Wein, Weib und Gesang

ワイン、女 そして歌、此れを愛しまない輩は、一生涯馬鹿者であり続ける。マルティン・ルター(1483-1546)

ファウスト博士の錬金術

2006-12-11 | 
音節と歌謡は、リズムとなる。先日の「ファウスト博士」のアナリーゼは、ミサソレムニスへの講釈となって行く。そこで、米国人「クレッチマー」の講演は、ベートーヴェンのフーガについてが主題となっている。そのアドルノがアドヴァイスしたと云われる内容について態々議論する過ちは避けるべきと思われるが、端的に云えばここでは多声音楽は高度に思弁的で数学的な音楽且つ宇宙の摂理と見做される。

そして多声音楽の手本としてヴェネチア楽派の創始者ワレアスとフランドル楽派でイタリアで大活躍したジョスカン・デ・プレが唐突に引き合いに出される。しかし、これは、前者が二重四声合唱の作曲家として有名で、マルティン・ルターが意識した中世からルネッサンスへの橋渡しとなる転機にあった音楽芸術を指して、特に後者の事を「楽譜の巨匠」と呼び、「他の者は楽譜がなるようにしかなすすべが無かったが、彼の思う通りに楽譜はなり」との絶賛が、錬金術的に混合されている。

先月から一月ほど、最古のレクイエムであるオケゲムの作品に興味を持っていた。そのあまりに巧妙に組み合わされた多声の書法から生まれる強力な和声的表出力と圧倒的な表現を語るには及ばず、そしてここに来て、オケゲムの手練手管の技法を自由自在に扱い新境地を開いたジョスカン・デ・プレの処女マリアに纏わるミサやモテットへと目を移した。

中世音楽のメリスマと云う音価を伸ばしてコブシをまわす技法は、あらゆる声部の組み合わせを可能にして多声音楽を構築して来た。そして、その機に及んで、歌詞の音節がシラブルとして区切られて音化されることで、初めてテクストが音楽が共に意味を持つ事となる。つまり、受け継がれて来た固定旋律も細かく分けられる事で、初めてテキストのシラブルに綺麗に当てはめる事が可能となる。

要するに、テキストによって曲のフレージングの頂点が形成され、こうして圧倒的な表出力と共に、「音節が明確な歌詞」の意味が再び顧みられる。楽譜は出版されるようになり、「音楽かテキストか」の議論は近づいて来る。

しかし何よりも、こうして述べると、少しなりともクラッシックの特にベートーヴェンの芸術に関心があるものならば、最も焦点となる楽想の分割に気が付くのであろう。そして、そこには中世における完全な三分割から不完全な二分割へと進んで行った過程がある。

さて、ジョスカン・デ・プレの音楽はこうして大変リズミカルで軽妙な表現力を持ち得て、ベートーヴェンは多声音楽の技法ではなく、そうした楽想の処理技術をもって偉大な表現を獲得するのは分かったが、「クレッチマー」の言及ではジャスカン・デ・プレらの位置付けが欠損している。ただ短く、「ベート-ヴェンは儀礼から世俗への解放の時代からは遠く隔たっている」と、当たり前のことを述べて行を埋めている。

ジョスカン・デ・プレからシュトルツァーへと引き継がれさらにバッハへと、若しくはルターを通しての中部ドイツの宗教改革の音楽の流れを見ることは、同時にルネッサンスのヒューマニズムの芸術と解放の芸術を平行に見据えていく事にもなりそうである。

ヨハネス・オケゲムは、眼鏡をかけた人物とみられ、その死を弔って曲を捧げたヒューマニスムの芸術家ジョスカン・デ・プレの影像は、法被りをしたものしか無い。しかし、この二人の巨匠の芸術は人類の至宝であることは間違いない。
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 帰郷のエピローグ | トップ | 煙に捲かれる地方行政 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
トラックバックをありがとうございました (ガメラ)
2006-12-13 19:44:25
はじめまして。
トラックバックをありがとうございました。

オケゲムのレクイエムを私も最近、久しぶりに聞きましたが、その多声性に驚きました。私はこのあたりの音楽はあまりきちんと聞いていないので、少しずつ聞いてゆこうと思っています。

それにしても素晴らしいブログですね!
文化の充実に心からの敬意をお捧げします。
ミサ・ソレ(ベートーベン) (Barl-Karth)
2006-12-13 23:58:52
 ベートーベンのミサ・ソレムニスを2回ほど歌ったことがあります(最初は,東響コーラスで暗譜)。
 ドッペルフーガはものすごく難しい。
 最初(エト ヴィータム ベントゥーリ セークリ アーメン)は,緩やかな調子なのですが,トランペットの間奏の後,プレストになって,16分音符で約5分間続くのです。そのあとは全音符8連続スラー(ブレスなし)ディミュヌエンドとか。ともかくしつこい。

 私が居住している地では,政令指定都市記念コンサートで第九とかローエングリンとか歌います。
 私は,劇場ドイツ語読み「デル ゲッテルフンケン」で歌うつもりでございます。
 メサイアの「あいつは,神と取引しているぜ。本当ならば,本当にてめえが神の子であるならばディリバティしやがれ(意訳)」で下がもつれてしまいます。
「感動」を伝える、インターアクティヴ (pfaelzerwein)
2006-12-14 03:40:09
ガメラさん、コメントありがとうございました。多声音楽は、素晴らしい録音の数々があるだけでなく、自分で体験されている方も少なくないのですが、ここの主題のように、まさに「感動」を伝えるのが難しいです。多声音楽の話題を如何に纏める事が出来るのか、一体何を云うべきかを考えます。

それは二十世紀音楽に関するよりも、現代に住まないだけに難しいかもしれません。今後とも宜しくお願いいたします。



Barl-Karthさん、ミサソレムニスはここでもコメント等で何度となく話題となっているのですが、まだまだ何一つ書く術がありません。それで思うのは、どうもパートを歌うと云うようなインターアクティヴな「クレド」がもともとこの曲にあるのではないかと気がつきます。

それでマンの該当箇所を読みますと、明らかにルターのヴァルトブルクの悪魔との逸話を節々に想起させています。もちろんファウスト博士としても良い訳ですが。まさに憑依した状態の作曲です。後期は創作意図が全く違う。

メサイアが本来の価値を再発見されて、ミサソレムニスが、管弦楽と合唱の形式として、今後第九以上に歌われるようになるか?興味あるところです。

最近は可笑しくて大吹きしながら、投稿記事を読ませて頂いてます。

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事