地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

平成30年度中国・四国ブロック青少年赤十字賛助奉仕団連絡協議会、準備会合

2018年09月21日 | 赤十字活動
平成30年度中国・四国ブロック青少年赤十字賛助奉仕団連絡協議会、準備会合

平成30年9月21日、日本赤十字社 山口県支部 事業推進課 事務局 主催の「平成30年度中国・四国ブロック青少年赤十字賛助奉仕団連絡協議会・研修会、準備会合」が日本赤十字社 山口県支部で、開催された。

昨年度の「中国・四国ブロック青少年赤十字賛助奉仕団連絡協議会・研修会」は、日本赤十字社 島根県支部 事業推進課 事務局 の引き受けにて、島根県内にて、開催をされていた。

平成30年度中国・四国ブロック青少年赤十字賛助奉仕団連絡協議会・研修会、準備会合 参加者から、準備のための議論が、日本赤十字社 山口県支部内にて、盛んに、交わされた。
..........................................
安倍3期目最初の仕事は「カツカレー食い逃げ犯人捜し」? 総裁選論評で異彩を放つ農業新聞

2018/09/21 16:31 Asahi Shimbun Publications Inc. 配信より

石破茂・元幹事長との一騎打ちに勝利し、自民党総裁3選を果たした安倍晋三首相。予想通りの結果とはいえ、石破氏が党員票で45%の得票率を得たことで「安倍圧勝」の雰囲気は党内にはない。そこで、新聞各紙の論調を読み比べてみよう。

* * *

21日付の新聞各紙は、勝利した安倍陣営に厳しい指摘が相次いだ。読売新聞は「敵は惰性、おごり、飽き」と題した伊藤俊行政治部長の解説を一面に掲載。「結局、『最後の3年』の成否は、安倍氏の言葉通り『謙虚で丁寧』な政治を推進力にできるかどうかにかかっている」と指摘している。読売と同じく、首相の単独インタビューをたびたび掲載する産経新聞も、社説で「謙虚な政権運営を心がけよ」と注文をつけた。さて、当の安倍首相はどう考えているのか。総裁選後の記者会見で人事について問われると「できるだけ幅広い人材に活躍のチャンスを作りたい」と応じ、党内融和に努力する姿勢をみせた。ところが、安倍陣営の議員にとってはそう簡単に“ノーサイド”とはいかないようだ。その原因の一つとなっているが、なんと「カツカレーの食い逃げ」だそう。朝日によると、投開票直前に安倍陣営が開いた「必勝出陣の会」で、議員に振る舞ったカツカレーは333食あった。それが、いざ投票箱を開けてみると国会議員票は329票。少なくとも4人が“裏切り”をしたことになる。陣営幹部は「一体誰なんだ」と話していたという。毎日新聞が掲載したコメントは、もっと激しい。安倍氏支持の派閥から石破氏に投票した人物について「精査する。グレーだった人を調べればいい」と語っていたという。安倍首相の党総裁3期目の初仕事は、カツカレー食い逃げの“犯人捜し”になりそうだ。場外乱闘はさておき、各紙のスタンスの違いが明確だったのが、憲法改正問題について書かれた社説。産経は「自民党は憲法改正の国民運動も始めるべきだ。党総裁として首相は先頭に立ってほしい」と訴え、読売は「自民党は、衆参両院の憲法審査会で条文案の議論を深め、理解を得る努力を続けるべきだ」としている。一方、朝日は「自衛隊明記の憲法改正は、明らかに喫緊の課題ではなかろう。(中略)少子高齢化や年金・医療・介護など、国民生活に深くかかわる課題にこそ集中すべきだ」、毎日は「イデオロギー色が強い自らの願望を優先して突き進む姿勢には賛成できない」と反対の姿勢を明確にした。では、経済紙の日経新聞はどうか。同紙は「自民党が今年の党大会で打ち出した4項目の改憲案は生煮え感がある。野党どころか、連立を組む公明党でさえ賛同していない」と分析。そのうえで、社説の最後は「憲法論議を活発にすることは日本の将来にとって重要ではあるが、政権運営の優先順位をよく考慮すべきだ」と結んだ。日経新聞も、憲法改正を急ぐ安倍首相を懸念している。それも当然のことだろう。日経の指摘どおり、公明党の協力がなければ憲法改正の発議に必要となる衆参両院で3分の2以上の賛成は得られない。安倍首相は記者会見で「友党の公明党との調整を行いたい」と述べたが、そもそも公明は憲法問題は国会で議論すべきもので、与党間調整に難色を示している。憲法改正のキーパーソンとなった山口那津男・公明党代表も19日の記者会見で、「憲法改正の優先度が高いとはいえない」との見解を示しており、「安倍一強」の政治状況でも強行突破は難しいのが実情だ。一方、自民党内には来年の通常国会で憲法改正の発議をするべきとの意見もある。安倍首相が繰り返し憲法改正への意欲を示している以上、それが実現できなければ党内の求心力も下がりかねない。“謙虚”で行くのか、“強行”で行くのか。憲法改正問題がリトマス試験紙になりそうだ。さて、安倍首相の3選に、自民党最大の支持母体が厳しく批判していることも紹介しておこう。日本で唯一の農業専門日刊紙「日本農業新聞」だ。同紙はJAグループに属している。JAといえば、第2次安倍政権が発足して以降、農協改革やTPPなどで、繰り返し改革の“標的”とされてきた。安倍首相の農政の特徴は、農業の専門家が政策にほとんど関与せず、首相がひいきにする学者や経済人などがトップダウンで強引に決めてきたことだ。そのため、同紙はこれまでも繰り返し安倍首相を批判してきた。21日付の紙面も舌鋒鋭い。党員票の結果については、安倍首相が北海道や東北、信越を中心とする農業県で苦戦したことを紹介し、「地方に安倍首相の政権運営に対する不満がくすぶる実態があることを示した」と分析。官邸主導で進められた数々の政策について「政策決定の手法への不満が浮き彫りとなった」と断じた。一面下コラム「四季」はさらに辛辣だ。「安倍農政は地方から『言っていることと、やっていることが違う』と手厳しい」「安倍氏は総裁選で農林水産物の輸出、農業所得、若手新規就農者などの数字を挙げ実績を繰り返し強調した。だが、現場生産者には空虚に響く」自民党の支持団体なのに、総裁に当選しても祝意を示すつもりなどまったくない。ちなみに、安倍首相は総裁選前に同紙の単独インタビューに応じ、7月20日付紙面に一面トップで掲載された。業界専門紙に現職の首相が登場するのは異例で、永田町やメディア業界ではちょっとした話題にもなった。にもかかわらず、同紙は安倍首相の“お友達”にはならず、容赦なくぶった斬ったということだ。コラムの最後は、こう締めくくられている。「出来秋である。<実るほど頭を垂れる稲穂かな>。安倍氏にはこの言葉を贈る」同紙購読者で、安倍首相に投票しなかった自民党員の多くが「我が意を得たり」と共感したのではないか。(AERA dot.編集部)






コメント

平成30年度 中国・四国ブロック 青少年赤十字賛助奉仕団 連絡協議会・研修会

2018年08月29日 | 赤十字活動
平成30年度 中国・四国ブロック 青少年赤十字賛助奉仕団 連絡協議会・研修会

平成30年8月29日、「平成30年度 中国・四国ブロック青少年赤十字賛助奉仕団 連絡協議会・研修会について」、事前の打ち合わせと、その開催に至る、今までの経緯について、日本赤十字社 山口県支部にて、私は、日本赤十字社 山口県支部 木村修司 事務局付部長と対談して、お互いが、丁寧な、意見を交わすことができた。

平成30年8月29日、山口県 教育政策課 教育企画班 森脇敏雄指導主事より、私のもとへ、連絡が入り、山口県 教育政策課 教育企画班 森脇敏雄指導主事と私との間における、お互いの面会日に関する 調整を行った。


コメント

明治維新150年 山口県青少年赤十字賛助奉仕団 平成30年度 中国・四国ブロック 青少年赤十字賛助奉仕団連絡協議会・研修会 引き受け

2018年08月28日 | 赤十字活動
明治維新150年 山口県青少年赤十字賛助奉仕団 平成30年度 中国・四国ブロック 青少年赤十字賛助奉仕団連絡協議会・研修会 引き受け

平成30年8月28日、8月21日、平成30年度 山口県青少年赤十字賛助奉仕団 総会が、日本赤十字社 山口県支部 会議室にて、午後2時から、開催され、日本赤十字社 山口県支部 藤井勉 事務局長の対応より、日本赤十字社 山口県支部 本田様、木村様との連絡対応を私は、持った。

平成30年8月27日、山口県青少年赤十字賛助奉仕団、 平成30年度 中国・四国ブロック賛助奉仕団連絡協議会・研修会 引き受けについて、その関係する事項に関し、山口市 日本赤十字社 山口県支部 本田様のもとに、下記の対応が私にあり、よって、その連絡を入れた。
......................................................
日本赤十字社 山口県支部 対応の件

平成28年2月2日、昨日の2月1日、山口県 山口市 西高野山 神福寺へ参拝し、私の叔母とは、その幼なじみで、当家の遠縁にもなる神福寺 院内様へ、その檀信徒 各位 星祭供養のご案内のご挨拶にあがった後、私は、島根県 松江市 日本赤十字社 島根県支部 天野課長との間において、日本赤十字社 島根県支部からの依頼も受けて、私が、その執筆をした原稿内容における事務連絡と対応を持った内容に関する確認 連絡についてを、私は、山口県 山口市 日本赤十字社 山口県支部 本田様におこない、その内容に関するお尋ね、山口県 山口市 日本赤十字社 山口県支部 本田様からは、島根県 松江市 日本赤十字社 島根県支部 天野課長にしてもらい、私から尋ねていた内容についての回答を山口県 山口市 日本赤十字社 山口県支部 本田様からもらい、その際、私からの要望 内容については、山口県 山口市 日本赤十字社 山口県支部 本田様へ それをお願い申し上げた。

......................................................
萩・明治維新150年記念事業

萩・明治維新150年記念事業実行委員会
〒758-8555 山口県萩市大字江向510番地 萩市企画政策課内 Tel 0838-25-3102 fax 0838-26-3803

・・・ 配信より

平成30年(2018)年に「明治維新150年」の節目の年を迎えるにあたり、「明治維新胎動の地」として、近代日本の扉を開いた先達の歴史を振り返り、維新の精神を風化させることなく、未来につなげていく記念事業を市全域で展開していきます。

私のコメント : 平成30年8月3日、今までにおける 山口県 萩市長、萩市農業委員会 会長から対応が、私には、あり、よって、萩市 総務課 職員との連絡対応を持った。
.........................................................
第28回全国産業教育フェア山口大会

「明治150年プロジェクト」 さんフェアやまぐち2018

平成30年10月20日(土)・21日(日)
.........................................................
平成30年7月5日、明治維新150年に向け、山口県教育委員会 教育委員と今までの、私への対応について、山口県教育委員会 教育政策課 教育企画班 森脇敏雄指導主事と私が、面会し、山口県教育委員会 教育政策課 教育企画班 森脇敏雄指導主事 宛、説明をしている内容は、平成30年8月3日に、山口県教育委員会 教育政策課 教育企画班 森脇敏雄指導主事から、私のもとへ連絡が入り、山口県教育委員会 教育政策課 教育企画班 森脇敏雄 指導主事と私との対談より、それを書面で説明する方向へと至る。

.................................................................
第28回 全国産業教育フェア山口大会 「明治150年プロジェクト」

平成30年7月30日、第28回 全国産業教育フェア山口大会 「明治150年プロジェクト」 対応があるため、山口県高校教育課 産業教育班 岡村様と対談する。その後、山口県 教育政策課 教育企画班 森脇敏雄 指導主事のもとへ、その内容に関する 連絡書面 私は、それを送達しているため、よって、山口県 教育政策課 教育企画班に、その確認の連絡を入れる。

平成30年7月30日、山口県 観光スポーツ文化部 観光プロジェクト推進室 誘客促進グループ 右田宗聖主査と私は、対談する。山口県 観光スポーツ文化部 観光プロジェクト推進室 誘客促進グループからの各種 対応があるため、私が作成している書面で、その連絡を入れている 山口県 観光スポーツ文化部 交通政策課 伊藤香緒利 副課長と対談した後に、今までの山口県 観光スポーツ文化部から、私のもとへと 対応されている、山口県 観光スポーツ文化部県史編さん室 三原忍室次長へ、私は、内容に件に関し、そのお尋ねを入れた。

平成30年7月30日、第28回 全国産業教育フェア山口大会 「明治150年プロジェクト」 対応があるため、よって、島根県 益田市 亀井事務所 西村様と私は、対談し、島根県 益田市 亀井事務所 西村様においては、山口県商業教育についても古参であり、また、その造詣が深い立場にて、お互い、山口県と島根県との連絡調整も行った。
.................................................................
山口県 熊毛郡上関町 上関原発建設計画 延長 先送りについて・・・

平成30年8月27日、中国電力株式会社 上関原子力発電所準備事務所 広報部 担当係長 兼重様と前山口県知事 山本繁太郎様と私と、その対応経緯があり、今までに、中国電力株式会社において、中国電力株式会社 広報部 担当係長 兼重様と面会し、その内容に関し、対談もしていた経緯があり、対応について、対談をした。

平成30年8月23日、山口県 中国電力株式会社 上関原子力発電所準備事務所 広報部 担当係長 兼重様と私は、下記の内容に関する件にて、その対談した。

平成30年8月23日、前山口県知事 山本繁太郎様と私との対応経緯があり 山口県 土木建築部 森若峰存 部長と対談した。

平成30年8月23日、山口県 中国電力株式会社 上関原子力発電所準備事務所 広報部 担当係長 兼重様との対応があるため、山口県 中国電力株式会社 上関原子力発電所準備事務所 峯石様との対応を持った。

平成30年8月23日、山口県 周南市 弘田法律事務所 法律事務職員と対談する。

平成30年8月23日、山口県庁にて、山口県 教育政策課 森脇敏雄指導主事と私は、面談する。日本赤十字社 山口県支部 歴代 事務局長と私との対応の件 話題を中心にし。

平成30年8月23日、山口県 土木建築部 森若峰存 部長と私は、山口県 土木建築部長室にて、面談する。前山口県知事 山本繁太郎氏が、麻生太郎 首相 のもとにて 務めた 内閣官房地域活性化統合事務局長を最後に退官され、その後、山口県柳井市に帰郷をされていた当時、私と対談された話題 中心にし。

平成30年8月22日、島根県 溝口善兵衛知事は22日、原子力規制庁を訪れ、中国電力が新規稼働を目指して審査申請した島根原発3号機(松江市)について「住民の安全確保の観点から厳格に審査いただきたい」とする要請書を安井正也長官に手渡した。

平成30年8月22日、山口県 萩市 教育委員会まで 私は行き、山口県庁 職員、山口市 から、私への対応に関し、山口県 萩市 教育委員会 中村彰利教育長と面談した。

平成30年8月22日、山口県 萩市役所 に行き、萩市 総務課 藤崎課長補佐と私は、面談し、その後の対応については、萩市 農林振興課 野村様からの連絡が入り、萩市 総務課 藤崎課長補佐と私が、山口県 萩市役所内で、面談した内容の件に関し、お互いが、その内容 確認することができた。

平成30年8月22日、島根県 益田市 亀井事務所 衆議院議員 亀井亜紀子代議士 アシスタント 職員と私は、面談し、アシスタント 職員からの助言を得て、島根県 津和野町に行き、島根県 津和野町 警察署 生活安全課 山藤 署員と面談し、従来からの 島根県と山口県にまたがる広域 問題、説明し、島根県 津和野町 警察署 生活安全課からは、随時、従来から、適切、親切に、その聞き取りの後、助言をいただき、山口県警に対し、その内容 報告して、助言を得た。

平成30年8月21日、平成30年度 山口県青少年赤十字賛助奉仕団 総会が、日本赤十字社山口県支部 会議室にて、午後2時から、開催された。 日本赤十字社 山口県支部 藤井勉 事務局長より「平成30年7月豪雨災害に係る日本赤十字社の対応について」 説明を受けることができた。日本赤十字社からは、「被害が大きい岡山県、広島県を中心に、救護班の派遣や救援物資の配布など、全社を挙げて、苦しんでいる人を救う活動に全力で取り組んでいます。」

日本赤十字社 山口県支部 藤井勉 事務局長に、大型台風、豪雨災害、以外における、今後、発生する可能性が高い、私から、日本内陸、近海での大地震、南海トラフ地震への対応についても、注意を促した際に、災害時における、防災ボランティア、日本赤十字社 山口県支部と高知県との連携に関しても、日本赤十字社 山口県支部 藤井勉 事務局長から拝聴をすることができた。

平成30年8月21日、島根県 益田市 亀井事務所 鶴頭氏と私は、対談し、島根県 津和野町 盆踊り大会、灯篭流し、台風 等の影響により 平成30年8月15日、島根県 津和野町から 対応された際の報告を入れ、また、その際に、台湾 新幹線敷設 に至る経緯について、当時の佐藤信二代議士が、尽力されていた内容について、今までにおける、その経過 報告を入れ、亀井亜紀子代議士へ 私との面会希望について、島根県 益田市 亀井事務所に、それを入れた。

平成30年7月20日、中国電力株式会社 上関原子力発電所準備事務所 広報部 担当係長 兼重様と私は、前山口県知事 山本繁太郎様と私との対応経緯があり、今までに、中国電力株式会社において、中国電力株式会社 広報部 担当係長 兼重様と面会し、その内容に関し、対談もしていた経緯があり、連絡と、今後の対応について、対談をした。
....................
平成30年5月22日、中国電力 清水希茂社長は、島根県庁を訪れ溝口善兵衛知事に、島根原子力発電所3号機の新規制基準適合性審査の申請に向けた事前了解を申し入れた。

平成28年4月5日 表千家 同門会 全国大会 萩市 国重要文化財 民家 熊谷家住宅 茶室 茶会ヘ 岸信夫代議士 来席、花燃ゆ、・・・

平成29年10月17日、山口県 山口市役所にて、山口市 総務部 情報管理課 統計調査 担当 主査も歴任 山口市 収納課 櫨元香恵 職員と 以下の内容に関し、対談も おこない、島根県 「 津和野藩主亀井家入城四百年 記念事業のご案内 」 パンフレットをもとに、山口市 収納課 櫨元香恵 副主幹 へ、その内容に関し、説明もした。

平成29年10月16日、島根県 原子力発電所 設置へといたる経緯に関して、島根県 亀井亜紀子 代議士と面談し、整理のため、私は、中国電力株式会社 担当者の許へ連絡を入れて、調整もしている。

湛山回想 (岩波文庫)

............................................
平成29年9月22日、山口県 薬務課 製薬指導班 班長 香川裕子主幹、山口県 薬務課 麻薬毒劇物班 班長 林 雅裕主幹 等 私は、山口県 情報公開センター 受付にて、内容に関する懇談し、今回、香川裕子主幹、林 雅裕主幹、私との対談内容に関しては、その回答を山口県 薬務課 伊藤弘範 課長より、私の許へいただきたい旨、申し伝えた。
............................................
外交内容に関して、日本外務省 北東アジア課、韓国 イ・スフン駐日大使、山口県 村岡県知事、山口県 国際課 山岡秀樹主査、人権対策室 瀬原正博室次長、 山口市小郡文化資料館 高原 明広 館長、島根県芸術文化センター 総務担当 北浦克成主任、萩税務署 河田英基総務課長、山口地方法務局人権擁護課 原田課長、金子係長、山口地方法務局萩支局 総務係長、等 対応がり、平成30年3月23日、 山口市役所、渡辺純忠山口市長、秘書室 近藤様 から 私との面談における、各対応もあり、現在 島根県 溝口 善兵衛 知事の様態 も 私は、深く、心配しているため、よって、山口市 収納課 櫨元香恵 副主幹における 公務員としての使命、重ねて、お願い 申し上げた。








コメント

非常に強い台風19号、奄美接近 九州、大雨や強風警戒

2018年08月22日 | 赤十字活動
非常に強い台風19号、奄美接近 九州、大雨や強風警戒

2018/08/22 00:48 、朝日新聞デジタル 配信より

非常に強い台風19号は21日、鹿児島県の奄美大島に接近し、太平洋から東シナ海にかけて北西に進んだ。気象庁によると、22日も九州の西海上を勢力を保ったまま進むため、大雨や強風に注意が必要となる。

台風19号は22日午前0時時点で奄美大島の北約100キロを時速15キロで北西に進んだ。中心気圧は950ヘクトパスカルで、中心付近の最大瞬間風速は60メートル、半径150キロ以内は風速25メートル以上の暴風となった。

午後8時までに同県十島村の中之島で最大瞬間風速50・1メートル、奄美大島の奄美市笠利町で43・2メートルを記録。一部の村で避難勧告も出され、九州電力によると午後7時時点で、同県の1万6600戸が停電した。奄美空港発着の航空機や、大分県と愛媛県を結ぶフェリーなどに欠航が出た。

22日午後6時までに予想される24時間雨量は九州南部・奄美地方で300ミリ、九州北部で150ミリ。23日午後6時までの24時間では、九州北部で200~300ミリ、九州南部で100~150ミリ。

台風20号も21日は小笠原近海を北西に進み、23~24日にかけて西日本に接近し上陸する恐れがある。

私のコメント : 平成30年8月22日、非常に強い台風19号は21日、太平洋から東シナ海にかけて北西に進んだ。気象庁によると、22日も九州の西海上を勢力を保ったまま進むため、大雨や強風に注意が必要となる。

台風20号も21日は小笠原近海を北西に進み、23~24日にかけて西日本地方に接近し、上陸する恐れがあり、また、今後、台風20号の与える西日本地方への影響についても、平成30年8月21日、日本赤十字社 山口県支部 藤井勉 事務局長からは、今までの西日本地方における豪雨 被災地を含め、甚大なものが発生していく可能性が、予想もされているとの説明があった。

平成30年8月21日、平成30年度 山口県青少年赤十字賛助奉仕団 総会が、日本赤十字社山口県支部 会議室にて、午後2時から、開催された。 日本赤十字社 山口県支部 藤井勉 事務局長より「平成30年7月豪雨災害に係る日本赤十字社の対応について」 説明を受けることができた。日本赤十字社からは、「被害が大きい岡山県、広島県を中心に、救護班の派遣や救援物資の配布など、全社を挙げて、苦しんでいる人を救う活動に全力で取り組んでいます。」

日本赤十字社 山口県支部 藤井勉 事務局長に、大型台風、豪雨災害、以外における、今後、発生する可能性が高い、私から、日本内陸、近海での大地震、南海トラフ地震への対応についても、注意を促した際に、災害時における、防災ボランティア、日本赤十字社 山口県支部と高知県との連携に関しても、日本赤十字社 山口県支部 藤井勉 事務局長から拝聴をすることができた。

平成30年8月21日、島根県 益田市 亀井事務所 鶴頭氏と私は、対談し、島根県 津和野町 盆踊り大会、灯篭流し、台風 等の影響により 平成30年8月15日、島根県 津和野町から 対応された際の報告を入れ、また、その際に、台湾 新幹線敷設 に至る経緯について、当時の佐藤信二代議士が、尽力されていた内容について、今までにおける、その経過 報告を入れ、亀井亜紀子代議士へ 私との面会希望について、島根県 益田市 亀井事務所に、それを入れた。



コメント

平成30年度 山口県青少年赤十字賛助奉仕団 総会

2018年08月21日 | 赤十字活動
平成30年度 山口県青少年赤十字賛助奉仕団 総会

平成30年8月21日、平成30年度 山口県青少年赤十字賛助奉仕団 総会が、日本赤十字社山口県支部 会議室にて、午後2時から、開催された。 日本赤十字社 山口県支部 藤井勉 事務局長より「平成30年7月豪雨災害に係る日本赤十字社の対応について」、山口県青少年赤十字賛助奉仕団 総会の参加者は、説明を受けることができた。 現在、日本赤十字社から、「被害が大きい岡山県、広島県を中心に、救護班の派遣や救援物資の配布など、全社を挙げて、苦しんでいる人を救う活動に全力で取り組んでいます。」

日本赤十字社 山口県支部 藤井勉 事務局長に、大型台風、豪雨災害、以外における、今後、発生する可能性が高い、私から、日本内陸、近海での大地震、南海トラフ地震への対応についても、注意を促した際、災害時における、防災ボランティア、日本赤十字社 山口県支部と高知県との連携に関しても、日本赤十字社 山口県支部 藤井勉 事務局長から拝聴をすることができた。


コメント

台風12号、九州西方海上へ=太平洋側は大雨警戒―気象庁

2018年08月01日 | 赤十字活動
台風12号、九州西方海上へ=太平洋側は大雨警戒―気象庁

7/31(火) 18:03配信 最終更新:7/31(火) 22:26 時事通信 配信より

台風12号は30日から31日夜にかけ、鹿児島県・屋久島と種子島の周りを反時計回りに一周した。

進路を西寄りに変え、8月1日以降は九州西方の東シナ海を中国大陸に向かう見込み。気象庁は九州の太平洋側では1日にかけて大雨になる所があるとして、土砂災害などに警戒するよう呼び掛けた。

12号が複雑な動きをしたのは、偏西風から分離した寒冷渦が近くの上空約1万メートルにあり、影響を受けたため。東・西日本から東シナ海の上空ではチベット高気圧の縁を回る東風が吹いており、12号は寒冷渦とともに西へ流される見通しとなった。

12号は31日午後9時、鹿児島県枕崎市の南約60キロの海上を時速15キロで北西へ進んだ。中心気圧は990ヘクトパスカル、最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートル。東側220キロ以内と西側110キロ以内が風速15メートル以上の強風域。

1日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で、九州南部180ミリ、奄美120ミリ、九州北部100ミリ。1日にかけての九州南部と奄美の最大瞬間風速は30メートル、波の高さは九州南部と奄美5メートル、九州北部4メートルと予想される。 

【関連記事】
• 【図解】台風12号の予想進路
• 〔写真特集〕巨大ハリケーン~宇宙から撮影した「パトリシア」~
• 〔写真特集〕竜巻~大自然の猛威~
•【時事ドットコム天気予報】
•【図解】大雨から身を守る行動

私のコメント : 平成30年8月1日、1日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で、九州南部180ミリ、奄美120ミリ、九州北部100ミリ。1日にかけての九州南部と奄美の最大瞬間風速は30メートル、波の高さは九州南部と奄美5メートル、九州北部4メートルと予想される。 

平成30年7月31日、山口市 総合病院 山口赤十字病院 外科 宮崎 医師と私は、診察を受け、面談し、その後、総合病院 山口赤十字病院 外科 藤本看護師から、その連絡が入り、そのため、おりかえし、私においては、山口県 萩土木建築事務所 用地課 西村幸滋課長から、萩市内 山口県道 建設予定地において、その対応 受けた後の対応 説明、現況 があり、山口市 総合病院 山口赤十字病院 外科 宮崎 医師と山口県 萩土木建築事務所 用地課 西村幸滋課長の間に立つ、私の状況 報告、山口市 総合病院 山口赤十字病院 外科 阿部看護師のもとへ、連絡を入れ、内容に関し、山口赤十字病院 外科 宮崎 医師のもとへ、山口市 総合病院 山口赤十字病院 外科 阿部 看護師から、伝えてもらいたい旨 具体的な内容につき、それを申し伝えた。








コメント

愛媛豪雨災害 求む ボランティア 宇和島市の受け入れ、全国に拡大

2018年07月21日 | 赤十字活動
愛媛豪雨災害 求む ボランティア 宇和島市の受け入れ、全国に拡大

2018年7月20日(金)(愛媛新聞) 配信より

西日本豪雨で甚大な被害を受けた愛媛県宇和島市で、災害ボランティアが不足している。市災害ボランティアセンター(住吉町1丁目)は当初、土砂崩れなどで道路が通行止めになったことから混乱を招かないよう受け入れ対象を市民限定としていたが、16日の国道56号の通行再開を受けて全国に拡大。「一人でも多く参加してもらえれば」と呼び掛けている。

ボランティアの受け入れは10日に開始。道路の通行状況を勘案しながら、個人の募集対象を市民限定から四国在住、全国へと徐々に広げた。

センターによると、14~16日の3連休は415人、374人、305人と平日より多くのボランティアが集まった。しかし、家屋の土砂撤去などの要望の急増に追いつかず、現在は住宅での作業に限って受け付け、店舗や倉庫などには手が回っていない。暑さで活動時間も限られ、1日では作業が完了しない家が多く、新規の要望には応えられていない状況という。

センターは、1日に400人のボランティアがいれば約50件に対応できると説明。現在多いのは土出し、ごみの片付けと搬出だが、今後断水が解消されれば水を使う片付け作業の依頼も増えると見込み、より多くの参加を求めている。問い合わせは同センター専用回線=電話0895(23)3781、0895(23)3782。

私のコメント : 平成30年7月21日、広島県被災者生活サポートボランティアセンター(広島県社会福祉協議会)が7月21日~23日、平成30年7月豪雨で被災した呉市などにボランティアを派遣するバスを運行する。ボランティアの活動エリアは呉市、坂町、三原市、竹原市の4市町。ボランティアが不足し、交通の便が悪いエリアで、広島の地理に詳しくない県外からもボランティアの問い合わせがあったため、ボランティアバスの運行を決めたという。

平成30年7月2日、山口県庁、山口県 交通政策課 末冨芳伸課長と伊藤副課長も交え、面談経緯あり、今まで、面談していた内容に沿い、 山口県 交通政策課 地域交通班 久保幸代主幹 との面談、「防予フェリー、周防大島松山フェリーから 柳井・松山間 防予フェリー、周防大島松山フェリーによる、平成29年5月からの フェリー輸送、乗船実績について」  山口県 交通政策課 地域交通班 米川主任のもとへ、私が連絡している内容に関しても、その際、その確認をした。



コメント

1泊2日で防災知識学ぶキャンプ

2018年06月25日 | 赤十字活動
1泊2日で防災知識学ぶキャンプ

06月23日 18時21分 秋田 NEWS WEB 配信より

1泊2日の日程で、災害時に役立つ知識を楽しく学んでもらおうというイベントが、秋田市で開かれています。

このイベントは、日本赤十字秋田看護大学と日本赤十字秋田短期大学が、防災に役立つ知識を楽しみながら学んでもらおうと開いています。

イベントは避難生活を想定したテントでの宿泊を含む1泊2日で行われていて、学生などおよそ100人が参加しました。

23日の午後は担架の使い方の講習が行われ、参加した人たちは5人ほどのグループになって、地面に横たわった人を担架に移し、移動させたあと担架からおろす練習をしました。

参加者は、重い上半身をしっかり支える方法や運ぶ側の呼吸を合わせたり、搬送される人に安心感を与えたりするためにひとつひとつの動作を声に出して行うことなどを学びました。

また、担架がない場合に、毛布を使って、担架の代わりにする方法なども指導され、参加者たちが実際に練習していました。

参加した大学1年生の女性は、「重かったですが、力をあわせれば思ったより楽に運べました。災害時にはこうした知識を生かしたいです」と話していました。

日本赤十字秋田短期大学の及川真一講師は、「災害に備えることはいつでもできます。先日大阪で地震があった今こそ、楽しみながら防災について学んでもらいたいです」と話していました。

参加者たちは23日夜はテントに宿泊し、24日の朝は身近なものを使って朝食を作る練習が行われるということです。

私のコメント : 平成30年6月24日、浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 山口教区教務所 中村祐順 輪番、教務所長と私は、下記の内容に関する件にて、その面談し、平成30年6月6日、浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 山口教区教務所 中村祐順 輪番、教務所長と私は、面談し、浄土真宗 東本願寺 元 門主 光暢様 智子 裏方からのお気持ちと 京都 粟田口 青蓮院 東伏見保子様からの私に対する、その想いについて、浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 山口教区教務所 中村祐順 輪番様から、京都 西本願寺 大谷 流豆美 裏方 のもとへも 届くようにと、ご法話、及び、その対談した内容については、当該 山口県 萩市 浄土真宗本願寺派 坪井 萩組長が、 ・・・・・。
.....................................................................
浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 山口教区教務所 中村祐順 輪番、教務所長と面談

平成30年6月6日、浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 山口教区教務所 中村祐順 輪番、教務所長と私は、面談し、浄土真宗 東本願寺 元 門主 光暢様 智子 裏方からのお気持ちと 京都 粟田口 青蓮院 東伏見保子様からの私に対する、その想いについて、浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 山口教区教務所 中村祐順 輪番様から、京都 西本願寺 大谷 流豆美 裏方 のもとへも 届くようにと、ご法話、及び、その対談した。

そして、今までに、私が、下記に 記載している内容について、山口別院 山口教区 教務所 木下祐祥輪番のもとへ、私から、その届け出ている 書状をまだ、確認されていないということなので、次回の面会時まで、前山口別院 木下祐祥輪番まで、確認をされて、読んで いただきたいと、申し述べた。
.....................................................................
平成29年11月7日、京都・西本願寺 山口別院 山口教区 教務所 木下祐祥輪番と私は、下記の内容について、対談をした。

「京都・西本願寺で青年部代表池坊美佳が講演を行います」へと至る 記事、世界へ配信されている経緯に関しては、京都・西本願寺へと関係しています記事 閲覧していただきたいと、関係者 皆様には、お願いを申し上げます。

井上真央 『花燃ゆ』 最終回を報告、吉田松陰の末の妹・文を演じた女優 井上真央が、平成27年12月13日、山口・防府市にある楫取夫妻の墓前を訪ね、最終回の放送を迎えることを報告されて、平成27年12月14日、吉田松陰 養母の実家にあたる山口県 萩市 国重要文化財民家に指定されている森田家 その祭祀を代表して、私は、防府市 楫取夫妻の墓前を弔った。


コメント

【大阪北部地震】 1万年以上活動していない「危険な活断層」 さらに大きな地震の恐れも 専門家

2018年06月19日 | 赤十字活動
【大阪北部地震】 1万年以上活動していない「危険な活断層」 さらに大きな地震の恐れも 専門家

2018.6.18 09:40更新、産経新聞 配信より

遠田晋次東北大教授(地震地質学)の話 今回の地震は大阪の上町断層帯と関係しているのではないか。1万年以上活動しておらず、危険な活断層として注目され、調査や研究が進んでいる。(平成28年の)熊本地震のように、さらに大きな地震が続いて起こることも考えるべきかもしれない。人口が多い地域なので、深刻な被害となる。火を使う時など身の回りのことに普段よりも一層注意してほしい。

私のコメント : 平成30年6月19日、気象庁によると19日 午前7時52分ごろ、大阪府北部でM3.9の地震が発生し、京都府京都西京区などで震度3の揺れを観測。
....................................
大阪府北部でM3.9の地震 京都西京区などで震度3

2018年06月19日 07時56分   © Produce on Demand Inc. 配信より

気象庁によると19日 午前7時52分ごろ、大阪府北部でM3.9の地震が発生し、京都府京都西京区などで震度3の揺れを観測した。

 この地震の震源地は大阪府北部で、震源の深さは約10キロ。この地震による津波の心配はない。

 各地の主な震度は以下のとおり。

【震度3】
 京都府
  京都西京区、大山崎町、久御山町

 大阪府
  大阪東淀川区、枚方市

【震度2】
 京都府
  京都左京区、京都中京区、京都下京区、京都右京区、京都伏見区、宇治市、亀岡市、城陽市、向日市、長岡京市、八幡市、京田辺市、南丹市、井手町、精華町

 大阪府
  大阪都島区、大阪生野区、大阪旭区、大阪淀川区、大阪北区、大阪中央区、豊中市、吹田市、高槻市、守口市、茨木市、寝屋川市、箕面市、門真市、摂津市、交野市、島本町、豊能町、能勢町

 滋賀県
  大津市

 兵庫県
  川西市、三田市

 奈良県
  大和郡山市、桜井市、高取町、広陵町

■最新の地震情報の詳細は、地震情報マップでご覧ください。


〇 自然災害と防災の事典 丸善出版



コメント

西日本で激しい雷雨に 近畿の被災地でも大雨のおそれ 土砂災害に警戒

2018年06月19日 | 赤十字活動
西日本で激しい雷雨に 近畿の被災地でも大雨のおそれ 土砂災害に警戒

最終更新:6/19(火) 5:50  ウェザーマップ  配信より

きょう19日の朝からあす20日にかけては、西日本を中心に雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となるおそれがある。低い土地の浸水や土砂災害、河川の増水や氾濫に警戒し、落雷や竜巻などの激しい突風にも併せて注意が必要だ。特に強い地震があった大阪など近畿地方では、少しの雨で土砂災害が起きやすくなっているため、厳重な警戒が必要となる。日本の南に停滞している梅雨前線はこのあと夜にかけて活動を強めながら九州を北上し、あすには西日本から東日本に停滞する見込みだ。この前線に向かって暖かく湿った空気が入るため、西日本の太平洋側を中心に大気の状態が非常に不安定となる。すでに西日本には雨雲がかかっており、九州南部では朝から雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となる見通し。また、あすにかけては西日本の太平洋側の広い範囲で雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となるおそれがあるため、低い土地の浸水や土砂災害、河川の増水や氾濫に警戒し、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要となる。

■20日6時までの24時間予想雨量(多い所)
  九州南部           200ミリ
  九州北部、四国        150ミリ
  近畿             100ミリ

■21日6時までの24時間予想雨量(多い所)
  九州南部、九州北部、四国、近畿 100から200ミリ

特にきのう(18日)に発生した大阪府北部の地震で揺れの大きかった地域では、地盤が緩んでいる所がある。少ない雨でも土砂災害の発生するおそれがあるため、より一層の警戒が必要だ。

【関連記事】
• 【動画解説】少しの雨でも土砂災害に警戒 近畿の被災地でも大雨のおそれ
•大阪北部 あす19~20日にかけて大雨か 今後の気象情報に注意を

私のコメント : 平成30年6月19日、きょう19日の朝からあす20日にかけては、西日本を中心に雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となるおそれがある。低い土地の浸水や土砂災害、河川の増水や氾濫に警戒し、落雷や竜巻などの激しい突風にも併せて注意が必要だ。特にきのう(18日)に発生した大阪府北部の地震で揺れの大きかった地域では、地盤が緩んでいる所がある。少ない雨でも土砂災害の発生するおそれがあるため、より一層の警戒が必要だ。


コメント

溝口知事  復帰は4月初めごろの見通し /島根

2018年04月06日 | 赤十字活動
溝口知事  復帰は4月初めごろの見通し /島根

2018年3月27日  島根 地方版

県秘書課は26日、がん治療をしている溝口善兵衛知事の退院と公務復帰の日程について、「4月初めごろになる見通し」と発表した。

同課によると、溝口知事は虎の門病院(東京都港区)で2月23日に手術を受け、退院に向けてリハビリ中。当初は3月中旬ごろに復帰予定だったが、病院側から「もうしばらく入院治療を要する」と言われているという。【根岸愛実】

・・・ 2018年3月27日 毎日新聞 地方版 配信より

私のコメント : 2018年3月26日、島根県秘書課は、溝口善兵衛知事の退院と公務復帰の日程について、「4月初めごろになる見通し」と発表。


〇 生薬の働きから読み解く 図解 漢方処方のトリセツ   川添 和義(徳島大学病院薬剤部 副薬剤部長/徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部臨床薬剤学分野 准教授) / じほう

〇 薬草の効能・使用法―採集・栽培から始める (園芸ハンドブック 17)  田中 孝治 / ひかりのくに





コメント

「竹島の日」記念式典シンポ 内閣官房室長が参加へ 松江で2月22日

2018年01月11日 | 赤十字活動
「竹島の日」記念式典シンポ 内閣官房室長が参加へ 松江で2月22日

1/11(木) 7:55配信

島根県が制定する「竹島の日」の2月22日、松江市の県民会館で第13回記念式典が開かれる。「竹島問題解決に向けた取り組み」と題したシンポジウムが予定され、内閣官房領土・主権対策企画調整室の高田潔室長が参加する。式典のシンポジウムやフォーラムなどに政府関係者が登壇するのは初めて。式典は、同県と県議会、竹島・北方領土返還要求運動県民会議の3者が主催。シンポジウムのほか、竹島に関する調査・研究協力者や資料提供者、体験証言者らに感謝状が贈られ、竹島領土権確立隠岐期成同盟会の代表者が、問題解決に向けた決意を表明する。式典会場で、シンポジウムやフォーラムなどの形式で竹島問題について討論するのは、平成23年の第6回式典以来だが、政府関係者が登壇するのは初めて。高田室長のほか、島根県が設置した竹島問題研究会の座長を務める下條正男・拓殖大国際学部教授や副座長の佐々木茂・松徳学院高校教諭らが出席する。県竹島対策室は「領土問題の解決や外交交渉などに当たるのは政府。シンポジウムに参加してもらえるのは意義深く、今後の取り組みについて認識を共有したい」としている。内閣官房領土・主権対策企画調整室では「島根県のこれまでの取り組みに敬意を表したい。内閣官房も平成25年2月の企画調整室発足以降は式典に担当政務官が出席し、県の研究会にも担当者がオブザーバー参加している。今後も問題解決に向けて連携したい」と話している。竹島問題をめぐり、島根県は、政府に対し「竹島の日」の閣議決定と国主催の式典開催を要請し、それらの実現までの間は首相や関係閣僚に県の式典へ出席するよう求めている。

【関連記事】
• 知人殺害しようと加熱式たばこに水銀注入、男を逮捕 滋賀
• 不法滞在の中国人らに農作業→収益4900万円隠す 容疑の夫婦を逮捕 茨城
• 静岡県湖西市議会衝撃 児童買春容疑で市議逮捕 辞職避けられずと関係者
• 納谷「力士になれた感じ」 大鵬の孫が新弟子検査受検 初場所でデビューへ
•松嶋尚美、結婚前の破局を明かす「もうプライド高すぎて」

・・・ 2018/1/11(木)、産経新聞 7:55配信 より

私のコメント : 平成30年1月11日、島根県庁 総務課 みなみやま様から、私の許へ、下記 『竹島の日』 私から、その説明している内容、連絡が入り、島根県庁 総務課に対応する。

島根県 出雲市教育委員会と津和野町教育委員会 文化財保護課との文化交流も今までにも、ある。私は、津和野町教育委員会 文化財保護課 職員との間における文化交流と対話 等も通じ、赤十字活動における、島根県下、各地域における文化と歴史発掘における交流、日本赤十字社 青少年赤十字指導者養成へ、教員による、その参加活動、島根県下の各小中学校における青少年赤十字指導の立場にある教職員との間との連携も、それを深めつつ、今回のような学校 事故が、再発しないようにと私は、山口県赤十字賛助奉仕団の一員としての立場で、島根県 日本赤十字社 職員へ 対し 努力もしている。

平成29年5月15日(月)、島根県 津和野町 総務財政課 金子係長との連絡対応、当日、その二度にわたる連絡 対応を持つ。

平成29年5月15日(月)、島根県益田市 危機管理課 廣瀬 雅 課長と私は、私からの島根県益田市長宛ての連絡書面をもとに、以下の対応もあり、その電話における対談をした。

平成29年4月27日、島根県 益田市 総務部 危機管理課 廣瀬 雅 課長と「外務省 いわゆる 密約書 不在の問題」に関係し、島根県 益田市、津和野町、吉賀町、山口県 岩国市、山口市、宇部市、防府市、 萩市 等 広域における内容、島根県下における一般住民の安全も私は、考え、島根県 益田市 亀井事務所 西村職員に、同席をしてもらい、島根県 益田市 総務部 危機管理課 応接室において、山口県 広報 広聴課へ、私からの既提出済みにおける説明の書面をもとに、対談し、各文書の内容における、その注意点を指摘した。

平成29年4月26日、島根県 益田市への公文書 開示請求した後の経過も経て、私は、その対応先である、島根県 益田市 秘書広報課 職員と連絡対応を持った。同日、島根県 津和野町 総務財政課 職員との間にて、私は、その関係する内容に関し、連絡対応を有した。

平成29年4月25日、島根県 益田市役所内 島根県 益田市 建築部 建築課 石川主任技師と私は、面談した後、益田市役所 総務部 危機管理課 篠原主査との間で、益田市 危機管理に関し、会話も交わした。益田市 亀井事務所 鶴頭氏と 益田市 社会福祉 施設 話題を中心にし、対談し、その際、益田市 亀井事務所 鶴頭氏から島根県 益田市にある、株式会社 ひょうま 益田本店の場所を教えてもらい、株式会社 ひょうま 益田本店 まで行き、仏事品 購入して、株式会社 ひょうま 益田本店 営業員と私は、対談をした。

........................................................................
小室圭さんは横浜市港北区在住。

大学在学中は東京都内の塾で講師のアルバイトをしたほか、自宅近くのフランス料理店でもアルバイトをした。18歳で神奈川県藤沢市の「湘南江の島海の女王&海の王子コンテスト」に応募し、「海の王子」に選ばれた。大学卒業後、大手都銀勤務を経て、現在は東京都中央区の法律事務所に勤務している。そのかたわら、一橋大大学院国際企業戦略研究科に通い、経営法務を専攻しているという。法律事務所の上司は16日夜、報道陣の取材に応じ、「(交際について)全く知らず、ただただ驚いている」と話した。同日夜にニュースが流れた後、小室さんから電話で「報告していなくてすいません」と連絡があり、「びっくりしたけど、おめでたいですね」と祝福したという。・・・ 平成29年5月17日(水)、読売新聞 0:33配信より

私のコメント : 平成29年5月17日(水)、 私は、 山口県 広報広聴課 佐藤理子主査との間にて、私は、以下の内容に関係する内容に関係し、その関係する連絡と対応を持った。

平成29年5月13日(土)、今まで、私は、平成29年4月27日に、島根県 益田市 総務部 危機管理課 廣瀬 雅課長と面談し、「外務省 いわゆる 密約書 不在の問題」に関係し、島根県 益田市、津和野町、吉賀町、山口県 岩国市、山口市、宇部市、防府市、萩市 等 広域における内容、島根県下における一般住民の安全も 私は、考え、島根県 益田市 亀井事務所 西村職員に、同席をしてもらい、島根県 益田市 総務部 危機管理課 応接室において、山口県 広報 広聴課へ、私からの既提出済みにおける説明の書面をもとに、対談し、各文書の内容における、その注意点を指摘した という 島根県益田市との間における事実経緯があり、そのため、島根県 益田市 秘書広報課 秘書課長から 当該 私への対応に、その起因をしている、今までの対応により、私からの意見は、益田市 秘書課長に対し、述べ、その後の対応に関する返事に関しては、島根県 益田市役所 秘書課長より、待っている最中である。

平成29年4月26日、島根県 益田市への公文書 開示請求した後の経過も経て、私は、その対応先である、島根県 益田市 秘書広報課 職員と連絡対応を持った。同日、島根県 津和野町 総務財政課 職員との間にて、私は、その関係する内容に関し、連絡対応を有した。

平成29年4月26日、島根県 益田市役所 職員と私は、以上と以下 内容に関係する内容においての連絡と対応を持った。

平成29年4月25日、島根県 益田市役所内 島根県 益田市 建築部 建築課 石川主任技師と私は、面談した後、益田市役所 総務部 危機管理課 篠原主査との間で、益田市 危機管理に関し、会話も交わした。益田市 亀井事務所 鶴頭氏と 益田市 社会福祉 施設 話題を中心にし、対談し、その際、益田市 亀井事務所 鶴頭氏から島根県 益田市にある、株式会社 ひょうま 益田本店の場所を教えてもらい、株式会社 ひょうま 益田本店 まで行き、仏事品 購入して、株式会社 ひょうま 益田本店 営業員と私は、対談をした。

平成29年4月27日、島根県 益田市 総務部 危機管理課 廣瀬 雅課長と「外務省 いわゆる 密約書 不在の問題」に関係し、島根県 益田市、津和野町、吉賀町、山口県 岩国市、山口市、宇部市、防府市、萩市 等 広域における内容、島根県下における一般住民の安全も私は、考え、島根県 益田市 亀井事務所 西村職員に、同席をしてもらい、島根県 益田市 総務部 危機管理課 応接室において、山口県 広報 広聴課へ、私からの既提出済みにおける説明の書面をもとに、対談し、各文書の内容における、その注意点を指摘した。

平成29年5月17日(水)、 島根県 益田市 総務部 秘書課長より、私のもとへ、島根県 益田市長より、益田市 危機管理課における、私に対し、公文書開示決定通知書をもとに、その後、その内容に関する 益田市 危機管理課長と私は、益田市役所にて、面談もし、また、その後の対応があり、益田市長からの連絡をいただいた。

平成29年5月16日(火)、山口県 観光スポーツ文化部 文化振興課 文化環境班 内藤智芳主査と私は、面談し、山口県 教育庁 社会教育・文化財課 文化財保護班 世界文化遺産推進室 松藤 暢邦主査との対応の経緯も、踏まえて、明治維新150年祭、明治150年記念事業山口県推進事業に関係する内容にて、私が、山口県 萩市 文化財保護課、及び、 山口県 山口市 教育委員会 文化財保護課 文化財保護担当 肱岡圭介主事と私が、その面談に関する内容を主体にして、その相談をし、その内容に関しては、今まで、山陰桜友会長 亀井亜紀子先生や宮内庁 宮務課との間でも、私との連絡 対応 等もあるため、山口県 観光スポーツ文化部 文化振興課 文化環境班 内藤智芳主査へ助言を求めた。その際に、山口県 観光スポーツ文化部 文化振興課 文化環境班 内藤智芳主査からは、私の説明における、関係書類における写しも、撮っていただき、親切、丁寧な 対応も、いただき、後日、山口県 観光スポーツ文化部 文化振興課 文化環境班からの正式な回答をいただけるという運びとなった。

.............................................................................
麻生副総理「想像超す異常事態」 九州豪雨関係閣僚会議

九州北部を中心とした豪雨による多数の安否不明や土砂災害の発生を受け、政府は6日午前9時から、首相官邸で関係閣僚会議を開き、被害情報の把握や人命救助に全力であたることを確認した。麻生太郎副総理兼財務相や菅義偉官房長官、稲田朋美防衛相らが出席した。

【写真】関係閣僚会議で話す麻生太郎副総理(左から2人目)=6日午前9時1分、首相官邸、竹花徹朗撮影

会議では、麻生氏が「7月の降雨量のほとんどが半日でいっぺんに集中し、想像を超えるものになっている。異常事態であることに間違いない」と説明。「河川の氾濫(はんらん)、土砂災害はこれからも発生が予想される。数多くの安否の不明者がいる。事態は極めて深刻な状況にある」と述べた。土砂崩落で孤立している福岡県東峰村について、麻生氏は「連絡がとれるところまできた」とし、「強いリーダーシップを発揮し、被害者の救命・救助、住民の避難対策など、被害の拡大防止に全力を尽くしてもらいたい」と指示した。安倍晋三首相は、ドイツで開かれる主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)に合わせた欧州6カ国歴訪のため、日本を離れている。 朝日新聞社 ・・・ 平成29年7月6日(木)、朝日新聞 10:07 配信より

私のコメント : 平成29年5月29日、寺内 正毅 朝鮮総督の秘書官 吉田茂氏・・・ 及び、当時の外交官 吉田寛氏 おける、その当時 外交内容の対応にもより、「外務省 いわゆる 密約書 不在の問題」へ私が、対応している内容を財務大臣 麻生太郎代議士 東京 永田町 衆議院 議員会館 山口秘書の許へ、私は、電話で、その連絡し、財務大臣 麻生太郎代議士 衆議院議員会館 における 山口秘書からの対応を持つことができた。
...................................................................................
北朝鮮ミサイルで 岩国市にただす  (山口県)

米軍岩国基地への空母艦載機部隊の移転計画だ。北朝鮮の弾道ミサイル発射が続く中、岩国市の井原勝介元市長が29日、朝鮮半島の緊張が緩和されるまで艦載機移転の延期をすべきだとして岩国市にその対応を質した。北朝鮮は日本時間の29日午前5時40分ごろ、東部の元山付近から日本海に向け弾道ミサイルを発射、日本の排他的経済水域内に落下したと推定されている。北朝鮮をめぐる緊張が続く中、岩国市の井原・元市長が代表をつとめる市民政党「草の根」は29日、朝鮮半島の緊張が緩和されるまで艦載機移転の延期を求めるべきではないかと岩国市に見解をただした。また「草の根」では、ミサイルへの対応に関して国の方針をそのまま伝えるだけではなく実態に即した対応を検討し、対策をとるべきだと指摘している。草の根では速やかな文書回答を岩国市に求めている。・・・ 平成29年5月29日、 山口放送 18:11 配信より

私のコメント : 平成29年5月29日、山口県 岩国市の井原勝介元市長が代表をつとめる市民政党「草の根」は29日、朝鮮半島の緊張が緩和されるまで艦載機移転の延期をすべきだとして岩国市にその対応を質した。

平成29年5月29日、寺内 正毅 朝鮮総督の秘書官 吉田茂氏・・・ 及び、当時の外交官 吉田寛氏 おける、その当時 外交内容の対応にもより、「外務省 いわゆる 密約書 不在の問題」へ私が、対応している内容を財務大臣 麻生太郎代議士 東京 永田町 衆議院 議員会館 山口秘書の許へ、私は、電話で、その連絡し、財務大臣 麻生太郎代議士 衆議院議員会館 における 山口秘書からの対応を持つことができた。

平成29年5月29日、財務省 中国財務局 山口財務事務所 理財課長と私が、外務省 いわゆる 密約書 不在の問題の当事者としての立場で、その対談もし、外務省と私との今までにおける、連絡経緯、及び、その現在に至る、私の現況に関して、その説明内容に関し、その確認連絡文を 財務省 中国財務局 山口財務事務所 理財課長 に送り、財務省 中国財務局 山口財務事務所 理財課長から、私の許へ、連絡が入り、財務省 中国財務局 山口財務事務所 理財課長と対談した。その後、島根県 益田市役所 秘書課長と私は、その内容に関する案件につき、1日に2回、その連絡と対応を持った。

平成29年5月12日、「麻生太郎財務大臣 による 山口県 萩市民館 講演」に関する話題に関し、財務省 中国財務局 山口財務事務所 理財課長と私は、外務省 いわゆる 密約書 不在の問題の当事者としての立場で、対談し、外務省との間における、その連絡、事実経緯、及び、その現在に至る、私の現況について 説明を入れた。

同日、島根県 益田市 亀井事務所 職員との間にて、私は、今までの件に関し、その連絡対応を持った。

同日、財務省 中国財務局 山口財務事務所 理財課長と私が、外務省 いわゆる 密約書 不在の問題の当事者としての立場で、その対談もし、外務省と私との今までにおける、連絡経緯、及び、その現在に至る、私の現況に関して、その説明内容に関しての確認、「麻生太郎財務大臣 による 山口県 萩市民館 講演」に関する財務省 大臣官房 人事課 担当の許へと入れた。
.....................................................
平成29年8月20日(日)、「2017年 中国地方合同ハムの集いin 山口」が、山口県山口市 「防長苑」で開催され、一般社団法人 日本アマチュア無線連盟 会長 高尾義則様より、東邦大学 薬学部における 「災害時におけるアマチュア無線の役割」、薬学部 学生へ向けての講義 内容 等についても、「2017年 中国地方合同ハムの集いin 山口」の参加者は、拝聴することもできた。私は、私の学生時代に、東京都内 (東京都 大田区 大森西) 東邦大学 医学部生との親交 等 もあり、東京都 近郊にある 東邦大学 講義 内容、一際、理解をすることができた。

「山口県赤十字アマチュア無線奉仕団」について、日本赤十字社では、「ボランティア団体」のことを、「奉仕団」と言います。「2017年 中国地方合同ハムの集いin 山口」にて、私は、山口県赤十字アマチュア無線奉仕団 上利雅幸委員長と対談し、過去、私は、公立高等学校 教諭としての立場で、山口県赤十字アマチュア無線奉仕団 団員であったが、外務省 官房総務課からの対応、並びに、日本赤十字社 本社 国際部企画課、日本赤十字社 島根県支部 等についても、私の勤務先の許に入り、私の勤務先 学校の業務についても、その多忙を極めたために、両立がむつかしくなっていった経緯に関しては、それを簡略に説明し、今後、学校現場における 小中高の各教員においても、学校現場における その教員の仕事とも並立でき、各自の自由意志において、「山口県赤十字アマチュア無線奉仕団」へ参加できるような体制づくりについても、日本赤十字社に、求められていく旨 に関する、私からの説明について、山口県赤十字アマチュア無線奉仕団 上利雅幸委員長の許へ、と、入れおいた。

........................................................................
『竹島の日』島根だけに背負わせるな…12回目の式典、形骸化否めず

2017.3.15 09:59更新

「竹島の日」の先月22日、松江市で島根県主催の記念式典が行われたが、12回目ともなるとマンネリ化、形骸化は否めないようで、場外での小競り合いさえ、予定調和のように思えてくる。ただ、今年は日本の駐韓大使が一時帰国したままでの開催だった。昨年は政府が式典出席者を発表したのは開催10日前だったが、今年は直前の21日まで発表がなく、「首相か閣僚のお出ましか!?」と妄想もふくらんだが、結局派遣されたのは5年連続で内閣府政務官だった。かつて国主催の式典開催を公約に掲げた現政権。日韓関係が冷え込む今こそ閣僚級派遣を既成事実化させる好機ではなかったか。松本純・領土問題担当相は「諸般の事情を踏まえ総合的に判断した」と政務官派遣の理由を説明した。諸般の事情は大きく変わったのに判断は同じだった。これを韓国側が“抗議してくれた”のは形骸化を避ける救いだったか、いやこれもマンネリか。韓国による竹島不法占拠の出発点となった「李承晩ライン」絡みで拿捕(だほ)・抑留された松江市の小川岩夫さん(78)に「問題解決に向けて何もしていない」と嘆かせるわが国政府は何を考えているのか。竹島問題を島根県だけに背負わせてよいのか。そんなことを考えつつ、会場で売っていた饅頭(まんじゅう)「竹島ものがたり」に手を伸ばし、竹島の島影をかたどった饅頭のてっぺんに爪楊枝(つまようじ)のついたオマケの日の丸を刺してみたのだった。   (小林宏之)

・・・ 2017.3.15、産経新聞 09:59更新 配信より

私のコメント : 平成29年12月16日、山口県薬務課との今迄における、その対応について、日本赤十字社 山口県支部、昔から、その献血推進における諸活動にて、その行動を共にしていた山口県赤十字血液センター 職員と私は、山口市内 ユメタウン 献血車の前にて、面談し、以下の対応があり、山口県健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹から 私は、山口県健康福祉部 薬務課への公文書開示請求、その件名: 「平成28年度山口県薬務行政の概要」について平成29年8月7日、山口県情報公開センターにおかれるに至った山口県薬務課内での説明と合意内容に関する文書、その開示の日時: 平成29年8月15日以後、写しの交付に要する費用の納付を確認後の対応があり、簡略に、山口県赤十字血液センター 職員へ、その説明を申し上げた。

平成29年10月23日、ニューヨーク 国際連合 本部に勤務され 地元、山口県 山口市へ日本の国連貢献の連絡をされていた 当時、国際連合における医療活動に従事されていた楠川 晃医師 ニューヨーク 国際連合 本部からの対応、及び、慶應義塾大学 産業研究所 並び、慶應義塾大学 福澤研究センター 西川俊作 所長 ( 慶應義塾 福澤研究センターは、福沢諭吉やその門下生、福沢の創立した慶應義塾及びその出身者・関係者の事績について幅広く資料収集・調査研究を行い、さらには福沢や義塾を視野に置きつつ、広く近代日本の研究を目的として設置されています。ですから学校史の編纂所・資料室の機能を備えつつ、役割はそれにとどまりません。その目的を達成するために、慶應義塾 福澤研究センターは慶應義塾内の諸学部・一貫教育校の枠を越えた全塾的な共同研究機関と位置づけられ、義塾外の研究者とも隔てなく連携しながら活動しています。研究・収蔵のための主な施設は、慶應義塾の象徴ともいえる三田キャンパス内の慶應義塾図書館旧館に置かれています。 ) からも、私は、その対応による各経過もへて、ようやく、平成29年10月23日、島根県 津和野町教育委員会文化係より、津和野町 畑迫病院 初代院長 吉田興三医師は、ドイツ人 御雇医師 ヨンケルに学び、その後、東京大学 医学部を卒業され、森林太郎の一年後輩に関する書面による連絡文 受け、東京大学 医学部 血清学研究における 明治33年 当時 細菌研究所、日本国内で、その血清を完成させていく経緯 等の確認をしていくことも、できるようになった。
...................................................................
蘭学資料研究会 研究報告 東京大学医学部血清学教室内 「毛利藩の蘭学」 昭和36年10月21日より

毛利藩の蘭学資料目録

蘭書の部
1)Roode,T.G.A.Dr.:Handboek der natunrkude van den Hollandish,vertaald door K.J.Y.Ipma.Amst.,1809 pp.1631 (mai) (Oomura)
2)Haarst,Wm.van :Natuurbeschouwingen voor jonge lieden,ter verdeling van verstand en hart.le en LeStjkje(in een boek).Amst.,1820-23

以下 省略

( 山口県立図書館 及び 山口大学図書館 蔵 )

13) 省略
14)Dr.von Siebold : Tot Gedachtenis aon mynen vriend Koemaja (Handschrift). 1829 (Hagi-Kumaya)

( 以上 萩、熊谷家 蔵 )

以下 省略

附録  大村益次郎蔵書目録  大村益次郎文書保存会
1. Kleine Oorlog
2.Tweede Afdeeling voor het Tuig.
3.Handboek der natuurkunde van den Hollandsch.

以下 省略

昭和36年10月21日 当時、蘭学資料研究会は、東京大学医学部 血清学教室にありました。蘭学資料研究会 現況について、東京大学から、その後、当方へ連絡が、有りません。その近況については、残念ながら 存じ上げていませんこと報告します。

........................................................................
秋篠宮さまハンガリーに到着 眞子さまと私的旅行

2017/8/19 08:31

【ブダペスト共同】秋篠宮さまは18日夜(日本時間19日朝)、ハンガリーの首都ブダペストの空港に到着された。9月に婚約内定発表を控える長女眞子さまとの私的旅行。眞子さまも羽田空港を遅れて出発しており、19日に現地で合流する。ライフワークとする家畜の研究が目的。眞子さまと農場や博物館などを視察する。国内で公務があった眞子さまは日本時間19日未明に羽田空港を出発、現地時間19日午前にブダペストに到着する。・・・ 平成29年8月19日(土)、共同通信 配信より

私のコメント : 平成29年8月19日(土)、昭和天皇における、その御 膝治療にも関わりを持っていた医学博士の私の叔父からの伝言もあり、今後の医療体制 維持にかかわって、防府市 医学博士の内科医と私は、対談をした。そのおりに、以下の対応もあり、「山口県青少年赤十字 賛助奉仕団 会報 第36号」について、その防府ロータリークラブ 会員である医学博士へ手渡し、現況における私の身の回りの出来事の多くは、「山口県青少年赤十字 賛助奉仕団 会報 第36号」について 私が、その寄稿している説明、内容文のとおり、その当時から、防府ロータリークラブ 会員、会長、幹事 からの その対応によるところが、多い 旨 等について 簡略に説明もした。

平成29年8月18日(金)、山口県教育委員会 高等学校進学奨励費担当 河本憲明氏と私は、面談し、「山口県青少年赤十字 賛助奉仕団 会報 第36号」に関し、その会報を山口県 健康福祉部 薬務課 林雅裕主幹へ、8月18日に、私が、手渡し、説明した経緯について、簡略な説明も入れ、その後の対応もあるため、今まで、私が、相談している山口県教育委員会の担当職へ、今回の内容に関しても、山口県教育委員会 各学校教育現場での対応もあるため、担当職には、その内容を確認てほしい 旨の伝言を入れた。

平成29年8月18日、山口県青少年赤十字 賛助奉仕団 会報 第36号の私が執筆投稿している内容に沿い、山口県下において過去、その献血運動推進全国大会 第37回 献血運動推進全国大会へ ご臨席(山口県スポーツ文化センター(山口 市))たまわった 皇太子殿下が, ご視察(山口赤十字病院(山口市)) 等の各内容にも 及び、山口県 健康福祉部 薬務課 林雅裕主幹と、第37回 献血運動推進全国大会へ ご臨席(山口県スポーツ文化センター(山口 市))後における 山口県 健康福祉部 薬務課から私への 各種に亘る対応に関し、面談をし 宮内庁 宮務課 職員 関口様と私との今までの対応 等 に関しても、簡略に、その説明も入れた。その際の間、山口県健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹から 私は、山口県健康福祉部 薬務課への公文書開示請求、その件名: 「平成28年度山口県薬務行政の概要」について平成29年8月7日、山口県情報公開センターにおかれるに至った山口県薬務課内での説明と合意内容に関する文書、その開示の日時: 平成29年8月15日以後、写しの交付に要する費用の納付を確認後 開示について、その平成29年8月15日以後、写しの交付に要する費用の納付 私が、山口県健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹へ、それを支払い、山口県健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹から、その領収書を受け取った。

平成29年8月17日(木)、 山口県 健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹と私は、以下の経緯があり、その内容に関する対談した。

平成29年8月7日(月)、山口県 健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹より、私の許へ、連絡が入り、対談した。

平成29年8月4日(金)、山形県 南陽市交流プラザ蔵楽で 、農業や地域づくりに取り組む人たちが意見を交わす「地域で活躍する人たちのトークセッション」が行われ、特別ゲストで安倍昭恵首相夫人が出演した「地域で活躍する人たちのトークセッション」における対談内容、及び、『  加計学園、獣医学部定員減らす 文科省審議会「多すぎる」   愛媛県今治市で獣医学部の新設を計画している学校法人「加計(かけ)学園」が、文部科学省の審議会から「定員が多すぎる」と指摘を受け、学生の入学定員を百六十人から百四十人に修正したことが市の関係者などへの取材で分かった。審議会は八月中に学部設置の可否を判断し、文科相に答申する見通しだ。加計学園は三月末、学部の設置認可を求める申請書を文科相に提出。市関係者によると、審議会から学園の計画に指摘があった。獣医系大学の定員はこれまで全国の十六校で計九百三十人に抑えられ、最多の大学でも百二十人だった。加計学園の計画は既存大学の規模を大きく上回り、日本獣医師会などから獣医師の質の低下を心配する声が上がっている。加計学園の開設準備責任者の吉川泰弘・新学部設置準備室長は取材に、「変更届を出したが、変更内容は明かせない」と答えた。 ・・・ 2017年8月7日  東京新聞 朝刊 配信より  』 配信記事の内容との各対応があるため、私は、山口県 健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹より、私の許へ、連絡が入った山口県 健康福祉部 薬務課 における業務内容についての連絡と調整を山口県 健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹との間では、行った。

平成29年8月5日(土)、山形県 南陽市交流プラザ蔵楽で 8月4日、農業や地域づくりに取り組む人たちが意見を交わす「地域で活躍する人たちのトークセッション」が行われ、特別ゲストで安倍昭恵首相夫人が出演した。この日は、県警の警察官らが周辺を警戒。昭恵夫人は約1時間35分間のトークセッションを終え、報道陣には姿を見せずに帰った。

......................................................................
山口県 健康福祉部 薬務課 麻薬毒劇物班 林雅裕主幹による 私との各対応に関しては、・・・

平成29年8月31日、山口県 健康福祉部 薬務課 麻薬毒劇物班 林雅裕主幹 と 私との各対応に関し、・・・ 私との各対応に関しては、私から、説明しているにもかかわらず、山口県 健康福祉部 薬務課 麻薬毒劇物班 林雅裕主幹に関しては、その納得がいかない点が、山口県防府健康福祉センターから、現在に至るも、私に対しても、それが、多々あるため、私から 山口県 健康福祉部 薬務課 麻薬毒劇物班へ、その情報開示請求後 山口県 健康福祉部 薬務課 麻薬毒劇物班 林雅裕主幹からの対応、また、今までの経緯に関して、私は、そのブログ表記して、その説明もしていかなければいけなくなった。

平成29年8月21日(月)、島根県吉賀町 産業課 糟谷通輔主任、並び、その課長との対応も経て、私は、島根県吉賀町 産業課 ナガフジ 様と対談した。

同日、山口県 情報公開センターへ 私が、山口県 健康福祉部 薬務課へ提出する公文書開示請求の内容について、山口県 健康福祉部 薬務課 麻薬毒劇物班 班長 林 雅裕主幹と私は、対談した。

平成29年8月19日(土)、昭和天皇における、その御 膝治療にも関わりを持っていた医学博士の私の叔父からの伝言もあり、今後の医療体制 維持にかかわって、防府市 医学博士の内科医と私は、対談をした。そのおりに、以下の対応もあり、「山口県青少年赤十字 賛助奉仕団 会報 第36号」について、その防府ロータリークラブ 会員である医学博士へ手渡し、現況における私の身の回りの出来事の多くは、「山口県青少年赤十字 賛助奉仕団 会報 第36号」について 私が、その寄稿している説明、内容文のとおり、その当時から、防府ロータリークラブ 会員、会長、幹事 からの その対応によるところが、多い 旨 等について 簡略に説明もした。

平成29年8月18日(金)、山口県教育委員会 高等学校進学奨励費担当 河本憲明氏と私は、面談し、「山口県青少年赤十字 賛助奉仕団 会報 第36号」に関し、その会報を山口県 健康福祉部 薬務課 林雅裕主幹へ、8月18日に、私が、手渡し、説明した経緯について、簡略な説明も入れ、その後の対応もあるため、今まで、私が、相談している山口県教育委員会の担当職へ、今回の内容に関しても、山口県教育委員会 各学校教育現場での対応もあるため、担当職には、その内容を確認てほしい 旨の伝言を入れた。

平成29年8月18日、山口県青少年赤十字 賛助奉仕団 会報 第36号の私が執筆投稿している内容に沿い、山口県下において過去、その献血運動推進全国大会 第37回 献血運動推進全国大会へ ご臨席(山口県スポーツ文化センター(山口 市))たまわった 皇太子殿下が, ご視察(山口赤十字病院(山口市)) 等の各内容にも 及び、山口県 健康福祉部 薬務課 林雅裕主幹と、第37回 献血運動推進全国大会へ ご臨席(山口県スポーツ文化センター(山口 市))後における 山口県 健康福祉部 薬務課から私への 各種に亘る対応に関し、面談をし 宮内庁 宮務課 職員 関口様と私との今までの対応 等 に関しても、簡略に、その説明も入れた。その際の間、山口県健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹から 私は、山口県健康福祉部 薬務課への公文書開示請求、その件名: 「平成28年度山口県薬務行政の概要」について平成29年8月7日、山口県情報公開センターにおかれるに至った山口県薬務課内での説明と合意内容に関する文書、その開示の日時: 平成29年8月15日以後、写しの交付に要する費用の納付を確認後 開示について、その平成29年8月15日以後、写しの交付に要する費用の納付 私が、山口県健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹へ、それを支払い、山口県健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹から、その領収書を受け取った。

平成29年8月17日(木)、 山口県 健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹と私は、以下の経緯があり、その内容に関する対談した。

平成29年8月7日(月)、山口県 健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹より、私の許へ、連絡が入り、対談した。

平成29年8月4日(金)、山形県 南陽市交流プラザ蔵楽で 、農業や地域づくりに取り組む人たちが意見を交わす「地域で活躍する人たちのトークセッション」が行われ、特別ゲストで安倍昭恵首相夫人が出演した「地域で活躍する人たちのトークセッション」における対談内容、及び、『  加計学園、獣医学部定員減らす 文科省審議会「多すぎる」   愛媛県今治市で獣医学部の新設を計画している学校法人「加計(かけ)学園」が、文部科学省の審議会から「定員が多すぎる」と指摘を受け、学生の入学定員を百六十人から百四十人に修正したことが市の関係者などへの取材で分かった。審議会は八月中に学部設置の可否を判断し、文科相に答申する見通しだ。加計学園は三月末、学部の設置認可を求める申請書を文科相に提出。市関係者によると、審議会から学園の計画に指摘があった。獣医系大学の定員はこれまで全国の十六校で計九百三十人に抑えられ、最多の大学でも百二十人だった。加計学園の計画は既存大学の規模を大きく上回り、日本獣医師会などから獣医師の質の低下を心配する声が上がっている。加計学園の開設準備責任者の吉川泰弘・新学部設置準備室長は取材に、「変更届を出したが、変更内容は明かせない」と答えた。 ・・・ 2017年8月7日  東京新聞 朝刊 配信より  』 配信記事の内容との各対応があるため、私は、山口県 健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹より、私の許へ、連絡が入った山口県 健康福祉部 薬務課 における業務内容についての連絡と調整を山口県 健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹との間では、行った。

平成29年8月5日(土)、山形県 南陽市交流プラザ蔵楽で 8月4日、農業や地域づくりに取り組む人たちが意見を交わす「地域で活躍する人たちのトークセッション」が行われ、特別ゲストで安倍昭恵首相夫人が出演した。この日は、県警の警察官らが周辺を警戒。昭恵夫人は約1時間35分間のトークセッションを終え、報道陣には姿を見せずに帰った。

私は、地方自治体の職員にも「産業連関表」の教育啓発について努力をしています。

西川俊作教授の論文は「産業連関表」が利用されている。「米市場の部分開放」、山口県産米、花燃ゆ、島根県産米、

通産大臣 佐藤信二 平成9年3月
「日本経済の構造改革―産業構造審議会総合部会基本問題小委員会中間とりまとめ」
産業構造審議会総合部会基本問題小委員会委員長 辻村江太郎、

「産業連関分析ハンドブック」「長州表と戦前期表」が論述されています。私の大学生の時代には、沖縄県農産品について、西川俊作教授と話し合いを持っていた。

平成26年10月「長州藩士桂家文書」論文、立正大学から入手。伊木寿一、石橋湛山による研究方法、私は、拝聴している。

平成27年10月、津和野町日原にて、宮本常一氏と日原町史との関係、慶應義塾大学 卒業論文 題名「萩藩宝暦の改革と熊谷五右衛門」、慶應義塾 西川俊作教授の許へ提出、父、森田良吉が、山口県文書館に勤務していた当時、私が見聞した文化交流の経緯を津和野町教育委員会へ説明した。

「防長風土注進案」「萩藩閥閲録」は、石橋湛山、伊木寿一からの支援を受け、山口県文書館 研究主事の努力より、完成されたものである。

平成28年6月7日、島根県吉賀町職員より「吉賀記を読む ~歴史が語る~ 」に関し、説明を受けた。

平成28年12月5日、島根県益田市役所総務部より連絡を私は、いただいた。

山口県 山口市役所 総合政策部 企画経営課 政策調整 担当 主幹、副主幹と面談した。

山口県 AIR SEOUL 空港 担当 職員と連絡を持ち、山口県 環境生活部 環境政策課との間にて 私は、面談をした。その内容は、「 外務省 いわゆる 密約書 不在の問題 」に関係している。

平成28年12月22日、山口県庁 山口県観光スポーツ文化部 県史編さん室 大村勇主幹と私との対応があり、山口県 萩市 総務企画部 総務課 秘書室 三好亮二秘書係長より、萩市役所にて、萩市の立場について、その説明と解釈を私は、聞いた。島根県 津和野町へ私は、行き、島根県 津和野町 商工観光課 職員と私は、津和野における観光に関する面談もし、その後、津和野町 教育委員会 文化財係 主任主事と今まで、山口県 萩市 ・島根県 津和野町 間に亘る経緯に関する文化財保護に関する課題 等も説明を申し上げた。
..........................................................................
「防長風土注進案」は、当時の文化、宗教、祭祀 史実も、記載されている。

平成26年8月、山陰桜友会長 亀井亜紀子先生と私は、米沢 旧藩主家 上杉家に関する話題も、懇談した。

平成26年9月、立正大学 石井富美子 副学長と対談し、石橋湛山先生からの法灯明を拝聴する。

平成26年10月、山口県 岩国市、公益財団法人 吉川報效会 吉川史料館 館長に、「吉賀記」に関し、学術助言を得た。

平成28年6月20日、島根県吉賀町役場、吉賀町長 中谷勝様と面談、日本赤十字社 島根県支部 「いとすぎしまね 第22号 平成27年9月30日 」を手渡す。

平成28年7月11日、出光経営側と創業家、平行線。平成28年4月5日 表千家 同門会 全国大会 萩市 国重要文化財 民家 熊谷家住宅 茶室 茶会ヘ 岸信夫代議士 来席、花燃ゆ、

平成29年8月9日、山口県知事 村岡嗣政氏 より、平29薬 第368号 平成29年8月7日、「決定期間延長通知書」が、私の許へ到着したため、また、下記の状況に関し、山口県 防府市 上田・藤井総合法律事務所 上田和義弁護士から、平成29年8月8日、私の許へ、連絡が入っていて、その対応している各 内容は、島根県下における その事案との関係があるため、私は、島根県 松江市 亀井亜紀子先生 事務所へ、連絡 入れて、その調整をおこなった。

平成29年7月21日にも、平成29年7月14日、記事に関係する 地方自治体による統計処理内容に関しても、私は、山口県 山口市役所にて、山口市 総務部 情報管理課 統計調査 担当 主査も歴任された 山口市 収納課 櫨元香恵 職員と私は対談をし、山口市 収納課 櫨元香恵 職員と私との間では、その学術上における見解の違いが、大きく、発生もしているため、 私は、島根県 益田市 総務部 総務管財課へ、連絡を入れ、昨日、島根県 益田市役所にて、益田市 総務部 総務管財課 鍵村高徳 様と私が、面談した内容及び、その今後の対応に関する、見通しについて、相互に確認をしていった。 祭政一致。・・・

平成29年7月14日に、上記、記事内容に関係する 地方自治体による、その統計処理内容に関しても、私は、山口県 山口市役所にて、山口市 総務部 情報管理課 統計調査 担当 主査も歴任された 山口市 収納課 櫨元香恵 職員と対談をし、山口市 収納課 櫨元香恵 職員と私との間では、その学術上における見解の違いが、大きく、発生もしているために、 その後、私は、島根県 津和野町 総務財政課 安村係長の許へ、連絡を入れ、島根県 津和野町 つわの暮らし推進課 河良 職員と 統計調査処理、国からの センサス 調査と集計 島根県 津和野町と 山口県 山口市 総務部 情報管理課 統計調査 と その対応処理の諸関係における、違いに関して、今後の対応、今後の課題、島根県 津和野町と 山口県 山口市との間では、発生していく可能が、非常に、高いため、慶應義塾大学 商学部にて、私が、統計学、産業連関分析学、等 を学び、小尾恵一郎教授、岩田 暁一教授、西川俊作教授、辻村和佑教授 等から、学んだ 計量経済学、及び、各 学事内容を踏まえ、簡略な説明を入れておく。

米価審議会は、農林水産省の諮問機関として、存在していた審議会の一つ。農林水産大臣の諮問に応じ 1999年の審議会制度の大幅見直しに伴って廃止された。

「福沢諭吉の横顔」西川俊作 著
「計量経済学のすすめ」
「数量経済史の原点―近代移行期の長州経済 」
「学問のすゝめ」福沢諭吉 著

湛山回想 (岩波文庫、1985年12月、)
湛山座談 (岩波書店〈同時代ライブラリー〉、1994年2月、)
石橋湛山日記 (上・下巻組、石橋湛一・伊藤隆 編、2001年3月、みすず書房、)

『日本古文書学』 雄山閣 伊木寿一 著 1930年
『日本書道の変遷』 岩波書店 1935年
『古文書学』 慶應通信 1949年
............................................................
山口県防府健康福祉センター ( 山口県防府環境保健所)の件 )

2009年10月6日(火)、山口県防府健康福祉センター(山口県防府環境保健所)に 天神まちかどフェスタで掲示した献血推進パネルを返却しに行く。担当の薬剤師資格保持 職員から、「フェスタで献血推進の活動写真が撮れましたか。」と尋ねられる。

「今年は、実質、私一人で、今回、インターアクトクラブ生徒を指導し、天神まちかどフェスタで、献血推進活動と募金活動を担当したので、記録写真を撮るゆとりが従来のように、ありませんでした。誠に残念でした。」と山口県防府環境保健所 薬剤師資格保持 職員に対し10月6日(火)は、答えていた。

しかし、今日、12月9日(水)に、山口県防府健康福祉センター(山口県防府環境保健所)の薬剤師資格保持 職員よりFAXが、突然、勤務先に入信されてくる。

その文書内容について、山口県防府健康福祉センター(山口県防府環境保健所)、あの方に確認をしに行く。あの方は、山口県防府健康福祉センター(山口県防府環境保健所)、で各電話応対に忙殺されていた。そばにいた防府環境保健所 職員に説明を聞き。その内容についての記載事項がわかり、その内容をまとめ。夕方、勤務先から山口県防府健康福祉センター(山口県防府環境保健所)にまとめた内容について、山口県防府環境保健所 職員に持って行く。

今日は特に、新型インフルエンザの対応にも、山口県防府環境保健所 職員皆様、忙しい様子であった。
.....................................................................
韓国議員の竹島上陸に「毅然たる対応を」…記念式典で島根知事 政務官も出席

2017.2.22 20:45更新

韓国が不法占拠を続ける竹島(島根県隠岐の島町)の早期領土権確立を求め、同県が定めた「竹島の日」の22日、松江市の県民会館で記念式典が開かれた。韓国・釜山の日本総領事館前への慰安婦像設置をめぐり、日本側が駐韓大使を一時帰国させるなど日韓関係が厳しい状況に陥る中で迎えたこの日、溝口善兵衛知事は韓国国会議員らの竹島上陸に触れ、「極めて遺憾。政府は毅然(きぜん)とした姿勢で対応を」と訴えた。記念式典は島根県などが主催し、今年で12回目。政府からは務台(むたい)俊介内閣府政務官が出席し、「竹島にも慰安婦像を設置しようとする韓国の動きは、受け入れられない」と批判した。政務官の派遣は第2次安倍晋三内閣発足以後5年間続いているが、県が求めた首相や関係閣僚らの出席は今回も見送られ、政府主催の式典も実現していない。式典にはこのほか、超党派の領土議連や地元選出の国会議員8人を含め、460人が出席。竹島領土権確立隠岐期成同盟会長を務める池田高世偉(こうせい)隠岐の島町長は「埋もれた竹島に関する記録や記憶を掘り起こす活動は地元の責務だが、町や県の取り組みには限界がある」とし、政府に基本姿勢を強く示すよう求めた。式典に先立ち、島根県議会の「竹島領土権確立議員連盟」が主催する「竹島問題を語る国民交流会」も県民会館で開かれ、領土議連の国会議員や竹島にゆかりの深い隠岐の島町の住民ら約130人が参加した。会場周辺には、右翼団体約30団体や複数の韓国人グループなどが詰めかけ、竹島の主権確立を求めたり、式典に反対したりする街宣活動を展開。島根県警などが740人態勢で警備に当たった。・・・ 2017.2.22 、産経新聞 20:45更新 配信より

.....................................................................
「にゃんでも相談してにゃ~」ゆるキャラ〝しまねっこ〟に感謝状、島根県弁護士会 

2017.12.6 10:47更新

島根県弁護士会がPR用のポスターやグッズを製作し、デザインに起用した県観光キャラクター「しまねっこ」に5日、感謝状を贈った。今年の憲法施行70周年に併せ、県弁護士会や同会運営の各法律相談センターを県民に知ってもらおうと、ポスター(A2判、100枚)とクリアファイル(A4判、400枚)を製作。どちらも同じデザインで、六法全書を手に「にゃんでも相談してにゃ~」と呼びかけるしまねっこを中心に据えた。松江市内でこの日、岸田和俊会長がしまねっこに感謝状を手渡し、「私たちはPR不足。しまねっこの人気にあやかりたい」と話した。ポスターは関係機関に送付しており、今後イベント会場などでクリアファイルを配布する。また、9日には県内5カ所で無料法律相談会を開く。会場は次の通り(開催時間はいずれも午後1時~4時半で事前予約が必要。(電)0852・21・3450)。県弁護士会会議室(松江市)▽イオンモール出雲(出雲市)▽隠岐島文化会館(隠岐の島町)▽浜田市役所分室▽石西ひまわり基金法律事務所(益田市)。・・・2017.12.6 、産経新聞 10:47更新 配信より

私のコメント : 島根県弁護士会がPR用のポスターやグッズを製作、デザインに起用した県観光キャラクター「しまねっこ」に、平成29年12月5日、感謝状を贈った。憲法施行70周年に併せ、島根県弁護士会や同会運営の各法律相談センターを県民に知ってもらおうと、ポスターとクリアファイルを製作。「にゃんでも相談してにゃ~」と呼びかけるしまねっこを中心に据えた。松江市内でこの日、島根県弁護士会 岸田和俊会長がしまねっこに感謝状を手渡し、「私たちはPR不足。しまねっこの人気にあやかりたい」と話した。





コメント

『竹島の日』島根だけに背負わせるな…12回目の式典、形骸化否めず

2017年12月17日 | 赤十字活動
『竹島の日』島根だけに背負わせるな…12回目の式典、形骸化否めず

2017.3.15 09:59更新

「竹島の日」の先月22日、松江市で島根県主催の記念式典が行われたが、12回目ともなるとマンネリ化、形骸化は否めないようで、場外での小競り合いさえ、予定調和のように思えてくる。ただ、今年は日本の駐韓大使が一時帰国したままでの開催だった。昨年は政府が式典出席者を発表したのは開催10日前だったが、今年は直前の21日まで発表がなく、「首相か閣僚のお出ましか!?」と妄想もふくらんだが、結局派遣されたのは5年連続で内閣府政務官だった。かつて国主催の式典開催を公約に掲げた現政権。日韓関係が冷え込む今こそ閣僚級派遣を既成事実化させる好機ではなかったか。松本純・領土問題担当相は「諸般の事情を踏まえ総合的に判断した」と政務官派遣の理由を説明した。諸般の事情は大きく変わったのに判断は同じだった。これを韓国側が“抗議してくれた”のは形骸化を避ける救いだったか、いやこれもマンネリか。韓国による竹島不法占拠の出発点となった「李承晩ライン」絡みで拿捕(だほ)・抑留された松江市の小川岩夫さん(78)に「問題解決に向けて何もしていない」と嘆かせるわが国政府は何を考えているのか。竹島問題を島根県だけに背負わせてよいのか。そんなことを考えつつ、会場で売っていた饅頭(まんじゅう)「竹島ものがたり」に手を伸ばし、竹島の島影をかたどった饅頭のてっぺんに爪楊枝(つまようじ)のついたオマケの日の丸を刺してみたのだった。   (小林宏之)

・・・ 2017.3.15、産経新聞 09:59更新 配信より

私のコメント : 平成29年12月16日、山口県薬務課との今迄における、その対応について、日本赤十字社 山口県支部、昔から、その献血推進における諸活動にて、その行動を共にしていた山口県赤十字血液センター 職員と私は、山口市内 ユメタウン 献血車の前にて、面談し、以下の対応があり、山口県健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹から 私は、山口県健康福祉部 薬務課への公文書開示請求、その件名: 「平成28年度山口県薬務行政の概要」について平成29年8月7日、山口県情報公開センターにおかれるに至った山口県薬務課内での説明と合意内容に関する文書、その開示の日時: 平成29年8月15日以後、写しの交付に要する費用の納付を確認後の対応があり、簡略に、山口県赤十字血液センター 職員へ、その説明を申し上げた。

平成29年10月23日、ニューヨーク 国際連合 本部に勤務され 地元、山口県 山口市へ日本の国連貢献の連絡をされていた 当時、国際連合における医療活動に従事されていた楠川 晃医師 ニューヨーク 国際連合 本部からの対応、及び、慶應義塾大学 産業研究所 並び、慶應義塾大学 福澤研究センター 西川俊作 所長 ( 慶應義塾 福澤研究センターは、福沢諭吉やその門下生、福沢の創立した慶應義塾及びその出身者・関係者の事績について幅広く資料収集・調査研究を行い、さらには福沢や義塾を視野に置きつつ、広く近代日本の研究を目的として設置されています。ですから学校史の編纂所・資料室の機能を備えつつ、役割はそれにとどまりません。その目的を達成するために、慶應義塾 福澤研究センターは慶應義塾内の諸学部・一貫教育校の枠を越えた全塾的な共同研究機関と位置づけられ、義塾外の研究者とも隔てなく連携しながら活動しています。研究・収蔵のための主な施設は、慶應義塾の象徴ともいえる三田キャンパス内の慶應義塾図書館旧館に置かれています。 ) からも、私は、その対応による各経過もへて、ようやく、平成29年10月23日、島根県 津和野町教育委員会文化係より、津和野町 畑迫病院 初代院長 吉田興三医師は、ドイツ人 御雇医師 ヨンケルに学び、その後、東京大学 医学部を卒業され、森林太郎の一年後輩に関する書面による連絡文 受け、東京大学 医学部 血清学研究における 明治33年 当時 細菌研究所、日本国内で、その血清を完成させていく経緯 等の確認をしていくことも、できるようになった。
...................................................................
蘭学資料研究会 研究報告 東京大学医学部血清学教室内 「毛利藩の蘭学」 昭和36年10月21日より

毛利藩の蘭学資料目録

蘭書の部
1)Roode,T.G.A.Dr.:Handboek der natunrkude van den Hollandish,vertaald door K.J.Y.Ipma.Amst.,1809 pp.1631 (mai) (Oomura)
2)Haarst,Wm.van :Natuurbeschouwingen voor jonge lieden,ter verdeling van verstand en hart.le en LeStjkje(in een boek).Amst.,1820-23

以下 省略

( 山口県立図書館 及び 山口大学図書館 蔵 )

13) 省略
14)Dr.von Siebold : Tot Gedachtenis aon mynen vriend Koemaja (Handschrift). 1829 (Hagi-Kumaya)

( 以上 萩、熊谷家 蔵 )

以下 省略

附録  大村益次郎蔵書目録  大村益次郎文書保存会
1. Kleine Oorlog
2.Tweede Afdeeling voor het Tuig.
3.Handboek der natuurkunde van den Hollandsch.

以下 省略

昭和36年10月21日 当時、蘭学資料研究会は、東京大学医学部 血清学教室にありました。蘭学資料研究会 現況について、東京大学から、その後、当方へ連絡が、有りません。その近況については、残念ながら 存じ上げていませんこと報告します。

........................................................................
秋篠宮さまハンガリーに到着 眞子さまと私的旅行

2017/8/19 08:31

【ブダペスト共同】秋篠宮さまは18日夜(日本時間19日朝)、ハンガリーの首都ブダペストの空港に到着された。9月に婚約内定発表を控える長女眞子さまとの私的旅行。眞子さまも羽田空港を遅れて出発しており、19日に現地で合流する。ライフワークとする家畜の研究が目的。眞子さまと農場や博物館などを視察する。国内で公務があった眞子さまは日本時間19日未明に羽田空港を出発、現地時間19日午前にブダペストに到着する。・・・ 平成29年8月19日(土)、共同通信 配信より

私のコメント : 平成29年8月19日(土)、昭和天皇における、その御 膝治療にも関わりを持っていた医学博士の私の叔父からの伝言もあり、今後の医療体制 維持にかかわって、防府市 医学博士の内科医と私は、対談をした。そのおりに、以下の対応もあり、「山口県青少年赤十字 賛助奉仕団 会報 第36号」について、その防府ロータリークラブ 会員である医学博士へ手渡し、現況における私の身の回りの出来事の多くは、「山口県青少年赤十字 賛助奉仕団 会報 第36号」について 私が、その寄稿している説明、内容文のとおり、その当時から、防府ロータリークラブ 会員、会長、幹事 からの その対応によるところが、多い 旨 等について 簡略に説明もした。

平成29年8月18日(金)、山口県教育委員会 高等学校進学奨励費担当 河本憲明氏と私は、面談し、「山口県青少年赤十字 賛助奉仕団 会報 第36号」に関し、その会報を山口県 健康福祉部 薬務課 林雅裕主幹へ、8月18日に、私が、手渡し、説明した経緯について、簡略な説明も入れ、その後の対応もあるため、今まで、私が、相談している山口県教育委員会の担当職へ、今回の内容に関しても、山口県教育委員会 各学校教育現場での対応もあるため、担当職には、その内容を確認てほしい 旨の伝言を入れた。

平成29年8月18日、山口県青少年赤十字 賛助奉仕団 会報 第36号の私が執筆投稿している内容に沿い、山口県下において過去、その献血運動推進全国大会 第37回 献血運動推進全国大会へ ご臨席(山口県スポーツ文化センター(山口 市))たまわった 皇太子殿下が, ご視察(山口赤十字病院(山口市)) 等の各内容にも 及び、山口県 健康福祉部 薬務課 林雅裕主幹と、第37回 献血運動推進全国大会へ ご臨席(山口県スポーツ文化センター(山口 市))後における 山口県 健康福祉部 薬務課から私への 各種に亘る対応に関し、面談をし 宮内庁 宮務課 職員 関口様と私との今までの対応 等 に関しても、簡略に、その説明も入れた。その際の間、山口県健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹から 私は、山口県健康福祉部 薬務課への公文書開示請求、その件名: 「平成28年度山口県薬務行政の概要」について平成29年8月7日、山口県情報公開センターにおかれるに至った山口県薬務課内での説明と合意内容に関する文書、その開示の日時: 平成29年8月15日以後、写しの交付に要する費用の納付を確認後 開示について、その平成29年8月15日以後、写しの交付に要する費用の納付 私が、山口県健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹へ、それを支払い、山口県健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹から、その領収書を受け取った。

平成29年8月17日(木)、 山口県 健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹と私は、以下の経緯があり、その内容に関する対談した。

平成29年8月7日(月)、山口県 健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹より、私の許へ、連絡が入り、対談した。

平成29年8月4日(金)、山形県 南陽市交流プラザ蔵楽で 、農業や地域づくりに取り組む人たちが意見を交わす「地域で活躍する人たちのトークセッション」が行われ、特別ゲストで安倍昭恵首相夫人が出演した「地域で活躍する人たちのトークセッション」における対談内容、及び、『  加計学園、獣医学部定員減らす 文科省審議会「多すぎる」   愛媛県今治市で獣医学部の新設を計画している学校法人「加計(かけ)学園」が、文部科学省の審議会から「定員が多すぎる」と指摘を受け、学生の入学定員を百六十人から百四十人に修正したことが市の関係者などへの取材で分かった。審議会は八月中に学部設置の可否を判断し、文科相に答申する見通しだ。加計学園は三月末、学部の設置認可を求める申請書を文科相に提出。市関係者によると、審議会から学園の計画に指摘があった。獣医系大学の定員はこれまで全国の十六校で計九百三十人に抑えられ、最多の大学でも百二十人だった。加計学園の計画は既存大学の規模を大きく上回り、日本獣医師会などから獣医師の質の低下を心配する声が上がっている。加計学園の開設準備責任者の吉川泰弘・新学部設置準備室長は取材に、「変更届を出したが、変更内容は明かせない」と答えた。 ・・・ 2017年8月7日  東京新聞 朝刊 配信より  』 配信記事の内容との各対応があるため、私は、山口県 健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹より、私の許へ、連絡が入った山口県 健康福祉部 薬務課 における業務内容についての連絡と調整を山口県 健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹との間では、行った。

平成29年8月5日(土)、山形県 南陽市交流プラザ蔵楽で 8月4日、農業や地域づくりに取り組む人たちが意見を交わす「地域で活躍する人たちのトークセッション」が行われ、特別ゲストで安倍昭恵首相夫人が出演した。この日は、県警の警察官らが周辺を警戒。昭恵夫人は約1時間35分間のトークセッションを終え、報道陣には姿を見せずに帰った。

......................................................................
山口県 健康福祉部 薬務課 麻薬毒劇物班 林雅裕主幹による 私との各対応に関しては、・・・

平成29年8月31日、山口県 健康福祉部 薬務課 麻薬毒劇物班 林雅裕主幹 と 私との各対応に関し、・・・ 私との各対応に関しては、私から、説明しているにもかかわらず、山口県 健康福祉部 薬務課 麻薬毒劇物班 林雅裕主幹に関しては、その納得がいかない点が、山口県防府健康福祉センターから、現在に至るも、私に対しても、それが、多々あるため、私から 山口県 健康福祉部 薬務課 麻薬毒劇物班へ、その情報開示請求後 山口県 健康福祉部 薬務課 麻薬毒劇物班 林雅裕主幹からの対応、また、今までの経緯に関して、私は、そのブログ表記して、その説明もしていかなければいけなくなった。

平成29年8月21日(月)、島根県吉賀町 産業課 糟谷通輔主任、並び、その課長との対応も経て、私は、島根県吉賀町 産業課 ナガフジ 様と対談した。

同日、山口県 情報公開センターへ 私が、山口県 健康福祉部 薬務課へ提出する公文書開示請求の内容について、山口県 健康福祉部 薬務課 麻薬毒劇物班 班長 林 雅裕主幹と私は、対談した。

平成29年8月19日(土)、昭和天皇における、その御 膝治療にも関わりを持っていた医学博士の私の叔父からの伝言もあり、今後の医療体制 維持にかかわって、防府市 医学博士の内科医と私は、対談をした。そのおりに、以下の対応もあり、「山口県青少年赤十字 賛助奉仕団 会報 第36号」について、その防府ロータリークラブ 会員である医学博士へ手渡し、現況における私の身の回りの出来事の多くは、「山口県青少年赤十字 賛助奉仕団 会報 第36号」について 私が、その寄稿している説明、内容文のとおり、その当時から、防府ロータリークラブ 会員、会長、幹事 からの その対応によるところが、多い 旨 等について 簡略に説明もした。

平成29年8月18日(金)、山口県教育委員会 高等学校進学奨励費担当 河本憲明氏と私は、面談し、「山口県青少年赤十字 賛助奉仕団 会報 第36号」に関し、その会報を山口県 健康福祉部 薬務課 林雅裕主幹へ、8月18日に、私が、手渡し、説明した経緯について、簡略な説明も入れ、その後の対応もあるため、今まで、私が、相談している山口県教育委員会の担当職へ、今回の内容に関しても、山口県教育委員会 各学校教育現場での対応もあるため、担当職には、その内容を確認てほしい 旨の伝言を入れた。

平成29年8月18日、山口県青少年赤十字 賛助奉仕団 会報 第36号の私が執筆投稿している内容に沿い、山口県下において過去、その献血運動推進全国大会 第37回 献血運動推進全国大会へ ご臨席(山口県スポーツ文化センター(山口 市))たまわった 皇太子殿下が, ご視察(山口赤十字病院(山口市)) 等の各内容にも 及び、山口県 健康福祉部 薬務課 林雅裕主幹と、第37回 献血運動推進全国大会へ ご臨席(山口県スポーツ文化センター(山口 市))後における 山口県 健康福祉部 薬務課から私への 各種に亘る対応に関し、面談をし 宮内庁 宮務課 職員 関口様と私との今までの対応 等 に関しても、簡略に、その説明も入れた。その際の間、山口県健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹から 私は、山口県健康福祉部 薬務課への公文書開示請求、その件名: 「平成28年度山口県薬務行政の概要」について平成29年8月7日、山口県情報公開センターにおかれるに至った山口県薬務課内での説明と合意内容に関する文書、その開示の日時: 平成29年8月15日以後、写しの交付に要する費用の納付を確認後 開示について、その平成29年8月15日以後、写しの交付に要する費用の納付 私が、山口県健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹へ、それを支払い、山口県健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹から、その領収書を受け取った。

平成29年8月17日(木)、 山口県 健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹と私は、以下の経緯があり、その内容に関する対談した。

平成29年8月7日(月)、山口県 健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹より、私の許へ、連絡が入り、対談した。

平成29年8月4日(金)、山形県 南陽市交流プラザ蔵楽で 、農業や地域づくりに取り組む人たちが意見を交わす「地域で活躍する人たちのトークセッション」が行われ、特別ゲストで安倍昭恵首相夫人が出演した「地域で活躍する人たちのトークセッション」における対談内容、及び、『  加計学園、獣医学部定員減らす 文科省審議会「多すぎる」   愛媛県今治市で獣医学部の新設を計画している学校法人「加計(かけ)学園」が、文部科学省の審議会から「定員が多すぎる」と指摘を受け、学生の入学定員を百六十人から百四十人に修正したことが市の関係者などへの取材で分かった。審議会は八月中に学部設置の可否を判断し、文科相に答申する見通しだ。加計学園は三月末、学部の設置認可を求める申請書を文科相に提出。市関係者によると、審議会から学園の計画に指摘があった。獣医系大学の定員はこれまで全国の十六校で計九百三十人に抑えられ、最多の大学でも百二十人だった。加計学園の計画は既存大学の規模を大きく上回り、日本獣医師会などから獣医師の質の低下を心配する声が上がっている。加計学園の開設準備責任者の吉川泰弘・新学部設置準備室長は取材に、「変更届を出したが、変更内容は明かせない」と答えた。 ・・・ 2017年8月7日  東京新聞 朝刊 配信より  』 配信記事の内容との各対応があるため、私は、山口県 健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹より、私の許へ、連絡が入った山口県 健康福祉部 薬務課 における業務内容についての連絡と調整を山口県 健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹との間では、行った。

平成29年8月5日(土)、山形県 南陽市交流プラザ蔵楽で 8月4日、農業や地域づくりに取り組む人たちが意見を交わす「地域で活躍する人たちのトークセッション」が行われ、特別ゲストで安倍昭恵首相夫人が出演した。この日は、県警の警察官らが周辺を警戒。昭恵夫人は約1時間35分間のトークセッションを終え、報道陣には姿を見せずに帰った。

私は、地方自治体の職員にも「産業連関表」の教育啓発について努力をしています。

西川俊作教授の論文は「産業連関表」が利用されている。「米市場の部分開放」、山口県産米、花燃ゆ、島根県産米、

通産大臣 佐藤信二 平成9年3月
「日本経済の構造改革―産業構造審議会総合部会基本問題小委員会中間とりまとめ」
産業構造審議会総合部会基本問題小委員会委員長 辻村江太郎、

「産業連関分析ハンドブック」「長州表と戦前期表」が論述されています。私の大学生の時代には、沖縄県農産品について、西川俊作教授と話し合いを持っていた。

平成26年10月「長州藩士桂家文書」論文、立正大学から入手。伊木寿一、石橋湛山による研究方法、私は、拝聴している。

平成27年10月、津和野町日原にて、宮本常一氏と日原町史との関係、慶應義塾大学 卒業論文 題名「萩藩宝暦の改革と熊谷五右衛門」、慶應義塾 西川俊作教授の許へ提出、父、森田良吉が、山口県文書館に勤務していた当時、私が見聞した文化交流の経緯を津和野町教育委員会へ説明した。

「防長風土注進案」「萩藩閥閲録」は、石橋湛山、伊木寿一からの支援を受け、山口県文書館 研究主事の努力より、完成されたものである。

平成28年6月7日、島根県吉賀町職員より「吉賀記を読む ~歴史が語る~ 」に関し、説明を受けた。

平成28年12月5日、島根県益田市役所総務部より連絡を私は、いただいた。

山口県 山口市役所 総合政策部 企画経営課 政策調整 担当 主幹、副主幹と面談した。

山口県 AIR SEOUL 空港 担当 職員と連絡を持ち、山口県 環境生活部 環境政策課との間にて 私は、面談をした。その内容は、「 外務省 いわゆる 密約書 不在の問題 」に関係している。

平成28年12月22日、山口県庁 山口県観光スポーツ文化部 県史編さん室 大村勇主幹と私との対応があり、山口県 萩市 総務企画部 総務課 秘書室 三好亮二秘書係長より、萩市役所にて、萩市の立場について、その説明と解釈を私は、聞いた。島根県 津和野町へ私は、行き、島根県 津和野町 商工観光課 職員と私は、津和野における観光に関する面談もし、その後、津和野町 教育委員会 文化財係 主任主事と今まで、山口県 萩市 ・島根県 津和野町 間に亘る経緯に関する文化財保護に関する課題 等も説明を申し上げた。

...........................................................................
「防長風土注進案」は、当時の文化、宗教、祭祀 史実も、記載されている。

平成26年8月、山陰桜友会長 亀井亜紀子先生と私は、米沢 旧藩主家 上杉家に関する話題も、懇談した。

平成26年9月、立正大学 石井富美子 副学長と対談し、石橋湛山先生からの法灯明を拝聴する。

平成26年10月、山口県 岩国市、公益財団法人 吉川報效会 吉川史料館 館長に、「吉賀記」に関し、学術助言を得た。

平成28年6月20日、島根県吉賀町役場、吉賀町長 中谷勝様と面談、日本赤十字社 島根県支部 「いとすぎしまね 第22号 平成27年9月30日 」を手渡す。

平成28年7月11日、出光経営側と創業家、平行線。平成28年4月5日 表千家 同門会 全国大会 萩市 国重要文化財 民家 熊谷家住宅 茶室 茶会ヘ 岸信夫代議士 来席、花燃ゆ、

平成29年8月9日、山口県知事 村岡嗣政氏 より、平29薬 第368号 平成29年8月7日、「決定期間延長通知書」が、私の許へ到着したため、また、下記の状況に関し、山口県 防府市 上田・藤井総合法律事務所 上田和義弁護士から、平成29年8月8日、私の許へ、連絡が入っていて、その対応している各 内容は、島根県下における その事案との関係があるため、私は、島根県 松江市 亀井亜紀子先生 事務所へ、連絡 入れて、その調整をおこなった。

平成29年7月21日にも、平成29年7月14日、記事に関係する 地方自治体による統計処理内容に関しても、私は、山口県 山口市役所にて、山口市 総務部 情報管理課 統計調査 担当 主査も歴任された 山口市 収納課 櫨元香恵 職員と私は対談をし、山口市 収納課 櫨元香恵 職員と私との間では、その学術上における見解の違いが、大きく、発生もしているため、 私は、島根県 益田市 総務部 総務管財課へ、連絡を入れ、昨日、島根県 益田市役所にて、益田市 総務部 総務管財課 鍵村高徳 様と私が、面談した内容及び、その今後の対応に関する、見通しについて、相互に確認をしていった。 祭政一致。・・・

平成29年7月14日に、上記、記事内容に関係する 地方自治体による、その統計処理内容に関しても、私は、山口県 山口市役所にて、山口市 総務部 情報管理課 統計調査 担当 主査も歴任された 山口市 収納課 櫨元香恵 職員と対談をし、山口市 収納課 櫨元香恵 職員と私との間では、その学術上における見解の違いが、大きく、発生もしているために、 その後、私は、島根県 津和野町 総務財政課 安村係長の許へ、連絡を入れ、島根県 津和野町 つわの暮らし推進課 河良 職員と 統計調査処理、国からの センサス 調査と集計 島根県 津和野町と 山口県 山口市 総務部 情報管理課 統計調査 と その対応処理の諸関係における、違いに関して、今後の対応、今後の課題、島根県 津和野町と 山口県 山口市との間では、発生していく可能が、非常に、高いため、慶應義塾大学 商学部にて、私が、統計学、産業連関分析学、等 を学び、小尾恵一郎教授、岩田 暁一教授、西川俊作教授、辻村和佑教授 等から、学んだ 計量経済学、及び、各 学事内容を踏まえ、簡略な説明を入れておく。

米価審議会は、農林水産省の諮問機関として、存在していた審議会の一つ。農林水産大臣の諮問に応じ 1999年の審議会制度の大幅見直しに伴って廃止された。

「福沢諭吉の横顔」西川俊作 著
「計量経済学のすすめ」
「数量経済史の原点―近代移行期の長州経済 」
「学問のすゝめ」福沢諭吉 著

湛山回想 (岩波文庫、1985年12月、)
湛山座談 (岩波書店〈同時代ライブラリー〉、1994年2月、)
石橋湛山日記 (上・下巻組、石橋湛一・伊藤隆 編、2001年3月、みすず書房、)

『日本古文書学』 雄山閣 伊木寿一 著 1930年
『日本書道の変遷』 岩波書店 1935年
『古文書学』 慶應通信 1949年
............................................................
山口県防府健康福祉センター ( 山口県防府環境保健所)の件 )

2009年10月6日(火)、山口県防府健康福祉センター(山口県防府環境保健所)に 天神まちかどフェスタで掲示した献血推進パネルを返却しに行く。担当の薬剤師資格保持 職員から、「フェスタで献血推進の活動写真が撮れましたか。」と尋ねられる。

「今年は、実質、私一人で、今回、インターアクトクラブ生徒を指導し、天神まちかどフェスタで、献血推進活動と募金活動を担当したので、記録写真を撮るゆとりが従来のように、ありませんでした。誠に残念でした。」と山口県防府環境保健所 薬剤師資格保持 職員に対し10月6日(火)は、答えていた。

しかし、今日、12月9日(水)に、山口県防府健康福祉センター(山口県防府環境保健所)の薬剤師資格保持 職員よりFAXが、突然、勤務先に入信されてくる。

その文書内容について、山口県防府健康福祉センター(山口県防府環境保健所)、あの方に確認をしに行く。あの方は、山口県防府健康福祉センター(山口県防府環境保健所)、で各電話応対に忙殺されていた。そばにいた防府環境保健所 職員に説明を聞き。その内容についての記載事項がわかり、その内容をまとめ。夕方、勤務先から山口県防府健康福祉センター(山口県防府環境保健所)にまとめた内容について、山口県防府環境保健所 職員に持って行く。

今日は特に、新型インフルエンザの対応にも、山口県防府環境保健所 職員皆様、忙しい様子であった。
.....................................................................
韓国議員の竹島上陸に「毅然たる対応を」…記念式典で島根知事 政務官も出席

2017.2.22 20:45更新

韓国が不法占拠を続ける竹島(島根県隠岐の島町)の早期領土権確立を求め、同県が定めた「竹島の日」の22日、松江市の県民会館で記念式典が開かれた。韓国・釜山の日本総領事館前への慰安婦像設置をめぐり、日本側が駐韓大使を一時帰国させるなど日韓関係が厳しい状況に陥る中で迎えたこの日、溝口善兵衛知事は韓国国会議員らの竹島上陸に触れ、「極めて遺憾。政府は毅然(きぜん)とした姿勢で対応を」と訴えた。記念式典は島根県などが主催し、今年で12回目。政府からは務台(むたい)俊介内閣府政務官が出席し、「竹島にも慰安婦像を設置しようとする韓国の動きは、受け入れられない」と批判した。政務官の派遣は第2次安倍晋三内閣発足以後5年間続いているが、県が求めた首相や関係閣僚らの出席は今回も見送られ、政府主催の式典も実現していない。式典にはこのほか、超党派の領土議連や地元選出の国会議員8人を含め、460人が出席。竹島領土権確立隠岐期成同盟会長を務める池田高世偉(こうせい)隠岐の島町長は「埋もれた竹島に関する記録や記憶を掘り起こす活動は地元の責務だが、町や県の取り組みには限界がある」とし、政府に基本姿勢を強く示すよう求めた。式典に先立ち、島根県議会の「竹島領土権確立議員連盟」が主催する「竹島問題を語る国民交流会」も県民会館で開かれ、領土議連の国会議員や竹島にゆかりの深い隠岐の島町の住民ら約130人が参加した。会場周辺には、右翼団体約30団体や複数の韓国人グループなどが詰めかけ、竹島の主権確立を求めたり、式典に反対したりする街宣活動を展開。島根県警などが740人態勢で警備に当たった。・・・ 2017.2.22 、産経新聞 20:45更新 配信より






コメント

国連事務次長が北朝鮮に到着 高官らと会談へ

2017年12月05日 | 赤十字活動
国連事務次長が北朝鮮に到着 高官らと会談へ

12月5日 18時33分

国連のフェルトマン事務次長が、5日、北朝鮮のピョンヤンを訪れ、北朝鮮の高官らに対して、弾道ミサイルの発射など挑発をやめるよう、働きかけるとみられます。

続きを読む

国連で政務を担当するフェルトマン事務次長は5日、中国・北京を経由して北朝鮮に出発し、ピョンヤンの空港に到着しました。

国連によりますと、今回の訪問は北朝鮮側の招きによるもので、フェルトマン事務次長は、滞在中、リ・ヨンホ(李勇虎)外相ら、北朝鮮高官と会談するほか、現地の国連機関の関係者らと面会するということです。

国連で政務を担当する事務次長が北朝鮮を訪問したのは、2010年に当時のパン・ギムン(潘基文)事務総長の特使として派遣されて以来、7年ぶりです。

国連は北朝鮮側との会談で、「政策などに関して幅広く議論する」としていて、核・ミサイル開発を加速させる北朝鮮に対し、弾道ミサイルの発射など、これ以上の挑発をやめるよう、働きかけるとみられます。

一方、北朝鮮は国連安全保障理事会の制裁で、国際機関による人道支援の活動に大きな影響が出ていると主張してきたことから、制裁は不当だという立場を示すとともに、核・ミサイル開発はアメリカに対抗するための自衛的な措置だと、アピールするとみられます。

韓国「訪問きっかけに対話に応じること希望」

国連のフェルトマン事務次長が北朝鮮を訪問することについて、韓国統一省の関係者は5日、「国連のグテーレス事務総長が、繰り返し仲介役を担うと表明されていたと理解している」としてこれまでの取り組みを評価しました。

さらに「今回の訪問をきっかけに、北が国際社会との対話に応じることを希望する」とし、訪問に期待を示しました。

そのうえで、韓国政府の立場については、「北の核問題については、非核化を最終目標にして、段階的に交渉を進めていく。今は、制裁と圧力を通じて、対話に応じるように努力するべきだ」として、北朝鮮が核・ミサイルの開発を進める現状では圧力が重要だと説明しました。・・・平成29年12月5日、NHK NEWS WEB 18時33分 配信より


私のコメント ; 平成29年12月5日、国連で政務を担当するフェルトマン事務次長は5日、ピョンヤンの空港に到着しました。国連によりますと、今回の訪問は北朝鮮側の招きによるもので、フェルトマン事務次長は、滞在中、リ・ヨンホ(李勇虎)外相ら、北朝鮮高官と会談するほか、現地の国連機関の関係者らと面会するということです。



コメント

「北」ミサイル余波 株価下落

2017年08月29日 | 赤十字活動
「北」ミサイル余波 株価下落

8/29(火) 12:05配信

北朝鮮によるミサイル発射を受けて、日経平均株価は一時、1万9,300円を割り込んだ。

29日午前の東京株式市場は、投資家の間でリスクを回避しようという姿勢が強まり、取引開始直後から、幅広い銘柄に売り注文が広がった。

平均株価は続落し、下げ幅は一時160円を超え、およそ4カ月ぶりの安値水準をつけた。

外国為替市場では、比較的安全資産とされる円を買う動きが広がり、円相場は一時、1ドル = 108円台前半まで円高が進んだ。

平均株価、午前の終値は、28日に比べ、118円95銭安い、1万9,330円95銭、TOPIX(東証株価指数)は、1,595.79だった。・・・ 平成29年8月29日(火)フジテレビ系(FNN)配信より

私のコメント : 平成29年8月29日(火)、プラザ合意、島根県庁、島根県知事、日本赤十字社 島根県支部 事業推進課長 天野仁美様、島根県 総務部 総務課 竹島資料室 太田様、竹島 密約、・・・。



コメント