地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

天皇退位「来年12月下旬」案=新元号は19年元日から―政府

2017年04月12日 | 山口県 宇部市役所
天皇退位「来年12月下旬」案=新元号は19年元日から―政府

天皇陛下の退位と皇太子さまの新天皇即位の時期について、2018年12月下旬とする案が政府内に浮上していることが分かった。

新たな元号に改める日は、国民生活への影響を最小限にするため19年1月1日を想定している。元日には新年行事が多く予定されているため、代替わりを前倒しするものの、改元までの移行期間を数日程度にとどめたい考えだ。政府関係者が12日、明らかにした。

陛下が退位される日として候補に挙がっているのは、18年12月26日から31日までの間。同23日は陛下の85歳の誕生日で祝賀行事があり、大正天皇逝去の日に当たる同25日は皇居で祭祀(さいし)が行われることから、同26日以降の代替わりが望ましいとの判断が強まっている。皇太子さまが次の天皇に即位しても、改元までは現在の「平成」が使用される。

退位時期をめぐっては、当初、19年元日に改元と併せて行う案が有力視された。しかし、宮内庁は「元日は皇室にとって極めて重要な日だ」として、新年行事に加えて陛下退位と新天皇即位のための儀式を同じ日に実施することは困難との立場を明確にしていた。 ・・・2017/4/12、 事通信 19:16配信より

私のコメント : 「外務省 いわゆる 密約書 不在の問題」、外務省 北東アジア課、今迄における 天皇陛下、島根県 竹島 ご巡拝の件、 プラザ合意、消費税導入、日独、日韓両間 その金融における ・・・・・。


コメント

浄土真宗と本願寺800年の歴史を紹介 龍谷ミュージアムで特別展 京都市

2017年04月12日 | 仏教
浄土真宗と本願寺800年の歴史を紹介 龍谷ミュージアムで特別展 京都市

浄土真宗と本願寺の800年の歴史を振り返る特別展「浄土真宗と本願寺の名宝II-守り伝える美とおしえ」が京都市下京区の龍谷ミュージアムで開かれている。国宝や重要文化財など約200点が並び、うち初公開が十数点あるという。

特別展は、25代の大谷光淳門主の就任を内外に示す「伝灯奉告法要」の記念行事の一環で、昨年秋と今年春の2回に分けて開催。今回の展示では、第12代・准如からの歴代宗主を紹介している。

准如は西本願寺と東本願寺が分裂した際の最初の西本願寺の住職。准如が公式文書に使用した印章3点と元和4(1618)年に実際に印章が押された記録が残る古文書が本願寺史料研究所(同区)で発見され、今回初公開されている。

また、三十六歌仙の和歌を集めた国宝の「本願寺本三十六人家集」(平安時代)や、第23代の勝如宗主の伝灯奉告法要(昭和8年)の様子を記録した貴重な映像フィルムなども展示される。

6月11日まで。午前9時半~午後6時。入館料は一般1200円、高大生800円、小中生400円。問い合わせは同ミュージアム((電)075・351・2500)。・・・ 2017.4.5、産経新聞 14:30更新 配信より

私のコメント : 平成29年4月3日、山口県 浄土真宗本願寺派 本願寺 山口別院 木下祐祥輪番と対談する。そのおり、私は、外務省 いわゆる 密約書 不在の問題に関する件、木下祐祥輪番と意見交換することができた その後、平成29年4月12日、山口県 浄土真宗本願寺派 本願寺 山口別院 山口教区 教務所 職員より 私には、京都市 浄土真宗本願寺派 西本願寺の本山 宗務に関する意向、報告をしていただいた。

////////////////////
平成26年9月、立正大学 石井富美子 副学長と対談し、立正大学 石橋湛山先生からの法灯明を拝聴する。

平成26年10月、山口県 岩国市、公益財団法人 吉川報效会 吉川史料館 館長に、「吉賀記」に関し、学術助言を得た。

平成28年6月20日、島根県吉賀町役場、吉賀町長 中谷勝様と面談、日本赤十字社 島根県支部 「いとすぎしまね 第22号 平成27年9月30日 」を手渡す。

平成28年7月11日、出光経営側と創業家、平行線。平成28年4月5日 表千家 同門会 全国大会 萩市 国重要文化財 民家 熊谷家住宅 茶室 茶会ヘ 岸信夫代議士 来席、花燃ゆ、

平成29年1月、柳井市 瑞相寺 住職との間、萩市 梅蔵院における運営、並びに、知恩院 運営の件 等があるため対談した。平成29年2月24日、知恩院 宗務に関係して 山口県 浄土宗 活動における問題で、萩市 梅蔵院 住職との間において、萩市からNHK大河ドラマ 「花燃ゆ」の放送内容にも関係し 宗教問題へと、その端も発している内容に関する連絡をおこなった際、梅蔵院 住職からの重大な法事報告も、私は、いただいた。

平成29年2月25日、柳井市 誓光寺 坊守様のもとへ、萩市 三千坊 住職 継職法要の儀、報告した経緯あり、萩市 三千坊 坊守様との間にて、宗務対応に関する件につき、連絡と対応を持った。

平成29年3月1日、山口県 山口市 浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 木下祐祥輪番へ私から西本願寺 第25代専如門主 ご巡拝 等に関係する宗務内容 書面で、説明を入れ、萩市 三千坊 住職様と坊守様から、私への対応内容が、浄土真宗本願寺 宗派の内外へ対応している件に関して、山口市 本願寺山口別院、木下祐祥輪番から、私は、本願寺別院 応接室にて、助言、得ることもできた。


平成29年4月3日、山口県 浄土真宗本願寺派 本願寺 山口別院 山口教区 教務所 木下祐祥輪番と対談する。外務省 いわゆる 密約書 不在の問題に関する件、木下祐祥輪番と私は、意見交換することができた。本願寺 山口別院 山口教区 教務所 木下祐祥輪番との間にて、私は、その宗務における心情を感じ取ることができた。また、浄土真宗本願寺派 本願寺 萩組 満行寺 坪井組長が、その会奉行をつとめられた当時の経緯、説明を私は、山口別院 山口教区 教務所 木下祐祥輪番におこない。浄土真宗本願寺派 本願寺 萩組 満行寺 坪井組長から、その大分県 別府別院 輪番、当時の話題もあり、山口県 山口別院 山口教区 教務所 木下祐祥輪番と私との間にて、相互に、そこに至るまでの、お互いの情と気持ち、相 照らし合わせた。

萩市 三千坊 総代会・法要委員会 「親鸞聖人750回大遠忌お待ち受け・蓮如上人500遠忌・第19世住職継職法要開要綱」についても、京都市 天台宗 青蓮院 執事との対応、私にはあるため、京都市 青蓮院へ 「平成29年4月3日、山口県 浄土真宗本願寺派 本願寺 山口別院 山口教区 教務所 木下祐祥輪番と対談し、外務省 いわゆる 密約書 不在の問題に関する件、木下祐祥輪番と私が、意見交換することができた。」 内容の報告を私は、入れた。



コメント

NY株下落、地政学的懸念でリスク回避 (11日)

2017年04月12日 | プラザ合意
NY株下落、地政学的懸念でリスク回避 (11日)

4月11日火曜日-米国株式市場は、地政学的な緊張を背景に投資家のリスク回避姿勢が強まったため、下落しました。ダウ平均の終値は6.72ドル安の2万0651.30ドル、S&P総合500種の終値は3.38ポイント安2353.78ポイント、そしてナスダックの終値は14.154ポイント安5866.772ポイントでした。 米政府は10日、シリアが化学兵器か樽爆弾使用を続ければ、トランプ大統領はシリアへの追加攻撃を指示する用意があると表明。シリア人権監視団によりますと、11日にはシリア軍機が反政府勢力の支配地域に樽爆弾を投下したもようです。さらに北朝鮮が、米国による先制攻撃の兆候があれば米国を核攻撃すると警告したことから、市場の地合いが悪化しました。しかし、終盤、相場は下げ幅を縮小しました。トランプ大統領が財界首脳を集めた会合で、金融規制改革法(ドッド・フランク法)が定めた規制の大半を撤廃する方針を改めて示したことが好感されました。個別銘柄では航空のユナイテッド・コンチネンタル・ホールディングスが1.13%下落しました。定員オーバーに伴って乗客を強制的に降ろしたことが世界中の非難を浴びました。ダウ平均の構成銘柄は、まちまちで引けました。下落したのは、アップル、デュポン、ゴールドマン・サックスなどで、上昇したのは、マクドナルド、ウォルト・ディズニー、ボーイングなどとなりました。ロイターの我謝京子が、ニューヨークからレポート。・・・ 2017/4/12(水) ロイター 6:55配信より

私のコメント : 平成29年 4月11日 米国株式市場は、投資家のリスク回避姿勢が強まったため、下落した。 同日、山口県広報広聴課 担当 主査の許へ、私が、私から山口県広報広聴課 担当 主査 宛への連絡文、昨日、送信している件に関して、その確認を入れた。
....................................

日経平均は228円安、構成銘柄ではユニーファミマ、太陽誘電、丸井Gなどが値下がり率上位

12日午前10時40分時点の日経平均株価は前日比228円65銭安の1万8519円22銭。朝方は、シリアや北朝鮮に対する地政学リスクへの警戒が根強く、1ドル=109円台への円高・ドル安や米国株安が嫌気され、売りが先行した。円相場が強含むとともに株価指数先物にまとまった売り物が出て下げ幅を拡大し、一時1万8460円59銭(前日比287円28銭安)まで下落した。その後は下げ渋っているが、戻りは鈍い。日経平均構成銘柄では、ユニーファミマ <8028> 、太陽誘電 <6976> 、丸井G <8252> などが値下がり率上位。半面、日本紙 <3863> 、JR西日本 <9021> 、ファナック <6954>
などが値上がり率上位。提供:モーニングスター社 ・・・2017/4/12、モーニングスター 10時47分配信 より

私のコメント : 12日午前 日経平均株価は年初来安値を更新しており、株安は想定の範囲内との見方もあるが、下げ幅拡大に対する警戒感は高まっており、ドル売りは縮小していない。

....................................
東芝決算、東証が厳しく調査へ…上場廃止の恐れ

経営再建中の東芝が監査法人の了承を得ずに四半期報告書を金融庁に提出したことについて、東京証券取引所は経緯や妥当性を厳しく調べる方針だ。 内部管理体制に問題があると判断した場合は上場廃止となる。監査法人は企業がまとめた決算書が適切に作られたものかどうか、第三者の立場で判断する役割を担っている。内容に不正などがあれば、投資家が損害を被る恐れがあるからだ。今回、「PwCあらた監査法人」は東芝が11日に提出した2016年4~12月期連結決算を記した四半期報告書について、決算が妥当かどうかを判断しない「意見不表明」とした。大手企業が監査法人の了承を得ずに決算を報告するのは極めて異例で、東証は投資家を保護する観点から経緯や妥当性を調べる。 Copyright © The Yomiuri Shimbun ・・・2017年04月12日、読売新聞 11時00分  配信より

私のコメント : 東芝が監査法人の了承を得ずに四半期報告書を金融庁に提出したことについて、東京証券取引所は経緯や妥当性を厳しく調べる方針だ。 内部管理体制に問題があると判断した場合は上場廃止となる。プラザ合意。・・・・・・

....................................
東芝社長陳謝 「お墨付き」なし決算発表

経営再建中の東芝は、監査法人の「お墨付き」がない、異例の決算発表を行い、綱川社長が記者会見で陳謝した。綱川社長は「大変なご迷惑、ご心配おかけしておりますことを、心からおわび申し上げます」と述べた。東芝の2016年第3四半期の決算をめぐっては、アメリカの原子力子会社の会計処理における、不適切なプレッシャーについて、監査法人と東芝との意見の対立が、最後まで解消されなかった。会見で綱川社長は、監査法人の意見表明なしで決算発表に踏み切ったことについて、「これ以上延期しても、監査法人からの意見表明を得られるかわからない」と説明した。また、上場廃止の可能性については、「それは東京証券取引所が判断することで、そういう事態にならないように努めていく」と述べるにとどまった。 最終更新:4/11(火) 21:14 ・・・ 2017/4/11(火)、フジテレビ系(FNN) 21:14配信より

私のコメント :

「会計学説史」 近代会計学の展開、私の恩師 経済学博士 峯村信吉著 より

Ernst Walb の後著 ( Ernst Walb, Finanzwirtschaftliche Bilanz, 2 Auflage 1946, ) では、企業利益のほかに、Betriebsgewinn という概念に言及している。 この利益概念は、企業利益が貨幣経済的に計算されるのに対して、 gÜterwirtschaftlich に計算されるところに特徴をもっており、製品の生産に関する経営上の収益と費用とを対比して行われる 経済価値的計算による利益概念である。この計算で除外される項目は、 neutalen Posten といわれるが、これは、一般的、原価計算基準で除外される項目、すなわち、製品の生産と関係のない項目、異常な項目、過大計上の項目(たとえば、過大な減価償却費)等をいう。  ( 中 略 )   Ernst Walb の利益概念の本質は、企業利益に求められる。 Ernst Walb の会計学説は、交換経済における資金と給付との対流に注目しているところに特徴があるが、このような現象があらわれるのは、原則として、目的費用、目的収益の性格をもつものと考えられる場合の給付を授受した場合である。  ( 中 略 )  このほか、資金と給付との対流がなされない事例として、 Zusatzaufwand といれるものがある。たとえば、無償取得の資産を受け入れた場合、資金と給付との対流は存在しないが、当該資産を評価して費用化する場合は、 Zusatzaufwand となる。 Zusatzaufwand における給付の受け入れは、資金と給付との対流の例外をなすものである。

ーーーーーーーーーーーーーーー
私のコメント: 過去、ハーバード大学において、ノーベル経済学賞 授与されたロシア出身 学者ワシリー・レオンチェフ (Wassily Leontief) とサイモン・スミス・クズネッツ ( Simon Smith Kuznets) から経済学 等についてを学んだ 私のゼミナール恩師、慶應義塾大学 商学部 西川俊作教授は、当時、慶應義塾大学 三田にて峯村信吉教授 講座「会計学説史」、西川ゼミナール員で、唯一履修している私に、その解説された。「 Ernst Walb 会計学説 」は、今後、ドイツのみならず、日本の会計学説においても重要な会計学説と・・・等 説明された。
ーーーーーーーーーーーーーーー
2016年02月29日  (世界発2016)ベルギー、遠い脱原発 「2025年までに全廃」

関東地方ほどの国土に7基の原子力発電所が集中するベルギーで、原発のトラブルが相次いでいる。政府は2025年までに原発を全廃する目標を掲げてきたが、エネルギーの転換は進まず、老朽化した原発の10年間の稼働延長を決めた。安全性に問題はないのか、国内外で心配の声が上がる。ベルギー第二の都市、北部ア…  ・・・・ 2016年2月26日、朝日新聞デジタル 05時00分 配信より

私のコメント: ベルギーの原子力発電所は、1975年 その稼働を開始し始めた。ベルギーの原子力発電所稼働し続けて、40年も、それが経過して、オランダやドイツ 周辺国にとっても、ベルギーの原子力発電所の安全操業・保守点検、核廃棄物処理 等の各諸問題は、ベルギーだけではなく、その周辺国の地域住民にとっても、それが、死活問題となっていく。

ーーーーーーーーーーーーーーー
平成26年9月6日(土)、山口市内 中華料理店にて、昼食時、隣の席にて、ご一緒させていただいた中野勉公認会計士税理士事務所 公認会計士 中野勉様と対談をする。その内容について、慶應義塾大学 商学部に私が在学中に、峯村信吉教授より国際会計、会計理論 等につき、ご教示をいただいた内容、及び、慶應義塾大学 商学部を私が卒業後に、私の恩師 西川俊作教授が、公認会計士試験「経済学」分野の出題委員であった当時、 西川俊作教授から私が、対応していた学事内容を簡略に公認会計士 中野勉様に対し、説明を申し上げた。

ーーーーーーーーーーーーーーー
<東芝決算>異例の監査意見なし 上場廃止の恐れ高まる

東芝は11日、2度延期した2016年4~12月期連結決算を発表した。前例のない3度目の延期を回避するため、監査法人から「決算内容は適正」との意見を得られないまま異例の発表に踏み切った。監査法人の承認がない決算は上場廃止基準に当たる恐れがあり、東証が審査に入ることになった。東芝は昨年12月末時点で2256億円の債務超過に陥った。

【動画】東芝決算 上場維持に「最大限努力」

東芝の綱川智社長は11日、東京都内で記者会見し、「大変なご迷惑、ご心配をおかけし、おわびする」と陳謝した。監査法人から適正意見を得られずに決算発表したことには「適正意見をもらうめどが立たなかった」と説明した。ただ、承認が得られなかったため、東芝の決算短信には事業継続に「重要な疑義がある」と記載した。東芝の決算を巡っては、経営破綻した米原発子会社ウェスチングハウス(WH)の元幹部が損失を少なく見積もるよう部下に圧力をかけたとされる問題が発覚したのを契機に、「WHは過去の決算でも多額の損失を認識していた疑いがあり、昨年よりさらにさかのぼって調査すべきだ」と要求する米監査法人と、「不適切な圧力は調査で判明したが決算への影響はない」と否定する東芝が対立。東芝は2月と3月の2度にわたって決算発表を延期し、今回も期限の11日までぎりぎりの調整を続けてきた。しかし、見解は折り合わず、東芝は前例のない3度目の延期による経営不安の高まりを回避することを優先。監査法人が監査に必要な証拠が得られない場合などに出す「意見不表明」との見解が付いたままでの決算発表に踏み切った。東芝は過去の不正会計問題を受け、東証から内部管理体制に問題のある「特設注意市場銘柄」に指定されており、上場が適当か審査が続いていた。今回、承認のない決算を報告したことで審査は厳しくなり、上場廃止リスクが高まる可能性もある。綱川社長は「そういう事態にならないよう努力をしたい」と釈明した。東芝は5月に17年3月期決算を発表する予定だが、監査法人から適正意見が得られるかは不透明だ。会見に同席した東芝の監査委員会委員長の佐藤良二社外取締役は「いろんな選択肢を考えたい」と監査法人変更の可能性を示唆した。16年4~12月期の最終(当期)損益は5325億円の赤字(前年同期は4794億円の赤字)、売上高は4%減の3兆8468億円、営業損益は5762億円の赤字(同2319億円の赤字)で、17年3月期の通期業績予想は示さなかった。【小川祐希、松本尚也】・・・ 2017/4/11(火)、 毎日新聞 21:15 配信 より

私のコメント ; 京セラ、発電 設備、携帯電話、家電 製品 ・・・・・・・
................................................................................
東芝、決算発表再延期…新たに不適切会計の疑い

東芝は31日、予定していた2015年3月期決算の発表を延期すると発表した。新たに会計処理に不適切な事例が見つかり、決算の確定に時間がかかるためだ。東芝が決算発表を延期するのは2度目で、大手企業としては極めて異例だ。東芝は同日、国に有価証券報告書の提出期限を9月7日まで延長するよう申請し、認められた。室町正志・会長兼社長は31日、都内で開いた記者会見で、「最大限努力したが、再延長に至り、非常に申し訳ない」と陳謝した。東芝は、不適切会計問題を調査していた外部の第三者委員会が7月20日に報告書をまとめたことを受け、8月18日に新しい経営陣と過去の決算の修正額の概要を発表した。2009年3月期から14年4~12月期までの税引き前利益の修正額は2130億円に上ることを明らかにし、15年3月期決算は税引き後利益が赤字になる見通しとした。半導体設備の資産価値を見直したことなどを反映し、計1270億円の損失を計上するためだ。東芝は、こうした結果を盛り込んだ有価証券報告書を8月31日に提出する予定だった。 ・・・ 平成27年8月31日(月)、2015年08月31日、読売新聞  21時27分配信より

私のコメント : (株) 東芝 ワープソフト 「ルポライター」について 東芝ワープロソフト「Rupo Writer Ver.3.0」を利用していますが、ソフトにつき、マイクロソフト社 Windows XP、Windows 7 等については、全く、対応がなされていませんので、マイクロソフト社 Windows 98 パソコンでのみ、それが、利用可能となっています。会計に関するパソコンソフトも、それが、同様なものがあります。東芝におかれましては、東芝パソコンの売り上げは、世界においてもシェアは大きいものがあります。日本国内においても、東芝ワープロソフト「Rupo Writer Ver.3.0」 につき、私は、東芝パソコンのユーザーとしまして、そのパソコンソフト会計処理 等のパソコンソフトにおける 改良をお願いします。また、日本人ユーザーの要望に気を配っていただきたいと請願します。私は、1988年(昭和63年)、その当時あった、広島市中区東芝ショールームで東芝パソコンとワープロの講習を何度も受講しました。東芝は、新世代DVDのブルーレイ・ディスク(BD)再生専用機を米国で発売。2009年(平成21年)12月には欧州でも発売された。私は、株式会社 東芝が、フロッピーディスク制御 ICについての米国の所有者に対し和解契約の件を思い出さざるを得ない。この状況について、'95年頃、広島市中区にあった東芝OAショールームにおいて、私と会話を交わし、東芝 パソコンについて、私からの助言をした東芝OAインストラクターには、その内容については、理解できると思っている。株式会社 東芝は、ブルーレイ・ディスク(BD)専用機発売前に、国内コンピューター教育関係者とも対話を持たれること希望する。(株)東芝 四日市工場は、半導体メモリ製品の生産拠点として、NANDフラッシュを中核とした先端メモリ工場発展を続けています。社会の発展に貢献できる工場づくりを行っています。(株)東芝 四日市工場を誘致するに努力した関係者にも、それなりの貢献と見返りしていかないと(株)東芝 は、社会に貢献していると世界から認められていかないと感じている。私は、慶應義塾大学 学生時代、茶道 一緒に習った人にも 会って、明治神宮、松陰神社をはじめとし 神社仏閣へ 献茶・献花 奉仕もし、台風、暴風雨、地震 等、また、今後、起こるべく、それが、予想される、南海トラフ地震より、三重県、各地で、天災が起こっていくことであろうことに対しても、日本純製 パソコンについても、それを駆使し、対策を練り、その配慮と対策についても講じていきたいと願っている。

////////////////////
<東芝>歴代3社長が辞任 不正会計で引責 室町会長が兼務

東芝は21日、組織的に利益を水増ししていた不正会計問題の責任をとり、田中久雄社長、佐々木則夫副会長、西田厚聡相談役の歴代3社長が同日付で辞任したと発表した。副社長を含めた取締役8人と相談役の計9人が辞任。東芝の不正会計問題は、取締役16人の半数が引責辞任するという異例の事態に発展した。室町正志会長が22日から社長を兼務する。9月に開く臨時株主総会まで暫定的に社長を務める見通しで、新たな経営陣は8月中旬に公表する方針だ。田中社長は、利益の水増しを指摘した第三者委員会の調査報告書の提出を受けて記者会見し、「株主をはじめ、すべての皆様に心よりおわびをする」と陳謝。さらに「東芝ブランドは一朝一夕には回復できないほど毀損(きそん)した。重大な責任は経営陣にあり、その責任を明らかにするために辞任する」と辞任理由を説明した。第三者委の報告では、東芝では「チャレンジ」と呼ばれる過剰な業績改善要求が経営トップから事業部門に繰り返され、事業部門が利益の水増しに至ったと認定している。田中社長は「私はチャレンジという言葉は使わず、『必達目標値』と呼んでいた」と説明した上で、「(不正会計の)直接的な指示を私はしていない」と述べた。また、第三者委が指摘した個別事案については「(第三者委の)調査報告書を読んでほしい」と繰り返し、明言を避けた。不正会計の背景には東芝社内の派閥抗争があるとの指摘も社内からは上がっていたが、田中社長は「そうした認識はまったくない。先代、先々代の社長からの(利益を出せとの)プレッシャーもなかった」と否定した。第三者委は利益の水増しが組織的に行われていた背景には「上司に逆らえない企業風土」があると指摘した。東芝はこうした指摘を踏まえ、再発防止のために4人の社外取締役と外部の専門家からなる経営刷新委員会を設置し、内部統制やコンプライアンスのあり方を抜本的に見直すとした。一方、第三者委も東京都内で記者会見を開き、委員長の上田広一元東京高検検事長は「東芝が報告書を一助にして再生してほしい」と語った。東芝の田中社長が自らの不正会計の直接的な指示を否定したことについて、上田氏は「私たちが調査して認定した事実は報告書の通りだ」と述べた。【永井大介】 ・・・ 平成27年7月21日(火)、毎日新聞 20時34分配信より

//////////////
<東芝不正会計>課徴金命令の公算 株主提訴の可能性も

第三者委員会の報告書がまとまったことを受け、東芝に対する監督当局の調査などが今後、本格化しそうだ。東芝は行政処分として金融商品取引法に基づく課徴金の納付命令を受ける公算が大きいほか、株主などから民事訴訟を起こされる可能性もある。証券取引等監視委員会は、今年2月の内部通報を端緒に水面下で調査を進めてきたが、今後は課徴金を科すよう金融庁に勧告することも視野に、関係者への聴取や財務書類の精査を進める構え。東芝が8月末に提出予定の訂正有価証券報告書などを調べ、重大な虚偽記載があったと認定すれば課徴金額と合わせて金融庁に勧告する見通しだ。巨額の赤字を黒字に粉飾したカネボウや、損失を10年以上にわたり隠したオリンパスの事件では悪質性が高いとして旧経営陣らを刑事告発した。しかし、東芝では決算書類の修正後も赤字転落する可能性が低いことなどから、現時点で刑事事件に発展するかは不透明だ。並行して、東京証券取引所から市場の健全性を確保するための業務を委託されている日本取引所自主規制法人も、書面や関係者からの聴取などで東芝の不適切会計を調べる。投資家保護のため、ただちに上場廃止にはしない見通しだが、虚偽記載を認定すれば「社内の管理体制に問題がある」として投資家に注意を促す「特設注意市場銘柄」に指定。3年たっても改善しないと上場廃止になり、投資家は市場で東芝株の売買ができなくなる恐れもある。また、東芝の株価は今回の問題を受けて3割近く下落しており、株主が会社などを相手取り損害賠償請求訴訟を起こす可能性がある。旧経営陣の会社に対する責任について、課徴金額などを損害とみなし、会社やそれに代わる株主が提訴するケースも考えられる。一方、東芝の会計監査を担った監査法人の責任については、日本公認会計士協会や金融庁の公認会計士・監査審査会に、監査手続きが適正だったか調査する枠組みがある。両会は監視委の調査の進展も見極めながら、実施の可否を慎重に検討する方針だ。【和田憲二】 ・・・ 平成27年7月21日(火)、毎日新聞 21時51分配信より

私のコメント: 日本 公認会計士協会、アメリカ合衆国 公認会計士協会の間もまたいで、この度の東芝における不正会計、日米間における産業連関分析、統計処理の上でも、重要な会計処理の事案となった。今後、東芝は、昭和63年当時、あった、広島市 東芝ショールームて、東芝パソコン・ワープロ講習を何度も受講した学識ある ( 私は、昭和53年9月21日に、慶應義塾大学産業研究所の所長であられた辻村江太郎教授より 「あなたは 慶應義塾大学産業研究所が開催した計量分析のためのコンピューター講座の所定のコースを修了したことを証します」(530012)との修了証も拝受しています ) 、慶應義塾大学 産業研究所において、学ばれた有識者からの 助言も得て、不適切会計へ対処されていく必要性も、高いと、今回の記事 を拝見し、それを識別している。















コメント