地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

英メイ首相 NHK単独インタビュー全文(英語)

2017年09月01日 | 山口県庁
英メイ首相 NHK単独インタビュー全文(英語)

9月1日 21時25分

日本を訪問しているイギリスのメイ首相は、日本のメディアとして初めてNHKのインタビューに応じました。その全文です(英語)。

続きを読む


Q: So Prime minister, thank you very much for your time this morning. I’m very very much humbled to have this opportunity to talk to you directly.

First of all, if I may ask you your take about the trip, three days is
obviously a very long time for a Prime Minister to take off time over your very busy schedule.

And not only you visited Tokyo, and had a long meeting with the Prime Minister, you did see the countryside as well. So I would like to know what’s your impression of the country, not only from a political achievement, but also from your personal point of view.

Prime Minister: Well thank you very much, and I’ve been delighted to be here in Japan as it’s my first trip to Japan. And I was very pleased to be able to go to Kyoto, as well as to Tokyo, and to take part in a tea ceremony, to see some of the traditional culture of Japan, as well as seeing the modern dynamism, and going on the bullet train from Kyoto to Tokyo, I think it’s a very good symbol of that modern dynamism.

So I’ve been fascinated by what I have seen here. It’s been so welcoming, and it’s been a very good trip. I was privileged to have an audience with his majesty the emperor as well.

But also -obviously- some very good meetings with Prime Minister Abe. Meetings with business leaders too. And I’m pleased to say that following this trip, I think we have a real opportunity to take the links between Japan and the UK to a new level, in a number of areas.

Trade is important particularly, but also in security and defense, of course, I’m here at a time when Japan has seen through the actions of North Korea, the concerns about security in this region, and for people here in Japan too.

And I’m very pleased to have been able to express our absolute solidarity from the United Kingdom with Japan and the Japanese people. And the need for us to work together to deal with this threat from North Korea.

Q: Since you mentioned North Korea now, if I may ask you a related question. The UK obviously has strong ties with the United States, and currently the president is using very strong language. The UK also has an ambassador in Pyongyang. You have a very unique position to use your position to -maybe- help solve the tension, at least diffuse the tension, and even solve the problem all together. How will the UK be committed to that?

Prime Minister: Well we are committed to working … working with our international partners. So yes with the United States, but also of course with Japan and others, to ensure that we can get to the solution all want, which is North Korea stopping these illegal acts.

The United Kingdom has played its role in the United Nations Security Council, who -of course- were united in their condemnation of North Korea, in the resolution that they passed earlier this week.

But what is clear is that we need to work together -I think- for a new resolution. We need to ensure that we -perhaps- increase the pace of the implementation of sanctions. And as I have said before, I think China plays a key role here in the leverage that it can have on North Korea.

And I will be playing my part, and the UK will in joining with others in encouraging China to exercise that leverage on North Korea.

Q: On the issue of Brexit, I think I’ll do appreciate … I think you have talked with the British leaders, and they have possibly raised their concerns about the negotiation and the implication of the outcome. Can you maybe -again- reiterate your position of the Brexit negotiations? And is working out with the deal, or coming out without a conclusive agreement is still a possible option?

Prime Minister: Well, what we all want, and what I want, what government wants, and I think what businesses and people want is a good deal from the negotiations, and that’s what we’re working for. And that means a good trading arrangement, so that we can continue to see trade between businesses in the UK and the rest of the European Union, the remaining 27 countries.

And I want that trade to be as frictionless, in terms of customs and borders, but also as tariff-free as possible. So that we can continue to see that really good relationship. I think that’s not just in the interests of the UK and businesses in the UK, including Japanese businesses in the UK, but also in the interests of the rest of the European Union too, and that’s what we’re working for.

But I know that one of the concerns raised by businesses, and I’ve had the opportunity to meet some very significant business leaders here in Japan, one of the concerns is about the smooth and orderly process of Brexit, so that there isn’t disruption to the economy, and disruption to business.

And we’re very clear that it’s important that we have that smooth and orderly process of Brexit. But of course, we also want to encourage wide trade links around the rest of the world for the UK. And I’ve been very pleased to have discussions here about our future trading relationship with Japan.

I’m one of the people sitting around the European Union table, encouraging the EU to complete its process of an economic agreement with Japan. And we want that then to be the basis of the arrangement that we can make of the UK with Japan when we leave the European Union.

And I’m very pleased at the significant interest … continued interest in investment in the UK from Japanese businesses, and as Prime Minister Abe said at the business forum yesterday, I think Japanese businesses are confident in the UK, even after Brexit.

Q: Do you think the confidence is building on the European side as well, obviously negotiations talks are difficult, and we haven’t really seen positive news from Brussels yesterday. Do you think there’s confidence building on both sides?

Prime Minister: Well, there is ... the talks have been constructive. They will take time. And there are various elements to the negotiations. What we’ve been doing as the United Kingdom government is publishing a set of papers, which have set out options on various issues, like the future customs relationship.

We’ve been doing a lot of work inside the government, and engaging in businesses in the UK, as well in that work, to set out what we think is should be the case in terms of the future relationship in various areas.

And we have had constructive discussions. Negotiations are always negotiations. So there are always points where there are perhaps disagreements, and then work is needed to get across over those disagreements, which is what we’re doing.

But I’m confident that we can come out of this with a good deal, which will work for businesses in the UK, but will also be good for businesses in the European Union, who want to trade with the United Kingdom in the future.

Q: During this summer, I think there’s a new idea of interim period. Can you maybe give us a little bit more idea what it looks like? Is it pretty much the same as what we are doing now? And is there a possibility of extending that interim period should the talks during that period didn’t proceed as well as it should be?

Prime Minister: Well I think everybody on both sides wants to achieve a result in terms of having concluded the exit and the new relationship that the UK will have with the European Union, within the timetable that has been set out by the EU in its own … in the treaty, which is the two years, which end in March 2019.

There will then be a period, given that this is going to be a new relationship between the UK and the European Union …

There will then be a need for government, businesses to make any changes necessary to adjust to that new relationship. And that is what we call the interim period.

So it is a point where you know what the future relationship between the U.K. and the European Union will be and where there are necessary changes, there will be time so that the businesses are able to put those changes in place. So nobody will face a dramatic change at the end of the negotiations. There will be a period of adjustment that will be available. Now how long that is will be obviously something we will be talking about in the negotiations. But I think we all want to ensure that it is not a period that is extended unnecessarily; that it is for that practical implementation of any changes that are necessary. That to give businesses the confidence of knowing that they will be able to carry on and have that period so they will not have to change everything overnight.

Q: So the goal post has not been removed? The dead line of the … is March 2019.

Prime Minister: We are still aiming for that. That is right. Yes.

Q: If I may move on to something different which will be the London Olympics and the security. As a one time Londoner I think I understand what it takes to come to terms to keep the city safe and the sacrifice that the people in the UK pays. And you have generously offered that help and expertise in the run up to the Rugby World cup and Olympics. Can you maybe explain to us maybe what kind of support and assistance we might be able to get from the United Kingdom building up on the expertise?

Prime Minister: Yes we are delighted to offer expertise and support to Japan for Tokyo 2020. And it… I know the amount of work it takes to go into these things. I was the home secretary the interior minister when the London Olympics and Paralympics were held and was responsible for the security side of the Olympics and Paralympics. And so there are a number of areas aspects on the security side that we will be able to provide support on including on cyber security as well. But I think also we will be able to share our experiences overall on the Olympics and Paralympics. And it was a tremendous event for London. I am sure it will be for Tokyo as well. In terms of being able to showcase the country and people will be coming to Japan; many, perhaps, for the first time. And it is a huge opportunity to show as I say showcase Japan and its traditions and its culture. But also its sporting achievements as well. And I was very pleased this morning to be able to see the wheelchair basketball the great British team and to meet the captain of the Japanese wheelchair basketball team as well preparing for the Paralympics.

Q: From your experience, we have only got three years to go until we get to the Olympics; what is the crux of getting it safe and secure and successful? What is the key?

Prime Minister: I think the key thing on the security side is to be thinking about it all the time and to ensure that as you plan the Olympics themselves, that aspect of security is one of the issues that you are constantly looking at. Rather than, if you like, building the Olympics and then thinking about security.

Q: My almost final question… If I may ask you what was your choice of dresses as you came off the airplane the day you touched down in Japan? And secondly, I am not sure how you feel about always being compared to Margaret thatcher as the second female P M, but we in Japan still have not had the privilege of having a female leader for the country and Looking at you in London, I can only imagine the overwhelming task and burden… the difficulty. What makes you do that? What is your advice to females living in Asia to achieve something be it in politics or academics or business, anywhere? What kind of message will you deliver?

Prime Minister: Well thank you. And as for the red dress I wore when I arrived in Japan, I wore that as a mark of respect. This is the relationship the UK has with Japan. It is a very important one for us. We have had a good relationship for many years but I believe we can raise that relationship to a whole new level. And that ha s been the outcome of my excellent talks that I have had with Prime Minister Abe here in Japan and we will be doing that. And looking to broaden and deepen the links we have not only in trade but also in security and defense. I am very pleased to be coming here as a female prime minister. I think it is important for women to be able to go as far as their talents will take them. Be that in politics or in business. I have discussed this with Prime Minister Abe has discussed with me his desire of the work that is being done here to see more women in positions of business and to see a greater number of women taking interest in business and in politics. And I think I would say to women who are interested I think it is important to believe in yourself, to be yourself, but also to be ambitious. And I very much believe that and I say this in the United Kingdom that how far somebody goes what they are able to achieve in life should be about their talents and their willingness to work hard. And I think it is important that those talents of women are drawn out and women are given the opportunity to develop those and to contribute.

Q: One last question. Since you mentioned about an elevated relationship between the two countries, can you maybe explain about your vision about Global Britain when some in Japan still think that Brexit is a result of result of you know inward looking isolationism. Something similar to what the US has chosen to do. And can you maybe clarify the differences in approaches and stances between the US and Great Britain?

Prime Minister: Yes, the Brexit vote in the UK was not about us becoming inward looking. In fact Brexit enables us will enable us to become more outward looking around the whole of the whole of the world. The Brexit vote was about the UK people in the UK feeling they wanted to have control of themselves, their laws and borders; rather than being part of an institutional set up in Europe that made some of those decisions. But we do want to be more outward looking and global Britain is about the U K taking its place in the world having new trade deals with countries around the world but also playing a greater role in the security and defense arena around the world. And I am pleased that we will be doing that with Japan. That we will be seeing more exchanges of troops in training and exercises being undertaken between the UK and Japan for example. And I think this is an important symbol of the way which we do want to take that role and work with newer allies around the world. And in relation to Japan, if you think about it The United Kingdom and Japan are both maritime nations. We are both very outward looking. We believe in democracies. We believe in the rule of Law. We believe in human rights. We have very similar outlooks in that way. I think that we are natural partners and natural allies.

Q: Thank you very much Prime Minister.

Prime Minister: Thank you. ・・・ 平成29年9月1日 NHK NEWS WEB 21時25分 配信より

私のコメント : 平成29年9月1日、「 The United Kingdom Prime Minister: See You Again. Thank you for the coming British leaders to Japan. 」



コメント

日本外務省 中東欧課 安倍様の許へ、過去、日本、ハンガリー王国と英国との間における 外交関係に関し、連絡

2017年09月01日 | 山口県庁
平成29年9月1日(金)、平成24年1月30日、日本外務省 欧州局 西欧課 英国班 近藤様へ 連絡、「長州ファイブ150周年」開催 等の各行事予定につき、問い合わせをする。外務省 欧州局 西欧課 英国班 近藤様から、その時は、英国大使館 広報部を紹介してもらい、英国大使館 広報部 宛て、私は、挨拶状、及び、私の家と英国との永年における歴史関係、萩市において、私が、駐英国特命全権大使 林景一氏と懇談した日英における外交 対談における内容、その説明の連絡文を送った後の経過があり、日本外務省 欧州局 西欧課 英国班 松村様と私は、対談した後に、更に、英国大使館 スタッフとの間でも、私は、その連絡対応を持った後の対応 等 もあり、日本外務省 中東欧課 安倍様の許へ、過去、日本、ハンガリー王国と英国との間における 外交関係に関し、その連絡を入れた。



...................................................................
<安倍首相>英国のメイ首相とお茶会 京都で

8/30(水) 20:14配信

安倍晋三首相は30日、公賓として初めて訪日した英国のメイ首相を京都市に招き、お茶会や非公式夕食会でもてなした。安倍首相は同市上京区の表千家不審菴(あん)で、赤のワンピースに白のジャケット姿で到着したメイ首相を「ウエルカム」と笑顔で迎えて握手。お茶会では、祖父・岸信介元首相直筆の文字が書かれた茶わんを使い、メイ首相にお茶の手順や表千家の歴史などを説明するなど、和やかな雰囲気だったという。その後は同区内の京都迎賓館で夕食会に臨んだ。両首相は31日に東京で会談し、北朝鮮情勢などを巡って協議する見込み。メイ首相は日本政府の国家安全保障会議(NSC)特別会合にも出席する。【竹内望】

・・・ 平成29年8月30日(水)、毎日新聞 最終更新 22:04 配信より

私のコメント : 平成29年8月31日(木)、平成24年1月30日、日本外務省 欧州局 西欧課 英国班へ連絡、「長州ファイブ150周年」開催 等の各行事予定につき、問い合わせをする。外務省 欧州局 西欧課 英国班から私に、英国大使館 広報部を紹介してもらい、英国大使館 広報部 宛て、私は、挨拶状、及び、私の家と英国との永年における歴史関係、萩市において、私が、駐英国特命全権大使 林景一氏と懇談した日英における外交 対談における内容、その説明の連絡文を送った後の経過もあり、日本外務省 欧州局 西欧課 英国班 松村様と私は、対談し、その後、英国大使館 スタッフとの間にて、その連絡対応を持った。

平成29年8月30日(水)、安倍総理大臣は、日本を訪れているイギリスのメイ首相を京都 「表千家不審菴」にて、日英外交における、その親交を深めた。また、日英 両首脳は、平成29年8月31日、日英首脳会談を行い、日英共同宣言を発表する。

平成24年1月30日(月)、日本外務省 欧州局 西欧課 英国班へ連絡し「長州ファイブ150周年」開催 等の各行事予定につき、問い合わせをする。そうすると、外務省 欧州局 西欧課 英国班から私に、英国大使館 広報部を紹介してもらい、英国大使館 広報部 宛て、私は、挨拶状、及び、私の家と英国との永年における歴史関係、萩市において、私が、駐英国特命全権大使 林景一氏と懇談した日英における外交内容につき、説明の連絡文を送る。


コメント

山口県 健康福祉部 薬務課 課長 伊藤弘範 様 平成29年9月1日

2017年09月01日 | 山口県庁
山口県 健康福祉部 薬務課 課長 伊藤弘範 様 平成29年9月1日 発信者 省略

件名 : 「平成28年度 薬務行政の概要」の情報公開センターに置かれるに至った公文書について、山口県 薬務課 製薬指導班 香川裕子主幹より、その領収書を受け取った後、山口県健康福祉部薬務課 麻薬毒劇物班 林雅裕主幹から 私との対応に関して、山口県 健康福祉部 薬務課 課長 伊藤弘範 様へ報告をいたします件

平成29年8月31日、山口県 健康福祉部 薬務課 麻薬毒劇物班 林雅裕主幹 と「平成28年度 薬務行政の概要」の情報公開センターに置かれるに至った公文書については、山口県 薬務課よりの領収書を受け取った後 との各対応に関し 私との各対応に関しては、私から、説明しているにもかかわらず、山口県 健康福祉部 薬務課 麻薬毒劇物班 林雅裕主幹からの私への対応に関して、納得がいかない点が、下記、山口県防府健康福祉センターからも、現在に至るも、私に対しては、あるために、私から 山口県 健康福祉部 薬務課 麻薬毒劇物班への情報開示請求後 山口県 健康福祉部 薬務課 麻薬毒劇物班 林雅裕主幹からの私へ対する、その対応、今までの経緯に関しましては、そのお聴き取りの程を、山口県 健康福祉部 薬務課 課長 伊藤弘範 様から、お願いを申し上げますとともに、そのご回答の程も、よろしく、お願いを申し上げます。

以下は、今まで、私に身の回りの経緯に関して、私からの説明文となります。
.............................................................
山口県防府健康福祉センター ( 山口県 防府環境保健所 の件 )

2009年10月6日、山口県防府健康福祉センター(山口県防府環境保健所)に 天神まちかどフェスタで掲示した献血推進パネルを返却しに行く。担当の薬剤師資格保持職員から「フェスタで献血推進の活動写真が撮れましたか。」と尋ねられる。

「今年は、実質、私一人で、今回、インターアクトクラブ生徒を指導し、天神まちかどフェスタで、献血推進活動と募金活動を担当したので、記録写真を撮るゆとりが従来のように、ありませんでした。誠に残念でした。」と山口県防府環境保健所 薬剤師資格保持 職員に対し10月6日は、答えていた。

しかし、今日、12月9日に、山口県防府健康福祉センター(山口県防府環境保健所)の薬剤師資格保持 職員よりFAXが、突然、勤務先に入信されてくる。

その文書内容について、山口県防府健康福祉センター(山口県防府環境保健所)、あの方に確認をしに行く。あの方は、山口県防府健康福祉センター(山口県防府環境保健所)、で各電話応対に忙殺されていた。そばにいた防府環境保健所職員に説明を聞き。その内容についての記載事項がわかり、その内容をまとめ。夕方、勤務先から山口県防府健康福祉センター(山口県防府環境保健所)にまとめた内容について、山口県防府環境保健所 職員に持って行く。

今日は特に、新型インフルエンザの対応にも、山口県防府環境保健所 職員 皆様、忙しい様子であった。
……………………………………………
連絡文 2枚   平成29年8月7日

株式会社 丸久 代表取締役 社長 田中 康男様     (同 上) 

件名: 以下の連絡文に関しまして、株式会社 丸久 社長 田中 康男様へ、お尋ね申し上げます件

いつもお世話になります。平成29年1月6日付、株式会社 丸久 様 宛へ 私からの 以下 連絡文につきまして、株式会社 丸久 代表取締役 社長 田中 康男様からは、私の許へ連絡が入りません。どのようになっておりますでしょうかと、再度、お尋ねを申し上げます。宜しく、お願いを申し上げます。また、株式会社 丸久 代理人上田弁護士による、書面だけの、全く、誠意が見られない対応に関し、納得できない内容であることと、主張します。以下 連絡文につきまして、株式会社 丸久 代表取締役 社長 田中 康男様から、私の許へ連絡がないことについて、私は、精神的な苦痛と、私の公務に関わる、業務妨害を受けていますと、主張をいたします。

…………………………………………..
「 連絡文 本文 1枚               平成29年1月6日

株式会社 丸久本部 執行役員 橋本洋樹 総務部長様 (同 上)

件名: 国会議員会館 事務所 奥野信亮代議士様 等への私が連絡している多忙な中、株式会社丸久からの同意書は、本人(私)が立ち会いのもとに、担当の医師と共に、その診断書における説明を受けることの明記された同意書を持参されたいと申し上げている件にも関係し株式会社 丸久本部 執行役員 橋本洋樹 総務部長へ連絡申し上げます件

平成29年1月5日 株式会社 丸久 本部 橋本洋樹 総務部長が、自宅に来訪され、確認のため、書面での連絡いたします。平成29年1月5日 同席者は、株式会社 丸久 アルク大内店 副支店長 御所園 様でした。昨年の平成28年12月末、アルク大内店 副支店長 御所園 様から、私に対し、「平成29年1月5日には、私から請求を申し上げている通院費 代金については、持参する」と約束されて言われていましたが、予定通り、私は、アルク大内店 副支店長 御所園様が、その約束通りの代金を持参されず困っていますこと書面にて、通知いたします。私が、今回の株式会社丸久本部からの同意書を提出するにあたりましては、株式会社丸久本部より、ご配慮の程も、よろしくお願い申し上げます。 平成29年7月26日、送信時 丸久 ナカツカサ様からの対応 」…………………………………………………………………………………
      連絡文     平成29年8月3日

株式会社 丸久 社長 田中 康男様             (同 上) 

件名: 以下の連絡文に関しまして、株式会社 丸久 社長 田中 康男様へ、お尋ね申し上げます件

いつもお世話になります。平成29年7月26日付、株式会社 丸久 代表取締役 社長 田中 康男様 宛へ 私からの以下 連絡文につきまして、その後、平成29年7月26日から、一週間たちますが、株式会社 丸久 代表取締役 社長 田中 康男様から、私の許へ連絡が入りません。どのようになっておりますでしょうかと、お尋ね申し上げます。宜しく、お願いを申し上げます。 

( 以下については、 省略をします。)
.............................................
山口県 健康福祉部 薬務課 麻薬毒劇物班 林雅裕主幹による 私との各対応に関する内容について、

平成29年8月31日、山口県 健康福祉部 薬務課 麻薬毒劇物班 林雅裕主幹 と 私との各対応に関し、・・・ 私との各対応に関しては、私から、説明しているにもかかわらず、山口県 健康福祉部 薬務課 麻薬毒劇物班 林雅裕主幹に関しては、その納得がいかない点が、山口県防府健康福祉センターから、現在に至るも、私に対しても、それが、多々あるため、私から 山口県 健康福祉部 薬務課 麻薬毒劇物班へ、その情報開示請求後 山口県 健康福祉部 薬務課 麻薬毒劇物班 林雅裕主幹からの対応、また、今までの経緯に関して、私は、そのブログ表記して、その説明もしていかなければいけなくなった。

.............................................................
山口県防府健康福祉センター ( 山口県 防府環境保健所の件 )

2009年10月6日(火)、山口県防府健康福祉センター(山口県防府環境保健所)に 天神まちかどフェスタで掲示した献血推進パネルを返却しに行く。担当の薬剤師資格保持 職員から、「フェスタで献血推進の活動写真が撮れましたか。」と尋ねられる。

「今年は、実質、私一人で、今回、インターアクトクラブ生徒を指導し、天神まちかどフェスタで、献血推進活動と募金活動を担当したので、記録写真を撮るゆとりが従来のように、ありませんでした。誠に残念でした。」と山口県防府環境保健所 薬剤師資格保持 職員に対し10月6日(火)は、答えていた。

しかし、今日、12月9日(水)に、山口県防府健康福祉センター(山口県防府環境保健所)の薬剤師資格保持 職員よりFAXが、突然、勤務先に入信されてくる。........ 以下  内容に関しては それを省略する。

.................................................
「党を政権交代の高みまで」 民進新代表の前原氏が会見

9/1(金) 16:00配信

民進党の新代表に選ばれた前原誠司氏は1日、代表選後の記者会見で「この党を政権交代の高みまで、みなさんの力で持って行くことに力を注ぎたい」と述べ、安倍政権に対抗していく考えを示した。党幹事長を含む党人事については「投票結果も踏まえて少し考えさせてもらいたい」と述べるにとどめたが、「来週の早い時期に両院議員総会を開くことで調整している」として、週明けに人事を固める考えを示した。

【写真】民進党の新代表に決まり、「がんばろう」三唱する前原誠司新代表(中央)ら=1日午後2時38分、東京都港区、池田良撮影

前原氏は会見で、「私が会長を務める党の『尊厳ある生活保障総合調査会』を作り、我々が目指す社会像を1年間検討してきた。これをベースとして、1年3カ月以内に解散総選挙があるなかで、マニフェストでどういう社会を目指すか、国民に分かりやすい像を示していきたい」と述べた。            朝日新聞社

【関連記事】

• 民進新代表に前原氏 枝野氏を退ける
•「どうせ民進党はなくなる」幹事長辞任…内部にも解党論
• 特集:民進党代表選
•ふるさと納税、見直すべきだが…「スガ案件」恐れる官僚
• 路上の貧困生活、電話かければ郵便受けに500円が…

・・・ 平成29年9月1日、朝日新聞デジタル 最終更新: 18:40 配信より



コメント

山口県 健康福祉部 薬務課 麻薬毒劇物班 林雅裕主幹による 私との各対応に関しては、・・・

2017年09月01日 | 山口県庁
山口県 健康福祉部 薬務課 麻薬毒劇物班 林雅裕主幹による 私との各対応に関しては、・・・

平成29年8月31日、山口県 健康福祉部 薬務課 麻薬毒劇物班 林雅裕主幹 と 私との各対応に関し、・・・ 私との各対応に関しては、私から、説明しているにもかかわらず、山口県 健康福祉部 薬務課 麻薬毒劇物班 林雅裕主幹に関しては、その納得がいかない点が、山口県防府健康福祉センターから、現在に至るも、私に対しても、それが、多々あるため、私から 山口県 健康福祉部 薬務課 麻薬毒劇物班へ、その情報開示請求後 山口県 健康福祉部 薬務課 麻薬毒劇物班 林雅裕主幹からの対応、また、今までの経緯に関して、私は、そのブログ表記して、その説明もしていかなければいけなくなった。

.............................................................
山口県防府健康福祉センター ( 山口県防府環境保健所)の件 )

2009年10月6日(火)、山口県防府健康福祉センター(山口県防府環境保健所)に 天神まちかどフェスタで掲示した献血推進パネルを返却しに行く。担当の薬剤師資格保持 職員から、「フェスタで献血推進の活動写真が撮れましたか。」と尋ねられる。

「今年は、実質、私一人で、今回、インターアクトクラブ生徒を指導し、天神まちかどフェスタで、献血推進活動と募金活動を担当したので、記録写真を撮るゆとりが従来のように、ありませんでした。誠に残念でした。」と山口県防府環境保健所 薬剤師資格保持 職員に対し10月6日(火)は、答えていた。

しかし、今日、12月9日(水)に、山口県防府健康福祉センター(山口県防府環境保健所)の薬剤師資格保持 職員よりFAXが、突然、勤務先に入信されてくる。

その文書内容について、山口県防府健康福祉センター(山口県防府環境保健所)、あの方に確認をしに行く。あの方は、山口県防府健康福祉センター(山口県防府環境保健所)、で各電話応対に忙殺されていた。そばにいた防府環境保健所 職員に説明を聞き。その内容についての記載事項がわかり、その内容をまとめ。夕方、勤務先から山口県防府健康福祉センター(山口県防府環境保健所)にまとめた内容について、山口県防府環境保健所 職員に持って行く。

今日は特に、新型インフルエンザの対応にも、山口県防府環境保健所 職員皆様、忙しい様子であった。



コメント

市庁舎建て替え 2案比較へ

2017年09月01日 | 山口県庁
市庁舎建て替え 2案比較へ

08月31日 20時47分

防府市は、老朽化した市庁舎の建て替え先を検討委員会が選定したJR防府駅の北側と、現在の場所とで比較するため、それぞれの場所での事業計画などを作成する費用1500万円余りを盛り込んだ一般会計の補正予算案を9月定例議会に提出しました。防府市役所は、もっとも古い建物で建設から60年あまりが経過し、老朽化に伴って建て替えることになっています。市は有識者らの委員会の検討結果をもとに、ことし3月、JR防府駅北側の候補地を移転先とする基本計画を策定しましたが、防府駅の南西側にある現在の場所で建て直した場合の計画も策定するよう、議会が決議しました。これらを受けて市は、候補地としてそれぞれの場所を比較することになり、31日に開会した9月定例議会に詳しい資料を作成するための費用1500万円余りを盛り込んだ一般会計の補正予算案を提出しました。また、防府駅北側で建て直す際には、県道185号線より北側の旧商工会議所ビルを含む1万6400平方メートルを想定区域とすることや、民間と共同で街づくりをする方針を示しました。防府市は2つの候補地について、建物の配置や概算事業費、それに建設スケジュールといった詳しい事業計画などの資料を来年度にかけて策定し検討する予定です。

・・・ 平成29年8月31日 山口 NEWS WEB  20時47分 配信より

私のコメント : 平成29年8月8日、愛媛県と同県今治市が獣医学部の新設提案を説明するため2015年6月に開催され、今年3月に公表されたヒアリングの「議事要旨」のやりとりだ。議事要旨には、内閣府の藤原豊・地方創生推進室次長(当時)が冒頭、「資料その他、議事内容は公開の扱いでよろしゅうございますでしょうか」と問いかけ、愛媛県の山下一行・地域振興局長(当時)が「はい」と了承したやりとりが載っている。WGの八田達夫座長は6日、愛媛県・今治市側は当初、非公開を希望していたと説明。今年1月、同学園が今治市に獣医学部をつくることが決まったのを受けて、「できる限りオープンに」との八田氏の判断で議事要旨を公表したという。

獣医学部新設をめぐる政府の国家戦略特区ワーキンググループ(WG)のヒアリングに学校法人・加計学園の幹部らが同席していた問題で、公表された議事要旨の内容に、実際のやりとりと異なる部分があることが7日、内閣府などの説明で明らかになった。安倍晋三首相は、特区WGの議論が「すべてオープンになっている」としているが、その根拠が揺らいでいる。

獣医学部新設をめぐる問題に関しては、獣医学、薬学との調整も必要なため、日本獣医師会、日本薬学会、製薬業界、等 、また、今後の学校運営に関しても、それに関係する大学、獣医学部へ進学していく予定がある高等学校、教育機関、また、その関係していくであろう周辺における自治体からの承認も必要となってくる。

平成29年8月7日、山口県 情報公開センターへ 私が、提出する公文書開示請求の内容 「 平成29年8月7日、山口県薬務課 香川裕子主幹より 当該「山口県薬務行政概略」につき香川裕子主幹へ私が指摘するまでの間、山口県情報公開センターへおかれなかった理由にかかり、後に、それがおかれる至る 山口県薬務課内での説明と合意内容に関する公文書について、山口県薬務課へ開示請求をする。」の件について、山口県 健康福祉部 薬務課 製薬指導班 班長 香川裕子主幹と私は、対談し、その内容については、以下

『 平成28年度 「山口県薬務行政の概要」について 平成29年8月7日、山口県情報公開センターにおかれるに至った 山口県薬務課内での説明と合意内容に関する公文書 』 の件

平成29年8月7日、山口県 健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹と私との面談も踏まえて、山口県 情報公開センターへ その公文書開示請求書 内容を確定し、提出した。

同日、平成29年1月5日より、山口県 防府市 株式会社 丸久 橋本洋樹 総務部長が、東京都 永田町 国会議員事務所 奈良県 選出 奥野信亮代議士と私との連絡 対応の途上の中へ、介入をされ、私と奈良県 選出 奥野信亮代議士と私との連絡が、一向に、進まなくなった件に関して、私は、株式会社 丸久 代表取締役 田中康男 社長 宛て、平成29年8月7日付 FAX 連絡文を株式会社 丸久 本部へ送信し、今まで、その説明途上 関係もある、山口県 健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹と私との面談内容に関しては、山口県 広報広聴課 佐藤理子主査の許へ、その対談の内容、説明しに行った。

平成29年2月10日、山口県 防府市 上田・藤井総合法律事務所 上田和義弁護士から、2月9日、私の許へ、連絡が入った内容に関し、私の現況における、その状況 説明については、防府市 上田・藤井総合法律事務所 職員へ入れた。

平成29年1月20日、山口県 防府市 上田・藤井総合法律事務所 上田和義弁護士との間において、司法における、その多方面に亘る事柄に関し、私は、その対談をした。
...........................................................
全国市長会長に松浦・防府市長

全国市長会は7日、都内で開いた総会で、新会長に山口県防府市の松浦正人市長を選出した。任期は2年。松浦氏は記者会見し「基礎自治体の声を国や関係機関に発信していく先兵として働く」と述べた。重点テーマとして所有者不明の土地対策や地方大学の振興などを挙げた。

松浦氏は森民夫前会長(前新潟県長岡市長)の新潟県知事選出馬に伴い昨年9月から会長代理を務めていた。会長が欠けた場合の規定が未整備で会長空席が9カ月に及んだため、今回、評議員会で後任を選べるよう会則の一部を改めた。・・・ 平成29年6月7日(水)、日本経済新聞 18:39 配信より

私のコメント : 平成29年6月7日(水)、全国市長会は、都内で開いた総会で、新会長に山口県防府市の松浦正人市長を選出した。松浦氏は記者会見し「基礎自治体の声を国や関係機関に発信していく先兵として働く」と述べた。その重点テーマとしては、所有者不明 土地対策、地方大学 振興などを挙げた。
............................................................
平成28年4月1日(金)、山口県立山口高等学校 事務室 受付まで私は、行き、私の名刺を山口県立山口高等学校 事務職員へ渡して、今までに、山口県教育庁 人権教育課 推進班 河村宏之主査との私は、2回の面会と 私からの説明文における、その対応と説明も、経ているために、山口県立山口高等学校長との間において、私は、その関係する内容についても、電話での連絡対応を持った。防府市総務部総務課 秘書室 貞平慎太郎室長から、今まで、防府市総務部総務課 秘書室 貞平慎太郎室長 経由し 私からの防府市長宛への連絡文に関しての連絡が入らないために、私は、防府市総務部総務課 秘書室まで行き、新任の松村訓規秘書室長に面会し、防府市総務部総務課 秘書室 貞平慎太郎室長 経由し 私からの防府市長宛への連絡文に関し 新任の防府市総務部総務課 秘書室 室長には、その確認も急がせた。

平成28年11月11日(金)、山口県 防府市役所 総務部 総務課 秘書室 松村訓規 室長と私は、面談した。 防府市の人口はおよそ11万7000人。少子高齢化が進展する中で人口減少をどう食い止めるかや、企業誘致による地域経済の活性化、防府市役所の庁舎の移転計画を中心市街地の活性化にどうつなげていくかなどが課題となっています。

平成24年1月30日、日本外務省 欧州局 西欧課 英国班へ連絡し「長州ファイブ150周年」開催 等の各行事予定につき、問い合わせをする。そうすると、外務省 欧州局 西欧課 英国班から私に、英国大使館 広報部を紹介してもらい、英国大使館 広報部 宛て、私は、挨拶状、並び、私の家と英国との永年における歴史関係、萩市にて、私が、駐英国特命全権大使 林景一氏と懇談した日英における外交内容につき、説明の連絡文を送る。



コメント

英空母、南シナ海派遣へ 日英首脳、北非難の声明

2017年09月01日 | 山口県庁
英空母、南シナ海派遣へ 日英首脳、北非難の声明

9/1(金) 7:55配信

安倍晋三首相は31日、訪日中のメイ英首相と東京・元赤坂の迎賓館で会談し、8月29日の北朝鮮による中距離弾道ミサイルの発射に対し「言語道断の挑発行動だ」として、最も強い表現で非難する共同声明を発表した。両首脳は安全保障協力に関する共同宣言も発表、英国が将来の空母の展開も含めアジア太平洋地域への関与を強化する方針を示した。建造中の空母2隻の南シナ海への展開が想定されている。安保協力の共同宣言は、日本ではオーストラリア、インドに次いで3カ国目。日英共同演習に向け、日本は自衛隊員や航空機、艦艇の英国派遣を調整する意向を示した。メイ氏は会談後の共同会見で「来年12月に『アーガイル』(英海軍23型フリゲート)を日本に派遣し、海上自衛隊と初の合同演習を行う」と述べた。会談で両首脳は、北朝鮮への圧力を高めるため、中国の行動が重要だとの認識を共有。中国の海洋進出を念頭に、海洋秩序の維持に向け、防衛装備・技術での協力推進でも一致した。将来的な日英の自由貿易協定(FTA)交渉も視野に、大枠合意した日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)の早期発効への協力も確認した。 


【関連記事】
• 麻生氏は「ヒトラーにシンパシー」 共産・志位氏、首相に罷免要求
• 民進党代表選 前原元外相を選出へ 枝野元官房長官は地方票でも苦戦
• 民進党代表選「前原誠司代表」なら幹事長は? 党人事に注目
• F35ステルス戦闘機も参加し日米共同訓練 空自F15、米空軍B1爆撃機と
•日米の“重層的”会談の狙いは… 中露への圧力、韓国への結束呼び掛けも

・・・ 平成29年9月3日(金)、産経新聞  7:55 配信より

私のコメント : 平成29年9月3日(金)、安倍晋三首相は31日、訪日中のメイ英首相と東京・元赤坂の迎賓館で会談し、8月29日の北朝鮮による中距離弾道ミサイルの発射に対し「言語道断の挑発行動だ」として、最も強い表現で非難する共同声明を発表。英国が将来の空母の展開も含めアジア太平洋地域への関与を強化する方針を示した。建造中の空母2隻の南シナ海への展開が想定される。安保協力の共同宣言は、日本ではオーストラリア、インドに次いで3カ国目。日英共同演習に向け、自衛隊員や航空機、艦艇の英国派遣を調整する意向を示した。メイ氏は会談後の共同会見で「来年12月に『アーガイル』(英海軍23型フリゲート)を日本に派遣し、海上自衛隊と初の合同演習を行う」と述べた。



コメント