Wein, Weib und Gesang

ワイン、女 そして歌、此れを愛しまない輩は、一生涯馬鹿者であり続ける。マルティン・ルター(1483-1546)

eMMCを完全初期化

2018-02-20 | テクニック
タブレットの修理を断念した。土曜日の積雪が日曜日も山沿いに残っていた。晴天の放射冷却で零下5度以下だったので、頂上往復を断念して朝から修理に備えることにした。最終の試みだ。一週間も粘っていたのにはそれなりの理由があって、故障を見つけるためなのだが、ほぼ疑問は解決した。

結論からすると、PCのHDDやSSDに相当するeMMCの書き込みが出来なくなったのが故障原因となる。なかなか分からなかったのが、ソフトで書き込みが出来ていたからで、もう一つのソフトで書き込みが出来なくなっていたので漸く認知した。どのような方法を使ってもリセットで319.17MBまでしか書き込みが出来なかったからである。焼き付けるファームウエア―などの不備を否定できなかった。前回12月には綺麗に所謂ROM焼きが可能だったからだ。

今回は風呂場のタイルの上に一メートル近い垂直落下をさせたことで決定的になったと思うが、二月毎にアンドロイドが立ち上がらなくなっていたので、症状は使用開始後三年を過ぎてからぼちぼち出ていたことになる。その間にアンドロイドシステムの基本構造を垣間見たのだが、リノヴォのプロセッサーを提供するMTの書き込みシステムが大変有用だった。最終的にはプリローダー含む領域までフォーマットした。

これは殆どの英語のフォーラムでも僅かな日本語の情報でもタブーになっている。それらの説明ではPCのBIOSと同じでそれを消してしまうとハードにアクセス出来ないというものだ。しかし最終的にこれも試してみると、読み込むROMのプリローダーで事足りることが分かった。つまりアクセスをするソフトは上のようなフラッシュメモリーには記録されていないということになるのか?兎に角、その領域を消去しても10Mほど領域が開くだけで、期待した大勢には影響は及ぼさなかった。潔癖症ならばこれも新たに書き加えるられるだけである。

但し、アンドロイド自体が数百MBの容量が必要なので、アンドロイドは使えないが、それ以前のプログラムは読み込めるので機械として動くことは動くのである。フラッシュメモリーの特定のアドレスを除去するとかHDDのような区分けとかが出来るのかどうかは知らないが、また勉強する時間が掛かるだけで、傷んだメモリーが復活する見込みはないと思った。裏蓋を開けてみてもメモリーが簡単に取れそうなことにはなっていない。

これらを考慮して次期タブレット購入検討に入った。IPadなどは十年経っても使えるということだが、仮に使えても十年の進化についていけないだろうと思った。アンドロイドならば三年使えるとして、10インチでも90ユーロほどからあるので、適当な価格ならば、やはりアップルに1000ユーロ投資する気にはならない。なによりもアンドロイドは弄りやすい。

壊れたレノヴォのヨガは試しで使ったタブレット一号機だったので、大体使い勝手も分かった。一番良かったのは重いだけに充電池が強く、夜中に充電するだけで動画を見続けない限り不自由が無かった。WiFi機能も優れていたので今回はSIMカードを入れれるものにしておこうかとも思う。画面は更に進化しているようで、1K再生には問題が無さそうだ。あとは、楽譜を最初から最後まですらすらと飛ばして流し読みできる位の速さは欲しい。その他音質も悪くは無かったが、ノイズキャンセルのヘッドフォンを購入して繋ぐつもりなのでそれも考慮したい。

GPS時計の方も使い始めから三年経たずに駄目になった。500回の充電とか書いてあったが、精々500回の使用で、充電はその四分の一以下だろう。これは若干安物買いの銭失いの傾向がある。一万円ほどの物なので、そんなものかなとも思う。こちらは充電できても直ぐに空になるので、三十分ぐらいしか使えない。短い距離ならば問題が無い。記録を狙うような体調ではないので、万歩計もあり、慌てずにもう少し信頼性の高いものを購入したい。

もう少しすると籠り部屋から出ることになる。それまでにモニターを追加新調する。こちらは2016年8月に購入したものが良かったので、その上級機を購入する。価格差もあまりなく、一回り大きな24インチの予定だ。春の準備である。



参照:
比較的良いヨガの初印象 2014-08-13 | テクニック
上野での本番などの様子 2017-09-20 | 文化一般
キットカットにリカヴァリー 2017-09-22 | テクニック
覗き込んだ世界の裏側 2017-12-17 | 歴史・時事

コメント   この記事についてブログを書く
« バーデンバーデンへの想い | トップ | 蛇足を画策したのは誰 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

テクニック」カテゴリの最新記事