佐賀県内を襲った豪雨で、8月28日に大雨特別警報が発表されてから4日で1週間。県内では3人が犠牲になり、1人が意識不明の重体になっている。被害が大きかった市町は浸水被害の調査を継続しており、被害の件数はさらに増える見通しだ。復旧に向けた動きが本格化する中、杵島郡大町町では、佐賀鉄工所大町工場から流出した油の回収作業や、ボタ山わんぱく公園の斜面崩落による避難指示が続いている。県内の主な被害や現状をたどる。

 

 
(中略)
 

私のコメント :  令和元年9月4日、山口県 山口市 山口県農業共済組合 総務部 企画管理課 弘岡典文課長 から、私のもとに、下記に関する内容について、連絡が入り、山口県農業共済組合 総務部 企画管理課 弘岡典文課長 から 連絡されてきた内容に沿い、対談をおこなった。山口県 山口市 山口県農業共済組合 門出進 組合長、並び、山口県農業共済組合 総務部 企画管理課 弘岡典文課長、からは、今までに、下記における その一連の対応がある。