地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

萩・明治維新150年祭 萩市民大学教養講座 高橋尚子 トークショウ「走り続ける中で」

2018年12月15日 | イベント
萩・明治維新150年祭 萩市民大学教養講座 高橋尚子 トークショウ「走り続ける中で」

平成30年12月15日(土)、山口県 萩市 萩・明治維新150年祭 第2回講座 萩市民大学教養講座 高橋尚子 トークショウ 「走り続ける中で」 13:30~15:00 会場 萩市民館 大ホール 

お問い合わせ先は、萩市教育委員会 文化・生涯学習課 TEL: 0838-25-3511となっています。

平成30年12月14日、山口県 萩市 萩・明治維新150年祭 萩市民大学教養講座 第1回講座 萩市民大学教養講座 京都大学IPS細胞研究所所長 山中伸弥教授と萩市教育委員会 文化・生涯学習課 からの対応を私は受けて、京都大学 医学部 山口県 同窓会長のもとへ、行き。萩・明治維新100年祭 当時は、山口県萩市において、田中助一 医学博士が、当家、並び、ドイツ人 シーボルト医師との関係をわかりやすく萩市から、昭和の御世にて、当時の萩・明治維新100年祭に向け、その情報配信をされていた様子に関し、その説明をおこなった。また、その後、平成の御世となり、山口県下の医療・薬務関係に関係し、京都大学 医学部 山口県 同窓会長と私との連絡と対応の経緯については、萩市教育委員会 文化・生涯学習課 担当職のもとに、その説明を入れている旨も伝えた。その際、京都大学名誉教授 一色信彦先生のもとで、その医学 研鑽を積まれていた時代、京都大学 医学部 山口県 同窓会長から、私に対する、その山口県下の医療・薬務関係に関係し、公聴を受けることができた。
..................................................
本庶さん帰国「若手応援に尽力」

平成30年12月14日、NHK NEWS WEB 配信より

今年のノーベル医学・生理学賞を受賞した京都大学特別教授の本庶佑さんは14日にスウェーデンから帰国し、「若い研究者を応援する仕事に力を尽くしたい」と今後の抱負を語りました。今年のノーベル医学・生理学賞を受賞した本庶佑さんは、スウェーデンのストックホルムで1週間余りにわたって授賞式や晩さん会などの公式行事に出席し、14日午前に帰国しました。関西空港で取材に応じた本庶さんは「受賞した仲間と話をしたほか、市民と交流したり議会で議論したりと過密なスケジュールでしたが、貴重な体験でした」と振り返りました。また、授与されたメダルを手に取ると「メダルそのものは、ただの金の塊でどうということはない」と本庶さんらしい感想を述べた一方で、歴代のノーベル賞受賞者のサインと写真を集めてまとめた本があり、日本人では初めての受賞者で京都大学の先輩にあたる湯川秀樹さんのサインを見せてもらい、「一緒に写真を撮った。歴史の重みが感じられて一番感慨深かった」と語りました。そして、本庶さんは今後の抱負を聞かれると「できるだけ自分のペースで研究を続けながら、若い研究者を応援する仕事や基礎研究を支援する仕事に力を尽くすことができればいいと思っています」と話していました。


家族~FAMILY~
益田宏美/ビクターエンタテインメント

夫婦一生
北島三郎/日本クラウン

GOLDEN☆BEST 太田裕美
太田裕美/ソニー・ミュージックダイレクト
..................................................
平成30年12月14日、山口県 国際課 尾上真弓副課長と私は、対談した。

..................................................
中国の程駐日大使が山口知事訪問

2018/12/13  中国新聞アルファ 配信より

中国の程永華駐日大使が12日、山口県庁に村岡嗣政知事を訪ねた。中国人観光客が急増する山口県との交流拡大を喜び、さらに関係が深まるよう協力する考えを示した。程大使が2010年就任後、同県を訪れるのは初めて。
..................................................
立会人 村岡嗣政 山口県知事、小野薬品工業株式会社、山口市 協定書の件

平成30年12月7日、山口県 防府市 公益財団法人 毛利報公会 財務課、毛利報公会 毛利博物館 田中誠二館長から 私への対応の内容に関しては、山口地方法務局 人権擁護課 まで、私は、行き、山口地方法務局 人権擁護課 担当係官へ、今までの外交内容に関しても、その下記、配信にいたる 各 経緯があり、その説明を入れた。

「外交内容に関し、日本外務省 北東アジア課、韓国 イ・スフン駐日大使、山口県 村岡県知事、山口県 国際課 山岡秀樹主査、人権対策室 瀬原正博室次長、 山口市小郡文化資料館 高原 明広 館長、島根県芸術文化センター 総務担当 北浦克成主任、萩税務署 河田英基総務課長、山口地方法務局人権擁護課 原田課長、金子係長、山口地方法務局 萩支局 総務係長、等 対応が私には、あるため、平成30年3月23日、 山口市役所、渡辺純忠山口市長、秘書室 近藤様 から 私との面談における、各対応もあり、現在 島根県 溝口 善兵衛 知事の様態 も 私は、深く、心配しているため、よって、山口市収納課 櫨元香恵副主幹における 公務員としての使命、重ねて、お願い 申し上げた。」

平成30年12月7日、山口県庁 中央県民相談室にて、山口県 広報広聴課 堅田克己主幹と私は、対談し、その後、山口県 商工労働部 企業立地推進課 藤井幹大 主任と私は、「 小野薬品工業株式会社 相原 暁代表取締役、山口市 渡辺純忠市長、立会人 村岡嗣政 山口県知事、協定書 」における記載 内容をもとにして、対談した。

平成30年12月7日、帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 斉藤様と私は、帝人株式会社 統合報告書をもとにして、その対談した。

平成30年12月7日、山口県庁 中央県民相談室にて、山口県 健康福祉部 こども・子育て応援局 こども政策課 保育・母子保健班 保育グループ 松本伸治 主査 グループリーダー、並び、山口県 健康福祉部 こども・子育て応援局 こども政策課 保育・母子保健班 保育グループ 綿原勇輝主任と私は、対談した後、その対談した内容 等を受けて後、山口市 浄土真宗本願寺派本願寺山口別院 山口教区教務所 中村祐順輪番、教務所長のもとに、報告を入れ、山口別院 山口教区教務所 中村祐順輪番、教務所長と私は対談した。
..................................
自民・竹下亘前総務会長 徴用工判決で韓国を批判

2018.11.29 19:08、産経新聞 配信より

自民党の竹下亘前総務会長は29日、韓国最高裁がいわゆる徴用工だったと主張する韓国人男性の訴えを認め、三菱重工業に損害賠償を命じた確定判決について「世界の常識に反する。日本国としては強く抗議するのはもちろんのことだ」と厳しく批判した。また、韓国国会議員の竹島(島根県隠岐の島町)上陸や日韓合意に基づく「和解・癒やし財団」解散なども挙げ「不愉快なことが多すぎる。日本をどうしようと思っているのか。文(ムン)在(ジェ)寅(イン)韓国大統領は(日韓関係は)『未来志向』と言うが、未来志向だとはとても思えない」と不快感を示した。自民党竹下派の会合後、都内で記者団に語った。

私のコメント : 平成30年11月30日、山口県 健康福祉部 薬務課 製薬指導班 香川裕子主幹 班長と私は、対談し、山口県 健康福祉部 薬務課 製薬指導班から、山口県 健康福祉部 薬務課 製薬指導班における都合の良いことだけ、私に対して、それを主張されるために、山口県庁に行き、山口県 広報広聴課 中央県民相談室 田村日登美次長に、その内容に関しては、私から説明を入れ、山口県から、その善処も求めた。

平成30年11月29日、山口県庁にて、下記の対応もあり、山口県 健康福祉部 薬務課 製薬指導班 藤山達夫 主任、石津陽一郎 技師 と私は、面談した。

平成30年10月4日、山口県 健康福祉部 薬務課 製薬指導班 班長 香川裕子主幹と私は、下記の件に関し、面談した。

平成30年10月4日、平成30年10月3日、宮内庁 宮務課 星野様と対談し、山口県 総務部 人事課 人事班 守永知司 主査とも私は、対談した内容を受けて、宮内庁へ、その連絡を入れているため、山口県 総務部 人事課 人事班 守永知司 主査と私は、面談した。

平成30年11月29日、山口県 山口市 プジョー 濵上 美幸 店長と私は、山口市 プジョー 山口にて、その面談をおこなった。

平成30年11月29日、韓国の国会議員団が島根県の竹島に上陸した 今回における 島根県 竹島問題にあたっては、外務大臣は、韓国政府の責任も ( 島根県内における 竹島諸問題に関しては 外務大臣から、それが、不明のまま ) 問いただす必要があるという考えを示した。また、「(韓国) 国会議員の行動ではあるが、上陸にあたっては政府が関与している可能性もあり、韓国政府の責任も問いただす必要がある」と述べた。

平成30年11月29日、山口県 萩市長 藤道健二氏、広島県 広島市 中区 鉄砲町1-20 第3ウェノヤビル7F 一般社団法人 中国地域ニューメディアビジネス協議会 細川 匡 会長による 対応があるために、一般社団法人 中国地域ニューメディアビジネス協議会 萬城浩太郎氏と私は、下記の件にて、その対談をおこなった。今回、対談した内容に関して、その興味のある方は、一般社団法人 中国地域ニューメディアビジネス協議会 萬城浩太郎氏 のもとへ そのお尋ねください。
...................................................
山口県 防府市 公益財団法人 毛利報公会 財務課、毛利報公会 毛利博物館 田中誠二館長 対応の件

平成30年11月24日、文部科学省、文化庁、外務省、山口県 萩市 文化財保護課、山口市 文化財保護課、防府市 文化財課、島根県 津和野町 文化財保護課 等と私との関係があり、平成30年11月7日、毛利元敦氏(毛利本家の当主)が、会 場 国指定重要文化財 熊谷家住宅 公益財団法人 熊谷美術館 ( 萩市今魚店町47 )にて、『 毛利家の末裔が現代の経済人に伝えたいこと 』、その講演をされた後の対応が私にあり、よって、防府市 公益財団法人 毛利報公会 財務課 山邊勇 財務課長 へ面会に行き、対談し、その後、以下の対応もあり、公益財団法人 毛利報公会 毛利博物館 田中誠二館長と私との間における、相互の立場に関しては、確認が必要なため、毛利博物館 館長室にて、その対談を行った。
………………………………………….
https://www.cnbc.or.jp/news/001/4129.html

2018/10/18 - 今回、維新前後に活躍し日本経済発展の礎を築いた偉人のご子孫お二人をお招きします。 ◇第一部講演 『 明治150年における資本主義の原点回帰 』 渋澤 健 氏 ◇第二部講演 『 毛利家の末裔が現代の経済人に伝えたいこと 』 毛利 元敦 氏. ▷開催日時 平成30年11月7日(水) 13:30~ ( 受付開始 12:45 より ) ▷会 場 国指定重要文化財 熊谷家住宅 <公益財団法人 熊谷美術館 ( 萩市今魚店町47 ) 以下、省略・・・
………………………………………………………
平成30年6月24日、山口県 国際課 尾上真弓副課長と面会し対談する。その際に、山口県庁内にて、山口県 交通政策課 伊藤副課長、交通政策課 空港利用促進班 水川雅子主査と私が、平成30年6月20日 午後4時 山口県 中央県民相談室にて、面談した内容も踏まえて、山口県 交通政策課 交通政策課 空港利用促進班 水川雅子主査が、山口県 国際課に勤務されていた当時における、私と 山口県 国際課との関係、及び、その当時の 私と在外公館との連絡文も 手渡し、今後の対応があるため、山口県 国際課 尾上真弓副課長からの支援を私に、仰いだ。

平成30年12月7日、山口県 山口市 山口日産株式会社 長濱恵総務課長と私は下記の件にて、新たな事実がわかり、私が、新たに作成した書面をもとにして、その対談をおこなった。

平成30年12月4日、日産自動車は4日、カルロス・ゴーン容疑者の後任の新会長を選定するため、3人の社外取締役による協議の初会合を開いたという経緯がある。よって、山口県 山口市 山口日産株式会社 長濱 総務課長と私は、「外務省 北東アジア課 大村久美様に 平成27年1月17日、連絡申し上げました件」に関係し 当該 日産自動車と日本外務省との対応があるため、山口日産株式会社内にて、その対談し、慶應義塾大学にて、私が、国の労働政策審議会 会長も勤められていた 私の恩師 西川俊作教授から、私が授けられていた労働経済学、労働政策の内容、及び、私が、山口県立萩商業高等学校にて、山口県 萩市 初任地にて、戦時中に、日産自動車に勤務された後、高校教員となられた先輩 教員から、教員生活の合間、種々、戦時中 日産自動車 出来事 等 を聴いていた内容、及び、下記における内容も踏まえ、対談をおこなった。 

平成30年11月21日、山口日産自動車株式会社 経営管理部 総務課 長濱 課長 と 私は、私が作成した一連の関係 書面をもとにし、対談をおこなった。

平成30年11月20日、山口日産自動車株式会社 経営管理部 総務課 長濱 課長 と私は、下記における対応 ( 外務省 いわゆる 密約書不在の問題に関係し、外務省欧州局 西欧課 鈴木和子様と私との連絡文、および、平成28年4月19日付 山口県立山口高等学校 高原透 校長 宛への私からの連絡文も添付し、山口県萩市役所 その担当課 大谷聡課長補佐へ 私は、その書類 (写し) 等 を送って、萩市役所より、私への善処を求めた。) 等 という経緯、並び、当家と日産自動車 鮎川義介氏との関係があり、山口日産自動車株式会社にて、面談をした。


コメント

大地震想定し避難所運営訓練

2018年11月25日 | イベント
大地震想定し避難所運営訓練

11月25日 12時55分、島根 NEWS WEB 背信より

大地震を想定した島根県の総合防災訓練が25日、松江市で行われ、住民や自治体の職員らが避難所を運営する手順などを確認しました。

訓練は、松江市で震度6強の激しい揺れを観測するなど、島根県東部で大規模な地震が発生したという想定で行われ、県や消防、自衛隊のほか、地元の住民など500人あまりが参加しました。

訓練の会場となった松江市の法吉小学校では、地区の自主防災組織が中心となって、体育館に届けられた食料品などの支援物資を住民らとともに運び込んだり、避難所で寝泊まりができるように段ボールを組み立ててベッドや仕切りを作ったりしていました。

また、自治体の担当者は、災害時でも通信ができる衛星電話の使い方などを学んでいました。

参加した住民は「災害があまりない場所なので、こうした訓練をするのはとても大切だと思います」と話していました。

法吉地区災害対策本部の小数賀安富本部長は「避難所に来るだけではなく、そこからどうやって生き延びるのかを知ってほしい。訓練ではうまく指示が行き渡らないところもあったので、今後の課題にしたいです」と話していました。

私のコメント :平成30年11月25日、島根県の総合防災訓練が、島根県 松江市で行われ、住民や自治体の職員らが避難所を運営する手順などを確認しました。訓練は、島根県 松江市で震度6強の激しい揺れを観測するなど、島根県東部で大規模な地震が発生したという想定で行われ、島根県や消防、自衛隊のほか、地元の住民など500人あまりが参加しました。



コメント

島村抱月 没後100周年法要 浜田・参加者70人しのぶ

2018年11月13日 | イベント
島村抱月 没後100周年法要 浜田・参加者70人しのぶ

2018年11月12日、山陰中央新報 配信より

島根県浜田市金城町出身の劇作家・島村抱月(1871~1918年)の没後100周年記念法要が11日、抱月が眠る同町久佐の浄光寺であった。抱月が古里の親戚に送った貴重な手紙を基に、抱月研究の第一人者で石見郷土研究懇話会の岩町功会長(89)が、近代的な思想を持っていた抱月の功績について解説し、参加者約70人がしのんだ。

少年時代を同町久佐で過ごした抱月を顕彰し、地域活性化につなげようと地元の実行委員会が主催。地元や東京都内から参加者が供養に訪れた。法要に続いて岩町さんが講演で、抱月が小学校卒業後に浜田へ出て裁判所の給仕などとして働き、「役に立つ人間になりたい」と夜学で猛勉強した10代に触れた。

また、古里の人脈を生かして上京した抱月が、江津市波積町の光善寺にいた伯母に出していた複数の手紙を紹介した。

中でも抱月は妹の結婚について、家柄にこだわらず本人同士で決めるべきだと父親に進言するよう求めたといい、岩町さんは「男女平等の意見を早い段階から認識していた」と評価。後に女性を独立させてドラマの中心に置いた、当時としては画期的な演劇につながったと指摘した。

2018年11月12日 無断転載禁止

【石見】の最新記事
•島村抱月 没後100周年法要 浜田・参加者70人しのぶ 11/12
•万葉植物園 再興して 益田の公園 園児ら30人 草花植栽 11/12
•好評 ペンギン館10周年 アクアスで記念イベント 11/12
•民具の収集50年 住民協力に感謝 浜田で守る会 あす式典、記念誌も 11/10
•伝統の製法 理解深める 邑南・阿須那小児童が炭出し 11/10

私のコメント : 平成30年11月、島根県 浜田市金城町出身の劇作家・島村抱月(1871~1918年)の没後100周年記念法要が11日、抱月が眠る同町久佐の浄光寺であった。









コメント

第1次大戦終結100年で式典 仏大統領 排他的風潮に警鐘

2018年11月11日 | イベント
第1次大戦終結100年で式典 仏大統領 排他的風潮に警鐘

2018年11月11日 20時55分、NHK NEWS WEB 配信より

人類史上初めて世界規模の戦争となった第1次世界大戦が終結してから11日で100年になります。フランスでは世界60か国余りの首脳を招いた追悼式典が開かれ、マクロン大統領は、自国第一主義や排他的な風潮が広がる現状に警鐘を鳴らし、各国に結束を呼びかけました。

続きを読む

第1次世界大戦は、1914年に当時のオーストリア・ハンガリー帝国の皇太子が暗殺されたのをきっかけに起き、4年間で1800万人もの犠牲者を出しました。

大戦の終結からちょうど100年となるパリでは、11日、マクロン大統領が主催する追悼式典が開かれ、麻生副総理兼財務大臣のほか、中間選挙後、初の外遊となるアメリカのトランプ大統領やロシアのプーチン大統領など60か国余りの首脳が参列しました。

この中で、マクロン大統領は「愛国心を持つこととナショナリズムとは正反対のものだ。われわれは、恐れではなく希望を築くべきだ」と述べ、自国第一主義や排他的な風潮が広がる現状に警鐘を鳴らし、各国に結束を呼びかけました。専門家の間からは、自国第一主義や排他的な風潮が社会に広がる現状を、ファシズムが台頭し、第2次世界大戦へとつながった当時の状況と重ねる見方も出ていて、マクロン大統領は各国の首脳を前に、同じ過ちを繰り返さないためには国際協調こそ重要だと訴えた形です。

米ロ首脳が握手

追悼式典には、中間選挙後、初の外遊となるアメリカのトランプ大統領や、ロシアのプーチン大統領など60か国余りの首脳が参列していて、トランプ大統領とプーチン大統領が顔を合わせ握手をする場面もありました。

両首脳が会うのは、ことし7月にフィンランドで行った首脳会談以降、初めてで、プーチン大統領は握手のあとトランプ大統領に親指を立てるようなしぐさを見せました。

ホワイトハウスによりますと、今回は両首脳の正式な首脳会談は見送られ、今月下旬に南米のアルゼンチンで開かれる主要20か国の首脳会議、G20サミットにあわせて行う見通しだということです。

第1次世界大戦とは

第1次世界大戦は1914年に当時のオーストリア・ハンガリー帝国の皇太子が暗殺されたのが発端で、その後、人類史上初めての世界規模の戦争に発展し、戦車や毒ガスなどの新兵器も使われ、4年間で1800万人もの犠牲者を出しました。

アメリカの参戦もあって連合国側が勝利し、100年前の1918年11月11日、フランスで休戦協定が結ばれ、大戦は終結しました。

翌年、パリで行われた講和会議では、アメリカのウィルソン大統領が国際協調を唱え、国際連盟の創立に結びつきました。

ただ、そのアメリカは、孤立主義に立つ議会が批准を否決したことで参加せず、国際連盟は期待された役割を十分果たせませんでした。

また、パリ講和会議の結果、フランスなどの連合国と敗戦国ドイツとの間で結ばれたベルサイユ条約では、ドイツに多額の賠償金が課されるなど報復の意味合いが強く、ドイツ国内で不満が広がりました。

その後、ヨーロッパでは排他的な勢力やファシズムが台頭し、甚大な被害をもたらした戦争の教訓を生かせないまま、第2次世界大戦へと突き進んでいきました。

マクロン大統領 国際協調の重要性訴える狙い

マクロン大統領は、自国第一主義や排他的な風潮が社会に広がる現在の状況を「まるで1930年代のようだ」と表現し、ファシズムが台頭して第2次世界大戦へとつながっていった当時の国際情勢と重ね合わせ、危機感をあらわにしています。

今月に入って国内10か所余りの当時の激戦地を歴訪し、10日には、休戦協定が結ばれた北部のコンピエーニュに当時の敗戦国ドイツのメルケル首相を迎え、改めて不戦の誓いを立てました。

追悼式典でも、未曽有の犠牲者が出た第1次世界大戦の教訓を引き合いに出しながら、同じ過ちを繰り返さないためには国際協調が重要だと訴える狙いがあります。

マクロン大統領は、追悼式典に合わせて3日間の日程で多国間の協力を呼びかける平和フォーラムを開催する予定で、第1次世界大戦の終結から100年という節目を機に、自国第一主義に対抗するため、各国の首脳や企業、市民から幅広い支持を集めたい思惑があるとみられます。

米仏関係 蜜月演出も亀裂か

国際社会からの孤立もいとわず自国第一の「アメリカ・ファースト」を掲げるトランプ大統領と、多国間による国際協調を重視するマクロン大統領は、地球温暖化対策や自由貿易、イラン核合意など多くの点で立場を異にします。

その中でも、マクロン大統領はトランプ大統領と率直に話し合い、解決策を探る姿勢を続け、去年7月のフランス革命記念日には、就任後初めて、トランプ大統領をパリに招いて歓待し、強い同盟関係と個人的に良好な関係をアピールして見せました。

マクロン大統領は、アメリカとヨーロッパの関係が悪化する中で橋渡し役を演じるとともに、化学兵器の使用疑惑をめぐって、シリアのアサド政権に対し、アメリカとともに軍事攻撃に踏み切るなど安全保障分野やテロとの戦いでは連携を深めます。

ことし4月には、トランプ政権になって初の国賓としてアメリカを訪問するなど、特別な信頼関係にあることをうかがわせていました。

しかし、今回、トランプ大統領は、マクロン大統領との首脳会談に先立って、「マクロン大統領は『ヨーロッパは、中国やロシアだけでなくアメリカからも防衛するための軍隊を構築すべきだ』と言っている。アメリカを侮辱している」などとツイッターに書き込んで不快感をあらわにしました。

10日の米仏首脳会談では、トランプ大統領がNATO=北大西洋条約機構の加盟国に国防費の公平な負担を求めたことにマクロン大統領は理解を示したものの、温暖化対策やイラン核合意などの問題では依然として意見の隔たりは埋まらず、ぎくしゃくした関係が続くことになりそうです。

トランプ大統領 墓地訪問を取りやめ

フランスを訪問中のアメリカのトランプ大統領は10日、マクロン大統領と首脳会談を行ったあと、パリ郊外にある第1次世界大戦で亡くなったアメリカ兵の墓地を慰霊のため訪れる予定でしたが、急きょ取りやめました。

これについて、ホワイトハウスは「天候不良のため」と説明し、代わりにケリー大統領首席補佐官らが墓地を訪れたとしています。

この墓地には第1次世界大戦で亡くなったアメリカ兵2000人以上が眠っていて、アメリカ政府の元高官からは「アメリカのために亡くなった兵士への敬意をないがしろにするものだ」といった批判の声も上がっています。

トランプ大統領の車列に上半身裸の女性近づく

第1次世界大戦が終結してから100年となる追悼式典にはアメリカのトランプ大統領も参列していますが、式典前、会場に向かうトランプ大統領を乗せた車列に上半身裸の女性が近づくひと幕がありました。

女性はトランプ大統領に抗議する活動家とみられ、すぐに警備員に取り押さえられましたが、現地の警備態勢の甘さが露呈した形になりました。

私のコメント : 平成30年11月11日、第1次世界大戦が終結してから11日で100年になります。フランスでは世界60か国余りの首脳を招いた追悼式典が開かれ、マクロン大統領は、各国に結束を呼びかけました。



コメント

フラワーアレンジメント全国大会 ”銀賞” 獲得!!

2018年10月28日 | イベント
フラワーアレンジメント全国大会 ”銀賞” 獲得!!

島根県立出雲農林高等学校 © 2005-2018 All Rights Reserved. 配信より

11月20日(土) 全国産業教育フェア山口大会において、フラワーアレンジメントコンテストが開催されました。全国の農業高校からフラワーアレンジメントを学習する67名の生徒が参加し、その技術を競いました。 島根県を代表して出雲農林高校から、植物科学科3年 前島若菜さんが出場しました。フラワーデザインの外部講師の先生に指導を受けながら、繰り返し練習を重ね、技能を身につけながら表現力に磨きをかけていきました。前日山口入りし、会場見学に向かったとき、山肌にとても美しいダブルの虹を見ることができ、良いことが起きる予感を感じました。当日は快晴で、とても広い体育館で特に緊張することもなく、力を十分に発揮することができました。結果は、67名のうち第2位に当たる銀賞をいただくことができました。島根県の選手が入賞するのは初めてのことだそうです。多くの人に祝福され、一生懸命練習したことが報われたと思います。指導していただいた先生、大会を運営してくださった山口県の先生方・生徒の皆さん、応援してくれた皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。

私のコメント : 平成30年10月20日、全国産業教育フェア山口大会において、フラワーアレンジメントコンテストが開催されました。全国から 67名の生徒が参加し、その技術を競いました。 島根県を代表し、出雲農林高校から、植物科学科3年 前島若菜さんが出場されて、結果は、67名のうち第2位に当たる銀賞を受賞されました。


...............................
山口ゆめ花博 100万人突破

10/26(金) 20:12配信、最終更新:10/26(金) 20:12 yab山口朝日放送 配信より

山口ゆめ花博の来場者が26日、100万人を突破しました。100万人目の来場者は宇部市の藤田和夫さん(76)です。結婚50年目を迎えた妻・和子さんと一緒に初めて来場した藤田さん。「天に浮いたような気分。びっくりしています」と喜んでいました。藤田さんには、村岡嗣政知事から県産の花などの記念品が手渡されました。村岡知事は「100万人達成できるとは思いもしませんでした。本当に嬉しいです」と話しました。連日大盛況の山口ゆめ花博は来月4日まで開催しています。

私のコメント : 平成30年10月27日、山口県 山口市 会合にて、過去、慶應義塾大学において、大学生 時代の竹内まりやさんと席を並べ、私が、教職 教養 における講義を聴いていた 歌手 竹内まりやさんの母校にあたる島根県 出雲市 出雲市立大社中学校にて、過去に、音楽教師をされていたという教師と私は、同席となり、島根県 出雲市 竹内まりやさんの話題を お互いに、取り交わすことができた。

...............................
平成30年10月27日、中国電力は6月29日、三隅火力発電所2号機(島根県浜田市)の建設に向け、7月1日から敷地整備などの準備工事に取りかかると発表。三隅火力発電所2号機、発電所本体の工事は今年11月に着手する方針で、2022年11月ごろに営業運転開始を予定している。三隅発電所構内に、2号機建設に向けた新組織「三隅発電所建設所」を立ち上げ、人員数は69人。

平成30年10月24日、インフルエンザの流行で有名なのは、ちょうど100年前、第一次世界大戦中の1918年に始まった通称「スペイン風邪」だ。患者数は当時の世界人口の3割にあたる約5億人、死者数は4千万人以上と推定される。被害の規模は人類史上最悪の戦争となった第二次世界大戦の犠牲者を上回ったとする推計もある。劇作家 島村抱月など著名人が、「スペイン風邪」で、相次いで死去している。

早稲田文学誌 復刊 主宰された 島根県 浜田市出身、日本新劇の父・島村抱月(1871~1918年)の墓所は、島根県 浜田市 浄光寺にある。島根県 浜田市に いくおりには、詣でたい場所である。
..........................................................................................
出雲市 竹内さんが魅力発信 市HPに動画 /島根

毎日新聞2017年11月10日 地方版

出雲市は、応援メッセージ配信事業として、同市出身のシンガー・ソングライター、竹内まりやさんが出雲の魅力を語った動画を、市ホームページ(HP)や公式ユーチューブに掲載した。

「自然が美しく不思議な魅力」

竹内さんは出雲大社近くで生まれ育った。旧暦10月に八百万(やおよろず)の神を迎える神迎(かみむかえ)神事が営まれる稲佐の浜で海水浴をした経験があり、日本遺産に今年認定された「日が沈む聖地出雲」の構成文化財になっている日御碕(ひのみさき)がお気に入りの場所という。動画の中で竹内さんは出雲について「自然がとても美しく、どこか神秘的なロマンを感じさせる不思議な魅力がある」と語り、「素晴らしい私の故郷、出雲へ、ぜひ一度はいらしてください」と呼びかけている。竹内さんは故郷への思いを歌った「愛(いと)しきわが出雲」を作詞、作曲している。2013年8月にCDが発売された。長岡秀人市長は「これからも発信力のあるみなさんに出雲のPRをお願いしたい」と話している。市は動画を主催イベントでも活用。今後は出雲観光大使、はるな愛さんの動画配信を予定している。 問い合わせは、市政策企画課(0853・21・6614)。【山田英之】

・・・ 2017年11月10日 毎日新聞 地方版 配信より

私のコメント : 出雲市は、応援メッセージ配信事業として、同市出身のシンガー・ソングライター、竹内まりやさんが出雲の魅力を語った動画を、市ホームページ(HP)や公式ユーチューブに掲載した。 竹内まりやさんは故郷への思いを歌った「愛(いと)しきわが出雲」を作詞、作曲している。2013年8月にCDが発売された。 「駅」、・・・・・・・






コメント

萩・明治維新150年記念式典について

2018年10月24日 | イベント
萩・明治維新150年記念式典について 掲載日:2018年9月12日更新

http://www.city.hagi.lg.jp/site/meijiishin150/h24322.html 配信より

萩・明治維新150年記念式典の開催について

明治維新150年の節目の年にあたり、近代日本の扉を開いた先達たちの歴史をひもとき、維新の精神を風化させることなく、幕末・維新の萩物語を将来につなげていくとともに、萩の魅力を広く市内外に情報発信するため、150年前の明治改元の日に合わせ、「萩・明治維新150年記念式典」を開催します。

○とき 10月23日(火)午前10時~11時30分
○ところ 市民館大ホール
○参加予定者
 国、山口県、姉妹都市・友好都市、県内自治体、幕末明治維新の志士たちのご子孫、萩ふるさと大使、萩・魅力PR 大使ほか
○内容(予定)
アトラクション、幕末明治の歴史解説、「志」作文の表彰・優秀作品発表など

関連企画
○モザイクアート展
 市内の小中学生が幕末の志士をテーマに制作したモザイクアートを萩市民館で展示
○記念漫画「長州ファイブ(作画:萩ふるさと大使 桐木憲一さん)の完成披露(販売予定価格:980円(消費税等別))
○明治維新150年記念特別講演会 
京都大学iPS細胞研究所所長 山中伸弥教授をお招きし萩・明治維新150年特別講演を実施。
※記念特別講演会の申し込みは終了しております。

市役所西側通路(市民館南側)の通行規制について

10月23日の記念式典開催にあたり市役所西側通路(市民館南側)からの車両の進入及び駐車場の使用はご遠慮願いします。大変ご迷惑をお掛けしますがご理解、ご協力の程よろしくお願いします。
期間:10月23日(火)午前8時30分~午後1時
場所:市役所西側(市民館南側)通路・駐車場

http://www.city.hagi.lg.jp/img/ishin150/banner_ishin150_footer.png

萩・明治維新150年記念事業実行委員会
〒758-8555 山口県萩市大字江向510番地 萩市企画政策課内 Tel 0838-25-3102 fax 0838-26-3803

私のコメント : 平成30年10月23日、萩市役所 福栄総合事務所 職員から、私のもとへ、連絡が入り、連絡されてきた行政内容の件について、対談した。

平成29年3月28日、萩市 文化財保護課 職員と私は、日本 文化庁 へ 対応している案件につき、その連絡対応を持った。
.....................................................
皇室経済会議:絢子さま結婚で一時金 国から支出へ

2018/10/11 12:40 、毎日新聞 配信より

結婚に伴って皇室を離れられる高円宮家の三女絢子さま(28)への一時金の額を決める皇室経済会議(議長・安倍晋三首相)が11日、宮内庁で開かれ、皇室経済法で定める規定の上限額である1億675万円が国から支出されることが決まった。絢子さまは29日、日本郵船社員の守谷慧さん(32)との結婚式を挙げる。皇室経済法は、皇族が皇室を離れる際に品位を保つためとして、国費を支出することを定めている。皇室経済会議は首相と衆参の正副議長、財務相、会計検査院長、宮内庁長官の8人で構成される。麻生太郎財務相はインドネシアで開かれる主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議に出席するため、予備議員の岡本薫明財務事務次官が参加した。【高島博之】

私のコメント : 平成30年10月11日、山口県 萩市 山口地方裁判所 萩支部 家庭裁判所 民事調停の場にて、家庭裁判所 調停委員と私は、話し合いの場を持つ。その際に、当家と対応している 宗教法人、神社本庁、文化庁、宮内庁、文部科学省 等 国の機関、並び、宗教団体からの対応についても、山口県 萩市 山口地方裁判所 萩支部 家庭裁判所 調停委員へ、説明するが、しかし、その背景と、今まで、その内容に、全く、接したことがないという、当該 山口県 萩市 山口地方裁判所 萩支部 家庭裁判所 調停委員(自分でも 水田 や 畑を所有しているからわかる)に対しても、その文化要素 ( 平成30年10月10日、山口県庁、山口県 環境生活部 環境政策課 水環境班 主査と 一日、二回にわたり、その面談した後に、山口県庁 その他の課 等 とにまたがる内容に関しては、山口県 広報広聴課 中央県民相談室 田村日登美次長と私は、面談して、山口県 萩市内 「山口・萩メガソーラー発電所」が 1月11日に完成 建設地、その後における、除草剤、パネル 汚濁のための除去水を起因する 山口県 萩市 周辺 農村 稲作地域 ・ 農林 中山間 薬草 等の栽培地域 ・ 河川 海岸 沿岸 漁業地域における、水質汚濁  等の問題にかかわり、国による、その調査における内容、その水質調査における検査の結果 等について 山口県、島根県 各 県庁 職員 その立場については、どこに、どう、そのお尋ねしていったら良いか、等  のお尋ねを入れたという立場、並びに、萩市 イージスアショア 建設の予定地 調査より 山口県 萩市 ・ 島根県 津和野町 周辺 農村 稲作地域 ・ 農林 中山間 薬草 等の栽培地域 ・ 河川 漁業地域における、水質汚濁 問題にかかわり、国による、その調査における内容、その水質調査における検査の結果 等について 山口県、秋田県 各県庁 職員 その立場については、どこに、どう、そのお尋ねしていったら良いか、等 お尋ねを入れている 慶應義塾大学において、その最高学府である 環境政策、環境対策、産業連関表分析、計量経済学、労働経済学、厚生経済学、郵政学、農政学、地域経済学、エネルギー政策学、国際会計学、国際金融学、財政学、新種保険論、数量経済史学、交通政策学、航空学、宇宙学、憲法学、政治学、外交、文学、宗教政策 等 について を学び、山口県 萩市における 現況についても、それが、かなり深刻な状態になりつつあるということを 理解もできている  私の立場を ) 背景にし、 慶應義塾大学における、その学歴や、大学にて、環境問題 等を詳しく、勉強されていない 山口県 萩市 山口地方裁判所 萩支部 家庭裁判所 調停委員 ( 自分でも  地元で、水田 や 畑 を所有しているからわかる 云々 等 と 萩市 山口地方裁判所 萩支部 家庭裁判所内で、言い張り続けている ) 相手方 へ、その理解をさせていくには、今後も、かなり、その努力が必要であるとの認識を持つ。
.....................................................
平成29年3月14日、山口県 萩市 商工観光部 観光課 職員、 萩市文化財保護課 各職員と 萩市役所において、面談した対応があり、また、平成29年3月15日、以下の対応経緯が私には、あり、山口県 山口市 浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 桂大智 職員との間にて、「外務省 いわゆる密約書 不在の問題」に関係している件、現在、その朴大統領 退陣ともなり、日本外務省 北東アジア課 職員との私との間における連絡対応 等、その今迄における経緯について 調整して、

『 平成29年3月13日、山口県 柳井市役所 大畠出張所内 公益財団法人 僧月性顕彰会 事務局 柳井市役所 職員との連絡対応を私は、持つ。その後、京都市 浄土真宗本願寺派 西本願寺 本山へ連絡を入れる。

「外務省 いわゆる密約書 不在の問題」に関係している件、現在、朴大統領 退陣ともなり、その外務省 北東アジア課 との私との間における連絡対応 等、その今迄における経緯があり、その内容に関しても、 山口県 山口市 本願寺山口別院 職員へ、報告し、また、萩市 三千坊 住職よりも、私が、拝聴をしている 朝鮮半島 浄土真宗本願寺派 布教使、 三千坊 前住職  大分別院 勤務時の第22代法主 大谷光瑞 門主 ( 朝鮮半島 等)、法要次第、並び、当時の浄土真宗本願寺派 門主 対応 あったこと 等、過去、浄土真宗本願寺派 西本願寺 宗会議員 私の大叔父からの聞き取りの内容 等に関し 私は、その連絡を入れた後、山口県 山口市 浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 桂大智 職員 と対応 得た。

平成29年3月15日、山口県 萩市 商工観光部 観光課からの対応 後、山口県 萩市 商工観光部 商工振興課 労政係 兼 商工係 兼 総務管理係 中村真二係長と私は、萩市 商工観光部 商工振興課 労政係 兼 商工係 兼 総務管理係における萩市 商工観光部 仕事 各内容に関する、その調整をするため、私から、萩市 商工観光部 商工振興課へ対し、公文書開示請求していく旨を伝えた。その後、山口県萩土木建築事務所に行き、山口県萩土木建築事務所 用地課 橋爪健 主査へ、従来、山口県萩土木建築事務所 用地課へ私からの要望し続けている件に関し 面談し、山口県 萩土木建築事務所 用地課 西村 幸滋 課長からの、誠意ある回答を私は、求めた。
....................................
平成30年10月11日、山口県 萩市 山口地方裁判所 萩支部 家庭裁判所 民事調停の場において、家庭裁判所 調停委員と私は、話し合いの場を持った後、山口県 萩市 山口県 萩土木建築事務所へ 行き、山口県 萩土木建築事務所 用地課 西村 幸滋 課長と面談し、その際、山口県 萩土木建築事務所に対する、今までの私の主張については、山口県 萩土木建築事務所から作成された書面には、確実に、記してもらいたい旨も、主張した。

平成29年3月1日、山口県 山口市 浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 木下祐祥輪番へ私から西本願寺 第25代専如門主 ご巡拝 等に関係する宗務 内容 書面で、説明を入れ、萩市 三千坊 住職様と坊守様から、私への対応内容が、浄土真宗本願寺 宗派の内外へ対応している件に関して、山口市 本願寺山口別院、木下祐祥輪番から、私は、本願寺別院 応接室にて、助言、得ることもできた。
........................................
山口県 萩市 総務企画部 総務課 秘書室 対応の件

平成29年7月10日、山口県 萩市 総務企画部 総務課 秘書室 秘書係 高杉保江主査と私は、以下の内容に対応して、萩市長へ、私から、連絡している内容に関しては、平成29年7月10日付け 私からの書面が、担当課 萩市 市民活動推進課 植村正課長 経由し、それが、藤道健二萩市長の許に、届いているかどうかという連絡と確認を入れた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
島根県 益田市 総務部 危機管理課 

平成29年4月27日、島根県 益田市 総務部 危機管理課 廣瀬 雅 課長と「外務省 いわゆる 密約書 不在の問題」に関係し、島根県 益田市、津和野町、吉賀町、山口県 岩国市、山口市、宇部市、防府市、萩市 等 広域における内容、島根県下における一般住民の安全も私は、考え、島根県 益田市 亀井事務所 西村職員に、同席をしてもらい、島根県 益田市 総務部 危機管理課 応接室において、山口県 広報 広聴課へ、私からの既提出済みにおける説明の書面をもとに、対談し、各文書の内容における、その注意点を指摘した。

平成29年7月4日、島根県 益田市 亀井事務所 西村職員に、同席をしてもらい、島根県 益田市 総務部 危機管理課 応接室において、山口県 広報 広聴課へ、私からの既提出済みにおける説明の書面をもとに、対談し、各文書の内容における、その注意点を指摘したという、その後の経過もあり、私は、島根県 益田市 亀井事務所 西村職員との間にて、連絡対応を持つ。

同日、山口県 柳井市教育委員会 職員から、私の許へ、今までに至る、関係する内容の資料に関し、私の許へ、送付する 旨の連絡が入る。

同日、山口県 萩市農業委員会 事務局長 鷲頭英明氏、並び、萩市農業委員会 農地係 五嶋雄一郎主任 と私は、面談する。

同日の平成29年7月4日、山口県 萩市 市民活動推進課 植村正課長、並び、萩市 市民活動推進課 中田喜代子主幹と面談し、萩市長 藤道 健二氏より、萩市活交第31号 平成29年6月27日、「情報公開請求書の補正依頼について」 その後の対応に関して、山口県 萩市 市民活動推進課 植村正課長との間にて、その討論、及び、議論、萩市役所内で、それをおこない、萩市 市民部 課税課 市民税係 浅野祐治係長と間でも、内容 調整のため、面談し、私が、主張したい内容、山口県 萩市 市民活動推進課 植村正課長と萩市 市民部 課税課 市民税係 浅野祐治係長へ、伝え、萩市 市民部 課税課 市民税係 浅野祐治係長からの助言を得て、私からの書面にて、その内容に関しても、萩市長 藤道 健二氏へと提出することとなった。

////////////////////////
平成29年6月22日、山口県 萩市役所 市民活動推進課 相談係 中田様からの私へ対する対応に関しては、従前に、島根県神社庁 庁長と私が対談した内容に関する件もあるため、山口県 萩市役所 市民活動推進課 相談係 中田様が、その根拠とされる萩市役所の条例と法律に照らし、何故、その対応となるかについて、その説明要求について、山口県 萩市役所 市民活動推進課 相談係へ、その内容に係り、その公文書開示請求書、私は、提出した。その後、島根県神社庁 庁長と私が対談した内容に関する件の内容にも関係していくため、島根県側における、その関係されている公的文化財保護の観点から、その関係している確認連絡 等について、島根県津和野町教育委員会 文化財保護課へ私は、入れた。

平成29年3月16日、山口県 萩市 まちじゅう博物館推進部 文化財保護課 職員と私は、面談して、島根県 津和野町 教育委員会 文化財保護課 職員と私との間における、該当 「世界の記憶」(地域登録) 向けての取り組み内容に関する内容に関しては、萩市役所において、津和野町 教育委員会 文化財保護課 職員と私との利害関係により、私からの要望 等、 山口県 萩市 まちじゅう博物館推進部 文化財保護課 職員へ、その内容を申し伝えた。

平成29年3月14日、山口県 萩市 まちじゅう博物館推進部 文化財保護課 職員と私は、面談し、島根県 津和野町 教育委員会 文化財保護課 職員と私との間における、その該当 日本ユネスコ国内委員会 「世界の記憶」(地域登録)国内公募要領 向けての取り組み内容に関し、山口県 萩市 まちじゅう博物館推進部 文化財保護課、島根県 津和野町 教育委員会 文化財保護課 職員と私との間における調整のための面談し、山口県 萩市 まちじゅう博物館推進部 文化財保護課からの島根県 津和野町 教育委員会 文化財保護課への理解と協力も求めていった。
........................................
山口県萩市 黒川 国重要文化財 民家 森田家 住宅内における 山口地方裁判所 判事 坂本倫城様 ( 両名が、岡山県の出身 ) 弁護士、牧師活動の件 その後の経過について、

山口地方裁判所にて、萩市 黒川 国重要文化財 森田家 住宅内 における 弁護士、牧師活動の件について、当時、民事法廷にて、岡山県出身における山口地方裁判所 判事 坂本倫城様に対し、異議を唱えました。しかし、当時の山口地方裁判所 判事 坂本倫城様 ( 岡山県出身 ) は、「その内容について、何ら問題はない。」と私の主張についてを取り下げられ、その民事内容が、現在に至っています。
.............................................................................
文化庁長官 関与 国指定 重要文化財 民家の所有者 変更に関する件

以下 文化庁 及び 内閣府との記録は、私と伯母 ( 萩市在住 ) との対応において発生しているものです。叔父(父の弟)との関係において生じているものでは、ないことをブログにて説明します。

問 庁 : 文化庁長官
諮問日:平成15年6月 3日 (平成15年(行情)諮問第326号)
答申日:平成15年8月11日 (平成15年度(行情)答申第251号)

事件名:重要文化財の所有者変更に関する文書の一部開示決定に関する件

答 申 書
第1 審査会の結論
重要文化財特定住宅の所有者変更について(文化庁原議書)及び文化財所有者氏名等変更届(以下「本件対象文書」という。)につき,その一部を不開示とした決定について,諮問庁が不開示とすることとしている部分については,不開示が妥当である。

第2 異議申立人の主張の要旨
1 異議申立ての趣旨
本件異議申立ての趣旨は,行政機関の保有する情報の公開に関する法律(以下「法」という。)3条の規定に基づく行政文書の開示請求に対し,平成14年11月15日付け諸庁財第124号により文化庁長官が行った一部開示決定について,これを取り消し,本件対象文書の開示を求めるというものである。

2 異議申立ての理由
異議申立人の主張する異議申立ての主たる理由は,異議申立書及び意見書の記載によると,おおむね以下のとおりである。当家では,重要文化財の特定住宅が,亡祖父の財産の寄与分,遺留分を含め,特定個人に相続はすんでいない。そのため,当家の宗教活動,奉仕活動が停止に近い状態になっている。文化庁の不開示とされた個人印により,国重要文化財の特定住宅を管理している当家の相続が中断したままである。今後の国重要文化財の管理運営に大きな問題が生じる。これまで文化庁から発送された担当者名が明記されていない文書や,いままでの文化庁職員の対応よって,異議申立人に,それに関わる必要のない多大の出費,時間の制約と精神的な苦痛を与えている。よって,不開示とされた個人印の印影の開示を求める。
( 以 下 省 略 )
第6 答申に関与した委員  吉村德則,高木佳子,戸松秀典
/////////////////////////////////////////////////
その後、以下の内容についても、関連し、記事として、それが配信されていますため、関係各位 皆様からも、この状況について、注視していただきたいと、お願い申し上げます。
///////////////////////////////////////////////////
立正大学図書館 (品川図書館) 受贈本係 対応の件

平成28年(2016年)3月26日

立正大学図書館 (品川図書館) 受贈本係 水上 様 
〒141-8602 東京都品川区大崎4-2-16
( 自宅 )  省 略 

件名: 今回、立正大学図書館へ私から寄贈する、『熊谷五右衛門』 昭和35年8月19日発行 限定600部復刻版の1冊 『熊谷五右衛門』を寄贈する 経緯の説明をいたします件

いつもお世話になっています。私からfax連絡文については、平成28年3月18日に、立正大学図書館(品川図書館)受贈本係水上様へ、すでに連絡済みですが、その時、立正大学図書館(品川図書館)へ「 私からの寄贈本、『熊谷五右衛門』を寄贈する際に、立正大学の関係者に、面会したいと希望します。 」とのfax連絡文、送信もしていましたが、別紙 平成28年(2016年)3月25日、宇部市長久保田后子氏による私への対応の結果、現在における、その内容のとおり、私から、私の請求書の相手方 宇部市長久保田后子氏へ、その再請求書も郵送しているという経緯があり、私からの今回の寄贈時は、立正大学の関係者へ、私が、面会することが、かなわなくなりましたことを連絡申し上げます。

今回の寄贈に関しましては、立正大学 石橋湛山先生と私との文化交流もあり、また、これからの今後の対応が、山口県教育委員会教育長にもありますため、立正大学 皆様から 私からの請求書の 相手方 山口県宇部市長久保田后子氏への再請求書を郵送しているという経緯につきましては、私からの聴き取りと、また、今後のご助言の程も、私の方へ、よろしくお願いいたします。

添付 書類 (写し)
1.宇広要第138号 平成28年(2016年)3月25日 宇部市長久保田后子氏より
2.山口県宇部市長久保田后子氏へ対し、その申立人 森田良直による再請求書 
3.平22教職第485号 平成23(2011年)年2月3日 山口県教育委員会教育長より
    ( 教職員課人事企画班 担当 松田靖 )
........................................
平成30年10月23日、山口県教育政策課 森脇敏雄指導主事と私は、上記 山口県教育委員会からの、「萩・明治維新150年記念式典について」 等へと、対応され続けられている、一連の教育行政の件に関し、その対談を行った。


コメント

政府が明治維新150年を祝う式典 天皇陛下は出席せず

2018年10月23日 | イベント
政府が明治維新150年を祝う式典 天皇陛下は出席せず

10/23(火) 13:30配信、最終更新:10/23(火) 15:17
朝日新聞デジタル 配信より

明治維新150年を祝う政府の記念式典が23日、東京・永田町の憲政記念館で開かれた。10月23日は元号が慶応から明治に改められた日にあたり、与野党の国会議員や各界の代表者ら約350人が出席した。

【写真】明治150年記念式典で国歌を斉唱する(右から)安倍晋三首相、麻生太郎財務相、菅義偉官房長官=2018年10月23日午後0時21分、東京都千代田区の憲政記念館、岩下毅撮影

安倍晋三首相は式辞で「明治の人々が勇気と英断、たゆまぬ努力、奮闘によって、世界に向けて大きく胸を開き、新しい時代の扉を開けた」と強調。そのうえで「若い世代の方々にはこの機会に、我が国の近代化に向けて生じた出来事に触れ、光と影、様々な側面を貴重な経験として学びとって欲しい」と述べた。

佐藤栄作内閣のもとで開かれた明治100年式典の際は、昭和天皇と香淳皇后が出席したが、今回天皇、皇后両陛下は出席しなかった。宮内庁は「政府からお声がけがなかった」(西村泰彦次長)としている。共産党は「明治150年の前半は侵略戦争と植民地支配に向かった負の歴史。丸ごと祝い、肯定するような行事には参加できない」(小池晃書記局長)として欠席した。(二階堂友紀) 朝日新聞社

【関連記事】
•天皇陛下に「はぴばー!」 SNS時代、変わる敬愛の形
•陛下が「ただいま」 皇后さま、普通の家庭いつも心に
•陛下、サラメシ体験も 全国行脚60年、最後の工場見学
•子ども抱きしめた美智子さま 歴代皇后像、大きく変えた
•皇后さま、雅子さまにサプライズ演出 腕に手を添えて

私のコメント : 平成30年10月23日、明治維新150年を祝う政府の記念式典が、東京・永田町の憲政記念館で開かれた。佐藤栄作内閣のもとで開かれた明治100年式典の際は、昭和天皇と香淳皇后が出席したが、今回天皇、皇后両陛下は出席がなかった。

平成30年10月23日、京都府 京都市 京都大学 iPS細胞研究所 所長 山中 伸弥 博士 事務部 亀川様との連絡対応を私は、持つ。

京都大学  iPS 細胞研究所 所長 山中 伸弥 博士 (〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町53 ) 事務部 亀川様との対談 内容は、ここでは、その省略をします。

ノーベル平和賞は、佐藤榮作 元総理大臣にも、授与されている。

今まで、佐藤榮作元総理大臣も、山口県 萩市 市民会館大ホールにて、ノーベル平和賞 受賞後 当時、その講演会を開催されている。

〇 若泉敬と日米密約  沖縄返還と繊維交渉をめぐる密使外交  信夫隆司 / 日本評論社

〇 グッドバイバタフライ  森 英恵 / 文藝春秋

〇 ベルギーの王室 (1985年)



コメント

第28回 全国産業教育フェア~山口大会~にて、出雲農林高校 代表が、フラワーアレンジメントコンテストにて、 銀賞 獲得

2018年10月22日 | イベント
平成30年10月20日、山口県 山口市 第28回 全国産業教育フェア~山口大会~にて、島根県 出雲農林高校 代表が、フラワーアレンジメントコンテストにて、 銀賞 獲得をされました。
........................................................
第27回全国産業教育フェア~秋田大会~

2017年10月23日、出雲農林高校 配信 記事 よりの引用

10月21日・22日、秋田県にて専門高校等の生徒による学習成果発表の祭典、全国産業教育フェアが開催されました。

出雲農林高校からは、各種品評展の展示の他、フラワーアレンジメントコンテストで、校内代表に選ばれた植物科学科3年の三原花音さんが、競技に出場しました。連日の練習の成果を出し切り、1時間という時間の中で、見事作品を完成させることができました。入賞こそ逃しましたが、審査員の方々による指導講評の場面では、構成や技術力に関しては、レベルの高い作品が仕上がっており、あともう一歩だったとお褒めの言葉をいただきました。3日間の長旅のなか、本校代表として、また島根県代表として大変健闘してくれました。今回の経験を今後に向けて活かしていってください!大会準備などに携わられた秋田県の高校生のみなさん、どうもありがとうございました。

第27回全国産業教育フェア~秋田大会~

inclub 2017年10月23日 お知らせ, 中学生の方へ, 学科紹介, 植物科学科
..................................................................
私のコメント : 平成30年10月20日、山口県 山口市 第28回 全国産業教育フェア~山口大会~にて、島根県 出雲農林高校 代表が、フラワーアレンジメントコンテスト 銀賞 獲得 されました。

平成30年10月22日、山口県 山口市 こども未来部 保育幼稚園課 保育担当 川畑一志 副主幹から、私のもとへ、連絡が入り、山口県 山口市 こども未来部 保育幼稚園課 保育担当 の連絡内容は、各方面への対応も私には、あり、よって、その対談を行った。

平成30年8月22日、山口県 萩市 教育委員会まで 私は行き、山口県庁 各課、並び、萩土木建築事務所 用地課、山口市 教育委員会、山口市 こども未来部 保育幼稚園課 から、私への対応に関し、山口県 萩市 教育委員会 中村彰利教育長と面談した。

平成30年8月22日、山口県 萩市役所 に行き、萩市 総務課 藤崎課長補佐と私は、面談し、その後、萩市 農林振興課 野村様からの連絡が入り、萩市 総務課 藤崎課長補佐と私が、山口県 萩市役所内で、面談した内容の件に関し、お互いが、その内容 確認をすることができた。

平成30年8月22日、島根県 益田市 亀井事務所 衆議院議員 亀井亜紀子代議士 アシスタント 職員と面談し、アシスタント 職員からの助言を得て、島根県 津和野町に行き、島根県 津和野町 警察署 生活安全課 山藤署員と面談し、従来からの島根県と山口県にまたがる広域 問題について、説明し、島根県 津和野町 警察署 生活安全課からは、随時、従来から、適切、親切に、その聞き取りもいただいている、よって、その助言をいただき、山口県警察に対しても、その内容については、私から、その報告をするという次第となった。
..................................................
平成30年10月22日、山口県 土木建築部 港湾課 港政班 原田英治主査と私は、以下の対応経緯もあり、対談した。

平成30年10月22日、山口県 山口市 山口合同ガス株式会社 山口支店 青木主任と私は、面談した。

平成30年10月22日午前0時半ごろ、山口県 柳井市と離島の周防大島町を結ぶ大島大橋の中央部分に、外国の貨物船が衝突しました。貨物船はそのまま逃げて、衝突により、大島大橋の水道管や通信用の回線などが破損しました。このため、周防大島町はほぼ全域、およそ9000戸が断水していています。

この件にて、山口県 交通政策課 伊藤香緒利副課長と私は、対談して、周防大島 大橋 ハード面での整備に関しては、山口県 交通政策課が、その対応をしていなく、山口県 土木建築部が、対応されている旨 聴かせていただく、今のところは、今回の貨物船と大島大橋 事故については、山口県 交通政策課が対応する内容となっていない旨 説明もしていただくことができた。

平成30年10月22日、平成30年10月18日、山口県 柳井市教育委員会に私は、行き、柳井市教育委員会 生涯学習・スポーツ推進課 守田訓主査と面談し、その関係資料も手渡している以下の経緯があり、柳井市教育委員会 生涯学習・スポーツ推進課 守田訓主査と対談した。

平成30年10月22日、山口県 山口市 保育幼稚園課 保育担当から、私のもとに、連絡が入り、山口市 保育幼稚園課との対応を持つ。

平成30年6月27日、山口県 山口市 保育幼稚園課 保育担当 吉賀浩光主幹からの連絡、私のもとへ入り、連絡されてきた内容案件に関し、山口市 保育幼稚園課との対応を持つ。

竹島 、月性、松陰、花燃ゆ、焼肉ドラゴン、保育園、保育政治連盟、防府市長、山口県薬務課、薬草園、星薬科大学、・・・

平成30年10月19日、山口県 健康福祉部 薬務課 製薬指導班 平30薬務第473号 平成30年10月17日、等における、その対応の件で、山口県 健康福祉部 薬務課 製薬指導班 香川裕子主幹と私は対談した。

平成30年10月18日、下記に 関係している対応もあり、山口県 熊毛郡 田布施町 吉井利行先生後援会 田布施事務所 職員と対談し、今後の対応 確認を入れた。

平成30年10月18日、山口県 熊毛郡 田布施町 吉井利行先生後援会 田布施事務所に行き、吉井利行先生後援会 田布施事務所 職員と面談する。その際、過去、今までの、吉井利行先生 後援会田布施事務所 寺田幹夫会長と私との対談内容を踏まえ面談した。

平成30年10月18日、イージス・アショアの適地調査 防衛省が秋田県に対し説明を行った。

平成30年10月18日、山口県 柳井市 伊保庄 井森工業株式会社に行き、井森工業株式会社 応接室にて、井森工業株式会社 吉岡由利男専務取締役、井森工業株式会社 川田進建築部長と私は面談し、私から、「外務省 いわゆる 密約書 不在の問題」にて、鳩山 由紀夫元総理大臣が、自民党 代議士時代、山口県柳井市 その訪問されていた時代からの出来事 等の掘り起こしをして、並び、当時、佐藤榮作先生からの遺志を継がれていた竹下登元総理大臣と、その地元、島根県、山口県に亘る 密約 内容 説明を入れて、今回 その内容が、萩市 イージスアショア 建設 計画 段階となり、その準備 対応が、地元の大手 建設会社には、必要不可欠であるため、私の知っている範囲で、旧知 井森工業株式会社 吉岡由利男専務取締役、井森工業株式会社 川田進建築部長のもとへ、説明も 入れておいた。その会談 内容は、ブログ 表記すること、控える。
.......................................................................................
Yahoo!検索で調べてみよう

◦那覇市長選 城間幹子
◦豊見城市長選 開票
◦野田聖子 地元
◦民主党 与党
◦自民党 野党

平成30年10月18日、柳井市 瑞相寺にある 本家 墓参りに行く、佐藤榮作 総理大臣 政権下、総理大臣 佐藤榮作先生の筆頭 私設 秘書官を務めていた 大叔父の墓、並び、私の千葉大学 医学部 医学博士を習得して、晩年、全国で、その医療における講演会 活動もしていた叔父の墓参りもし、母の実家 本家の仏壇へ、焼香にあがり、私から、仏壇へ御供え物を供え、柳井市 母の実家に住んでいる叔母と私は、面談した。

平成30年3月27日、島根県 益田市 危機管理課 と「外務省 いわゆる 密約書 不在の問題」に関係し、益田市長に対し対応もあり、開示請求を提出、下森博之津和野町長、岩本一巳吉賀町長、山口県 渡辺純忠山口市長、秘書室 近藤様 と私との面談あり、溝口 善兵衛 島根県知事 総務課 宛の連絡文 対応の後に、島根県 観光政策課 板垣様からの対応を得た。

平成30年7月17日、平成30交通政策 第64号 山口県知事 村岡嗣政殿による弁明書に対して、私は、その対応を始める。平成30交通政策第64号の担当 山口県 観光スポーツ文化部 交通政策課 伊藤香緒利副課長、交通政策課 空港利用促進班。

「山陰線・山口線災害復旧のあゆみ」 平成27年5月 西日本鉄道㈱ 広島支社

平成30年8月2日、山口県 交通政策課 地域交通班 久保幸代主幹 班長と「山陰線・山口線災害復旧のあゆみ」 平成27年5月 西日本鉄道㈱ 広島支社 の記載 事項に関し 山口県庁にて、対談。その後 山口県 土木建築部 道路建設課 秋友隆二 課長 配下 道路建設課 職員との対談。

平成30年10月18日、山口県 熊毛郡 田布施町 吉井利行先生後援会 田布施事務所に行き、吉井利行先生後援会 田布施事務所 職員と面談する。その際、過去、今までの、吉井利行先生 後援会田布施事務所 寺田幹夫会長と私との対談内容を踏まえ、平生町長選に向けて、地元 関係者から意見を聞いた。

平成30年10月18日、山口県 柳井市教育委員会に行き、柳井市教育委員会 生涯学習・スポーツ推進課 守田訓主査と面談し、その関係資料も手渡した。

平成30年10月18日、山口県立柳井商工高等学校に行き、山口県立柳井商工高等学校 松本博己校長と面談し、その関係資料も手渡した。



コメント

神宮さん(大曲農)が県勢初の金 全国産業教育フェア

2018年10月22日 | イベント
神宮さん(大曲農)が県勢初の金 全国産業教育フェア

2017年10月24日 掲載、秋田魁新報社 配信より

 第27回全国産業教育フェア秋田大会が21、22の両日、秋田市内の8会場で開かれた。県内の高校など約40校を含む全国約400校が参加。作品展示や加工品販売、各種コンテストを通じ、日頃の学習成果を披露した。

 CNAアリーナで開かれたフラワーアレンジメントコンテストには65人が出場。稲やガーベラ、バラなどを使ったアレンジメントに挑戦した。金賞に神宮藍さん(大曲農3年)が選ばれた。県勢の金賞受賞は初めて。

 このほかのコンテストの上位入賞は次の通り。(県関係分、敬称略)

 【フラワーアレンジメント】▽審査員奨励賞=菅原彩夏(金足農3年)

 【介護技術】▽優秀賞=六郷

 【ツアープランニング】▽優良賞=角館、能代西、大館国際情報学院

 【県特別支援学校技能競技会】▽喫茶サービス競技金賞=須原優奈(稲川支援3年)▽同銀賞=堀田翼(栗田支援2年)▽同銅賞=平田裕樹(能代支援2年)▽ビルクリーニング競技金賞=日景隼秀(能代支援2年)▽同銀賞=福田明菜(栗田支援3年)▽同銅賞=佐々木ミカ(ゆり支援3年)

 【知的財産に関する創造力・実践力・活用力開発事業 全国の専門高校の生徒による知財学習成果の発表】▽審査員特別賞=男鹿海洋

私のコメント : 平成30年10月22日、昨年の第27回全国産業教育フェア秋田大会は、平成29年10月21、22の両日、秋田市内の8会場で開かれた。その際には、秋田県内の高校など約40校を含む全国約400校が参加した。作品展示や加工品販売、各種コンテストを通じ、日頃の学習成果を披露した。

秋田市 CNAアリーナで開かれたフラワーアレンジメントコンテストには65人が出場。稲やガーベラ、バラなどを使ったアレンジメントに挑戦した。金賞に神宮藍さん(大曲農3年)が選ばれた。秋田県勢 フラワーアレンジメントコンテスト 金賞受賞は初めてであった。



コメント

きょうも新聞、ありがとう 山口県で開かれた全国産業教育フェアフラワーアレンジメントコンテスト

2018年10月21日 | イベント
きょうも新聞、ありがとう

2018年10月21日 記者席 八重山毎日新聞社 配信より

▽…20日に山口県で開かれた全国産業教育フェアフラワーアレンジメントコンテストに県代表として出場した八重農ライフスキル科2年の迎里心穏さん。本番では焦りを感じながらも自分に「大丈夫」と言い聞かせ、予定よりも早く仕上げることができたという。全力を出し切ったが、惜しくも入賞に届かず、涙をのんだ迎里さんだが、ことしの経験はきっと今後に生きるはず。悔しさをバネに、来年もぜひ挑戦を。

私のコメント : 平成30年10月20日、沖縄県 八重山毎日新聞社 配信より、20日に山口県で開かれた全国産業教育フェアフラワーアレンジメントコンテストに沖縄県代表として出場した沖縄県 八重農ライフスキル科2年の迎里心穏さん。本番では焦りを感じながらも自分に「大丈夫」と言い聞かせ、予定よりも早く仕上げることができたという。全力を出し切ったが、惜しくも入賞に届かず、涙をのんだ迎里さんだが、ことしの経験はきっと今後に生きるはず。悔しさをバネに、来年も挑戦を



コメント

第28回全国産業教育フェア山口大会、維新百年記念公園スポーツ文化センター

2018年10月20日 | イベント
第28回全国産業教育フェア山口大会(さんフェア山口2018)の開催について

平成30年9月26日
全国産業教育フェアは、専門高校生等が全国から集い、日頃の学習や活動の成果を総合的に発表する場です。
今年度は、「山口きらら博記念公園多目的ドーム」など山口県内4会場にて下記のとおり開催しますので、お知らせします。

1 開催趣旨
全国産業教育フェアは、多くの参加者が専門高校生等の優れた技術・技能に直接触れ、相互交流をとおして、産業教育のすばらしさや大切さを認識するとともに、産業教育が新しい時代に即したものとなるようその活性化及び振興を図ることを目的としています。
 山口大会では、「繋げよう 未来へのかけ橋! 維新の地 山口から」をキャッチフレーズに、活気みなぎる専門高校生等の活躍と地域の特性を生かした産業教育の新たな風を全国へ発信する場として、専門高校等の生徒による実践発表、作品展示、コンテスト、体験コーナー等様々な催事が行われます。

2 開催期間
平成30年10月20日(土曜日)・10月21日(日曜日)

3 会場
山口きらら博記念公園多目的ドーム、維新百年記念公園スポーツ文化センター
山口県健康づくりセンター、キリンビバレッジ周南総合スポーツセンター

お問合せ先
初等中等教育局 児童生徒課 産業教育振興室
電話番号:03-5253-4111(内線2904) (初等中等教育局 児童生徒課)

以上、

文部科学省〒100-8959 東京都千代田区霞が関三丁目2番2号電話番号:03-5253-4111(代表) 050-3772-4111 (IP 電話代表) 以上は、....... Copyright (C) Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology 配信より



..............................
山口ゆめ花博・来場者75万人達成

10/19(金) 20:17配信 最終更新:10/19(金) 20:17 tysテレビ山口 配信より

開幕から36日目を迎えた山口ゆめ花博。きょう、来場者が75万人を突破しました。75万人目となったのは福岡県福津市の鈴木亜依さんです。実行委員会副会長、山口市の渡辺純忠市長から湯田温泉の3万円分の宿泊券や県産の花など、記念品が贈られました。鈴木さんは、日本一長い竹のコースターを家族で乗りたいと初めて訪れました。50万人を達成したのが今月12日で1週間で25万人を上積みしました。会期は来月4日までで来場者100万人達成が現実味を帯びてきました。

私のコメント: 平成30年10月19日、開幕から36日目を迎えた山口ゆめ花博。きょう、来場者が75万人を突破しました。実行委員会副会長、山口市の渡辺純忠市長から、記念品が贈られました。





コメント

萩・明治維新150年祭 京都大学IPS細胞研究所所長山中伸弥教授 講演会、萩市教育委員会文化・生涯学習課畠中真美係長

2018年10月17日 | イベント
萩・明治維新150年祭 京都大学IPS細胞研究所所長山中伸弥教授 講演会、萩市教育委員会文化・生涯学習課畠中真美係長

平成30年10月17日、京都大学出身 林 景一最高裁判所判事、並び、2005年から2012年まで宮内庁長官を務められた 羽毛田 信吾氏、前 萩市長の野村 興兒氏から、その一連の対応が私には、あり、今回の萩・明治維新150年祭 京都大学IPS細胞研究所所長 山中伸弥教授 講演会に関し、山口県 萩市 教育委員会 文化・生涯学習課 畠中 真美係長と対談し、山口県 京都大学 医学部 同窓会長 医学博士と私との対応があるため、また、学術内容に関しては、山口県 京都大学 医学部 同窓会長 医学博士における学術・医療業績の顕彰にもかかわっていく内容であり そのため、山口県 萩市 教育委員会へ、昨日の面談した内容に関しての個人情報開示請求を提出する旨を伝えた。その後、その対談した内容を受け、昭和天皇における 終戦 当時、最後の侍従武官長 勤めれれた 山口県内における、その出身学校 同窓会長のもとへ、私は連絡を入れ、昭和天皇における 終戦 当時、最後の侍従武官長 勤めれれた 山口県の出身学校において、その2年間に亘り 私が修学しているため、今回の萩・明治維新150年祭 京都大学IPS細胞研究所所長 山中伸弥教授 講演会に関係し、山口県 萩市 文化・生涯学習課 畠中 真美係長と私が対談した内容に沿って、この件に関係する事項に関する、「外務省 いわゆる 密約書 不在の問題」へ関係をされて、昭和天皇における 終戦 当時、最後の侍従武官長 勤めれれた 山口県の出身学校 同窓会長のもとへ、その善処も求めた。

以下は、ウィキペディアフリー 百科事典より 引用、
.......................................................
山中 伸弥(やまなか しんや、1962年(昭和37年)9月4日 - )は、日本の医学者。京都大学iPS細胞研究所所長・教授、カリフォルニア大学サンフランシスコ校グラッドストーン研究所上席研究員、日本学士院会員。学位は大阪市立大学博士(医学)。その他称号としては京都市名誉市民、東大阪市名誉市民、奈良先端科学技術大学院大学栄誉教授、広島大学特別栄誉教授、ロックフェラー大学名誉博士、香港大学名誉博士、香港中文大学名誉博士など。文化勲章受章者。「成熟細胞が初期化され多能性をもつことの発見」により2012年のノーベル生理学・医学賞をジョン・ガードンと共同受賞した[1][2]。

目次
•1 経歴 ◦1.1 生い立ち〜学生時代
◦1.2 臨床医志望から研究者志望へ
◦1.3 iPS細胞の研究
◦1.4 iPS細胞の開発
◦1.5 iPS細胞の研究資金募金活動と趣味のマラソン
◦1.6 ノーベル賞受賞後
•2 家庭
•3 略歴
•4 学術賞
•5 栄典・顕彰
•6 著作 ◦6.1 論文
◦6.2 書籍
•7 出演
•8 事件
•9 脚注
•10 関連項目
•11 外部リンク

経歴[編集]

生い立ち〜学生時代[編集]

大阪府枚岡市(現:東大阪市 枚岡地区)出身。小学3年生まで枚岡東小学校。青和小学校に転校。小学校時代から大学1回生まで、奈良県奈良市の学園前に居住[3]し同地で育つ。

父親は工学部を出て、ミシンを作る町工場を経営[4]。

大阪教育大学教育学部附属高等学校天王寺校舎時代、父から医師になることを勧められたものの、将来の進路に迷っていた。しかし徳田虎雄(徳洲会理事長)の著書『生命だけは平等だ』を読み、徳田の生き方に感銘を受けて医師になることを決意したという[5]。中学高校から大学2年まで柔道、大学3年からはラグビーをし[6]、高校時代に柔道二段を取得。中学3年では生徒会副会長も務めた(その時の生徒会長は参議院議員の世耕弘成)[7]。

臨床医志望から研究者志望へ[編集]

神戸大学医学部医学科卒業後、国立大阪病院整形外科で臨床研修医として勤務。学生時代、柔道やラグビーで10回以上骨折するなどケガが日常茶飯事だったため整形外科の道を選んだが、研修では「この世の物とは思えないくらい怖い先生(本人談)」が待ち受けていて[8]、他の医者と比べて技術面において不器用であったことから、指導医からは時に罵倒され、周囲からは「ジャマナカ」と呼ばれることもあり、「向いていない」と痛感したという[9][10]。重症になったリウマチの女性患者を担当し、患者の全身の関節が変形した姿を見てショックを受け、重症患者を救う手立てを研究するために研究者を志すようになった[11]。

iPS細胞の研究[編集]

すぐに新しいことをやりたくなる飽きやすい性格であるといい[12]、整形外科の仕事を単調に感じてしまったこともあり、病院を退職、1989年(平成元年)に大阪市立大学大学院に入学。山本研二郎が教授を務めていた薬理学教室で、三浦克之講師の指導の下、研究を開始。当初はいずれ臨床医に戻るつもりだったという[9][10]。指導教官の三浦は「非常に優秀ながら時間を効率的に使い、適当な時間になると研究を切り上げ帰宅していた。誰にでも好かれるさわやかな性格だった。」と述懐する[13]。1993年、論文 "Putative Mechanism of Hypotensive Action of Platelet-Activating Factor in Dogs"(「麻酔イヌにおける血小板活性化因子の降圧機序」)を提出し、博士(医学)の学位を取得。しかし、学位取得後は、どうやったら人の3倍研究できるかを考えて研究に従事。ほとんど寝ずに研究を行うことも多く、ハードワークでは誰にも負けない自信があったという[14]。

科学雑誌のあらゆる公募に応募し、採用されたカリフォルニア大学サンフランシスコ校グラッドストーン研究所へ博士研究員として留学。トーマス・イネラリティ教授の指導の下、iPS細胞研究を始める。

その後、帰国して日本学術振興会特別研究員 (PD) を経たのち、日本の医学界に戻り、岩尾洋教授の下、大阪市立大学薬理学教室助手に就任。しかし、(就任直後当時の)研究環境の米国との落差に悪戦苦闘の日々が始まるようになる。アメリカ合衆国と異なりネズミの管理担当者がおらず、ネズミの管理に忙殺された。また当時としてはiPS細胞の有用性が医学研究の世界において重視されておらず、すぐに役立つ薬の研究をしなかったため、周囲の理解を得られずに批判される毎日が続き、半分うつ病状態になった[9][10]。基礎研究を諦め、研究医より給料の良い整形外科医へ戻ろうと半ば決意した中、科学雑誌で見つけた奈良先端科学技術大学院大学の公募に「どうせだめだろうから、研究職を辞めるきっかけのために。」と考え、応募したところ、採用に至り、アメリカ時代と似た研究環境の中で再び基礎研究を再開した。奈良先端大では毎朝構内をジョギングして、体調管理に努めた[15]。

2003年から科学技術振興機構の支援を受け、5年間で3億円の研究費を得て、研究に従事。研究費支給の審査の面接をした岸本忠三は「うまくいくはずがないと思ったが、迫力に感心した。」という[9][10]。奈良先端科学技術大学院大学でiPS細胞の開発に成功し、2004年(平成16年)に京都大学へ移った。2007年8月からはカリフォルニア大学サンフランシスコ校グラッドストーン研究所上級研究員を兼務、同研究所に構えた研究室と日本を月に1度は往復して、研究を行う[16]。

iPS細胞の開発[編集]

2006年(平成18年)8月25日の米学術雑誌セルに京都大学再生医科学研究所教授である山中と特任助手だった高橋和利(現、講師)らによる論文が発表された。論文によると山中らはマウスの胚性繊維芽細胞に4つの因子 (Oct3/4, Sox2, c-Myc, Klf4) を導入することで ES細胞のように分化多能性を持つマウス人工多能性幹細胞(iPS細胞:induced pluripotent stem cell)を作成した。この作成には、高橋和利と共に山中伸弥研究室の第一期の博士号取得者であった徳澤佳美が奈良先端科学技術大学院大学において山中伸弥の下で作成していたFbx15ノックインマウスの存在が、同じく徳澤佳美が見つけていたKlf4の知見と共に重要であったと山中伸弥は回顧している[17]。

2007年(平成19年)11月21日、山中のチームはさらに研究を進め、人間の大人の皮膚に4種類の発癌遺伝子などの遺伝子を導入するだけで、ES細胞に似たヒト人工多能性幹 (iPS) 細胞を生成する技術を開発、論文として科学誌セルに発表し、世界的な注目を集めた[18]。

また同日、世界で初めてヒト受精卵から ES細胞を作成したウィスコンシン大学教授のジェームズ・トムソン(英語版)も、山中のマウスiPS細胞生成の研究成果を基に、人間の皮膚に発癌遺伝子などの4種類の遺伝子を導入する方法でヒトiPS細胞を作製する論文を発表した[18]。

これらの功績により、韓国のソウル大学校教授黄禹錫の論文捏造によって一時停滞していた幹細胞研究が、一気に進むことが期待されている。アメリカ合衆国大統領ジョージ・W・ブッシュは、研究が発表された2007年11月21日、すぐさまウィスコンシン大学の研究に支持を表明するなど世界中で注目を集めた[19]。日本政府も、同年11月23日、5年で70億円を支援することを決定し、同年11月28日には総合科学技術会議で当時の福田康夫内閣総理大臣は資金支援強化を表明した[20]。

iPS細胞の研究資金募金活動と趣味のマラソン[編集]

マラソンを趣味とし、奈良先端大時代は毎朝構内をジョギング、京都大学に移ってからも鴨川沿いを昼休みに30分走る[21]。 日本に寄付文化を根付かせる事を目的に、寄付募集のためのマラソン大会出場も恒例となっていて[22]、2012年(平成24年)3月11日の京都マラソンで山中自身が完走することを条件に クラウドファンディングと呼ばれる募金方法によるiPS基金へ寄付を呼びかけたところ、金額は1000万円以上の寄付が集まった。マラソンは4時間29分53秒で完走した[23]。なお山中の研究グループには2007年度から2011年度の研究予算として6億円以上が日本学術振興会より拠出されている[24]。2013年10月27日の第3回大阪マラソンに再び募金活動を支援する「チャリティーアンバサダー」として出場。4時間16分38秒で完走した[25][26]。2015年の京都マラソンでは3時間57分31秒でサブ4を達成した[27]。さらに2017年の京都マラソンでは54歳で3時間27分45秒、[28]2018年の別府大分毎日マラソン大会では55歳で3時間25分20秒と自己ベストを更新した[29]。

ノーベル賞受賞後[編集]

授賞式後に預けていた賞状とメダルを受け取った後、記者の一人から「もし可能だったらかじってもらっていいですか」との問いに「そういうことはできません。貴重な物ですから。」と返している[30][31]。賞状やメダルについては「展示はしません。大切な所に保管しておきます。もう、見ることはないと思います。また一科学者として自分がやるべきことを粛々とやっていきたいと思います。」と述べた。2013年1月、安倍内閣の下村博文文部科学相は山中伸弥京都大教授の表敬訪問を受け、iPS細胞研究に対して今後10年で1100億円規模の長期的な支援を行う意向を表明した[32]。

また、受賞の記者会見で「自宅の洗濯機の修理をしている最中に報せが入った」と語っていたことから、野田内閣が閣僚懇談会でノーベル賞受賞の祝い金として洗濯機購入費16万円を贈ることを決定した[33]。

家庭[編集]

第50回日本ラグビーフットボール選手権大会の式典に参加する山中教授

インドの首相ナレンドラ・モディと山中教授
中学・高校の同級生で高校1年時から交際していた皮膚科医の妻との間に、娘が2人いる[34]。ミシン部品の製造会社を経営していた父は58歳で亡くなった[35]。ノーベル賞の受賞に際しては、81歳になる母に受賞を報告できてよかったと述べた[36]。

略歴[編集]
•1975年(昭和50年)3月 - 奈良市立青和小学校卒業[37]
•1978年(昭和53年)3月 - 大阪教育大学附属天王寺中学校卒業
•1981年(昭和56年)3月 - 大阪教育大学教育学部附属高等学校天王寺校舎卒業(23期)
•1987年(昭和62年)3月 - 神戸大学医学部医学科卒業
•1987年(昭和62年)4月 - 大阪市立大学医学部整形外科学教室入局[38]
•1987年(昭和62年)7月 - 国立大阪病院


コメント

自衛艦旗「掲げるな」韓国突然の問題視で不参加

2018年10月06日 | イベント
自衛艦旗「掲げるな」韓国突然の問題視で不参加

2018年10月05日 22時07分、読売新聞 配信より

海上自衛隊は5日、韓国が11日に韓国南部・ 済州 ( チェジュ ) 島で開く「国際観艦式」に参加しないことを決めた。海自は観艦式に護衛艦を派遣する予定だったが、韓国側が日本の法律で義務づけられている自衛艦旗の掲揚をしないよう求め、調整がつかなかった。

岩屋防衛相が5日、記者団に明らかにした。岩屋氏によると、韓国は8月末、自国の国旗と韓国国旗を艦船のマストに掲揚するという「統一ルール」を参加各国に通知。今月3日には艦首と艦尾に旗を掲げないよう要請してきた。

海自艦船への自衛艦旗の掲揚は、自衛隊法などで義務づけられている。日本側は、マストに日韓両国の国旗を掲揚することは可能と回答した。その上で、自衛艦旗の掲揚は「国際的慣行として確立している」と主張したが、韓国側は受け入れなかった。

1998年と2008年に韓国で行われた同様の行事では、海自艦船は自衛艦旗を掲げて参加した。防衛省によると、過去の観艦式や訓練などの国際行事では、自衛艦旗を問題視されたケースはないという。岩屋氏は、今回の韓国の対応について、「よく分からないところもある」と述べた。

2018年10月05日 22時07分

私のコメント :平成30年10月6日、海上自衛隊は、韓国が平成30年10月11日に韓国南部・ 済州 島で開く「国際観艦式」に参加しないことを決めた。

この件 関係して、自衛隊 山口地方協力本部 山口募集案内所を 現在地へと、自衛隊 山口地方協力 本部より、誘致と協力したという 経緯 等もあり、過去、私が、防衛大学校へ研修に行き、その後、海軍兵学校 73期生の私の義父による、海軍兵学校 江田島 思想、軍事教育 も 受けての、私は、その経緯に至る説明もし、自衛隊山口地方協力本部 山口募集案内所 中谷昭雄所長 2等陸尉との間において、最近になり、対談をしている。

よって、私は、自衛隊 山口地方協力本部 山口募集案内所 中谷昭雄所長 2等陸尉による、今後の対応も、見守りたいと考えている。

竹島 、月性、松陰、花燃ゆ、防府市長、保育園、保育政治連盟、山口県薬務課、秋田県知事、薬草園、星薬科大学、・・・



コメント

春日大社創建1250年祝う「春日野音楽祭」 小野リサさんら出演

2018年09月16日 | イベント
春日大社創建1250年祝う「春日野音楽祭」 小野リサさんら出演

2018.9.7 16:48、産経新聞 配信より

春日大社(奈良市)の創建1250年を祝う「第3回春日野音楽祭」(同祭実行委主催)が16、17日、奈良市の三条通り周辺や奈良公園で開催される。「まちなかステージ」や「奉納大合奏・大合唱」などが予定され、市民参加の音楽祭となる。

春日大社の第60次式年造替の奉祝行事としてスタート。音楽を通じて奈良の未来を育てるつながりづくりを目指している。

16日午前11時、奈良公園浮雲園地を舞台に「にほんのうた奉納コンサート」で幕開け。アーティストのコトリンゴ、ビューティフルハミングバードと子供らによる大合唱を実施する。

まちなかステージは両日とも8カ所で予定され、公募によるアマチュアグループが出演。17日午後4時から浮雲園地で開く奉納大合奏・大合唱でフィナーレを迎える。スペシャルゲストはトランペット奏者のエリック・ミヤシロさんと、管楽器6人組のMusic Omotenashi Sisters。

また、同5時半から春日大社林檎の庭で特別奉納演奏があり、ボサノバ歌手、小野リサさんが出演する。陪観(ばいかん)料5500円。

実行委は、スタッフとして活動する学生サポーター(高校、大学生50人)やオープニング、フィナーレの参加者を募集している。問い合わせは実行委((電)0742・22・7788)。

私のコメント : 平成30年9月16日、春日大社(奈良市)の創建1250年を祝う「第3回春日野音楽祭」(同祭実行委主催)が16、17日、奈良市の三条通り周辺や奈良公園で開催される。「まちなかステージ」や「奉納大合奏・大合唱」などが予定され、市民参加の音楽祭となる。17日午後4時から浮雲園地で開く奉納大合奏・大合唱でフィナーレを迎える。スペシャルゲストはトランペット奏者のエリック・ミヤシロさんと、管楽器6人組のMusic Omotenashi Sisters。また、平成30年9月17日 5時半から春日大社林檎の庭で特別奉納演奏があり、ボサノバ歌手、小野リサさんが出演する。陪観料5500円。

「 港が見える丘 」、 「 あの日に帰りたい  」 ・・・






コメント

春日大社創建1250年で万燈籠 3000基の明かりが境内彩る 舞踊、朗誦も奉納

2018年09月16日 | イベント
春日大社創建1250年で万燈籠 3000基の明かりが境内彩る 舞踊、朗誦も奉納

2018.9.16 07:07更新 、産経新聞 配信より

春日大社(奈良市)で15日夜、創建1250年を祝う「奉祝万燈籠(まんとうろう)」が始まり、燈籠約3千基にともされた浄火が境内を彩った。万燈籠は16、17日も行われる。

この日は大社林檎(りんご)の庭で、日本舞踊・尾上流が舞踊を、古事記朗誦家、大小田さくら子さんが朗誦を奉納。その後、参拝者らは釣燈籠約千基と石燈籠約2千基の淡い明かりに見入った。表参道には今回、創建1250年を記念し作られた「春日縁起譚(えんぎばなし)燈籠」10基も設置され、神話や縁起を表した切り絵風イラストが浮かび上がった。

訪れた愛知県豊田市の会社員、船越範之さん(38)は「燈籠の模様が1つ1つ違っていてとてもきれい。ほの暗くて雰囲気もいいですね」と話していた。

創建1250年を祝い、22日午前10時からは舞楽の奉納、同日と23日の正午~午後6時には本殿特別参拝(無料)が予定されている。

私のコメント : 平成30年9月16日、神社本庁 田中恒清総長が平成30年9月11日に開かれた本庁の役員会で辞意を表明した。神社本庁は「(平成30年9月12日段階で)辞表が提出されているわけではないので、なんとも言えない」(広報国際課)としている。 

島根県 神社庁 庁長 から、今後の対応についても、神社本庁 並び、春日大社(奈良市) 関係者 皆様からは、注目されていかれたいと願う。

平成28年11月14日(月)、島根県 津和野町 太鼓谷稲荷神社 角河和幸 宮司様と私は、面談し、鎌倉時代から 主に、萩・津和野 周辺地域へ伝わっている稲荷神社信仰、春日大社信仰 等の伝承 内容、また、津和野町 日原 等における春日神社 信仰に関する懇談もした後、私から 日本赤十字社 島根県支部との間における私との関係も、書面で、説明し、その書面におる日本赤十字社 島根県支部への 私から その依頼 内容に関しては、太鼓谷稲荷神社 角河和幸 宮司様 が、島根県神社庁 庁長としての立場にて、その確認をお願い申し上げた。

平成28年11月13日(日)、山口県 萩市 春日神社 津村和彦 宮司様と 私は、面談し、20年に1度社殿を大規模に修理する 「式年造替」が続く 奈良市の世界遺産・春日大社で 平成28年11月6日、その修理を終えた国宝本殿にご神体を戻す重要な儀式「本殿遷座祭」が行われ、山口県・島根県に亘り、ご当地における鎌倉時代から 主に、萩・津和野 周辺地域へ 伝わる その 奈良・春日大社信仰 伝承 内容 等に関しても、確認をしていった。
..............................
春日大社1250年祝う舞

2018年09月16日、読売新聞 配信より

奈良市の春日大社の創建1250年を祝い、15日、日本舞踊「 尾上 ( おのえ ) 流」の4代家元・尾上菊之丞さんらが境内の 林檎 ( りんご ) の庭で、舞踊などを奉納した。

薪 ( たきぎ ) がたかれる中、古事記 朗誦 ( ろうしょう ) 家の 大小田 ( おおこだ ) さくら子さんが、春日大社の縁起を表現した鎌倉時代の絵巻の序文のほか、大木を切り倒して舟をつくり、後にその部材で琴を作ると美しい音がしたという古事記の「舟と琴」を題材にした作品を声高に読み上げた。

尾上さんは五穀 豊穣 ( ほうじょう ) を願う舞踊「 三番叟 ( さんばそう ) 」を奉納。長唄や、尾上さんと前家元による「舟と琴」の舞踊もあり、参拝者は、美しい所作に見入った。

奈良市の会社員男性(58)は「春日大社の厳かな雰囲気で、演目に見入った」と話した。

2018年09月16日 Copyright © The Yomiuri Shimbun

私のコメント : 平成30年9月16日、奈良県 奈良市 春日大社にて、絵画などが貼られた灯籠 約100基を並べ、幻想的な雰囲気でアートを楽しむ「まほろばのあかり奉納芸術祭」(実行委員会主催)が始まった。

平成30年9月17日まで。入場無料。午前9時~午後7時(17日は午後3時)。





コメント