Wein, Weib und Gesang

ワイン、女 そして歌、此れを愛しまない輩は、一生涯馬鹿者であり続ける。マルティン・ルター(1483-1546)

考えろ、それから書け

2005-12-19 | 
ベートーヴェンの合唱付き交響曲は、ニ短調交響曲とシラーの詩の為の楽曲の掛け合わせと言われている。長い構想期間に、声楽曲ミサソレムニスが先行して出来上がっている。晩年のピアノソナタやミサソレムニスに続いて完成された最後の交響曲は、既に古典的交響曲の枠を越えていると言われる。それは、1815年のヴィーン会議後の新絶対主義に対抗する作曲家のプロパガンダでもある。

冒頭の序奏から、主題の空虚・緊張度からして交響曲として尋常ではない、更に慣習を破って二楽章に置かれたあつかましいばかりのスケルツォ楽章。そして、耽美的で長大な緩徐楽章。そして至る所に非常に暴力的でオペラティックな楽想が見付かるとしても、ここまではその秀逸した形式感などで、交響楽としての構えを辛うじて保っている。 

そして合唱の付く四楽章で、この交響作家自身「吃驚ファンファーレ」と呼ぶ喧騒の後で前の三つ楽章を回想して、その低弦に対照させて「喜びの歌」が歌われる。そしてもう一度、聴衆の肝を抜かす。「こんな音では無い、もっと気持ちよく楽しくやろう」と叙唱の前口上で、「教養」あるヴィーンの聴衆の眉をひそめさせたに違いない。これほどまでに馬鹿にされると、怒って席を立って出ていってもおかしくは無いが、実際は如何だったのだろうか。皮算用された収益は上がらずに経済的には失敗と言われている。

こうして、この作曲家は、このとんでもない四楽章で自立した絶対音楽の世界を一旦完膚無きにまでに打ち砕き、其れによって演奏会と音楽の世界を完結したものに見せかけるという「巧妙なレトリックを使っている」と指摘するのはアドルノである。自己と大衆と言うシラーの本来のテクストの分け方が、独唱と合唱になっているが、群集の合唱の扱い方などはミサソレムニスだけでなくオペラ「フィデリオ」等の扱いとも比較してみたい。

こうして見ると途中に出てくるトルコ行進曲も、対照として充分な効果を挙げている。この曲が「EUの歌」である事も決して偶然ではないのである。兄弟愛を謳い上げる時、必ずやその背反している現象が存在しており、ナポレオンへの賛美や失望を第三交響曲で表明したベートーヴェンの強かさに西欧の其れを見ても間違いではない。

2001年にヴィーンで行われた青少年の音楽会の前のレクチャーの原稿を覗くと、ヴァーグナーが1848年のドイツ三月革命の年にバリケードに囲まれてこの曲を演奏したとある。平民の強情さのようなスケルツォに対して、この革命家楽匠は「歓喜へ至る、強き敵へ向けられた誇り高き戦い」と呼んでいる。

更に、「目覚めよ百万人の人々」と、ベートヴェンが切り捨てたカントの影響を受けたシラーのテキストの部分を挙げて、それを1927年の赤旗新聞に寄稿するのはマルキストの作曲家アイスラーで、そこで世界革命に向けてプロレタリアートの連帯を呼びかけているらしい。

こうした被害はベートーヴェン自らが招いたものであるだけでなく、現在の美学的な状況にも責任を負っている。そして後期の作品群では、作曲技法のフーガ等も「あっちへこっちへの 形 式 」となって、100年後の音楽にまで影響を与える。少なくとも19・20世紀の音楽産業は、この作曲家の力によって成り立って来た。如何にヘンデルがエンターテェイメント先進国の英語圏で既に大成功していたとしてもである。しかし最近は、商業面に置いては依然影響力があるものの様々な理由から、この作曲家が徐々に疎まれて来ているのも事実であろう。

シラーに戻れば戯曲「群盗」も作曲家ヴェルディーによってオペラ化されている。ロンドンのロイヤルコヴェントガーデンオペラでの初演は、1847年当時の政局の安定した英国では検閲を受ける事も無く王室の臨席で平穏無事に迎えられた。しかし、芝居の盛んなロンドンでは原作に比べた物足りなさもあったようだ。

ゲーテに言わせると「イタリアのロマンティシスモは現実的であって生き生きとした現実に訴えかける」とあり、既に後年のヴェリズモの現実主義の芸術運動を示唆している。ハイデッカーが暗示するシラー以降の流れは、ドイツ語圏特有の現象なのだろうか?

ハイデッカーは、その講座でシラーの政治的な発言や部分的な見解には目もくれずに、難解な節を欄外の注意書きと共に、デュラーの兎やコンラッド・フェルディナンド・マイヤーの詩を、形式や美学的特筆の独自の例として挙げて、「読まずに考えろ、それから書け」と学生に教えたらしい。(シラーの歓喜に寄せて [ 文学・思想 ] / 2005-12-18 より続く)



参照:
バロックオペラのジェンダー [ 音 ] / 2005-02-20
再生旧市街地の意義 [ アウトドーア・環境 ] / 2005-11-20
遥かなるラ・マルセエーズ [ 生活・暦 ] / 2005-11-14
麻薬の陶酔と暴徒の扇動 [ 生活・暦 ] / 2005-11-02
行進しても喉が渇かない [ 生活・暦 ] / 2005-04-25
ハムバッハー・フェスト /Das Hambacher-Fest [ 文学・思想 ] / 2004-11-14
敬語の形式 [ 文学・思想 ] / 2005-01-27

コメント (10)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« シラーの歓喜に寄せて | トップ | 採れ取れリースリング »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
第九 (ちょこばす)
2005-12-19 17:03:44
彼はコントラバスの名手・ドラゴネッティが楽器を弾くのを聴き、第九を作曲する際、コントラバスに技巧的なことをたくさん求めたと言われています。

この作品によって、第九交響曲という重みがマーラーなど後の作曲家に大きな影響を与えていますね。



私も一度演奏したことがありますが、そのとき棒を振った指揮者がとてもユニークな演出をしました。

ソリストを4楽章で登場させたんです。バリトン歌手なんて歩きながら歌って。

この演出は、その日会場にいらっしゃったお客様たちには好評でした。
かなりいってます (pfaelzerwein)
2005-12-20 03:13:30
名曲の影には名手ありですか。第九の合唱や数の影響と言う事でしょうが、そう言えばマーラーの声楽の無しの第一番ニ長調のコントラバスを思い出してしまいました。



"Frère Jacques" ("Bruder Martin")

http://en.wikipedia.org/wiki/Fr%C3%A8re_Jacques



確かに四楽章はかなりいってますから、「歩きながら歌って」登場しての口上は宜しいでしょうね。

先を越されました。 (stone)
2005-12-20 18:08:50
第九、シラー、カント、ヘーゲル。時節柄ですから、これで僕もひとつ書こうと思っていたのに先を越されてしまいましたね(笑)。



僕はヘーゲルのいう「理性」を疑ってはいますが、かなり好きです。カントは、シラーの詩にあるような、「理想的」な合一は諦めていたと思いますが、ヘーゲルはそれを理性を使って、失われた大地との絆を回復させようとしたのだと思っています。ちょっとロマンチックすぎますか?ニーチェのいっていた、ドイツ語の「~ではあるけれども」みたいな気持ちです。



それからBookmark入れていただいて有難うございました。
読み込み済みのEUの大地 (pfaelzerwein)
2005-12-21 04:21:59
前述の書評を見て、何とか第九まで辿り着いただけです。実は違う事もあったのですが、書評の内容がヘーゲルまで拡がって仕舞っていたので殆んどお手上げです。



直感で言うと、ルネッサンス以降の明白な線引きを必要とする自然科学の限定からすれば、人文科学は必然的にこういう「理性」へ行き着くと感じます。少なくとも現在から見ると、その先のロマンティックな世界は当然と言う思いです。ハイデッカーは事後の哲学と言う事で理解出来ます。



結構方々で馬鹿にされるシラー文学や「EUの歌」の計算されたシラケを見ると、是非近々劇場に足を運びたいと思うのです。感応性が問われているのでしょう。







リンクのリストは基本的に期間限定ですが、お互いに負担にならないように、今後とも宜しくお願い致します。
貴重な情報と、いつもながら刺激的ご考察ありがとうございます。 (助六)
2005-12-24 09:59:11
>ヘルダリンへの思索から断絶の試みであった



「ヘルダーリンからの断絶」を試みたのはハイデガー、シラーのどちらでしょうか?

文章の係りからすると「シラーがヘルダーリンへの思索から断絶しようとした」と読めそうですが、シラーは寧ろヘルダーリンに影響を与えた関係だった気がするし、「ハイデガーがシラーを通じてヘルダーリンへの思索から断絶しようとした」事実があるならば、ちょっと聞き捨てならぬ話ですよね。



カントが第3批判で試みた、美的経験と道徳的経験における理論と実践、悟性と理性の橋渡しを継承し、美を「現象における自由」として捉えるシラーの試みに、ハイデガーが興味を引かれたのは解る気もします。カントの謂う「構想力と悟性の戯れ」である「悟性なき認識」である美的判断力の遥か彼方に、ハーマンやヘルダーらが標榜する「生きた言葉」を窺うことが許されるなら、シラーが美的教育を通じた「理性と感性の調和」によって得られるとした「魂の内的自由」は、理性的「存在神学」を超えるヘルダーリンの「詩作的思索」を指し示すきっかけを仄かに含んでいるとも考えられるからです。

そしてカント同様シラーについても、ハイデガーが結局はその「理性への固執」を断罪して終わるのも、仰るとおり見事に「予想通り」ですね。

いずれにせよ「ヘルダーリンを超えようとした」のは誰なのか気になります。



カントからシラーへ、或いはハーマン、ヘルダー、シェリングに至る「ドイツ啓蒙からロマン主義」への道行きは、なるほどベートーヴェンの「9番」が極めて直裁に示していると言えるかもしれません。啓蒙的理性の営みである「古典的」交響曲がシラーの詩に媒介され、政治的にも美学的にも「自由」に向けて破壊的に超出していく過程とでも言いますか。詩がシラーでなくヘルダーリンだったとしたら、これはもう没形式の単一楽章交響曲「狂人」になっていたかもしれませんね。何だか後期シュトックハウゼンを思い出しますが。

「EUの歌」がこの辺まで読んで決められたんだとしたら(トルコが媒介する「ポストモダン欧州」!)仰るとおりエライことですが、これはもちろん幸福な偶然でしょうね!



シラー以降のドイツ思想の展開に対応するイタリアの「現実的」ロマン主義思潮と言うと、「現実的」政治レヴェルでは、ナポリのクオーコがすぐ思い浮かびますね。ナポリ革命の失敗は仏革命を範としたことに由来し、革命も普遍的理性にではなく民族の伝統に基づくべきとする彼の反啓蒙・反合理主義はヴィーコを引き継ぎ、ヘルダーに対応していると言えそうです。しかし、伝統的形而上学を内側から破壊しながら再興していく形のシラー・シェリング・ヘーゲルに対応するようなイタリア思想家は、超寡聞にして思いつかず、まあやはり居なさそうですよね。逆に同じラテン系でも仏19世紀フランス・スピリチュアリスムの流れは驚くほど、フィヒテ以降のドイツ哲学の「形而上学への」展開と通底するところがあると思います。



「ハイデッカー」で検索すると「バス」が出てくるというお話には笑ってしまいましたが、あえて「ハイデッカー」と表記されているのは、どういう意味があるのでしょうか。独語の子音はきつく発音されるから「ガ」でなく「カ」に近く聞こえるということでしょうか。
反作用の影響 (pfaelzerwein)
2005-12-24 19:57:13
助六さん、有り難うございます。改めて言いますのは、お気づきの通り、凪の大湖に浮かぶ小船のように、帆も無く宙ぶらりん状態になっていました。



早速、ご指摘の点の裏づけをとってみました。どうも、1795年と言う年に意味があるようです。11才年下のネッカー川沿いの同郷の若い才能の保護者のような気持ちでいたシラーは、既にマスターであったヘルダーリンを1793年に尽力して文学者として世に出しました。そのやり方に、出来るだけ干渉を避けるような大きな父親のような配慮が見られるようです。チュービンゲンでヘーゲルと知り合っていた才能が年齢差以上に新たな世代を示していたからでしょう。これは、ゲーテへの打診等にも知れるようです。(余談ですが、ベルイマンの魔笛の演出を思い起こしました)



その後にだんだんと自身の結核の健康状態と並行するように死に至るまで、シラーの方から「ドンカルロス」に心酔して慕っていたヘルダーリンを遠ざけていきます。そして1793年がヴァイマールクラッシックの名付け年のようです。



風を送って頂いたお陰で、次のように理解が進みました。



流石に哲学者の書物と言う事で、「シラーがヘルダーリンに与えた影響は、反作用としてシラーに強く働いている」とする見解が読み取れます。恐らくハイデッカーの講座の一つの要点は、これでないかと想像します。良く考えれば、日常に良く有る現象なのですが、固定された歴史感から見ると逆方向へはなかなか動きません。



シラー研究家にとっては、何でも無い事なのかも知りませんが、これでその後の著作を興味深く見る事が出来そうです。月曜日に旨く行けば晩年のヴィリアムテルを観て来ます。



例の「喜びの歌」がその前の1785年で、フリーメーソンのケルナーによってドレスデンで公表されてから有名になったと言うのも覚書として措きます。



音楽畠ではハイドンやモーツァルトの晩年、美術のカスパー・フリードリッヒなどを考えると共に、イタリアの関係ではヴェルディの初期作品を思い出しました。



後期シュトックハウゼンは、また別の機会にしまして、ここ十年ほどのヘルダーリン関連の創作は多いので、上の時代に源を発する「Diotima」のノーノの創作の影響も注記して措きます。



ゆく河の流れは絶えずして [ 音 ] / 2005-08-01



ハイデルベルガーのような鼻に掛かる濁音は、ここでは難しいですね。



風が吹いたお陰で、ハイデッカー先生に叱られないような、「考えて」が出来ました様です。
コメント&TBありがとうございます。 (切られお富 )
2006-07-09 22:42:38
興味深く読ませていただきました。



的を外しているかもしれませんが、第九第四楽章って、生真面目なベートーヴェンがイタリア的なものに接近した楽章なのかなって気がしてきました。



ゲーテの言葉も「イタリア紀行」の著者らしい、言い回しだし。

祭り、体感 (pfaelzerwein)
2006-07-10 13:57:41
「イタリア的なもの」。その後の発展は大分違う方向へ進んだのは事実としても、ゲーテのイタリアでの印象はこうしたドンチャカ騒ぎに違わないものがあります。一種の躁状態を書いていますね。



http://blog.goo.ne.jp/pfaelzerwein/e/6cc3e6c5d63f2ab2aab63cccb07347bb



そうなると「祭り」がキーワードに上がって来ました。更に「体感」としましょうか。
「9条がんばれ!弁護士と市民がつどう『第9』コンサート」 (JCP-Metal)
2006-10-01 00:58:07
貴重なTBありがとうございました。



Seid umschlungen Millionen で始まる

二重フーガは、その構成力といい、音の扱いといい凄いです。なお、私は合唱に参加したことがあります。



それと第4楽章後半の、1フレーズづつ、どんどん転調する管弦楽のみのフーガも凄いですね。



なお、二重フーガは、MozartのRequiemでも同じような展開のところがあります。

もちろん、ご存知でしょうが。



今後ともよろしく御願い致します。
思想的解釈や政治的利用 (pfaelzerwein)
2006-10-01 03:58:45
JCP-Metalさん、コメント有難うございます。



お蔭様で、9条『第9』と言うのを今回初めて知りました。この上の本文で述べている幾多の各々異なる社会状況での解釈・利用のリストにまた一つ新たな例として加えることが出来ます。



こうした思想的解釈や政治的利用は、この楽曲とテキストが既に持っている内容であることは上に述べた通りです。



EUの歌の場合でも、現実にはそのような楽園やパラダイスはなかなか現れません。それどころか、トルコ行進曲も葛藤の後に予定の勝利の歓喜に包まれて、「相抱かれよ」とはなかなか相なりません。とっても二重フーガにまでは至りません。



この名曲が、特に日本のように大変使い果たされた環境で、今でもどれほどの効果を持ちえているのかは大変疑問ですが、合唱運動の本元である東ドイツでの最近の第九の演奏についての新聞記事の引用を以下に引用してリンクに紹介します。



「年末年始時には、歴史的にも 宗 教 に 代 わ る ほ ど のイデオロギーを持った、これほどの堅い素材の第九ほどお門違いな曲はない。」



http://blog.goo.ne.jp/pfaelzerwein/e/eb6e4ba47736848c64368584cb16eaf2



しかしそれでも理想がなければ対話も出来ない。希望がなければ生きていけないと言うのは真理ですね。



こちらこそ宜しくお願いいたします。

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

9条がんばれ!弁護士と市民がつどう『第9』コンサート (ポラリス-ある日本共産党支部のブログ)
  ***********************************************   平和こそは人みなの願い。   平和こそは、けっして捨ててはならない人類の理想。   その理想を高く掲げる日本国憲法9条に、「がんばれ!」の声援を送ります。   ベートーヴェンの「第9」が ...