地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

百年料亭ネットワーク推進議員連盟発足へ 細田博之衆議院議員、・・・

2018年07月07日 | 旅行
百年料亭ネットワーク推進議員連盟発足へ 細田博之衆議院議員 「1つの日本文化として発展させる」

2018年7月5日(木) 配信 ©RYOKO SHINBUN-SHISHA.CO,LTD  配信より

自由民主党所属国会議員で構成する百年料亭ネットワーク推進議員連盟が7月5日(木)に、設立総会を開いた。

細田博之衆議院議員ら計24人で発足。会長は発起人であり呼び掛け人でもある細田氏が務める。細田氏は「百年料亭はいずれも素晴らしく、大切な伝統がある。我われも1つの日本文化として発展させていきたい」とあいさつ。百年料亭を通じた地域活性化、観光振興をはかる考えだ。

百年料亭ネットワーク(大島誠事務局長=百年料亭・宇喜世社長)は昨年3月に設立した。百年料亭は築年数と経営年数が100年以上で、今も経営が続く料亭。現在は全国19の百年料亭が参画する。登録有形文化財に登録済みの料亭も多く、和の食文化・建築物が今に残る。江戸後期から明治、大正、昭和時代にかけて、さまざまな偉人の物語が、百年料亭に語り継がれているという。

昨年度には観光庁のテーマ別観光事業に採択され、国内外からの誘客に力を入れている。

ただ100年以上が経つなかで、客足は遠のき、補修費が大きくのしかかる。16年からの2年で4軒もの百年料亭が廃業した。このうち1つは跡地が駐車場となっているという。日本では、個人の所有物が公的な支援を受けることは難しい。歴史ある建造物でも買い手がいなければ、解体せざるを得ないのが現状だ。

大島事務局長は「建物の維持改修と、国内外の情報発信の支援をぜひお願いしたい」と述べ、「百年料亭を次の100年につなげたい。これが我われの想い。議員の先生方からうねりを起こし、全国で百年料亭の価値を認めてもらうための雰囲気を醸成していただきたい」と強調した。

参加した議員は「貴重な文化的財産を残していくべき」「すぐにでもやらないといけない」「大変取り組みに期待している」など前向きな姿勢を示した。

私のコメント : 平成30年7月、自由民主党所属国会議員で構成する百年料亭ネットワーク推進議員連盟が7月5日(木)に、設立総会を開いた。細田博之衆議院議員ら計24人で発足。会長は発起人であり呼び掛け人でもある細田博之氏が務める。細田博之氏は「百年料亭はいずれも素晴らしく、大切な伝統がある。我われも1つの日本文化として発展させていきたい」とあいさつされている。


コメント

本因坊戦 山下が先勝 大熱戦制し 第1局

2018年05月16日 | 旅行
本因坊戦 山下が先勝 大熱戦制し 第1局

毎日新聞2018年5月16日 20時32分(最終更新 5月16日 21時17分) 配信より

山口県萩市の萩・明倫学舎で15日から打たれた第73期本因坊決定戦七番勝負第1局(毎日新聞社、日本棋院、関西棋院主催、萩・明治維新150年記念事業実行委など共催、大和証券グループ協賛、マルシフードサービス協力)は16日午後8時21分、256手で挑戦者の山下敬吾九段(39)が本因坊文裕(もんゆう)(28)=井山裕太九段=に黒番半目勝ちし、7期ぶりの返り咲きに向け幸先よいスタートを切った。残り時間は山下1分、文裕3分。

•【棋譜・動画】第1局は壮絶な熱戦に
•<両者コメント>井山「まだ伸びしろある」山下「若手の壁に」
•<井山裕太本因坊が語った>「失敗したと思ったら…」
•<文裕の国民栄誉賞>「世界の頂」への一里塚
•<師匠が語る藤井聡太>「対局棋士、勝たれすぎ」

互いの深い読みがぶつかり合う壮絶な戦いとなり、難解なヨセ勝負に突入したが、山下が際どく制した。昨年9月の名人戦第2局から続いていた文裕の7大タイトル戦連勝は17で止まった。封じ手の黒51ツギから、2日目の対局へ。文裕の積極的な白52ハネに対し、山下も黒53と反発、小競り合いから本格的な戦いに突入した。解説の張栩九段が「一進一退、見事な戦い」と評する進行で、白80まで黒が右下、白が下辺で生きる互角のワカレとなった。焦点は中央から左上に移り、白86が中央の黒大石を分断する工夫の一着。白は98と切って黒大石に襲いかかったが、白108など文裕に踏み込み過ぎがあったようで黒のシノギ筋も見え、形勢は混沌(こんとん)としてきた。黒125のノゾキまで白模様に深く踏み込み、左上で生きたのが山下の好判断だった。細かいヨセ勝負に入り、秒読みの中で山下が競り勝った。第2局は23、24の両日、京都市の元離宮二条城で打たれる。【最上聡】

運がよかった

 山下敬吾九段の話 途中ははっきり負けにしたので運がよかった。封じ手の後の中央の打ち方もまずく、雰囲気が悪かった。勝ちになったと思ったのは最後。次はもう少し納得のいける碁を打ちたい。

次はよい内容を

 本因坊文裕の話 1日目は苦しいと思っていた。ヨセは得をしたと思っていたが、そうではなかったのかも。タイトル戦の連勝が途切れたことは気にしていない。次はもう少しよい内容の碁を打ちたい。

私のコメント : 平成30年5月16日、文部科学大臣 政務官 宮川典子代議士 秘書と対談した後に、文化庁 文化財 建造物課 浜田 職員 と 私は、対談した。


コメント

息災、良縁願い初詣 出雲大社などにぎわう

2018年01月03日 | 旅行
息災、良縁願い初詣 出雲大社などにぎわう

2018年1月3日

2018年の家内安全や無病息災を願おうと、山陰両県の神社には1、2の両日、県内外から大勢の初詣客が訪れ、にぎわった。

日本五大稲荷(いなり)の一つとして知られる太皷谷稲成神社(島根県津和野町後田)には1日朝から、地元住民や県外の観光客らが訪れ、本殿前でさい銭を投げ入れて手を合わせた。境内では、家族連れやカップルが破魔矢や熊手などの縁起物を買ったり、おみくじを引いたりする姿が見られた。

山口県周南市の会社員、山本浩満さん(28)は「公私ともに平穏に過ごせるように祈願した」と話した。社務所によると、1日は約6万8千人(17年約6万8千人)が参拝した。

縁結びの神様として知られる出雲大社(出雲市大社町杵築東)でも、大勢の参拝者が早朝から続々と訪れて列をなした。縁起物を求めたり、おみくじを引いてこの一年の運試しをしたりする姿も見られ、新春ムードに包まれた。社務所によると、1日は約28万6千人(同約31万人)が訪れた。

出雲市斐川町併川の松井美代子さん(62)は「この1年間、健康でいられるようにお願いした」と語った。

八重垣神社(松江市佐草町)は、家族連れや良縁を願う若い女性らでにぎわい、3日までに計6万8千人の人出を見込んでいる。

岡山県倉敷市から帰省中に家族と訪れた会社員、山田俊介さん(35)は「昨年は長女を授かった。願うのは家内安全と夫婦円満の1年です」と話した。・・・ 2018年1月3日、山陰中央新報社 配信より

私のコメント : 平成30年1月、家内安全や無病息災を願おうと、山陰両県の神社には1、2の両日、県内外から大勢の初詣客が訪れ、にぎわった。日本五大稲荷(いなり)の一つとして知られる太皷谷稲成神社(島根県津和野町後田)には1日朝から、地元住民や県外の観光客らが訪れ、本殿前でさい銭を投げ入れて手を合わせた。境内では、家族連れやカップルが破魔矢や熊手などの縁起物を買ったり、おみくじを引いたりする姿が見られた。 太皷谷稲成神社 社務所によると、平成30年1月1日は 約6万8千人(平成29年 約6万8千人)が参拝した。


コメント

「亀井家入城400年記念事業 津和野奴道中3団体 初共演!」 

2017年11月19日 | 旅行
平成29年11月19日、「亀井家入城400年記念事業 津和野奴道中3団体 初共演!」 津和野には、大名行列・天神行列を再現した奴道中が3つあります。今年は、、亀井家入城400年を記念し小川地区・日原地区・青原地区のそれぞれの奴が小川地区の神事に併せて、無事に、津和野の城下を練り歩きました。

「亀井家入城400年記念事業 津和野奴道中3団体 初共演!」 関係者 皆様方からのご尽力につきましては、ここに、深く、その感謝を申し上げます。



コメント

島根県 津和野町 教育委員会 文化財保護課、津和野町 堀庭園

2017年11月08日 | 旅行
平成29年11月8日、島根県 津和野町 教育委員会 文化財保護課 職員の許へ、文化庁 文化財部 記念物課 長塚様と私は対応を持ち、津和野町 堀庭園 テレビ取材の件にて、連絡を入れた。

平成29年11月7日、島根県 津和野町 教育委員会 文化財保護課 職員との連絡対応が今までに、私には、あるため、平成29年11月7日、以下の対応もあり、文化庁 文化財部 記念物課 長塚様と私は対応を持ち、島根県 津和野町 教育委員会 文化財保護課 職員の許へ、連絡を入れた。

平成29年3月14日、山口県 萩市 まちじゅう博物館推進部 文化財保護課 職員と私は、面談し、島根県 津和野町 教育委員会 文化財保護課 職員と私との間における、その該当 日本ユネスコ国内委員会 「世界の記憶」(地域登録)国内公募要領 向けての取り組み内容に関し、山口県 萩市 まちじゅう博物館推進部 文化財保護課、島根県 津和野町 教育委員会 文化財保護課 職員と私との間における調整のための面談し、山口県 萩市 まちじゅう博物館推進部 文化財保護課からの島根県 津和野町 教育委員会 文化財保護課への理解と協力も求めていった。



コメント

年間数百億円の財源確保へ=出国税1000円軸に検討―観光庁

2017年11月01日 | 旅行
年間数百億円の財源確保へ=出国税1000円軸に検討―観光庁

10/31(火) 20:39配信

観光庁は31日、訪日外国人旅行者を増やすための施策に充てる財源の確保策について議論する有識者検討会を開いた。会合では、新税を創設し、年間数百億円程度を確保する必要があるとの認識で一致。政府内では日本人、外国人ともに1人当たり1000円の「出国税」を徴収する案が出ており、観光庁はこれを軸に検討を進める。新税は、年末の与党税制調査会での議論を経て早ければ2019年度から導入される見通し。16年の出国者数は約4000万人で、1人当たり1000円を徴収する場合、年間400億円程度を確保できる。政府は20年の訪日外国人旅行者を4000万人、その消費額を8兆円に増やす目標を掲げている。新たな財源は、海外でのPR強化や滞在中の体験メニューの充実などに充てる方針だ。 

【関連記事】
• 【図解・行政】訪日客の消費額と消費内訳
• 【図解・行政】訪日外国人数の推移
• 〔写真特集〕にっぽんの風景~春夏秋冬~
• 〔写真特集〕世界遺産~国内編~
• 国際会議誘致で対策本部=観光庁、来月立ち上げ  ・・・ 2017/10/31(火) 時事通信 20:39配信より

私のコメント :平成29年10月、観光庁は10月31日、訪日外国人旅行者を増やすための施策に充てる財源の確保策について議論する有識者検討会を開いた。 新税は、年末の与党税制調査会での議論を経て早ければ2019年度から導入される見通し。16年の出国者数は約4000万人で、1人当たり EU フランス、イギリス、ドイツ 先進国 並みに、日本でも 入出国の際に、その税制、財源 確保が、できるかどうかという問題へと、ようやく、なっていける。



コメント

(95)以曽志乃屋文庫(津和野町)

2017年10月22日 | 旅行
(95)以曽志乃屋文庫(津和野町)

幕末史伝える巻物、絵図

津和野町が所有する「以曽志乃屋(いそしのや)文庫」は、最後の津和野藩主・亀井玆監(これみ)の業績を巻物81巻にまとめ、たんす二さおに収めたもの。長州、松江、浜田の三つの藩に囲まれていた津和野藩の情勢を記した古文書や、玆監が近親者らに宛てた手紙の数々など、幕末維新史を知る上で非常に貴重な史料が数多く所蔵されている。「以曽志乃屋」とは、神道を信仰した玆監に死後贈られた、「慎み努める者」という意味を持つ神号「謹斎命(いそしのやのみこと)」に由来する。大正時代、孫の玆常(これつね)が亀井家の功績を後世に残す目的で編さん委員会を立ち上げたとされ、多額の費用と歳月をかけてまとめた。巻物には江戸時代末期、幕府軍が倒幕派の長州藩を討伐すべく津和野藩に訪れた一触即発の状況で、戦火を避けるため玆監が長州藩とやりとりした内容などが記され、当時の藩の状況が如実に見て取れる。文庫には巻物のほかに絵図もあり、2015年に日本遺産に認定された津和野町の歴史文化ストーリーの基となった「津和野百景図」も、文庫の付属絵図の一つだ。現在、亀井氏入城400周年記念事業の一環で、同町森村の町郷土館で11月12日まで見ることができる。普段は同町町田の森鴎外記念館収蔵庫に保管されており、一般公開は14年ぶり。この機会に足を運び、亀井氏の紡いだ歴史に触れてみたい。同館の入館料は一般400円、中高生300円、小学生150円で、町民は無料。開館時間は午前8時半~午後5時で、会期中は無休。・・・ 2017年8月24日、山陰中央新報社、配信より

私のコメント :平成29年10月21日(土)、津和野町 津和野藩主亀井家入城400年記念行事、日本遺産バスツアー「津和野藩主が信じた神仏への道」 主催 ウィンズ津和野町観光協会旅行センター / 津和野町日本遺産センター、に私は、参加した。



コメント

JTB、8月の国内旅行は1.4%減-訪日は18%減

2017年10月20日 | 旅行
JTB、8月の国内旅行は1.4%減-訪日は18%減

2017年10月18日(水)

ジェイティービー(JTB)グループ25社(※)の8月の旅行取扱概況で、国内旅行の取扱額は前年比1.4%減の1199億8300万円となった。なお、同社グループは3月分までは20社による集計結果を発表していたが、2018年4月の組織再編を見据えて、4月分からはJTB国内旅行企画などを含む25社による集計に変更。グループ内取引を相殺した上で発表している。

団体旅行は1.2%増で、このうち一般団体は「官公庁・自治体」が38.9%増と大幅に増加。そのほか「宗教」は21.2%増、「組織」は11.3%増となった。教育旅行は2.1%減と前年を下回った。

企画商品は1.7%減で、このうちエースJTBは1.4%減。エースJTBの取扱人数は2.5%減だった。方面別では九州が5.8%増、中国・四国が1.3%増などとなった。手配旅行を含む個人旅行の取扱額は1.8%減だった。

訪日旅行を含む国際旅行は18.0%減の54億4300万円。「サンライズツアー」の9月30日時点の人員ベースの予約状況は、10月が10.5%増、11月が25.6%増、12月が28.4%増となっている。訪日外国人旅行者向けの宿泊・ツアー予約サイト「JAPANiCAN.com」の10月3日時点の人員ベースの予約状況は、10月が30.5%増、11月が28.9%増、12月が11.6%増。

なお、8月の海外旅行は1.3%減の664億100万円、その他を含む合計は1.9%減の1918億2700万円だった。海外旅行の詳細は別途記載(下記関連記事)

※JTBグループ25社: JTB北海道、JTB東北、JTB関東、JTB首都圏、JTBコーポレートセールス、JTB中部、JTB東海、JTB西日本、JTB関西、JTB中国四国、JTB九州、i.JTB、JTBグローバルマーケティング&トラベル、JTBビジネストラベルソリューションズ、JTB沖縄、PTS、JTBグランドツアー&サービス、JTBメディアリテーリング、朝日旅行、JTB京阪トラベル、ジェイティービー、JTB国内旅行企画、JTBワールドバケーションズ、エイ・ビー・アイ、トラベルプラザインターナショナル(太字の5社を新たに追加) ・・・ 2017年10月18日(水)、travelvision inc. 配信より

私のコメント : ジェイティービー(JTB)グループ25社(※)の8月の旅行取扱概況で、国内旅行の取扱額は前年比1.4%減の1199億8300万円となった。訪日旅行を含む国際旅行は18.0%減の54億4300万円。



コメント

20年ぶり、式年造営しめくくる 鳥海山・大物忌神社 /山形

2017年08月01日 | 旅行
20年ぶり、式年造営しめくくる 鳥海山・大物忌神社 /山形

毎日新聞  2017年7月10日 地方版

山形、秋田両県にまたがる鳥海山(2236メートル)の頂上直下に鎮座する鳥海山大物忌(おおものいみ)神社=遊佐町、高橋広晃宮司=の本社で8日夜、「遷座祭」が20年ぶりに行われた。一定の年限で本殿などを造り替える「式年造営」の締めくくりの神事。厳かな雰囲気の中、新しい本殿にご神体が移された。

同神社は、伊勢神宮(三重県伊勢市)に倣って20年ごとに本殿や風雪などから本殿を守る覆屋(おおいや)を建て替えている。元和4(1618)年と記された棟札(むねふだ)が残っていることから、遅くとも江戸時代初期には行われていたとみられる。前回は1997年7月に遷座祭を営んだ。

今回は2014年に本殿式年造営奉賛会を組織。地元だけでなく全国から寄付を募るなどしてきた。13年の伊勢神宮式年遷宮で解体されたヒノキの部材を使い、新たな本殿(高さ約2・6メートル、幅・奥行きとも約1・7メートル、重さ約700キロ)が完成し、昨年9月にヘリコプターで頂上まで運ばれた。

遷座祭は、日本海に日が沈み星が瞬き始めるのを待って始まった。県内の神職ら約40人が協力した。神官が発する先払いの声「警〓(けいひつ)」だけが響く中、ご神体をささげ持つ高橋宮司の四方を取り囲む白い布のとばり「絹垣(きぬがき)」が、仮殿から数十メートル離れた本殿まで静々と進んだ。ご神体が本殿に納められた後、玉串拝礼などの神事が行われ終了した。高橋宮司は「歴代の宮司が担ってきた最も大事な行事。滞りなく行えて、ほっとしている」と話した。【高橋不二彦】 ・・・ 平成29年7月10日、毎日新聞 地方版 配信より

私のコメント : 平成29年7月10日、山形、秋田両県にまたがる鳥海山の頂上直下に鎮座する鳥海山大物忌神社=遊佐町、高橋広晃宮司=の本社で8日夜、「遷座祭」が20年ぶりに行われた。一定の年限で本殿などを造り替える「式年造営」の締めくくりの神事。厳かな雰囲気の中、新しい本殿にご神体が移された。 今回は2014年に本殿式年造営奉賛会を組織。地元だけでなく全国から寄付を募るなどした。13年の伊勢神宮式年遷宮で解体されたヒノキの部材を使った。遷座祭は、日本海に日が沈み星が瞬き始めるのを待って始まった。神職ら約40人が協力。



コメント

山口県 山口市 山口祇園祭

2017年07月20日 | 旅行
山口県 山口市 山口祇園祭

2017年7月20日(木)~7月27日(木)

初日は神事に続いて鷺の舞が奉納され、八坂神社から御旅所まで裸坊に担がれた3基の神輿が町を練り歩く。最終日27日には御旅所から八坂神社へ神様をお返しする御還幸が行われる。・・・JTB Publishing 配信より

私のコメント : 平成29年7月20日(木)、山口祇園祭 神事に続いて鷺の舞が奉納され、八坂神社から御旅所まで裸坊に担がれた3基の神輿が町を練り歩く



コメント

JR宍道駅、「瑞風」迎える準備万端 専用出入り口や「撮影スポット」も 島根  

2017年05月20日 | 旅行
JR宍道駅、「瑞風」迎える準備万端 専用出入り口や「撮影スポット」も 島根  

JR西日本の豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」の立ち寄り駅となるJR宍道駅(松江市宍道町)の改修工事が終わり、完成記念式典が18日、同駅で開かれた。駅に隣接して同列車専用の「瑞風バス」の待機場所が設けられ、各立ち寄り駅の中で唯一、列車とバスが同時に楽しめる貴重なスポットとなる。JR西が、瑞風の6月運行開始に合わせ、昨秋から同駅を改修。当地に残る歴史的建造物で、江戸時代に歴代松江藩主が宿泊した「八雲本陣」をモチーフに、木の格子をあしらったり外壁を白壁と腰壁に塗り分けたりした。床材には地元の来待石を敷き、瑞風専用の出入り口も設けた。また、松江市も地元の盛り上げに協力し、駅に隣接する市管理の駐輪場に瑞風バスが待機できるスペースを設けた。瑞風バスは瑞風に同行し、乗客が立ち寄り駅と観光地などを行き来する際に使われる。このため瑞風と、同じカラーリングのバスのツーショットを見られるスポットになる。式では、地元書家の石飛清雲さん(85)が自ら揮毫(きごう)した駅名看板を掲げるなどして、リニューアルを祝福。地元住民らが、試運転で入線してきた瑞風を小旗を降って歓迎した。JR米子支社の松岡俊宏支社長は「前任の車両部長時代、瑞風の車両開発に携わっていただけに感慨深い。瑞風の運行が地域に元気をもたらしてほしい」と話していた。瑞風は6月17日に運行が始まり、22日に宍道駅へ初めて立ち寄る。・・・ 平成29年5月19日(金)、産経新聞 7:55配信より

私のコメント : 平成29年5月18日 、JR西日本の豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」の立ち寄り駅となるJR宍道駅(松江市宍道町)の改修工事が終わり、完成記念式典が、同駅で開かれた。 「JR宍道駅(松江市宍道町)」、JR西が、瑞風の6月運行開始に合わせ、昨秋から同駅を改修。



コメント

<仏大統領選>24歳上のファーストレディー誕生 孫は7人

2017年05月09日 | 旅行
<仏大統領選>24歳上のファーストレディー誕生 孫は7人

【パリ八田浩輔】「ブリジット! ブリジット!」。フランス次期大統領への就任が決まったエマニュエル・マクロン前経済相(39)がルーブル美術館中庭での勝利演説で家族に謝意を伝えると、支持者たちはブリジット夫人(64)の名を連呼して盛り上げた。「年の差婚」が珍しくないフランスだが、24歳8カ月上のファーストレディーの誕生は異例の注目を集めている。

【G7首脳のアメコミ調パネル】安倍首相はこんな風に

ブリジットさんの実家はマクロン氏と同じ北部アミアンの裕福なチョコレート店。6人きょうだいの末っ子だった。大学で文学を専攻した後、地元に戻り私立高校で国語(仏語)教師を務めていた。

マクロン氏はその高校で演劇を指導した教え子だ。ブリジットさんは仏誌パリ・マッチのインタビューで、毎週金曜日に劇の台本などについて議論する中「信じられないほどに親密になった」と回想している。17歳のマクロン氏は、銀行員の夫と3人の子供がいたブリジットさんに求婚。快く思わなかった両親にパリの高校に転校させられたが、あきらめずブリジットさんに電話などで気持ちを伝え続けたという。

それから15年近い歳月を経て結婚。2人の間に子供はいないが、7人の孫がいる。当初はマクロン氏の政界入りに懸念を持っていたというブリジットさんだが、選挙戦では演説の草稿や公約の作成に助言をするなど重要な役割を果たした。マクロン氏とブリジットさんの3人の子供たちとの関係も良好で、陣営のソーシャルメディア担当や地域責任者を務めるなど、全面的に選挙活動を支えた。・・・ 平成29年5月8日(月)、毎日新聞 19:17配信 より

私のコメント : 島根県 津和野町へ 大勢の 外国人 来訪客もあるが、最近、フランスからの来訪者が多い 等と、津和野町 商工観光課 職員より、私は、聴いている。このたび、フランス次期大統領への就任が決まったエマニュエル・マクロン前経済相や、その関係閣僚からの配慮より、さらなる、ヨーロッパ フランス人観光客の島根県 津和野 来訪についても、期待をしていきたい。「 カタカナゴ・・・」





コメント

津和野町が山口県6市と中枢都市圏の連携協約

2017年04月21日 | 旅行
津和野町が山口県6市と中枢都市圏の連携協約

島根県津和野町が30日、県境を越えて山口県側の6市と形成する連携中枢都市圏「山口県央連携都市圏域」の連携協約を結んだ。山口市内での締結式で、同町をはじめ、主導した同市や山口県宇部市など構成自治体の首長が協約書に署名した。連携中枢都市圏の協約締結は島根県内の自治体で初めてで、同町は主に、広域観光の振興に期待を寄せる。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

・・・ '17/03/31、山陰中央新報 配信より

私のコメント : 島根県 津和野町が、平成29年3月30日、島根県境を越え、山口県側の6市と形成する連携中枢都市圏「山口県央連携都市圏域」の連携協約を結んだ。



コメント

津和野町 商工観光課、津和野 流鏑馬神事

2017年04月04日 | 旅行
シャープ、パナソニック、富士通、第一興商、NTT…自治体と連携、高齢者見守り実証実験活発化

家族と離れて暮らす高齢者の生活を見守り、支援するサービスの開発が加速している。中心となっているのは電機メーカーや通信事業者だ。高齢化に悩む島根県津和野町とシャープが高齢者世帯の買い物や食生活をサポートする実証実験を6日から始めるなど、官民の連携も進んでいる。

自動調理の電気鍋提供

津和野町は人口減少と高齢化が急速に進み、65歳以上の比率は45%を超える。同町つわの暮らし推進課の内藤雅義課長は「買い物や荷物運びに対して不安を抱える高齢者は多い。地元商店も人口減で売り上げが減り、商売を続けることが難しくなっている」と話す。

実証実験はシャープの提案で、50世帯の高齢者を対象に約3カ月行う。テレビ会議システムで町役場と各世帯を接続。役場は住民から食材などの注文を受けると、地元の商店に取り次ぎ、翌日には宅配便で品物を届けるという仕組みだ。

シャープは必要なシステムのほか、食材と調味料を入れるだけで自動調理ができる電気鍋を提供し、商店と協力して自動調理に応じた食材セットの開発なども進める。

実証実験の結果を踏まえ、同町は平成29年度にも買い物支援を町内全域に広げたい考え。シャープは関連ビジネスの展開を狙う。

カラオケ業者も

熊本地震の被災地、南阿蘇村の仮設団地に設けられた集会所では、NTT西日本と業務用通信カラオケの第一興商が高齢者の健康づくりを支援する取り組みを進めている。

今年9月から、通信回線に接続したテレビを介してインストラクターとともに音楽と体操を楽しめるシステムを提供。さらに血圧計や歩数計などの日々のデータを、テレビ画面でチェックできるようにした。

パナソニックと富士通はセンサーを使って、介護施設の部屋に入居者がいるかどうかなど状況確認できる仕組みを開発した。今年度、介護施設約10棟で導入したパナソニック子会社は「各部屋の見回りをする職員の負担を軽減できる」としており、藤沢市内の他社の施設にも採用された。

家電製品同士が情報をやり取りするIoT(モノのインターネット)に関する研究開発は活発化しており、高齢者支援はさらに充実しそうだ。 ・・・ 2016.12.4、産経新聞  23:11更新  配信より


私のコメント : 平成29年4月4日、 島根県 津和野町 くらし推進課 及び、津和野町 商工観光課 の 各職員との間にて、津和野町 国際交流 内容に関しての、津和野 流鏑馬神事 等における連絡対応 私は、持った。




コメント

雪舟庭 山口市「雪舟の庭を守る会」新規加入呼びかけ 国の史跡・名勝、維持に赤字続く 常栄寺 /山口

2017年02月10日 | 旅行
雪舟庭 山口市「雪舟の庭を守る会」新規加入呼びかけ 国の史跡・名勝、維持に赤字続く 常栄寺 /山口

山口市宮野下の常栄寺にある「雪舟庭」の保護に取り組んでいる「雪舟の庭を守る会」(会長=末永汎本(ひろもと)弁護士)は8日、同寺で記者会見を開き、会への新規加入を呼びかけた。新年度は、落語会の開催など会費以外の収入確保も目指す。【祝部幹雄】

雪舟庭は本堂の北側にあり、面積は約3000平方メートル。中央に池を配置した回遊式庭園で、守護大名の大内政弘が画僧の雪舟(1420~1506?)に築庭させたと伝えられる。国の史跡・名勝に指定されている。

守る会によると、観光客が多かった1992年ごろは拝観料などで約8000万円の収入があったが、その後は観光客が減り近年は約5分の1に。庭や建物など寺全体の維持に多額の費用がかかるため毎年赤字が続いてきた。

そこで、市内の観光関係者や企業経営者らが中心となって2015年7月に守る会を設立。約100社・団体と約265人の個人会員が参加し、約200万円を寄付した。ただ当初の会員は今年3月末で更新を迎えるため、末永会長は「市民にとって大切な遺産で観光資源としても重要。なんとしても維持できるよう協力してほしい」と会員の継続や新規加入を呼び掛けている。

会費は2年間で団体1万円、個人5000円。問い合わせは常栄寺(083・922・2272)へ。 〔山口版〕

・・・ 2017年2月9日 毎日新聞 地方版より

私のコメント : 山口市 常栄寺 「雪舟庭」の保護に取り組んでいる「雪舟の庭を守る会」(会長=末永汎本(ひろもと)弁護士)は8日、同寺で記者会見を開き、会への新規加入を呼びかけている。会費は2年間で団体1万円、個人5000円。問い合わせは常栄寺(083・922・2272)へ。



コメント