地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

令和初の歌会始、「望」を詠む 雅子さま17年ぶり出席

2020年01月16日 | 宮内庁

令和初の歌会始、「望」を詠む 雅子さま17年ぶり出席

1/16(木) 11:48配信 毎日新聞

天皇、皇后両陛下、皇族方らが出席されて行われた歌会始の儀=皇居・宮殿「松の間」で2020年1月16日午前10時半(代表撮影)

新年恒例の「歌会始の儀」が16日、皇居・宮殿で行われた。令和最初の題は「望」。天皇、皇后両陛下や皇族方の他、一般公募の1万5324首から選ばれた入選者10人らの歌が伝統的な節回しで披露された。皇后雅子さまは2003年以来17年ぶりに出席された。

【写真特集】令和初の歌会始の様子

天皇陛下は子供たちの将来が明るくあってほしいとの願いを歌にした。両陛下は「こどもの日」にちなんだ施設訪問を行っており、19年は都内の保育園で園児たちと触れ合った。

皇后さまは各地の被災地で若者が復旧に献身的に取り組み、人々に希望や勇気を与えていることを頼もしく思った気持ちを表現した。両陛下は19年末、台風19号で被災した宮城、福島両県で被災者を見舞い、高校生のボランティアらをねぎらっている。

秋篠宮さまは祖父の昭和天皇に誘われ、栃木県の那須御用邸の屋上から眺めた夜を歌にした。きれいな空に多くの星が輝き、心を躍らせた当時を振り返った。

秋篠宮妃紀子さまは19年9月に訪れた岩手県釜石市で東日本大震災後に移転した小中学校に続く階段にあったヒマワリの鉢植えを見たことを詠んだ。ヒマワリは阪神大震災で亡くなった神戸市の小学生の自宅跡に咲き、復興のシンボルとして各地に広がった「はるかのひまわり」で、上皇さまも19年の歌会始で詠んでいる。同年4月に退位した上皇さまと上皇后美智子さまは今回から出席していない。【稲垣衆史】

 ◇天皇陛下

学舎(まなびや)にひびかふ子らの弾む声さやけくあれとひたすら望む

 ◇皇后雅子さま

災ひより立ち上がらむとする人に若きらの力希望もたらす

 ◇秋篠宮さま

祖父(おほぢ)宮(みや)と望みし那須の高処(たかど)より煌めく銀河に心躍らす

 ◇秋篠宮妃紀子さま

高台に移れる校舎のきざはしに子らの咲かせし向日葵(ひまはり)望む

 来年の題は「実」です。募集要領は、その他の皇族方や入選者の歌とともに、17日朝刊とニュースサイトに掲載します。

【関連記事】
<両陛下が今春訪英へ>即位後初の海外訪問
<「平成モデルの呪縛」断ち切れるか>原武史さんが語る皇室の課題
<即位の礼パレード見ないと「非国民」?>小林節さんと天皇制を考える
<昭和天皇>晩年「戦争責任言われつらい」吐露 侍従が日記
<2019年は…>平成最後に「光」詠む

最終更新:1/16(木) 13:01
毎日新聞

私のコメント : 令和2年1月16日、新年恒例の「歌会始の儀」が16日、皇居・宮殿で行われた。

「 祖父宮と望みし那須の高処より煌めく銀河に心躍らす 」



昭和天皇実録 人名索引・年譜

宮内庁(編集)/東京書籍

undefined

 

佐藤栄作日記 全6巻セット

佐藤 榮作,伊藤 隆 監修/朝日新聞社

undefined

 

高松宮と終戦工作―和平を希求した宣仁親王の太平洋戦争 (光人社NF文庫)

工藤 美知尋/潮書房光人新社

undefined

 

湛山日記―昭和20~22年 (1974年)

石橋 湛山/石橋湛山記念財団

undefined

 

秩父宮と昭和天皇

保阪 正康/文藝春秋

undefined

 

皇族に生まれて―秩父宮随筆集

秩父宮雍仁親王,井上 久,薗田 稔,松平 恒忠,山口 峯生/渡辺出版

undefined

 

昭和天皇最後の側近 卜部亮吾侍従日記 第1巻 昭和45年~59年

御厨 貴/岩井 克己/朝日新聞社

undefined

 

侍従長の回想 (講談社学術文庫)

藤田 尚徳/講談社

undefined

コメント

石川佳純選手代表内定で垂れ幕

2020年01月07日 | 宮内庁
石川佳純選手代表内定で垂れ幕

01月07日 11時54分、NHK NEWS WEB 配信より

東京オリンピックの卓球女子代表に山口市出身の石川佳純選手が内定したことを受けて、7日、山口市役所に代表選出を祝う垂れ幕が掲げられました。

山口市出身の石川選手は、先月、カナダで行われた国際大会の決勝で、代表を争う平野美宇選手に土壇場で勝って世界ランキングで上回り、6日、東京オリンピックの女子シングルスと団体のメンバーに内定しました。

これを受けて、7日午前10時に、山口市役所本庁舎の正面玄関脇に代表内定を祝う垂れ幕が掲げられました。

垂れ幕は、縦9.4メートル、幅1メートルで、「祝 卓球女子日本代表内定」などと書かれています。

26歳の石川選手は、ロンドン大会とリオデジャネイロ大会に続く3大会連続のオリンピック出場で、垂れ幕を見た小学3年生の男の子は、「石川選手には金メダルをとって世界一になってほしいです」と活躍を期待していました。

私のコメント : 令和2年1月7日、山口市役所に行き、山口市 総務課 末田一志課長(兼行政不服審査理員) と私は、面談する。山口市 総務課 末田一志課長(兼行政不服審査理員) と対談した内容については、以下の対応があり、山口市 広報広聴課 安村崇主幹のもとに、私は、説明を入れた。山口市 広報広聴課 藤原健司課長、山口市 広報広聴課 安村崇主幹同席のもとに、山口市 総務課 末田一志課長(兼行政不服審査理員) と対談した内容へと かかり、山口市 秘書課 杉本昌幸課長と私は、面談し、新年のご挨拶も、おこない、山口市長 宛て へ、私からの年賀状を手渡しをした。
 
 
 



 
 

日産の創業者 鮎川義介

宇田川 勝/吉川弘文館

undefined


鮎川義介《日産コンツェルンを作った男》

堀 雅昭/弦書房

undefined



日産vs.ゴーン 支配と暗闘の20年 (文春新書)

井上 久男/文藝春秋

undefined

労働市場 (1980年) (日経文庫 経済学入門シリーズ)

西川 俊作/日本経済新聞社

 

計量経済学のすすめ (1970年) (エコノミスト・シリーズ)

西川 俊作/毎日新聞社

 

故郷の護國神社と靖國神社―「故郷の護國神社展」の記録 (シリーズ・ふるさと靖國)

靖國神社(編集)/展転社

undefined

海軍乙事件 (文春文庫)

吉村 昭/文藝春秋

undefined

 

高松宮日記(全8巻)

高松宮宣仁親王/中央公論新社

undefined

 

佐藤栄作日記 全6巻セット

佐藤 榮作,伊藤 隆 監修/朝日新聞社

undefined

 

神主さんの日常 1巻 (マッグガーデンコミックスEDENシリーズ)

瀬上あきら/マッグガーデン

undefined

 

神社本庁とは何かー「安倍政権の黒幕」と呼ばれて

小川 寛大/ケイアンドケイプレス

undefined

 

徹底検証 神社本庁 (ちくま新書)

藤生 明/筑摩書房

undefined






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
自衛官 護国神社 合祀事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

ナビゲーションに移動検索に移動

最高裁判所判例

事件名 自衛隊らによる合祀手続の取消等

事件番号 昭和57(オ)902

1988年(昭和63年)06月01日

判例集 民集第42巻5号277頁

裁判要旨
死去した配偶者の追慕、慰霊等に関して私人がした宗教上の行為によつて信仰生活の静謐が害された場合は法的利益が侵害されたとはいえない。

最高裁判所大法廷
裁判長
矢口洪一

陪席裁判官
伊藤正己 牧圭次 安岡滿彦 角田禮次郎 島谷六郎 髙島益郎 藤島昭 大内恒夫 香川保一 坂上壽夫 佐藤哲郎 四ツ谷巖 奧野久之 長島敦

意見
多数意見
矢口洪一 牧圭次 安岡滿彦 角田禮次郎 藤島昭 大内恒夫 香川保一 長島敦 髙島益郎 四ツ谷巖 奧野久之

意見
島谷六郎 佐藤哲郎 坂上壽夫

反対意見
伊藤正己

参照法条 憲法20条,民法709条
テンプレートを表示

自衛官護国神社合祀事件(じえいかんごこくじんじゃごうしじけん)は、殉職した自衛官を山口県護国神社に合祀した行為が、信教の自由を侵害され、精神の自由を害されたとして遺族の女性が、合祀の取消し請求を求めた訴訟である。最終的に最高裁判所は訴えを認めなかったが、最高裁判事の意見が分かれる、いわゆる合議割れになったことや、下級審が行った事実認定を最高裁が覆すなど一部に異議がある。

目次
•1 訴訟の背景
•2 下級審の判決
•3 最高裁の判決
•4 判決への批判
•5 その他
•6 脚注
•7 参考文献
•8 外部リンク

訴訟の背景[編集]
第二次世界大戦まで軍人が戦死した場合には靖国神社に合祀されていた。戦後になって自衛隊員が公務で殉職した場合には靖国神社へは合祀されなくなったが、従来のように隊員の出身地にある護国神社に合祀されていた。

同訴訟の原告の夫であった自衛隊員は1968年(昭和43年)1月12日、公務中に発生した交通事故で殉職した。葬儀は仏教式で行われたが、原告の女性は従来から信仰してきたキリスト教の教会に夫の遺骨の一部を納め、故人を追悼した。

自衛隊員のOB組織である、社団法人隊友会山口県支部連合会(以下「県隊友会」)は、以前からの慣習として殉職した山口県出身の自衛隊員を山口県護国神社に合祀していた。 1972年3月31日、原告の夫も含む27名について自衛隊山口地方連絡部(以下「地連」)の事務的な協力と山口県護国神社の合祀の了解が得られたため合祀申請し、同年4月19日に神社に合祀された。この一連の行為に対し後に原告になった女性は反対したが、隊友会も訴訟になることを嫌い、三回、合祀申請の取り下げをした[要出典]が、県護国神社は合祀した。また、申請取り下げの動きを察知した他の遺族は合祀に賛成する旨を表明している。

合祀に対し、納得のいかない女性は一連の合祀手続きは原告の信教の自由を侵害し、また政教分離原則にも違反するとして、手続きの取消しと精神的苦痛に対する慰謝料を請求する訴訟を県隊友会と地連を相手に提起した。

下級審の判決[編集]
1審の山口地方裁判所(1979年3月22日判決)および控訴審の広島高等裁判所(1982年6月1日)の判決は、原告勝訴の判決であった。事実認定では県隊友会と地連の一連の行為は共同のものであり、国家公務員である地連職員の行為が憲法で禁止される宗教的活動に該当し、政教分離原則に違反するとして違法としたものである。

最高裁の判決[編集]
最高裁判所(1988年6月1日判決 、民集42巻5号277頁、判例時報1277号34頁、判例タイムズ669号66頁)は、下級審の判決を破棄し原告敗訴の判決を下した。

事実認定として、自衛官の近縁の血縁者は仏教徒、自衛官自身は自分の宗教観について明言しておらず無宗教と考えられ、近い親戚の中でキリスト教徒は原告である妻のみである。また原告は自衛官の遺骨の一部を他の遺族に無断で持ち出し、教会に持って行ったりなどして他の遺族と軋轢が生じていた。(#外部リンク先の判決文を参照。この行為が、「自らの信教の自由を振りかざして他者の信教の自由を無視する行為」と斟酌された)

多数意見によれば、合祀のための申請行為の共同性に対しては、地連職員の行為は事務的な協力であり、直接合祀を働きかけた事実はないとして、合祀申請は県隊友会による単独行為であるとした。そのため地連職員の行為は宗教的活動には当たらないとした。よって合祀申請しても公務員である自衛隊職員(国家)は関係ないから政教分離の問題にはならない。また精神的苦痛に対しては、自己の信仰生活が害されたことによる不快感に対して損害賠償などを認めることは、かえって相手方の信教の自由を害することになるとして、強制的に信教の自由が妨害されないかぎり、(訴外の合祀を望んだ別の遺族や山口県護国神社に対して)寛容であるべきである。以上のことから原告の信仰生活を送る利益を法的利益として直ちには認められないとして敗訴判決を出した。

なお、最高裁裁判官15名のうち坂上壽夫裁判官と伊藤正己裁判官が法律論として、宗教上の人格権を認めたが、坂上裁判官は自衛官の実父が合祀を喜び、命日に参拝したことを挙げ「多数意見のいう寛容が要請される場合であるといわなければならない。したがつて、ある近親者によつて行われ、又はその意思に沿つて行われた追慕、慰霊等の方法が他の近親者にとつてはその意思に反するものであつても、それに対しては寛容が要請されなければならず、その者の心の静謐を優先して保護すべき特段の事情のない限り、その人格権の侵害は、受忍すべき限度内のものとして、その違法性が否定されるべきである。」と結論付け、伊藤裁判官は実父の件については触れず違憲と判断した。ほか、裁判官3名が、結論としては法廷意見に賛成するが、地連職員の行為は行き過ぎないし憲法違反であるとする意見を付けた。

判決への批判[編集]
判決では法律審を原則とする最高裁が、下級審の行った事実認定を覆し、事件の本質は権利能力なき社団である県隊友会と原告との私人間の争いとされ、自衛隊地連職員(国家)は関係ないと認定している。このように最高裁が事実認定を覆すほどの証拠が新たに法廷に提示されたわけでもないのに事実関係を変更するのは異例である。[要出典]また訴訟に参加していない山口県護国神社の宗教活動に理解を求めるが、訴外の第三者に対して何らかの対応を求める事は異例との指摘もある[1]。

その他[編集]
現在の自衛隊は、殉職隊員の慰霊のため神社への合祀に関し部隊の長等が公人として奉斉申請者となること、部隊等が国家機関でない自衛隊遺族会、隊友会等の団体に合祀を推進するよう働きかけること及び宗教団体とこれら団体との連絡や合祀に必要な事務代行は行っていない。[2]

脚注[編集]
[ヘルプ]
1.^ 赤坂正浩「信教の自由・政教分離の原則と自衛官の合祀」高橋和之・長谷部恭男・石川健治編『憲法判例百選I 第5版』(有斐閣、2007年)98頁
2.^ 宗教的活動について(通達)昭和49年11月19日 防人1第5091号

参考文献[編集]
出典は列挙するだけでなく、脚注などを用いてどの記述の情報源であるかを明記してください。記事の信頼性向上にご協力をお願いいたします。(2015年3月)

・・・
以下の内容は、文字数 等 の関係から、よって、それを省略します。

 
コメント

皇嗣・秋篠宮様は、11月30日に54歳の誕生日を迎える

2019年11月27日 | 宮内庁

皇嗣・秋篠宮様は、11月30日に54歳の誕生日を迎える

 

あの問題提起から1年、秋篠宮「11・30誕生日会見」の注目発言

 

あの問題提起から1年、秋篠宮「11・30誕生日会見」の注目発言|au Webポータル国内ニュース

配信より

 

皇嗣としての真意は(時事通信フォト)

 皇嗣・秋篠宮は11月30日に54歳の誕生日を迎える。昨年の誕生日を迎えるにあたっての会見では、約1年後に迫っていた大嘗祭の費用について、「宗教色が強いものを国費で賄うことが適当かどうか」と疑問を呈し、さらにはその“問題提起”について宮内庁長官が「聞く耳を持たなかった」と明かしたことが波紋を広げた。

 それだけに、「会見を前に、今年は秋篠宮さまからどのようなお言葉が飛び出すのか、宮内庁幹部は神経を尖らせていた」(皇室ジャーナリスト)という。

 

「会見自体はすでに11月20日に行なわれているが、情報解禁は誕生日当日の午前0時。宮内庁がピリピリしているだけに、各社は例年以上に情報管理に慎重です。ただ、大嘗祭の費用を巡る質問が出て、秋篠宮さまもお答えになったと聞いている。今後も、秋篠宮さまのご発言の機会のたびに、宮内庁は注意深く対応していくことになるでしょう」(同前)

 

 その真意はどこにあるのか。皇室ジャーナリストの神田秀一氏はこういう。

 

「秋篠宮さまは、尊敬する高松宮宣仁殿下から皇族としての姿勢のあり方を学ばれたのだと思います。昭和天皇が国民統合の象徴となり、弟の高松宮さまは宮家当主であると同時に、皇室のスポークスマン的存在としてご意見を述べるようにもなっていた。兄である今上陛下を支える上で、ご自身は“意見を述べるという役割”を意識されているのではないでしょうか。

 

 秋篠宮さまは学習院大時代に法学者・芦部信喜氏のもとで学ばれ、以降も日本国憲法を熱心に勉強されている。大嘗祭の費用負担を巡る発言にしても、そうした知識を踏まえたお話だと感じました。大嘗祭は憲法に定められた国事行為にはあたらず、あくまで天皇家の私的行為。だから、その費用は内廷会計から出すべき、というお考えだったのではないでしょうか」

 

 来年4月には秋篠宮が皇嗣となったことを国内外に示す「立皇嗣の礼」が控えている。さらには、「結婚関連行事の2020年までの延期」が発表されていた秋篠宮家の長女・眞子内親王の小室圭氏との結婚問題についても、何らかの結論が求められることになる。

 

 令和皇室の船出にあたり、より一層、秋篠宮の言動に注目が集まる。

 

※週刊ポスト2019年12月6日号

 

コメント

「大嘗宮の儀」が令和元年11月14日夕、皇居・東御苑の大嘗宮で始まった・・・

2019年11月14日 | 宮内庁

「大嘗宮の儀」が令和元年11月14日夕、皇居・東御苑の大嘗宮で始まった・・・


大嘗宮の儀始まる 天皇陛下、白装束で悠紀殿へ

11/14(木) 18:48 毎日新聞 配信より

大嘗宮の儀始まる 天皇陛下、白装束で悠紀殿へ

薄明かりの中、「悠紀殿供饌の儀」のため祭服を着て悠紀殿に進まれる天皇陛下=皇居・東御苑で2019年11月14日午後6時35分(代表撮影)

天皇陛下の即位に伴って行われる皇室行事「大嘗祭(だいじょうさい)」の中心的儀式「大嘗宮(だいじょうきゅう)の儀」が14日夕、皇居・東御苑の大嘗宮で始まった。陛下は非公開の建物内で、古式にのっとり、国と国民の安寧や五穀豊穣(ほうじょう)を祈られる。15日未明まで続く儀式には、安倍晋三首相ら三権の長や各界代表ら約670人が招待された。

【写真特集】大嘗宮の帳殿に向かわれる皇后さま

儀式は、皇室が祖とする天照大神(あまてらすおおみかみ)などに新米をはじめとした「神饌(しんせん)」を供えるなど宗教色が強い。憲法に基づく国事行為ではないが、政府は平成時と同じように「公的性格がある」として宮内庁予算の「宮廷費」から約24億4000万円を支出する。

新たに建てられた大嘗宮は、東西89・7メートル、南北88・15メートルの敷地に大小約30棟が左右対称に並ぶ。陛下は、北端にある廻立殿(かいりゅうでん)で身を清め、最も重要な神事に着る御祭服(ごさいふく)と呼ばれる白の装束に着替えて回廊を進み、午後6時半ごろに前半の儀式が行われる東方の悠紀殿(ゆきでん)に入った。

悠紀殿は東西8・1メートル、南北13・5メートルの木造建物で、内部は外陣(げじん)と儀式を行う内陣に分かれる。外陣には皇位の証しとされる三種の神器のうち剣と璽(じ)(まが玉)が置かれ、内陣には東日本から占いで選ばれた栃木県高根沢町で収穫された「とちぎの星」を蒸したご飯や酒、海産物、果物などが運び込まれる。

宮内庁などによると、陛下は内陣で天照大神が座るとされる神座に向かい合う御座に腰を下ろし、カシワの葉で作った皿に米などを箸を使って供え、祈りのためのお告文(つげぶみ)を読み上げる。自らも米や酒を口にする直会(なおらい)を行い、儀式は約3時間に及ぶ。

内陣で儀式に臨むのは陛下と采女(うねめ)と呼ばれる女官だけだ。皇后雅子さまは白い十二単(ひとえ)を身に着け、悠紀殿近くの帳殿(ちょうでん)で拝礼する。秋篠宮さまは小忌幄舎(おみあくしゃ)、秋篠宮妃紀子さまら女性皇族は殿外(でんがい)小忌幄舎で拝礼する。

後半の儀式は悠紀殿と同じ構造の主基殿(すきでん)で15日午前0時半ごろ始まり、西日本から選ばれた京都府南丹市の米「キヌヒカリ」などを陛下が供え、前半と同じ所作が行われる。

皇室は毎年11月23日、皇居内の神嘉殿(しんかでん)で新嘗祭(にいなめさい)を行っている。即位した天皇が最初に行う際は大嘗祭として実施し、飛鳥時代の7世紀後半に始まったとされる。新嘗祭は皇室の私的な宗教行事として、天皇家の私的活動に使う「内廷費」でまかなわれている。【高島博之、和田武士】

【関連記事】
• <大嘗宮の儀「平成の代替わり」踏襲 宗教的と公的のバランスは>
• <秋篠宮さまは「27億円」公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用>
• <両陛下、沿道の歓声に笑顔で応え 即位パレード>
• 【晴れの日を写真特集で】天皇陛下の即位パレード
•【動画・即位パレード】秋晴れの下…両陛下、沿道の歓声に笑顔で応え

最終更新:11/14(木) 21:41  毎日新聞

私のコメント : 令和元年11月14日、天皇陛下の即位に伴って行われる皇室行事「大嘗祭」の中心的儀式「大嘗宮の儀」が14日夕、皇居・東御苑の大嘗宮で始まった。15日未明まで続く儀式には、安倍晋三首相ら三権の長や各界代表ら約670人が招待された。

令和元年11月14日、山口県 萩市農業委員会 國光貴子事務局長と私は、対談した。

令和元年11月14日、山口県 萩市 総務課 行政係 藤崎課長補佐と私は、下記 対応もあり、その対談をおこなった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
令和元年8月29日、山口県 観光スポーツ文化部 県史編さん室 三原 忍室次長から、私のもとへ、下記の対応もあるため、連絡が入り、私からその際に、山口県 観光スポーツ文化部 県史編さん室 へ 申し述べた内容 山口県下における その祭祀、信仰 等 に関し、山口県知事 村岡嗣政殿に、その内容が、伝わるように と伝言をした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
山口県 観光スポーツ文化部 県史編さん室 室次長と 私との間における 今までの対応の件

平31県史編さん第23号 令和元年(2019年)7月10日、山口県知事村岡嗣政殿から、私宛 弁明書の内容に関しては、以下のとおりの内容です、

1 省略

2 弁明の趣旨
「この審査請求を棄却する。」との裁決を求める。

3 棄却を求める理由
内容 

長文のため 途上 理由の内容は、省略します ・・・ 

本件処分に対し、審査請求人は、山口宇部空港事務所や国際課、文部科学省、文化庁、法務省、山口県警察、島根県警察の職員からの対応と、萩市や市町課、交通政策課の職員からの対応が異なり、審査請求人は、現在、緊急な局面に陥っており、山口県知事からは有識者を交えた努力も一切されず、山口県知事、山口県諮問庁から審査請求人に対し聴き取りをする場を一切設けないという山口県知事の審査請求人に対する誠意のない対応が依然として続いており、また、交通政策課の職員からの継続される対応と当該非開示処分により、さらに重篤な状態となっているため、取り消しを求めると主張する。しかし、審査請求人が緊急な局面に陥っていることや重篤な状態となっていることと、当該 非開示処分との関連性が不明である。・・・・ 等 との 山口県知事村岡嗣政殿からは、その主張をされ続けています。

この現状について、どうか、皆様方からの 私に対する、その ご理解と、ご対応の程も、よろしく お願いを申し上げます。

令和元年8月27日、山口県 観光スポーツ文化部 県史編さん室 三原 忍室次長との対応もあり、山口県 山口市 公立大学法人 山口県立大学 総務監理部 人事グループ 山本達雄 人事グループリーダーと私は、面談した。

令和元年8月26日、山口県 観光スポーツ文化部 県史編さん室 三原忍室次長とは、以下の対応があり、その対談をおこなった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
埼玉の県令Ⅰ 第2代県令 白根多助

※本展示は終了しました。

コーナー展示「埼玉の県令Ⅰ 第2代県令 白根多助」

1 期間  平成28年3月1日(火曜日)~平成28年6月5日(日曜日)

      ※休館日:月曜日・祝日・月末休館日(3/31・5/31)・

      特別整理期間中(5/9~5/16)

2 展示場所 埼玉県立文書館 1階展示室

3 観覧料  無料

詳しくはコチラ→白根多助展パンフレット.pdf

           パンフレット別紙.pdf

令和元年8月27日、埼玉県立文書館 佐藤様 と 私は、上記 コーナー展示 「埼玉の県令Ⅰ 第2代県令 白根多助」内容における、第2代県令 白根多助、埼玉県 保育政治、維新150年!! 輝け花と共に・・、「 NHK 大河ドラマ 花燃ゆ 」 に関する 話題に関して、対談をすることができた。

令和元年8月26日、共同通信は令和元年8月13日、靖国神社が昨年秋、在位中の上皇さまに2019年の神社創立150年に合わせた参拝を求める「行幸請願」を宮内庁に行い、断られていたことが分かったと報道されているが、宮内庁の西村泰彦次長は令和元年8月26日の定例記者会見で、その報道に関し、「そもそも宮内庁として願い出を受けた事実はなく、それをお断りしたという事実もない」と否定された。

山口県 観光スポーツ文化部 観光政策課、山口県 観光スポーツ文化部 観光プロモーション推進室、山口県 観光スポーツ文化部 交通政策課 副課長、山口県 観光スポーツ文化部 国際課 副課長 との対応 あり、更に、

令和元年8月26日、山口県 観光スポーツ文化部 県史編さん室 三原 忍室次長とは、以下の対応があり、その対談をおこなった。

保育政治、維新150年!! 輝け花と共に・・、花燃ゆ、主演 井上真央、津和野町、萩市、山口市、周南市、山口県 交通政策課、吉賀町、益田市、デジカメ 編集。その後における 説明について、・・・

京都 八月十八日の政変、維新150年!! 輝け花と共に・・、花燃ゆ 主演 井上真央 NHK 大河ドラマ 放映後における 七卿落ち 沢宜嘉卿の御用係を勤めていた当家 対応 等も、私のもとには、現在あり、よって、令和元年を迎えて、令和元年8月18日、山口市 錦小路頼徳卿の墓所を参拝し、「維新150年!! 輝け花と共に・・」、花燃ゆ その後の報告を墓前におこない。神社 等 からの稜威もいただいた。

令和元年8月27日、山口県 山口市 公立大学法人 山口県立大学 総務監理部 植田博晃 副部長と私は、山口県立大学 総務監理部にて、面談をおこなったのち、以下の経緯もあり、山口県 山口市 公立大学法人 山口県立大学 総務監理部 人事グループ 山本達雄 人事グループリーダーと私は、対談した。

令和元年8月27日、山口県 山口市 公立大学法人 山口県立大学 総務監理部 人事グループ 山本達雄 人事グループリーダーと私は、対談した内容を受けて、山口県 山口市 日本赤十字社 山口県支部に行き、 山口県 山口市 日本赤十字社 山口県支部 木村修司 部長と私は、面談した。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
令和元年8月30日、山口県 萩市総務課 行政係 山中様と私は、対談する。

令和元年8月29日、山口県山口市 浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 山口教区教務所 中村祐順輪番、教務所長様と私は、下記の内容に関しても 山口市 山口中央幼稚園において、面談を行った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                        令和元年8月29日

浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 
山口教区教務所 中村祐順輪番、教務所長様                   

     山口中央幼稚園保育所施設 拡幅工事における利害関係人(名前 省略)

いつも大変お世話になっております。今までに私は、本願寺山口別院 中村祐順輪番様と下記の対応もありますが、別紙 件名:  伯母 森田京様に対して、祖父 森田金吾からの相続における請求書 (甲第4号証) につきましては、山口県 萩市 山口家庭裁判所 萩支部における 親族間調停の場において、伯母 森田京様との話し合いの場を持っておりますこと、ご報告申し上げますとともに、この書面にて、当該 山口家庭裁判所 萩支部 親族間 調停の場における、私に対し、ご支援の程も 何卒 よろしくお願い申し上げます。

平成30年6月6日、浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 山口教区教務所 中村祐順 輪番、教務所長と私は、面談し、浄土真宗 東本願寺 元 門主 光暢様智子 裏方からのお気持ちと 京都 粟田口 青蓮院 東伏見保子様からの私に対する、その想いについて、浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 山口教区教務所 中村祐順 輪番様から、京都 西本願寺 大谷流豆美 裏方 のもとへも 届くようにと、ご法話、及び、その対談した。そして、今までに、私が、下記に 記載している内容について、山口別院 山口教区 教務所 木下祐祥輪番のもとへ、私から、その届け出ている書状をまだ、確認されていないということなので、次回の面会時まで、前山口別院 木下祐祥輪番まで、確認をされて、読んで いただきたいと、申し述べた。
.....................................................................
平成29年11月7日、京都・西本願寺 山口別院 山口教区 教務所 木下祐祥輪番と私は、下記の内容について、対談をした。

「京都・西本願寺で青年部代表池坊美佳が講演を行います」へと至る 記事、世界へ配信されている経緯に関しては、京都・西本願寺へと関係しています記事 閲覧していただきたいと、関係者 皆様には、お願いを申し上げます。

井上真央 『花燃ゆ』 最終回を報告、吉田松陰の末の妹・文を演じた女優 井上真央が、平成27年12月13日、山口・防府市にある楫取夫妻の墓前を訪ね、最終回の放送を迎えることを報告されて、平成27年12月14日、吉田松陰 養母の実家にあたる山口県 萩市 国重要文化財民家に指定されている森田家 その祭祀を代表して、私は、防府市 楫取夫妻の墓前を弔った。

『平成29年2月27日、萩市 浄土真宗本願寺派、三千坊 坊守様より、挨拶状に関する 下書きの連絡文が、私の許へ到着し、朝方、私からのその返信文を、三千坊 坊守様へ、送信する。平成29年2月27日 夕方になり、その返信文を見た 三千坊 坊守様から 私の許へ、電話での、連絡が入る。その際、「 平成29年2月26日に、萩市 三千坊へ参拝したおり、三千坊 坊守様へ、私から手渡している私の書面、文面のとおりに、萩市 三千坊 住職と坊守様の間に立つことが、容易ではない状況にあること、今回、平成29年2月27日付 私による返信文、その文章においては、表現もし 書いているつもりの旨 等」を、萩市 浄土真宗本願寺派 三千坊 坊守様へは、私から、申し伝えた。』

平成29年3月1日、山口県 山口市 浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 木下祐祥輪番へ私から西本願寺 第25代専如門主 ご巡拝 等に関係する宗務内容 書面で、説明を入れ、萩市 三千坊 住職様と坊守様から、私への対応内容が、浄土真宗本願寺 宗派の内外へ対応している件に関して、山口市 本願寺山口別院、木下祐祥輪番から、私は、本願寺別院 応接室にて、助言、得ることもできた。

平成29年4月3日、山口県 浄土真宗本願寺派 本願寺 山口別院 山口教区 教務所 木下祐祥輪番と対談する。外務省 いわゆる 密約書 不在の問題に関する件、木下祐祥輪番と私は、相互に意見交換をすることができた。本願寺 山口別院 山口教区 教務所 木下祐祥輪番と、二人の対話で、浄土真宗 宗務における、その心情、感じ取り、聞き取り することもできた。

浄土真宗本願寺派 本願寺 萩組 満行寺 坪井組長が、会奉行をつとめられた当時における 萩市 三千坊 総代会・法要委員会 「親鸞聖人750回大遠忌お待ち受け・蓮如上人500遠忌・第19世住職継職法要開要綱」の話題となったため、その当時の経緯、説明を私は、山口別院 山口教区 教務所 木下祐祥輪番におこない。浄土真宗本願寺派 本願寺 萩組 満行寺 坪井組長から、その大分県 別府別院 輪番、当時の話題もあり、山口県山口別院 山口教区 教務所 木下祐祥輪番と私との間にて、相互に、そこに至るまでの、お互いの情と気持ちを、相 照らし合わせた。

山口県 萩市三千坊 総代会・法要委員会 「親鸞聖人750回大遠忌お待ち受け・蓮如上人500遠忌・第19世住職継職法要開要綱」につ関しても、京都府 京都市 天台宗 栗田口 青蓮院 執事との対応が、私にはあるため、京都市 青蓮院にも対応しています。

令和元年7月17日、過去、佐藤栄作先生、田中角栄先生、竹下登先生からの建設業界への一連の対応があり、山本繁太郎前山口県知事が、その当時に、受けられていた 建設業界からの内容は、参議院議員 林芳正先生 事務所長 徳見秀明様のもとへ、私は、対談を行い、山本繁太郎前山口県知事から、私が、当時、聞いていた内容に関する、簡略なる、報告を入れた。

令和元年7月17日、島根県 国会議員 秘書と私は、衆議院議員 竹下亘先生の容体についても、目下、心配なために、対談した。

令和元年7月17日、山口県 山口市 公立大学法人 山口県立大学 総務監理部 植田博晃 副部長と私は、山口県立大学 総務監理部にて、面談をおこない、そのあと、その内容に関する、報告が、公立大学法人 山口県立大学 総務監理部 植田博晃 副部長から、私のもとに入った。

保育政治、維新150年!! 輝け花と共に・・、花燃ゆ、イージスアショア、燃料油 自衛隊 貯蔵 燃料 タンク 等の 周辺地域 環境 問題、津和野町、萩市、山口市、周南市、山口県 交通政策課、益田市、吉賀町、デジカメ 編集、・・・

下記における 島根県 吉賀町地域防災計画 について、その説明・・・

令和元年8月24日、島根県 吉賀町地域防災計画について、島根県吉賀町総務課職員、島根県吉賀町教育委員会 職員と私との相互信頼関係、対応もあり、私のもとへ、その送付をいただき、旧領主家 伝聞 内容にも沿い、吉賀町地域防災計画内容に関し、過去事象とも照らし、防災計画を考察することができ始めた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
は じ め に

近年、地震予知の技術が進み、また、社会的認識も災害発生予知の可能性を認知する方向がみられているが、これは実は限られた災害であり、かつ、限られた地域においてのみ予知の可能性があるにすぎないことを正しく認識する必要がある。

「災害は忘れたころにやってくる」ということわざにもあるとおり、災害は突然私達の生命、財産を襲って来る。災害を考えるとき、最初の大前提として認識しなければならない重要なことは、「災害は予期しないときに発生する。」ということを肝に命じなければならない。

こうした災害から、国土及び国民の生命、身体並びに財産を保護していくためには、国・地方公共団体をはじめとする防災関係諸機関が、常に新しい情報と地域の実情に即して、適切な対策を講じていかなければならない。

地域防災計画は、災害対策基本法に準拠した地域の防災対策の規範(マニュアル)であり、それぞれの地域の実情に即して、その地域の防災機関が防災に関して処理すべき業務内容等を定める計画である。

これまでの災害対策における地域防災計画の役割等を聞いたアンケート(自治省消防庁60.3)によると被害の規模が大きいほど地域防災計画の活用がなされ、また地域防災計画を用いなかった理由として「見ている暇がなかった」、「計画にうたわれていない事態が発生した」、「発災時に役立つように創られていなかった。」という理由が多く指摘されている。

地域防災計画は、地域に密着した極めて具体的かつ精緻なものでなければならないことと、災害時における防災機関、地域住民の重要な行動指針となる内容をもつことが必要である。

したがって、地域防災計画の内容は、わかりやすく書かれたものであり、かつ日頃から関係機関、住民等に対して計画内容の周知徹底を図っておくことが重要であり、防災訓練時等において計画内容にそったトレーニングを積み重ねることが有効である。

特に災害危険箇所の所在、災害情報の伝達方法、避難方法等については、行政広報等の各種媒体を活用して平素から周知に努める必要がある。

この吉賀町地域防災計画は、防災の万全を期するため、災害対策基本法及び島根県地域防災計画に基づき吉賀町の地域にかかる災害対策に関して定めたものである。


森英恵 その仕事、その生き方 (別冊太陽)
平凡社

Hanae Mori style
森 英恵,吹田 靖子,篠山 紀信,与田 弘志/講談社インターナショナル

保育所保育指針解説書―2008年3月発表
ひかりのくに

福沢諭吉の横顔 (Keio UP選書)
西川 俊作/慶應義塾大学出版会

森鴎外―近代文学界の傑人 (別冊太陽 日本のこころ 193)
山崎 一穎/平凡社





コメント

両陛下、台風被害に心痛め、・・・

2019年10月15日 | 宮内庁

両陛下、台風被害に心痛め=上皇后さま誕生日行事は中止

2019年10月15日15時53分

時事通信社 配信より

 宮内庁の西村泰彦次長は15日の定例会見で、天皇、皇后両陛下が台風19号による甚大な被害に心を痛め、犠牲者や遺族、被災者に哀悼とお見舞いの気持ちを持たれていることを明らかにした。

 西村次長によると、両陛下は一日も早く安否不明者が見つかり、被災地の復旧が進むことを願っている。長年にわたり多くの被災地を見舞ってきた上皇ご夫妻も、今回の被災地域の広さや決壊した堤防の数は比較できる災害の記憶がなく、心を痛めているという。

 上皇后さまは20日が85歳の誕生日。2日後に陛下の即位礼正殿の儀などが控えているため、祝賀行事は例年より簡素化することが決まっていたが、台風被害を受けてご一家でのお祝いの昼食以外全ての行事を取りやめる。

私のコメント :   令和元年10月15日、上皇后さまは令和元年10月20日が85歳の誕生日。2日後に陛下の即位礼正殿の儀などが控えているため、祝賀行事は例年より簡素化することが決まっていたが、しかし、ご一家でのお祝いの昼食以外 全ての行事を台風被害を受けて、お取りやめになられる。

慶應義塾大学 村田昭治教授から 慶應義塾大学 三田キャンパスにて、私は、高等学校 商業教員 免許状「商業科教育法」免許状 単位 伝授もいただきました。
 
「産業連関表」啓発教育の努力しています。西川俊作教授の論文は「産業連関表」が利用されている、山口県産米、花燃ゆ、秋田県産米、島根県産米、

 防衛省 油槽所、萩市、秋田市、イージスアショア、山口県知事、抗告、広島高裁、柳井市、周防大島町、山口県道路、周防大島 大橋、山口県 交通政策課、スーパーボランティア、・・・、

 保育政治、維新150年!! 輝け花と共に・・、花燃ゆ、津和野町、萩市、山口市、周南市、山口県 交通政策課、益田市、デジカメ編集

 通産大臣 佐藤信二 平成9年3月「日本経済の構造改革―産業構造審議会総合部会基本問題小委員会中間とりまとめ」

 平成26年10月「長州藩士桂家文書」論文、入手。伊木寿一、石橋湛山による研究方法 拝聴している。

 AIR SEOUL 山口宇部空港 職員と連絡を持つ、山口県との事柄、「 外務省 いわゆる 密約書 不在の問題 」に関係している。

 平成30年3月27日、益田市 危機管理課 と「外務省 いわゆる 密約書 不在の問題」に関係し、益田市長に対し対応もあり、開示請求を提出、下森博之津和野町長、岩本一巳吉賀町長、山口県 渡辺純忠山口市長、秘書室 と私との面談あり、島根県知事 総務課 対応の後、島根県 観光政策課 板垣様からの対応を得た。

平成30年7月17日、平成30交通政策 第64号 山口県知事 村岡嗣政殿による弁明書に対して、私は、その対応を始める。平成30交通政策第64号の担当 山口県 交通政策課 伊藤香緒利副課長、交通政策課 空港利用促進班。

令和元年5月10日、山口県民中央相談室にて、山口県 県史編さん室 三原忍 室次長と面談。

令和元年5月10日、山口県 山口市議会事務局 庶務担当 福田早織主査のもとへ、山口県 山口市 総務部 収納課 山田和徳主事からの、種々言動 政治的な背景がある 市役所の公務員としての威圧を受けた具体的な内容 説明を入れ、山口市議会事務局 庶務担当 福田早織主査を介し 坂井芳浩 山口市議会議長と面談をしたい旨を伝えた。

平成28年4月5日 表千家 同門会 全国大会 萩市 国重要文化財 民家 熊谷家住宅 茶室 茶会ヘ 岸信夫代議士 来席、花燃ゆ、・・・

平成29年10月17日、山口県 山口市役所にて、山口市 総務部 情報管理課 統計調査 担当 主査も歴任 山口市 収納課 櫨元香恵 職員と 以下の内容に関し、対談も おこない、島根県「津和野藩主亀井家入城四百年 記念事業のご案内」パンフレットをもとに、山口市 櫨元香恵 職員へ、その内容に関し、説明もした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

明治神宮、本殿の改修終了 ご神体を戻す祭典に1千人
朝日新聞社 2019/08/11 17:44 、配信より

2020年に鎮座100年を迎える明治神宮(東京都渋谷区)で本殿の改修工事が終わり、昨年5月に仮殿に移されていたご神体を本殿に戻す祭典「本殿遷座(ほんでんせんざ)祭」が11日、前日に続いて執り行われた。

この日は午前10時から「奉幣(ほうべい)の儀」があり、約1千人が見守った。天皇陛下からの「御幣物(ごへいもつ)」が神前に供えられたほか、舞い降りた天女が水浴をする羽衣伝説に基づいた舞い「東游(あずまあそび)」が披露された。10日夜には、明かりを消した中で、ご神体を仮殿から本殿に移す「遷御(せんぎょ)の儀」が行われた。

明治神宮は1945年4月の東京大空襲で大半が焼失、58年に再建された。来年11月の鎮座100年を前に、16年から老朽化が著しい社殿群の銅板屋根のふき替えなどの改修を進めてきた。昨年5月にはご神体が本殿から中庭に設けられた仮殿に移されていた。(長野佑介)

私のコメント : 令和元年8月11日、令和2年(2020年)に 鎮座100年を迎える明治神宮(東京都渋谷区)で本殿の改修工事が終わり、昨年5月に仮殿に移されていたご神体を本殿に戻す祭典「本殿遷座(ほんでんせんざ)祭」が11日、前日に続いて執り行われた。 乃木の里、・・・

 

 

 

 

 

 

 

コメント

両陛下、英アン王女と懇談 ラグビー観戦で来日

2019年10月12日 | 宮内庁

両陛下、英アン王女と懇談 ラグビー観戦で来日

2019/10/11 18:43
天皇、皇后両陛下は11日、ラグビーワールドカップ(W杯)を観戦するために来日している英国のアン王女夫妻を住まいの赤坂御所に招き、懇談された。
車寄せで出迎えた天皇陛下は、笑顔で握手し、言葉を交わしていた。アン王女はエリザベス女王の長女。陛下は英国オックスフォード大留学中に面識がある。皇后さまは今回が初対面という。
アン王女は13日に日本―スコットランド戦へ足を運ぶ予定。馬術選手として1976年のモントリオール五輪に出場したこともある。〔共同〕
私のコメント :   令和元年10月12日、天皇、皇后両陛下は10月11日、ラグビーワールドカップ(W杯)を観戦するために来日している英国のアン王女夫妻を住まいの赤坂御所に招き、懇談された。

 

戦場にかける橋 (1枚組) [DVD]

ウィリアム・ホールデン,アレック・ギネス,ジャック・ホーキンス,早川雪洲/ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

undefined

遠すぎた橋 [Blu-ray]

ロバート・レッドフォード,ジーン・ハックマン,ジェームズ・カーン,ショーン・コネリー,ライアン・オニール/20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

undefined

橋 [DVD]

フォルカー・ボーネット/IVC,Ltd.(VC)(D)

undefined

 

史上最大の作戦 (2枚組) [Blu-ray]

ジョン・ウェイン,ヘンリー・フォンダ,クルト・ユルゲンス,ヴェルナー・ハインツ,ロバート・ミッチャム/20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

undefined

令和元年10月12日、土砂災害、河川の氾濫、低い土地の浸水などに厳重に警戒してください。

令和元年10月11日、山口県 山口市 山口県農業共済組合 職員と私は、対談した。

令和元年10月11日、山口県 萩市 農業委員会 事務局長と私は、対談した。

 

佐藤栄作ノーベル平和賞1974受賞記念講演集 (1975年)

佐藤 栄作,佐藤栄作後援会/)佐藤栄作後援会

undefined

池上彰と学ぶ日本の総理 第4号 佐藤栄作 (小学館ウィークリーブック)

「池上彰と学ぶ日本の総理」編集部(編集)/小学館

undefined

美しい日本の私 (講談社現代新書)

川端 康成/講談社

undefined

川端康成・三島由紀夫往復書簡 (新潮文庫)

川端 康成,三島 由紀夫/新潮社

undefined

花ざかりの森・憂国―自選短編集 (新潮文庫)

三島 由紀夫/新潮社

undefined

 

令和元年10月12日、台風19号 首都に迫る渦を巻く雲 備えは早めに、日本政府による、台風19号に関し 首都圏に所在する 皇室 皆様方 、宮内庁 宮務課 関係者 皆様の安全に関しても、充分に、その配慮もされていかれたいと願う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                         平31山県大第340号

                       令和元年(2019年)10月8日

( 省略 ) 様

                       公立大学法人山口県立大学

                          理事長 前川剛志

        請願書に対する回答について(通知)

令和元年9月19日付けで提出のあったことについて、下記のとおり回答します

 


 

1 審査請求書等の理事長への報告について

本学への公文書開示請求書、審査請求書及び反論書の提出等については、関係部署から理事長に報告を行っています。

本案件については、山口県情報公開条例(以下、「条例」という。)第16条の規定により、山口県情報公開審査会(以下、「審査会」という。に対して諮問しており、令和元年9月19日付で諮問した旨を通知済みです。

 

2 審査請求等に係る善処について

審査会は、5人以内の委員で構成され、情報公開に関する重要事項についての調査及び審議等を行うために、地方自治上の「付属機関」として山口県が設置しています。

 

(  中 略  ) ・・・ 

 

・・・ 中略の内容 関しては、公立大学法人山口県立大学 理事長 前川剛志様による 上記における、説明されている現況、及び、公立大学法人 山口県立大学 学長との関係 その学事における内容が、日本外務省、また、私と英国大使館との関係もあり、現在、それを理解されていかれないという内容であるため、よって、公立大学法人 山口県立大学 内外での混乱もさけるために、今は、省略して、 その表示をしています。・・・

 

本学の井竿富雄教授は、審査会の委員に就任していますが、以上により、本学が、井竿富雄教授に対して審査請求等に係る善処を求めることは不可能です。

元帥寺内寿一 (1978年)

上法 快男(編集)/芙蓉書房

undefined

軍部と転換期の政治

野村 重太郎,林 勇造,神田 孝一/今日の問題社

undefined

黒い雨 (新潮文庫)

井伏 鱒二/新潮社

undefined

寺内正毅と帝国日本 桜圃寺内文庫が語る新たな歴史像

伊藤幸司(編集),永島広紀(編集),日比野利信(編集)/勉誠出版

undefined

池上彰と学ぶ日本の総理 第19号 山本権兵衛/寺内正毅 (小学館ウィークリーブック)

「池上彰と学ぶ日本の総理」編集部(編集)/小学館

undefined

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

山口県、埋め立て免許延長を許可 中国電力の上関原発計画
7/26(金) 9:05配信、 最終更新:7/26(金) 9:13 共同通信 配信より
山口県は26日、中国電力が計画する上関原発(同県上関町)の建設に必要な海の埋め立て免許の延長を許可した。中国電は2008年10月に免許を取得。09年10月に着工したが、反対派住民の抗議活動で工事は進まず、11年の東京電力福島第1原発事故後に工事を中断した。県は16年8月、免許延長を許可し、原発本体の着工時期の見通しがつくまで工事をしないよう中国電に要請した。免許は今年7月6日までで、中国電が6月、延長を申請した。上関原発は国から重要電源開発地点に指定されている。
最終更新:7/26(金) 9:13 共同通信
私のコメント :  令和元年7月26日、山口県は7月26日、中国電力が計画する上関原発(同県上関町)の建設に必要な海の埋め立て免許の延長を許可した。
令和元年7月25日、平成30年1月19日 山口県立大、次期学長に加登田惠子氏 初の女性学長に 学長 任期は4月1日から4年。加登田惠子氏「大学そのものものの値を高めるようにイノベーション(革新)を進めていかなければいけない」。
山口県立大学の新たな学長に選ばれた加登田惠子さんは、広島県 広島市出身の62歳。
日本女子大学 大学院を経て 長崎県内の大学に勤務され、その後、山口県立大学 社会福祉学部の教授や学部長を歴任、現在、山口県立大学 副学長を務めている。平成30年1月17日、山口県立大 学長選考会議で決まった。
令和元年7月25日、その対応が山口県立大学 社会福祉学部 等に、あるため、以下の経緯に沿い、山口県立大学 会議室内にて、山口県立大学 総務管理部 植田博晃 副部長と私は、懇談した。
令和元年7月10日、7月8日に、山口県立大学 総務管理部 植田博晃 副部長 (総務グループリーダー)との間にて、山口県立大学から、私が、その関係する 公文書開示を受けたのちの対応があり、山口県立大学 総務管理部 植田博晃 副部長 (総務グループリーダー) と連絡対応を持っている。
令和元年7月8日、外務省 いわゆる 密約書 不在の問題 へと、関係して、外務省 官房総務課、外務省 東欧課、外務省 北東アジア課 韓国班 山口県立大学、山口市 ほかの間にて、今まで、その連絡対応が、私には、あり、よって、また、以下の対応も得、フィンランド大使館 担当者に 私は、その連絡を入れた。
日本の領土問題、山口市における諸外国との外交関係へと、その端を発し・・
外務省 西欧課 フィンランド  担当官様
お世話になります。外務大臣 官房総務課からの対応もあり、以下の内容を、フィンランド 大使館 東京都港区南麻布3-5-39 に送信しています。よろしくお願いいたします。
また、更に、従来から、日本の領土問題、その山口市における諸外国との外交関係へと、その端を発し、私より、はるかに諸外国との関係が深い山口市長 渡辺純忠氏より 私は、その政治的な威圧と圧力を現在も、受け続けています。
公立学校共済組合本部 年金部長 山室玲氏、令和元年(2019年) 7月12日公官年第110の195号、令和元年(2019年) 7月1日付 山口県山口市長から通知のあった別紙「債権差押通知書」に基づき、令和元年8月支給期の支給額から滞納金等を納付することをお知らせします。担当 年金部支給課支給第二班 井家・矢野 との対応が、現在、直面して、それがあり、困っております。
よって、日本領土問題、竹島、北方領土問題 等へと、その端を発し、過去、私から、説明を入れておりましたが、外務省 西欧課 清水利夫様から「それを先送りにする」と、私に、言われまして その当時から、由来する、今までの経緯に関する お聴き取りの程を外務省 西欧課 フィンランド 高下様からは、私のもとへ、よろしくお願い申し上げます。
令和元年(2019年) 7月16日
発信元 山口県山口市 (省略) (慶應義塾大学塾員)

 ..........................................................................

以下、省略
令和元年7月16日、上皇ご夫妻は今月9日から定期の健康診断を受けられていて、その疲れの影響があったのではないかという。上皇ご夫妻は予定通り検査を受けられ、上皇后さまは一部再検査が必要だという。
令和元年7月6日に、秋篠宮ご夫妻は代替わり後、皇室で初めてとなる外国への公式訪問を終え、フィンランドから帰国されました。
令和元年7月、下記における対応があるため、私は、フィンランド大使館と交信を行い、その際、親切、丁寧な対応も、フィンランド大使館 職員から、私は受けとることができた。秋篠宮ご夫妻は代替わり後、皇室で初めてとなる外国への公式訪問を通じ、ご訪問国に対しても、その国際交流、国際親善を深めることができています。
令和元年7月16日、外務省 西欧課 フィンランド  担当 高下様と私は、対談する。今までに、宮内庁 宮務課との一連の対応経過も私にあり、その説明も、外務省 西欧課 フィンランド 担当 高下様のもとに、入れて、外務省 西欧課から、その善処を求めた。
令和元年7月15日、2019年は、フィンランドと日本の外交関係樹立100周年記念の年。長い歴史を持つ大国スウェーデンとロシアに挟まれたフィンランド。1917年に独立を宣言するも、常に隣国の脅威に晒されて来ました。
第二次世界大戦が勃発すると、ソ連はフィンランドに侵攻。1939年からソ連と戦ったフィンランドは、“冬戦争”を翌年に終結しましたが、その代償としてカレリア地方を含む広大な国土をソ連に占領されることとなり、そこで国土回復を掲げ、1941年、フィンランドはドイツと手を組み、ソ連との戦争を開始。
3年2ヵ月におよぶ戦闘は“継続戦争”と呼ばれ、壮絶な戦いを描いたフィンランド映画が、いま日本でも話題となっています。

..............................................................................

 

平成30年5月7日、「外務省 いわゆる 密約書 不在の問題」に関係し、配信 内容にも、関係し 秩父宮妃 勢津子さまの遺徳をしのび、私は、山口県 国際課 尾上真弓 副課長と面談した。

秩父宮―昭和天皇弟宮の生涯 (中公文庫)

保阪 正康/中央公論新社

undefined

読むラグビー

大友 信彦/実業之日本社

undefined

秩父宮妃勢津子 (1983年)

江間 守一/山手書房

undefined

会津藩は朝敵にあらず 松平容保の明治維新

星亮一/イースト・プレス

undefined

昭和天皇と弟宮 (角川選書)

小田部 雄次/KADOKAWA

undefined

皇室ゆかりの邸宅 令和を迎えて (JTBのMOOK)

ジェイティビィパブリッシング

undefined

ラグビー語辞典: ラグビーにまつわる言葉をイラストと豆知識を使いノーサイドの精神で読み解く

斉藤 健仁/誠文堂新光社

undefined

ジョージ六世戴冠式と秩父宮―グローヴナー・スクエアの木の葉の囁き

吉田 雪子/新人物往来社

undefined

英米生活の思い出 (1947年)

秩父宮 雍仁,秩父宮 勢津子/文明社出版部

undefined

 
 
コメント

「土砂災害、河川の氾濫、低い土地の浸水などに厳重に警戒してください。」

2019年10月12日 | 宮内庁

「土砂災害、河川の氾濫、低い土地の浸水などに厳重に警戒してください。」

 静岡県で滝のような雨 箱根も激しい雨を観測

2019/10/12 07:26 tenki.jp 配信より 

 

静岡県で滝のような雨 箱根も激しい雨を観測

© Japan Weather Association 提供静岡県で滝のような雨 

 

箱根も激しい雨を観測 静岡県や神奈川県では午前6時までの24時間に降った雨量が早くも200ミリや300ミリを超えている所も。台風本体の雨雲がかかるのはもう少し先。雨はまだ降り続きます。静岡県や伊豆諸島では最大瞬間風速30メートルを超えている所も。

 台風19号は、きょう12(土)午前6時現在、八丈島の南西約320キロ付近を北へ進んでいます。時速は20キロ。比較的ゆっくりとした速度です。中心の外側に広がる発達した雨雲は静岡県や神奈川県などにかかり、所々で激しい雨を観測しています。

 午前5時過ぎに、静岡県伊豆市の湯ヶ島では1時間に55ミリの非常に激しい雨を観測し、静岡県伊豆市の天城山では1時間に48.5ミリの激しい雨を観測しました。また、午前6時半過ぎには、神奈川県箱根町でも1時間に48.5ミリの激しい雨を観測しています。

 なお、これらの3地点では、午前6時時までの24時間降水量が早くも200ミリを超えて、静岡県伊豆市湯ヶ島では300ミリを超えている状況です。

 そのほか、埼玉県の秩父地方や東京の多摩地方、伊豆諸島などでも所々で1時間に30ミリ以上の激しい雨を観測しています。

台風本体の雨雲が東海や関東にかかるのはもう少し先です。

 つまり、雨はまだまだ降り続くため、総雨量はかなり多くなる恐れがあります。

 土砂災害、河川の氾濫、低い土地の浸水などに厳重に警戒してください。

 また、静岡県南伊豆町の石廊崎では午前5時59分に最大瞬間風速32.7メートルを観測しています。台風の北上に伴い、午後には関東も広い範囲で風が強まるでしょう。

 私のコメント :   令和元年10月12日、土砂災害、河川の氾濫、低い土地の浸水などに厳重に警戒してください。

 令和元年10月11日、山口県 山口市 山口県農業共済組合 職員と私は、対談した。

令和元年10月11日、山口県 萩市 農業委員会 事務局長と私は、対談した。

 

佐藤栄作ノーベル平和賞1974受賞記念講演集 (1975年)

佐藤 栄作,佐藤栄作後援会/)佐藤栄作後援会

undefined

池上彰と学ぶ日本の総理 第4号 佐藤栄作 (小学館ウィークリーブック)

「池上彰と学ぶ日本の総理」編集部(編集)/小学館

undefined

美しい日本の私 (講談社現代新書)

川端 康成/講談社

undefined

川端康成・三島由紀夫往復書簡 (新潮文庫)

川端 康成,三島 由紀夫/新潮社

undefined

花ざかりの森・憂国―自選短編集 (新潮文庫)

三島 由紀夫/新潮社

undefined

 

令和元年10月12日、台風19号 首都に迫る渦を巻く雲 備えは早めに、日本政府による、台風19号に関し 首都圏に所在する 皇室 皆様方 、宮内庁 宮務課 関係者 皆様の安全に関しても、充分に、その配慮もされていかれたいと願う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                            平31山県大第340号

                         令和元年(2019年)10月8日

( 省略 ) 様

                          公立大学法人山口県立大学

                             理事長 前川剛志

             請願書に対する回答について(通知)

令和元年9月19日付けで提出のあったことについて、下記のとおり回答します

 

 

1 審査請求書等の理事長への報告について

本学への公文書開示請求書、審査請求書及び反論書の提出等については、関係部署から理事長に報告を行っています。

本案件については、山口県情報公開条例(以下、「条例」という。)第16条の規定により、山口県情報公開審査会(以下、「審査会」という。に対して諮問しており、令和元年9月19日付で諮問した旨を通知済みです。

 

2 審査請求等に係る善処について

審査会は、5人以内の委員で構成され、情報公開に関する重要事項についての調査及び審議等を行うために、地方自治上の「付属機関」として山口県が設置しています。

 

(  中 略  ) ・・・ 

 

・・・ 中略の内容 関しては、公立大学法人山口県立大学 理事長 前川剛志様による 上記における、説明されている現況、及び、公立大学法人 山口県立大学 学長との 相互における 関係 また、大学としての、その学事における内容が、理解できないため  その内容であるために、よって、公立大学法人 山口県立大学 内外での混乱をさけるため、現在、それを省略し 表示しています。・・・

 

本学の井竿富雄教授は、審査会の委員に就任していますが、以上により、本学が、井竿富雄教授に対して審査請求等に係る善処を求めることは不可能です。

  

 

 

 

平成30年5月8日、山口県 国際課 尾上真弓 副課長と対談した後に、山口県 観光政策課 副課長と対談した結果、山口県 交通政策課 伊藤香緒利 副課長との間で、私は、その調整を行った。

 
平成30年5月7日、「外務省 いわゆる 密約書 不在の問題」に関係し、配信 内容にも、関係し 秩父宮妃 勢津子さまの遺徳をしのび、私は、山口県 国際課 尾上真弓 副課長と面談した。
 
 
 

f:id:toobridge1:20190922162651j:plain

コメント

台風19号 首都に迫る渦を巻く雲 備えは早めに

2019年10月10日 | 宮内庁

台風19号 首都に迫る渦を巻く雲 備えは早めに

2019/10/10 07:44
 

tenki.jp 

配信より

 

午前6時現在、中心気圧は915hPa。台風の接近・上陸が予想される12日から13日、東日本は猛烈な風の恐れ。

●台風19号 どう進む

10日午前6時現在、台風19号は大型で猛烈な勢力を維持しています。中心気圧は915hPaで、中心付近では最大瞬間風速75メートルとなっています。気象衛星がとらえた雲画像を見ても、台風の眼がくっきりしていて発達している様子は明白です。そこから連なるように前線の雲が広がっています。水温の高い海上でエネルギーを補充しながら、列島へ向かっています。接近、上陸の恐れがあるのは3連休初日の12日(土)から二日目の13日(日)で、予想されるエリアは紀伊半島付近から関東平野です。現時点では東京都心も、いわゆる「直撃」の恐れがあり、台風本体の発達した雲が通過していく際には記録的な暴風が吹く可能性があります。

●台風19号 最新情報(10日午前7時30分現在の情報)

【予想される風と波】

あす11日(金)にかけて予想される最大瞬間風速は、

小笠原諸島、近畿地方、四国地方、東海地方 35メートル

伊豆諸島 30メートル

あす11日(金)にかけて予想される波の高さは、

小笠原諸島、伊豆諸島 10メートル

近畿地方、東海地方、四国地方       9メートルから8メートル

関東地方、九州南部・奄美地方、沖縄地方  6メートル

九州北部地方               5メートル

【予想される雨】

台風の接近に伴って南から暖かく湿った空気が流れ込む、大気の状態が非常に不安定になるため、西日本や東日本の太平洋側を中心に、あす11日(金)の午後から非常に激しい雨が降り、大雨となる所がありそうです。

あす11日(金)午前6時からあさって12日(土)午前6時までの24時間雨量(いずれも多い所で)

東海地方、近畿地方 200から300ミリ

関東甲信地方    100から200ミリ

四国地方      100から150ミリ

東北地方       50から100ミリ

なお、あくまで、上記の情報は風と波に関してはあす11日(金)まで、雨はあさって12日(土)の朝までの情報です。台風が接近・上陸すると予想されるのは12日(土)から13日(日)ですので、上記に記されていない地域も、今後はこまめに最新情報をご確認ください。風の強さなどは、さらに大きな値で予想される可能性が高いです。

 私のコメント :   令和元年10月10日、台風19号 首都に迫る渦を巻く雲 備えは早めに、日本政府による、台風19号に関し 首都圏に所在する 宮内庁 宮務課 関係者、皇室の皆様方の安全に関しても、充分に、その配慮もされていかれたいと願う。

・・・・・・・・・・・・・・

                                  平31山県大第340号

                               令和元年(2019年)10月8日

( 省略 ) 様

                           公立大学法人山口県立大学

                              理事長 前川剛志

             請願書に対する回答について(通知)


令和元年9月19日付けで提出のあったことについて、下記のとおり回答します・

1 審査請求書等の理事長への報告について

本学への公文書開示請求書、審査請求書及び反論書の提出等については、関係部署から理事長に報告を行っています。

本案件については、山口県情報公開条例(以下、「条例」という。)第16条の規定により、山口県情報公開審査会(以下、「審査会」という。に対して諮問しており、令和元年9月19日付で諮問した旨を通知済みです。

2 審査請求等に係る善処について

審査会は、5人以内の委員で構成され、情報公開に関する重要事項についての調査及び審議等を行うために、地方自治上の「付属機関」として山口県が設置しています。

(  中 略  ) ・・・ 

・・・ 中略の内容 関しては、公立大学法人山口県立大学 理事長 前川剛志様による 上記における、説明されている現況、及び、公立大学法人 山口県立大学 学長との 相互における 関係 また、大学としての、その学事における内容が、理解できないため  その内容であるために、よって、公立大学法人 山口県立大学 内外での混乱をさけるため、現在、それを省略し 表示しています。・・・

本学の井竿富雄教授は、審査会の委員に就任していますが、以上により、本学が、井竿富雄教授に対して審査請求等に係る善処を求めることは不可能です。

 

 

コメント

佳子さま、オーストリアとハンガリー訪問へ出発

2019年09月16日 | 宮内庁

佳子さま、オーストリアとハンガリー訪問へ出発
15日 11時15分、TBS 配信より
秋篠宮家の次女、佳子さまがオーストリアとハンガリーを公式訪問するため、羽田空港から出発されました。
午前11時すぎ、佳子さまは、オーストリアとハンガリーを公式訪問するため、羽田空港から出発されました。両国は今年、日本との外交関係が樹立してから150周年の節目の年で、佳子さまは、それぞれの国で大統領を表敬訪問し、記念行事で「お言葉」を述べられる予定です。
佳子さまが外国を公式訪問するのは今回が初めてで、今月25日に帰国されます。
私のコメント :  令和元年9月16日、秋篠宮家の次女、佳子さまがオーストリアとハンガリーを公式訪問するため、9月15日に、羽田空港から出発なされました。

ハプスブルク家かく戦えり―ヨーロッパ軍事史の一断面

久保田 正志/錦正社

undefined

ハンガリー公使大久保利隆が見た三国同盟: ある外交官の戦時秘話

高川 邦子/芙蓉書房出版

undefined

西周全集〈第3巻〉軍事篇 諸文集 紀行及詩歌 日記及書翰 雑纂 (1966年)

西 周/宗高書房

undefined

外政家としての大久保利通 (中公文庫)

清沢 洌/中央公論社

undefined

近世日本国民史明治三傑―西郷隆盛・大久保利通・木戸孝允 (講談社学術文庫 538)

徳富 蘇峰/講談社

undefined

醒めた炎―木戸孝允〈上巻〉

村松 剛/中央公論社

undefined

ハプスブルク帝国1809~1918―オーストリア帝国とオーストリア=ハンガリーの歴史

A.J.P. テイラー/筑摩書房

undefined

コメント

韓国紙、「歴代天皇で初」と詳報=埼玉の高麗神社参拝

2019年08月24日 | 宮内庁
韓国紙、「歴代天皇で初」と詳報=埼玉の高麗神社参拝

2017/9/21(木) 15:05 提供:時事通信

【ソウル時事】21日付の韓国主要各紙は、天皇、皇后両陛下が20日、古代朝鮮半島にあった高句麗からの渡来人を祭った埼玉県日高市の高麗神社を参拝されたことについて、「私的な旅行の一環だが、歴代日王(天皇)で初めて」と写真付きで詳しく報じた。

中央日報は、天皇陛下が2001年の会見で「桓武天皇の生母が百済の武寧王の子孫であると、続日本紀に記されていることに、韓国とのゆかりを感じています」と述べたことなどを紹介。「韓国の歴史と文化に関心を示してきた」と伝えた。

中央日報や朝鮮日報によると、陛下は、神社を案内した宮司に「高句麗はいつ滅亡したのですか」「高句麗人と百済人は、どのような違いがあるのですか」などと質問し、強い関心を見せたという。

東亜日報は「天皇は訪韓に意欲を示してきたが、実現していない」と指摘。「18年12月または19年3月に退位するとみられており、在位中の訪韓は難しい状況だ」と解説した。 【時事通信社】

私のコメント : 桓武天皇の母は、百済王の子孫であると続日本紀に記されている。また、周防 大内氏 は、百済の聖王(聖明王)王子の後裔であった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
正午のドルは106円半ば、韓国の軍事情報協定破棄が話題

2019/08/23 12:30

[東京 23日 ロイター] - 正午のドルは前日NY市場終盤の水準とほぼ変わらずの106円半ば。朝方に106円前半を付けた後、仲値にかけて強含み106.63円まで上昇したが、勢いは続かずその後反落。もみあいが続いた。

市場では、韓国が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を破棄したことが話題となっている。直接的な影響は相場に表れていないが、「リスクオフ心理を高めやすい」(トレーダー)出来事だとして、行方が注目を集めているという。

この日の円/韓国ウォン相場は、1円=11ウォン前半でもみあい。円/ウォンは今月13日、3年2カ月ぶり円高/ウォン安水準となる11ウォン半ばへ上昇していた。

円/ウォンは北朝鮮情勢や米中対立などにも影響を受けるため、アジア通貨投資を行う海外投資家が関心を持っている。

もっと記事を見る

•170万株を1700万株、野村が誤執行

Reuters
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
平成27年11月25日、受取人 島根県議会議員 中村芳信 様
(事務所) 島根県鹿足郡津和野町枕瀬570

  発信人 山口県 氏名 省略

         ( 送信枚数 本票2枚 別紙3枚 ・・・合計5枚)

件名: 津和野町 教育委員会 教育長に、平成27年11月16日 私が面会しました内容に関しまして、関係する、その別紙、連絡文を報告し、島根県議会議員中村芳信様より、私への支援をお願い申し上げたい旨 連絡をいたします件

いつもお世話になっております。
上記 件名につき、島根県議会議員 中村芳信 様の枕瀬における事務所へ3枚、私は、連絡、送信をいたします。

以上、私からの送信文に関しては、島根県議会議員 中村芳信 様から私へ、そのお聞き取りの程も、今後、よろしくお願いを申し上げます。また、わたくしと津和野町との連絡経緯に関しまして、下記に、簡略に記載します。

平成27年8月12日、島根県 津和野町へ行き、津和野町 情報公開条例第4条の規定による、津和野町長宛て、津和野町 森鴎外記念館に関する、公文書開示請求書を提出した。

平成27年9月11日、島根県 津和野町役場 総務財政課 課長補佐に、津和野町長 下森博之様 宛へ重大なる経緯 経過も発生しているために、私からの連絡文を手渡した。

平成27年9月16日、津和野町役場 課長補佐と私との対談内容も踏まえ、下森博之津和野町長の対応経緯に関し、津和野町役場 課長補佐に、確認をおこなった。

平成27年9月24日付け、 津和野町長 下森博之様、 津和野町教育委員会 教育長 世良 清美様より津和野町 公文書開示決定書の送付いただき、平成27年9月29日、津和野町役場にて 公文書の確認、写しをとった。

平成27年10月19日、島根県議会議員 中村芳信先生と私は、面談し、島根県議会議員からの支援を求めた。

平成27年10月27日、島根県 津和野町 公益財団法人 亀井温故館にて、亀井茲基理事長と私は、対談した。

平成27年11月2日、津和野町教育委員会文化振興係 宮下浩様に、私は、今までに至る、経緯の説明をした。

平成27年11月16日、津和野町教育委員会 教育長 世良清美様と私は、私から提出した各書面・文書を添え、説明もし、その後、島根県議会議員 中村芳信先生 事務所に、経緯に関する、簡略な報告を入れた。

平成27年11月24日、山口市議会長室にて、私は、山口市議会議長 原真也先生と面談した際、私が手渡した 津和野町との対応に関する各書類・文書 等をもとに、その各 書類・文書に関し、山口市議会議長 原真也先生から私への支援についても、依頼した。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
イージス 萩市民への説明会でも謝罪 防衛省

2019年6月11日 https://www.nhk.or.jp/politics/articles/statement/18605.html 配信より

新型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備先とされる山口県萩市で住民への説明会が行われ、防衛省は、もう1つの配備先とされる秋田市に関係する調査データに誤りがあった問題を受けて改めて謝罪しました。山口県萩市と秋田市にある自衛隊の演習場が配備先とされる新型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」について、防衛省は先月「安全に配備・運用できる」とする調査結果をまとめていて、10日、萩市で、演習場周辺に住む住民を対象に説明会を行いました。防衛省は「会場内での取材を拒否している住民がいる」などという理由で非公開にしましたが、説明会の冒頭、秋田市に関係するデータの一部に誤りがあったことを謝罪したうえで、山口県に関係するデータには誤りはないと説明したということです。

これに対し、住民からは「配備に伴う工事で周辺のわき水が減少しないか」などといった懸念が出たということです。

参加した住民は「山口県に関係するデータには問題がないと説明があったが、うのみにはできない」と話していました。


コメント

秋篠宮ご夫妻、歴代ポーランド国王の居城を視察

2019年06月30日 | 宮内庁
秋篠宮ご夫妻、歴代ポーランド国王の居城を視察

6/30(日) 8:49配信 TBS系(JNN)配信より

ポーランドを訪問中の秋篠宮ご夫妻が、歴代の国王が住んだ城を視察されました。

現地時間29日、秋篠宮ご夫妻は、かつて首都として栄えたポーランド南部の都市クラクフを訪れ、ヴァヴェル城の大聖堂などを視察されました。

ここは、歴代の国王が住んだ城で世界遺産にも登録されています。聖堂では国王の戴冠式や結婚式などが行われていたということで、ご夫妻は、司祭の説明に熱心に耳を傾けられていました。

また、中央・東ヨーロッパ地域で、日本文化を紹介する一大拠点となっている施設にも足を運び、ポーランド人の収集家が集めた浮世絵などをご覧になりました。(30日03:15)

最終更新:6/30(日) 8:49 TBS系(JNN)

私のコメント : 令和元年6月30日、秋篠宮ご夫妻が、かつて首都として栄えた ポーランド南部の都市クラクフを訪れ、歴代のポーランド国王が住んだ ヴァヴェル城の大聖堂など 視察されました。

今後の展開に関しては、ノストラダムスの予言 等 に関し 欧州 王室、王家、研究機関、宮内庁 書陵部、並び、その関係する諸機関からも、その参照をされていかれたいと願う。

令和元年(2019年) 6月27日 午後0時48分 東京都 皇居・宮殿「連翠」 昼食会にて、天皇陛下は、マクロン仏大統領のブリジット夫人と談笑をなされた。
//////////////////////////////////////////////////////////
両陛下がマクロン仏大統領夫妻と会見 昼食会には眞子さま、佳子さまらも同席

毎日新聞2019年6月27日 18時42分(最終更新 6月27日 21時43分) 配信より

天皇、皇后両陛下は27日、主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)に出席するため来日したフランスのマクロン大統領夫妻と皇居・宮殿で会見された。天皇陛下が即位後、海外の元首と面会したのはトランプ米大統領に続き2回目。

【両陛下がマクロン仏大統領夫妻と会見】
•<両陛下、マクロン夫妻と会見>宮廷の玄関で出迎え、フランス語であいさつ
•【夜の表参道をそぞろ歩きするマクロン夫妻】
•<神宮前から赤坂まで45分>通行人らに手を振り「ボンジュール」
•<G20>お好み焼、たこ焼き……歓迎行事で出るか?

会見は宮殿・竹の間で行われた。宮内庁によると、陛下は昨年9月に訪仏した際にベルサイユ宮殿で大統領夫妻主催の夕食会に招かれたことに触れ、「昨年に続き、大統領にお会いできうれしく思います」と述べた。

マクロン仏大統領夫妻らとの昼食会に臨まれる秋篠宮家の長女眞子さま=皇居・宮殿「連翠」で2019年6月27日午後0時49分(代表撮影)

大統領はG20サミットで気候変動などが議論されることを説明し、陛下は「気候変動はますます重要な問題になっています」と述べた。

会見後に開かれた両陛下と大統領夫妻との昼食会には、秋篠宮家の眞子さまと佳子さまらも同席した。【稲垣衆史】




コメント

両陛下が結婚26年の夕食会

2019年06月10日 | 宮内庁
両陛下が結婚26年の夕食会

6/10(月) 10:07配信 最終更新:6/10(月) 12:42
毎日新聞 配信より

天皇、皇后両陛下は9日、結婚26年を迎え、赤坂御所(東京都港区)に上皇ご夫妻らを招いて夕食会を催された。

【写真特集】ご即位祝賀行事に臨まれる新天皇、皇后両陛下

夕食会には、秋篠宮ご夫妻や、天皇陛下の妹の黒田清子さんと慶樹さん夫妻、皇后雅子さまの両親の小和田恒さんと優美子さん夫妻らも出席したという。また、上皇ご夫妻は同日午前、上皇さまのいとこにあたる桂宮さまが亡くなって5年となったことに合わせ、豊島岡墓地(文京区)の墓所に拝礼した。【高島博之】

【関連記事】
• <新天皇陛下「国民と共に」思い継承 新たな公務模索>
• <新天皇陛下、学者として水問題なお探求>
• <新天皇陛下の横顔…登山、音楽、趣味多彩>
• <新天皇陛下、気取らず温かく 英のパブで友とビール>

最終更新:6/10(月) 12:42 毎日新聞

私のコメント : 令和元年6月10日、天皇、皇后両陛下は9日、結婚26年を迎え、赤坂御所(東京都港区)に上皇ご夫妻らを招いて夕食会を催された。

令和元年6月10日 夕刻に、東京都 品川区 大崎 立正大学 日蓮教学研究所 神田大輝主事補より、以下の経緯があり、立正大学 日蓮教学研究所 私宛、その連絡書が到着した。

令和元年6月10日、山口県山口市桜畠3丁目 公立大学法人 山口県立大学まで行き、公立大学法人 山口県立大学 総務管理部 植田博晃 副部長と私は、面談する。その後、山口県山口市 日産自動車 山口日産株式会社 本店まで私は、行き、日産自動車 店員と対談した。

令和元年6月10日、東京都 品川区 大崎 立正大学 情報メディアセンター 大学学術情報サービス課 史料編纂担当と、今までには、私との対応があり、東京都 品川区 大崎 立正大学 情報メディアセンター 図書館 職員から私のもとへ連絡が入り、その件にて、対談をおこなった。





コメント

広島、島根、山口に土砂災害警戒情報

2019年06月07日 | 宮内庁
広島、島根、山口に土砂災害警戒情報

6/7(金) 8:18配信 最終更新:6/7(金) 8:44 日本テレビ系(NNN) 配信より

前線の活動が活発となっているため、西日本では大雨となっている。

九州北部や中国・四国地方には、大雨や洪水の警報が発表されている。広島県や島根県、山口県では、「土砂災害警戒情報」が出ている地域がある。広島県では広島市、大竹市、廿日市市、安芸太田町、島根県では吉賀町、山口県は山口市、岩国市、周南市に出されている。

これまでの大雨で、地盤がゆるみ、土砂災害の危険性が強まっている。気象庁や市町村が発表する防災情報に注意して、早めの避難を心がけてください。

【関連記事】
•近畿・中四国地方で震度4の地震
•「大雨特別警報」を最大級警戒のレベル5に
•ブラジル南東部で洪水発生 市民生活に影響
•九州南部、北部、四国であす大雨 警戒必要
•九州南部、20日にかけて大雨のおそれ

最終更新:6/7(金) 8:44 日本テレビ系(NNN)

私のコメント: 令和元年6月7日、山口県 萩市 総務部 総務課 行政係 藤崎課長補佐と私は、対談した。

令和元年6月7日、東京都 品川区 立正大学 日蓮教学研究所 研究員と私は、宮内庁 宮務課、宮内庁 書陵部、石橋湛山、伊木寿一、慶應義塾 福沢研究センター所長 西川俊作教授、山口県文書館長 等 と私との一連の対応経緯があるために、その対談をおこなった。
............................................................

上皇ご夫妻 大正天皇陵に参拝

06月06日 14時06分、NHK NEWS WEB 配信より

上皇さまは6日、退位に関する儀式として、上皇后さまとともに東京都内の大正天皇陵に参拝し、退位を伝えられました。

上皇ご夫妻は6日午前11時半前、東京・八王子市の武蔵陵墓地に到着し、上皇さまの退位に関する儀式の1つ、「大正天皇山陵に親謁の儀」に臨まれました。

ご夫妻の車には、上皇さまが乗られていることを示す「上皇旗」という旗が、初めて取り付けられました。

はじめに、モーニング姿の上皇さまが、宮内庁の幹部の先導で鳥居をくぐり、砂利道をゆっくりと歩いて、大正天皇陵の前に進まれました。

そして玉ぐしを供えて深く拝礼し、退位したことを伝えられました。

続いて、グレーの参拝服の上皇后さまも陵の前に進み、上皇さまと同じように拝礼されました。

上皇ご夫妻が大正天皇陵に参拝されたのは、平成18年の大正天皇の崩御から80年にあたっての参拝以来13年ぶりです。

上皇ご夫妻は、今月12日には京都市にある孝明天皇陵と明治天皇陵に参拝し、上皇さまの退位に関する一連の儀式を終えられることになります。

皇室の旗には、「天皇旗」や「皇后旗」などがあり、重要な儀式や、式典などの公的な行事の移動の際に、天皇や皇后などが乗る車の先端に取り付けられます。

「上皇旗」は上皇さまが乗られる車に取り付けられる旗で、皇位継承に伴って初めて制作されました。

大きさが縦およそ20センチ、横およそ30センチで、中央には金色の菊の御紋があしらわれています。

大きさや菊の御紋の配置は天皇旗と同じですが、旗の地の色は天皇旗より濃い赤色になっています。

宮内庁によりますと、上皇旗には前例がなく、歴史上、上皇の装束には天皇のものより濃い色が使われていたことから、旗の色も濃いものにしたということです。

上皇さまは退位に関する儀式として、上皇后さまとともに孝明天皇陵と明治天皇陵に参拝するため、今月11日から京都市を訪問されますが、上皇旗はその際も使われる予定です。

また退位に関する一連の儀式は京都市への訪問ですべて終わるため、訪問後は、上皇旗が使われる予定はないということです。
...........................................................................
近畿で雨のピークに 昼頃にかけて冠水や河川増水に警戒

6/7(金) 9:31配信、最終更新:6/7(金) 9:33 ウェザーニュース 配信より

低気圧や前線に伴う活発な雨雲が東に進み、近畿地方で雨が激しくなってきました。

 9時までの1時間に和歌山県湯浅で25.5mm、和歌山で19.0mm、兵庫県明石で18.5mmの雨を観測しています。

1時間に50mmを超える激しい雨のおそれ

 これから昼頃にかけてが近畿地方の雨のピークで、特に発達した雨雲が流れ込む和歌山県内では1時間に50mm前後の非常に激しい雨の降るおそれがあります。
 道路の冠水や河川の増水、土砂災害などに警戒が必要です。

 大阪や京都など京阪神エリアも1時間に20~30mmの激しい雨となる見込みです。一時的に視界が悪化したり、低い部分が冠水することも考えれますので、ご注意ください。

 昼をすぎると活発な雨雲は段々と東に離れ、雨のピークは過ぎていきそうです。

ウェザーニュース

【関連記事】
• 福岡県などで50mm/hの激しい雨 雨のピークは昼に大阪、夕方は関東へ
•1時間に50mmの雨で発生する被害とは
•【見つけたらすぐに避難】がけ崩れと土石流の前兆
• 雨の日の憂鬱! 歩きのプロに学ぶ「泥はねしないコツ」
• 大雨対策への備え

最終更新:6/7(金) 9:33 ウェザーニュース

こんな記事も読まれています
•福岡県などで50mm/hの激しい雨 雨のピークは昼に大阪、夕方は関東へ6/7(金) 7:19ウェザーニュース
•1:22【動画】西日本・東日本で大雨のおそれ 北日本は夜に降り出す所も(7日7時更新)6/7(金) 7:24ウェザーマップ
•7日 全国的に雨 九州から関東の所々で激しく降る6/7(金) 6:54tenki.jp
•西日本など大雨 広島市に「警戒レベル4」6/7(金) 9:39毎日新聞


コメント

皇太子さま 59歳 記者会見全文

2019年02月23日 | 宮内庁
皇太子さま 59歳 記者会見全文

2019年2月23日 0時23分皇室 、NHK NEWS WEB 配信より

(問1)
殿下が新天皇として即位されるまで残り2か月余りとなりました。皇太子としての歩みを振り返るとともに、即位を控えた現在の心境や、新たな時代に臨む決意をお聞かせください。皇室全体では皇族の減少や高齢化が進んでいますが、殿下はどのような皇室の将来像を描かれていますか。

(皇太子さま)
今から30年前、昭和から平成の新しい御代への移り変わりを、私は皇居の吹上御所で迎えました。深い悲しみの中に、一つの時代が終わったという感慨が、頭の中を駆け巡ったことを記憶しています。

立場が変わったことを認識しつつも、最初しばらくは、「皇太子様」と呼ばれても、何か実感が湧かなかったことを覚えています。ただ、昭和の時代から、回数は限られますが、現在の両陛下の御公務に御一緒したり、昭和62年には私自身も昭和天皇の国事行為臨時代行を務めさせていただくなどしたことは、皇太子としての準備を進めさせていただく機会になったものと有り難く思っております。

実際に皇太子となってからは、自分の中でもその役割に対する自覚というものがより根付いてきたように思います。特に、平成3年2月に立太子の礼を陛下に執り行っていただいたことで、その気持ちがより強くなったことを思い出します。

皇太子としての活動を行うに当たっては、国民の幸せを願い、国民と共にありたいと思っておられる陛下をお助けすべく、皇太子として自分に何ができるかを常に考えながら、一つ一つの公務に取り組んでまいりました。

私は、様々な行事の機会に、あるいは被災地の視察として、各地を訪問してまいりましたが、国民の中に入り、国民に少しでも寄り添うことを目指し、行く先々では多くの方々のお話を聴き、皆さんの置かれている状況や関心、皇室が国民のために何をすべきかなどについて、的確に感じ取れるように、国民と接する機会を広く持つよう心掛けてまいりました。

こうしたことは、今後とも自分の活動の大きな柱として大切にしていきたいと思います。国際親善とそれに伴う交流活動も皇室の重要な公務の一つであると思います。これについては、これまで30か国以上を親善訪問し、また、日本に来られた賓客や外国青年代表、国際賞受賞者等多くの外国の方とお会いする機会がありました。

こうしたことが、日本と各国との友好親善の一助となったのであれば幸いです。また、これらの経験によって、自分自身も世界に対する視野を広げ、関心を深めることができたように思い、有り難く思っております。

平成28年8月8日の天皇陛下のおことば以来、これから私が担うこととなる重責について、改めて思いを巡らせる機会も増えてきましたが、その度に、両陛下のこれまでの御苦労と御努力に感謝と尊敬の念を覚えます。

また、両陛下から、様々な機会に、多くのお話を伺わせていただいていることも、今後公務に取り組んでいく際の大きな道標となるものであり、大変有り難いことと思っております。

これからのことを思うと、とても厳粛な気持ちになりますが、引き続き自己研鑽(けんさん)に努めながら、過去の天皇のなさりようを心にとどめ、国民を思い、国民のために祈るとともに、両陛下がなさっておられるように、国民に常に寄り添い、人々と共に喜び、あるいは共に悲しみながら、象徴としての務めを果たしてまいりたいと思います。

また、以前も述べたとおり、私が長年携わってきました「水」問題についても、そのことを切り口に、豊かさや防災など、国民生活の安定と発展について考えを巡らせることもできると思います。

日本の変化に富む豊かな国土は、同時に、自然災害、例えば台風や豪雨、津波などの影響を受けやすいことから、「水」問題への取組で得られた知見も、これからの務めの中で、国民生活の安定と発展を願い、また、防災・減災の重要性を考えていく上で、大切にいかしていきたいと思います。

皇室の将来像についての御質問については、男性皇族の割合が減り、高齢化が進んでいること、また、女性皇族は結婚により皇籍を離脱しなければならないということは、将来の皇室の在り方とも関係する問題です。

ただ、制度に関わる事項については、私からこの場で言及することは控えたいと思います。皇室の在り方に関しては、国民と心を共にし、苦楽を共にする皇室、ということが基本であり、これは時代を超えて受け継がれてきているものだと思います。

過去の天皇が歩んでこられた道と、天皇は日本国及び日本国民統合の象徴であるとの日本国憲法の規定に思いを致し、国民と苦楽を共にしながら、国民の幸せを願い、象徴とはどうあるべきか、その望ましい在り方を求め続けることが大切であるとの考えは、今も変わっておりません。

同時に、その時代時代で新しい風が吹くように、皇室の在り方もその時代時代によって変わってくるものと思います。私も、過去から様々なことを学び、古くからの伝統をしっかりと引き継いでいくとともに、それぞれの時代に応じて求められる皇室の在り方を追い求めていきたいと思います。

続きを読む

天皇陛下と皇后さまへの思いは
(問2)
天皇陛下は4月30日に退位されます。象徴としての務めを果たしてこられた天皇陛下と、支えてこられた皇后さまに、どのような思いを抱かれていますか。また、退位という形でのお代替わりについては、殿下はどのように捉えていらっしゃいますか。

(皇太子さま)
天皇陛下には、御即位されて以来、長年にわたり、日本国憲法の天皇の規定と、歴代の天皇の歴史に思いを致され、常に国民の幸せを願い、国民に寄り添い、苦楽を共にしながら、象徴天皇としてのお務めを果たされる中で、そのあるべき姿について全身全霊をもって模索をしてこられました。

また、皇后陛下には、そうした陛下のお気持ちを心から共有され、常に陛下をお支えになってこられました。そして、陛下には、そのような皇后陛下を敬愛され、両陛下で御一緒に歩みを進めてこられました。

こうした両陛下のこれまでの歩みに思いを致す度に、両陛下に対して深い感謝と敬意の念を覚えております。両陛下には、今後とも末永くお健やかにお過ごしいただけますよう、心よりお祈り申し上げます。

また、両陛下がこの30年余り、一つ一つの行事を大切に思われ、真摯(しんし)にお務めに取り組んでこられるお姿を、私も、そして雅子も、間近に拝見する機会を頂いてまいりました。そのようにお側で学ばせていただいたことの幸せを改めて噛み締めるとともに、両陛下のお心遣いに感謝申し上げます。

そして、そのお姿をしっかりと心に刻み、自己の研鑽(けんさん)に励みつつ、今後とも務めに取り組んでまいりたいと思います。

私自身について言えば、両陛下のお手許で温かい家庭において慈しみを受けながらお育ていただき、また、音楽やスポーツの楽しみを教えていただいたり、留学といった得難い経験をさせていただいたりしたことが、自分にとっても大きな糧となっていることに深く感謝をしております。

退位という形でのお代替わりについての質問ですが、陛下の御退位については、以前もこの場でお話したとおり、陛下が「全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが、難しくなるのではないか」と御案じになられていることに、とても心を揺さぶられましたが、そのようなお考えに至られた背景については、十分にお察し申し上げます。

私としましては、こうした陛下のお考えを真摯(しんし)に受け止めるとともに、常に心にとどめ、これからの務めを果たしていく考えです。
雅子さま 愛子さまへ
(問3)
ご家族についてお伺いします。雅子さまは着実に活動の幅を広げられていますが、皇后になられたあとの活動の見通しや、殿下が感じられた変化についてお聞かせください。また、春に高校3年生になられる愛子さまの今後の進路や将来の活動について、ご家族でどのような話をされていますか。

(皇太子さま)
雅子は、この1年も、体調に気を付けながら、公私にわたりできる限りの務めを果たそうと、種々の工夫を凝らしつつ一生懸命に努力を積み重ねてきております。

そうした努力の結果、昨年12月の誕生日に際しての感想の中でも述べておりますとおり、活動の幅が、少しずつではありますが、着実に広がってきていることを、本人もうれしく思っておりますし、私も共にうれしく思います。

その過程では、訪問先などで多くの方々から笑顔で温かく迎えていただいたことは、雅子にとって本当に大きな支えとなっておりました。私も雅子と共に、改めて国民の皆様に感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。

一方で、着実に快復してきているとはいえ、依然としてその途上にあり、体調には波もありますので、雅子には、引き続き焦ることなく、少しずつ活動の幅を広げていってほしいと願っております。

今後は、自身の置かれる立場が変わることで、公務も多くなる中、一朝一夕に全てをこなせるようになるわけではないと思いますが、雅子は、これからも体調に気を付けながら快復を目指して更に努力を重ねていくと思いますので、国民の皆様には、引き続き快復を温かく見守っていただければと思います。

雅子には、これまで、私や愛子のことにもいろいろと良く心を配り、私の活動を支えてきてくれています。私も、できる限り力になり、雅子を支えていきたいと思っております。

愛子は、この1年、英国イートン・カレッジでのサマースクールや秋の関西地方への修学旅行などを経て、一段と成長を遂げたように感じております。青春期には誰しもが経験するように、こうした得難い経験を通じて、自分の世界が大きく広がったものと思います。

これからの数年間は、自分自身が、将来について、いろいろと思いを巡らせる時期になりますので、お友達や先生方など周りの方々と語り合い、自身での思索を深めていってほしいと思います。

イートンでのサマースクールや修学旅行、学校の課題など、普段から、愛子から私たち二人にいろいろと話をしてくれていますし、大事な事柄については、その都度相談に来ることもあります。今後とも、大学への進路といった将来のことやその時々の悩みなどについて、相談を受けることもあると思いますが、親として、本人の気持ちをしっかりと聞きながら、良い助言ができればと思っております。
即位にかかわる一連の皇室行事について

(問4)
秋篠宮さまは昨年のお誕生日の記者会見で、新天皇が一代一度限り臨む大嘗祭のあり方について持論を述べられました。即位にかかわる一連の皇室行事について、殿下はどうあるべきだとお考えでしょうか。

(皇太子さま)
即位に関わる一連の皇室行事の在り方については、平成のお代替わりの折の前例を踏まえ、政府において十分な検討を行った上で決定したものと理解をしております。また、様々な事項の決定については、私も折々に説明を受けてきております。

したがいまして、今回政府が決定をした内容について、私がこの場で何か述べることは控えたいと思います。

「平成」 どのような時代だったとお考えでしょうか

(問5)
残り2か月余りで「平成」が幕を閉じます。「平成」とはどのような時代だったとお考えでしょうか。

(皇太子さま)
平成の始まりというときに、私は、同じ年に起こったベルリンの壁の崩壊を思い起こします。私は、その2年前の昭和62年に、ベルリン日独センターの開所式に出席するため、当時の西ドイツのベルリンに行きました。

その時見た、冷たく聳(そび)えるベルリンの壁は、人々を物理的にも心理的にも隔てる東西の冷戦の象徴として、記憶に深く刻み込まれるものでした。

その後、平成元年11月にベルリンの壁が崩壊し、東西のベルリン市民が壁を登っている姿に、新たな時代の到来を感じました。

平成という時代は正に、この新しい世界の動きとともに始まったと言えると思います。冷戦の終結を受けて、二極の対立構造はなくなったものの、各地で内戦や地域紛争が増加しました。

これに対して、日本は、開発援助のほか、復興支援や人道支援も積極的に行うことにより、世界の人々から高く評価されるようになりました。

また、ノーベル賞の受賞や、スポーツ、文化といった分野でも、日本人が国際的に評価され、あるいは活躍する場面が増えましたが、これは平成時代の特徴ではないかと思います。

オリンピックを例に挙げるまでもなく、平成を通じて特に、十代の中高生を始めとした若い人たちの活躍が目立ったように感じ、とてもうれしく思います。

陛下がおっしゃっているように、平成が戦争のない時代として終わろうとしているわけですが、戦後長く続いてきた平和な日本の社会において、この国の未来を担う若い人たちが、夢を大切にしながら自分の能力を発揮できる環境が整ってきたことの証であると思います。

私も、これまでいろいろな場で若い方々と御一緒する機会を大切にし、その熱意や息吹を感じて心強く思ってまいりましたが、これからも若い世代の活躍を願いつつ、見守っていきたいと思っております。

また、平成は、人々の生活様式や価値観が多様化した時代とも言えると思います。それは、ITその他の科学技術の飛躍的発展によって、更に推し進められた部分もあると思います。

今後は、この多様性を、各々が寛容の精神をもって受け入れ、お互いを高め合い、更に発展させていくことが大切になっていくものと思います。

他方で、少子化や高齢化の進行は、日本のみならず、多くの国で大きな社会問題となっています。今後の日本にとり、諸外国の経験や知識を参考にしながら、この問題について考えていくことが必要な時代になっていると思います。

平成は、また、地震や津波、台風や集中豪雨といった数多くの自然災害に見舞われた時代でもありました。多くの人が命を落とされ、また、生活の基盤を失われたことは、大変心の痛むことでした。

そうした中で、災害救助や復旧・復興の折に示された「絆」とも称される助け合いの精神には、日本の人々の優しさや秘めた強さを見る思いがいたしました。

そうした不幸な出来事が発生する度に、両陛下には、被災地に向かわれ、困難な状況にある人々に寄り添ってこられるなど、お力を尽くしてこられました。両陛下が、国民と共にありたいと常に願われ、そのお気持ちを体現してこられたことが、私の心に深く残るものと思います。

象徴天皇として 抱負や思い

(関連質問)(問1)
殿下は、30年以上にわたって、国民文化祭に出席されてこられましたが、来年度以降は象徴天皇として国民文化祭に臨まれることとなると思うのですが、臨むに当たっての抱負や思いなどをお聞かせいただけますでしょうか。

(皇太子さま)
立場が変わることによって、今まで両陛下がなさってこられたいろいろなお仕事を私が受け継がせていただくことになります。そして、両陛下が今までなさってこられたことをよく学び、それぞれの行事に心して出席したいと思っております。

それから、今お話のありました国民文化祭については、私が第1回から出ている行事ですし、特にその地方地方でいろいろな文化がある中で、自分たちの文化を再発見し、そしてまた新しい文化を創り上げていくという理念の下に創られた行事であると理解しております。

近年は、障害者芸術・文化祭も一緒に行われることになりましたので、より内容の深いもの、濃いものになってきていると思います。いずれにしましても、一つ一つの行事に新しい天皇としての立場で、心して出席していこうと思っております。

パラ マラソン選手の伴走は
(問2)
来年はオリンピック・パラリンピックが開催されます。殿下は去年、パラリンピックのマラソン選手、道下さんの伴走をなさいました。その時の率直な御感想と何か新たな発見がございましたら、お聞かせください。

(皇太子さま)
オリンピック・パラリンピックについては、特に両陛下が皇太子時代から大変心を寄せてこられたものだと思います。そして、両陛下が日本の障害者スポーツ大会へ大きな貢献をされたものと私も思っておりますし、障害者スポーツ大会について、両陛下から今までもいろいろなことを伺ってきております。

来年にはオリンピック・パラリンピックを控えております。そのような中で、園遊会で道下さんとお会いしまして、私がジョギングを趣味としていること、よくこの御用地の中を走っており、園遊会の会場となっている場所もよく走っているというお話をしましたところ、御一緒する機会があればと先方がおっしゃってくださいました。

私としましても、そういうパラリンピックの選手の人たちがどのように競技に臨んでいるのか、パラリンピックとはどういうものなのか、ということを私自身も理解するいい機会だと思いましたので、その申し出を喜んでお受けすることといたしました。

私が心配したのは、どのように目の見えない方を走りながらリードしたらいいのか、しかもひも一本で結ばれている状態ですので、どのように声を掛けてリードしていったらいいかということで、事前に書物を読んだり、あるいは動画を見たりして少し研究をいたしました。

実際に御一緒してみて、私自身も最初は少し緊張しましたけれども、楽しくとてもいい経験をさせていただいたように思います。

例を挙げますと、例えば2メートルくらい先にマンホールがありますということを道下さんにお話しようと思いましたら、気が付いた時にはもうマンホールの上にいるような感じで、走っていると随分スピードもあるんだなと思いましたし、実際に伴走の方がどのように選手をリードされているのかということも私も分かって、自分としても大変いい経験になったと思います。

もう一言付け加えさせていただきますと、三重県で障害者の施設に行きました時に、ボッチャをやっている場面を見せていただきました。その時に、そこにおられた選手の方が私にボールを渡して、やってみませんかと言ってくださったので、実際に投げてみると、やはり意外に難しいものだと思いました。

このように自然な形でパラリンピックの競技を自分自身が体験できたということは本当に自分にとっても良かったと思っております。そして、来年のオリンピック・パラリンピックを大変楽しみにしております。
雅子さま 今後の御活動は

(問3)
先ほど雅子さまについては御体調のところは伺ったんですけれども、今後の御活動の、御活躍を期待される分野といいますか、内容といいますか、どうお考えなのか、例えば国際的なものなのか、それとも若い人たちの活躍の環境を整えられることですとか、また、困難な状況に置かれている人たちに寄り添うことですとか、どういった内容で御公務、御活動をされていってほしいとお考えでしょうか。

(皇太子さま)
今は体調の快復に一生懸命取り組んでおりますし、将来的には自分としてできることが見つかることを、私も心から願っておりますが、現在は、そういうものを少しずつ模索しているような段階なのではないかと思います。

雅子自身もいろいろ海外での経験もありますし、このグローバル化の時代にあって、国際的な取組など本人だからできるような取組というのが、今後出てくると思います。

今具体的にどういうものかということは、お答えできないのですけれども、先ほども申し上げましたとおり、本人も一生懸命努力をしながら快復に努めておりますので、何かいい取組に将来出会うことができれば、私も大変うれしく思います。
........................................................
皇太子さま「象徴」継承へ=平成、残り4カ月-天皇ご一家が新年

2019年01月01日00時16分、時事通信 配信より

天皇ご一家は1日、新年を迎えられた。天皇陛下は4月30日に皇居で「退位礼正殿の儀」に臨み、上皇に。皇太子さまは翌5月1日に即位し、新たな「象徴」として陛下から全ての公務を引き継ぐ。平成は残り4カ月となった。天皇陛下は今月7日に在位30年を迎え、昭和天皇陵(東京都八王子市)を皇后さまと参拝。2月24日には陛下の在位30年記念式典が政府主催で開かれ、陛下がお言葉を述べる。退位を控え、3月に神武天皇陵(奈良県)を、4月に伊勢神宮(三重県)と昭和天皇陵を訪れる。4月10日、天皇、皇后両陛下は結婚60年を迎える。新天皇となった皇太子さまは10月22日、新皇后の同妃雅子さまと共に「即位礼正殿の儀」に臨み、続いて行われる「祝賀御列の儀」で都内をパレード。宮殿では同日以降、4日に分けて「饗宴の儀」が行われる。11月14~15日には、天皇が一世に一度行う重要な儀式とされる「大嘗祭」が、皇居・東御苑に設営された大嘗宮で行われる。上皇、上皇后となった両陛下は5月以降、皇居・御所から仮住まいとなる高輪皇族邸(東京都港区)に転居。最終的に現在皇太子ご一家が住んでいる赤坂御用地内の東宮御所に移る。皇太子さまは両陛下が続けてきた「三大行幸啓」と呼ばれる地方公務を引き継ぎ、今年は愛知県での全国植樹祭、茨城県の国民体育大会、秋田県の全国豊かな海づくり大会に出席する。皇太子時代に続けてきた国民文化祭などへの出席については、即位後も継続するか、皇族方と分担するかについて宮内庁が調整を急いでいる。(2019/01/01-00:16)

私のコメント:平成31年2月23日、皇太子さまは両陛下が続けてきた地方公務を引き継ぎ、今年は愛知県での全国植樹祭、茨城県の国民体育大会、秋田県の全国豊かな海づくり大会に出席の予定、皇太子時代に続けてきた国民文化祭などへの出席は、継続するか、皇族方と分担するかについて宮内庁が調整を急いでいる。




コメント

「人々と共に…」皇太子さま59歳の誕生日

2019年02月23日 | 宮内庁
「人々と共に…」皇太子さま59歳の誕生日

2/23(土) 1:17配信、最終更新:2/23(土) 1:46 日本テレビ系(NNN) 配信より

皇太子さまは23日、59歳の誕生日を迎えられた。即位前、最後となる記者会見で「人々と共に喜び、悲しみながら、象徴としての務めを果たしてまいりたい」と、即位への決意を語られた。

23日、59歳の誕生日を迎えた皇太子さまは、今年5月の即位前、最後となる記者会見で、「国民の中に入り、国民に少しでも寄り添うこと」を目指してきたこれまでの活動を振り返り、今の心境と即位に向けた決意を語られた。

皇太子さま「これからのことを思うと、とても厳粛な気持ちになりますが、引き続き自己研鑽(けんさん)に努めながら、国民に常に寄り添い、人々と共に喜び、あるいは共に悲しみながら、象徴としての務めを果たしてまいりたいと思います」「その時代時代で新しい風が吹くように、皇室の在り方も、その時代時代によって変わってくるものと思います。それぞれの時代に応じて求められる皇室の在り方を追い求めていきたいと思います」

また、皇太子さまは、天皇皇后両陛下に対しては、「両陛下のお手許(てもと)で温かい家庭において慈しみを受けながらお育ていただいた」と、深い感謝と尊敬の気持ちを語り、皇后となる雅子さまについては、「一朝一夕に全てをこなせるようになるわけではないと思う」と、体調への理解を求められた。

また、誕生日にあたって皇太子さまが、リオ・パラリンピックの視覚障害マラソン銀メダリスト・道下美里選手の「伴走」をつとめ、一緒に赤坂御用地を走られた際の映像が公開された。

【関連記事】
•皇室の皆さまの公務や活動にスポットを当てた記録集
•皇太子さま59歳の誕生日 会見全文1/4
•皇太子さま59歳の誕生日 会見全文2/4
•皇太子さま59歳の誕生日 会見全文3/4
•皇太子さま59歳の誕生日 会見全文4/4

私のコメント : 平成31年2月23日、皇太子さまは2月23日、59歳の誕生日を迎えられた。皇太子さまは、天皇皇后両陛下に対し、「両陛下のお手許で温かい家庭において慈しみを受けながらお育ていただいた」と気持ちを語り、皇后となる雅子さまについては、「一朝一夕に全てをこなせるようになるわけではないと思う」と、体調への理解を求められた。

労働市場 (1980年) (日経文庫 経済学入門シリーズ)
西川 俊作/日本経済新聞社

計量経済学のすすめ (1970年) (エコノミスト・シリーズ)
西川 俊作/毎日新聞社

数量経済史の原点―近代移行期の長州経済 (慶應義塾大学産業研究所選書)
西川 俊作/慶應義塾大学出版会

福沢諭吉と三人の後進たち (エコノブックス (9))
西川 俊作/日本評論社

福沢諭吉の横顔 (Keio UP選書)
西川 俊作/慶應義塾大学出版会

天皇交代 平成皇室8つの秘話
明石 元紹,岩井 克己,佐藤 正宏,檀 ふみ,江森 敬治,近重 幸哉,橋本 隆,白石 都志雄/講談社

昭和天皇伝説―たった一人のたたかい (朝日文庫)
松本 健一 /朝日新聞社

自然災害と防災の事典
丸善出版

http://md.exblog.jp/img/eg/thumb-no-image.gif
水利の日本史―流域と指導者たち (農林統計叢書 (11))
旗手 勲 /農林統計協会

小泉信三全集〈第1巻〉 (1968年)
小泉 信三/文藝春秋

政治わが道―藤山愛一郎回想録 (1976年)
藤山 愛一郎/朝日新聞社

福沢諭吉選集〈第1巻〉 (1980年)
福沢 諭吉/岩波書店

福沢諭吉全集〈第1巻〉 (1958年)
福沢 諭吉/岩波書店

福沢諭吉著作集〈第1巻〉西洋事情
福沢 諭吉/慶應義塾大学出版会

福澤諭吉傳〈第1巻〉
石河 幹明/岩波書店

福澤諭吉傳〈第2巻〉
石河 幹明/岩波書店

福澤諭吉傳〈第3巻〉
石河 幹明/岩波書店

福澤諭吉傳〈第4巻〉
石河 幹明/岩波書店

福澤諭吉傳
石河幹明/岩波書店

古文書学 (1955年)
伊木 寿一/慶応通信

湛山回想 (岩波文庫 青 168-2)
石橋 湛山/岩波書店

石橋湛山評論集 (岩波文庫 青 168-1)
石橋 湛山/岩波書店

帝室論: 福沢諭吉 著 : 現代語訳 (三島堂)
福沢諭吉/null

ジョオジ五世伝と帝室論
小泉 信三/文藝春秋

竹島密約 (草思社文庫)
ロー ダニエル/草思社

佐藤栄作日記 全6巻セット
佐藤 榮作,伊藤 隆 監修/朝日新聞社

[新装新版]日韓交渉 請求権問題の研究
太田 修/クレイン






コメント