地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

ニコンZに早くも社外品のマウントアダプターが登場

2018年10月17日 | デジタルカメラ
ニコンZに早くも社外品のマウントアダプターが登場 焦点工房のライカMレンズ→ニコンZマウントアダプター

本誌:宮澤孝周 2018年10月12日 13:27、impress.co.jp 配信より

株式会社焦点⼯房は、10⽉18⽇にSHOTENブランドのマウントアダプター「LM-NZ」を発売する。希望小売価格は税別7,000円。

ニコンZマウントにライカMマウントレンズの取りつけを可能にするマウントアダプター。電子接点は有しておらず、物理的な互換性を確保するタイプの製品。

ニコンZマウントは内径55mm、フランジバック16mmの大口径マウント。ニコンZマウントを採用する最初の製品は、9月28日に発売されたニコンZ 7。発売から1カ月を経ず、早くも非純正のマウントアダプターが登場した。

Mマウントは1954年に登場したライカM3で採用されたレンズマウント。マウント内径は43.9mm。フランジバックは27.8mm。

マウント⾯には取りつけ精度および耐久・剛性に配慮して真鍮素材を使用。アダプター内部には反射対策としてつや消し塗装を施した。

私のコメント : 平成30年10月17日、ニコンZに早くも社外品のマウントアダプターが登場。ニコンZマウントは内径55mm、フランジバック16mmの大口径マウント。ニコンZマウントを採用する最初の製品は、平成30年9月28日に発売されたニコンZ 7。発売から1カ月を経ずして、早くも非純正のマウントアダプターが登場した。

ニコンZ 7 その人気の高さも わかる。



コメント

Intel to Bring 5G to Mobile PCs Next Year

2018年02月24日 | デジタルカメラ
Intel to Bring 5G to Mobile PCs Next Year

Intel is continuing to build new products and collaborations for 5G across the network, client and cloud.

Today, Intel announced it is collaborating with Dell, HP, Lenovo and Microsoft to bring 5G connectivity to Windows PCs with Intel® XMM™ 8000 series commercial 5G modems. Intel expects the first high-performing 5G-connected PCs to surface in the market in the second half of 2019.

Press Kits: 2018 MWC | 5G at Intel

Mobile World Congress (MWC) attendees will get a first sneak peek at a concept 5G-connected PC – a detachable 2 in 1 – connected by an early 5G modem and powered by 8th Generation Intel® Core™ i5 processors. At MWC, Intel will showcase the power of 5G on a PC by livestreaming video over the 5G network. This concept is one of many stepping stones for moving the industry forward in what’s possible for 5G-enabled PCs.

5G is not just another generation of wireless connectivity. It promises new opportunities for technology innovation across the computing and connectivity landscape from the cloud to the network and the client.

The PC is a central hub for processing incredible amounts of data. 5G is coming. Not only will it bring a substantial amount of data needing processing but also new experiences for PC owners. Imagine immersing in untethered VR from anywhere in the world, or downloading a 250 megabyte file in seconds from a parking lot. Or imagine being able to continue participating in a multiplayer game as you ride in an autonomous vehicle on the way to class. Radically different. This is just a sampling of the experiences 5G will reimagine for the mobile PC. As this transformation of data continues, it’s critical for PCs to be ready with 5G.

In addition to 5G:

At MWC, Intel will also showcase the latest steps it has taken to build toward a more connected future with:
•11ax, the next big thing in Wi-Fi. A thin PC with 802.11ax Wi-Fi will be on display at the Intel’s booth in Hall 3 at Stand 3E31. 802.11ax builds enhanced levels of manageability and network efficiency, and will be a critical part of the connected future with 5G.
•eSIM functionality will be on display at Intel’s booth in Hall 3 at Stand 3E31. As of September 2017, all of Intel’s modem solutions for PCs support eSIM in enterprise and consumer segments. eSIM is an essential feature for connected PCs, and Intel plans to continue offering it going forward. Intel continues to work across the ecosystem to ensure our end customers enjoy seamless out-of-the-box experiences.

Intel is investing deeply across its wireless portfolio and partners to bring 5G-connected mobile PCs to market, with benefits for users, like high-quality video on-the-go, high-end gaming, and seamless connections as users traverse Wi-Fi and cellular networks. With 5G’s critical speeds and capacity, Intel will help to open the door to new experiences hardly imaginable today, and make connecting online from anywhere, anytime the norm.

Intel technologies’ features and benefits depend on system configuration and may require enabled hardware, software or service activation. Performance varies depending on system configuration. Check with your system manufacturer or retailer or learn more at Intel’s website.


Tags: 2018 Mobile World Congress, 2018 MWC



コメント

HPの最新ノートPCが見据える、個人の「プロ利用」とは?

2017年12月24日 | デジタルカメラ
HPの最新ノートPCが見据える、個人の「プロ利用」とは?

2017/12/02 07:00:00

山口健太

関連キーワード:パソコン業界

1 大胆なデザインを採用したHP
「働き方改革」により、ノートPCを持ち出して仕事をする機会が増えている。PCの世界シェアで1位に躍り出たHPも、今後の拡大が見込まれるこの市場に狙いを定めてきた。ビジネスPCといえばオフィスに馴染む地味なデザインが多かったが、外に持ち出しても見劣りしないものが求められつつある。個人向けPCを仕事に利用する機会が増えたことで、法人と同じセキュリティが求められるようになってきた。HPの最新製品もこうしたトレンドを踏まえている。
HPは「多様性」を軸にデザインに注力
PC市場では、2-in-1やタブレットを除いた従来型PCの出荷台数は縮小が続いている。その中でもHPは、世界シェアで数年間に渡って首位を維持してきたレノボを逆転したことで注目を浴びている。米IDCの調査では2017年第3四半期のシェアはHPが22.8%、レノボが21.6%と差は小さいが、勢いがあるのはHPだ。一方、日本ではNECレノボグループが盤石な体制だが、さらに富士通がレノボ傘下になったことでレノボグループの存在感は日本市場の4割を占めるまでになっている。日本市場でHPはデルと同じ3位グループに位置しており、どう対抗するのかが注目されていた。11月17日の発表会には米HPからデザイン担当バイスプレジデントであるステイシー・ウルフ氏が来日。4年前に再出発したというHPのデザインに対する考え方を語った。その中でウルフ氏が強調したのが、様々なバックグラウンドを持つ人材を集め、グローバルに展開するPCメーカーに求められる「多様性」を確保しているという点だ。その最新事例が、プレミアムクラスの個人向けノートPC「HP Spectre 13」だ。最新CPUの「第8世代Coreプロセッサー」を搭載しつつ、狭額縁化によりコンパクトな横幅を実現した。注目は、本体カラーにモバイル機としては敬遠されがちなホワイトを大胆に採用した点だ。ホワイトは汚れやすいイメージがあるものの、HPでは電着塗装により上質な手触りの塗装と耐久性を両立させたという。ナチュラルな内装の自宅にも溶け込み、カフェに持ち出してもMacBookに負けないデザインといえる。本体の最薄部は10.4mmという薄さも特徴だが、薄型のノートPCは画面を開けにくい問題があった。そこで本体形状を工夫し、ネイルをしている女性でも爪を痛めないよう配慮したという。女性ユーザーを意識することで、結果的に男性にも使いやすいものになった。ビジネス用途で好みが分かれそうな点として、キーボードの「Enter」の右側にもキーが配置されており、画面出力はUSB Type-Cから変換が必要になるものの、優れたデザインのWindows PCとして注目に値するモデルだ。

2 .今の時代に合ったPC利用とそのための機能
働き方改革で増える個人PCの「プロ利用」
「働き方改革」により個人のPCを仕事に持ち込む機会が増えている。そこで個人向けPCにも、法人向けのセキュリティ機能が搭載されつつある。ノートPCの盗み見を防ぐ機能が「HP Sure View」だ。斜めから見ると画面が真っ白になるため、移動中や外出先で画面から機密情報を盗まれる「ビジュアルハッキング」を防ぐことができる。これまでHPは法人向けに提供してきたが、個人向けPCでも選択できるようになった。これまでは画面に装着する「プライバシーフィルター」もあったが、HPは画面に機能を組み込むことで、キーを押すだけで有効化できるのが特徴だ。正面から見ても画面はわずかに白濁するものの、不要になれば簡単にオフにできる。また、OSの「Windows 10」もこれまでは個人向けがHome、法人向けはProと棲み分けていた。だがHPは個人向けモデルでもWindows 10 Proを選択できるようにしたという。Proは法人向けの管理機能が強化されており、個人のPCを企業内ネットワークにつなぐ場合でも安心して利用できる。働き方改革によりいつでもどこでも働けるようになれば、出社せずに自宅で仕事を済ませることで育児や介護と両立するなど、多様なライフスタイルが実現する。HPはビジネスPC製品において、個人向けと法人向けの間にあった壁を取り払うことで新しい時代に対応しようというわけだ。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

・・・ 2017/12/02、マイナビニュース  07:00:00 配信より

私のコメント : 日本ではNECレノボグループが盤石な体制だが、さらに富士通がレノボ傘下になったことでレノボグループの存在感は日本市場の4割を占めるまでになっている。日本市場でHPはデルと同じ3位グループに位置しており、どう対抗するのかが注目されている。11月17日の発表会には米HPからデザイン担当バイスプレジデントであるステイシー・ウルフ氏が来日。4年前に再出発したというHPのデザインに対する考え方を語った。その中でウルフ氏が強調したのが、様々なバックグラウンドを持つ人材を集め、グローバルに展開するPCメーカーに求められる「多様性」を確保しているという点だ。OSの「Windows 10」もこれまでは個人向けがHome、法人向けはProと棲み分けていた。HPは個人向けモデルでもWindows 10 Proを選択できるようにしたという。Proは法人向けの管理機能が強化されており、個人のPCを企業内ネットワークにつなぐ場合でも安心して利用できる。


コメント

写真甲子園、本戦出場18校出そろう 8月4~7日、東川で

2015年06月22日 | デジタルカメラ
【東川】高校生が写真の腕前を競う第22回全国高校写真選手権大会「写真甲子園2015」(上川管内東川町、北海道新聞社などでつくる実行委主催)のブロック別公開審査会が21日終了し、全国11ブロックの代表18校が出そろった。
 21日に新たに本戦出場を決めたのは、昨年の優勝校で東海ブロック代表の津島東(愛知)など3校。北海道ブロックは既に北海道尚志学園、岩見沢高等養護学校の2校が代表に選ばれている。
 道外勢ではほかに、13年の優勝校で14年は準優勝だった埼玉栄、12年優勝の浦添工業(沖縄)などが出場する。
 今年は全国から514校の応募があり、3年連続で500校を超えた。昨年までは応募時の提出写真の予選審査で各ブロックの代表校を選定していたが、今回からは審査が2段階になった。
 初戦(予選)審査会で90校に絞り込んだ後、生徒が提出写真の撮影意図などを説明する公開審査会をブロックごとに開き、本戦出場校を決めた。地区割りも細分化し、昨年より3ブロック増やした。
 本戦は8月4~7日、上川管内東川町を主会場に行われる。1校3人のチームが決められたテーマで撮影し、写真の出来栄えなどを競い合う。 ・・・ 平成27年6月22日(月)、北海道新聞 10:14 更新より


私のコメント: 山口県で、高校生 写真部活動において、私は、顧問教師もし、担当した写真部 生徒を山口県より、写真甲子園、本戦出場させた立場で、説明を申し上げると、写真部の生徒に対し、高校生 写真部活動における周囲の協力していただける校内外における体制作り、また、写真撮影を通して、その「人情」を教えていくことも大切です。

今日、私は、島根県 山間部 山林道路 車を運転して、走行していると、島根県内 山間部の道 野生猿の集団が、山林道を横切る場面に遭遇した。島根県は、シャッター チャンスが多い。全国高校写真選手権大会「写真甲子園」中国地区 生徒の写真技術 レベルを上げるためにも、島根県内 写真部  各高校の皆様にも、更に、がんばっていただきたいと願っている。 ・・・ 猿の惑星




コメント

ポートレート撮影のコツ伝授 島根県立美術館でワークショップ

2015年02月02日 | デジタルカメラ
松江市の島根県立美術館で1日、ポートレート(肖像)写真のワークショップがあった。松江市のフォトグラファー、鈴木健之さん(36)から人物をきれいに撮るコツを学んだ。3月9日まで同館で開かれている企画展「ポートレイト・イン・ミュージアム~肖像画の魅力」に合わせて開かれた。鈴木さんは、明るさや色合いの調整など写真撮影のコツを伝授。「どこで撮影するかによって人の雰囲気が変わる。上や下の目線から撮るなど工夫が大切」と話した。このあと、参加者はスマートフォンやデジタルカメラで友人や館内の彫刻などの撮影に挑戦した。安来市立十神小学校5年、小松鈴歩さん(10)は「カメラの使い方が分かった。これからもいろいろな物を撮影したい」と話した。 ・・・ 平成27年2月2日(月)、産経新聞 7時55分配信より

コメント