Phazer Touch Operation

うちのPhazer君の日々の日記でございます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

BBSに記載したキャブセッティングをまとめました

2007-11-26 21:42:44 | 過去HP公開分
BBSに記載したキャブセッティングをまとめました


*注意
セッティングは、車輌の個体差がありますのでまったく同じ改造をしても乗り方や車輌の状態でまったく異なりますので、同じようにやってもセッティング出ませんし、同じにしてもセッティングでねーよなんてクレームは受けません。又壊れてもクレームは受け付けません!参考にする場合は自己責任でやってください。

BITO R&D製 KEIHIN FCR28φダウンドラフト

デフォルトセッティング
PS 1回転
MAJ 固定式
SJ 48#
MJ 125#
ニードル 90FTW 上から3段目

この状態で 装着し空ぶかしすると4分の1あたりがシビアでまともに空ぶかしもできない。のでセッティングパーツがないのでニードルのみ変更してみました

変更>ニードル 90FTW(デフォ) 下から3段目

第2回セッティング 上記から変更

PS 1と1/2
MAJ> ASに変更 1と1/2
SJ  50#

スローの番手を下げるとアイドリングせず。
ASで補正してもアイドリングするようになるものの
回転落ちが遅くなる SJ 42# 45#で試した
プラグ焼けとは関係なく濃い目のほうが安定するようだ

変更後問題点
4~6千で回転がもたつく
そこから無理にあければ回転上昇するがアクセルを戻してアイドリング付近まで回転を落とすとストールする。ニードルの段数もしくはテーパー開始位置を要変更


第3回セッティング上記から変更
ニードル 段数 下から2段目

変更後問題点
回転上昇に引っかかりはなくなるがギアをあげると8千回転以上でもたつくまた加速ポンプが切れるともたつくのでメインが薄い物と思われる。

第4回セッティング上記から変更
MJ 135#

加速ポンプが足を引っ張っている感じ切れると加速良し
効いていると加速が鈍くなる

低速連続走行試験~全開域試験
サーモ及びファンの作動を確認TEMPメーターのレッドゾーンよりも針3本分ぐらいのところで
安定 レッドには入らなかった
1、静止または微低速で左側に傾けるとストールしそうになる。

2、ブレーキを強めにかけて停車するときにアイドリングが落ちストールしそうになる
3、パーコレーションがおこりアイドリングが安定しない

1、原因はガソリンの供給口がFCRの場合左右に振り分けられて中心いないため
左側のみにホースをつないでいることが考えられる。そのせいか右に倒してもストールを起こさない。
対策スペース確保して左右に供給ホースをつける、また電磁ポンプの吐出容量の
大きい物に変更する

2、油面調整が必要かもCRではよくあった現象慣れればOK

3、冷却水のラインと、電磁ポンプで隙間がないので起こりやすいのかも
スペース確保しないと駄目かな~

第5回セッティング
前頁からの変更
加速ポンプコントローラー追加(リアルエクイップ製WR250用)
加速ポンプの設定を一番絞る
遅延設定
MJ130#
前セッティングで黒鉛を吹き始めアイドリングまで影響が出たのでジェットを落として見る。加速全体的に向上するも3速以上で14000RPMで頭打ちギアのつなぎでまだまだギクシャクする。
加速ポンプ域がまだ濃いらしく少しカブリ気味
ニードルのテーパー角を浅い物に変更して切りあがりを上に持ってくるほうが良いかも・・・

第6回目セッティング
上記から変更
加速ポンプタイミングさらに遅延設定

ニードル 90ETW 下から2段目
メインジェット #120

加速ポンプの吐出量がまだ多い
メインを思い切って絞ったら4速までレブ18500RPMまで回るようになった
ニードルを角度の浅い物に変更

6000~10000RPMまでぼこつきあり 黒煙がでるのでこの辺が加速ポンプの利いているところでニードルのテーパーの開始あたりだと思うニードル段数および加速ポンプのロッド切って調整かなぁ~
全開に回してギアチェンジのときアクセルを戻して再度開けたときに失速感があるのでやはり加速ポンプの調整が必要っぽい(SRX250でも起きた)リアルエクイップのコントローラーでMAXまで絞っているので加速ポンプのロッド切って調整しかないなぁ~でもようやく見えてきた感じ回ると早い早いぼこつくところもアクセルワークで回避できるので走ることには支障はないけど・・・免許危ないね(笑)

第7回セッティング
上記から変更
ニードル 90ETW 下から4段目
加速ポンプ ありえないぐらい遅延設定

やけくそで加速ポンプのタイミング調整のつめを思いっきり開いててがば開け全開状態のみ動くようにした。6千から1万までスムーズに回るがアイドリングに戻したときに若干アイドリングが下がるのでまだ若干濃いようだ。

第8回セッティング
上記から変更
ニードル 90ETW 上から3段目

6千から上のぼこつき解消
今度は4千以下が少しだけ鈍いストレート部分の径を太くしないと駄目かな、高速走行4速10000RPMあたりにボコつきありアクセル開度2分の一よりもう少し下でおきる。ニードルクリップ位置要変更

第9回セッティング
上記から変更
ニードル 90ETW 上から2段目

10000あたりで起きるボコ付き解消
スロットル4分の1~2分の1あたりスロットル4分の1以下で鈍くなり加速が悪くなる回転数にして4000RPM以下。長時間低速走行してたら水温上昇が激しく排気音がバリバリ言うようになり、ギクシャクし始める。薄い証拠

第10回セッティング
上記から変更
ニードル 90ETU 上から2段目

ストレート径を太くして若干濃い目に振って見た。開度4分の1以下のレスポンス及び付きが解消される。6000RPMあたりに若干谷が目立つかなぁ~もう少し濃くしてもいいかなぁ~
この時モトバムに行って針を買いに行ったとき質問を店員さんにぶつけて見ると 加速ポンプはずしてセッティングするのも一つの手だそうで、薄くするには加速ポンプのダイヤフラムの下にスペーサーを入れるも良し、ロッド切っちゃうのも良し、ロッドはずしちゃうのも良いみたいです。ようはセッティング出れば加速ポンプ無しでもOKのようです。


追記 2007/11現在
現在はEXUPをキャンセルしてアルファーレーシングの4-2-1に変更されています。
コイルを新品にして キャブの上部にカバーをつけていたのですが
これの位置を変更したところ大幅にセッティングが変わりました

メイン 135#
スロー 50#
パイトッロ 1回転
エアー 1回転と4分の3
ニードル 90FTS

と大幅変更
下が若干濃い気がします。
コメント   この記事についてブログを書く
« ようやく完成しました | トップ | 久々のFZ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

過去HP公開分」カテゴリの最新記事