Wein, Weib und Gesang

ワイン、女 そして歌、此れを愛しまない輩は、一生涯馬鹿者であり続ける。マルティン・ルター(1483-1546)

発育・成長・老化の中で

2004-12-19 | 数学・自然科学


医学的な考察をと言いたいが残念ながらその生物・医学の素地が無いのでカモミールティーを飲みながら適当にお茶を濁してみる。「男性医」の概念と免疫反応への考察、引いてはその自然治癒力の発想が面白くてアンチ・エージング書を借りてきて時々読んでいる。決してハウツー本ではないので其れほど多くの新情報は含めれていない。それだけに現在の臨床内科の視点が垣間見えて面白い。勿論免疫学や内分泌学の最新の視点が網の目のように織り込まれる。例えば普通は疾病ではない「肌乾燥・皺」、「腰痛・骨粗鬆症」、「老眼」、「脱毛」や「物忘れ」など典型的な老化現象を内科的に検討する。性ホルモンの作用を発育・成長・老化の中で捉える。栄養素としての食物も其の摂取の有効性を挙げるのではなくて、必要な栄養素として挙げる。また一般に行われているホルモン治療や投薬等の対症的な方法もその有効性と留意点を纏める。ストレスの影響と抵抗性も免疫学の見地として扱われる。専門内科医としての立場を逸脱しないのが良い。外科が臨床の花形である事に異論は無いが、内科的な思考態度は、最も医学らしい体系の中での観察と推論の自然科学者としての立場を良く示している。

其れに比べ病理学や薬学の方は遥かに遺伝子工学的な発想が席巻しているのかもしれない。残念ながらそこでは「木を見て森を見ず」の議論が横行していて、さらに倫理という大きな壁が立ちはだかり抽象的な議論を難しくしているようだ。それゆえに天下の宝刀である遺伝子による議論になると、逆に先入観念をもって結論が出される例が多いようである。合衆国の多くでは、人種別の新薬のスクリーニング試験が実施され新薬の認可基準にもなっている。社会・経済的な背景を鑑みた処置ではなくて、遺伝子上の人種別の差異が根拠となっているようである。しかしこの根拠は、遺伝子学の見地から個人差に比べ人種差を云う意味が無いとして否定されている。これなどは、非科学的な研究者という子供に遺伝子工学という武器を持たせて遊ばせているようで大変危険な状況を示している。脳神経学などの一流研究者にも似たような傾向が見られ、其の積み重ねられた研究成果に関わらず十分に客観視出来るだけの位置に到達していない。臨床内科のような研究の体系化へは、その技術的進展だけでなくある程度の時間と歴史と選ばれた才能が必要なようである。



参照:
<Mens sana in corpore sano> [ 数学・自然科学 ] / 2004-12-31
現代人の断食 [ 数学・自然科学 ] / 2005-02-11
『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント (15)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« アルペンスキー競技の乖離 | トップ | バロッサ渓谷 »
最近の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます (よし)
2004-12-20 15:48:07
はじめまして。

私のブログに目をとめてくださってありがとうございます。驚きました。

pfaelzerweinさんのブログこれからゆっくり拝見させていただきます。



ありがとうございました。
TBありがとうございます (うららっち)
2004-12-20 18:10:24
初めまして。

TBありがとうございます。

まさか私のようなブログにTBが来るとは・・・と正直、驚いております。

本当にありがとうございました。
はじめまして (wasa)
2004-12-20 23:59:28
トラックバックありがとうございます。

私もpfaelzerweinまで詳しくはありませんが、

ワイン好きです。

また遊びにきてくださいね。
あああ (wasa)
2004-12-21 00:02:02
す・・・すいません。

はじめてなのに

>pfaelzerweinまで

って呼び捨てにしてしまったみたいです!

pfaelzerweinさんとよんでください。

すいませんでしたー。失礼しました。

呼び捨てが合います。 (pfaelzerwein)
2004-12-21 03:27:11
wasaさん、ワインがお好きなんですね。此処のワインは呼び捨てが合います。ラインガウの宰相メッテルニッヒなどの地所に比べると名門ワイン屋さんも敷居がそれほど高くありません。この地方のざっくばらんな性格もありますが、元々ズパイヤーの教会の地所が多かった事も影響しているでしょう。味もラインガウの重厚、モーゼルの清涼感、プァルツの果物の味で馴染みやすいものです。
ども (適当ホーク☆)
2004-12-21 18:58:33
TBどもー。

遅くなりました (偏屈へ古稀爺)
2004-12-21 21:39:46
今頃、トラックバックを張っていただいたのに気づきましたわ。

失礼いたしました。

なかなか難しそうな論陣を張っていなさるようで、ちょいと近づき難いお人なのかな・・・と思いながら、

偏屈なりに、勉強させていただきまする

今後ともよろしく、お願いもうしあげまする
TBありがとうございます! (nishi)
2004-12-22 03:49:08
はじめまして! アカデミックな感じのブログで、今後、色々勉強させて頂きたいと思います。どうぞ宜しくお願いいたします。
面白い話の種にだけでも (pfaelzerwein)
2004-12-22 14:27:12
nishiさん、コメント有難うございました。専門的見解というものから遠く離れた窓外の人が感じるところで勝手に書いております。アカデミックと感じて頂けただけで十分です。面白い話の種にだけでもなれば本望です。こちらこそ宜しく。
TBありがとうございます (haru)
2004-12-22 22:13:43
TBして頂き、とても驚きました。

時々拝見させて頂きます。

ありがとうございました。

コメントを投稿

数学・自然科学」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

3 トラックバック

従来の推定値を1万個も下回る約2万2000個(国際ヒトゲノム計画) (複雑系と偶然)
99.999%以上の精度があると言う。 免疫やきゅう覚、生殖機能などにかかわる遺伝子約1200個が、 人間にはあってマウスにはないことが確認された。 遺伝子に無駄は無いと言う事なんでしょうか?
日本の医療または医学そのものが? (複雑系と偶然)
病気を診て人を診てくれないような気がします。 トラックバック有難うございました。
香りの活用 (行け!平成バカオンナーズ!!)
香りは小さい頃から、なんとなく関心があったなー・・・と思い出される。 それは、脳がダイレクトに刺激されるからかも知れない。 ちかごろのようにアロマテラピーが、一般的になる前からなんとなく言葉とか、意味とかを知って いたし、簡単な本なんかも読んでいたと思う。