ、私の連絡文の内容、「東レ株式会社 会社概要とCSRレポートを拝受し、連絡を申し上げます件」を送信した後 「外務省 いわゆる 密約書 不在の諸問題」へと、いたる各内容に関係し、山口県健康福祉部薬務課 伊藤弘範課長と私との対応があり、東レ株式会社 広報室広報課から、私に対し、そのご支援、お願いを申しげたい件

いつもお世話になります。私が、山口県立防府商業高等学校へ勤務しています時、その在勤中に、外務大臣 官房総務課より、私の許へ、「外務省 いわゆる 密約書 不在における問題」に関する問い合わせが入り、その後も、私は、外務省へ、その対応し「外務省 いわゆる 密約書 不在における諸問題」へいたる内容に関係し、今回にあたり、その平成29年8月28日、東レ株式会社 広報室広報課 別所達也課長宛へ、私の連絡文の内容、「東レ株式会社 会社概要とCSRレポートを拝受し、連絡を申し上げます件」を送信しました。しかし、私が、その送信をした後における対応が発生しており、よって、東レ株式会社 広報室広報課から私に対する、そのご支援の程、お願いを申しげたいという内容です。東レ株式会社 広報室広報課 別所達也課長宛へ送信した後の、その経過内容に関しては、以下のとおりです。

平成29年12月1日、NHK 大河ドラマ 花燃ゆ、放映後における 山口県 防府市役所と私との対応があり、山口県 防府市 株式会社 丸久 経営企画室 広報担当 浅原様の許へ 山口県 山口市  浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 山口教区教務所 木下祐祥輪番と私は、今までの経緯に関し、現在へといたり、私からの説明文も添え、本願寺山口別院 山口教区教務所 輪番応接室にて、対談し、その際、「月性生誕200年記念誌を確かに受領しました」との受領書も 浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 山口教区教務所 木下祐祥輪番から 拝受し、そのおり、柳井市 妙圓寺 住職 と、その今までにおける宮様との関係に関し、浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 山口教区教務所 木下祐祥輪番の許へ、私が、説明を入れたという経緯に関する連絡文 送信し、山口県 柳井市 等からは、その対応も、していただているため、柳井市 月性生誕200年記念式典に続き、来年の 山口県下における、明治維新150年記念式典に向け、今後における対応があり、よって、確認の連絡、株式会社 丸久 経営企画室 広報担当 浅原様の許へ 入れ、その際、株式会社 丸久 経営企画室 石原様からも、私は、その対応をしていただくことができた。

平成29年12月1日、日本大学広報部大学史編纂課、私の担当へ、明治維新150年、及び、日本大学創設130年に向け、日本大学による、その取り組みにおける内容に関し、私は、問い合わせを入れて、その回答を得た。

平成29年11月29日、下記における各対応が私には、あるため、よって、山口県柳井市教育委員会 生涯学習・スポーツ推進課 主査の許へ その連絡 説明文 送信し、内容に関する報告を申し上げている。

平成29年11月29日、「外務省 いわゆる 密約書 不在における諸問題」へいたる内容に関係し、 山口県 山口市  浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 山口教区教務所 木下祐祥輪番と私は、今までの経緯に関し、その現在へと いたり、私からの説明文も添えて、本願寺山口別院 山口教区教務所 輪番応接室において、対談し、その際、「月性生誕200年記念誌を確かに受領しました」との受領書も 浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 山口教区教務所 木下祐祥輪番から 拝受した。

平成29年11月29日、山口県 山口市教育委員会 文化財保護課 文化財保護担当 主事より、私の許へ、連絡が入り、私は、その対応を持った。

平成29年11月28日、山口県 観光スポーツ文化部 観光プロジェクト推進室 三浦健治室長、幕末維新プロジェクト班 井上光宏主査と私は、山口県庁にて対談した。その後、山口県下の観光プロジェクト推進室から、山口県 その市町に対応されている内容に関し、山口県観光スポーツ文化部 幕末維新プロジェクト班 井上光宏主査の許へ、問い合わせを入れた。

同日、山口県観光スポーツ文化部 県史編さん室 岡本操室次長と私は、山口県庁にて対談もした。

平成29年6月9日、日本内閣府、及び、財務省、外務省、文部科学省、文化庁、山口県 防府市、山口県教育庁 教職員課、広島県 広島市立大学、広島修道大学、広島大学、九州大学、山口大学、山口県立大学、慶應義塾大学 塾長室 ・・・ 等 に亘る その広域 学事 内容であるため、九州大学 貝塚地区 事務部 庶務係 古賀様 宛て、私から、連絡文を送信している。

平成29年9月22日、山口県 健康福祉部 薬務課 製薬指導班 班長 香川裕子主幹、山口県 健康福祉部 薬務課 麻薬毒劇物班 班長 林 雅裕主幹 等 私は、山口県 情報公開センター 受付にて、情報開示後に、その内容に関する懇談し、今回、香川裕子主幹、林 雅裕主幹、その二人と私との対談内容に関しては、その回答を山口県 健康福祉部 薬務課 伊藤弘範 課長より、私の許へいただきたい旨、申し伝えた。

………………………………………………
<火災>静岡・富士の化学工場で爆発 1人死亡、11人負傷

12/1(金) 10:19配信

1日午前8時25分ごろ、静岡県富士市厚原の「荒川化学工業富士工場」で、爆発事故があったと110番があった。富士市消防本部などによると、男性作業員(64)が死亡。工場内にいた20~60代の男性11人も負傷し、うち3人は重傷という。荒川化学工業(本社・大阪市中央区)や県警によると、同社は天然樹脂ロジン(松ヤニ)などを原料に、製紙用薬品などを製造。爆発があったのは「生産棟」と呼ばれる4階建て建物とみられる。建物内には印刷インキ用樹脂のプラントがあり、引火性のある有機溶剤などを使用することもあるという。富士工場はJR身延線入山瀬駅から南東へ約500メートルの、工場や住宅が建ち並ぶ一角にあり、市消防本部は一時、現場の周囲約100メートルの22世帯に付近の小中学校などへの避難指示を出した。JR東海によると、事故の影響で身延線は富士-西富士宮間で運転を見合わせた。
 ◇「地鳴りのよう」
現場近くにある作業用品店「ワークマン富士厚原店」の高野淳一店長(49)は「店内にいた時、地鳴りのような爆発音が聞こえた。車が店に突っ込んだかと思って外に出たら、ものすごい黒煙が上がり、何度か爆発音が聞こえ火も見えた。救急車もたくさん来て、けがをした人がいるようで心配だ」と話していた。【早川夏穂、大谷和佳子、松岡大地】 ・・・ 2017/12/1(金)、 毎日新聞 10:19配信より
………………………………………………………………………………
                  連 絡 文                平成29年9月27日

山口県 山口健康福祉センター
保健環境部(山口環境保健所)
生活環境課 環境衛生薬事班 主査様
〒753-8588 山口市吉敷下東三丁目1番1号       発信元:  ( 同 上 )

件名: 山口県 山口健康福祉センター 保健環境部(山口環境保健所)へ 行き、公文書開示請求、以下の対応もあり、今までに、その関係する公文書開示請求しますこと、平成29年9月26日、山口健康福祉センター 生活環境課長にも、私は、面会し、山口県山口健康福祉センター保健環境部(山口環境保健所) 生活環境課 環境衛生薬事班 大橋めぐみ主査の許へ、報告をします件

いつもお世話になります。別紙 連絡文 平成28年12月20日付、私から、その山口県 山口健康福祉センター 保健福祉企画室 「山口県医療安全支援センター」 相談窓口 牧野明美主任 宛への連絡文 写し1枚(部分)、及、以下から その対応 内容も私には、ありますために、この度、山口県山口健康福祉センター保健環境部(山口環境保健所)が対応する、その公文書開示請求書 2枚 提出します。よろしく、お願いを申し上げます。
………………………………………………………………………     
連絡文 3枚   平成29年9月1日
山口県 健康福祉部 薬務課 課長 伊藤弘範 様 

                        発信元: ( 同 上 )

件名 : 「平成28年度 薬務行政の概要」の情報公開センターに置かれるに至った公文書について、山口県 薬務課 製薬指導班 香川裕子主幹より、その領収書を受け取った後、山口県健康福祉部薬務課 麻薬毒劇物班 林雅裕主幹から 私との対応に関して、山口県 健康福祉部 薬務課 課長 伊藤弘範 様へ報告をいたします件

平成29年8月31日、山口県 健康福祉部 薬務課 麻薬毒劇物班 林雅裕主幹 と「平成28年度 薬務行政の概要」の情報公開センターに置かれるに至った公文書については、山口県 薬務課よりの領収書を受け取った後 との各対応に関し 私との各対応に関しては、私から、説明しているにもかかわらず、山口県 健康福祉部 薬務課 麻薬毒劇物班 林雅裕主幹からの私への対応に関して、納得がいかない点が、下記、山口県防府健康福祉センターからも、現在に至るも、私に対しては、あるために、私から 山口県 健康福祉部 薬務課 麻薬毒劇物班への情報開示請求後 山口県 健康福祉部 薬務課 麻薬毒劇物班 林雅裕主幹からの私へ対する、その対応、今までの経緯に関しましては、そのお聴き取りの程を、山口県 健康福祉部 薬務課 課長 伊藤弘範 様から、お願いを申し上げますとともに、そのご回答の程も、よろしく、お願いを申し上げます。

以下は、今まで、私に身の回りの経緯に関し、私からの説明文となります。
............................................................
山口県防府健康福祉センター ( 山口県防府環境保健所)の件 )

2009年10月6日、山口県防府健康福祉センター(山口県防府環境保健所)に 天神まちかどフェスタで掲示した献血推進パネルを返却しに行く。担当の薬剤師資格保持 職員から「フェスタで献血推進の活動写真が撮れましたか。」と尋ねられる。

「今年は、実質、私一人で、今回、インターアクトクラブ生徒を指導し、天神まちかどフェスタで、献血推進活動と募金活動を担当したので、記録写真を撮るゆとりが従来のように、ありませんでした。誠に残念でした。」と山口県防府環境保健所 薬剤師資格保持 職員に対し10月6日は、答えていた。

しかし、今日、12月9日に、山口県防府健康福祉センター(山口県防府環境保健所)の薬剤師資格保持 職員よりFAXが、突然、勤務先に入信されてくる。

その文書内容について、山口県防府健康福祉センター(山口県防府環境保健所)、あの方に確認をしに行く。あの方( 現 山口県 山口環境保健所 生活環境課 環境衛生薬事班 大橋めぐみ主査 様 )は、山口県防府環境保健所で各電話応対に忙殺されていた。そばにいた防府環境保健所 職員に説明を聞き。その内容についての記載事項がわかり、その内容をまとめ。夕方、勤務先から山口県防府健康福祉センター(山口県防府環境保健所)にまとめた内容について、山口県防府環境保健所 職員に持って行く。

今日は 特に、新型インフルエンザの対応にも、山口県防府環境保健所 職員 皆様、忙しい様子であった。
……………………………………………
以下の内容につきましては、それを省略します。

(省略)

……………………………………………
平成29年11月28日、東レ株式会社 広報室 広報課 福田様との間にて、私から、東レ株式会社 広報室 広報課長へ 連絡文を平成29年8月28日、送信している件にて、その対応を持つ。その際、山口県 防府市役所 総務部 総務課 秘書室長 松村訓規様から 私への対応 等が、今まで、あるために、よって、東レ株式会社 広報室 広報課 福田様へ、東レ株式会社が、生産をされている ある製品名と、その製造工場がある地域と場所に関し、その確認を入れた。



コメント

最新鋭F22やF35など230機が…米韓空軍の演習始まる

2017年12月04日 | 日米安保条約
最新鋭F22やF35など230機が…米韓空軍の演習始まる

12/4(月) 10:30配信

アメリカと韓国は、最新鋭のステルス戦闘機も投入した航空機による過去最大規模の合同演習を4日から開始しました。北朝鮮は強く反発しています。アメリカと韓国の空軍による定例の合同演習「ビジラントエース」は4日から8日まで韓国で行われます。アメリカ軍からは1万2000人が参加し、最新鋭のステルス戦闘機「F22」や「F35」も派遣されます。演習は米韓の航空機230機余りで実施され、過去最大規模になります。先月29日に新型の大陸間弾道ミサイルを発射した北朝鮮に対し、核やミサイル施設への攻撃能力を示して牽制(けんせい)する狙いがあります。一方、北朝鮮は「重大な軍事挑発だ」「挑発には無慈悲な報復が伴う」と強く非難していて、新たな挑発行為に出る恐れもあります。(C) CABLE NEWS NETWORK 2017

【関連記事】
•北朝鮮大使「米韓軍事演習の停止が話し合いの条件」
•北朝鮮「無慈悲な報復」 米韓合同軍事演習に警告
•トランプ氏、緊張緩和を示唆も…軍事演習は中止せず
•台湾で軍事演習 中国の侵攻を想定 蔡総統が視察
•米韓 過去最大規模の演習へ 「核の悪魔」と米非難

・・・2017/12/4(月) 最終更新 11:16
テレビ朝日系(ANN) 配信より

私のコメント:平成29年12月4日、アメリカと韓国の空軍による定例の合同演習「ビジラントエース」は4日から8日まで韓国で行われます。演習は米韓の航空機230機余りで実施され、過去最大規模になります。一方、北朝鮮は「重大な軍事挑発だ」「挑発には無慈悲な報復が伴う」と強く非難していて、新たな挑発行為に出る恐れもあります。



コメント

「一切の功徳を合わせて 妙の文字と ならせ給う」

2017年12月04日 | 仏教
平成29年12月4日、「一切の功徳を合わせて 妙の文字と ならせ給う」

妙心尼御前御返事/
弘安3年(1280)聖寿59歳

=妙の意味=
「功徳」とは、善い結果をめざす精進努力のことです。
「失敗は成功のもと」とも言いますから、精進努力は必ず報われるものです。
「妙」は、細やかで美しく、優れている様子です。さらに自然や人、文物を見て、その心に触れることを意味しています。これによって、総ての本質を正しく知ることができるのです。

合掌して、今年一年の総てのことを「妙」の一字に集約し、新しい年をより善く、安穏な社会が実現するよう祈りましょう。

『妙心尼御前御返事』
このご遺文は、日蓮聖人の信徒の妙心尼が、亡き夫の菩提を弔うために、聖人のもとへ供養の品々を届けたことに対する礼状です。まず、供養の志に故人も喜び、遺した家族をおもいやっているであろうと述べられました。次に、花が種や実となるように、「妙」の文字には、凡人が仏となる不思議な力があると信仰の世界を示されました。そして「妙」とは一切の功徳を合わせたものだと結ばれています。

弘安3年(1280)

聖寿59歳

・・・ 日蓮宗 ホームページ より 引用

「いのち」に合掌、「いのち」を大切にしましょう。





コメント