Wein, Weib und Gesang

ワイン、女 そして歌、此れを愛しまない輩は、一生涯馬鹿者であり続ける。マルティン・ルター(1483-1546)

でも、それ折らないでよ

2007-01-26 | 文学・思想
のキルヒナーの名画の一件での議論がある。戦後の美術館側の問題とそれらを正して来なかった研究の不備である。これは、戦勝品の取り返しにおいても、そもそも十分に調査検討しておかなければいけなかった。フランクフルトで表現主義の言葉も無い頃に存在したルートヴィッヒ・ロジー・フィッシャー・ユダヤ人夫婦のギャラリーの存在などを無視してきたことが誤りの様である。

ようやく冷え込んで、山は雪になっている。ダヴォースも恒例の国際フォールムの時期となった。そこで、昨年末に購入したトーマス・マン作「魔の山」の雪の章などを開いて見る。

この部分が、この大部の中でも特別な章になっていることには異論は無い。ある意味、サナトリウムと言う閉じられた社会が描かれている全体を、これまた典型的なドイツロマン派の「さすらい人」の世界の目を通して反照しているのである。

その目は、明らかにロマン派と象徴・表現主義へのパロディーとなっていて、尚且つ主人公が語り手であるような三人称の新即物的な書法によって、主人公の思考をそのまま書き綴っている。俗に二人称で独り言すると言われるように、主人公が第三者の目で自己を語る客観性が存在している。

それが即物的になるのは、誰一人居ないたった一人の雪山であるからだ。こうした情景は、シューベルトの歌曲などでお馴染みであるが、その視点が記憶の底へと立ち入ってみたりと、明晰とせず曖昧にヘルダーリンのような思考へと彷徨して行く。

更に、しばしば取り上げられる「折れ易く脆いクレヨン」からの男性生殖器への観念連合は、両性愛への正体を示して、世界を表出させる。そしてそれを借りた学童期の級友の少年とサナトリウムでのロシア系人妻の各々に、「でも、それ折らないでよ」と語らせる:

<Aber mach ihn nicht entzwei: Il est à visser, tu sais>

そのエロスの衝動が、山中の雪に逆さに突き刺したスキーストックで空けた穴に潜む緑掛かった青色であり、それが彼や彼女たちの目の色を思い起こさせる時、そうした象徴は耽美を凌駕して、増幅された衝動となる。

そうした読者のリビドーを煽り恍惚へと誘う書法が、音楽作品のように美しく調えられて、この作家の持ち味となっている。そうなると、ありとあらゆる言葉は、記号論的な飛翔を一気に遂げる。

実際この章は、雪山を彷徨い、南国の楽園へとまどろみ、悪夢にうなされて覚醒する事で、悪魔との対話でもあるかのような、二律背反するロマン的な青年の迷いから主人公は解放されて、確信に目覚めるのである。そして全身に血潮を漲らせ、力を爆発させて、山を谷へと下りて行く。それはまるで政敵の指揮者フルトヴェングラーの晩年のソナタ形式解釈のスタイルに近い。

ユダヤ系のスター文学評論家マルセ・ライヒ・ライニツキは、村上春樹をポルノとして寵愛しているが、この章も氏にすると老人の血圧を一気に上げるエンターテイメントに違いない。これを教養小説などと呼ぶのは誰だ。

それにしても、これだけ明快に新即物主義を越える境地を描いて、ロマン主義的な幻想をパロディー化しているにも係わらず、ナチズムへの流れに、特にその美学的な傾向に世界は呑み込まれてしまったのは興味深い。それを物語るのが同作家の「ファウスト博士」である事は自明である。


今日の音楽:アレクサンダー・ツェムリンスキー 弦楽四重奏曲
『イベント』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 収穫後には熟さない | トップ | ああ、私の愛しいお父さま »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
不安定さ (ohta)
2007-01-27 09:53:43
 この時代の精神活動の多様さがもたらした高揚に驚きを禁じえないともにその後の悲惨を考えるとき,そこにあった不安定さは現在の状況とすこぶる相い通じあいます.もっとも,現在にはそのころの高揚があるとは言えません.あと二十年もすればこれがどういうものであったかが分かってくるのでしょうか.1900 年代の前 1/3 のような時代は二度と来ないでしょうし,来ないで良いのかもしれません.そこには学ぶべきことが多くあり過ぎます.

 Kirchner といえば Lithograph: Bildniss Carl Sternheims, 1916 を買おうかどうか迷ったことを思い出します.Davidson Gallaries の Web site を見るとまだ売れていないようなので気にかかります.個人の家の居間に掛けるに適当かどうかで迷ってしまいました.

 Zemlinsky の SQ: 第二番のことでしょうか.渡辺 和氏の "世紀末ウィーンの優柔不断を音にしたような音楽" というコメントを半ば支持しています.メーテルリンク歌曲集の方が直裁に出ているように思います.

 Orkan Kyrill はどのようでしたか.道路,鉄道は麻痺状態のようでしたが.
モットーと即物性 (pfaelzerwein)
2007-01-27 15:06:30
ツェムリンスキーを聞かれていることを思い出して書き込みました。

「高揚」は最も広義で適当な言葉のようです。そこで考えられるのは、世界大戦の近代化とか航空機など所謂近代工業技術の「成果」が歴然として来る状況は、全能感をもった期待でもあった事でしょう。ベルリンの町並みをとっても良いかもしれません。

リトグラフの該当頁の「タウナスの風景」を見ました。工場と汽車が手前に描かれていて、どの辺りかなと思います。

「世紀末ウィーン」が半ばとなるのでしょうが、それをミュンヘンのプリングスハイム家の集まりに対してヴィットゲンシュタインなどのサロンとすれば正しいのかもしれません。

ツェムリンスキーの芸術は集積地にあるようで調べると幾らでも話題が出てきそうです。またマンの作品が絶えず過去を見ながら完成されているように、制作年等からの時代区分は一概に言えません。感覚的に二番の曲は、そのものの部分がありますね。確か「魔の山」映像化でもモットー利用されていたような。

少なくともこうしたモットーの使い方と新即物主義へと進む傾向は時代の理解の手助けになります。メーテルリンク歌曲集だけでなく、更に詳しく見て行きたいです。

ご指摘のように不安定さは、調性であれ造形であれ、もちろん科学・哲学と平行していますが、どちらへも転ぶようになっていて、そうした世界がこうした文芸の中でそのまま新鮮に保存されているのが面白味です。

この辺りの被害は詳しく見ていませんが、不順が猛威を奮うのはまだまだこれからでしょう。

コメントを投稿

文学・思想」カテゴリの最新記事