地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

気象庁会見「活発な地震活動が続いている」

2018年06月18日 | 地震情報
気象庁会見「活発な地震活動が続いている」

6/18(月) 16:45配信、最終更新:6/18(月) 16:45
日本テレビ系(NNN)  配信より

大阪で起きた地震について、気象庁は18日午後4時から再び会見を開き、現在も「活発な地震活動が続いている」として、規模の大きな地震に注意するよう呼びかけている。

気象庁によると、大阪の北部では、18日朝、震度6弱を観測する地震が起きたあと、大きな地震はないものの、午後3時までに震度2や1の地震は15回発生していて、「活発な地震活動が続いている」という。

気象庁は、特に今後2~3日程度は規模の大きな地震が起きやすいとして、「耐震が十分でない建物にはできれば戻らないように」と注意を呼びかけている。

また、大阪では20日、梅雨前線の影響で大雨の恐れがあるということで、今後の気象情報に注意が必要。

私のコメント : 平成30年6月18日、気象庁は18日午後4時から再び会見を開き、現在も「活発な地震活動が続いている」として、規模の大きな地震に注意するよう呼びかけている。大阪では20日、梅雨前線の影響で大雨の恐れがあるということで、今後の気象情報に注意が必要。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地震:大阪府北部で震度6弱

2018年06月18日 | 地震情報
地震:大阪府北部で震度6弱

2018/06/18 08:06 毎日新聞 配信より

18日午前7時58分ごろ、大阪府北部で震度6弱の地震があった。気象庁によると、震源地は大阪府北部で、震源の深さは約10キロ。地震の規模を示すマグニチュードは5.9と推定される。京都府、奈良県、滋賀県、兵庫県でも震度5を観測した。この地震による津波の心配はない。

 主な各地の震度は次の通り。

 震度6弱=大阪市北区、高槻市、枚方市、茨木市、箕面市▽震度5強=大阪市都島区、東淀川区、豊中市、吹田市、寝屋川市、摂津市、交野市、島本町、京都市中京区、亀岡市、長岡京市、大山崎町



震度5弱=大阪市福島区、池田市、守口市、大東市、豊能町、能勢町、大津市、兵庫県尼崎市、西宮市、奈良県大和郡山市

私のコメント : 平成30年6月18日、18日午前7時58分ごろ、大阪府北部で震度6弱の地震があった。気象庁によると、震源地は大阪府北部で、震源の深さは約10キロ。地震の規模を示すマグニチュードは5.9と推定される。京都府、奈良県、滋賀県、兵庫県でも震度5を観測。

交通機関では、高速道路(関西方面)で通行止め多数発生、鉄道も広く運転見合わせとなっております。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

島根県と大田市、地震で国に支援要請

2018年04月29日 | 地震情報
島根県と大田市、地震で国に支援要請

り災証明書まず56件発行へ、全壊10件程度把握

2018/04/27

島根県の溝口善兵衛知事と同県大田市の揖野弘和市長は27日、内閣府を訪れ小此木八郎・防災担当大臣と面会。9日に発生した地震被害に対する財政支援措置などを求める要望書を手渡した。また大田市は全壊7件を含む56件のり災証明書を27日に発行することも明らかになった。

既存の生活再建支援制度では対象となるのは大規模半壊以上となる。20%以上40%未満の半壊、10%以上20%未満の一部損壊は対象にならないことから、今回の地震で県と市町が半額ずつ負担する支援制度を創設。最大で半壊は100万円、一部損壊は40万円の支援額が出されるという。溝口知事と揖野市長は、既存の生活再建支援制度が適用されない被害にも新たな財政支援措置をとるほか、新たな制度設計などを小此木担当相に要望した。

揖野市長は面会後、市内で2000件以上の家屋被害があることと、調査中であるものの全壊は既に10件程度判明していることを明らかにしたうえで、「約1万5000世帯のうち1割以上に被害が広がるような大規模な災害だ。生活再建を最優先に県と制度を作ったことを小此木担当相に説明した」と述べた。また、「災害救助法の指定へ手続きも進めたい」とした。溝口知事は「家屋の損害が幅広い。県としても市を支援しているが、国の措置を期待している」と述べた。

大田市は27日、最初のり災証明書として56件を発行予定。そのうち7件が全壊だという。現在の段階で10件程度の全壊を把握しており、調査が進むにつれさらに全壊や大規模半壊も出る見込み。 (了)

・・・ 2018/04/27、 リスク対策.com:斯波 祐介 配信より

私のコメント : 平成30年4月27日、島根県の溝口善兵衛知事と同県大田市の揖野弘和市長は27日、内閣府を訪れ小此木八郎・防災担当大臣と面会。9日に発生した地震被害に対する財政支援措置などを求める要望書を手渡した。
...................................................
島根で震度2、和歌山で震度1の地震

2018.4.29 15:53更新

29日午後2時35分ごろ、島根県美郷町で震度2の地震があった。気象庁によると、震源地は島根県西部で、震源の深さは約10キロ。各地の震度は次の通り。

 震度2=美郷(島根)▽震度1=大田(島根)など

 また午後1時44分ごろには、和歌山県田辺市などで震度1の地震があった。気象庁によると、震源地は和歌山県南部で、震源の深さは約50キロ。

・・・ 2018.4.29、産経新聞 15:53更新 配信より

私のコメント : 平成30年4月29日午後2時35分ごろ、島根県美郷町で震度2の地震があった。気象庁によると、各地の震度は次の通り。 震度2=美郷(島根)▽震度1=大田(島根)など

引き続き、気象庁からの 情報 配信に、地方自治体 関係者は、気を配っていかれたいと願う。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【地震速報】  島根で震度3

2018年04月23日 | 地震情報
【地震速報】  島根で震度3

2018.4.23 07:09更新

23日午前1時1分ごろ、島根県で震度3の地震があった。気象庁によると、震源地は島根県西部で、震源の深さは約10キロ。地震の規模はマグニチュード(M)4・1と推定される。各地の震度は次の通り。

 震度3=大田、雲南三刀屋、川本、美郷(島根)

▽震度2=出雲(島根)倉敷児島小川、矢掛(岡山)庄原高野、神石高原油木(広島)など

▽震度1=米子(鳥取)松江(島根)玉野(岡山)福山(広島)山口阿知須(山口)観音寺(香川)今治吉海(愛媛)など  ・・・ 2018.4.23、産経新聞 07:09更新 配信より

私のコメント : 平成30年4月 23日午前1時1分ごろ、島根県で震度3の地震があった。気象庁によると、震源地は島根県西部で、震源の深さは約10キロ。地震の規模はマグニチュード(M)4・1と推定される。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

食器散乱、床には亀裂…「こんな地震経験したことない」

2018年04月09日 | 地震情報
食器散乱、床には亀裂…「こんな地震経験したことない」

4/9(月) 6:58配信

鳥居が倒壊した島根県大田市久手町波根西の苅田神社の近くの飲食店主、窪田富士雄さん(66)は地震発生時、店舗兼住宅の寝室で就寝中だった。

【写真】鳥居が倒壊した苅田神社近くの飲食店では、入り口の2枚の扉が外れ、倒れた=島根県大田市久手町波根西、店主の窪田富士雄さん提供

「最初は大した揺れではないと思ったけど、15秒くらいして強い横揺れがあった。その後トルネードみたいにぐるぐる回る揺れがあり、これは大変だと驚いた」と話す。「地震の揺れが始まったあとに地震速報が鳴った」という。店舗の被害も大きかった。「何かが割れる音がしたので向かうと、並べていた酒の瓶や食器が落下して割れ、破片が床に散乱していた」と言う。窓や入り口の扉も外れ、床には亀裂が入ったという。「余震も続いている。こんな地震は経験したことがない。びっくりだし、怖いね」と話した。同市内のコンビニエンスストアでも、一部の商品が地面に落下するなどした。男性店員によると、地震発生時には激しい横揺れが起きた。男性は「驚いたが、この程度でまだよかった」と緊張した顔つきで話した。同市は、市内の公立の保育園と幼稚園、小中学校を9日は休校とすることを決めた。(浪間新太、杉山高志)

朝日新聞社

【関連記事】
• 大田市で4人けが、土砂崩れの被害も 島根の震度5強
• 島根県西部で震度5強 大田市内各所で住宅ガラス割れる
• テレビ統制、日本でも懸念…米地方局の一斉メディア批判
• 剣道場に保育所併設…「車を売らない」トヨタ販売店続々
• 娘は1歳、入園は絶望的 夢のタワマン、住まずに売った

・・・ 2018/4/9(月)、朝日新聞デジタル 6:58配信 より

私のコメント : 島根県下、各地方自治体による、今後における地震情報にも、住民は、気を配る必裕があると感じている。

島根県 益田市 総務部 危機管理課 

平成30年4月2日、島根県 益田市 総務部 危機管理課 廣瀬 雅 課長と私は、益田市役所にて、面談した。

平成30年3月28日、島根県 防災部 防災危機管理課 (島根県松江市殿町1番地)、吉田様と私は、以下における、両者間の対応があり、関係する内容にて、その対談をおこなった。

2018年3月26日 米軍機、戦闘攻撃機 FA18スーパーホーネット 岩国基地に飛来する。 艦載機部隊全約60機の移転が完了すると、岩国基地の米軍機は倍増の120機規模となり、極東最大級の航空基地となる。

平成30年2月20日、山口県総合企画部 情報企画課 調整班 村田浩一主任と面談、島根県総務部 総務課 小川主幹 から、私が、その対応を受けている内容に関連し、山口県総合企画部 情報企画課の立場を尋ね、山口県総合企画部 情報企画課の内容 説明を受けている。以下、その今までの経緯に関し、

平成30年2月20日、山口県健康福祉部 こども・子育て応援局 こども政策課 保育・母子保護班 上田圭子主査と、山口県健康福祉部 こども・子育て応援局 こども政策課保育・母子保護班 上田圭子主査 その上司と面談する。今までに、山口県萩市 日蓮宗法華寺にて、私は、秋田安世山口県保育政治連盟 会長と面談している経緯もあり、細心の注意払い、山口県健康福祉部 こども・子育て応援局 こども政策課保育・母子保護班 上田圭子主査並び、山口県健康福祉部 こども・子育て応援局 こども政策課保育・母子保護班 上田圭子主査の上司に、山口県内における待機児童問題について、話をすすめたが、山口県健康福祉部 こども・子育て応援局 こども政策課保育・母子保護班 上田圭子主査の上司が、今までにおける、秋田安世 山口県保育政治連盟 会長と山口県健康福祉部 こども・子育て応援局 こども政策課保育・母子保護班 上田圭子主査の上司との会談内容については、わかりやすく、私に、説明をされないため、よって、山口県内における待機児童問題について、前向きな、前進が、見えなかった。私から、山口県健康福祉部 こども・子育て応援局 こども政策課保育・母子保護班には、情報配信が、山口県内における待機児童問題 解消に向けて、山口県庁から、一向に、それが、現在も、なされていないため、その情報配信されるようにと お願いを申し上げた、また、山口県内における待機児童問題 山口市 等 では、それが、深刻なため、大学、高等学校 等における教育機関 と 山口県健康福祉部 こども・子育て応援局 こども政策課保育・母子保護班の間における連携についても、勤めていってもらいたい旨を伝えた。

平成30年2月20日、山口県総合企画部 情報企画課 調整班 村田浩一主任と私は、面談し、島根県総務部 総務課 小川主幹 から、私が、その対応を受けている内容に関連し、山口県総合企画部 情報企画課の立場を尋ね、山口県総合企画部 情報企画課内における、その内容の説明を受けた。

平成30年2月20日、島根県総務部 総務課 小川主幹 から、私が、その対応を受けている内容は、当該 島根県 竹島問題 等における内容へと関係し 島根県益田市 亀井事務所 鶴頭氏のもとへ 私は、対応も持った。

平成30年2月20日、下記の経緯もあり、よって、越智法律会計事務所 小見山 岳 弁護士 のもとへ、連絡を入れておいた。

平成30年2月19日、越智法律会計事務所 小見山 岳 弁護士 と 私は、以下に関し、対談し、山口県下 その学校 茶道教育へと関係していくため、駐日ベルギー大使館、駐日ハンガリー大使館、駐日オランダ大使館、ドイツ総領事館 文化部 職員、宮内庁 宮務課、外務省 から その私との対応も含め、当該 山口県教職員相談室 相談員のもとへ、その報告に行った。

平成30年2月19日、京都府 京都市 表千家同門会 本部・不審菴 事務局との連絡対応を持つ。

表千家同門会本部・不審菴事務局
〒602-0072 京都市上京区寺之内通堀川東入百々町 536番地 表千家会館内



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南海トラフ地震、30年以内「70~80%」 最新予測

2018年03月11日 | 地震情報
南海トラフ地震、30年以内「70~80%」 最新予測

2018年2月9日21時51分

政府の地震調査委員会は9日、静岡県から九州沖合にかけての南海トラフ沿いでマグニチュード(M)8~9級の大地震が30年以内に起こる確率が「70~80%」に高まったと発表した。毎年の数値の更新によるもので、震源域に特別な変化はないという。

•南海トラフ地震の被害想定
地震の発生確率は、過去の発生間隔と直近の地震からの経過年数で計算し、毎年少しずつ高まる。南海トラフ地震は平均間隔の88年と、1944~46年の昭和東南海・南海地震からの経過時間を使って計算し、毎年約1%ずつ上昇。最大確率が74・2%だった昨年は「70%程度」の表記だったが、今年1月1日時点で75・3%になり、四捨五入すると最大で「80%」の表記になったという。また北海道・根室沖でM7・8~8・5の地震が30年以内に発生する確率も、昨年時点の70%程度から、80%程度に上昇した。委員長の平田直・東京大教授は「大きく値が変わったわけではないが、次の地震に少しずつ近づいていることを表している。起きる可能性を忘れずに備えていただきたい」と話す。(竹野内崇宏)

関連ニュース
•大災害を乗り切るために 過去の教訓から考える
•避難所は自宅マンション 帰宅困難者対応も 各地で計画
•警戒すべき超巨大地震、南海トラフだけではない
•災害用食料の備蓄、6年でほぼ倍増 大量廃棄問題も浮上

・・・ 2018年2月9日、朝日新聞デジタル 21時51分  配信より

私のコメント : 2018年2月9日、政府 地震調査委員会は9日、静岡県から九州沖合にかけての南海トラフ沿いでマグニチュード(M)8~9級の大地震が30年以内に起こる確率が「70~80%」に高まったと発表。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伊方原発運転差し止め=「火砕流、到達の可能性」-3号機仮処分・広島高裁

2017年12月13日 | 地震情報
伊方原発運転差し止め=「火砕流、到達の可能性」-3号機仮処分・広島高裁

2017/12/13-16:07

四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町、定期検査中)の運転差し止めを広島市の住民らが求めた仮処分申請の即時抗告審で、広島高裁は13日、運転差し止めを命じる決定を出した。野々上友之裁判長は「阿蘇の過去の噴火で火砕流が到達した可能性は十分小さいと評価できず、原発の立地は認められない」と判断し、来年9月末まで運転差し止めを命じた。仮処分決定は直ちに効力が生じるため、四国電は決定が覆らない限り、定期検査が終わっても運転を再開できない。四国電は異議を申し立てる方針。

写真特集〕東日本大震災 100枚の記録~堤防を乗り越える大津波~

東京電力福島第1原発事故の後、高裁段階で運転差し止めを命じた司法判断は初めて。野々上裁判長は、仮処分は証拠調べの手続きに制約があり、差し止め訴訟が係争中の広島地裁が異なる判断をする可能性もあるとして、運転停止期間を来年9月30日までとした。広島地裁は3月、原子力規制委員会が定めた新規制基準は「不合理とは言えない」と判断し、住民側の仮処分申請を却下した。野々上裁判長も、基準地震動(想定される地震の揺れ)の策定方法など、火山以外の争点については「新規制基準は合理的」と判断した。その上で、伊方原発から約130キロ離れた阿蘇カルデラ(熊本県)で約9万年前に起きた巨大噴火を検討。四国電が伊方原発周辺で実施した地質調査やシミュレーションでは、火砕流が敷地に到達した可能性が小さいとは言えず、「原発の立地は認められない」と判断した。伊方原発は瀬戸内海を挟んで広島市から約100キロの距離にある。3号機は昨年8月に再稼働し、定期検査のため今年10月に停止。四国電は来年1月22日の発送電再開を目指していた。(2017/12/13-16:07)・・・ 2017/12/13、 時事通信 16:07 配信より

私のコメント : 平成29年12月13日、四国電力 伊方原発3号機の運転差し止め 広島市の住民らが求めた仮処分申請の即時抗告審で、広島高裁は12月13日、運転差し止めを命じる決定を出した。野々上友之裁判長は「阿蘇の過去の噴火で火砕流が到達した可能性は十分小さいと評価できず、原発の立地は認められない」と判断し、運転差し止めを命じた。仮処分決定は直ちに効力が生じるため、四国電は決定が覆らない限り、定期検査が終わっても運転を再開できない。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<地震>長野県で震度4 津波の心配なし

2017年12月06日 | 地震情報
<地震>長野県で震度4 津波の心配なし

12/6(水) 0:22配信

6日午前0時13分ごろ、長野県中部を震源とする地震があり、松本市や上田市などで震度4を観測した。気象庁によると、震源の深さは約10キロで、地震の規模を示すマグニチュード(M)は5.2と推定される。この地震による津波の心配はないという。【鈴木一生】

 各地の主な震度は次の通り。

震度4 長野県松本市、大町市、千曲市、上田市、安曇野市、池田町、坂城町、小川村、麻績村、生坂村、筑北村

震度3 長野市、岡谷市、諏訪市、信濃町、松川村、小谷村、青木村、新潟県糸魚川市

【関連記事】
• <地震情報>震度2以下の詳細情報も
•<知っておきたい 地震発生時、とっさの身の守り方>
• <旅行先で震災に遭った場合、どう身の安全を守ればいいのか>
• <南海トラフ巨大地震と東海地震はどう違うの?>
• <地震の震度ってどう決めるの?>

・・・ 2017/12/6(水)、 毎日新聞 0:22配信 より

私のコメント : 平成29年12月6日午前0時13分ごろ、長野県中部を震源とする地震があり、松本市などで震度4を観測した。気象庁によると、地震の規模を示すマグニチュード(M)は5.2と推定される



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大島氏衆院議長再任 「活躍の成果」地元八戸から喜びの声 知事も期待

2017年11月02日 | 地震情報
大島氏衆院議長再任 「活躍の成果」地元八戸から喜びの声 知事も期待

2017年11月02日木曜日

1日召集の特別国会で、衆院議長に自民党の大島理森氏(青森2区)が再選され、就任した。地元八戸市や青森県内では関係者から喜びの声が上がった。後援会連合会の鐘ケ江義光会長には前日、大島氏から連絡があった。市内で記者会見した鐘ケ江会長は「三十数年にわたり、高い政治理念を持って活躍され、その成果が実った証しだ」と喜び、「後援会としてなお一層、大島議長を支えてまいりたい」と語った。大島氏は県選出国会議員として初の衆院議長を2015年4月から約2年5カ月間務め、今回は郵政選挙後の05年9月に再選された河野洋平氏以来、約12年ぶりの再選となった。小林真市長は「地元の首長として本当にうれしい」と祝福。「今後も国の将来に関わる重要な議論が行われる。公平公正な運営を見守りたい」と話した。三村申吾知事は定例記者会見で「県民として誇りに思う。民主主義の守護神として、これまで培ってきた全てを遺憾なく発揮していただきたい」と述べた。 

 ・・・ 2017年11月02日、河北新報 配信より

.........................................................
<日本原燃>放射性廃棄物搬入 本年度は見送り

2017年11月01日水曜日

日本原燃は31日、低レベル放射性廃棄物埋設センター(青森県六ケ所村)へ6月に予定していた北陸電力志賀原発(石川県)の廃棄物搬入を、本年度は見送ると発表した。10月中としていた関西電力美浜原発(福井県)分は延期する。搬入予定だったのは両原発合わせドラム缶1760本。今年8月、志賀原発などで使っていた放射能測定プログラムに不具合が見つかり、原因究明に時間がかかっているという。原燃はまた、ウラン濃縮工場(六ケ所村)の新型遠心機のうち1台で故障警報が作動し、9月以降、運転停止していることを明らかにした。同工場では同月12日以降、ウランの生産を停止中だが、故障機以外の遠心機は稼働している。

  ・・・ 2017年11月01日、河北新報 配信より

私のコメント : 日本原燃は、平成29年10月31日に、低レベル放射性廃棄物埋設センター(青森県六ケ所村)へ6月に予定していた北陸電力志賀原発(石川県)の廃棄物搬入を、本年度は見送ると発表した。平成29年10月中としていた関西電力美浜原発(福井県)分は延期する。原燃は、ウラン濃縮工場(六ケ所村)の新型遠心機のうち1台で故障警報が作動し、9月以降、運転停止していることを明らかにした。同工場では同月12日以降、ウランの生産を停止中だが、故障機以外の遠心機は稼働している。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地震速報 2016年10月22日 3時33分ごろ 日向灘

2016年10月22日 | 地震情報
2016年10月22日 3時33分ごろ 日向灘

マグニチュード 4.4

○ 佐伯市 ・・・ 震度 4

○ 産山村 臼杵市 津久見市 延岡市 宮崎美郷町 ・・・  震度 3

○ 宇部市 防府市 山陽小野田市 宇和島市 八幡浜市 西予市 伊方町 愛南町 宿毛市 阿蘇市 熊本高森  町 大分市 竹田市 杵築市 豊後大野市 由布市 国東市 姫島村 日向市 西都市 川南町 都農町 門川町 椎葉村 高千穂町  ・・・   震度 2

○ 呉市 大竹市 東広島市 安芸高田市 江田島市 府中町 海田町 山口市 下関市 萩市 下松市 岩国市 柳井市 周南市 周防大島町 上関町 田布施町 平生町 阿武町 大洲市 伊予市 久万高原町 内子町 松野町 四万十町 大月町 黒潮町 北九州若松区 北九州八幡東区 久留米市 直方市 八女市 行橋市 中間市 宗像市 朝倉市 みやま市 新宮町 水巻町 遠賀町 筑前町 添田町 みやこ町 神埼市 人吉市 玉名市 山鹿市 宇土市 宇城市 熊本美里町 熊本小国町 南阿蘇村 益城町 山都町 多良木町 水上村 別府市 中津市 日田市 豊後高田市 宇佐市 日出町 宮崎市 都城市 小林市 高原町 国富町 綾町 高鍋町 新富町 木城町 諸塚村 日之影町 五ヶ瀬町  ・・・ 震度 1

・・・ 平成28年10月22日(土)、NHKNEWSWEB 配信より

私のコメント: 平成28年10月21日(金)、山口県岩国市総合政策部 基地政策課 山崎主事、田原班長と私は、面談した。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<イタリア地震>崩落小学校、手抜き工事か 死者294人に

2016年08月28日 | 地震情報
<イタリア地震>崩落小学校、手抜き工事か 死者294人に

【ローマ福島良典】イタリア中部で24日未明に起きたマグニチュード(M)6.2の地震で、倒壊・崩落した建物が手抜き工事で建築されていた疑いが浮上し、検察当局が捜査に乗り出した。伊メディアが27日伝えた。建設業者がマフィアとつながりがあったとの報道もある。地震による死者は294人となった。大きな被害が出た中部アマトリーチェで崩落した小学校の校舎は補助金を得て、2012年に耐震基準に沿って改築されたばかりだった。地震後、住民からも「なぜ崩れたのか」との声が上がっていた。検察当局は地震後、過失致死の疑いなどで捜査を開始。27日付イタリア紙レプブリカによると、小学校を含め倒壊・損壊した建物115棟について、01年に定められた耐震基準を満たしていたかどうかを調べているという。捜査を指揮する中部リエーティ地検のジュゼッペ・サイエバ検事はレプブリカ紙に「現場を見たが、節約するために、セメントよりも砂を多用したとみられる建物が倒壊していた。もし日本でのような(耐震)手法で建てられていれば崩落しなかっただろう」と指摘した。27日付イタリア紙イル・ファット・コティディアーノは崩落した小学校に関して「工事を担当した業者を巡っては(シチリア・マフィアの)コーザ・ノストラとつながりがある疑いが濃厚だ」と報じた。業者の弁護士はレプブリカ紙に「工事は適切だったと確信している」と述べたという。カントーネ全国汚職対策局長はレプブリカ紙のインタビューで「マフィアが復興事業にもぐり込み、利益を上げる危険がある」と警鐘を鳴らした。09年4月に中部ラクイラで309人の死者を出した地震では震災後、マフィアの復興事業への参入が明るみに出た。一方、被災地から約20キロ東のアスコリ・ピチェーノで27日、マッタレッラ大統領、レンツィ首相らが参列して犠牲者のうち35人の国葬が営まれた。葬儀に先立ち、大統領は余震の続くアマトリーチェを訪れ、救助隊員らの労をねぎらった。 ・・・ 平成28年8月27日(土)、毎日新聞 21時8分配信より

私のコメント:  イタリア中部で24日未明に起きたマグニチュード(M)6.2の地震で、倒壊・崩落した建物が手抜き工事で建築されていた疑いが浮上している。大きな被害が出た中部アマトリーチェで崩落した小学校の校舎は補助金を得て、2012年に耐震基準に沿って改築されたばかりだった。
......................
皇后さまがピアノ披露、静養先で

長野県軽井沢町で20日から静養中だった天皇、皇后両陛下は27日、群馬県草津町に移り、引き続き静養された。皇后さまは同町で開催中の音楽祭「草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァル」に参加するため来日した海外の音楽家とワークショップに臨み、ピアノの演奏を披露した。 課題曲に選ばれたのは、シューベルトのセレナーデなど数曲。皇后さまはベルリン・フィルハーモニー管弦楽団で首席チェロ奏者を務めたウォルフガング・ベッチャーさんらと共演し、「まだ弾き方を理解できていない部分があるので教えてくださいね」などと英語で話しながら、約1時間20分にわたって練習に励んだ。【共同通信】 ・・・ 平成28年(2016年) 8月27日、ロイター 17:37 JST 配信より

.......................
首相、台風接近で帰国予定前倒し

【ナイロビ共同】第6回アフリカ開発会議(TICAD)出席のためケニア訪問中の安倍晋三首相は、台風10号の本州接近に備え、日本時間30日午前としていた帰国予定を前倒しする。羽田空港到着は29日深夜になる見通しだ。同行の萩生田光一官房副長官が27日、記者団に明らかにした。萩生田氏は「いまの日程では羽田空港が使えなくなる可能性がある。台風の国内対応に万全を期すためにも早く帰る」と説明した。首相は、ケニアのケニヤッタ大統領との首脳会談や大統領主催の夕食会など予定された日程を全てこなした後、現地に宿泊せず、速やかにケニアを出発する予定だ。 【共同通信】

・・・ 平成28年(2016年) 8月27日、ロイター 23:28 JST 配信より



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伊中部地震、死者250人に 「人災」の可能性捜査

2016年08月26日 | 地震情報
伊中部地震、死者250人に 「人災」の可能性捜査

【AFP=時事】イタリア中部で24日未明に発生した大地震による死者は、25日までに250人に達した。被災地では、強い余震が続く中、救助隊が厳しい捜索を続けている。

特に被害が大きかったアマトリーチェ(Amatrice)では、193人の死亡が確認された。同町の人口は約2500人だが、この時期は多数の観光客が訪れていた。地震が発生した時間帯、人々はまだ就寝中だった。

アマトリーチェでは翌25日、マグニチュード(M)4.3の余震が発生。本震で損傷した建物が倒壊する恐れもあり、救助作業に支障が出る可能性が懸念されている。

がれきの中から生存者が見つかる望みが徐々に薄れる中、2009年の地震でも近隣の都市ラクイラ(L'Aquila)で300人が死亡したにもかかわらず、なぜ人口の少ない同地域でこれほど多くの人が犠牲になったのかという疑問が広がっている。

アマトリーチェの南50キロにあるラクイラが被災した際、同域の地震に対する脆弱(ぜいじゃく)性が浮き彫りになった。だが今回の地震で、新たな災害への備えは到底十分とは言えない状況だったことが露呈した。

地元検察当局は、甚大な被害が出たことについて「人災」として罪を問うべき人物がいないかどうか、捜査を開始する方針を明らかにした。【翻訳編集】 AFPBB News ・・・ 平成28年8月26日(金)、AFP=時事 4時22分配信 より

私のコメント: 平成28年8月26日(金)、島根県 益田市 前参議院議員 亀井亜紀子先生 事務所 事務員 鶴頭氏へ、私から、平成25年1月14日、参議院議員 亀井亜紀子先生 東京都千代田区永田町 参議院会館1220号室 宛てへ、「 亀井亜紀子先生からの国勢報告を拝受し、山口県青少年赤十字賛助奉仕団会報 第35号、36号につき、参議院議員 亀井亜紀子先生に連絡します件 」の内容に関係し、平成28年8月25日に至り、その島根県吉賀町 青少年赤十字指導における教育現場 現況と山口県青少年赤十字賛助奉仕団会報 第35号、36号における執筆者として立場において、私が、吉賀町 青少年赤十字指導 各教育現場関係者との間においては、その赤十字活動における交流をもった内容の概略を連絡し、今まで、島根県下における 前参議院議員 亀井亜紀子先生による 私への各 ご助言とご支援に関しては、私から、その謝辞も入れた。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<イタリア地震>死者241人 観光客も巻き添えか

2016年08月25日 | 地震情報
<イタリア地震>死者241人 観光客も巻き添えか

【アマトリーチェ(イタリア中部)福島良典】イタリア中部で24日未明に起きた大地震の死者は25日までに241人、負傷者は264人に上った。ANSA通信が伝えた。被害が大きいリエーティ県アマトリーチェの村長は約100人が建物の下敷きになっている模様だと話した。発生から1日以上が過ぎ、生き埋めになった人々の救出活動が続けられているが、死者はさらに増える恐れがある。

地元メディアなどによると、主に震源地の南東に位置するリエーティ県アマトリーチェとアックモリ、隣接するアスコリ・ピチェーノ県ペスカラ・デル・トロントの3カ所に建物倒壊などの被害が集中。4000人以上の救助隊員が夜を徹して捜索を続けた。350人以上の軍兵士も投入されている。450回以上の余震が続く中、被災者は屋外のテントや車の中で避難生活を送っている。

アマトリーチェは人口3000人足らずだが、8月には首都ローマから多くの観光客が詰めかける。このため多数の観光客が巻き込まれた可能性がある。在イタリア日本大使館によると、日本人が巻き込まれたとの情報はない。

 ◇17時間後に8歳を救出

被災地では石造りの古い建物が多かったため被害が拡大した。ただ、発生から時間が過ぎても奇跡的な救出が続いている。

伊メディアなどによると、ペスカラ・デル・トロントでは発生から約17時間後に8歳の少女が救出された。

レンツィ首相は24日、「誰一人として見捨てない」と語り、捜索活動などに全力を尽くすと表明。ANSA通信によると、政府は2億3400万ユーロ(約266億円)の緊急支援を決めた。・・・ 平成28年8月25日(木)、毎日新聞 20時45分配信 より

私のコメント: 平成28年8月25日、島根県内にて、青少年赤十字指導者 関係者・関係機関との連携を持った後、島根県、赤十字活動 理解もいただいている 島根県吉賀町 総務課、吉賀町長に、山口県内にて、私が、部分において著述もしている赤十字活動資料の提供をしにいき、そのおり、島根県吉賀町 総務課長に、私から、今回の状況説明も入れた。今まで、私からの地域、赤十字活動に、ご理解と対応もしていただいている、島根県 益田市 亀井先生事務所 秘書 事務員のもとへ、私は、山口県と島根県との間をまたぐ、その赤十字活動に関する報告も、簡略に、入れた。同日、また、以下からの経過をふまえ、島根県芸術文化センター グラントワ(島根県立石見美術館)にも私は、立ち寄り、 島根県立石見美術館 グラントワ 受付の吉岡氏と対談した。

平成27年3月22日(日)には、森英恵先生、島根県芸術文化センター グラントワ(島根県立石見美術館)へ来訪 等に関して、私は、島根県立石見美術館 南目美輝学芸員と面会、島根県立石見美術館 南目美輝学芸員から森英恵先生が、島根県立石見美術館へ来訪 等に関し、連絡が入る。

平成27年3月23日(月)、私の大叔父が、佐藤栄作先生の秘書を勤め、また、当家が、佐藤寛子様、佐藤信二先生とも近い立場であった 私の立場から、森英恵先生の秘書へ、「島根県吉賀町図書館に、今後、森英恵先生の著書、関係の書籍を寄贈できるものがあれば、お願いする旨」 等についてを連絡した。そのおり、森英恵先生の秘書と私は、慶應義塾大学 清家篤塾長、慶應義塾大学 アパレル関係者の話題、及び、森星様の話題も共有した。その後、私から島根県立石見美術館 南目美輝学芸員には、森英恵先生の秘書へ、私からの連絡がとれた旨の御礼の連絡を入れた。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地震M6.8以上、中国地方50% 30年以内の活断層活動

2016年07月02日 | 地震情報
地震M6.8以上、中国地方50% 30年以内の活断層活動

政府の地震調査委員会(委員長・平田直東京大教授)は1日、今後30年以内に活断層の活動によってマグニチュード(M)6・8以上の地震が中国地方で起こる確率は50%とする長期評価結果を発表した。活断層の特性などに基づき、中国地方を3区域に分けると、東部(岡山県中南部、広島県東部)は2~3%、北部(岡山県北部、広島県北部、鳥取県、島根県東部)は40%、西部(広島県西部、島根県西部、山口県)は14~20%とした。

調査委が中国地方全体の確率を示すのは初めて。これまでは岡山県北部から兵庫県にまたがる山崎断層帯などM7・0以上の地震を引き起こす可能性のある主要6断層を評価していたが、対象をM6・8以上に拡大。中国地方の24断層を個別に分析するとともに、最近の地震活動から統計的に確率を求め、地域全体を評価した。

東部は対象が4断層と最も少なく、気象庁にデータが残る1923(大正12)年以降、M5・0以上の地震が発生していないことから確率は低くなった。北部も5断層と多くないが、2000年の鳥取県西部地震(M7・3)をはじめ、活発な地震活動を重視。西部は15断層があるものの、北部ほど活発ではないため、中国地方では中程度の発生確率になった。

岡山県内にある対象断層は山崎断層帯と長者ケ原―芳井断層(井原市―福山市、長さ約30キロ)の二つで、山崎断層帯は那岐山断層帯(岡山県鏡野町―奈義町、同約32キロ)と主部北西部(美作市―兵庫県姫路市、同約51キロ)に分けて評価。那岐山断層帯でM7・3の地震が30年以内に発生する確率は0・06~0・1%、主部北西部はM7・7が0・09~1%と、いずれも前回発表時(2013年7月)と変わっていない。長者ケ原―芳井断層は過去のデータがないが、周辺の断層の活動状況などからM7・3が0・5%と算出した。

調査委は「東部は活断層も内陸の浅い地震活動も少ないが、瀬戸内海沿岸域に南海トラフや安芸灘―伊予灘―豊後水道のプレート内地震というリスク要因がある。今回の結果だけで安心と思わないでほしい」と呼び掛けている。

調査委は評価を基に、断層が動いた場合に周辺がどのくらい揺れるかを示す地震動予測地図を作る。

地域別の長期評価は、これまでに九州(発生確率30~42%)、関東(同50~60%)を公表。次は四国を予定している。 ・・・ 平成28年7月2日(土)、山陽新聞デジタル 14時10分配信より

私のコメント: 政府の地震調査委員会(委員長・平田直東京大教授)は1日、今後30年以内に活断層の活動によってマグニチュード(M)6・8以上の地震が中国地方で起こる確率は50%とする長期評価結果を発表した。

中国地方を3区域に分けると、東部(岡山県中南部、広島県東部)は2~3%、北部(岡山県北部、広島県北部、鳥取県、島根県東部)は40%、西部(広島県西部、島根県西部、山口県)は14~20%とした。

島根県東部は40%、島根県西部、山口県は、14~20%とされた その活断層の活動により マグニチュード(M)6・8以上の地震が中国地方で起こる確率については、原子力発電所も現有されている島根県の対応や その他の県 地方自治体関係者による、今後における、その対応策について、ご活躍を祈る。



  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<熊本地震>震度1以上の地震1000回に 気象庁

2016年05月01日 | 地震情報
<熊本地震>震度1以上の地震1000回に 気象庁

気象庁によると、熊本、大分県を中心に続いている地震の発生回数(震度1以上)は、14日夜から28日午前9時までの累計で1001回に上った。

ピーク時は202回だった1日あたりの地震回数は26日30回、27日49回、28日は午前9時までに25回。同日午前2時38分ごろには、熊本地方を震源とする地震で震度4を観測した。

 同庁は「地震活動は増減を繰り返しながら活発な状況が続いている」として、警戒を呼びかけている。【円谷美晶】 ・・・ 平成28年 4月28日(木)、毎日新聞 10時24分配信 より

私のコメント: 気象庁は「地震活動は増減を繰り返しながら活発な状況が続いている」として、警戒を呼びかけている日本の現況がある。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加