Wein, Weib und Gesang

ワイン、女 そして歌、此れを愛しまない輩は、一生涯馬鹿者であり続ける。マルティン・ルター(1483-1546)

想像し乍ら反芻する響き

2007-10-06 | 文学・思想
水曜日からトーマス・マン作「ファウストュス博士」のラジオドラマが始まった。ヘッセンとバイエルンの其々文化放送波とフランクフルトのアンサンブル・モデルンのアカデミーの共同制作である。

十回続きで、原典全文の四割がそのまま読まれる。朗読ではなくラジオ劇となっているので、効果音や音楽、そして作曲家の主人公レーファークーンの唯一の幼馴染の友人でフライジングの神学者ツァイトブロムが語り手となって原作どおりに進む。つまり、直説法で話すところや間接法で語るところを取捨選択して、本人に喋らせたり語り手に語らせたりと、対話や特に悪魔との交渉やその内面劇のモノローグはその配役に工夫しているようだ。

第一回目をネットのストリームで聞いた。九十分番組の中で、やはり自身で読んで印象に残っている「蝶の観察」などのシーンは息飲む思いで聞きこんだ。その他、読み直したく思わせたのは、ライプチッヒ近郊のニッチェの生家をモデルにしていると言われるナウベルクの情景や町並みが目に浮かんで素晴らしかった部分である。

父親の化学実験に歓声を上げる子供たちの声が、イメージしたものよりも甲高かったり、その割に親父の声が老けていたりと意外に思ったところは読み返して情報を収集し直したくなる。

毎週一回の放送で、先は長いが、古フランキッシュなどの言葉遣いが聞けるのも楽しみである。何よりも、自らではイメージ仕切れない百年前の中部ドイツの雰囲気をよりよく伝えて貰えると助かる。物語の進行する、その時代や社会背景が身に沁みて居ないと随分と退屈すると言うか、理解出来ないことが多いからである。

この作品は音楽文化が大きな位置を占めるが、それ自体もそうした背景が前提となって尚且つそれを映し出すことでは、物語の理解とそれほど変わりない。それが記録されている楽譜は、そうした町の広場に面したホールや教会に無造作に置かれているのが、元来のその情景である。

そして、今我々は世界中から、そうした楽譜のコピーをクリック一つで自らのコンピューターにダウンロード出来るようになっている。それを、インクと紙代を投資(特価品購入と同様な額を)すれば従来の楽譜のように使える。

ピアノ曲をその指運びの数字に出来るだけ従って、机の上を叩くだけで、誰の迷惑にもならずそれどころか不味い音を聞いて自らの心を乱されることも無く、古典的な楽曲に触れる事が出来る。管弦楽曲にも「棒振り」と言うジャンルが、YouTubeにもあるが、各々の楽器にもそのようなものがあっても面白い。そして、ヴィーン古典派などの古典曲の 演 奏 や 鑑 賞 行 為 には、今日限られた芸術的な意味合いしかないことであり、こうして気楽に楽しめる事がなによりも素晴らしいのである。

上のラジオ劇場のストリームの録音を試みて失敗した。長尺のダウンロードと記録が出来るフリーソフトを日曜日の再放送に向けて探している。今月の下旬にはそのCDも発売されると言うから、ドイツ語の上級者の好事家には関心あるところだろう。


追記:SDP Downloaderと称するフリーソフトを見つけた。長尺のラジオも録音出来そうである。



参照:
International Music Score Library Project
 Category:Composers (IMSLP)
Thomas Mann: Doktor Faustus (hr2 kultur)
Live-Streaming (hr2 online hören)
兄弟の弁証法的反定立 [ マスメディア批評 ] / 2007-08-22
詩的な問いかけにみる [ 文化一般 ] / 2007-07-09
暖冬の末に灯火親しむ [ アウトドーア・環境 ] / 2007-02-18
でも、それ折らないでよ [ 文学・思想 ] / 2007-01-26
川下へと語り継ぐ文芸 [ 文学・思想 ] / 2007-01-21
明けぬ思惟のエロス [ 文学・思想 ] / 2007-01-01
ザーレ河の狭間を辿る [ 文学・思想 ] / 2006-12-25
自由システム構築の弁証 [ 雑感 ] / 2006-12-16
ファウスト博士の錬金術 [ 音 ] / 2006-12-11
世にも豊穣な持続と減衰 [ 音 ] / 2006-12-09
在京ポーランド系ユダヤ [ 雑感 ] / 2006-10-08
言葉の意味と響きの束縛 [ 音 ] / 2006-04-15
吐き気を催させる教養と常識 [ 文化一般 ] / 2005-08-18
否定の中で-モーゼとアロン(1) [ 文学・思想 ] / 2005-05-02

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 週間を通した習慣つけ | トップ | 健康に前景気に湧く »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
凄いというか (やいっち)
2007-10-06 19:18:56
こういうラジオ番組をドイツでしかもドイツ語で楽しめるってのは凄いし、ただただ羨ましい。
マンの作品をドイツの人がどう理解しているか、しかも、通常の評論では敢えて触れられない、背景事情とか常識以前の常識が効果音なども伴っているこうした番組で初めて分かってくるのでしょうね。
感想、楽しみにしています。

常識以前の常識 (pfaelzerwein)
2007-10-07 04:02:19
凄いのは、マンの文章とは敢えて言いませんが、ここにある文化の密集度と言うか凝縮です。

ここまでの部分で、ざっと信教とその生活感みたいなものが扱われて、一昨日もコメントで話題となったベートーヴェンの作品も次ぎの回で話題となるわけです。「魔の山」では到底扱い得なかったものがロスから見てくっきりと描かれているからこそ、六十年間でこれほど売れてもドイツ人には「愛読」されていない書籍なのです。

一度ミュンヘンからの山へ近づく情景を話題としましたが、そうした感興は海外からの旅行者でもヴァケーションを楽しむ人にも同じく、あまりにも身近な風景が突き離した視線で描かれているからこそ、現出しているように思われます。

この作品も「僕が語り手」ですが、そのモンタージュ技法のモノローグが行き付くところが、このラジオドラマで焦点になっていそうです。主観と客観の交差でもありますね。

まさに、ご指摘の「常識以前の常識」が突き出されるからこそ、現時点では古典になり損ねているのでしょうか。ここに至っては、教養小説のパロディーでなくて、全く正反対のものとなりました。

シュテファン・ゲオルゲの話題にも改めて言及しないといけないのですが、ここに来て掘り起こされる文化の核心のようなものが、時を経て集約されてくる感じを持っています。

文化予算の注入とか言う対象はただの半教養でしかなく、文化の実存はそれほど軽々しいものではなさそうです。
テキスト無しでは (ohta)
2007-10-08 12:45:34
Macintosh を使い,StreamRipperX というのを動かして,そのまま寝ました.こちらでは朝五時からですから.受けたものから該当部分だけを切り出して,先ほど聴きました.一対一のテキストを添えて,それを目で見て読みながらでないと,とても歯が立ちそうにありません.韻をふむような語りは心地よいのですが,対話において極端なステレオというか左右分離になっていて,室内空間なのか,野外なのかも区別できないのには感興を殺がれました.この hr2 では他の番組でもその傾向が見られます.

我国では朗読の CD ぐらいがせいぜいです.こうした Hoerspiel が企画されるのはそれなりの需要,受容があるからでしょうが,どれぐらいの人達が反応しているのか,放送後の批評を読む人はどういう階層なのかなどの思いが過ります.
夜な夜な図鑑や革張りの聖書を開く層 (pfaelzerwein)
2007-10-08 17:36:19
録音、巧く出来たようですね。50分ほどで接続が切れると書いてあったので、私は手動で二回に別けましたが、一応完録出来ました。

テキストは、CDにはもしかするとついているかもしれませんが、通常のパーパーバックでも充分追えると思います。今年、修正校訂版が出たのでそのペーパーバック発売を待つのも良いかもしれません。

一度テキストを見通していないと、ネーティヴな人でもテキストとしては耳に入らないでしょう。粗筋と情景が想像出来れば上々です。

恐らく日本語版も訳の問題があるので楽しみづらいでしょう。私はPCステーションのモノで聞いているので判りませんが、直接話法と間接話法の切り替えを苦心しているのでしょう。実はこの部分が原文でも読み難さと同時に作家の腕の見せ所となっています。

その辺りも追々、部分部分をピックアップして扱いたいと思います。

ラジオ劇は、悠々自適の固定聴衆者層がいるのですが、それとCDを買う層との兼ね合いは分かりません。その層とまたこうした文学の愛好家とはどのように交差しているのか。少なくとも制作者は、どの層にも大きな網を掛けようと試みている訳です。まあ、前衛音楽などの視聴率に比べると少しは良いと思われます。ネットストリームのDL分析をして間違いなく喜んでいると思います。それはどのような層なのか、ここのリンクなども気になるところでしょうか。

話は変わりますが、昨日フォン・ブールで試飲してきました。かなり有意義でした。二回ほどその関連を扱います。どうぞ参考にしてください。

コメントを投稿