地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

映画『花戦さ』、野村萬斎ら“いけばな発祥の地”で完成奉告

2017年04月10日 | 華道
映画『花戦さ』、野村萬斎ら“いけばな発祥の地”で完成奉告

6月3日公開の映画『花戦さ(はないくさ)』の完成奉告(奉納)イベントが3月27日、京都・六角堂で行われた。

“いけばな発祥の地”として知られる紫雲山頂法寺「六角堂」は、華道家元池坊が代々住職を務める寺。主人公の花僧・池坊専好(いけのぼう・せんこう)を演じた野村萬斎さん、千利休役の佐藤浩市さん、天才絵師・れん役の森川葵さんらが駆けつけ、本堂前で映画の完成奉告と献花を行った。演壇には、桜やスイートピー、菜の花など春の花が生けられ、キャストらに華を添えた。

本作は、天下人・豊臣秀吉の圧政に翻弄(ほんろう)される世に、花の力で立ち向かった花僧の痛快時代劇エンターテインメント。主演の野村萬斎さんをはじめ、市川猿之助さん、佐々木蔵之介さん、中井貴一さん、佐藤浩市さんなど、狂言師から歌舞伎役者、日本映画界を代表する俳優らを巻き込んだ豪華キャストが話題を集めている。奉納を終えた萬斎さんは「六角堂は、街中にあり京都の人々が行き交う、愛されているお寺だと改めて感じました。身の引き締まる思いです」と述べ、いけばなについて「一つひとつの花を見て、全体を見て、空間や時間の調和を感じながら行うもの。シンプルな中に奥深さがあり、私たちの能・狂言の世界にも通じるものがある」と語った。

萬斎さんと佐藤さんは映画『のぼうの城』以来の共演。「当時は“でくのぼう”役で、今回は池坊ということで、両方ぼーっとした役ではありますが(笑)」と会場をわかせたのち、「主人公の専好(せんこう)は、人間の根源になる芸術や文化の力をもって権力者に立ち向かいます。笑って泣けて、最後は両方一緒になるというような映画になるかと思います」と、自身の役どころを表現した。

また、これまで多くの俳優が演じてきた利休について佐藤さんは、「遠い存在というよりは、より身近に感じられる“まるみ”のある利休を演じたかった」と独自の解釈を語り、「(茶をたてるシーンは)手元しか写っていませんが、全て私がやっていますので」と笑いを誘った。

ベテランの俳優陣と撮影をともにした森川さんは「最初は、時代劇ということで構えてしまっていた」と振り返りつつ、「萬斎さんの自由でお茶目な演技を見て、『その時代を生きていた人々の心のままに動いていいんだ』と気づかされました」と、大先輩から刺激を受けたエピソードを紹介した。

最後に、萬斎さんは「この映画の中では、豪華スター陣が演じる登場人物それぞれの花が咲き乱れております。ちょっと毒のある花もあったり、優しい花もあったり、かれんな花もあったり……。けれど、その花の咲き方に文句のつけようはない。最後にどんな心の花を咲かせるのか、映画を通して、つぼみが開いていく時間を楽しんでいただければ」と締めくくった。イベントのフィナーレに3人は紅白餅や花の種を客席に投げ入れ、集まった観客約600人に笑顔の花が咲いた。

映画「花戦さ」公式サイトはこちら

・・・ 2017年4月7日、朝日新聞デジタル 配信より

私のコメント : 平成29年4月10日、株式会社 日本華道社より、「2017年お客様大感謝キャンペーンのご案内」を送付いただいた。「 池坊 いけばなカタログ IKENOBO CATALOGUE 」volume 11、日本華道社 各内容に関しては、「IKENOBO MIKA OFFICIAL SITE 」拝見され、池坊における 美しい生け花へ共感する方々にとっては、必読の書と感じる。 同日、山口県広報広聴課 県民相談担当 山根真裕美主査との間における 以下の内容に対して その該当 私と山口県広報広聴課 県民相談担当 山根真裕美主査には、私からの書面による連絡経緯 等 があり、山口県広報広聴課 県民相談担当 山根真裕美主査 その後任にあたる山口県広報広聴課 県民相談担当 佐藤主査へ、その内容に関する連絡と確認を入れる。

..........................................................................
平成28年3月1日(火)、平成27年度 公立学校卒業証書の授与式が、山口県で実施された。山口県立防府商工高等学校の卒業証書授与式には、山口県村岡嗣政知事が、出席され、式辞を述べられた。

同日、山口県宇部市 広聴課 清水様からの連絡内容を私は、受けて、山口県広報広聴課 県民相談担当 山根真裕美主査のもとへ、その内容に関し、前 山口県山本繁太郎知事と私との今までの対談内容に関する内容もあるために、相談に行った。山口県広報広聴課 県民相談担当 山根真裕美主査からは、「平成8年頃から、県と市との行政は、横並びという視線となって、山口県から宇部市へ、どうこう言うことができなくなった。」と言われた。

平成29年1月12日、山口県 観光スポーツ文化部 山口県史編さん室 大村勇主幹、吉岡健一主査と私は、面談した。山口県広報広聴課 県民相談担当 山根真裕美主査のもとへ、山口県 観光スポーツ文化部 山口県史編さん室 大村勇主幹、吉岡健一主査と面談した内容に関し、前 山口県山本繁太郎知事と私との今までの対談内容に関する内容もあるために、相談に行った。

平成29年2月28日、 山口県議会の2月定例会は28日開会し、議長選挙の結果、柳居俊学さんが新しい山口県議会 議長に選出された。

平成29年 3月 1日、村岡嗣政山口県知事が、山口県立山口高等学校 卒業証書授与式へ出席された様子を山口県では、テレビ報道された。

平成29年3月1日、山口県 山口市 浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 木下祐祥輪番へ私から西本願寺 第25代専如門主 ご巡拝 等に関係する宗務内容 書面で、説明を入れ、萩市 三千坊 住職様と坊守様から、私への対応内容が、浄土真宗本願寺 宗派の内外へ対応している件に関して、山口市 本願寺山口別院、木下祐祥輪番から、私は、本願寺別院 応接室にて、助言、得ることもできた。

以下は、省略 ・・・・



コメント

山口県 山陽小野田市長選 結果

2017年04月10日 | 社会 経済
山口県 山陽小野田市長選 結果


任期満了に伴う山陽小野田市の市長選挙は9日投票が行われ、無所属で新人の藤田剛二氏が初めての当選を果たしました。

山陽小野田市長選挙の開票結果です。

▼藤田剛二、無所属、新。当選。
 1万3989票。

▼伊藤實、無所属、新。
 1万1604票。

現職の引退に伴い、新人2人の一騎打ちとなった山陽小野田市長選挙は、自民党と公明党の推薦を受けた藤田氏が民進党の推薦を受けた伊藤氏を抑えて初めての当選を果たしました。

藤田氏は山陽小野田市出身の57歳。情報通信会社のシステムエンジニアを経て、去年までおよそ4年半にわたって山陽小野田市の石油販売会社の社長を務めました。

選挙戦で藤田氏は、企業経営の経験を生かして地域経済の活性化に取り組むことや、地域の特性を生かした活力のあるまちづくりを目指すことなどを訴え、支持を集めました。

藤田氏は「地域の特性を生かし人のつながりを大切にしたまちづくりをしていきたい。山口東京理科大学をはじめ産学公民の連携をもとに夢と活力あふれる明るい未来を作りたい」と今後の市政運営への抱負を述べました。 

投票率は、49.32%で前回、4年前の選挙に比べて3.19ポイント高くなりました。

・・・平成29年4月9日、山口 NEWS WEB  配信より

私のコメント : 平成29年4月9日、任期満了に伴う山陽小野田市の市長選挙は9日投票が行われ、無所属で新人の藤田剛二氏が初めての当選を果たしました。
コメント