Wein, Weib und Gesang

ワイン、女 そして歌、此れを愛しまない輩は、一生涯馬鹿者であり続ける。マルティン・ルター(1483-1546)

へロー、タブレットと釜

2014-07-27 | 雑感
日本に商品を注文した。今年になって二回目であり、昨年から三回目だろうか?全部あわせると結構な額面になるので日本の経済にも一寸は貢献しているだろうか。今回は、良い機会なので、二十年以上経つ炊飯器を発注した。まだ壊れていないが、釜のそこが焦げて塗装が剥げてきているのでいずれ穴が開くと思ったからだ。

もう一つ、円安で日本円を今ユーロに替えることも出来ないので、出来る限り有効に使いたいからである。景気が良いのかどうか知らないが、トヨタなども日本企業としては驚くほど配当しているのだが、円安とすると円で使うしか方法はないのである。勿論この機会に日本へ旅行して大判振る舞いに豪遊すればよいのだろうが、フクシマ以降そんな気持ちにはさらさらならないのである。

そのような事情で今季初めてイージーペイと言うのを使ってみた。こちらではペイパルが便利だが、銀行によって信用の問題があるのか、日本のそれは何かややこしい。無事それが使えた。

炊飯器は、仕事の関係もあって、インダクションヒーターのものを試しに注文した。蓋にも入っていると言うからこれは欧州のテーファルにもない発想だろう。なんでもないことなのだが、米にあれほど拘るのは世界中で日本だけだろう。当方からすれば安物の恐らくスペイン産の米をどのように炊いても日本食にはならないのだが、炊飯器はやはりあると便利なのだ。卵茹で器と同じでなにも考えないで待っていればよいからだ。

つまり世界から見れば隙間であるが結構旨い市場がそこにあって、極東の競争相手にも容易にまねの出来ないノウハウがあるのだ。そもそも日本人以外に誰もそこまで考えないのである。「はじめちょろちょろ」の日本文化だ。そして意外にも米食の習慣は世界中に分布している。刺激すればまだまだ大きくなる市場である。

それに比較するとコムピューターの市場などはコピーも容易で独自のノウハウなどよりも先駆けしていく商品しかないのだろう。そのような市場に将来性などある訳がない。今回序に興味を持ったのは、キンドルだった。いつもネットで「へローへロー」と執拗にCMが流れているキンドルペーパーホワイトだ。向こうの狙った通りに、耳につくほど聞かされてヘキヘキしているのだが、そのアナウンス効果から内容が気になってくるのだ。そして、面倒ながら時間を掛けて色々と比較してしまったのだ。

なるほど、BLOGなどでも書かれている通り見やすく使いやすいことには間違いなく、読み易いだけでなく、辞書機能などを直ぐに使えるのは、私の場合フランス語の本を読むときに大きな力になるのは間違いない。そして色々と調べているうちに、只文章を読むだけならば手軽な価格で何処でも容易に使えることも分った。しかし色々な紹介記事を読んでいるうちに、それ以上にアンドロイドを使えばよく、白黒だけでなくキンドルをタブレットで使ってみてから考えればよいとあった。

タブレットは使っていないので、欲しいとは思っていたが、その効率的な使い方を十分に認知していなかった。プレゼンテーションやその他の使い方はみていても分ったが、アンドロイドを使いこなすと言うことは考えてもみなかった。要するに、アイフォンもアイポッドもタブレットを使っていなければ、アップルであろうがアンドロイドであろうが同じなのだ。しかし、キンドルのファイアーを調べると、通常のタブレットほど自由度がないとあって、アンドロイドは結構遊べるOSだと分ったのだ。こうなれば、たとえ使い勝手は良くなくても適当なアプリケーションなどの多いアンドロイドの方が遊べそうで、興味がそこに移ってしまうのは仕方がないのである。

中国製のタブレットなどは世界中価格は全く変わらない。そもそも仕事で使いこなすほどの予定もなく、円安の影響もあって適当なものを購入して試すことにした。上手く、次世代のアイフォンやスマートフォンへの橋渡しに試してみるのである。なんと言ってもタッチスクリーンの使い勝手を会得したいと思っているのだ。

若しこうしたタブレットがあれば、今回の小旅行にもノートブックを持って歩く必要はなくて、可也長い充電後使用時間を考えれば、楽劇のVIDEOやPDF楽譜などを持って歩けるのである。さて、先ずはノートブックを持ち歩いてみよう。



参照:
理解出来ないこの世の現実味 2010-10-16 | 女
暖かい一月の物価高 2008-01-27 | 生活
伸び縮みも確りした素材 2014-07-18 | 雑感
終に逝かれたもう一つの蝶番 2012-11-20 | テクニック
ジャンル:
インターネットショッピング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ヴァークナー熱狂の典型的な例 | トップ | 「詐偽師」本人による実証 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
とりあえず取り急ぎ (Saar Weine)
2014-07-27 23:54:22
pfaelzerwein様、こんばんは。


今日此方に届きました。


メールもお送りしたのでご確認よろしくお願い致します。
トラッキング (pfaelzerwein)
2014-07-29 09:47:47
不在の再配など、分単位で全ての経過情報は流れています。

コメントを投稿

雑感」カテゴリの最新記事