地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

真宗大谷派旭川別院で2500万円横領 会計職員

2018年09月19日 | 仏教
真宗大谷派旭川別院で2500万円横領 会計職員

2018.8.27 18:56更新 産経新聞 配信より

真宗大谷派(本山・東本願寺、京都市)の地方寺院の一つ、旭川別院(北海道旭川市)で、経理担当の男性職員(49)が約2年間にわたり同別院の資金約2500万円を着服していた疑いがあることが27日分かった。

1人で担当、決算監査で見抜けず

同別院は北海道警に相談しており、業務上横領罪で告訴する方針。職員は内部調査に対し「遊興費に使った」と着服を認め、6月から出勤停止となっている。

真宗大谷派によると、職員は平成27年3月に採用され、旭川別院の会計・出納を担当。今年6月に実施された同派による会計監査で、28年8月以降に約2500万円の使途不明金があることが発覚した。架空口座を作りパソコンの会計ソフトの金額を改竄していたとみられる。同別院では、この職員が実質的に1人で経理を担当しており、毎年実施する決算監査では見抜けなかったという。

私のコメント : 平成30年9月18日、真宗大谷派(本山・東本願寺、京都市)の地方寺院の一つ、旭川別院(北海道旭川市)で、経理担当の男性職員(49)が約2年間にわたり同別院の資金約2500万円を着服していた疑いがあることが平成30年8月27日分かった。真宗大谷派によると、職員は平成27年3月に採用され、旭川別院の会計・出納を担当。今年6月に実施された同派による会計監査で、28年8月以降に約2500万円の使途不明金があることが発覚した。

平成30年9月7日、山口県 萩市まで行き、山口県 萩市 衆議院議員 河村建夫代議士 事務所 和田眞教秘書と面談し、衆議院議員 河村建夫代議士を 今まで同様、支持している旨も、河村建夫代議士 和田眞教秘書へ、意思表示し、さらに、河村建夫代議士へ 私からの伝言についても、申し伝えた。

平成30年9月6日、山口県 熊毛郡 田布施町 山口県議会議員 吉井利行先生 事務所まで私は、行き、山口県議会議員 吉井利行先生の奥様と面談した。

平成30年9月6日、その後、中国電力株式会社 事務所まで私は、行き、中国電力株式会社 広報部 川崎哲生副長、並び、担当係長と面談し、中国電力株式会社における状況と石油精製会社との対応、並び、LNG 輸送と保管に関しても、電力消費が、かかるという話題、台風被害を受けられている関西方面への復旧対応に、中国電力株式会社からの応援に行かれている状況、中国電力株式会社と北海道電力株式会社における、その発電能力と施設の違い、島根県 松江 原子力発電所 稼働するためへと、それに、かかる話題 等、事前に、今回の面談に関しては、ひと月前から、事前の予約連絡をしていたため、中国電力株式会社 広報部から、周到、丁寧に、準備用意された資料をもとにして、私は、その説明を受けられた。

平成30年9月6日、山口県 柳井市役所へ、行き、柳井市教育委員会 人権教育室 上本 知 次長と、以下の経緯 山口県 柳井市教育委員会 生涯学習・スポーツ推進課 守田様との対応にて、私に、あり、面談した。

平成30年9月5日、山口県 山口市 文化財保護課 課長と対談し、山口市 文化財保護課 課長からは、「 ( 私からの話を聴き ) 認識が甘かった。」との言葉が、私に対して、あった。山口市 文化財保護課 主幹からは、山口市 文化財保護課 課長からの言葉 と裏 腹の言葉が、繰り返し、私に対し、それが、投げかけられた。

平成30年7月10日、衆議院議員 武村展英代議士 中島 秘書と 記載事項に関係し、対談をし、滋賀県 草津市 西渋川にある 自由民主党 滋賀県 第三選挙支部 衆議院議員 武村展英代議士 事務所 所在地の、説明を受けた。


コメント

真宗大谷派 鍵役、京大院生と結婚へ

2018年09月19日 | 仏教
真宗大谷派 鍵役、京大院生と結婚へ

9/18(火) 22:50配信 最終更新:9/18(火) 22:51 京都新聞 配信より

真宗大谷派(本山・東本願寺、京都市下京区)は18日、大谷裕鍵役(33)が京都大大学院生の尾池彩子さん(27)と結婚する、と発表した。29日に宗祖親鸞の廟(びょう)所のある大谷祖廟(東山区)で挙式する。裕鍵役は大谷暢裕門首後継者(67)の長男。尾池さんは文化財保存の研究をしており、寺院の出身ではないという。

【関連記事】
• 真宗大谷派が死刑廃止求め声明 オウム元幹部執行受け
•大谷門首が入院 真宗大谷派、暢裕鍵役が当面代行
• 宗派別の末寺数、府県で違い 京都は浄土宗最多
• 真宗大谷派宗議会5時間半空転 執行部の答弁めぐり反発
• 幻の送り火「い」描いた絵図展示 京都・大谷大博物館

私のコメント : 平成30年9月18日、真宗大谷派(本山・東本願寺、京都市下京区)は18日、大谷裕鍵役(33)が京都大大学院生の尾池彩子さん(27)と結婚する、と発表。裕鍵役は 真宗大谷派 大谷暢裕門首 後継者の長男。尾池さんは文化財保存の研究をしており、寺院の出身ではないという。


コメント

26日(日)も猛残暑つづく 40℃近い暑さになるところも

2018年08月26日 | 仏教
26日(日)も猛残暑つづく 40℃近い暑さになるところも

8/26(日) 6:20配信 最終更新:8/26(日) 6:20 ウェザーニュース 配信より

◼天気のポイント◼

・西~東日本は引き続き猛烈な暑さ
・晴れても天気急変に注意
・北日本や新潟は傘の用意を

 26日(日)は西~東日本は広い範囲で晴れて厳しい暑さとなりそうです。一方、低気圧や前線の通過によって、北日本では雨の降る所があります。

西~東日本は引き続き猛烈な暑さ

西~東日本では、晴れて日差しがジリジリと照り付けます。広い範囲で最高気温が35℃以上の猛暑日となり、40℃近くまで気温が上昇するところもありそうです。冷房の活用や水分、塩分のこまめな摂取など、万全の熱中症対策を意識的に行うようにしてください。

晴れても天気急変に注意

西日本や東日本では山沿いを中心にニワカ雨や雷雨の可能性があります。お出かけの際は折りたたみ傘があると安心です。晴れていてもモクモクとした雲が近づいてくるのは天気急変のサインです。このような雲の接近にはご注意ください。

北日本や新潟は傘の用意を

低気圧や前線の通過によって、北日本や新潟エリアでは雨の降る所があります。お出かけには傘をご用意ください。特に新潟、山形両県では強く降ることがありますので、道路冠水などに注意が必要です。北海道は暑さ控えめで少しヒンヤリと感じる所もありますが、東北では汗ばむ暑さになりそうです。ウェザーニュース

【関連記事】
• 外出時のエアコン「つけっぱなしが節電」のボーダーラインは「35分」!!
•ひと目でわかる傘マップ  8月26日(日)
•エアコンの冷房とドライ、どっちが安上がり?
• 週間天気 週明け激しい雷雨のリスク
• シーン別サングラス選びのポイントは?
..............................................

【動画】大雨と危険な暑さに警戒 関東甲信は40℃近い暑さの所も(26日7時更新)

8/26(日) 7:05配信 最終更新:8/26(日) 7:05
ウェザーマップ 配信より

きょう26日(日)は、東北日本海側と北陸では、大雨や落雷、竜巻などの激しい突風に警戒が必要です。関東から西は晴れて、危険な暑さとなるため、万全の熱中症対策をお願いします。北日本と北陸は、停滞している秋雨前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、各地とも雲が広がり、雨が降りやすいでしょう。特に山形県で雨量が多くなる予想で、あす朝までに多い所で150ミリの大雨となる見込みです。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に警戒が必要です。また、落雷や竜巻などの激しい突風、降ひょうにもご注意下さい。危険な暑さにも警戒が必要です。最高気温は、東北から南の広い範囲で30℃以上、関東から西では35℃以上の猛暑日の所が多くなりそうです。関東甲信の内陸では40℃近い危険な暑さになるため、こまめに水分をとるなどの熱中症対策を万全にお願いします。

(気象予報士・小林正寿)

【関連記事】

• 西・東日本で猛暑日 東京は22日ぶり 熱中症に警戒

私のコメント : 平成30年8月25日、山口県 山口市 円満山 本圀寺 日蓮聖人 三十番神夏祭り 参拝へとあがり、私は、石橋湛山先生が、明治維新100年祭の当時、山口県に来訪されて、各寺社、仏閣へと、対応された日蓮聖人 宗務 等の内容について、山口市 円満山 本圀寺 香川日憲住職に面会し、説明を申し上げた。明治維新150年祭に向けて、今後の対応もあるので、日蓮聖人 本門法華宗 宗務総長の立場でもある香川日憲住職には、私へ、その支援をお願い申し上げ、日蓮聖人 本門法華宗 宗務総長 香川日憲住職から、快諾を得ることができた。






コメント

16日 広く大雨の恐れ 東北は記録的な雨

2018年08月16日 | 仏教
16日 広く大雨の恐れ 東北は記録的な雨

2018/08/16 06:47 2018 日本気象協会 配信より

活発な前線の影響で東北では記録的な大雨となっています。きょう16日は前線が本州を南下。北海道から四国にかけて広く雨や雷雨。雨は非常に激しく降る所があり、大雨の恐れも。

●東北で記録的な雨を観測

北日本に前線が停滞し、暖かく湿った空気の流れ込みで前線の活動が活発になっています。

16日、午前6時までの最大1時間降水量は岩手県花巻市で1時間降水量が42.5ミリと観測史上1位の値となりました。(観測開始は1976年)

●きょうの天気

16日は前線上に低気圧が発生し、発達しながら北日本を通過する見込みです。前線は本州を南下するでしょう。また、別の低気圧が津軽海峡付近に発生し、ほとんど停滞する見込みです。

北海道から四国の広い範囲で、前線や湿った空気の影響で雨が降るでしょう。雷を伴って非常に激しい雨が降る所もあり、大雨の恐れがあります。

北海道は雨が小康状態となっている所でも次第に降り方が強まるでしょう。昼前から雷を伴った激しい雨が降りそうです。13日からの雨により、地盤の緩んでいる所や増水している河川があります。引き続き土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に十分注意してください。

東北は日本海側を中心に昼前にかけて局地的に1時間に80ミリの猛烈な雨が降る見込みです。その後も夕方にかけて雷を伴って1時間に60ミリの滝のような雨が降り、大雨となるでしょう。がけ崩れ、山崩れ、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫の恐れがあります。厳重に警戒して下さい。

北陸は夜遅くにかけて雷が鳴り、1時間に60ミリの傘が全く役に立たなくなるような雨が降るでしょう。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に警戒して下さい。

関東甲信は、関東北部と長野県では、昼過ぎから夜遅くにかけて雷を伴って1時間に30ミリ以上の激しい雨が降り、大雨となる所がある見込みです。土砂災害に警戒、注意し、低い土地の浸水、河川の増水に注意して下さい。

関東の南部では強い日差しが照りつける時間帯があるでしょう。夜は所々で雨が降りそうです。

東海は昼過ぎから夜遅くにかけて断続的に雨が降り、雷を伴うでしょう。1時間に30ミリ以上の傘をさしていてもぬれてしまうくらいの雨が降る所がある見込みです。土砂災害に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水に注意して下さい。

近畿も雷雲が発達する恐れがあります。昼前から夜にかけて局地的に1時間に30ミリ以上のバケツをひっくり返したような雨が降るでしょう。浸水害、土砂災害、河川の増水に十分注意して下さい。

四国も太平洋側を中心に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るでしょう。降り続く雨で地盤が緩んでいる所があります。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に注意して下さい。

中国地方は日中を中心に雨や雷雨でしょう。所々で雷が鳴り激しく降りそうです。

九州は太平洋側は午前中を中心に、東シナ海側は午後を中心に雨が降るでしょう。雷を伴って傘をさしていても濡れてしまうくらいの雨が降る所もありそうです。

沖縄は昼過ぎにかけて雨が降るでしょう。

●予想される雨量

17日午前6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で

東北地方、北陸地方、四国地方 150ミリ

東海地方 120ミリ

北海道地方、関東甲信地方 100ミリ

私のコメント : 平成30年8月15日、島根県 津和野町 本性寺 住職のもと、本性寺 盂蘭盆会 法要に参加し、御祈祷料を奉納する、その後、本性寺 住職と私は、対談する。島根県 津和野町 その天候不順のため、盂蘭盆会 津和野町 灯篭流しは、中止となった。その後、山口県 萩市に行き、山口県 萩市 法華寺 住職と面談する。その際に、法華寺 本堂に、お供え物を持参し、萩市 法華寺 住職に手渡しする。山口県 萩市 端坊 榮明忍前住職 と面談し、萩市 端坊 本堂に、お供え物を持参し、萩市 端坊 榮明忍前住職 に手渡し、その際に、浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 山口教区教務所 中村祐順 輪番 と 私との以下の対談内容について、簡略に、萩市 端坊 榮明忍前住職 に、私は、その報告を申し上げた。
.....................................
平成29年12月25日、山口県 山口市教育委員会 文化財保護課 肱岡圭介主事と対応を私は持った。

同日、平成29年12月22日、地方自治体による、統計処理内容に関し、私は、山口県 山口市役所にて、山口市 総務部 情報管理課 統計調査 担当 主査も歴任された 山口市 収納課 櫨元香恵 職員と対談した後、下記に配信に至っている経緯があり、その内容に関する確認の連絡を山口市 収納課 櫨元香恵 職員のもとへ、入れ、山口市 収納課 櫨元香恵 職員と一日、二回に亘り、対談した。

平成29年12月24日、島根県 津和野町 本性寺に私は、参拝にあがる。

津和野本性寺は 旧亀井家の菩提寺でありました。本性寺には、関ヶ原の戦いにて、上杉景勝と内通し、最上義光を挟撃しようとしたことを理由に改易され津和野に配流された出羽横手城主小野寺義道と弟康道一族の墓もあります。

平成29年、このたび、京都市 粟田口 青蓮院 坊守 東伏見保子様、青蓮院 執事 村田弦三郎様が、青蓮院 執事をされていた当時、私との親交 その宗務 対応があり、今年、亀井家 津和野 入城400年記念 亀井家第16代当主 亀井茲基 様より、法要式 神式でとりおこなわれましたため、よって、私からは、仏式にて、私のお供え物、旧亀井家 関係者の一人の立場にて、日蓮宗 本性寺 本堂へと、あげさせていただきました。 津和野 本性寺 ご住職へ、私が、生前 石橋湛山先生からいただいているお言葉を、その節に、初めて、披露させていただいた。青蓮院 執事 村田弦三郎様、並び、立正大学 副学長 石井富美子 常任理事との連絡対応も、今まで、私には、あり、よって、その際、感極まるものも、私にありました。また、山口県 萩市 端坊 榮明忍前住職と私との対談 内容、山口県 萩市 端坊 配下における全国における末寺との関係、山口県 萩市 端坊 と 萩御用商人 熊谷家との歴史的な親交 関係、並び、 端坊 配下における島根県 末寺との対応も、説明させていただきました。また、下記の記載内容に準じ、平成29年12月22日、山口市 収納課 櫨元香恵 職員と私が、対談し、山口市 収納課 櫨元香恵 職員と私との間にて、今まで、すでに、その学術上における見解の違いが、発生しているため、書面にて、その経過に至る、説明文、山口市 収納課 櫨元香恵 職員のもとへ 私が、手渡している内容に関し、その節における、説明文も、私から津和野 本性寺 ご住職のもとへ、山口市 収納課 櫨元香恵 職員対応も経て、説明しながら、手渡すことができた。
.......................................................................
平成29年12月22日、地方自治体による、統計処理内容に関し、私は、山口県 山口市役所にて、山口市 総務部 情報管理課 統計調査 担当 主査も歴任された 山口市 収納課 櫨元香恵 職員と対談し、山口市 収納課 櫨元香恵 職員と私との間では、今まで、すでに、その学術上における見解の違いが、発生もしているため、書面にて、山口市 職員からの対応より、私は、新たなパソコンも購入し、山口市小郡文化資料館 河内山賢祐氏 作品 整理の対応 パソコン ソフト における データ整理をしなければいけなくなったため、パソコン購入の代金 領収書の写しも添え、私は、その経過に至る、説明文、山口市 収納課 櫨元香恵 職員のもとへ 手渡した。

島根県 竹下登元総理大臣が、山口県 山口市に来訪され、当時の山口県民へ、講演をされた内容、並び、その後、神奈川県 小泉純一郎総理大臣が、総理大臣 在任中、山口県 萩市 松陰神社 参拝され、また、山口県 山口市も訪問されて、山口県 山口市 渡辺純忠市長と対談されたという経緯もあるため、その内容にも関係する事柄にて、平成29年12月22日にいたり、山口市役所にて、山口市 収納課 櫨元香恵 職員との間における 対談内容、私から渡辺純忠山口市長 宛に、山口市 収納課 櫨元香恵 職員を通じ、平成29年12月22日付、提出をした私の「弁明書」「特別の事情に関する届」の内容を踏まえ、その内容は、島根県と山口県に亘る各内容もあるため、私から、その内容を確認するための公文書開示請求書を 山口市役所 担当 窓口へ、提出する。その際に、山口市教育委員会 文化財保護課 肱岡圭介主事からの対応もあった。
..........................................................................

浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 山口教区教務所 中村祐順 輪番、教務所長と面談

平成30年6月6日、浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 山口教区教務所 中村祐順 輪番、教務所長と私は、面談し、浄土真宗 東本願寺 元 門主 光暢様 智子裏方からのお気持ちと 京都 粟田口 青蓮院 東伏見保子様からの私に対する、その想いについて、 浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 山口教区教務所 中村祐順 輪番様から、京都 西本願寺 大谷 流豆美 裏方 のもとへも 届くようにと、ご法話、及び、その対談した。

そして、今までに、私が、下記に 記載している内容について、山口別院 山口教区 教務所 木下祐祥輪番のもとへ、私から、その届け出ている 書状をまだ、確認されていないということなので、次回の面会時まで、前山口別院 木下祐祥輪番まで、確認をされて、読んで いただきたいと、申し述べた。
..................................................................

平成29年11月7日、京都・西本願寺 山口別院 山口教区 教務所 木下祐祥輪番と私は、下記の内容について、対談をした。

「京都・西本願寺で青年部代表池坊美佳が講演を行います」へと至る 記事、世界へ配信されている経緯に関しては、京都・西本願寺へと関係しています記事 閲覧していただきたいと、関係者 皆様には、お願いを申し上げます。

井上真央 『花燃ゆ』 最終回を報告、吉田松陰の末の妹・文を演じた女優 井上真央が、平成27年12月13日、山口・防府市にある楫取夫妻の墓前を訪ね、最終回の放送を迎えることを報告されて、平成27年12月14日、吉田松陰 養母の実家にあたる山口県 萩市 国重要文化財民家に指定されている森田家 その祭祀を代表して、私は、防府市 楫取夫妻の墓前を弔った。

『平成29年2月27日、萩市 浄土真宗本願寺派、三千坊 坊守様より、挨拶状に関する 下書きの連絡文が、私の許へ到着し、朝方、私からのその返信文を、三千坊 坊守様へ、送信する。 平成29年2月27日 夕方になり、その返信文を見た 三千坊 坊守様から 私の許へ、電話での、連絡が入る。その際、「 平成29年2月26日に、萩市 三千坊へ参拝したおり、三千坊 坊守様へ、私から手渡している私の書面、文面のとおりに、萩市 三千坊 住職と坊守様の間に立つことが、容易ではない状況にあること、今回、平成29年2月27日付 私による返信文、その文章においては、表現もし 書いているつもりの旨 等」を、萩市 浄土真宗本願寺派 三千坊 坊守様へは、私から、申し伝えた。』

平成29年3月1日、山口県 山口市 浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 木下祐祥輪番へ私から西本願寺 第25代専如門主 ご巡拝 等に関係する宗務内容 書面で、説明を入れ、萩市 三千坊 住職様と坊守様から、私への対応内容が、浄土真宗本願寺 宗派の内外へ対応している件に関して、山口市 本願寺山口別院、木下祐祥輪番から、私は、本願寺別院 応接室にて、助言、得ることもできた。

平成29年4月3日、山口県 浄土真宗本願寺派 本願寺 山口別院 山口教区 教務所 木下祐祥輪番と対談する。外務省 いわゆる 密約書 不在の問題に関する件、木下祐祥輪番と私は、相互に意見交換をすることができた。本願寺 山口別院 山口教区 教務所 木下祐祥輪番と、二人の対話で、浄土真宗 宗務における、その心情、感じ取り、聞き取り することもできた。

浄土真宗本願寺派 本願寺 萩組 満行寺 坪井組長が、会奉行をつとめられた当時における 萩市 三千坊 総代会・法要委員会 「親鸞聖人750回大遠忌お待ち受け・蓮如上人500遠忌・第19世住職継職法要開要綱」の話題となったため、その当時の経緯、説明を私は、山口別院 山口教区 教務所 木下祐祥輪番におこない。浄土真宗本願寺派 本願寺 萩組 満行寺 坪井組長から、その大分県 別府別院 輪番、当時の話題もあり、山口県 山口別院 山口教区 教務所 木下祐祥輪番と私との間にて、相互に、そこに至るまでの、お互いの情と気持ちを、相 照らし合わせた。

山口県 萩市 三千坊 総代会・法要委員会 「親鸞聖人750回大遠忌お待ち受け・蓮如上人500遠忌・第19世住職継職法要開要綱」についても、京都府 京都市 天台宗 栗田口 青蓮院 執事との対応、私にはあるため、京都市 青蓮院へ 「平成29年4月3日、山口県 浄土真宗本願寺派 本願寺 山口別院 山口教区 教務所 木下祐祥輪番と対談する。外務省 いわゆる 密約書 不在の問題に関する件、木下祐祥輪番と私は、相互に意見交換をすることができた。」内容における、その報告を私は、入れた。

地方自治体の職員にも「産業連関表」の教育啓発について私は、努力をしています。

西川俊作教授の論文は「産業連関表」が利用されている。「米市場の部分開放」、山口県産米、花燃ゆ、島根県産米、

通産大臣 佐藤信二 平成9年3月
「日本経済の構造改革―産業構造審議会総合部会基本問題小委員会中間とりまとめ」
産業構造審議会総合部会基本問題小委員会委員長 辻村江太郎、

「産業連関分析ハンドブック」「長州表と戦前期表」が論述されています。私の大学生の時代には、沖縄県農産品について、西川俊作教授と話し合いを持っていた。

平成26年10月「長州藩士桂家文書」論文、立正大学から入手。伊木寿一、石橋湛山による研究方法、私は、拝聴している。

平成27年10月、津和野町日原にて、宮本常一氏と日原町史との関係、慶應義塾大学 卒業論文 題名「萩藩宝暦の改革と熊谷五右衛門」、慶應義塾 西川俊作教授の許へ提出、父、森田良吉が、山口県文書館に勤務していた当時、私が見聞した文化交流の経緯を津和野町教育委員会へ説明した。

「防長風土注進案」「萩藩閥閲録」は、石橋湛山、伊木寿一からの支援を受け、山口県文書館 研究主事の努力より、完成されたものである。

平成28年6月7日、島根県吉賀町職員より「吉賀記を読む ~歴史が語る~ 」に関し、説明を受けた。

平成28年12月5日、島根県益田市役所総務部より連絡を私は、いただいた。

山口県 山口市役所 総合政策部 企画経営課 政策調整 担当 主幹、副主幹と面談した。

山口県 AIR SEOUL 空港 職員と連絡を持ち、山口県 環境生活部 環境政策課との間にて 私は、面談。その内容は、「 外務省 いわゆる 密約書 不在の問題 」に関係している。
...........................................................................
Wikipedia フリー百科事典より 以下は、引用 

お東騒動(おひがしそうどう)は、1969年に真宗大谷派が、「同朋会運動」を推進する改革派と、法主を継承する大谷家とそれを擁護する保守派との宗門内の対立から、同宗派が4派に分裂するまでに至った事件のこと。

内局の権力闘争や財産争いの問題も絡んでいるため、やや揶揄した響きを持つ場合もある。「お東紛争」「お東さん騒動」「大谷派騒動」とも呼称されている。

目次
[非表示] •1 対立の根底 ◦1.1 大谷家当主への権威・権限の集中
◦1.2 権威・権限が集中した理由
◦1.3 個々人の自覚を重視する教学思想の形成

•2 経緯 ◦2.1 発端
◦2.2 改革への動き
◦2.3 宗派からの離脱宣言
◦2.4 改革の実施
◦2.5 浄土真宗東本願寺派の分立
◦2.6 その他の動き

•3 真宗大谷派の門首
•4 現在の4派
•5 関連書籍
•6 脚注
•7 外部リンク

対立の根底[編集]

「お東騒動」の原因となった教団のあり方をめぐる意見の対立の根底には、近代社会における全く異なる方向性を持つ次の2つの動きがあった。
•体制面における宗教的権威者への伝統的尊崇の念に基づく権限の集中。
•教学(思想)面における個々人の自覚を重視する方向性の高まり。

大谷家当主への権威・権限の集中[編集]

真宗大谷派では、明治時代以降、歴史的な経緯もあって、宗祖親鸞の血筋を引く大谷家の当主が、次の3つの地位(「三位」と呼ばれる)を一元的に継承・掌握し、高い宗教的権威と強い権限とを有していた。
法主 真宗大谷派の正統的な教学・伝統の顕現者管長 包括宗教法人である「宗教法人真宗大谷派」の代表役員本願寺住職 真宗大谷派の本山である「宗教法人本願寺(通称 東本願寺)」の代表役員•当時は、「真宗大谷派」とその本山の「本願寺」は包括関係にあるものの、法規上、別個の宗教法人であった。
•また、大谷家は(本来は門徒からの懇志である)本願寺の財産も、その絶対的権力から私物視していた。後に、「多額の債務」や「土地の売却益の行方」などの問題が表面化する事となる。

権威・権限が集中した理由[編集]

明治時代以降の真宗大谷派においては、清沢満之らの登場により、個々人の宗教的自覚を重視する、近代的な「個」の形成にも対応し得る教学思想の研鑽が早くから進められた。しかし一方で宗派の体制としては、宗教的権威者として伝統的に尊崇されていた法主を推戴し、そのもとに強い権限を集中させる体制がむしろ強化されていた。言うなれば大谷家の血筋に宗教的権威の拠り所を求めた、日本神道における皇室の位置付けと同様な「擬似天皇制」のより一層の強化をもたらしたとも表現できる。

こうした体制が構築・強化された背景には、江戸時代に緊密であった幕府との関係を払拭し明治政府の政策に積極的に賛助することや、数度にわたって焼失した本願寺の堂宇を再建することが差し迫った課題であったことが挙げられる。

個々人の自覚を重視する教学思想の形成[編集]

第二次世界大戦後の1960年代になって、「近代的な教学思想の成熟」と「当時の社会的変動への対応の必要性」が求められるようになる。 その結果として、次第に一部営利企業における血族支配にも重なって見られかねない従来の教団の体制が問題視されるようになる。

「お東騒動」と称される真宗大谷派における対立状況は、上に述べたような近代日本における体制面と思想面での二つの動きが、同一宗派内において同時期に集中的に展開した結果、いわば必然的に表出したものであったともみなされる。

経緯[編集]

発端[編集]

事の発端は、1924年より法主を務める大谷家第二十四代の大谷光暢(闡如)が、内局に事前承諾を得ずに「管長職を光紹新門に譲る」と発表した事に始まる。「開申事件」と呼ばれ、内部対立の火種になる。

改革への動き[編集]

1960年代の終わり頃から、法主に権威・権限の集中する教団のあり方をめぐり、激しい意見の対立がみられるようになっていく。真宗大谷派内部にあって改革派は、次の2つの考えをかかげて、当時の教団のあり方の改革を訴えた。
同朋公議 教団の運営は、何人の専横をも許さず、本来的に同信の門徒・同朋の総意によるべきである。宗本一体 宗派としての真宗大谷派と、その構成者たる門徒が帰依処とする本願寺は、本来的に不可分一体のものである。
1962年7月に、「同朋会運動」が発足し、そのテーマとして「真宗同朋会運動とは、純粋な信仰運動である」「家の宗教から個々人の自覚としての宗教へ」が掲げられた。「同朋会運動」が発足して、「真宗同朋会条例」が公布される。

宗派からの離脱宣言[編集]

改革への動きに対抗して1978年に闡如は、「私が住職をしている本山・本願寺(東本願寺のこと)は、真宗大谷派から離脱・独立する」という宣言を行った。

改革の実施[編集]

「同朋公議」「宗本一体」の考えに基づき1981年6月に、「真宗大谷派宗憲(宗派の憲法にあたる法規)」が改正され、次のような改革が行われた。
•議会制…宗派運営の権限が、選挙により選出される議員の構成する宗派の議会(宗議会〈=僧侶の代表〉と参議会〈=門徒の代表〉の二院制をとる)に移された。宗議会には参与会が、参議会には常務会が置かれる。
•象徴門首制…従来の「法主」「管長」「本願寺住職」にかわり、門徒・同朋を代表して仏祖崇敬の任にあたる象徴的地位として門首が置かれた。門首は内局の進達がなければ、宗務執行に対する権限を持たないこととされた。門首が内局の進達事項を拒み、進達を得ないで宗務に干渉したときは、内局は参与会と常務会の選定した門首代行を置くことを決定できる。あえて強引な解釈をすれば、前述の「擬似天皇制」の形があった故に、宗派全体を擬似国家と捉えた場合仏教用語で言う世俗の「国王」の天皇が大日本帝国憲法での「主権者」から第2次世界大戦敗戦後日本国憲法で「象徴天皇制」へとその位置付けが大きく変更されたためそれに合わせての動きとも取れる。
•宗本一体…1987年には、大谷派と包括・被包括の関係にあった宗教法人「本願寺」と真宗大谷派と合併がされ、本願寺は法的に解散登記が実施され、宗派と一体のものとされた。「本山寺法」も廃止され、以後、東本願寺の正式名称は「真宗本廟」となる。「本廟」とは、同信同行の門信徒が宗祖親鸞の教えを聞信する根本道場・帰依処としての、親鸞の「墓所(はかどころ)」の意味。御影堂門に「真宗本廟」の額が掲げられていた。

浄土真宗東本願寺派の分立[編集]

この改革に対し保守派は、当時同派の東京別院東京本願寺住職であった大谷光紹(興如)(大谷光暢の長男)を中心に、教学の構築・教団の運営は従来通り伝統的権威と権限とを有する法主を中心になされるべきであるとの姿勢を保ち、この見解に賛同する末寺・門徒も少なくない状況であった。

これらの人々は、1981年6月15日、大谷派における宗憲の改正と時期を同じくして、東京都知事の認証を得て、住職を務めていた東京別院東京本願寺を、大谷派から分離独立させる。

そして1988年2月29日に、同寺を中心にこれに賛同する末寺・門徒をまとめて「浄土真宗東本願寺派」を結成し、大谷光紹が東本願寺第二十五世法主に就任すると宣言する。

その他の動き[編集]

浅草別院の分離独立の後も、これとは別に、大谷光暢の次男 大谷暢順(經如)(本願寺維持財団(現在の本願寺文化興隆財団理事長))・光暢の妻・智子裏方を中心とした四男 大谷暢道(後に光道と改称する。(秀如))をそれぞれ支持する勢力が、同じく教団のあり方をめぐる意見の対立から大谷派を離脱した。

真宗大谷派の門首[編集]

第二十四代 闡如(大谷光暢)の後継者は、新門である長男大谷光紹であったが、1981年6月15日に、真宗大谷派から独立した為、新門から外される。次に孫(光紹の長男)の大谷光見が指名されるが、浄土真宗東本願寺派の新門に就任した為、1988年2月29日に新門から外される。詳細は、上記の「浄土真宗東本願寺派の分立」を参照。

最終的に、大谷暢順の長男である当時15歳の大谷業成(現、大谷光輪(東山上花山 本願寺 第二十五代))が、指名される。 そして1993年に、闡如の遷化(死去)のため継承する。しかし未成年であった為、門首代行が置かれる事になる。1996年に、父と共に業成は真宗大谷派から離脱する。その為、門首継承式をしていない業成は、御歴代に記録がされない事が決定する。

1993年〜1996年の間は、大谷演慧(えんねい)鍵役(1914〜2008) が、門首代行を務める。

1996年に闡如の三男である大谷暢顯(淨如)が継承する。

同年11月21日に、門首継承式が行われ、正式に真宗大谷派第二十五代門首となる。

2014年4月、二十五代門首・淨如に子息がいないため長年未決定だった次期門主について、淨如の従兄弟にあたるブラジル在住の大谷暢裕が就任要請を受諾[1]。

現在の4派[編集]

以上の経緯により現在、真宗大谷派は宗教法人法上、次の4派に分かれている。

宗派 本山 管長職 末寺数
真宗大谷派 真宗本廟(通称:東本願寺)(京都市下京区) 大谷暢顯門首(淨如) 約9,000
浄土真宗東本願寺派 浄土真宗東本願寺派本山東本願寺(東京都台東区)
(旧・真宗大谷派東京別院東京本願寺) 大谷光見法主(聞如)[2] 300〜400
浄土真宗大谷本願寺派[3]

以下は、略す。


コメント

浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 山口教区教務所 中村祐順 輪番、教務所長と面談

2018年06月06日 | 仏教
浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 山口教区教務所 中村祐順 輪番、教務所長と面談

平成30年6月6日、浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 山口教区教務所 中村祐順 輪番、教務所長と私は、面談し、浄土真宗 東本願寺 元 門主 光暢様 智子 裏方からのお気持ちと 京都 粟田口 青蓮院 東伏見保子様からの私に対する、その想いについて、浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 山口教区教務所 中村祐順 輪番様から、京都 西本願寺 大谷 流豆美 裏方 のもとへも 届くようにと、ご法話、及び、その対談した。

そして、今までに、私が、下記に 記載している内容について、山口別院 山口教区 教務所 木下祐祥輪番のもとへ、私から、その届け出ている 書状をまだ、確認されていないということなので、次回の面会時まで、前山口別院 木下祐祥輪番まで、確認をされて、読んで いただきたいと、申し述べた。
.....................................................................
平成29年11月7日、京都・西本願寺 山口別院 山口教区 教務所 木下祐祥輪番と私は、下記の内容について、対談をした。

「京都・西本願寺で青年部代表池坊美佳が講演を行います」へと至る 記事、世界へ配信されている経緯に関しては、京都・西本願寺へと関係しています記事 閲覧していただきたいと、関係者 皆様には、お願いを申し上げます。

井上真央 『花燃ゆ』 最終回を報告、吉田松陰の末の妹・文を演じた女優 井上真央が、平成27年12月13日、山口・防府市にある楫取夫妻の墓前を訪ね、最終回の放送を迎えることを報告されて、平成27年12月14日、吉田松陰 養母の実家にあたる山口県 萩市 国重要文化財民家に指定されている森田家 その祭祀を代表して、私は、防府市 楫取夫妻の墓前を弔った。

『平成29年2月27日、萩市 浄土真宗本願寺派、三千坊 坊守様より、挨拶状に関する 下書きの連絡文が、私の許へ到着し、朝方、私からのその返信文を、三千坊 坊守様へ、送信する。 平成29年2月27日 夕方になり、その返信文を見た 三千坊 坊守様から 私の許へ、電話での、連絡が入る。その際、「 平成29年2月26日に、萩市 三千坊へ参拝したおり、三千坊 坊守様へ、私から手渡している私の書面、文面のとおりに、萩市 三千坊 住職と坊守様の間に立つことが、容易ではない状況にあること、今回、平成29年2月27日付 私による返信文、その文章においては、表現もし 書いているつもりの旨 等」を、萩市 浄土真宗本願寺派 三千坊 坊守様へは、私から、申し伝えた。』

平成29年3月1日、山口県 山口市 浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 木下祐祥輪番へ私から西本願寺 第25代専如門主 ご巡拝 等に関係する宗務内容 書面で、説明を入れ、萩市 三千坊 住職様と坊守様から、私への対応内容が、浄土真宗本願寺 宗派の内外へ対応している件に関して、山口市 本願寺山口別院、木下祐祥輪番から、私は、本願寺別院 応接室にて、助言、得ることもできた。

平成29年4月3日、山口県 浄土真宗本願寺派 本願寺 山口別院 山口教区 教務所 木下祐祥輪番と対談する。外務省 いわゆる 密約書 不在の問題に関する件、木下祐祥輪番と私は、相互に意見交換をすることができた。本願寺 山口別院 山口教区 教務所 木下祐祥輪番と、二人の対話で、浄土真宗 宗務における、その心情、感じ取り、聞き取り することもできた。

浄土真宗本願寺派 本願寺 萩組 満行寺 坪井組長が、会奉行をつとめられた当時における 萩市 三千坊 総代会・法要委員会 「親鸞聖人750回大遠忌お待ち受け・蓮如上人500遠忌・第19世住職継職法要開要綱」の話題となったため、その当時の経緯、説明を私は、山口別院 山口教区 教務所 木下祐祥輪番におこない。浄土真宗本願寺派 本願寺 萩組 満行寺 坪井組長から、その大分県 別府別院 輪番、当時の話題もあり、山口県 山口別院 山口教区 教務所 木下祐祥輪番と私との間にて、相互に、そこに至るまでの、お互いの情と気持ちを、相 照らし合わせた。

山口県 萩市 三千坊 総代会・法要委員会 「親鸞聖人750回大遠忌お待ち受け・蓮如上人500遠忌・第19世住職継職法要開要綱」についても、京都府 京都市 天台宗 栗田口 青蓮院 執事との対応、私にはあるため、京都市 青蓮院へ 「平成29年4月3日、山口県 浄土真宗本願寺派 本願寺 山口別院 山口教区 教務所 木下祐祥輪番と対談する。外務省 いわゆる 密約書 不在の問題に関する件、木下祐祥輪番と私は、相互に意見交換をすることができた。」内容における、その報告を私は、入れた。

地方自治体の職員にも「産業連関表」の教育啓発について私は、努力をしています。

西川俊作教授の論文は「産業連関表」が利用されている。「米市場の部分開放」、山口県産米、花燃ゆ、島根県産米、

通産大臣 佐藤信二 平成9年3月
「日本経済の構造改革―産業構造審議会総合部会基本問題小委員会中間とりまとめ」
産業構造審議会総合部会基本問題小委員会委員長 辻村江太郎、

「産業連関分析ハンドブック」「長州表と戦前期表」が論述されています。私の大学生の時代には、沖縄県農産品について、西川俊作教授と話し合いを持っていた。

平成26年10月「長州藩士桂家文書」論文、立正大学から入手。伊木寿一、石橋湛山による研究方法、私は、拝聴している。

平成27年10月、津和野町日原にて、宮本常一氏と日原町史との関係、慶應義塾大学 卒業論文 題名「萩藩宝暦の改革と熊谷五右衛門」、慶應義塾 西川俊作教授の許へ提出、父、森田良吉が、山口県文書館に勤務していた当時、私が見聞した文化交流の経緯を津和野町教育委員会へ説明した。

「防長風土注進案」「萩藩閥閲録」は、石橋湛山、伊木寿一からの支援を受け、山口県文書館 研究主事の努力より、完成されたものである。

平成28年6月7日、島根県吉賀町職員より「吉賀記を読む ~歴史が語る~ 」に関し、説明を受けた。

平成28年12月5日、島根県益田市役所総務部より連絡を私は、いただいた。

山口県 山口市役所 総合政策部 企画経営課 政策調整 担当 主幹、副主幹と面談した。

山口県 AIR SEOUL 空港 職員と連絡を持ち、山口県 環境生活部 環境政策課との間にて 私は、面談。その内容は、「 外務省 いわゆる 密約書 不在の問題 」に関係している。



コメント

春の彼岸はいつ? 彼岸は何をする日? 知っておきたい彼岸の話

2018年03月18日 | 仏教
春の彼岸はいつ? 彼岸は何をする日? 知っておきたい彼岸の話

2018/03/16 06:00:00

「暑さ寒さも彼岸まで」。春のお彼岸が近づいてきました。お彼岸は先祖を敬う日本独特の風習です。お彼岸には先祖へ想いを馳せるのもいいですね。今回はお彼岸の由来と、あわせて知っておきたい先祖を祀る仏壇に関する風水について紹介します。

2018年春の彼岸はいつ?

春分と秋分の日は、太陽が真東から上り真西に沈みます。そのため、昼と夜の長さがほぼ同じになるお彼岸は特別とみなされ、墓参りに行き、先祖を敬う日とされてきました。ちなみにお彼岸という名称は、仏教では三途の川を挟みこの世側の岸を「此岸(しがん)」、あの世側の岸を「彼岸」というところからきています。

彼岸には、春と秋の彼岸があります。それぞれ春分の日と秋分の日を中日(ちゅうにち)として、前後3日間が彼岸となります。2018年春の彼岸は、3月18日にお彼岸入りし、3月21日が彼岸の中日、3月24日にお彼岸明けとなります。秋の彼岸の中日は、春分の日となります。

仏壇はどの向きに安置するのが正解?

風水には墓の相を観る陰宅と家相を観る陽宅とがありますが、もともとの始まりは、陰宅となります。古くから、先祖を大切にすると徳が積まれ幸せを引き寄せることができると考えられてきたので、先祖に居心地良くしてもらうために、お墓はとても重要とされてきました。

先祖を敬う春分の日にちなみ、自宅での先祖と重要な接点となる仏壇についても、吉相となるお祀りをしましょう。仏壇は、夕日が沈む西側を向く方向には配置しないようにします。これは、人間は東の方より生まれ西方に没するという極楽浄土の思想からきています。仏壇が南から東を向くように、北から西の壁に安置するのが吉相となりGoodです。

誰も入らないような寂しい部屋に置くのはNG

仏壇を置く部屋は、リビングなどの家族が集まり、いつも楽しくにぎやかな部屋が最適です。先祖が心地良く優しく見守ってくれることでしょう。トイレ・浴室・台所・洗面所など陰の気が溜まりやすいところに近い場所、寒々しく陰の気がこもる北、誰も普段は入らないような部屋などに置くのは凶相となります。また、窓がないような換気が行き届かない場所や直接日光が当たる場所もNGです。

お墓参りや仏壇へお参りできない人は、お墓の方角に向かって手を合わせて感謝するだけでも、場所や空間を飛び越えて想いが届きます。お彼岸については、「なぜお彼岸にお墓参りをするの? お供えのおはぎで運気が高まる!?」も、参考にしてみてください。

著者プロフィール: 月香(つきか)
ハート占い1to1、ハートスクール1to1主宰。幼い頃よりさまざま体験を通じて、目には見えない何か不思議な力が存在していることに気づく。スピリチュアルカウンセラーとして、風水や四柱推命、霊視をしながら、たくさんの方々を鑑定。人は誰でも最良の選択をすることで、幸せを引きよせることができると実感する。スクールでは、占い師、セラピスト、スピリチュアルカウンセラー、ヒーラーを養成。モータースポーツにも従事。レーシングチーム、Team Sky Lightに所属。

関連キーワード: 風水 年中行事

・・・ 2018/03/16、株式会社マイナビ  06:00:00 配信より

私のコメント :「暑さ寒さも彼岸まで」。お彼岸は先祖を敬う日本独特の風習です。 2018年春の彼岸はいつ? 春分と秋分の日は、太陽が真東から上り真西に沈みます。そのため、昼と夜の長さがほぼ同じになるお彼岸は特別とみなされ、墓参りに行き、先祖を敬う日とされてきました。ちなみにお彼岸という名称は、仏教では三途の川を挟みこの世側の岸を「此岸」、あの世側の岸を「彼岸」というところからきています。彼岸には、春と秋の彼岸があります。それぞれ春分の日と秋分の日を中日として、前後3日間が彼岸となります。2018年春の彼岸は、3月18日にお彼岸入りし、3月21日が彼岸の中日、3月24日にお彼岸明けとなります。



コメント

人間に生を得る事都て希れなり

2018年01月10日 | 仏教
人間に生を得る事都て希れなり

祈祷鈔/ 文永9年(1272) 聖寿51歳

=いのちに合掌=

新しい年を迎えました。過去に思いを馳せ、未来に向かって志を立てる時でもあります。

ふり返りますと、人間の存在は奇跡の連続の賜です。

両親が出会って生まれ、両親も祖父母がいてこそ生まれました。

この奇跡を十代遡りますと、1024人になります。この中の一人でも欠ければ、現在の命はありません。今を生きている私たちの命は奇跡の連続が生み出したものです。

この尊い「いのち」に合掌する姿を育てる一年にしていきましょう。

『祈祷鈔』
このご遺文は日蓮聖人が、弟子に宛てられた書状とされています。諸宗の祈祷について述べられながら、正しい信仰者への守護の姿について論を進められています。中でも事例を挙げられ、信仰の善悪による守護の姿の差を示されました。そして守護のもととなるのは報恩の心だと述べられています。さらに、合掌して正しい信仰に目覚め、安穏な人生をおくり、未来の成仏を祈ることを勧めておられます。 文永9年(1272) 聖寿51歳

・・・ 日蓮宗 「 いのちに合掌 」 ホームページ より

私のコメント : 祭政一致







コメント

「一切の功徳を合わせて 妙の文字と ならせ給う」

2017年12月04日 | 仏教
平成29年12月4日、「一切の功徳を合わせて 妙の文字と ならせ給う」

妙心尼御前御返事/
弘安3年(1280)聖寿59歳

=妙の意味=
「功徳」とは、善い結果をめざす精進努力のことです。
「失敗は成功のもと」とも言いますから、精進努力は必ず報われるものです。
「妙」は、細やかで美しく、優れている様子です。さらに自然や人、文物を見て、その心に触れることを意味しています。これによって、総ての本質を正しく知ることができるのです。

合掌して、今年一年の総てのことを「妙」の一字に集約し、新しい年をより善く、安穏な社会が実現するよう祈りましょう。

『妙心尼御前御返事』
このご遺文は、日蓮聖人の信徒の妙心尼が、亡き夫の菩提を弔うために、聖人のもとへ供養の品々を届けたことに対する礼状です。まず、供養の志に故人も喜び、遺した家族をおもいやっているであろうと述べられました。次に、花が種や実となるように、「妙」の文字には、凡人が仏となる不思議な力があると信仰の世界を示されました。そして「妙」とは一切の功徳を合わせたものだと結ばれています。

弘安3年(1280)

聖寿59歳

・・・ 日蓮宗 ホームページ より 引用

「いのち」に合掌、「いのち」を大切にしましょう。





コメント

島根県 津和野町 覚皇山 永明寺、山口県 萩市 松林山 端坊

2017年11月25日 | 仏教
平成29年11月25日、「山口県 柳井市 妙圓寺 月性没後の行事と顕彰に関するパンフレット、並び、月性 2017生誕200年記念の品については、私から、島根県 津和野町 覚皇山 永明寺 ご住職へ、経緯の概略 説明もし、手渡すことができた。」という内容、及び、「平29県史編さん第48号平29年11月24日、公文書開示請求の却下、平成29年11月17日付けで請求のありました柳井市月性生誕200年記念講演会に関し、県史編さん室次長が連絡するに至る、経緯と経過に関する文書に係る個人情報の開示については、下記のとおり却下することと決定しましたので通知します。なお、この決定に不服のあるときは、この決定があったことを知った翌日から起算して3か月以内に、山口県知事に対して審査請求をすることができます。」 等 との教示も 山口県史編さん室からの書面にあり、下記に配信している内容に関係し、当該 山口県史編さん室 次長による 対応でも あるため、その経緯については、その相談に行っている山口県 萩市 松林山 端坊 前住職 榮明忍様の許へ 私は、今回の報告を入れ、「平29県史編さん第48号平29年11月24日、公文書開示請求の却下、平成29年11月17日付けで請求のありました柳井市月性生誕200年記念講演会に関し、県史編さん室 次長が連絡するに至る、経緯と経過に関する文書に係る個人情報の開示については、下記のとおり却下することと決定しましたので通知します。」に関し、山口県知事に対しては、その審査請求する旨、山口県 萩市 松林山 端坊 前住職 榮明忍様の許へ 報告を入れた。

平成29年11月23日、 島根県 津和野町に行き、私は、お寺で、ご法話を聴き、 島根県 津和野町内の諸寺を参拝、津和野 旧藩主 亀井家、地域住民、皆様方の安全も祈願した。覚皇山 永明寺 ご住職と私は対談し、吉見、坂崎、亀井氏といった歴代の津和野城主の菩提寺であり、事前に、私は、覚皇山 永明寺 ご住職の許へ、参拝の予約を入れ、吉見、坂崎、亀井、堀氏 における各ご位牌 等 覚皇山 永明寺 本堂において、拝ませてもらった。また、その際は、下記の配信している記事内容に沿い、山口県 柳井市 妙圓寺 月性没後の行事と顕彰に関するパンフレット、並び、月性 2017生誕200年記念の品については、私から、島根県 津和野町 覚皇山 永明寺 ご住職へ、経緯の概略 説明もし、手渡すことができた。

平成29年11月11日、月性没後の行事と顕彰記録に関し、「月性 2017生誕200年記念誌」月性生誕200年記念事業実行委員会 発行、p.131 「 1891年 明治24年5月末、有栖川宮熾仁親王 墓参のため御成り。 9月、伊藤博文 墓参、12月17日 正四位贈位 」各内容、山口県 萩市 松林山 端坊 前住職 榮明忍様と私は、その詳細に関しての、対談をおこなった。

平成29年3月8日、日蘭交流400周年 記念事業、『 日蘭交流400周年 記念シンポジュウム 「日本の近代化に果たした西周の役割と21世紀の日蘭関係」 日時 平成13年3月3日(土) 午後7時から、場所 津和野町町民センター大集会室、主催 津和野町、基調講演 「日本とオランダ」 講師 在大阪・神戸オランダ総領事館総領事 ヤン・デ・フリース 氏 』 と私との対応も、縦続してあるため、その関係する島根県 津和野町 総務財政課 堀課長補佐、津和野町 つわの暮らし推進課 青木 副主任主事と津和野町 役場にて、対談した。

同日、平成28年11月17日、外務省 いわゆる密約書 不在の問題に関係し、その防衛省、外務省についての内容 関係する問題で、島根県 益田市 総務部 危機管理課 加藤 課長補佐と 私は、島根県 益田市 総務部 危機管理課内において 対談もした、その後 米軍 岩国基地における米軍機 増強における経過対応があり、私の知っている範囲において、その後における、その対応説明について、私は、島根県 益田市 総務部 危機管理課 加藤 課長補佐へおこなった。その後、島根県 益田市 亀井事務所に行き、私は、亀井事務所 西村氏と対談をした。





コメント

文化審答申 60年ぶり国史跡複数指定 出雲国山陰道跡など3件 有形文化財には益田「旧美濃地家住宅」

2017年11月21日 | 仏教
文化審答申 60年ぶり国史跡複数指定 出雲国山陰道跡など3件 有形文化財には益田「旧美濃地家住宅」 /島根

毎日新聞2017年11月18日 地方版

国の文化審議会は17日、津和野町の「津和野藩主亀井家墓所」と、美郷町の「石見銀山街道」、出雲市の「出雲国山陰道跡」を国史跡に指定し、益田市の「旧美濃地家住宅」を登録有形文化財にするよう国に答申した。県内で史跡の複数指定は60年ぶり。指定されると、県内の国史跡は55件、登録有形文化財(建造物)は188件となる。【長宗拓弥】

津和野藩主・亀井家墓所
江戸時代の津和野藩主、亀井家の墓所。藩主だけでなく、夫人や子女など一族の墓所になっている。菩提(ぼだい)寺の永明寺(ようめいじ)境内には藩主一族や家臣の墓所があり、一体となった景観を形成し、近世大名の葬制のあり方などを知る上で貴重とされた。また、亀井家初代の茲矩(これのり)墓(鳥取市)も同時に指定される。

石見銀山街道
石見銀山で産出した銀を大坂まで運んだ経路のうち、「石見国大森」から「備後国尾道」までの街道で約130キロ中計約6・2キロが指定される。 保存状態が良好な区間「やなしお道」(約6キロ)は、標高78~297メートルの丘陵上を通る。山の斜面を掘削するなどして道の高低差を無くし、最短ルートで整備されている。綿密な計画で整備された可能性が高く、江戸時代の銀の輸送や経済活動を考える上で重要とされた。

出雲国山陰道跡
7世紀後半から8世紀にかけ、全国に張り巡らされた「七道駅路」の一つ。指定対象は650メートルで、盛り土工法など多様な土木工法を採用している。7世紀末から8世紀前半の土師器などが出土し、遅くとも8世紀前半に道路として機能していた。出雲国風土記にみる当時の道路網や寺院などの施設と照合することができる事例と評価された。

旧美濃地家住宅
主屋、米蔵が石見地方の大規模農家の代表的な建築物として登録される。江戸後期の建築物で主屋は木造2階建て、かやぶきの333平方メートル。米蔵は土蔵造2階建て瓦ぶき73平方メートル。美濃地家は鉱山支配人で、明治以降は村長を務めた。匹見川上流の山間地にあり、主屋は豪雪に備えて急勾配の屋根が設けられている。  ・・・ 2017年11月18日 毎日新聞 地方版 配信より

私のコメント :平成29年11月20日、国の文化審議会は、津和野町の「津和野藩主亀井家墓所」と、美郷町の「石見銀山街道」、出雲市の「出雲国山陰道跡」を国史跡に指定し、益田市の「旧美濃地家住宅」を登録有形文化財にするよう国に答申した。その内容を受けて、津和野町 津和野藩主・亀井家墓所 藩主だけでなく、夫人や子女など一族の墓所になっている。永明寺境内には藩主一族や家臣の墓所があり、一体となった景観を形成し、近世大名の葬制のあり方などを知る上で貴重とされた件、藩主だけでなく、夫人や子女など一族の墓所になっている内容、今まで 各夫人の墓碑銘も確認され、墓所 保存維持 伝統宗教活動に、津和野町の影で、その尽力もされ続けられている 津和野町 見了山 本性寺 ご住職 領家啓師様の許へ、国の文化審議会が、国史跡に指定するよう国に答申したことについて、事前に、その答申書についての意見、津和野町 見了山 本性寺 ご住職様から私は、拝聴し、藩主一族、夫人や子女など一族の墓所 江戸時代における その宗務内容に関し、文化庁職員へ、私から、伝えているため、よって、今回の国史跡に指定に関し、その報告を津和野町 見了山 本性寺 ご住職様の許へと入れた。



コメント

北朝鮮の兵士、軍事境界線を越え韓国側に亡命

2017年11月13日 | 仏教
北朝鮮の兵士、軍事境界線を越え韓国側に亡命

11/13(月) 17:30配信

【ソウル=岡部雄二郎】韓国軍合同参謀本部によると、13日午後、韓国と北朝鮮の軍事境界線上にある板門店(パンムンジョム)で、北朝鮮軍の男性兵士1人が境界線を越えて韓国側に亡命した。兵士は北朝鮮側から銃撃を受けて負傷しており、病院に搬送されて治療を受けている。同本部関係者によると、兵士は境界線から韓国側に約50メートル入った地点で、肩やひじにケガを負った状態で倒れているのが見つかり、韓国側が保護した。南北間で交戦はなかったが、兵士の発見直前、北朝鮮側で数発の銃声が確認されたという。軍事停戦委員会の会議室など重要施設が集まる板門店は、境界線を挟んで南北400メートル、東西800メートルに及ぶ「共同警備区域」(JSA)となっている。聯合ニュースによると、北朝鮮側の兵士は家柄が良く、忠誠心の高い人物が選抜されており、韓国側に亡命するのは珍しい。過去には、1998年2月に軍将校が亡命した例などがある。

【関連記事】
• 食えるのは「幹部、漁夫、寡婦」のみ…金正恩体制の酷薄
• 金正恩体制が制裁にビクともしない理由
• 【元自衛隊幹部鼎談】日本と世界が「火の海」になる日
• 北朝鮮「核・ミサイル」を巡る不都合な真実
• 慰安婦問題をめぐる意外と知らない韓国人の本音

・・・ 2017/11/13(月) 、読売新聞 17:30配信 より

私のコメント :平成29年11月13日、萩市 光山寺へ参拝。京都市 龍谷大学 文学部 武田晋教授と私は、対談した。平成2年、第24代 釋即如 門主 大谷 光真様 萩組 組巡教のおり、前門主様 第24代 釋即如 門主 大谷 光真様からの面授直説も、萩市 三千坊 堂宇にて、私は、いだたいているため 、また、その法話内容は、その時も経過し、その後の対応も 国内外の関係機関へと存在し、よって、山口市 浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 輪番 木下祐祥様の許にも、その内容に関しても、山口市 本願寺山口別院まで、私は、相談にいっているため、また、更には、前門主様 第24代門主 釋即如様からの外務省 密約書 不在の問題にも 関係する事柄もあるため、私からの連絡 説明 書面 4枚 も、その際、私からの贈呈 萩焼 茶碗一振りに沿えて、その対談の後、京都市 龍谷大学 文学部 武田晋教授へ手渡した。


浄土真宗 西本願寺 第25代専如門主 ご巡拝に対応している件

平成28年10月から平成29年の5月にかけて、京都 浄土真宗 西本願寺で伝灯奉告法要が修行されます。 その法要に先立ち、専如門主は、平成27年より全国の教区、別院、教堂へご巡回・ご巡拝されております。

平成29年3月1日、山口県 山口市 浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 木下祐祥輪番と私は、その西本願寺 門主 ご巡拝に 関係する宗務内容 書面で、私からの説明を入れ、萩市 三千坊 住職様と坊守様から、私へその対応を受けている内容に関し、その内容が、浄土真宗本願寺派 宗派の内外へ対応をしている件、山口市 浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院、木下祐祥輪番から、本願寺山口別院 応接室にて、私は、貴重な助言を得ることもできた。









コメント

豪雨1カ月、なお残る爪痕 近づく台風へ備え急ぐ

2017年08月05日 | 仏教
豪雨1カ月、なお残る爪痕 近づく台風へ備え急ぐ

8/5(土) 13:28配信

朝から厳しい暑さとなった5日の九州北部。豪雨被害から1カ月を迎えた福岡と大分の被災地では、いまだあちこちに爪痕が残る。住民やボランティアらは犠牲者を悼みつつ、近づく台風5号への備えを急いでいた。

【写真】住宅の庭先の土砂をかき出すボランティアら=5日、福岡県朝倉市杷木寒水、伊藤繭莉撮影

赤谷川が氾濫(はんらん)し、集落一帯が土砂に埋まった福岡県朝倉市杷木林田の東林田地区では、5日も住民らが朝から復旧作業にあたった。流木の撤去が進む一方で、土砂はまだ残る。台風に備え、赤谷川では土囊(どのう)を住宅の周りに積むなどの対策が急ピッチで進められた。豪雨のあと、大分県日田市の会社の寮に避難している土木作業員の時川重金さん(62)は、東林田地区の自宅の外に置いてある机などが台風で飛ばされないようシートを張ろうとしていた。1カ月前の豪雨で、自宅の床下には土砂が入り込んだ。ボランティアの力も借りて土砂をかき出し、家具などを持ち出して掃除を進めてきた。「大雨が降ったらまた被害が出る。台風は9月いっぱいはくる」と不安そうに語った。台風の接近にあきらめたような表情を浮かべていたのは、農業の久保山哲男さん(76)。豪雨で自宅には流木や土砂が流れ込み、壁が壊れて家の中がむき出しになったまま。「毎日来ても、自分じゃ手がつけられん。だが、来るだけ来ている」。家は先祖代々が住んできた。「また水害が起きるかもしれない。そんなことにならないように対策をとってもらわないと、ここには住めない」 朝日新聞社

【関連記事】
• 福島)処理水の行方、見えぬ道筋 漁業者側は疑念消えず
•福岡・糸島で38.4度を観測 今年の全国最高気温
• 台風5号、6日朝に九州接近の恐れ 奄美などで大雨
• 豪雨1カ月、なお残る爪痕 近づく台風へ備え急ぐ
•酒気帯び運転容疑で巡査長逮捕 「同僚と飲んだ」 栃木 ・・平成29年8月5日(土)、朝日新聞社13:28配信 より

私のコメント : 平成29年8月5日(土)、 山陰地方 島根県 山間部 山中にある お寺の住職と私は対談した。私からは、今回、近づいている 台風5号への備えについて、その注意を促した。「心は 仏心と同じ、・・・・・・」


「 =仏心=

 私たちの心の中には、貪りや愚痴など嫌な部分もありますが、誰かの役に立ちたいと願う良いところもあります。それが仏心です。しかし私たちは自分自身のなかに仏心があることを忘れがちです。

 《私》という 漢字を見つめてみましょう。《私》の《禾》から「一(イ)」と「八(ヤ)」のイヤな心を除くと《仏》という漢字が残ります。つまり《私》の字には《仏》が内在しているのです。この隠れた仏心を呼び起こすのが合掌です。

『曾谷二郎入道殿御報』

 この書は弟子の曾谷二郎入道へのお手紙です。

正しい教えを否定する罪について筆を起こされ、この罪を犯す者がはびこれば世が乱れることを示されました。当時は蒙古襲来の危機など社会不安の真っ只中にありました。この罪を犯しているからだと、聖人は批判されています。社会の一員として、どのような苦難に遭おうとも「心は仏心と同じ」と信じる覚悟を勧めて筆はおかれます。弘安4年(1281)聖寿60歳」・・・『 いのち に 合 掌 』日蓮宗ホームページ (日蓮宗 宗務院) よりの引用

すべの いのち を  大切 に、・・・






コメント

父の日 何贈る? 大分は「身近な物」人気

2017年06月18日 | 仏教
父の日 何贈る? 大分は「身近な物」人気

18日は父の日。大分市中心部で10~60代の男女計50人にどのような贈り物をするかを尋ねたところ、最も多かったのは、ポロシャツやTシャツなどの衣類だった。次いで焼酎、ビールなどの酒類。「日常生活に身近な物」を選ぶ傾向があるよう。これからプレゼントを選ぶ人もおり、県内の商業施設は当日まで商戦を繰り広げる。父の日にプレゼントをあげる、もしくはあげる予定と7割が答えた。大分市の会社員男性(45)は「すぐ使える物を」と、既にTシャツを購入済み。別の会社員男性(41)は「父は自分で服を買わないので、毎年おしゃれなポロシャツを選んでいる」。5月下旬から特設コーナーを設けているイオンパークプレイス大分店(大分市)。同店によると、30代後半~60代の父親にはポロシャツ、60~80代には甚平が売れているという。デニム生地の甚平もあり「年々おしゃれになっている。4千~5千円の価格帯が売れ筋」と担当者。一方、「酒類を選ぶ」と答えた人からは「焼酎持参で実家に帰省して、家飲みする」(大分市・30代会社員男性)「何をあげていいのか分からない。毎日飲んでるビールなら間違いない」(同市・30代会社員女性)といった声が聞かれた。トキハ本店(同市)の酒売り場は、30~40代の夫婦が父の日ギフトを選ぶ姿が目立つという。箱入りの純米吟醸酒や県内メーカーの焼酎が人気で、担当者によると、2千円前後の商品が売れている。16日からは写真や手書きメッセージを酒瓶ラベルにできる企画(対象商品限定)を始めた。アンケートでは「母の日はプレゼントをするけれど、父の日はしない」(大分市・30代会社員女性)「何をあげていいのか分からないから何もしない」(別府市・20代会社員女性)など、ちょっと寂しい回答もあった。別府市の女子大学生(19)は毎年父の日には手紙を送るという。「いつも仕事を頑張ってくれてありがとうと、気持ちを込めて書いている」「電話をかける」「絵手紙を送る」と答えた人もいた。それぞれ、いろんな形で感謝の気持ちを伝えるつもりだ。

※この記事は、6月16日大分合同新聞夕刊11ページに掲載されています。  ・・・ 平成29年6月18日、大分合同新聞1 日 配信より

私のコメント : 平成29年6月18日、18日は父の日。 山口県 萩市 浄土真宗本願寺派 (西本願寺) 三千坊へ 事前に、参拝に行くと私は、連絡をして、萩市 三千坊 新住職へ 面会した後に、萩市 三千坊 本堂 を参拝した。



コメント

萩市 三千坊 本堂 へ参拝、・・・

2017年06月17日 | 仏教
萩市 三千坊 本堂 へ参拝、・・・

平成29年6月17日、山口県 萩市 三千坊 本堂 へ参拝、私は、三千坊 新住職と面談をする。萩市 国重要文化財 民家 森田家住宅、歴代 毛利家藩主 その江戸時代における本陣内 仏壇にて 焼香もした後、私の叔母からは、平成29年6月16日に、その叔母が、なくなった際、山口県 萩市 浄土真宗本願寺派 三千坊 前住職が、退任されたままの風評 等、萩市内では、現在も、広がっており、また、さらには、その新しい住職 就任に関する改めた知らせが、萩市 浄土真宗本願寺派 三千坊からは、それが、ないままであるあるため、萩市内、そのカトリックにおける葬儀にするか、あるいは、萩市内における 他宗派による仏式にしようか 等との相談内容も私は、受けているため、私から、三千坊 新住職へ、三千坊下の各門徒 皆様には、仏事のことは、山口県 萩市 浄土真宗本願寺派 三千坊下、各家庭内においては、待ったなし、急も要する内容があるため、三千坊 新住職へ対して、私は、「 新住職 就任の挨拶状は、三千坊下の各門徒 関係する家庭へ、わかりやすく、なるべく、速く、郵送していただきたい 」 旨について、お願いを申し上げた。また、その時、萩市 三千坊 若青年部 寺内における 諸活動へ参加している関係者 皆様へ、私から、その諸活動における、ねぎらいの声もかけることもできた。山口県 萩市 三千坊 若青年部における 諸活動へ参加している若者たちは、その諸活動へ参加したくても、自分の仕事の関係や家庭内 都合 等、それに、参加できない 三千坊下 各門徒 関係する家庭 若者たちからの想いについても、それが、伝わっていっているというような、熱心な奉仕活動 風景であった。




コメント

「 石中の火 木中の花  」  観心本尊抄

2017年06月12日 | 仏教
「 石中の火 木中の花  」  観心本尊抄

コメント